日本インターネット映画大賞への投票 2016年度

この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック 2016年もあまり映画を観られなかったが、点数を付けるでも順番を付けるでもなく、日本インターネット映画大賞への投票を通じて幾つかの作品を応援できればと思う。
 優れた作品、面白い作品はたくさんあるが、応援したい気持ちの強さは、必ずしも優秀さ面白さと一致するわけではない。だから、もっと優れた作品があるのに、と思われることは百も承知だ。それどころか、ヒット作やすでに高評価を得ている作品に比べると、そうでない作品にはより一層応援したいバイアスがかかることをご承知いただきたい。
 各作品についてはリンク先をご覧いただきたい。

---
[作品賞投票ルール(抄)]
■選出作品は3作品以上5作品まで
■選出作品は2015年1月~2016年12月公開作品
■1回の鑑賞料金(通常、3D作品、4DX作品、字幕、オムニバス等)で1作品
■持ち点合計は15点
■順位で決める場合は1位5点、2位4点、3位3点、4位2点、5位1点を基礎点
■作品数で選ぶ場合は3作品各5点、4作品各3.75点、5作品各3点
■自由に点数を付ける場合は1点単位(小数点は無効)とし1作品最大点数は10点まで可能
■各部門賞に投票できるのは個人のみ
■ニューフェイスブレイク賞は男優か女優個人のみ
■音楽賞は作品名で投票
■私(ユーザー名)が選ぶ○×賞は日本映画外国映画は問いません
■日本映画の作品賞もしくは外国映画の作品賞に3作品以上の投票を有効票
■以上のルールを満たさない場合は賞の一部を無効
-----------------------------------------------------------------

殿、利息でござる! [Blu-ray]日本映画

【作品賞】 作品数にて投票
 「この世界の片隅に
 「シン・ゴジラ
 「アイアムアヒーロー
【コメント】
 映画の作り手にも受け手にも難しい題材が「お金」。その題材に珍しくきちんと向き合い、エンターテイメントとして成功した『殿、利息でござる!』や『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』が印象的な年だった。だが、今回は日本の映画史に残る(残す)べき作品としてこの三本を挙げる。

【監督賞】
  [片渕須直] 『この世界の片隅に
【コメント】
 これほどのものを作れることへの驚きと、これほどのものを作れたことへの敬意と、これほどのものを作ってくれたことへの感謝と。

【最優秀男優賞】
  [柄本時生] 『聖の青春』
【コメント】
 『聖の青春』の俳優陣には目をみはった。とりわけ強烈だった柄本時生さんをこの映画の代表として。

【最優秀女優賞】
  [能年玲奈(芸名のん)] 『この世界の片隅に
【コメント】
 声だけでこれほどの存在感を示せることに驚嘆した。余人をもって替えがたい演技であった。

【ニューフェイスブレイク賞】
  [新木優子] 『聖の青春』
【コメント】
 深い業を描いた本作にあって、出演シーンは多くないものの、新木優子さん演じる書店員は清涼な印象を残した。

【音楽賞】
 「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」
【コメント】
 対バン映画は数々あれど、本当にバンドが演奏で戦うとは珍しい。ROLLY、マーティ・フリードマン等、豪華なミュージシャンの演奏に狂喜。みうらじゅんさんまで登場して爆笑。

-----------------------------------------------------------------

レッドタートル ある島の物語/マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット作品集 [Blu-ray]外国映画

【作品賞】 作品数にて投票
 「ズートピア
 「アングリーバード
 「ピートと秘密の友達
 「レッドタートル ある島の物語」
【コメント】
 3DCGがリアルになり、アニメーション映画『ズートピア』のウサギも実写映画『ピートと秘密の友達』のドラゴンも同じような現実感を持つ今、アニメーション映画と実写映画を区別することにあまり意味はないと思う。そんな中、人が描いた絵の魅力と、絵が動くことへの感動を思い出させてくれた『レッドタートル ある島の物語』は、特筆すべき作品だ。同じことは日本映画『この世界の片隅に』にも云えよう。

【監督賞】
  [アレハンドロ・G・イニャリトゥ] 『レヴェナント:蘇えりし者』
【コメント】
 真の冒険物を堪能させてくれた。冒険物の真髄がグリット(GRIT: Guts(度胸)、Resilience(復元力)、Initiative(自発性)、Tenacity(執念))であることを改めて実感させてくれた。その辣腕を賞して。

【最優秀男優賞】
  [マーク・ライランス] 『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』 『ブリッジ・オブ・スパイ』
【コメント】
 『ブリッジ・オブ・スパイ』でアカデミー助演男優賞に輝くマーク・ライランスは改めて応援するまでもないが、『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』の演技も強調しておきたい。オナラしながら大笑いする彼に癒された。

【最優秀女優賞】
  [マーゴット・ロビー] 『ターザン:REBORN』 『スーサイド・スクワッド』
【コメント】
 美貌といい気品といい、最高のジェーンであった。

【ニューフェイスブレイク賞】
  [サイモン・ヘルバーグ] 『マダム・フローレンス! 夢見るふたり
【コメント】
 長いキャリアのある人だが、これまで日本では映画俳優としてはあまり認識されていなかったと思う。本作では、そんな彼の大活躍が楽しめる。

オデッセイ [Blu-ray]【音楽賞】
 「オデッセイ」
【コメント】
 作品賞、監督賞、最優秀男優賞のどれで取り上げてもおかしくない傑作だが、音楽の魅力にも注目したい。なんとなく懐かしいヒット曲を流す映画が多い中、極限状態の表現として、隊長の"趣味の悪い"音楽しか残っていないシチュエーションはユニークだった。

-----------------------------------------------------------------

【私が選ぶ最優秀美術賞】
  [林田裕至] (『土竜の唄 香港狂騒曲』 『シン・ゴジラ』)
【コメント】
 現実感と非現実感との距離の取り方が見事。『土竜の唄 香港狂騒曲』のクライマックスの現実離れしたアクションは、異空間のように装飾されたホールの中だから生きた。他方、非現実感の入る余地のない『シン・ゴジラ』。その仕事には感嘆する。

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以上の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------

 以上をこちらに投票した。

[このブログについて]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
関連記事

【theme : 年別ベスト映画
【genre : 映画

⇒comment

Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「2016年度日本インターネット映画大賞・日本映画部門」投票

日本インターネット映画大賞の日本映画部門に投票2015年はココ、2012年はココ、2011年はココ、2010年はココ、2009年はココ、2008年はココ、2007年はココ、2006年はココ今年からTwitterでの投票 ...

2016年 日本インターネット映画大賞

今年も昨年1年間の映画を振り返ります。去年までとは少しフォーマットが変わって、日本映画と外国映画、それぞれ5作品までしか選べないようになってる! [作品賞投票ルール(抄)] ■選出作品は3作品以上5作品まで ■選出作品は2015年1月~2016年12月公開作品 ■1回の鑑賞...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示