『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』が避けた百年戦争

 【ネタバレ注意】

 『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』は期待にたがわず面白いが、大事なことを描いていない。

 『ライアーゲーム シーズン2』では、プレイヤーが2チームに分かれ、互いの手の内が判らない中で賞金の獲得を目指すゲームが描かれた。
 これは、劇中でも吉瀬美智子さん演じるエリーが口にしたゲーム理論の「囚人のジレンマ」である。

 それに対して、『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』で描かれる「エデンの園ゲーム」は、プレイヤー全員が一堂に会して充分に話し合いながら進める協力ゲームだ。
 シーズン1の放映当時、小島寛之氏が「ライアーゲームっていうのは、要するに協力ゲームなのだ」と述べている。
---
「協力ゲーム」というのは、集団の中の部分的なグループそれぞれに共同の利益があるような環境を分析する理論だ。全員で協力すると最も大きな利益が得られるが、その利益を全員にどう配分すれば、離脱が起きずに「集団全体での協力」が達成できるか、そういうことを分析するものである。「ライアーゲーム」に出てくるゲームは、みんなおおよそこういう構造をしているのだ。
---

 たしかに、当初「エデンの園ゲーム」はプレイヤー間の協力を重視して進む。

 あらかじめ『ライアーゲーム シーズン2』全9話に続く『ライアーゲームX』を観れば、ファイナルステージのプレイヤーや「エデンの園ゲーム」のルールを紹介してくれるし、公式サイトでもゲームのルールを掲載しているので、「早口の説明ではルールを理解できない」と嘆く方は、予習をしておくと良いかもしれない。

 この「エデンの園ゲーム」は、金、銀、赤の3種のリンゴのうちどれをプレイヤーが投票したかによって各員の賞金が変わってくるゲームだ。
 そのポイントは2つ。
 ・11人全員が赤いリンゴを投票すれば、全員が1億円を獲得できる。
 ・他者を出し抜いて最大の賞金を獲得した者は、ライアーキングとして50億円を獲得できる。

 これまでのライアーゲームは、プレイヤー間で賞金の奪い合いをしていた。
 それに対して『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』は、ゲーム事務局との対決色を強調するため、他のプレイヤーの賞金を奪うのではなく、事務局からいくら賞金を引き出すかというゲームになっている。
 だから神崎直(かんざき なお)と秋山深一は、協力の和を全プレイヤーに広げて、全プレイヤー対事務局という構図に持ち込もうとするのだが、プレイヤーの足並みを乱すのが優勝者への破格の賞金である。

 赤いリンゴが揃えば全員に1億円が配分されるので、13回の投票においてすべて赤いリンゴを入れれば各プレイヤーは13億円を手にすることができる。
 ところが優勝賞金が13億円を上回っているため、最大賞金を獲得する見込みのある者は、他者に同調して赤いリンゴを投票する動機がない。

 では全プレイヤーの協力関係を築くにはどうすれば良いのか?


 そこで神崎直と秋山が展開する戦いでは、「最大賞金を獲得する見込みのある者」を発見し、ペナルティを課して賞金を減額することで最大賞金の獲得見込みをなくしてしまい、これにより赤いリンゴを投票することへの動機付けとするのである。

 とうぜんのことながら「最大賞金を獲得する見込みのある者」はありとあらゆる手立てを使って優勝者になろうとするから、まるで悪人に見える。それに対して、みんなで一緒に行動することを説く神崎直は、善人に見える。
 しかし、神崎直と秋山を除く全員から、最大賞金を獲得する可能性を奪わなければ、赤いリンゴが揃わないことを理解している点において、秋山のみならず神崎直も「赤リンゴをお願いする」だけではどうにもならないことを知っている。


 残念なのは、『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』の作り手が、『ライアーゲーム』の大事な要素を封印してしまったことだ。

 それは「契約」である。
 これまでも『ライアーゲーム』の中では契約書(念書、覚書)が1つの役割を果たしてきた。互いに騙し合い裏切り合っているプレイヤーたちだが、ひとたび契約を交わしたら、決して裏切ることはなかった。
 たとえ口約束であろうとも約束は約束なので、取り交わしたことを立証できれば法的にも効力を有する。しかし通常、口約束があることは立証しにくいので、書面を残すわけである。
 『ライアーゲーム』では契約を反故にすることはないから、実社会と同様の遵法精神に貫かれている。
 シーズン2で葛城リョウが実践していたのも、契約ベースの信頼である。

