『しっぽの声』 成熟度を高めよう

しっぽの声 1 (1) (ビッグコミックス) そのずっしりとした読後感に言葉もない。
 それは、ここに人間の本質が――人の世の何たるかが、もっともきつい形でえぐり出されているからだ。
 『しっぽの声』は、まるでマンガ『デビルマン』の後半部分や、平井和正氏の"人類ダメ小説"のように壮絶だ。しかも、それらの作品以上に悲しくおぞましく感じるのは、ここに描かれていることが、現代の日本の現実だからだ。

 狭いところに糞尿まみれのまま閉じ込められ、極度の飢えから遂には共食いしたり、自分の体を食べてしまう。病気になったら放置され、ただ苦しんで死んでいくだけ。そんな残虐なことが、今も各地で起きている。
 たまたまその運命を逃れても、流通経路に乗せられて、店頭に並べられる。
 だが、幼児は体調を崩しやすく、病気になりがちだ。可愛い我が子であれば最大限の看病をしてもらえるかもしれないが、売り物でしかない彼らに手厚い治療や看護は期待できない。治療費や人件費を投入して損益分岐点が上昇したら、店の儲けがなくなるからだ。ある程度は面倒みても、適当なところで打ち切られ、治らない子は冷凍庫に詰められてしまう。カチカチに凍ったら、細かく砕いて、ゴミ捨て場に持っていかれるのだとか。

 考えるだにおぞましい、恐ろしい行為だが、こんなビジネスが営まれるのは、大量生産、大量販売を支える購入者がいるからだ。需要があるから供給するのだ。
 店頭の買い物客は、その子がどんな環境で産まれたか、どんな経路でここに来たかわざわざ確かめたりしない。売れ残った子や返品された子の末路を気に留めることもない。客がそんな面倒なことをしないから、店側も説明責任を果たそうなどと思わない。それだけのことなのだ。

しっぽの声 2 (2) (ビッグコミックス) こうした日本のペットビジネスの実態を描くことは、すなわち、このような状態を良しとしている日本の人々を、日本の社会を描くことに他ならない。
 人はどこまで残虐になれるのか。生き物を商品としてしか見なくなると、いかに粗末に冷酷に扱うか。
 大量の犬たちの面倒をみきれずに、飼育崩壊(ネグレクト)に陥った凄惨な現場を前にして、「地獄だ」と漏らした人がいる。その言葉は、この状況を放置してきた日本全体で受け止めねばならないだろう。それは戦場でも大災害の渦中でもない。平穏な日常の一部として、いま私たちの国で起きていることなのだ。

 マンガ『しっぽの声』を読む上で、犬や猫が好きか、ペットそのものに興味があるかどうかは実はあまり関係ない。本作の公式サイトに、この作品のテーマが「ペット流通の闇」であると書かれているように、1兆4,720億円ともいわれる日本の巨大なペット関連市場の裏で何が行われているのか、その暗部とそこにうごめく人間たちを本作は描いている。息を呑むような描写の連続だが、目をつぶることは許されない。そんな強烈な作品である。

 読者諸氏は、本作が豊富な知見に基づいて、とても思慮深く描かれていることに驚くに違いない。多少なりともペット事情に関心がある人ならなおさらだ。
 それもそのはず、動物たちを取り巻く問題の実態がマンガに反映されるように作り手に様々な事例を紹介し、作品に描かれる問題が現状に忠実であるようアドバイスしているのは、公益財団法人動物環境・福祉協会Evaの理事長であり、長年にわたって動物愛護の普及啓発に務めてきた杉本彩氏なのだ。杉本氏は、『しっぽの声』第一巻のあとがきに寄せて、「しっぽを持つすべての動物たちの声なき声とその尊い魂を伝えたいという志のもとに編集長はじめ皆が取り組んでいます。」と綴っている。

 


