『許されざる者』の苦悩は『グラン・トリノ』へ続く

 私は映画に点数を付けたり順番を付けたりしないが、雑誌のランキング等はチラチラ見ることがある。
 しかし、あまり映画を観ないせいか、共感よりも疑問を抱くことの方が多い。「なぜこの順番なんだろう、なぜあの作品はランク外なんだろう」と。
 そんななかで、第83回キネマ旬報ベスト・テンで外国映画の第1位が『グラン・トリノ』になったのは、珍しく同感である。第2位の『母なる証明』と同点1位でも良いと思うが、とにかく上位2作品に異存はない。

 ところが『グラン・トリノ』は、米国では各賞の選考から漏れている。アカデミー賞なんてノミネートすらしていない。
 わずかにナショナル・ボード・オブ・レビュー賞の主演男優賞を受賞したくらいである。

 なぜだろう?
 『グラン・トリノ』を観てからずっと疑問だった。
 しかし、遅まきながら『許されざる者』を観る機会を得て、理由の一端が判ったような気がした。

 要は、同じ(ような)作品に2度も賞は与えないということなのだろう。
 この年、第81回アカデミー賞の作品賞にノミネートされた5作品は、いずれもそれまでにない何かを打ち出そうとしている。この5作品の中なら、最終的に『スラムドッグ$ミリオネア』が受賞したのは順当だ。
 しかしクリント・イーストウッドは、すでに『許されざる者』で第65回アカデミー賞の作品賞をはじめ多くの賞を受賞している。映画芸術科学アカデミー等の選考団体は、「こういう映画は『許されざる者』で評価済みですから」と云いたいのだろう。

 だが私は、同じ(ような)作品を2度も作れることこそ偉大であると思う。
 観客から「ああいう作品をもう1度見せてくれ」と熱望されてもそれがかなわない作り手が少なくない中で、同じ路線でまたも優れた作品を生み出す監督は、本当に稀有の存在だろう。


 いわずもがなだが、『許されざる者』と『グラン・トリノ』の構造には、次のような類似がある。

 『許されざる者』の主人公は、『荒野の用心棒』等の流れ者を髣髴とさせる人物。
 かつてはそのガン捌きで相手を情け容赦なく撃ち殺した。いまでは妻に先立たれ、多くの命を奪ったことを深く後悔し、真人間として生きようとしている。だが、イーストウッドといえば賞金稼ぎと決まっているわけで、否応なく銃を手にすることになる。

 『グラン・トリノ』の主人公は、『ダーティハリー』のハリー・キャラハン刑事を髣髴とさせる人物。
 刑事でこそないものの、米国の基盤である自動車産業に長年従事し、朝鮮戦争では勲章ももらっている、かつてなら英雄視される人物だ。いまでは妻に先立たれ、戦争とはいえ多くの命を奪ったことに罪の意識を持ち、静かに暮らそうとしている。だが、イーストウッドといえば犯罪者と闘う一匹狼と決まっているわけで、否応なく銃を手にすることになる。

 また両作とも、道を踏み外しそうな若者が登場し、業を背負った主人公が厳しく接するのも同じだ。

 いずれも、クリント・イーストウッドの過去の作品を知っていればいるほど、過去の所業を後悔する主人公に感銘を受ける。『夕陽のガンマン』の賞金稼ぎの頃は、ならず者の死体を、換金のための手形のように数え上げていたのとは大違いだ。

 「俺は生まれ変わった。」
 『許されざる者』の主人公はつぶやく。
 生まれ変わった象徴は、葉巻を吸わないことだろう。唾も吐かない。イーストウッドが唾をペッと吐かないなんて、本当に生まれ変わったのだ。


 『許されざる者』と『グラン・トリノ』が大きく異なるのは、死との距離感だ。
 62歳のイーストウッドと78歳のイーストウッドの、死へのスタンスの違いとも云える。

 『許されざる者』の主人公は、常に死と隣り合わせでいる。大病を患って死線をさまよい、多くの者の銃の標的になっている。
 しかし死ねない。
 死はときとして人を美化し、英雄視させる。
 だが、かつて罪を犯した彼は、生まれ変わったつもりでいても常にその罪を指摘され続ける。
 胸に後悔の大きな塊を抱え続ける。
 銃撃戦で生き抜いても、カタルシスはない。
 罪を犯した者は、十字架を背負って生き続けるしかないのだ。


グラン・トリノ [Blu-ray]許されざる者』  [や行]
監督・制作/クリント・イーストウッド  撮影/ジャック・N・グリーン
出演/クリント・イーストウッド ジーン・ハックマン モーガン・フリーマン リチャード・ハリス
日本公開/1993年4月24日
ジャンル/[西部劇] [ドラマ]

グラン・トリノ』  [か行]
監督・制作/クリント・イーストウッド  撮影/トム・スターン
出演/クリント・イーストウッド ビー・ヴァン アーニー・ハー
日本公開/2009年4月25日
ジャンル/[ドラマ]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
関連記事

