『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』 5年の遅れを取り戻せるか?

宇宙戦艦ヤマト 復活篇 [Blu-ray] 長い年月であった。
 『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』の最初の制作発表は1994年だから、もう15年になる。
 この間、長引く裁判をはじめ数々の障害があり、『YAMATO2520』も中絶したままとなり、もう復活篇を観ることは叶わないと諦めていた。
 だから、本作の予告編を目にしたときは感激した。

 しかし、本当はせめて5年前に公開するべきだったのだ。


 2009年はガンダム30周年として、お台場での実物大モデルの展示をはじめ、ガンダムが大いに盛り上がった。
 30年の歳月は、少年が成長して企業等でそれなりの権限を持てるほどの時間だ。
 だから実物大ガンダムを制作できたのは、30周年というきりの良い数字もさることながら、ガンダムに熱狂した世代が自分たちの好きなことを企画・実現できるだけの権限を持つに至ったからだ。

 1980年代に吉永小百合さん(1957年デビュー)の主演作が立て続けに作られ、CM等での起用が増えたときも、サユリストが決裁権を握ったからだと云われた。
 出光興産とタイアップした『ウルトラマンゼアス』(1996)が、初代『ウルトラマン』(1966年7月17日~1967年4月9日)から30年目に制作されたのも、企業側をウルトラマン世代が占めるようになってGOサインが出やすかったのだろう。
 テレビアニメ『赤毛のアン』のシリーズ作品が、30年後に制作されたのも偶然ではない。

 したがって1974年10月6日から1975年3月30日まで放映された『宇宙戦艦ヤマト』は、2004~2005年がブームを仕掛けるのに最適だったのだ。
 5年前であれば、ガンダム30周年とぶつかることもなく、企業とのタイアップも有利に運んだことだろう。

 だから、2004年に再度『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』の制作発表をしたのは、まことに適切なタイミングであった。
 このときすみやかに公開できていれば、盛り上がり方も違ったはずだ。


 しかし、いまさら云っても詮無いことだ。

 驚くのは、15年を経ても当初の構想からそれほど変わっていないことだ。
 原案の石原慎太郎氏は、かつてインタビューにおいて、ABCD包囲網に苦しむ日本の姿を投影すると語っていたが、本作で星間国家連合に移民を阻まれる地球は、石原慎太郎氏の言葉のままである。
 さらに、米国だけが超大国だった20世紀が終わり、世界は多極化しつつあるにもかかわらず、湾岸戦争(1991)時代の様子をそのままアマール星に当てはめているのもビックリだ。

 そして、本国から遠く離れているのをいいことに、文民統制なにするものぞと暴走し始める軍人たち。満州事変から300年近く経っても日本人は進歩しない。
 なにしろ勝手に宣戦布告しちゃうのだから、のけぞらずにはいられない!


 ところで、ヤマト30周年の節目こそ逃したものの、2009年は何を隠そう『宇宙空母ブルーノア』本放映から30年目である。
 嬉しいことに、『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』にはブルーノアも登場する。

 ここはひとつ、ヤマトファンだけでなく、ブルーノアファンの力も結集して盛り上げよう。
 そして、2010年12月に公開予定の木村拓哉主演『SPACE BATTLESHIP ヤマト』に繋げるのだ。


 この作品に対して、映画的な興奮を味わいたいとか、面白さを堪能したいとか、感動したいなどと小さいことを考えてはいけない。
 ヤマトの復活を見届けるのは、(年季の入った)アニメファンの義務なのだ。


宇宙戦艦ヤマト 復活篇 [Blu-ray]宇宙戦艦ヤマト 復活篇』  [あ行]
監督・企画・原作・脚本・製作総指揮/西崎義展  総監修/舛田利雄
副監督・メカニックデザイン/小林誠  総作画監督・キャラクターデザイン/湖川友謙
原案/石原慎太郎  脚本/石原武龍、冨岡淳広  音楽監督/大友直人
出演/山寺宏一 伊武雅刀 飯塚昭三 井上和彦
日本公開/2009年12月12日
ジャンル/[SF] [アドベンチャー]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : アニメ
【genre : 映画

tag : 西崎義展 舛田利雄 山寺宏一 伊武雅刀 飯塚昭三 井上和彦

⇒comment

税金

岡田斗司夫氏が、うまい云い方をしています。
http://twitter.com/ToshioOkada/status/6598364370

「ヤマトは税金」。
云いえて妙です。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

宇宙戦艦ヤマト 復活篇

1974年、「さらば、地球よ・・・」のメロディに乗って「宇宙戦艦ヤマト」がTVに登場してから35年が経ちました。「人類滅亡まで、あと1年」というセンセーショナルなコピーで注目を集め...

宇宙戦艦ヤマト 復活篇

昨夜はシネトレのオフ会で飲んだくれた。 参加者は12名でそのうち女性が8名。 2対1で通常の試写会よりは男性比率が高かった。(笑) 深夜0:00ちょうどに帰宅。 疲れがやや残るなか、本日は東京国際フォーラムにでかけた。

『宇宙戦艦ヤマト/復活篇』(2009)

「宇宙戦艦ヤマト」が復活することを最初に知ったのは、『完結編』公開してまもなくのこと。 そして具体的に動き始めたことを知ったのは、今から15年ほど前の話。 その間にも、そしてその後でも度々「ヤマト」復活の話題は飛び交ったものの実現に至らず、もはやこの日...

劇場用アニメーション映画「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」

劇場用アニメ映画『宇宙戦艦ヤマト完結編』から25年、壮大な構想のもとにヤマトが復活した。フルCGで甦ったヤマトは、完璧な3D立体モデルに手を加え、その巨大さ、重量感を再現すべく、細心の工夫を凝らしている。また、斬新なデザインのメカの戦闘シーンは、3D・CGを駆使...