 神崎直が築こうとするのは、みんなで同じ行動を取ることによる安心であり、他方に、契約を取り交わすことで成立する信頼がある。
 前者は伝統的なムラ社会、後者は近代西欧に特有の契約社会である。
 池田信夫氏は、『日本の「安心」はなぜ、消えたのか』という書籍に関連して次のように述べている。
---
伝統的な小集団では、「村八分」のような繰り返しゲーム型のメカニズムが機能するが、こうした安心社会では異分子を排除するので、未知の人は疑うことがデフォルト値になっている。これに対して、契約ベースの信頼社会では基本的な約束は守ることが共通のルールになっている。

したがって囚人のジレンマの実験を行なうと、「集団主義」と思われている日本人のほうが、猜疑心が強いためナッシュ均衡(互いに裏切る)に落ち込みやすく、アメリカ人のほうがパレート最善解(互いに協力する)に到達しやすい。これは著者が『信頼の構造』で初めて明らかにした実験経済学の業績だが、今の日本はムラ型から契約型への過渡期にあるという。
---

 神崎直の主張が、なかなか他のプレイヤーに受け入れられないのはとうぜんで、ムラ社会特有の安心を、未知の人にも適用しようとしているからだ。
 クリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』が、見知らぬ者への信頼を描いて米国で大ヒット(興行収入5億3300万ドル)したのに対し、日本では中ヒット(興行収入16億円)にとどまったのも、日本人の猜疑心が強いため、なぜ裏切らないかという点に共感できなかったのかも知れない。

 だが西欧においても、すんなりと契約社会へ移行できたわけではない。
 ふたたび池田信夫氏の記事から引用しよう。
---
近世の欧州で続いた宗教戦争の原因は、経済システムが契約ベースに変わったのに対して、カトリック圏の伝統的文化が適応できず、それが宗派間の争いとして表面化したことにあった。
---
いま日本の直面している変化は、人々が自覚している以上に大きなものである。それは伝統的な共同体から日本人が継承した長期的関係によるガバナンスから、近代西欧に特有の契約社会への移行だ。
---

 欧州の宗教戦争は100年以上の長きにわたった。
 日本が契約社会へ移行するのに、どれだけの時間と動乱を要するだろうか。


 『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』において「契約」を封印したのは、映画のテーマを「安心か裏切りか」に集約するためだろう。しかし、いまの日本でもっと大事なのは「みんなと同じ安心か、契約による信頼か」なのだ。
 本作がこの点を避けてしまったのは残念である。

 「契約」が封印された段階で、本作はだいたい先が読めてしまう。
 「『ライアーゲーム』の違法な結論」でも書いたように、人が、自分に多少の損があっても誰かを助けるのは、助ける行為そのものが喜びだからだということが、脳科学の研究で判っているからだ。
 その喜びを覆すほどの破格の賞金を取り上げれば、人は脳が喜ぶ行動を取るのである。


ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ プレミアム・エディション(本編DVD付) [Blu-ray]ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』  [ら行]
監督/松山博昭  原作/甲斐谷忍  音楽/中田ヤスタカ
出演/戸田恵梨香 松田翔太 田辺誠一 鈴木浩介 荒川良々 濱田マリ 和田聰宏 関めぐみ 秋本祐希 永山絢斗 鈴木一真 松村雄基 吉瀬美智子 渡辺いっけい
日本公開/2010年3月6日
ジャンル/[サスペンス] [ミステリー]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : サスペンス・ミステリー
【genre : 映画

tag : 松山博昭 戸田恵梨香 松田翔太 田辺誠一 鈴木浩介 吉瀬美智子 渡辺いっけい 関めぐみ

⇒comment

TBありがとうございました。

TB有難うございました。
原作の大ファンだったので観賞した後は
壮絶な騙し合いや、ホロっと感動させられたり
見事な脚本など様々な面で自分の中では
最高の出来でした。
ただ、凡人なので途中頭がついていけず(笑)
何度も見て細部までチェックします。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!

