『イニシエーション・ラブ』 きっちり褒めよう

イニシエーション・ラブ Blu-ray 【ネタバレ注意】

 これはきちんと褒めないといけないな。映画『イニシエーション・ラブ』を観てそう思った。

 宣伝に煽られて映画を観に行くと、拍子抜けすることや失望することがある。
 この映画も、

  最後の5分
  全てが覆る。
  あなたは必ず
  2回観る。

なんて惹句で煽り立てているけれど、宣伝と作品の中身は別物だ。2回観なくたって構わない。
 この映画が何を仕掛けて何を実現したか、それを考えたとき、これは褒めるべき映画だと思った。

 コロンブスの卵の逸話がある。知ってしまえば「なーんだ」と思うことも、知ったから云えるのであって、最初にやってみせるのは難しいという話だ。
 ミステリ小説ならアガサ・クリスティの『アクロイド殺害事件』やエラリー・クイーンの『Yの悲劇』。いずれもミステリの名作とされるが、いま初めて読む人がどれほど衝撃を受けるかは判らない。先人の成果を踏まえた数多の作品が世に送り出されているから、当の作品は読んでいなくても、その発展型となる作品でエッセンスを味わってしまったかもしれない。あるいは時代の変遷が、当時は衝撃だったことを今の常識にしているかもしれない。
 けれども、それをもってして名作と称えられる栄誉が損なわれるものではないだろう。前例のない中で、その時代にその作品を世に送り出す。これを難しくないと感じるのなら、それは後知恵というものだ。

 同様に『イニシエーション・ラブ』も高く評価されるべき作品だ。
 映像化不可能といわれた原作小説を不可能たらしめている肝の部分を改変せずに映像化した。これはたいしたものである。

 映像化が不可能といわれたのは、原作が小説ならではの特性に依存しているからだ。
 映画と小説の大きな違いは、映像の有無である。対象を視覚で認識できるかどうかだ。
 小説には視覚的な情報がないから、作者は文章を用いて読者の頭の中にイメージを作り出さねばならない。たとえばヒロインが美女であることを伝えるために、ある作家は鼻すじが通っていることや目がパッチリしていること等を細かく描写するかもしれない。別の作家はヒロインの雰囲気や仕草を描写することで、読者に美しいイメージを喚起するかもしれない。また別の作家は他の登場人物のセリフを借りてヒロインの美しさを伝えるかもしれない。
 いずれにしろ作家なりの工夫を凝らす必要があるが、映画であれば話は早い。美しい女優を起用して、観客に見せればいいのだから。もちろん、女優の美しさを引き出す監督の演出力、美しさが映える照明技術、美しく撮る撮影技術等々が要求されるが、ちゃんと見せればヒロインの美しさは一瞬で観客に伝わる。 

 しかも、小説は一人称でも三人称でも書けるのに、映画は基本的に三人称だ。映画というメディアがスクリーンに映る役者を客席から眺める形式である以上、観客は小説の読者ほどには主人公と一体になれない(主観映像で構成されたPOV(Point of View Shot)方式の作品もあるにはあるが、全編この方式で通すとかなり特殊な印象を与えるので、あまり幅広く用いられてはいない)。

イニシエーション・ラブ -あの頃カーステから流れていた80'S BEST HITS- このような小説と映画の違いは、それぞれ異なる面白さを提供してくれる。
 優れた作品であればあるほど小説ならでは、映画ならではの面白さが研ぎ澄まされ、代替不能になっていく。
 「映像化不可能」という言葉は、ときに映画にするには大予算を要するとか、現在の映像技術では真に迫った映像を見せられない場合にも使われるが、そんな課題はいずれ時間とカネが解決する。本当に「映像化不可能」な小説とは、核心的アイデアが小説の特性――視覚で認識できないことや一人称で進行すること等――を活かしたものなのだ。