【theme : 色あせない名作
【genre : 映画

tag : クリント・イーストウッド ジーン・ハックマン モーガン・フリーマン

⇒comment

グラントリノありがとう。

この映画はよく出来てました。
イーストウッド老いてますますですね。
ここまでは無いにしろ町内に一人は
偏屈な爺さんや婆さんっていますもんね^^
でもある意味正義とか男の美学みたいな
ものを考えさせられました。
良い勉強をさせていただきイーストウッドさんに
感謝しとります。
それにしてもグラントリノいい車ですね。

Re: グラントリノありがとう。

やっちんさん、こんにちは!
イーストウッドは、いい爺さんになってきましたね。
隣人がこんな爺さんだったら、周囲は辟易するかもしれませんが(^^;
今後も役者としても活躍して欲しいものです。

No title

久しぶりに劇場で観れる機会があったから観てきました。くうーっ、イーストウッドかっくいー。あの皺が西部に合うんですよね。荒くれ者の顔なんです。

Re: No title

ふじき78さん、こんにちは。
やっぱりイーストウッドのガンマンは最高ですね。ガンマンじゃなくてもイーストウッドは最高なんだけど。
またタバコを吸って、ペッて唾を吐いて欲しいです。

グラントリノが、評価されない理由は分かりませんが、アカデミー賞の評価対象に選出されなかったのは、制作したワーナーが、ベンジャミンバトン(だったかな?)を推したからですよ。
各映画会社が、一作ずつ推薦してその中から作品賞なり、俳優賞を選ぶようです。
個人的にもナンバーワンなのですが、グラントリノを推してほしかったです!

Re: タイトルなし

ハリーさん、コメントありがとうございます。
たしかに同年ワーナーからは『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』がノミネートされてます。本作は、ワーナーの社内選考にも残れなかったということですね。
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』も悪い映画じゃないし、このときデヴィッド・フィンチャー監督はほとんど無冠の状態だったから、候補に推されるのも判らないではないですが、やっぱり『グラン・トリノ』を推して欲しかったですね。
キネ旬1位はもとより、セザール賞とかブルーリボン賞とか、外国では(『スラムドッグ$ミリオネア』を打ち破って)賞を獲ってるのに!

ブログ主さんの仰るとおりだと思います。あと、ベンジャミンバトン数奇な人生は、制作費が1、5億ドルもかけて作られた映画ですので、そちらも原因かと思われます。

ブログ主さんの仰るとおりだと思います。
あと、ベンジャミンバトン数奇な人生は、制作費を1、5億ドルもかけてますから、そちらも原因かと思われます。

Re: タイトルなし

ハリーさん、こんにちは。
会社としては金をかけた方を推して売上増を図りたい、ということもあるかもしれませんね。
ちなみに、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』は制作に1.5億ドルかけて興行収入が3.3億ドル。
『グラン・トリノ』は制作に3.3千万ドルかけて興行収入が2.7億ドル。
どちらが会社に貢献しているんでしょうね。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

グラン・トリノ/Gran Torino(映画/DVD)

[グラン・トリノ] ブログ村キーワードグラン・トリノ(原題:Gran Torino)キャッチコピー:俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。少年は知らなかった、人生の始め方を。製作国:アメリ...

許されざる者/Unforgiven(映画/DVD)

[クリント・イーストウッド] ブログ村キーワード許されざる者(原題:Unforgiven)キャッチコピー:最後の西部劇製作国:アメリカ製作年:1992年配給:ワーナー・ブラザース映画配給ジャン...

「許されざる者」

許されざる者ワーナー・ホーム・ビデオこのアイテムの詳細を見る 荒事からは足を洗っていたウィリアム・マニー(クリント・イーストウッド)の元へ 若いガンマン、キッド(ジェームズ・ウールヴェット)が訪れる。娼婦に傷を負わせ賞金を かけられた無法者を追うためだ。

許されざる者・Unforgiven

●「許されざる者・unforgiven」 1992 アメリカ ワーナーブラザーズ映画 131分 監督・製作・主演:クリント・イーストウッド 音楽:レニー・ニーハウス 出演:クリント・イーストウッド、ジーン・ハックマン、モーガン・フリーマン リチャード・ハリスほか...

『許されざる者』

許されざる者 [DVD]ワーナー・ホーム・ビデオこのアイテムの詳細を見る  『許されざる者』 1992年(米)監督クリント・イーストウッド  これまで悪党であろうと何であろうとバンバン人を撃ち殺し、最高の輝きを放ってきた西部劇のスターたち。 マカロニ・ウェス

許されざる者

許されざる者 [DVD] ¥1,100 Amazon.co.jp 1880年、ワイオミング。列車強盗や殺人を繰り返し、悪名を轟かせていたウイリアム・マニーは、銃を捨て、2人の子どもの良き父親として農場を営みながら生活していましたが、3年前に妻に先立たれ、家畜や作物は順...

