『サンドラの週末』 世界がここに

サンドラの週末 [DVD] 【ネタバレ注意】

 私はできるだけ白紙の状態で映画を観たいので、紹介記事の類はあまり読まない。
 だが、少しは情報がないと観るかどうかも決められないから、深入りしない程度に紹介記事を眺めることがある。
 『サンドラの週末』は、主人公の置かれたシチュエーションを知るだけで衝撃を受けた作品だ。いったいどのように展開するのか、どんな結末が待ち受けるのか、是非とも確かめたいと思った。

 みんなボーナスが欲しいから、あなたに辞めてもらいたい。
 これはそんな酷な状況に直面した人間の、二日と一晩の物語だ。

 サンドラは太陽パネルを製造する小さな会社の従業員だ。彼女は病気で長らく休職しており、その間、残った16人が職場を切り盛りしていた。
 金曜日のこと、ようやく病気が癒えて職場に復帰できるサンドラの許に、一本の電話が入る。同僚のジュリエッタによれば、サンドラが復帰したらみんなにボーナスは出せないと社長が云い出し、ボーナスを取るかサンドラの復帰を望むかみんなに投票させたという。結果は14対2でボーナス派が圧倒的な多数。サンドラの復帰に投票したジュリエッタは、あまりのことに社長に掛け合い、社長がサンドラと話し合う約束を取り付けてくれた。駆け付けたサンドラは、ジュリエッタの取り成しで、月曜日に投票をやり直すことにしてもらう。
 サンドラの家計は苦しい。夫と共働きしなければ、二人の子供を養って家賃を払うことはできない。サンドラは月曜日の朝までに、職場復帰できるようにみんなを説得して回らなければならない。

 凄いシチュエーションを考えたものだと驚いた。
 本当にこんな投票をする企業があるかどうかは判らない。
 にもかかわらず、これは実にリアルな設定だ。私たちは同じような状況にいつも直面しているから。

 サンドラは週末を使って職場の同僚一人ひとりに会いに行く。
 サンドラの復帰に投票すると云ってくれる者もいる。ボーナスを選んだことを後悔し、やり直させて欲しいと願う者もいる。
 他方、サンドラに同情しつつ、ボーナスは必要だと苦しむ者もいる。暮らしが厳しいのはサンドラだけではないのだ。ボーナスがなくなれば、生活に困る。サンドラを罵倒する者もいる。なぜ自分が稼いだ金を諦めなければならないのかと。現実を見ろ、という者もいる。サンドラ抜きの16人でも仕事はこなせる、お前は必要ないという。
 ボーナスはどうでもいいという者もいる。ただ、サンドラに投票したら職場でいじめられるから、サンドラには投票できないのだと。
 笑顔で追い返す者もいれば、会ってくれない者もいる。

 たった16人を訪ねるだけの映画なのに、ここには世界が凝縮されている。世界中の出来事が描かれている。

 たとえば学校で班を決めるとき、余ってしまう子がいる。その子がいなくても、みんなは平気なのだ。
 就職先が決まらない人がいる。どこの企業もその人を必要としていないのだ。
 ボーナスはいらないから、もっとたくさんの人を雇えと声を上げる労働者はいない。労働組合は給料を上げろとかボーナスを上げろとか要求するが、ボーナスを下げて失業者を雇えとは主張しない。
 労働者の家族も同じだ。もしも働き手がボーナスを受け取らないと云い出したら、配偶者は猛反対するだろう。他の人を雇うためと云われて、それならボーナスを放棄しようという家族がいるだろうか。

 タクシーを減らそう、というビラ配りに遭遇したことがある。タクシーが多すぎて運転手の賃金が下がっている、タクシーを減らして問題を解決しよう、とタクシーの運転手が主張していた。もちろん、自分が辞めるとは云わない。その主張をひらたく云えば、「自分は運転手を続けるから、他の運転手を失業させろ、他の運転手を参入させるな」ということだ。主張している本人が廃業すれば確実に一台はタクシーが減るのだが、それは云わない。

