『ラブ&ピース』は「愛と平和」ではない

ラブ&ピース コレクターズ・エディション(Blu-ray初回限定版) みなさん、大事なことをお忘れではありませんか。
 園子温監督の新作が公開されるたび、私は首を捻っていた。

 2015年公開の『ラブ&ピース』の公式サイトには「『ヒミズ』『冷たい熱帯魚』など…で高い評価を受け続ける園子温監督が…『愛のむきだし』以来に直球に愛を描いた待望のオリジナル作品」と書かれている。
 2014年公開の『TOKYO TRIBE』の紹介記事には「『愛のむきだし』『地獄でなぜ悪い』の鬼才・園子温監督が…」とあり、2013年公開の『地獄でなぜ悪い』の記事では「『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』の園子温監督が…」と紹介され、『ヒミズ』では「『冷たい熱帯魚』『恋の罪』の園子温監督」、『恋の罪』では「『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』の鬼才・園子温監督」と紹介されている。

 ここから判るように、園子温監督の作品ではベルリン国際映画祭でカリガリ賞と国際批評家連盟賞を受賞した『愛のむきだし』の評価が極めて高く、それに次ぐのがブルーリボン賞の作品賞や報知映画賞監督賞に輝いた『冷たい熱帯魚』、そして全国79スクリーンとそれまでにない規模で封切られた『ヒミズ』や全国72スクリーンで封切られた『地獄でなぜ悪い』が知名度の高い作品といえるだろう。

 『愛のむきだし』と『冷たい熱帯魚』の評価が高いことに誰も異存はないはずだ。かくいう私も当ブログに取り上げた園子温監督作はこの二作だけだ。

 しかし、園監督の新作が発表され、監督のプロフィールが紹介されるたびに気になることがあった。2009年1月に公開された『愛のむきだし』の興奮も冷めやらぬ中、同年8月に公開された『ちゃんと伝える』のことがどこにも出てこないのだ。『ラブ&ピース』公式サイトをはじめ、園監督のプロフィールに関する記事の多くで『ちゃんと伝える』は無視されている。
 それが『ちゃんと伝える』の評価と成績の結果なのかもしれないが、『ちゃんと伝える』に滂沱の涙を流した私はひどく寂しかった。

 自分もブログに取り上げなかったので大きなことは云えないけれど、『ちゃんと伝える』は愛すべき作品だ。「オヤジ、先に逝ってくれ。」という惹句は刺激的だが、内容は余命物の王道である。父と息子が時を同じくして短い余命を宣告される。父の死は辛いけれど、父に自分を看取らせるのはもっと辛い息子の苦悩。園監督の亡父への思いが込もった、心温まる映画だった。
 無茶苦茶に弾けた『愛のむきだし』の次が情感たっぷりの『ちゃんと伝える』であることに、園監督の幅の広さを見せつけられた思いだった。

 しかし、『ちゃんと伝える』は数ある余命物の一つとして埋もれてしまったようだ。たしかに園子温監督が手掛けなくても、余命物はいつでも誰かが撮っている。そこに園監督の作品が一つ付け加わっても、インパクトはないのかもしれない。
 かくして園監督は『ちゃんと伝える』から一転、埼玉愛犬家連続殺人事件に材を取った『冷たい熱帯魚』や東電OL殺人事件にインスパイアされた『恋の罪』でエロティシズムと猟奇性を爆発させる。さらに、ヤクザの抗争を描いた『地獄でなぜ悪い』、ストリート・ギャングが戦う『TOKYO TRIBE』、スカウトマンたちの抗争を描く『新宿スワン』、女子高生が次々に殺される『リアル鬼ごっこ』と、血と暴力とエロを売りにした作品を連発してきた。

 監督の快進撃はめでたいかもしれないけれど、プロフィールから『ちゃんと伝える』が消えたばかりか、園監督自身も感動路線に興味を失ってしまったようで、私の寂しさは募った。

映画 ラブ&ピース オリジナルサウンドトラック だが、遂に、園子温監督は極めつけの感動作を発表した!
 園監督が「家族連れで楽しんでほしい」と語る『ラブ&ピース』だ。
 "LOVE & PEACE"といえばジョン・レノン、愛と平和、反戦運動等々が連想される。東日本大震災を受けて『ヒミズ』の台本を大幅に書き換えたり、架空の原発事故を描いた『希望の国』を発表した園監督のことだから、「ラブ&ピース」なんて聞くとさぞかし政治的・社会的メッセージが込められているだろうと身構えてしまうけれど、ちっともそんなことはない。「ラブ&ピース」というカタカナ表記はフェイントで、本作は"LOVE & PEACE(愛と平和)"ではなく"LOVE & PIECE(愛とカケラ)"なのだ。