Re: TBありがとうございました。

シムウナさん、コメントありがとうございます。
あらかじめ『ライアーゲームX』を観ておくといいかも知れませんね。
各プレイヤーの登場シーンなど、劇場版より丁寧に描いていて、ちょっと笑えるところもあります。
予告編代わりに無料で配信してくれれば良いのですが。

こんばんは

『ライアーゲームX』の配信て結構意味があるんじゃないかと思います。
予告編はとりあえずいいので、むしろドラマに関してもダイジェストの配信
位したほうが良いと思いました。
個人的にはかなり満足なのですが、映画からの人はあまりにもキツイ
仕様だと思うのですよ。それでなくても、ドラマの最終回とその前の回を
たして1本の映画にしてしまったかのような作りですから…。

Re: こんばんは

KLYさん、コメント&TBありがとうございます!
そうですね、テレビドラマの延長で映画を公開する場合は、ドラマを見ていない層へどれだけ配慮できるかがポイントだと思います。ただ『ライアーゲーム』は、映画公開の前週に地上波で再放送していたので、それなりの配慮はあったのではないかと。
あと、テレビドラマの劇場版は、気負って大風呂敷を広げて破綻したり、音響や映像に凝りだして空回りすることが多々ありますが、本作はテレビドラマでつちかったドラマツルギーそのままなのが潔くて、かえって好感持てました。
まるで舞台劇のような密室ドラマでしたね。

予習が必要でした(笑)

こんにちは。
TBありがとうございました。

そうですね、予習なしで観てしまうと睡魔が襲ってきました(笑)。
皆で協力すれば13億勝てるのですね。ここで個人的に思う事は13億も50億も大差がないのでは?と思ってしまいます。
13億であろうが大概欲しい物は手に入ると思います。ならば無用な争いをしてまでも思うのですが、実際に参加してみないとわからないかもしれませんね(笑)。
ただ金銭感覚は確実に麻痺しますね。

Re: 予習が必要でした(笑)

馬球1964さん、こんにちは!
私は予習のつもりではなかったのですが、『ライアーゲームX』を観たら、ただの予習でしたe-257
上映時間に入りきらずにカットした部分を、有料配信したのでしょうけど。

13億も50億も大差がないというのはその通りで、「このゲームでしか手に入らない巨大な額」では呼びにくいので50億とか名付けただけですね。
実際に賞金を掛けたゲームの研究は行われていますが、やはり無用な争いは起こるそうですe-257
悲しいですね。

No title

(ご指摘にしたがって、「ヒックとドラゴン」からリンクされていた内容に対して書いたコメントをこちらに移しました。すこし、追記もしました)

ふらふらしていると、ここにも到達してしまいました(笑)。ナッシュを描いたBeautiful mindは突き詰めた話でした(原作)。映画も同様に面白かったですし。

映画ブログでナッシュ均衡やパレート解まで出てくるとは思いもよりませんでしたが。。 確かにそうかもと経験的に思います。池田信夫さんが紹介されている、Law and Revolution IIは読んでみます。kindle版もあり、それが安いです(ホッ)。

作業を一緒にしても、彼ら(アメリカ人のみならず、欧州の人も)とは、実にやりやすいのです。ただ、裏切ってはいけません。誠実に期間内にやり遂げる。そして、全体のリズムがあり、自然に役割分担も出来るので、上手に役割をこなす。そこら辺がコツといえばコツかと思います。

ただ、日本人のチームよりも明示的に言葉で示して対話して確認していくので、実は誰にでも最もわかり易く、仕事のストレスも意外とたまらないやり方です。そのことは意外と日本では知られていない。もっとも、チームにたまに嫌な奴がいるのはどこでも一緒(笑)。

また、知り合いの輪が広がるのも彼らとの法が確実にいくし、これまた楽しい。

一方、日本の人は猜疑深く、初対面でジョークを行っても盛り上がりませんし、アホなやつ、と私はいつも思われてます。語学留学なんかじゃなく、数年以上海外留学して学位をとってきた人たちですらそうですから、この猜疑心の深さはぬぐいがたいのでしょう。

アジアの一部、南米の一部もその傾向はあります。でも、そのうち仲良くなれば、多少の作業の齟齬はOK。このあたりは日本同様、仲間内の理論の全面展開ですね。コンプライアンスや透明性が根付かないもの無理は無い。
そして、中国。中国は・・・言いたくない(苦笑)。

欧米ではなくても、アフリカの多くの国、中東と東南アジアの一部は、欧米に似ています。途上国でもちがうものだなあ、というか、同じ途上国支配を受けていても、そのときのその後条件で適応して、日本型を選んだ人たちもいれば、欧米型を選んだ人たちもいるということだと思います。