 国と国、企業と企業の関係も同様だ。
 特定の国とのあいだで協定を結び、関係を緊密にする一方で、他の国は排除する。企業同士で提携する一方で、他社の排除を狙う。

 このような行為の是非を論じたいわけではない。
 個人でも集団でも、みんな多かれ少なかれ同じようなことをしているのだ。
 ただ本作は、顔の見えない人を相手にするのとはわけが違う。排除する者と排除される者との一対一の話し合いを延々と描写する。誰かを排除する/されるのは日常茶飯事でも、その相手と一対一で話すことは滅多にないだろう。その特別な展開――誰もが経験している状況で、誰も経験したことのない出来事を創出する――が、本作を際立たせている。
 そして一人ひとりの話を聞くことで――その事情や主張を聞くことで、人生の真実があぶり出される。私たちは誰しも、あるときはサンドラの立場であり、またあるときはボーナスを選ぶ側だ。劇中の会話は、私たちの本音なのだ。これは社会の、世界の縮図である。

 サンドラも同僚も生活は苦しいけれど、本作は安易に経済格差の話にはしない。
 富める者対貧しい者という構図からは、富める者へのルサンチマンしか生まれない。富める者は悪人だから、そいつを懲らしめれば貧しい者が救われる――そんな物語は溜飲を下げるには都合がいいが、人生の真実とはいえまい。
 リュック・ダルデンヌ監督は云う。「これは“悪い奴ら”と“可哀想な女性”の戦いではないのですから!」

 お前には投票できない、お前は必要ないと云われ続けるサンドラが踏みにじられるのは自尊心だ。彼女の存在価値、社会での居場所が否定されているのだ。収入の多寡の問題ではない。人間は自尊心を踏みにじられ続けて生きていくことはできない。他者を排除する者は、それが人の自尊心を踏みにじっているのだと自覚しているだろうか。排除された者は、どうやって自尊心を取り戻したらいいのか。
 他者から認められることがなく、自分で自分を肯定することもできなくなったサンドラは苦悩する。心が抉られる映画だ。

 はたしてサンドラは過半数の賛同を得られるのか。職場に残れるのか。期限が切られる中、サスペンスが高まる。
 たどり着いた果てに見出すのは、他者承認と自己承認を切り離して受け止める境地であろう。
 そこにあるのは人生を生きていく覚悟だ。
 誰もがその覚悟を持てるといいのだが。


サンドラの週末 [DVD]サンドラの週末』  [さ行]
監督・制作・脚本/ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ
出演/マリオン・コティヤール ファブリツィオ・ロンジォーネ クリステル・コルニル オリヴィエ・グルメ カトリーヌ・サレ
日本公開/2015年5月23日
ジャンル/[ドラマ]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : ヨーロッパ映画
【genre : 映画

tag : ジャン=ピエール・ダルデンヌ リュック・ダルデンヌ マリオン・コティヤール ファブリツィオ・ロンジォーネ クリステル・コルニル オリヴィエ・グルメ カトリーヌ・サレ

⇒comment

こちらにもお邪魔します

こんばんは!

この映画は相当考えさせられるものでしたが、サンドラの行き詰まりが本当に行き詰った人の行き詰り方ではなかったので、またそれがやけにリアルで、終わった後で一緒に見た友人とずいぶん語ってしまいました。

まず、アイスを食べる余裕があの場にあったのか、とか私は色々考えちゃって、二つ掛け持ちで仕事している人とかのことを考えるとこの自己中女がそういう現実に直面したことは、まあよかったんだよね、と感じました。人間落ちてみないと気づかない世界もあるから、彼女にとってはこの結末は悪くなく、だからこそこの映画が嫌いになれないのかもしれないです。

それにしても会社として判断をすることができないこの会社、問題なような気もしました。やだなぁこんなことがあったら…。

Re: こちらにもお邪魔します

minoriさん、こんにちは。

サンドラは自己中女でしょうか。
長らく鬱病で休んでいたサンドラがようやく職場に復帰できるまで寛解したのに、突然の解雇宣言。一気に症状が逆戻りして寝込んでもおかしくないところ、同僚を訪ねて説得に当たるサンドラはずいぶん頑張っていると思いました。
二つ掛け持ちどころか、本来は勤務時間を制限しながら徐々に職場に慣れていく必要があるでしょうし、周囲のサポートも期待したいところです。にもかかわらず同僚から辛辣な言葉を浴びせられるのですから、ベッドから出られず自殺を試みてしまうのも、さもありなんと思いました。
アイスを食べて落ち着けるなら、それはそれでいいのではないでしょうか。