 映画の中心をなすのは捨てられたペットやオモチャたちだ。捨てられ、下水道を漂った彼らは、ホームレスの老人に拾われて、地下でひっそり暮らしている。うだつの上がらないサラリーマンに捨てられたカメも老人の許に流れ着き、汚れた人形マリアや壊れた猫の縫いぐるみスネ公や、犬や猫や兎やアヒルたちと暮らしはじめる。捨てられても主人を愛し続ける彼らは、主人の願いをかなえるために奮闘する。
 以前、『トイ・ストーリー3』が描くいらなくなったオモチャの悲劇は、現実にペットの身に起こっていることだと書いた(「『トイ・ストーリー3』 これは現実だ!」参照)。ペットのような境遇のオモチャを観てあれほど泣いたのだから、捨てられたペットとオモチャの両方が出てくる本作には涙を止めようがない。

 本作の台本は、25年前、園監督が商業映画でデビューするために最初に書いたものだそうだ。自分がやりたかったことの原点が全部詰まっているという。そんな園監督は、カメのかわいらしさにこだわったと語る。
---
僕、もともとかわいいものが大好きなんです。世界で一番好きな映画は「ベイブ」ですし。もともと、25年前は血みどろ映画を撮り続けるつもりは少しもなくて......いわば、アンプラグドで勝負しようとしてたミュージシャンが、全然売れなくて、40歳になったときに、メイクアップしてライブで血を吐いたらウケちゃってっていう感じです。なので、「ラブ&ピース」みたいな映画が自分のメインなんですよね、実は。

― ファンタジーや、ファミリー映画が撮りたかったということでしょうか?

そうですね。当時は、「何か目立たなきゃ」という思いもあったし、全部のプライドを捨てて一から出直す時に、スプラッタ映画も好きなジャンルではあったから、そういうジャンルでトライしたら、今までと違う可能性があるんじゃないかなって思って撮りだしたので、スプラッタが大好きだったからこうなった、というわけではないのです。
---

 2013年のトークショーで、園監督が「年末に撮る映画はファンタジー。6歳までの子どもたちに見せるための、クリスマスを舞台にした3匹の動物の心温まる話」と語ったのは、構想段階の本作を指したものかもしれない。

 夏休み前と冬休み後は捨てられる子犬・子猫の数が増えるという。長期の旅行に行くため捨ててしまったり、クリスマスプレゼントに買ったはいいけど育てきれなくて捨てるそうだ。クリスマスシーズンは捨て犬・捨て猫の予備軍が増える悲しい季節なのだ。
 それだけに、捨てられても主人に無償の愛を注ぎ続けるカメたちが愛おしくてならない。
 本作は、血と暴力とエロに満ちた近年の園監督作品からは想像もつかない、夢と愛に溢れたファンタジーだ。


 園監督みずから「子供たちにも観て欲しい」「早く、こういう映画を撮りたかった」と語る本作だが、社会性を前面に打ち出した『ヒミズ』や『希望の国』のような作品を期待する観客を取りこぼさない工夫もなされている。
 それが『ラブ&ピース』という題であり、ピカドンというカメの名前だろう。人によってはラブ&ピースを「愛と平和」と受け取るだろうし、原爆を意味する"ピカドン"という名や、東京オリンピックと引き換えに忘れられていくものたちに、政治的・社会的メッセージを見出すかもしれない。

 怪獣と化す"ピカドン"の名に、私はゴジラが水爆大怪獣であったことやガメラが原爆の爆発で目覚めたこと以上の意味を感じない。かつて原水爆は怪獣を出現させる云い訳に過ぎなかった。小さい頃はテレビでも映画でも特撮作品が当たり前に存在して、怪獣は空気みたいなものだったという園監督にとって、怪獣を原水爆に関連づけることにたいした意味はない気がする。
 しかし、原発事故を扱う園子温監督を政治性・社会性のある映画監督として注目する人たちは、そこに特別な意味を見出すかもしれない。加えて、地下世界でのペットやオモチャの哀切さと並行して描かれる地上の人間たちの悲喜劇は、規格に沿ったピース(部品)であることを強要する社会への風刺にも見えるのではないか。ピカドンが移動すると風刺SF『時計じかけのオレンジ』のようにベートーヴェン交響曲第9番が流れるのは、そういう見方を否定しないということだろう。