[映画『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』を観た]

☆午前中に観た『ワンピース』以上に、判断を公言するのが難しい作品である^^;  これから、ちょいと焼肉パーティーなので、それが終わってから、この前口上の後に、ネチっこく書きたいと思うので、皆さん、後ほど、また、こちらを覗いてください^^  ともあれ、『...

『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』・・・宮川音楽の継承はうれしいが

“無限に広がる大宇宙・・・” ヤマトに欠かせないこの冒頭のナレーションに心がすーっと鎮まっていく。続いて流れ出す川島和子のスキャット。シンプルにして深く、優しさに満ちあふれながらも無性に切ない、少なくとも私の世代なら知らない人はいないであろう、故・宮川...

映画「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」@東京国際フォーラム ホールA

 客入りは1階席はほぼ満席、2階席は未確認。 宇宙戦艦ヤマト復活篇オリジナルサウンドトラック   映画の話 西暦2220年、太陽の300倍の質量を持ち、光をも飲み込む暗黒の天体、移動性ブラックホールが宇宙から地球へと迫っていた。地球連邦政府は、移民船団を組織...

宇宙戦艦ヤマト 復活篇

「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」監督:西崎義展声の出演:山寺宏一、伊武雅刀、藤村歩、由愛典子、茶風林、古谷徹、伊藤健太郎、浪川大輔、柚木涼香配給:東宝概要:宇宙戦艦ヤマトがアクエリアスの海に沈んで17年、時に西暦2220年、地球人類は未曽有の危機に直面していた。太...

宇宙戦艦ヤマト 復活篇

1983年の『宇宙戦艦ヤマト 完結編』から26年ぶりに製作された劇場版映画。 完結編から17年後を舞台に38歳になったヤマト艦長・古代進の活躍を描く。西暦2220年、移動性巨大ブラックホールが太陽系に接近してきて、その ルートから地球が確実に飲みこまれることが判明したた..

劇場用アニメーション映画 「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」

<<ストーリー>>西暦2220年、太陽の300倍の質量を持ち、光をも飲み込む暗黒の天体、移動性ブラックホールが宇宙から地球へと迫っていた。地球連邦政府は、移民船団を組織。サイラム恒星系アマールへの移民を決行するが、謎の大艦隊の攻撃に遭い、船団が壊滅。古代進は

宇宙戦艦ヤマト 復活篇/山寺宏一、伊武雅刀

宇宙戦艦ヤマトが水の惑星アクエリアスに沈んでからどれだけの月日が経ったのでしょうか。あの日本が誇るスペースオペラの名作が復活するなんて夢のようです。といってもかつてもいろんな手を使って復活し稼ぎまくっていたシリーズ作品なんですけどね(笑)。大ファンだった...

「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」地球を救うためにパワーアップして戻ってきたヤマト復活の戦い

「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」は1974年に放送されたアニメ宇宙戦艦ヤマトの劇場版最新作でアクエリアスの海に沈んだヤマトがブラックホールの未曾有の危機に復活し人類を第2の地球へ移住させる任務につくが、謎の国家の攻撃を受けてその国家と戦うストーリーである。映...

宇宙戦艦ヤマト 復活篇

2009年12月17日(木) 18:15~ チネ11 料金:1300円(TSUTAYA川崎店で前売りを購入) パンフレット:600円(買っていない) 『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』公式サイト 何故かもうひとつサイトがある。こっちのほうが内容が充実。 国粋主義的アナクロアニメ、突然の復

『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』 ('09初鑑賞183・劇場)

☆☆☆-- (5段階評価で 3) 12月12日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター1にて 13:55の回を鑑賞。

宇宙戦艦ヤマト 復活篇 [映画]

公開:2009/12/12製作国:日本上映時間:135分監督:西崎義展声の出演:山寺宏一、伊武雅刀、茶風林、古谷徹、青野武、永井一郎、緒方賢一、井上和彦、子安武人愛のために戦え!Story:西暦2220年、太陽の300倍の質量を持ち、光をも飲み込む暗黒の天体、移動性ブラックホ

宇宙戦艦ヤマト 復活篇

テレビアニメの宇宙戦艦ヤマトを楽しんだ世代にとっては、昔の思い出を呼び起こしてくれる。ヤマトの獅子奮迅の戦いぶりと、日本フィルの音楽が気分を高めてくれた。でも残念ながら、巨大なエンディングクレジットの文字がぶち壊してくれた。

「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」まだだ、まだ終わらんよ!

[宇宙戦艦ヤマト 復活編] ブログ村キーワード  “ヤマト復活!”「完結篇」から26年の時を経て、ヤマトが帰ってきた。「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」(東宝)。とは言っても、いまどきの若い人たちには『何のこっちゃ?』って感じじゃないでしょうか?  西暦2220年、

宇宙戦艦ヤマト復活篇

・・・を見てきました。 アニメ声優会広h(以下略) 自分の場合もともとのヤマトは最初の数話見ただけだったのですが、 それでも充分楽しむことができました。 まずは、宇宙での戦闘シーンを中心とした映像の美麗なこと。 もちろん、もとのヤマトの絵は何物にも変...

劇場版『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』

・・・を見てきました。 アニメ声優会広h(以下略) 自分の場合もともとのヤマトは最初の数話見ただけだったのですが、 それでも充分楽しむことができました。 まずは、宇宙での戦闘シーンを中心とした映像の美麗なこと。 もちろん、もとのヤマトの絵は何物にも変...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示