>それにしても会社として判断をすることができないこの会社、問題なような気もしました。

従業員に投票させるよりも、経営者が一方的に解雇を決定したほうが良いでしょうか。

この映画には元ネタがあるんですよね。
監督の一人リュック・ダルデンヌは、制作に至った経緯を次のように語っています。
---
出発点はフランスのプジョーの工場で起こった出来事です。ピエール・ブルデューという社会学者が監修をした本「世界の悲惨(La misere du monde)」に、ソショー(Sochaux)という場所にあるプジョーの工場で働く労働者9人に聞き書きをした内容が書かれています。その中で、ひとりの労働者が長期間休んだり、仕事のペースが遅かったり、パフォーマンスが悪い人がいて、その人を解雇するために他の労働者たちの同意を取り付け、本人が戻ってきたら解雇されるようになってしまっていた。そして、本人がその決断を覆そうとしても覆らなかった。結局その人は解雇されなかったのですが、別に部署に異動させられ給料が減ってしまいました。

その話から、ある週末に女性が解雇を避けるために同僚を訪ね歩くという物語を思いつきました。この連帯の欠如に対して、解雇される労働者側から連帯について再構築しようとするプロセスに関するストーリーを作ろうと考えました。
---
http://www.webdice.jp/dice/detail/4696/

本作の経営者は解雇するために他の労働者たちの同意を取り付けるのではなく、解雇するかどうかも含めて従業員に決めさせます。従業員の投票結果を尊重するのは、ある意味民主的な振る舞いですね。
本作には民主的であることの残酷さも描かれていると思いました。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サンドラの週末・・・・・評価額1650円

世界が変わる、三日間。 「息子のまなざし」「少年と自転車」など、ハードかつリリカルな人間ドラマで知られる、ベルギーの異才、ジャン=ピエールとリュックのダルデンヌ兄弟の最新作。 主人公のサンドラは、ある週の金曜日に会社から解雇通告を受ける。 彼女が失業を免れる唯一の方法は、同僚たちがボーナスを受け取る事を諦め、彼女の雇用継続を希望すること。 はたして人々は彼女のために、文字通り身銭...

「サンドラの週末」

「Deux jours, une nuit」…aka「Two Days, One Night」2014 ベルギー/フランス/イタリア ベルギーのとある町。小さなソーラーパネル工場に勤めるサンドラは体調を崩し休職していたが職場復帰を望んでいる。しかしボスからいきなり解雇を言い渡される。業績不振の会社は16人の社員に1000€のボーナスを支払うためには彼女を解雇する必要があった... ...

サンドラの週末

 社会の底辺の人々を描くダルデンヌ兄弟の監督作品に、トップスターの マリオン・コティヤールでは華やかすぎるのではと思いきや、オーラを完全に消し去って、サンドラになりきっていたのは見事。オスカー候補になるだけのことはあります。ただ、フランス映画特有の淡々と…

「サンドラの週末」

 (原題:DEUX JOURS, UNE NUIT)厳しくも見応えのある映画だ。ヒロインの行動に“まったく問題は無い”とは言えないが、絶望的な状況に追い込まれた者が形振り構わぬ“反撃”に打って出ることにより初めて自分自身と他者に正面から向き合い、新たな関係性を見出していく過...

『サンドラの週末』

□作品オフィシャルサイト 「サンドラの週末」□監督 ジャン=ピエール・ダルデンヌ□脚本 ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ□キャスト マリオン・コティヤール、ファブリツィオ・ロンジョーネ、        オリビエ・グルメ、モルガン・マリ...

サンドラの週末

マリオン・コティヤール主演のヒューマンドラマ、「サンドラの週末」(Deux jo

サンドラの週末

体調不良のためソーラーパネル工場を休職していた女性サンドラは、ようやく復職できることになった矢先の金曜日に、電話で解雇を言い渡されてしまう。 社長と交渉し、週明けの月曜日に16人の同僚たちによる投票を行い、1000ユーロ(約15万円)のボーナスを諦めてサンドラの復職を望む者が過半数を超えれば、仕事を続けられることになった。 まだ可能性はあると夫マニュに励まされ、サンドラは土日に同僚の家を訪ね...

『サンドラの週末』:映画に結末があるのは監督も衰えたからかしらん @試写会

お気に入り監督のひとり(兄弟なので、ふたりか)、ジャン=ピエールとリュックのダルデンヌ兄弟の新作『サンドラの週末』、ひと足もふた足も早く試写会で鑑賞しました。 それも試写会後に、監督登壇のシンポジウム付というもの。 社会的なテーマを持った作品を撮ることが多い監督ですが、活動家の側面は少なく、兄のジャン=ピエールは「わたしは映画監督に過ぎない」と断言し、映画の内容(というよりもショット)に...

