『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』はヴァイキングの国の出来事か?

 ベストセラーになった蛇蔵&海野凪子著『日本人の知らない日本語』に、スウェーデンから来た留学生のエピソードがある。
 彼女が日本に行くと云ったら、周囲から「そんな野蛮な国に行ったら危ないよ」「武士に斬られたりしたらどうするの!!」と猛反対されたとか。
 彼女は、日本に来たら馬でなくクルマが走っていてビックリしたそうである。

 いかに日本が知られていないかを示すエピソードだが、では、日本ではスウェーデンのことをどれだけ知っているだろうか。
 スウェーデンを舞台にした『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』を観れば、スウェーデンの様子をうかがい知ることができる。
 そこには何ら日本と変わらない生活と問題がある。


 本作が取り上げるのは、パワハラ、セクハラ、虐待である。

 『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』は、40年前の令嬢失踪事件の謎を追う物語なのだが、もっとも重要なシーンは事件とは無関係なところにある。
 映画の前半、主要登場人物の女性が強烈なパワハラ、セクハラに見舞われる。ストーリーを追うだけだと、なぜこのエピソードが挿入されるのか判りにくいが、前半にこのパワハラ、セクハラシーンがあるからこそ、作品の照準の先にあるものがくっきりと見えてくる。
 そしてパワハラ、セクハラの被害を描くことで、観客は彼女の思考や感情、能力を理解し、その後の彼女の行動に共感できるのだ。

 弱者に対する虐待は、万国共通の問題だ。
 家庭で、職場で、地域で、権力や暴力で優位にある者は、弱者を蹂躙している。
 ここにこの映画の今日性と普遍性がある。


 細かなことでは、日本との違いもある
 劇中、半世紀も前の帳簿を調べようとする場面があるが、日本ではこうはいかない。
 日本では、取引に関する帳簿や取引証憑書類の法定保存年限は7年しかない。法定保存年限を超えて保存することは、スペースや倉庫代のムダであるから、コスト意識のある企業は7年を経過したら速やかに廃棄している。
 だから、主人公が半世紀前の帳簿を調べようと事もなげに云うのにはビックリした。
 本作では、帳簿の他にも古い資料がザクザク出てきて、スウェーデン人の物持ちの良さに驚く。

 公文書等の管理に関する法律ですら、2009年にようやく成立したわが国とは大違いである。


 いささか残念なのは、『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』という邦題に何の意味もないことだ。

 「ミレニアム」とは主人公のジャーナリストが発行す雑誌の名前。雑誌は本筋に関係しない。
 そして映画には、「ドラゴンの刺青をした女」も登場するが、その刺青に重要な意味はない。
 邦題には頭を悩ますところだろうが、この邦題は英語版の2つの題("Millennium: Part 1 - Men Who Hate Women"、"The Girl with the Dragon Tattoo")を組み合わせただけだ。
 原題の "Män som hatar kvinnor(女性を憎む男たち)"が、華はないながら作品の内容を良く表しているだけに残念である。

 もちろん配給会社としては、評判を呼んだ原作小説の訳題をそのまま利用したかったのだろう。
 2作目の『ミレニアム2 火と戯れる女』と3作目の『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』も、小説と同じ邦題で公開されるはずだ。

[*]2011年、同じ原作から『ドラゴン・タトゥーの女』として改めて映画化された。その記事についてはこちらを参照されたい。


ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 [DVD]ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』  [ま行]
監督/ニールス・アルデン・オプレヴ  原作/スティーグ・ラーソン
出演/ミカエル・ニクヴィスト ノオミ・ラパス スヴェン=ベルティル・タウベ レナ・エンドレ
日本公開/2010年1月16日
ジャンル/[ミステリー] [サスペンス]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : サスペンス・ミステリー
【genre : 映画

tag : ニールス・アルデン・オプレヴ ミカエル・ニクヴィスト ノオミ・ラパス

⇒comment

原作者がジャーナリストで

ミレニアムブームってやつで
私はDVDの後に原作本を読みました
(ちなみに図書館では一冊盗難に・・・)

女性に対する暴力とかを描く・・・描いていいるうちに
まとまりがつかなくなって2,3と書いているうちに
作者が亡くなった、5作目までが途中で4作目はあるが
遺族が出版なんかに反対しているみたい。