へへへ、昔買っていまやどこにあるのかわからなくなってしまっている山岸俊男氏の「信頼の構造」を探して見ます。信頼社会が早く来ないかな、と思っているのは私一人ではないように思えてなりません。

日本映画は、(旧作を除いて)お金の無駄、内容薄し、TVの延長(tv番組を観ない私には意味不明)、なので、年に1本みるかどうかです(とはいってもハリウッド礼賛ではありません)。
ですので、このように、邦画の解説をブログでいただけると大変ありがたいし、実は意味のある邦画もあることを知り大変勉強になります。なんだか嬉しくなります。

Re: No title

 魚虎555さん、こんにちは。
 わざわざコメントを移設していただき恐縮です。

>信頼社会が早く来ないかな、と思っているのは私一人ではないように思えてなりません。

 (^-^)日本の変化が(おそらく)不可逆的なものである以上、生殺しのような状態を続けるよりも早く変化させる方がマシなんだろうと思います。
 ただ、それを悲劇とみなす人も多いでしょうけど。

 『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』はテレビドラマの続きなので、単体で観ると映画の体を成していません。ではテレビドラマから続けて見れば良いかというと、必ずしも優れた作品とはいえません。ただ、そこで提起されている問題は、実のところ日本社会が避けて通れぬものだと思いますし、そういう題材を取り上げたことは注目されてしかるべきだと考えます。
 上っ面を真似た作品はともかく、同じ問題に切り込む作品がどれだけ後に続くのか、興味のあるところです。

Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

劇場鑑賞「LIARGAMETheFinalStage」

ライアーゲームザ・ファイナルステージオフィシャルムービーガイド2010年03月号[雑誌]「LIARGAMETheFinalStage」を鑑賞してきました欲望にまみれたプレイヤーたちが極限の心理戦を繰り広げる恐ろしいゲームに巻き込まれてしまったバカ正直な女子大生が、元天才詐欺師の助...

ライアーゲーム/ザ・ファイナルステージ

面白味に欠ける・・・。  

No.207 ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ

騙し合いの繰り広げながら、お金を獲得するゲームに参加 させられた女子大生の神崎直(戸田恵梨香)と天才的な頭脳で勝ち上がった 秋山深一(松田翔太)の戦いも遂にラストの決勝戦。

LIAR GAME The Final Stage

ホントは昨日、山登りに出掛ける予定でありましたが、雨降りでしたので映画をと、公開中に行こうと思っていた『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』を観てきました。2007年から始まったTVドラマの完結編を映画でってコトなんですが、最終回2時間スペシャルを劇場で観...

「LIAR GAME The Final Stage」正直者がバカをみた先に待っていた信じる者は救われる優勝賞金

「LIAR GAME The Final Stage」はテレビシリーズライアゲームシーズン1&シーズン2の続編でファイナルステージで展開されるマネーゲームである。テレビシリーズを視聴していない人でも十分入っていける内容となっており、13回行われるファイナルステージの心理ゲーム

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ

【2010年・日本】試写会で鑑賞(★★☆☆☆) 甲斐谷忍の人気コミック「LIAR GAME」を映像化。 2007年4月に、1~3回戦までを描いたシーズン1(全11話)。 2009年11月に、4回戦~準決勝までを描いたシーズン2(全9話)がテレビドラマで放送。 本作はその決勝戦を描...

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ

甲斐谷忍原作漫画を元にした人気TVドラマシリーズの完結編だ。ひたすら人を信じるバカ正直な少女と天才詐欺師が「ライアーゲーム」と呼ばれる過酷な頭脳戦を勝ち抜き、ついにたどり着いたファイナルステージに挑む。主演はドラマ『コード・ブルー』の戸田恵梨香と『花よ...

「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」レビュー

映画「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:戸田恵梨香、松田翔太、田辺誠一、鈴木浩介、荒川良々、濱田マリ、和田聰宏、関めぐみ、秋本祐希、永山絢斗、鈴木一真、松村雄基、吉瀬美智子、渡辺いっけい

映画「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」を観ました!!(2010-3)

映画「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」を観ました!!

映画『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』

2005年から週刊ヤングジャンプで一定の期間毎に連載れててきたライアーゲーム。 現在も連載中。 そのライアーゲームがついに映画化! 面白...