サンドラの週末 ★★★

カンヌ国際映画祭パルムドールを2度受賞したベルギーのジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ兄弟による社会派ドラマ。従業員のボーナス支給のため上司から解雇を言い渡された女性が自身の解雇撤回のため奮闘する姿を描き、数多くの映画祭で話題となった。...

仲間かボーナスか、サンドラの運命

23日のことですが、映画「サンドラの週末」を鑑賞しました。 体調不良で休職していたサンドラは復帰のめどが立った矢先の金曜 ボーナス支給のため解雇通告される。 同僚の計らいで週明け投票を行い ボーナス返上が半分以上ならクビは回避。週末 サンドラは同僚たちの説得...

『サンドラの週末』 とてもシンプルだけれど静かな感動が

 『ロゼッタ』『少年と自転車』などのジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督の最新作。原題は「DEUX JOURS, UNE NUIT(2日と1夜)」。  タイトルロールのサンドラにはマリオン・コティヤール。サンドラの夫マニュにはダルデンヌ兄弟作品の常連ファブリツィオ・ロンジョーネ。『息子のまなざし』などのオリヴィエ・グルメも顔を出す。  体調不良で休職していたサンドラ(マ...

「サンドラの週末」

ダルデンヌ兄弟監督作品。いつも思うのだが、彼らの作品は、社会の下層で生きる人々の事を描いている事が多いけれども、彼らを決して単なる弱者とは捉えていない。そして等しく善人ばかりが出てくる訳でもない。だがしかし、したたか一方かというとそうでもない。上昇、下降、一筋の希望。狡猾さ、躓き、諦観。無垢な魂、その場凌ぎの人生。純粋の仮面を被った愚かさの滲出、間違った方向へのファイト…。そして、常に息が詰...

『Two Days, One Night』サンドラの週末

考えてみればエグい設定である。どっちを選択しても心残りは残る。まずはこんな選択を強いた会社側に大きな問題があり、そしてそれでもそんな会社で働き続けなければならないとい ...

サンドラの週末

サンドラの週末 '14:ベルギー フランス イタリア ◆原題:DEUX JOURS, UNE NUIT ◆監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ 、 リュック・ダルデンヌ「少年と自転車」「ロルナの祈り」 ◆出演:マリオン・コティヤール、ファプリツィオ・ロンジョーネ、オリヴィエ・グル...

サンドラの週末

【概略】 体調不良から休職していたサンドラは、ようやく復職できた矢先の金曜日に、上司から解雇を言い渡される。解雇を免れる方法は、16人の同僚の過半数がボーナスを諦めることだった…。 ドラマ 月曜日、見つけ出すのは自分が活きる証。 仕事を続けるための条件…16人の同僚のうち過半数がボーナスではなくサンドラを選ぶこと。これ、とても難しい話ですよね。他人はどうでもいいと思って...

DVD:サンドラの週末 Two Days, One Night 復職への闘い、は女優魂の闘い、でもあった。

オープニング。 仮眠しているコティヤール=主人公サンドラ 彼女は病欠で会社を休んでいた。 ところが同僚で友達のジュリエットから 携帯で連絡が入り、突然のことにビックリ! それは、会社が判断した決定。 サンドラの辞職を条件に、他の16人の従業員に1,000ユーロ...

サンドラの週末 ~ 苦しみに育てられ (2015/7/1)

カンヌ国際映画祭受賞の常連、ベルギーのダルデンヌ兄弟による、労働問題を反映させた社会派ドラマ。 従業員のボーナス支給と引き換えに解雇を言い渡された女性が、自身の解雇撤回のため奔走する姿が描かれます。 体調不良のため休職していたサンドラが職場に復帰しようとした矢先の金曜日、ボーナスを支給するためには一人クビを切らなくてはならないと、解雇を告げられてしまう。 同僚が掛け合って...

『サンドラの週末』

サンドラの週末 休職後、解雇宣告を受けた女性が、彼女の復職の 代わりにホーナスを辞退しなければならなくなる 同僚を説得して回る週末を描く... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:Deux jours, une nuit(二日,一晩)
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示