 特にミステリ小説には、読者が視覚で認識できないことを逆手にとった傑作が多い。犯人の姿形を見せなくて済む小説は、ミステリに向いているのだろう。
 かつて綾辻行人氏の許に『十角館の殺人』の映像化の申し入れがあったという。綾辻氏は許可したものの、どうやって映像化するのか不思議に思っていたところ、案の定この企画は流れてしまったそうだ。

 本作の原作小説も、まさに小説ならではの優れたアイデアに支えられている。映像化不可能、誰もがそう感じたに違いない。
 にもかかわらず、そのアイデアを*そのまま*映画で実現したのだから、映画『イニシエーション・ラブ』は途方もない作品だ。私は寡聞にして同じアイデアを採用した映画を知らない。

 原作者乾くるみ氏は、発表した小説が映像化不可能と云われる中で、映画ならではの実現方法を考えていた。公式サイトに氏の言葉が紹介されている。
---
仕掛けの性質上、実写での映像化は無理だろうと発表当時は言われたものですが、わたしには映画化可能なアイデアがありました。これは早いもの勝ちのアイデアなのでぜひ実現させてほしいと思っていたことを、今回の映画化にあたって提案し、部分的に採用していただきました。
小説とはまた違った形で、映画には映画の文法というのがあります。そのお約束を逆手に取って、どんでん返しを成立させてこそ、この原作を映像化する意味があるというものです。(略)映画ならではの騙しのテクニックを用いた先駆的作品として、映画史に残るのではないかと自負しております。
---

 観客の中には、映画の途中で仕掛けに気づいた人がいるかもしれない。
 だが、気づいたからといって映画の価値が減じるものではない。それは判りやすさのチューニングの問題だ。
 小説ならページをめくって気になる箇所に戻れるが、映画は結末に向けて一方的に進行してしまう。だから映画は小説以上にヒントを露骨に提示し、印象に残るようにしなければならない。本作も大衆向けの商業映画として申し分ないようにチューニングされているから、劇中にはヒントが露骨に散りばめられている。途中で気づく人が出るのは承知の上だろう。
 加えて最後にはすべてを説明する「おさらいタイム」まである。これも、受け手が前の描写に戻って確かめられない映画だからこその配慮だ。
 このように親切に判りやすくチューニングしなければ、多くの観客が置いてけぼりを食ってしまったに違いない。
 小説ではここまでする必要はないだろうが、映画だからやらねばならない。ここにも小説と映画の違いを乗り越えるための工夫がある。

 今後、同様の映画が作られたとしても、本作の先駆的作品としての地位が揺らぐことはないだろう。


イニシエーション・ラブ Blu-rayイニシエーション・ラブ』  [あ行]
監督/堤幸彦
出演/森田甘路(かんろ) 松田翔太 前田敦子 木村文乃 三浦貴大 前野朋哉 森岡龍 山西惇 木梨憲武 片岡鶴太郎 手塚理美
日本公開/2015年5月23日
ジャンル/[ロマンス] [ミステリー]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : ミステリー・サスペンス
【genre : 映画

tag : 堤幸彦 森田甘路 松田翔太 前田敦子 木村文乃 三浦貴大 前野朋哉 森岡龍 山西惇 木梨憲武

⇒comment

No title

こんちは。これは評判の悪い堤幸彦が撮ってしまった為に、バイアスがかかってしまたのか、作品以上に著しく低い評価が与えられている気がしてならないです。

同じ難題に取り掛かって失敗した作品に『ハサミ男』とかありましたね。逆に、原作を読んでないのだけど『本陣殺人事件』なんかは映像化しないと分かりづらいんじゃないの、なんて思ってます。細かい事を忘れつつあるけど、確か『チーム・バチスタの栄光』も映像化のための特殊なトリックを使って成功してた筈。中村義洋はそういう原作延長の改変がとてもうまい。

