『運び屋』 90歳は運び屋ではない

【映画パンフレット】運び屋 監督 クリント・イーストウッド キャスト クリント・イーストウッド 【ネタバレ注意】

 史上最高齢にして最大の麻薬の運び屋レオ・シャープに取材したサム・ドルニックの記事「The Sinaloa Cartel's 90-Year-Old Drug Mule(シナロア・カルテルの90歳の運び屋)」にインスパイアされたクリント・イーストウッド監督の映画『運び屋』は、まぎれもない傑作だ。
 レオ・シャープをモデルにした老いた運び屋アール・ストーンを、『人生の特等席』(2012年)以来の主演となるイーストウッドが演じ、麻薬取締局の特別捜査官ジェフ・ムーアをモデルにしたコリン・ベイツには『アメリカン・スナイパー』でタッグを組んだブラッドリー・クーパーを起用。今回は監督と役者としてだけでなく、監督と役者、そして共演者としてタッグを組んでいる。

 88歳のイーストウッドは、よぼよぼのくたびれたアール・ストーンを見事に演じた。事業に失敗し、家族に見放された老人にとって金だけが友人や孫を喜ばす方法となり、彼は麻薬の運び屋へ転落していく。
 だが、孤独な老人の深刻な物語でありながら、本作は意外にも明るく楽しい印象だ。主人公がドライブ中に歌う陽気なカントリー・ミュージックやバックに流れるラテン系の音楽がとても効果を上げている。イーストウッドを主人公にイメージして脚本が執筆されたという本作は、ひょうひょうとした主人公の人間性と相まって、一貫してすがすがしさが漂う心地好い映画になっている。

 イーストウッドが監督しなかった『人生の特等席』は、仕事人間だった父と反目していた娘が徐々に父に理解を示してくれる人情噺だったが、本作はイーストウッドみずから監督するだけあってそんな甘えを許さない。仕事人間である限り父は娘に許されないのだ。そんな父がいかにして家族と新しい関係を築いていくか。そこが本作の見どころの一つであろう。
 娘役を演じるのは、クリント・イーストウッドが前妻とのあいだに設けた実の娘アリソン・イーストウッド。約20年ぶりの父からの出演依頼に驚いたという。
 本作の日本での公開に際し、立田敦子氏は「7年ほど前、イーストウッドにインタビューした際、自分のやりたい仕事に夢中になって、家族に十分な時間をとれなかった若き日を悔いていた。90歳の孤独な老人アール・ストーンは、まさしくイーストウッドの分身だ。」とコメントを寄せている。

 もちろん犯罪映画としても面白い。ひょんなことから世界最強の麻薬密売組織の運び屋になってしまった老人が、じわじわと裏社会の暗部に取り込まれていくサスペンス。標的を彼に絞り込んでくる麻薬取締局の包囲網。
 麻薬の運び屋はもちろん悪いことだが、アールの人の良さや哀しい人生を知ってしまった観客は、どうしても彼の身を案じてしまう。


The Mule (英語) Blu-ray 様々な面を兼ね備え、魅力満点の『運び屋』だが、本作の根底には「アール・ストーンはなぜ捕まらなかったのか」という問題があろう。
 アールはあまりにも大量に麻薬を運んでいた。麻薬取締局は有能な運び屋がいることに気づき、運搬予定もそのルートも調べ上げてアール逮捕に乗り出していた。なのに、何度試みてもアールは包囲網をくぐり抜けてしまう。
 その理由を説明するため、作り手は丁寧に描写を重ねていく。

 あるときアールは、クルマのタイヤがパンクして困っている黒人夫婦を助けてやる。一様に感謝する夫婦だが、アールが「俺が"ニグロ"を救うのか、ハハッ」と呟くのを耳にして顔色を変える。夫婦は困惑しながらも、毅然として申し入れる。「今は"ニグロ"とは云わないんですよ。私たちは"ブラック"、あなたは"ホワイト"です。」
 この映画の公開時、"ニグロ"は差別的な表現とされていた。

 またあるとき、アールはスマホを片手に自動販売機を叩き続ける男への不満を、通りすがりのベイツ特別捜査官に伝えた。「"君たち"は携帯が手放せないのか。」男を捕らえに行くところだったベイツ特別捜査官は思わず聞き返す。「"君たち"?」アールにすれば男もベイツ特別捜査官も同じようような年下の連中に見えたのだが、ベイツにとっては、不審な男とそいつを捕らえようとする自分を同一視するなんて信じられない思いだったろう。

 翌朝、アールとじっくり会話するに至ったベイツは、別れ際に感謝の言葉を述べる。「あなたのような人と話せて良かった。」今度はアールが聞き返す番だった。「あなたのような?」ベイツはアールを人生の先輩と見なして感謝の意を表したのだが、アールは自分が何かを代表しているつもりはさらさらなかった。

 アールが麻薬を組織のアジトに運んだときは、「ここの住所を誰に聞いた?」と問い詰められる。アールが「刺青のある大男のメキシコ人だ」と答えると、相手は「みんなそうだ」と怒り出す。住所を教えた男はアールに親切にしてくれたのに、アールは彼を一人の人間として見ておらず、名前はおろか彼を特定できるような特徴をなんら挙げることができなかった。

 アールのお守り役を命じられた麻薬密売カルテルの二人がアールと一緒に昼食を食べに行ったとき、二人は店中の注目を浴びてしまう。「みんなジロジロ見ている。」訝る二人にアールは説明する。「白ばっかりの店にタコス野郎が二人いるからな。」たしかに老若男女様々な店内の客は全員が白人で、ラティーノは彼らだけだった。