 もっとも、本作には反戦歌ではない歌に反戦メッセージがあると云ってもてはやす人々が登場する。彼らの存在は、なにやら皮肉めいている。

 いずれにしろ、深読みしたい人は深読みすれば良いし、意味を見出したい人は見出せば良い。
 そんなこととは関係なく、本作はすこぶる面白いし感動的だ。
 園監督は、『ラブ&ピース』に子供時代に観たゴシックホラーとか、ウルトラマンみたいな特撮とか、そういうものから受けた影響をすべて詰め込んだと述べている。振り返れば、『ウルトラマン』にはシーボーズが登場した「怪獣墓場」やジャミラが登場した「故郷は地球」のように哀切な話が少なくない。本作は、園監督が小さい頃には当たり前にあった特撮ものをもう一度仕掛けてみる企てだそうだから、過去の特撮作品のテイストも大量に流れ込んでいるのだろう。ピカドンはメガトン怪獣スカイドンのようにユーモラスな上に、子供の夢が具現化した二次元怪獣ガヴァドンのように切ない。
 とはいえ、園監督は空気のようなものにわざわざオマージュはしないという。大いに共感を覚える発言だ。クリエイターたるもの、オマージュを捧げる暇があったら自分なりの面白さを追求すべきだ。だから、下水道にバイラス星人そっくりのイカの縫いぐるみが落ちているのは、おそらく偶然なのだろう。

 新作ラッシュが続く園子温監督は、こう断言する。
---
やっぱり、作品数は多くても、やりたいことをできる「僕の映画」と、「ビジネスの映画」があって。どっちが良い、悪いってことはないんですけれど。「ラブ&ピース」は、完全にやりたいことを自由にできた「僕の映画」です。
---

 多くの人は『愛のむきだし』が好きだろう。私もそうだ。
 そして『ラブ&ピース』は大好きだ。


ラブ&ピース コレクターズ・エディション(Blu-ray初回限定版)ラブ&ピース』  [ら行]
監督・脚本/園子温
出演/長谷川博己 麻生久美子 西田敏行 渋川清彦 奥野瑛太 マキタスポーツ 深水元基 手塚とおる 松田美由紀 星野源 犬山イヌコ 中川翔子 大谷育江
日本公開/2015年6月27日
ジャンル/[ドラマ] [ファンタジー] [ファミリー]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 特撮・SF・ファンタジー映画
【genre : 映画

tag : 園子温 長谷川博己 麻生久美子 西田敏行 渋川清彦 奥野瑛太 マキタスポーツ 深水元基 手塚とおる 松田美由紀

⇒comment

「僕の映画」

「僕の映画」がこれではヒットしないでしょう。
『愛のむきだし』はどちら?(笑)
どちらでもいいけど最近はビジネスしすぎ(たくさんつくりすぎ)な気がします。

Re: 「僕の映画」

まっつぁんこさん、こんにちは。
本作のように個性的で大胆な作品がヒットしない日本市場は寂しいですね。
恋愛映画とか青春映画‎とかジャンルをはっきりさせて、そのジャンルのお約束に忠実に従う作品のほうが売る方も観る方も安心するであろう世にあって、ジャンル分けを超越した贅沢なごった煮映画の本作は実に魅力的だと思うのですが。

45館もの規模で公開せずに、『冷たい熱帯魚』のように3館程度でジワジワと興行するほうが効果的だったかも!?
特撮にかかった金を回収するには、相応の公開規模が必要なのかもしれませんが。

そこはかとなくマイク・ホッジス監督の『フラッシュ・ゴードン』に似た臭いがする本作は、日米ではカルト化、ラテン諸国ではバカ受けしたりして:-)

No title

「冴えないダメ人間がロックスターになる」と言うのが凄く古い立身出世譚だなあと思うものの、リアルでまだ成立しそうだからなあ。

ネタ的な展開としては「ロンブー&ピース」
ロンドンブーツ3号としてお笑いデビューした長谷川博已は麻生久美子の家に「ガサ入れ」する。往年のギャグ、パンツ祭をやる中で久美子のパンツは不思議な下水にまで流れ着き、西田敏行と出会う。あああ、これはこれで観たいぞ(俺だけだって)