[映画『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』を観た]

☆いやぁ、面白かったですね。  二時間強、途切れることのない緊張感に感服した。  「ライアーゲーム」とは、とある組織の考えた「金にまつわる人間性を試すイベント」であり、その半強制的な生殺与奪のゲームに巻き込まれた神崎直というバカ正直(性善説)な娘が、心...

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ

 『極限の騙し合い、勝つの誰だ。待望の最終章。』  コチラの「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」は、甲斐谷忍原作の同名コミックを2007年にTVドラマ化し、その後2009年にシーズン2も放映されたTVドラマの3/6公開の劇場版なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ/戸田恵梨香、松田翔太

待ちに待ったこの映画がようやく公開日を迎えました。この作品がシリーズ最終章でその前にTVドラマのシーズン2が昨年末に放送されてたわけですけど、そのTVドラマ版を煽るために劇場予告編が先行して流れていたせいかスゴク待たされた気がします。一応、念のためにTVドラ

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ

ファイナルステージに行ってきました。 テレビの続きが映画というのも、いやらしいですね。ライアーゲームファンとしては参加するしかない...

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ

甲斐谷忍の人気コミックを原作にTVドラマ化した『LIAR GAME』の 劇場版。 勝てば大金が手に入り、負ければ多額の負債を背負うだまし合いゲームに 参加することになった女子大生と彼女を手助けする天才詐欺師が生き残りを かけて奮闘する様を描く。 主演はドラマ..

【ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ】結局ライアー・ゲームとは何だったのか

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ 監督: 松山博昭    出演: 戸田恵梨香、松田翔太、鈴木浩介、田辺誠一、荒川良々、吉瀬美智...

映画「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」

映画版「LIAR GAME The final stage (ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ)」を観て参りました! 平日の昼間だってのに、わりと混んでたねw

映画:「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」♪。

平成22年3月13日(土)。 映画:「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」レポ。 監督:松山博昭 原作:甲斐谷忍 出演:戸田恵梨香・松田翔太・田辺誠一・鈴木浩介・荒川良々 濱田マリ・吉瀬美智子・渡辺いっけい 【ストーリー】 テレビ番組&...

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ

それほど期待してはいなかったんだけど。 好きな松田翔太さんが出ているので、とりあえず「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、土曜日の朝としては、普通かな。 「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ 」は、大きめの...

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ

欲望にまみれたプレイヤーたちが巨額のマネーを賭けて騙し合う「ライアーゲーム」…その恐るべきゲームに巻き込まれてしまった女子大生・神崎直が天才詐欺師・秋山深一の助けを借り...

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ

[ライアーゲーム] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2010年17本目です。 【あらすじ】 「騙すくらいなら騙された方がマシ」というバカ正直な女子大生・神崎直(戸田恵梨香)は、天才詐欺師・秋山(松田翔太)の助けを借...

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ (戸田恵梨香さん)

◆戸田恵梨香さん(のつもり) 戸田恵梨香さんは、テレビドラマ『LIAR GAME(ライアーゲーム)』シリーズの完結編である劇場版『LIAR GAME The Final Stage(ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ)』に神崎直 役で出演しています。 先日、映画館に観に行きました。 ●導...

ライアーゲーム/ザ・ファイナルステージ

[ライアーゲーム] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2010年17本目です。 【あらすじ】 「騙すくらいなら騙された方がマシ」というバカ正直な女子大生・神崎直(戸田恵梨香)は、天才詐欺師・秋山(松田翔太)の助けを借...

【劇場鑑賞】ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ 感想あり♪

映画を観にいってきました☆⌒(○ゝω・)b ソラニンの試写会だった水曜日。天気はあいにくの雨 遠い大阪厚生年金会館で待つのは面倒になり、 観たかった「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」に変更ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ その前にご飯ご飯 今回はぼてじゅう...

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ

極限の騙し合い、勝つのは誰だ。待望の最終章。 製作年度 2009年 上映時間 133分 原作 甲斐谷忍 脚本 黒岩勉/岡田道尚 監督 松山博昭 出演 戸田恵梨香/松田翔太/田辺誠一/鈴木浩介/荒川良々/濱田マリ/和田聰宏/関めぐみ/永山絢斗/鈴木一真/松村雄基/吉瀬美智子/渡辺いっ...