作品は非常に面白かったミカエルは原作では
スーパー女たらしで登場する女性とは全て
関係するツワモノw

リスベット役のノオミ・ラパスはシャーロックホームズで
ハリウッドデビューもしているが、彼女の今後の活躍も期待

Re: 原作者がジャーナリストで

すわっと 優優さん、こんにちは。
原作は未読なのですが、ミカエルはモテモテらしいですね。
暴力で支配するしかない男たちとの対比なのでしょうか。

『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』のシムは本来かなりアクの強い役のはずですが、ノオミ・ラパスの場合は本作の印象が強すぎて、シムですらいささか物足りませんでした。
彼女のために本作を上回るような過激な役を用意できるか、プロデューサーや監督諸氏に期待です。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画 「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」

映画 「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女/ミカエル・ニクヴィスト

これも劇場予告編を観る機会が一度もなかったんですよね。さすがにこれを何も知らずに観に行くのはちょっと不安かなと思って調べてみたんですけど、原作は世界的ベストセラーのミステリー作品なんだそうです。全然知りませんでした。三部作らしいんですけど映画もそうなる...

ミレニアム ドラゴンタトゥーの女 MAN SOM HATAR KVINNOR

 THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO 東宝シネマズ二条にて鑑賞。エンドクレジット中、席を立たれた方、特報が流れましたよ。何と第2部の映画化のお知らせがちょこっとありました。それもそのはず、本作の小説は3部作なんですね。 スウェーデンの作家スティーグ・ラー

Dr.パルナサスの鏡 /The Imaginarium of Doctor Parnassus

{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ヒース・レジャーの遺作となってしまった本作、 鬼才テリー・ギリアム監督最新作はジョニー・デップ、コリン・ファレル、 そしてジュード・ロウが同一人物トム...

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女

彼女だけが知っている 製作年度 2009年 製作国・地域 スウェーデン/デンマーク/ドイツ 上映時間 153分 PG15+ 原作 スティーグ・ラーソン 『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』(早川書房刊) 監督 ニールス・アルデン・オプレヴ 音楽 ヤコブ・グロート 出演 ミカエ

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女

作者の死後に発行され、世界中でベストセラーとなった傑作ミステリー 『ミレニアム』3部作を映画化したスウェーデン発のミステリー映画。 本作はその第一弾。 スウェーデンの孤島を舞台にジャーナリストの主人公がひと癖ある天才 ハッカーのヒロインと組んで、40年前に..

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女

ジャーナリストのミカエル(ミカエル・ニクヴィスト)は、ある大物実業家の違法行為を暴露し名誉棄損で有罪になる。 彼に目をつけた大企業...

10-33「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」(スウェーデン)

少女失踪の謎  社会派月刊誌『ミレニアム』を発行するジャーナリストのミカエルは、大物実業家の不正を告発した記事で逆に名誉毀損の有罪判決を受け窮地に陥っていた。  そんな彼のもとに、大財閥ヴァンゲル・グループの前会長ヘンリックからある調査依頼が舞い込む。...

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女

Män som hatar kvinnor (2009年) 監督:ニールス・アルデン・オプレヴ 出演:ミカエル・ニクヴィスト、ノオミ・ラパス、スヴェン=ベルティル・タウベ 世界的ベストセラーとなったスウェーデン人作家スティーグ・ラーソンの同名小説の映画化で、富豪の老人から40年前に...

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女

2010年2月20日(土) 19:35~ ヒューマントラストシネマ有楽町1 料金:1000円(Club-Cテアトル会員料金) パンフレット:700円(買っていない) 『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』公式サイト シネカノンには悪いが、倒産したおかげかヒューマントラストシネマ...

試写会「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」

3日連続の試写会です六本木シネマートで、今週末から公開の「ミレニアムドラゴンタトゥーの女」を観てきました読んでませんが原作は大ベストセラーで今世紀最大の傑作ミステリーらしいけど、謎解きそのものはそれほど複雑でもないですミレニアム(1〔上〕) ミレニアム...