Re: No title

ふじき78さん、こんにちは。

> 「冴えないダメ人間がロックスターになる」と言うのが凄く古い立身出世譚だなあと思うものの

25年前というと、イカ天出身者が活躍したバンドブームの頃ですからね。
時代を感じさせるものの、今でも成立しそうな話であります。

「ガサ入れ」って懐かしい(^^;
最後は東京全体が巨大パンツに覆われて、みんなが幸せに……。

待ちます

上映館と上映期間が少なかったためか、見逃してしまいました💦。「愛のむきだし」好きの私にとっては痛いですが、レンタル開始まで待ちます💧。見てない私が言うのも何ですが、エログロ暴力路線ばかりではない園監督を信じて待ったかいがあります。一番の魅力は、圧倒的なパワーだと思います。それがどちらに転ぶかで、大好きな映画になったり、大嫌いな映画になったりしますが、それでも、いろんな目線に気づかせてくれる園子温監督は、映画好きにはたまりませんよね。他の映画が物足りなくなる後遺症には困りますが(^_^;)

No title

こんばんは。
「地獄でなぜ悪い」の長谷川博己がすごく好きな私は園子温&長谷川博己の組み合わせは見逃せません。
しかし…西田敏行の場面では「これはもしかして夏休みお子様映画?」とあんぐりし、カメ君がゴジラ化するに至っては、もはや唖然。
それなのに、ラスト、スローバラードが流れるとなぜか涙が止まらず、内心「この映画で泣くのは恥ずかしすぎる〜」と焦っていました。
でもナドレックさんの記事で涙を流した自分を許してやれました(笑)

Re: 待ちます

梅茶さん、こんにちは。
これを劇場で見逃すとは残念なことをしましたね。
かくいう私も(満席で入れなかったためとはいえ)上映終了間際の鑑賞になってしまいましたけど。

今年は新作の公開が相次ぐ園監督ですが、本文紹介のインタビューで「血みどろ映画を撮り続けるつもりは少しもなくて(略)メイクアップしてライブで血を吐いたらウケちゃってっていう感じです」と語り、『リアル鬼ごっこ』の公式サイトでも「今、連続して『ラブ&ピース』『ひそひそ星』と、オリジナル作品を作っていて、(略)2本とも僕のファンが期待しているようなグロテスクな作品ではないので、この『リアル鬼ごっこ』はみんなが僕に求めているもの、期待している園子温を久々に出せると思います」と語っているように、エログロ暴力路線が受けてしまい、みんなから求められるので、監督業を続けるためにこの路線は止められなくなっているのでしょう。

とりわけ、同時期にアスミック・エース配給で『ラブ&ピース』と『リアル鬼ごっこ』をリリースしたことはたいへん興味深いです。みんなが求めることに応えた『リアル鬼ごっこ』で職業人としてのアリバイを作り、一方、本作でやりたいことをやりたい放題やったのかなと思います。

実のところ、私はもう園子温監督の作品を観ないつもりでした。
センセーショナルな事件・出来事を(表層的に)作品に取り込むことで事件のインパクトに背中を押してもらい、同時に世間の耳目を集める、いわばインシデントドリブンとも云うべき創作姿勢に懐疑的だったからです。原作付きの作品には興味をかき立てられませんでしたし。
でも、完全にやりたいことを自由にできた「僕の映画」でこれを観せられちゃ、今後も園監督に注目しないわけにはいきません。

Re: No title

mi~yaさん、こんにちは。
『地獄でなぜ悪い』の長谷川博己さんがお好きなのであれば、本作も堪能されたのではないでしょうか。
私は西田敏行さん扮する老人がクリスマスツリーの飾りつけをするあたりからボロ泣きでした。