コロンブスの卵

まさに「コロンブスの卵」。
「本作の先駆的作品としての地位が揺るぐことはない」
その通りだと思います。

Re: No title

ふじき78さん、こんにちは。
私の中では堤監督の評判は悪くありません:-)
三池監督もそうですけど、あれだけ量産してあの水準を保つのは凄いもんだと思います。
これはちょっと……と思う作品がないわけではありませんが、他の監督の作品を観ると、やっぱり堤(三池)と思うことがしばしばです。

『ハサミ男』は未見ですが、そうですか、失敗ですか。
『本陣殺人事件』はおっしゃるとおりで、画で見せればすぐに判るところを文章で細かく説明しており、読むのがしんどいです。私は途中で読むのを止めてしまいました。

私がぜひとも映像化して欲しいのは、本文にも挙げた『十角館の殺人』です。
映像化の方法をずーっと考えているんですけど、どうにも思いつきません。
これが映像化できたら、映画の出来なんか二の次で絶賛するんですけどね。

Re: コロンブスの卵

まっつぁんこさん、こんにちは。
前半では前田敦子さんがやり過ぎなくらい可愛いのに、後半では一転して木村文乃さんの方が素敵に見えてくる、その変調も見事だと思いますし、こだわって再現された80年代のファッション、カルチャーも楽しいのですが、本作は何といっても「コロンブスの卵」の部分に尽きますね。

あ、記事本文の「揺るぐことはない」を「揺らぐことはない」に変更しました。

No title

こんにちは。
原作者さんの映像化のためのアイデアとミステリーになるという宣伝に
見事、はまりました。

ぽっちゃり君が松田翔太になるはずないのに、映画だからありえるかもと思い、
ミステリーだから最後二人が登場した時に、何かが始まるのではないか?と思いました。

真実はともかくとして、懐かしさにひたれた作品でした(^^)。

Re: No title

みぃみさん、こんにちは。
私はクルマに惹かれました。
高速道路ではRX-7が並走し、渋滞の列にはソアラがいて。よくこれらのクルマを集めたものだと:-)

行きも帰りも同じクルマが並走しているのは笑ってしまいました。

こんにちは

はじめまして!

わたしもこの作品をどうやって映像化するのだろうと思っていた者のひとりです。
『ハサミ男』はたしかにわたしも失敗だったろうなあ、と思います。
(『姑獲鳥の夏』のときも、あの独特の世界観をどうやって映像化するんやろう、いくら小説と映画は別物といっても土曜ワイド劇場みたいになったらいややな、とか思ってました)

なんだか映画版『イニシエーション・ラブ』にガゼン興味がわいてきました!(^∇^)

『十角館の殺人』の映像化はわたしもおおいに期待しちゃいます。
おっしゃる通り、映画の出来なんか二の次で絶賛しちゃいますね、きっと!

Re: こんにちは

K@zumiさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
本作は80年代の再現ぶりも含めてなかなか楽しい映画だと思います。

実は『十角館の殺人』の映像化の手法を一つ思いついてはいます。
舞台を未来に移し、登場人物を全員同型のロボットとするのです。個体の識別は足の裏の製造番号で行うのみ。
この方法なら映像化できると思うのですが、いかんせん全然面白くありません……。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『イニシエーション・ラブ』映画@見取り八段

監督: 堤幸彦   キャスト: 松田翔太、前田敦子、木村文乃、亜蘭澄司、三浦貴・…

『イニシエーション・ラブ』をトーホーシネマズ六本木3で観て、まずまず苦しゅうないふじき★★★

五つ星評価で【★★★「騙し」については途中で分かったが、それでも楽しめた】 ちょっと「勿体ないな」と思ったのは、予告編等でさんざん「騙される」という表現を使ったが為に ...

不便な時代の恋愛事情。『イニシエーション・ラブ』

1980年代後半を背景に描かれた恋愛物語です。

イニシエーション・ラブ/松田翔太

乾くるみさんの同名ベストセラー小説を松田翔太さんの主演で堤幸彦監督が映画化したラブストーリー。原作は読んでますけど、たしかにあにラスト衝撃的でした。ホントに宣伝文句通 ...