それでも命を買いますか? - ペットビジネスの闇を支えるのは誰だ - (ワニブックスPLUS新書) 動物たちを苦しめ、痛ましい悲劇を引き起こしている大きな原因は、次の二つに集約されると杉本彩氏は云う。[*]
  • 利益を上げるためだけに、いまだに動物の「生体展示販売」が平然と行われているペットビジネス業界の現実
  • 「かわいい」という理由だけで自覚も覚悟もなく、衝動的にペットショップで動物を購入する無責任な飼い主の存在

 こういう意見に接すると、「全部が全部そうじゃないでしょ」「100パーセント悪だと云いたいの?」と反論する人がいるかもしれない。
 もちろん、本作ではすべての業者が同じように悪いとは云っていない。杉本氏の著書でも、「現実には、真の優良ブリーダー(育種家)ばかりではありません…」「悪質な繁殖業者のなかには…」という書き方で、全部が全部悪いと決めつけることは避けている。

 では、全部じゃないから批判するべきではないかといえば、そんなことはない。
 こういうときは、成熟度モデルに基づいて考えると判りやすい。
 カーネギーメロン大学で考案されたCMMI(Capability Maturity Model Integration)は、組織の能力成熟度を五つのレベルで表したモデルである。

成熟度レベル段階特性
レベル1初期段階きちんとした人もいればダメな人もいる、場当たり的な状態
レベル2管理された段階計画的に管理され、特定の人だけに限らず、きちんとできそうな状態
レベル3定義された段階何をすべきかが明確になり、全体に浸透した状態
レベル4定量的に管理された段階目標と実績が定量的に把握されており、きちんとできることが予測可能な状態
レベル5最適化している段階継続的な改善が行われ、環境が変化しても最適化できる状態


 CMMIはソフトウェア開発組織等の評価や改善のために考案されたモデルだが、その考え方は様々な分野に応用できよう。
 悪質・劣悪な業者も優良な事業者も交ざっているペットビジネス業界の現状は、成熟度モデルに照らせばレベル1の初期段階だ。杉本彩氏らが行っている動物愛護の普及啓発は、管理すべきポイントを知らしめて成熟度をレベル2に引き上げようとする活動に当たるだろう。
 ペットビジネスに携わる人たちがどう考えているかは知らないが、私のような門外漢からは、失礼ながら驚くほどレベルが低い業界に見えてしまう。

ペットと向き合う 他の業界では、能力成熟度モデルに基づくレベル判定はもとより、ISOのマネジメントシステムの認証や、SOC保証報告書の受領や、PCIDSSの認証等により、事業活動が健全かどうかを第三者に評価してもらい、第三者機関の認証・保証を得ることで、自組織の健全性を外部にアピールすることが広く行われている。とうぜんのことながら、第三者機関の認証・保証がいい加減なものにならないように、第三者機関もまた外部の機関に認定される仕組みがある。
 日本マクドナルドの創業者・藤田田氏は、日本人にとって馴染みのないハンバーガーという食べ物を安心して口にしてもらうために、業界横断的な組織「日本ハンバーグ・ハンバーガー協会」を設立し、社外からハンバーグ及びハンバーガーの「規格」と「品質表示」を推進させる制度を作って、業界全体の信頼向上に邁進した。
 映画界は、公開前の映画に映画倫理機構の審査を課すことで、観客の年齢層に応じた作品が上映される仕組みを確立している。

 これらの仕組みが万全とはいえないかもしれないが、少なくとも他業界が取り組んできたことを念頭に、本書をはじめとするペットビジネス業界に関する文献を読むと、この業界はなんて甘えているのだろう、甘やかされているのだろうと感じてしまう。過去に多くの問題が起きているのに、犬や猫の繁殖・販売に関する規格も第三者評価の仕組みもその表示に関する取り決めも、まったくもって不充分だ。
 優良なブリーダーや販売業者各位には、ぜひとも悪質な業者を駆逐するべくご尽力いただきたいと思うし、動物を飼う人は悪質な業者のビジネスを下支えすることにならないように留意しなければならないのだと思う。