園監督は「家族連れで楽しんでほしい」とおっしゃっているので、本作はまさしく「夏休みお子様映画」だと思います。
私が子供の頃は毎年怪獣映画が公開され、テレビの子供番組には怪獣が欠かせませんでした。園監督が怪獣は空気みたいなものとおっしゃるように、映画にしろテレビにしろとりあえず怪獣が出なければはじまらないという感覚が私にもあります。
それどころか、本作のトークショーで氷川竜介氏はこう述べています。「特撮映画はいろいろな可能性がありますが、ちょっと毒があるような、怪獣が出ないと描けないこともあります。それを新しい形で見せてくれたので、新鮮な驚きがありました」
http://news.mynavi.jp/articles/2015/07/17/lovepeace/
怪獣が出ないと描けないこと――。
そうなのです。本作はカメの巨大化に物語上の必然があり、その巨大さが切なさと哀しさを象徴しています。そしてカメがこれ以上ないほど巨大化したからこそ、『スローバラード』が胸に刺さるのでしょう。

もっとも、子供は可愛い怪獣が嫌いですけどね(^^;
中高生を主なターゲットにした『リアル鬼ごっこ』は幻想的・超現実的な作品でした。青少年はファンタジーやオカルトは好きでも幻想的・超現実的なものは好きじゃないと思うのですが。
大人にはこのミスマッチが何とも云えません。

北京国際映画祭 コンペ初出品

時間が経つと時代の動きが忘れられてしまうだろうから、念のためにメモしておこう。

本作は2015年4月16日~4月23日に開催された第5回北京国際映画祭で公式上映された。
2011年からはじまった北京国際映画祭のコンペティション部門に日本映画が正式出品されるのは本作が初となる。90ヶ国以上からエントリーされた930本の映画(うち122本が中国映画、808本が他国の映画)のうち、コンペティション部門に選ばれたのは15本だけだ。
http://www.cinemacafe.net/article/2015/04/20/30709.html
そこに選ばれたのはたいへんな名誉だが、それは『ラブ&ピース』が素晴らしい映画だから――というほど単純な話ではないだろう。
メディアや言論の統制を強める習近平政権下の中国である。

2014年5月、ナレンドラ・モディ氏がインドの首相に就任したことで、英フィナンシャル・タイムズ紙は「アジアの四大国が好戦的なナショナリストに率いられることになった」と危惧した。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40783
四大国のナショナリストとは、インドのナレンドラ・モディ首相、中国の習近平国家主席、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領、日本の安倍晋三首相である。とりわけ険悪な日中関係が危険視された。

ところが2014年秋頃から、中国は日中関係の改善に努めていると対外的にアピールするようになった。2015年5月には3年ぶりに中国で日本映画の一般公開が解禁され、『STAND BY ME ドラえもん』が105億円もの興行収入を記録した。
http://eiga.com/news/20150712/14/
本作が北京国際映画祭コンペティション部門に選出されたのも、中国の対日方針の変化と時を同じくしていることは記憶に留めておくべきだろう。園子温監督の作品は各国の映画祭で上映されているので正式出品作として申し分ないし、本作には当局が目くじら立てる要素もないこと等が考慮されたのだろう。

なぜ2014年秋から習近平政権の方針が変化したのか。その点に関して福島香織氏が幾つかの要因を考察している。
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/218009/071900007/
その一つに、安倍政権の外交を挙げている。安倍政権は手強いと思わせたことが、中国の態度軟化を引き出したというのだ。
本当のところは習近平国家主席に聞かなければ判らない。

映画祭によっては協賛金の多寡で受賞が決まるといわれるが、政治情勢も影響することを考える上で本作は一例になるだろう。

ありがとうございます

初めまして。パトレイバーの記事で、こちらのブログにたどり着いて以来、こっそり愛読させていただいております。半隠れ特撮ファンです。
さて、ラブ&ピース、すっごくすっごくよかったと思うのに、きちんと大好きって感想を、言葉を尽くして書いてくださってる方をなかなか見つけられなくて、寂しい思いをしておりましたので、つい書き込んでしまいました。
私は、カメの気持ちに最初から感情移入してしまい、トイレに流される時点から大泣きでしたorz。
園監督の作品は上手くいかない親子関係をじっくり描いているものが多くて(愛のむきだしとか、ヒミズとか、紀子の食卓とか)、ついつい子供側の方に感情移入しちゃいます。
今回も親(飼い主)のエゴに振り回され、それでも大好きを隠さないカメ(子供)の気持ちが辛くって。最後の新宿大進撃のシーンでは、ワンワン泣きながら、心の中でカメいけー!がんばれー!と叫んでました。はたからみたら、そうとう変な人になってたんじゃないかとorz。
こちらの記事で、あ、泣いてもよかったのね、と元気が出ました。どうもありがとうございます!
あ、ちなみに園監督の作品は「みんな!エスパーだよ!」も大好きです(^^ゞ