パーフェクト・ゲッタウェイ/ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女

1月12日(火) パーフェクト・ゲッタウェイ@九段会館

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女

(原題:MANN SOM HATAR KVINNOR) 【2009年・スウェーデン/デンマーク/ドイツ】試写会で鑑賞(★★★★☆) スティーグ・ラーソン原作の同名ミステリー小説を映画化。 40年前に失踪した少女の謎に、ジャーナリストと天才ハッカーが挑んでいくミステリー作品。 スウェ...

「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」

 2009年/スウェーデン  監督/ニールス・アルデン・オプレヴ  出演/ノオミ・ラパス      マイケル・ニクヴィスト  スウェーデン発のミステリーの映画化。原作は3部作からなり、今年のミステリー小説ランキング上位を独占した作品。これはその第1部。ち...

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女

■ シネ・リーブル池袋にて鑑賞ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女/MAN SOM HATAR KVINNOR 2009年/スウェーデン、デンマーク、ドイツ/153分 監督...

「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」

「Män som hatar kvinnor」...aka「The Girl with the Dragon Tattoo」 2009 スエーデン/デンマーク/ドイツ ミカエル・ブルムクヴィストに「歓びを歌にのせて/2004」のミカエル・ニクヴィスト。 天才ハッカー、リスベットにノオミ・ラパス。 ヘンリック・ヴァン...

ミレニアム ドラゴン・タトゥの女☆独り言

タイトルで、アクション映画?っと勘違いしてました。今世紀最大の孤島ミステリー巨編と公式サイトで確認なんか凄く勘違いしていたことに気づいた次第で。しかもフランスかと思ってたら舞台はスウェーデンまぁ大きな勘違いですよね(笑)40年前に失踪した少女について調査依

「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」

「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」2009年 スウェーデン 監督:ニールス・アルゼン・オブレブ まず、どうでもいい事だけど、ずっと「ミレニアム・ドラゴン」「タトゥーの女」だと思っていたぞ。 大ヒットベストセラーの原作3部作、日本での刊行のタイミングと

ミレニアム  ドラゴンタトゥーの女

何とも勇ましげなタイトルのスウェーデン映画です。 この題名でこのポスターを見てちょっと引いてしまいましたが、なかなか面白かったという 感想を数人の方から伺い、見てみることにしました。 「ミレニアム」は主人公が所属していた雑誌社の名前ですが、程なく退社する

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女/THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女(原題:MAN SOM HATAR KVINNOR)(英題:THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO)キャッチコピー:彼女だけが知っている製作国:スウェーデン/デンマーク/ドイツ製作年...

『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』'0...

あらすじ名誉毀損で有罪判決を受けたジャーナリストのミカエルは40年前、ストックホルムの孤島で忽然と姿を消した少女の捜索を依頼され・・・。感想監督デビッド・フィンチャー主...

【映画】ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女

<ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 を観ました> 原題:Män som hatar kvinnor 製作:2009年スウェーデン ランキング参加中 スウェーデンの作家スティーグ・ラーソンの処女作でありながら遺作となった原作小説。彼が亡くなってから大ヒットし、ベストセ...

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 (Män som hatar kvinnor)

監督 ニールス・アルデン・オプレヴ 主演 ミカエル・ニクヴィスト 2009年 スウェーデン/デンマーク/ドイツ映画 153分 サスペンス 採点★★★ 一時、本屋に行ってもビデオ屋に行っても「ミレニアム!ミレニアム!」と時期外れも甚だしいミレニアム連呼に、「いよ…

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 ★★★☆☆(3つ) 戸田奈津子さんおススメのスウェーデン映画。 『ダ・ヴィンチ・コード』『天使と悪魔』を凌ぐ、今世紀最大のミステリーと絶賛され社会現象を巻き起こした、北欧スウェーデン発の壮大なトリロジー「ミレニアム」

■映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』

スウェーデンで大ヒットを記録した映画「ミレニアム」三部作の第一部『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』。 9月11日からに映画の第二部『ミレニアム2 火と戯れる女』、第三部『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』が公開されるということで、観そびれていた第一部をDV...

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女

最近、ダニエル・クレイグが出演する映画、 「ドラゴン・タトゥーの女」がテレビで宣伝されていて、 あれ?この映画、前に公開されていなかったっけ??と思って調べたら、 別の映画でしたね。 こちらがオリジナル版だと思ったけれど、 原作は小説で、ダニエル・クレ...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示