映画『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』

ライアーゲームの劇場版『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』をレイトショーで見てきました。まず率直にとても楽しめました。 ポイントは、テンポの良さと二転三転する展開でしょう。 (途中22時30分だというのに、会社の上司から電話が掛かってきたのには戸惑いまし...

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ

馬鹿がつくほどの正直者の女子大生直(戸田恵理香)と、元天才詐欺師秋山(松田翔太)がだましあいのゲームを戦う様子は、この世の中の現状を凝縮しているようだ。練りに練った脚本によって、ワクワクドキドキ感を最後まで堪能できた。

【映画評】ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ

プレイヤーたちの騙し合いが見物の、戸田恵梨香、松田翔太主演人気テレビシリーズ『ライアーゲーム』完結編の劇場版。

ライアー・ゲーム ザ・ファイナル・ステージ

うーん、衣装代のかからない映画だ!

ファイナルに相応しい。『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』

テレビドラマで放送された「LIAR GAME」の続編劇場版です。

ライアーゲーム/ザ・ファイナルステージ(2回目)

[ライアーゲーム] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2010年23本目(22作品)です。 【あらすじ】 「騙すくらいなら騙された方がマシ」というバカ正直な女子大生・神崎直(戸田恵梨香)は、天才詐欺師・秋山(松田翔太)...

ライアーゲーム(感想154作目)

ライアーゲームはドラマ全て見てて劇場で鑑賞し 結論は結末が微妙だけど他は全体的に良いけど 福永を演じた鈴木浩介の仕事がライアー出演で 前より増えた思うから最終的にリアル勝者だね

映画「ライアーゲーム/ザ・ファイナルステージ 」

ライアーゲーム/ザ・ファイナルステージ 公式サイト ライアーゲーム/ザ・ファイナルステージ 映画情報(eiga.com) ○作品情報(eiga.comより) 監督: 松山博昭 製作: 亀山千広、鳥嶋和彦、鳥谷能成 プロデュース: 宮川朋之、瀬田裕幸、古郡真也 原作: 甲斐谷忍 脚本:...

映画:ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ

 仕事が忙しく2週間ぶりの映画。早く見なくちゃ終わっちゃうと仕事を早く切り上げてライアーゲーム ザ・ファイナルステージを観てきました。

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ [映画]

2010/03/06公開 日本 133分監督:松山博昭出演:戸田恵梨香、松田翔太、田辺誠一、鈴木浩介、鈴木一真、吉瀬美智子、渡辺いっけい極限の騙し合い、勝つのは誰だ。待望の最終章。Story:女子大生の直(戸田恵梨香)は、謎の組織が主催する、巨額の資金を賭けて互いにだま...

10-95「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」(日本)

真実の赤い林檎  ライアーゲームの決勝戦は準決勝までを勝ち残った精鋭11名によって争われる。そのゲームの名は“エデンの園ゲーム”。優勝賞金は、50億円。そして、ゲームのテーマは“信じあう心”。  プレイヤーは赤、シルバー、ゴールドのリンゴいずれかに投票し、...

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ

テレビドラマはあまり見ないのですが、 これは何故か観てました。 ドラマの最終回の時に映画化が示唆されるんですよね。 凄く好きなドラマ、というわけではなかったのですが、 気になって観てしまいました。f(^^;) 女子大生の神崎直は、 勝者は大金を得ること...

『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』ついに完結!文句なしに面白い

映画の評価(5点満点) ★★★★☆ ファイナルステージに到達するまでかなりの時間を要してしまったが、個人的にもついに完結。原作となるマンガはまったく読んでいなかったのだが、テレビシリーズも含めてはまってしまった。突如飛び込んでしまった不条理なゲームをこう

『ライアーゲーム ファイナルステージ』'1...

あらすじ女子大生の直は、謎の組織が主催する巨額の資金を賭けて、互いにだまし合うライアーゲームに参加し決勝戦の“エデンの園ゲーム”と呼ばれる最後の戦いに挑むが・・・。感想...

「ライア-ゲーム ザ・ファイナルステージ」感想

 どんな窮地に陥っても、秋山深一と神崎直は最後に勝利します。  そして敗者に手を差し伸べ、負債を消し去って物語はジ・エンド。  テレビドラマ「ライアーゲームSeason2」と同じパターンで、「ザ・ファイナルステージ」もたぶんそうなのではと、何となく予想はして?...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示