許されざる者

『許されざる者』 "UNFORGIVEN” (1992・アメリカ) 2h11 製作・監督・出演 : クリント・イーストウッド 出演 : ジーン・ハックマン、モーガン・フリーマン、リチャード・ハリス、ソウル・ルビネック、フランシス・フィッシャー、アンナ・トムソン ...

許されざる者

 コチラの「許されざる者」は、「硫黄島からの手紙」でアカデミー賞監督賞にノミネートされたクリント・イーストウッドが1回目のアカデミー監督賞を受賞した西部劇です。  92年の映画なのですが、他にも作品賞や助演男優賞(ジーン・ハックマン)や編集賞も受賞してい...

許されざる者

イーストウッドの美味しいところ独り占めって感じの作品でちょっと嫌気がさしました。 西部劇ってのはほとんど見たことないので、こんなもんなのかなという感覚で見てたんだけど、今のアメリカ銃社会はこの時代から受け継がれたもんなんだろうと思いました。とにかくすぐ...

許されざる者

1992年 アメリカ作品 131分 ワーナー・ブラザース配給 原題:UNFORGIVEN STAFF 監督:クリント・イーストウッド 脚本:デヴィッド・ウェッブ・ピープルズ CAST クリント・イーストウッド ジーン・ハックマン モーガン・フリーマン リチャード・ハリス グラン・トリノ...

許されざる者

 クリント・イーストウッドが監督と主演を務めた1992年のアメリカ映画、「許されざる者」です。Blu-rayディスクで観賞しました。アカデミー作品賞受賞作品で、「最後の西部劇」と言われているそうです。  このBlu-rayディスク、購入したのはずいぶん前(たぶん2007年の

『グラントリノ』『チェンジリング』で見せたクリント・イーストウッドの底力は『許されざる者』以来不変!

過去のキネマ旬報年間ベスト10で、これ程多くのベストワンを取り続けている映画監督はいない! それがクリントイーストウッド監督だ。 フェリーニとジョンフォードを足したような作家精神を貫いている人生観を主人公は持ち続けている。 監督本人が演じている作品が多い...

【映画】グラン・トリノ…俄かイーストウッドファン復活(半年以上ぶり)

{/hiyoko_cloud/} 先週頭から喉を中心に体調不良{/cat_8/}だった私。 割と良くはなってきましたが…まだ完全健康体では無い感じですかね{/face_gaan/} で、昨日{/kaeru_fine/}までのお休みのほとんどは睡眠{/kaeru_night/}{/ase/} 寝るのが一番薬になるっていうのは多分

許されざる者

2010年6月19日(土) 録画再生(BS2 5月17日21:00放送) 許されざる者 [DVD]出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオメディア: DVD 「バード」で巨匠になるかと思いきや「ルーキー」で中休みして、本作で巨匠となった先生のアカデミー作品賞受賞作。3本とも観てい...

許されざる者

Unforgiven(1992/アメリカ)【DVD】 監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド/ジーン・ハックマン/モーガン・フリーマン/リチャード・ハリス/ジェームズ・ウールベット クリント・イーストウッドの西部劇は観たことなくて、興味があったんで...

グラン・トリノ

クリント・イーストウッドが監督・主演を務めたヒューマンドラマ。その他のキャストはビー・バン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘーリー他。 <あらすじ> 朝鮮戦争の帰還兵ウォルト・コワルスキーはフォード社を退職...

【映画】許されざる者…の記事&近況報告

9月です。で、すでに11日ですが、この9月初めての更新 まずは近況報告から… 2011年9月3日(土曜日)、夜勤明けで何もしていなかったこの日は夕方から家族と外食。ノープランで出かけたので割と高頻度で行くショッピングモール内のバイキング形式の店を選択すると、偶然...

『許されざる者』『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』を新橋文化で観て、名画座らしいええ組み合わせじゃふじき★★★★,★★

   監督・製作・主演がクリント・イーストウッドの『許されざる者』と監督・製作・主演がトミー・リー・ジョーンズの『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』の二本立て。 ...

グラン・トリノ

今日、観てきた・・・

『グラン・トリノ』(映画)(2008)ークリント爺の置き土産、人生のチェックを済ませる前に

 クリント・イーストウッド監督・主演の『グラン・トリノ』を観た。最近はわりに真面目に映画を観ているので、名作と名高い過去の作品も、未見のものは積極的に観ていこうと思 ...

許されざる者

【概略】 かつて悪名を馳せていたマーニーは、今は農夫としてひっそり暮らしていた。そんな彼に、若いガンマンが賞金稼ぎの話を持ち掛け…。 西部劇 「さもないと皆殺しにするぞ!」 痺れるー!!! クリント・イーストウッド主演&監督作品。何度かみています。 牧童二人が売春宿で女の顔に傷をつけ、街を守るはずの保安官がほとんど無罪放免に等しい形で牧童二人を免じたという。娼婦たちは金...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示