 さて、杉本彩氏の著書『それでも命を買いますか? ペットビジネスの闇を支えるのは誰だ』は、ペットショップの経営者の告白やペット流通の実態、既得権者が跋扈する政治と行政の実情等が盛り込まれ、たいへん意義深い読み物だ。
 だが、杉本氏や寄稿者の思いが強すぎて、すでに同じ思いを抱いている人には大いに共感できるだろうが、そのような思いをまだ持っていない――本書が一番届くべき――人々は付いていけないのではないかと心配だ。

 その点、『しっぽの声』は、ペットへの関心の有無にかかわりなく誰もが興味を持って読み進められるように、原作者、作画者、編集者が協力し、練りに練って作っているのがよく判る。
 私は、刊行中の二巻まで一気に読んでしまった。この後の展開が気になって仕方がない。


[*] 杉本彩 (2016) 『それでも命を買いますか? ペットビジネスの闇を支えるのは誰だ』 ワニブックス

しっぽの声 2 (2) (ビッグコミックス)しっぽの声 1 (1) (ビッグコミックス)しっぽの声』 [書籍]
原作/夏緑  作画/ちくやまきよし  協力/杉本彩
雑誌連載/『ビッグコミックオリジナル』2017年第12号~
ジャンル/[犬]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録



【theme : 漫画
【genre : アニメ・コミック

tag : 夏緑 ちくやまきよし 杉本彩

⇒comment

No title

読んでしまいましたね。
私は連載で読んでいるので二巻がどの辺かが逆に分からないのですが、多分「殺処分ゼロ」問題にはまだ踏み込んでないでしょう。「殺さない事が絶対の正義なのか」と言うこれもまた重い話です。人間でも動物でも不当に「生き死に」が軽く扱われる状態はキツイです。人間はともかくペットなんて、絶対、罪がない存在だと分かってるから。困ったね、鯨とかイルカだと繁殖しすぎたら食べちゃうんだけどね(余計な事書いた)。

Re: No title

fjk78deadさん、こんにちは。
とんでもない作品を教えられてしまいました。生半可なホラー作品よりも恐ろしいですね。

第一巻は、第1話「声を聞かせて」から、譲渡会とペットショップの対比が描かれる第7話「新しい出会い」まで。第二巻は、一見するとちゃんとしてそうなペットショップの業務が描かれる第8話「ペットショップ」から、「殺処分ゼロ」を標榜する動物保護サークルと「命は金で買えない」と主張する獣医師が結託する第15話「わかれ道」までです。

もうね、先の展開が読めちゃうから怖いです。普通は先の展開が読めたら面白くないのでしょうけど、この作品の場合は「あの問題を取り上げるのか」と思うだけで読む前から恐怖に襲われます……。
本当、全然罪がない存在なのに軽々しく殺すとか、殺すしかないのに生まれさせるとか、何なのかと思います。

三巻以降が出たら、また本作を取り上げるつもりです。

瞳が訴えるもの

ふじきさんのおかげで、この本に出会うことができました。(彼のブログの大ファンです(^^))
杉本彩さんの書籍も読みました。
知らなかったことがいっぱいありました。確かに、生き物を売るということには、どんな弊害や不幸が伴うか、ちょっと想像すればわかることなのに、なぜか、こんな可愛い動物達がまさかそんな目にあわされることはないだろうと勝手に思い込んでいたんだろうと思います。
保健所の譲渡会で一匹の子犬をもらい受け、16年間いっしょに過ごしましたが、最初から怯えたような瞳が特徴の子で、私が箒をもって掃除しようとすると、サッと頭を隠すような素振りを見せ、いじめられていたんだなぁとその生い立ちを可哀想に思ったものでした。それでも、気の優しいその子は、こちらが凹んでいる時は、いっしょに寄り添って優しい瞳で見つめてくれる子でした。最後はオムツが手放せなくなり、目も耳も鼻も衰えてきましたが、死ぬ間際には私の作ったミルクのお粥を一生懸命食べてから、動かなくなりました。
動物は可愛いけれど、人と同じように一生があります。受け止める覚悟は、人の赤ちゃんと同じようにいります。
あれから動物は飼っていませんが、この本を読んで、自分にちゃんと覚悟ができたら、譲渡会等に行ってみようかなと思いました。杉本彩さんを陰ながら応援したいと思っています。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示