Re: ありがとうございます

marurikororiさん、はじめまして。当ブログをご覧いただきありがとうございます。
本作、すっごくすっごく良かったと思います。今年の邦画で一番応援したい作品です。

この映画の唯一の不満といいますか納得できなかったのが、カメをトイレに流してしまうところです。
あれほど可愛がり大事にしていたカメを、いくら気が動転したとはいえトイレに流すものだろうか。
そこに疑問を感じたのですが、それを払拭して余りあるのがカメの健気さでした。
飼い主への恨み辛みを口にするかと思いきや、どこまでも飼い主を愛し、彼の成功を願い続けるカメ。これぞ無償の愛だ。私はもう大感激しました。
新宿大進撃には泣きましたね。怪獣の進撃に泣く映画は他にないんじゃないでしょうか。

『みんな!エスパーだよ!』はテレビシリーズを見ていないのですが、来月の映画版を楽しみにしています!

No title

園作品、これを機にせめて『愛のむきだし』くらいは観ておこうかな~と思っています。尺の長さにちょっと腰が引けてますけど…
園さんはなぜかヤングマガジン連載作品を3本も映画化してるのが面白いですね。ヤンマガ連載作品に多くみられる明るいエロ・バイオレンスは彼が敬愛する永井豪作品にもあふれているものなので、相性がいいのかな

Re: No title

SGA屋伍一さん、こんにちは。
『愛のむきだし』は面白いですよ。園監督は長編小説のように何日もかけて楽しめるように4時間もの『愛のむきだし』を作ったそうなので、無理して一気に観なくても少しずつ楽しめばいいと思います。

でも本作を気に入ったなら、『映画 みんな!エスパーだよ! 』に行くのも一興かと。
テレポーテーションできるのは肉体だけで服はついて来ない、という発想はそれほど新しくないかもしれませんが、それを実写映画できちんと見せるのは――しかも服はついて来ないことを知っててテレポーテーションを繰り返すのは――けっこう珍しいのでは。
楽しい映画です。

たしかに園監督が取り上げたマンガはヤンマガ連載作が多いですね。
ただ、今後は原作物はやらないそうなので、過去数年が貴重な期間だったのかも。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラブ&ピース

ラブ&ピース@なかのZERO

園子温 『ラブ&ピース』とは、「愛と平和」ではなくて……

 『ヒミズ』『恋の罪』『希望の国』など園子温監督の最新作。  かつてはロック・ミュージシャンを目指していた鈴木良一(長谷川博己)は、今では冴えないサラリーマン。同僚の寺島裕子(麻生久美子)に想いを寄せるものの、声をかけることもできない。そんな良一の真の姿を知っているのはミドリガメの「ピカドン」のみだった。ある日、良一は会社の同僚たちにからかわれた末に、血迷ってピカドンをトイレに...

ラブ&ピース/ 長谷川博己

主題歌であるRCサクセションの「スローバラード」が耳心地いい劇場予告編なんですが、おそらくは鬼才・園子温監督が放つナンセンスなおバカ映画なんですね?もちろんそれを期待し ...

ラブ&ピース

 園子温監督が自分の思いをぶちまけたオリジナル作品ですが、ぬるい形になってしまい、個人的にはちょっと物足りなかったかな。でも、長谷川博己の怪演に加えて、音楽の使い方があいかわらず抜群にうまく、満足できる仕上がりになってました。それにしても冬に公開すれば…

「ラブ&ピース」、園子温のラブ&ファンタジーです

おススメ度 ☆☆☆ 最近、園子温は多作です。 それも、以前撮りたかった作品を撮っているという我が道を行くです。 本作も、かなり前から温めていた作品で、劣等生が、カメに励まされてはじける成功物語です。 主演は、長谷川博巳ですが、前半、まったくだらしがない会...

「ラブ&ピース」

 園子温監督の奇天烈な作風を承知の上で臨まないと、珍妙な失敗作にしか見えないだろう。愛をテーマに往年の特撮怪獣映画の要素を取り入れつつ、実は「トイ・ストーリー」の日本版であったという、捻りを入れすぎたドラマツルギーを笑って許せるかどうかで、本作の評価...