 このように本作には、「黒人」とか「ラティーノ」とか「スマホをいじる若い世代」とか「人生の先輩世代」といったステレオタイプの捉え方が横行し、その偏見・先入観が人間の目を曇らせる描写が挿入される。

グラン・トリノ [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray] 『グラン・トリノ』のニック・シェンクが脚本を担当しただけあって、両作には通底するものがある。
 『グラン・トリノ』は、アジアからの移民が多くを占めるようになった街に頑固に居座り続ける白人男性が、モン族の少年との交流を通して変わっていく物語だった。白人が「近年増え続けるアジア系移民」とひとくくりにしていた人々だが、実際に接してみるとそこには悩みを抱えた少年がいたり、心優しい娘がいたり、凶悪なギャングがいたりした。とてもひとくくりにはできない、一人ひとりが異なる性質を持つ人間たちだった。

 本作でも、単に「強圧的な麻薬密売組織の犯罪者」に思えた男が、話してみると身寄りがなく他に行く当てもないフリオという青年であることが判ったりした。

 2010年代、米国ではトランプ大統領の共和党政権がメキシコからの不法移民を防ごうとやっきになっていた。トランプを支持する中高年の白人女性は、次のように述べたものだ。
 「今、何が私の身の回りに起こっているか、ですって。私の住んでいる田舎町にまで、肌の浅黒い見知らぬ外国人がどんどん入ってきて、治安が悪くなっているんですよ。トランプさんはこんな状況から私たちをきっと救い出してくれると信じています。」
 外国人の増加と治安の悪化は必ずしも因果関係で語れるものではないのだが、こういう考えの人たちがトランプ大統領を支持していた。主人公のモデルとなったレオ・シャープが暮らしたインディアナ州は長年共和党が強い地域で、主人公アールもいかにも共和党を支持しそうな白人だ。クリント・イーストウッド自身、ハリウッドスターにしては珍しくドナルド・トランプに投票すると明言した人物である。
 にもかかわらず本作では、メキシコからの不法移民どころか、メキシコの麻薬密売組織の構成員であるフリオと親しくなり、信頼関係を結んでいく様子が描かれる。
 フリオより残忍で、いっとき連絡が取れなくなったアールを殺してやると息巻いていたカルテルの殺し屋でさえ、アールが連絡できなかった理由を知るとアールに同情して殺せなくなる。殺し屋たちはただの「運び屋」なら殺せても、家族思いで哀れな身の上の老人は殺せなかったのだ。

 「スマホをいじる若い世代」とひとくくりにされていたコリン・ベイツは仕事にかまけて妻との記念日を忘れたことを後悔する優しい男だったし、くたびれた「人生の先輩世代」に見えたアールは現役バリバリの麻薬の運び屋だった。
 誰もが一見しただけでは判らない別の顔を持っていた。

 ベイツ特別捜査官は運び屋と思しき男に目を付けては次々に尋問したが、どうしてもアールにはたどり着けなかった。アールに会ってもなお、それが彼の追う運び屋とは判らなかった。
 彼が目を付けるのはラテン系の恰幅の良い男ばかりで、「人生の先輩」である90歳のくたびれた白人がまさかメキシコのカルテルに見込まれた腕っこきの運び屋であろうとは想像もできなかったのだ。

 偏見や先入観に捉えられ、ステレオタイプな見方をしている限り、人間の真の姿には気づかない。
 人間は一人ひとりみんな違って、抱える事情も人それぞれ。そこに思いが及んだときに、違う光景が見えてくる。


【映画パンフレット】運び屋 監督 クリント・イーストウッド キャスト クリント・イーストウッド運び屋』  [は行]
監督・制作/クリント・イーストウッド
出演/クリント・イーストウッド ブラッドリー・クーパー ローレンス・フィッシュバーン マイケル・ペーニャ アンディ・ガルシア ダイアン・ウィースト タイッサ・ファーミガ アリソン・イーストウッド
日本公開/2019年3月8日
ジャンル/[ドラマ] [サスペンス] [犯罪]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加

【theme : アメリカ映画
【genre : 映画

tag : クリント・イーストウッド ブラッドリー・クーパー ローレンス・フィッシュバーン マイケル・ペーニャ アンディ・ガルシア ダイアン・ウィースト タイッサ・ファーミガ アリソン・イーストウッド

⇒comment

Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「運び屋」

長年家庭を顧みずに仕事…とそれにまつわる家族抜きの楽しみごと…を中心に生活してきた男。一人娘の行事や発表会はもとより彼女の再婚式にも出席することなく、勝手気ままに生きてきた。だが、熱心に取り組んできた百合栽培の仕事が時代の移り変わりと共に上手くいかなくなり、遂には農園を差し押さえられる事態になる。その時には、彼に残っていたものは何もなかった。金も居場所も、家族からの信頼も。そんな男アール・ス...

運び屋

90歳のアール・ストーンは退役軍人。 家庭を顧みず高級ユリの生産に打ち込み成功した時期もあったが、今は自宅も農園も差し押さえられ孤独な毎日を送っている。 ある日彼は、簡単に金になるという仕事を持ちかけられる。 高額な報酬に惹かれて引き受けたが、それは巨大麻薬組織の危険な「運び屋」だった…。 クライム・サスペンス。 
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示