ラブ&ピース  監督/園 子温

【出演】  長谷川 博己  麻生 久美子  西田 敏行 【ストーリー】 ロックミュージシャンになる夢を諦めて以来パッとしない毎日を送るサラリーマン鈴木良一は、職場の同僚・寺島裕子が気になっているものの話し掛けることができない。ある日、1匹のミドリガメと運命的に...

「ラブ&ピース」:思いのエネルギー

映画『ラブ&ピース』は、5,6,7月封切りで『新宿スワン』、本作、『リアル鬼ごっ

ラブ&ピース

三池崇史監督並みに製作スピードが上がってきた園子温監督の『ラブ&ピース』を観てきました。 ★★★★ 人間劇のようでファンタジーであり、サクセスストーリーのようで転落劇のようでもあり、コメディーのようで悲劇でもある特撮映画という何でもかんでも盛り込んだ感。 怠...

捨てられた物たちの想いは大きく・・・

29日のことですが、映画「ラブ&ピース」を鑑賞しました。 ロックミュージシャンの夢破れ、パっとしない日々を送る鈴木はある日 一匹のミドリガメと運命的なものを感じピカドンと名付ける しかし会社の同僚に笑われトイレに流してしまう。後悔する鈴木だが下水道を通...

『ラブ&ピース』

愛を忘れた大人たちへ。夢を忘れた大人たちへ。人生のピースだけは忘れるな。 これが園子温マジックだ。ずっと求めていた園子温監督にしか描けない映画マジックだ。 愛を求める、 ...

『ラブ&ピース』をトーホーシネマズ新宿12で観て、久々に園子温らしい映画だふじき★★★★(ネタバレあり)

五つ星評価で【★★★★延々とルサンチマンってのが園子温らしい】 情報量の多さが半端ない。 失った誇りを皮切りに何もかも捨て続ける自分のない男と 何も捨てない(変えない)女 ...

『ラブ&ピース』

2015年夏。ロックミュージシャンになる夢が破れた鈴木良一(長谷川博己)は、今や楽器の部品会社で働く冴えないサラリーマンとなっていた。気が小さいあまりに、思いを寄せる同僚・寺島裕子(麻生久美子)に話しかけることすらできずにいた。そんな中、デパートの屋上で出会っ...

「ラブ&ピース」☆夢を叶えたのは監督

結局、夢を叶えたのは監督なのだと思う。

ラブ&ピース

かつてロックミュージシャンを目指していた鈴木良一は、今や、うだつの上がらないサラリーマン。 彼は同僚・寺島裕子に想いを寄せているが、話しかけることすら出来ないでいた。 ある日、良一は一匹のミドリガメと出会い、“ピカドン”と名付け可愛がるように。 それからというもの良一の人生は怒涛の展開を見せる…。 一方、下水道の先の廃墟では、謎の老人が捨てられたオモチャやペットたちと暮らしていた…。 ファン...

ラブ&ピース ★★★

国際的に評価される鬼才・園子温監督が特撮に初挑戦した異色作。かつてロックミュージシャンという夢を抱いていたものの現在はさえないサラリーマンが、1匹のミドリガメと出会ったことから始まる奇想天外な物語を描く。主演は『地獄でなぜ悪い』に続き園監督とタッグを組...

育ちすぎだよ、カメ! 園子温 『ラブ&ピース』

熊の映画が4本続きましたが、それと重なって「おもちゃが念で動く映画」も3本続いて

ラブ&ピース

2015年 日本 117分 ドラマ/ファンタジー/特撮 劇場公開(2015/06/27) 監督: 園子温 『リアル鬼ごっこ(2015)』 脚本: 園子温 主題歌: RCサクセション『スローバラード』 出演: 長谷川博己:鈴木良一 麻生久美子:寺島裕子 渋川清彦:稲川さとる 奥野瑛太...

ラブ&ピース

本当に、園子温監督、長谷川博己を高くかってるのですね。 『地獄でなぜ悪い』のラストにも驚いたけれど、(遊び心で、ちょっと出てきますね) ファンタジックで、ややコミック展開な、この物語に、長谷川博己の、オーバーアクト気味な演技がとても、よく合ってた気がします。 冒頭のダメダメ状態から、終盤のスーパースターに至るまで、とてもよく似合ってた気がして。 予備知識なしに見たので...

『ラブ&ピース』

ラブ&ピース うだつの上がらない会社員が 亀の力によって、スターになる夢を叶える... 【個人評価:★☆ (1.5P)】 (自宅鑑賞)
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示