『イニシエーション・ラブ』

女に苦労した男にはこのオチは読めてしまいますぜ。 乾くるみ先生の原作を本当に穏やかな演出でお馴染みの、バブル時代に輪ゴムすだれ製作にハマったという堤幸彦監督が映画化し ...

イニシエーション・ラブ

イニシエーション・ラブ@ニッショーホール

イニシエーション・ラブ

<Side-A>1980年代後半、バブル最盛期の静岡。 サエない大学生・鈴木は、合コンで知り合った歯科助手のマユと付き合うように。 奥手だった鈴木は、マユに釣り合う男性になろうと努力する…。 <Side-B>就職した鈴木は東京本社へ転勤となり、静岡にマユを残して上京することに。 週末ごとに東京と静岡を行き来する鈴木だったが、本社の同僚・美弥子と出会い、心が揺れ始める…。 ラブ・ストーリー。

『イニシエーション・ラブ』

□作品オフィシャルサイト 「イニシエーション・ラブ」□監督 堤 幸彦□脚本 井上テテ□原作 乾くるみ□キャスト 松田翔太、前田敦子、木村文乃、三浦貴大、前野朋哉■鑑賞日 5月24日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> ...

劇場鑑賞「イニシエーション・ラブ」

初めての恋は、通過儀礼… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201505240000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】オリジナル・サウンドトラック「イニシエーション・ラブ...価格:2,592円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】イニシエーション・ラブ [...

イニシエーション・ラブ

映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】合コンで出会った男女のお話かと思いきや・

イニシエーション・ラブ

サイドAで出てくる就職活動中の主人公と歯科助手の女性との付き合いのあとに、東京に転勤した彼が出てくるものと思っていた。その思い込みのまま映画終盤の5分前まで行ってしまい、まんまと騙されてしまった。

イニシエーション・ラブ

 予告編をみて楽しみにしていたのですが、結果的に予告編で衝撃のラストとかあまり言いすぎなかったほうが良かった。普通の映画と思ってみていて、ラストがああだったらびっくりしたのに、伏線が丁寧なので、途中で読めちゃいました。  作品情報 2015年日本映画 監督…

イニシエーション・ラブ (2015日本)

AKBといえば、大島優子がフロントセンターを務めた「ヘビーローテーション」くらいのもの。そもそも何で前田敦子がずっとフロントセンターだったのか、不思議で仕方なかった。総選挙もだんだん国政選挙のように訳分からなくなってきたし、還暦を過ぎてもシツコク議員を続け…

イニシエーション・ラブ ★★★.5

ベストセラーを記録した乾くるみの小説を実写化した、異色のラブストーリー。恋愛下手の大学生と歯科助手の出会いを描く「Side-A」、遠距離恋愛を経て彼らの関係が終わるさまを追う「Side-B」の2部構成でつづられる。監督は、『20世紀少年』シリーズなどの堤幸彦。主人公...

「イニシエーション・ラブ」遠距離恋愛の末にみた恋人と会う事の大変さと女の顔に似合わない強かさ

「イニシエーション・ラブ」は合コンで知り合った女性と付き合う事になった鈴木という男が社会人となって直後転勤になり遠距離恋愛をする事になるが、遠距離恋愛故のまさかの展開 ...

イニシエーション・ラブ

今日も、気温が上がり・・・

映画:「イニシエーション・ラブ」♪。

平成27年5月26日(火)。 映画:「イニシエーション・ラブ」。 監  督:堤幸彦 脚  本:井上テテ 原  作:乾くるみ キャスト: 鈴木:松田翔太 成岡繭子:前田敦子 石丸美弥子:木村文乃 柔島課長:山西惇 ストーリー: バブル最盛期を迎えた1980…

映画『イニシエーションラブ』

原作を三度読みした私。 以来、しばらく乾くるみさんの作品にドップリでした。 でも、映画になるの? 半信半疑ながら、見て参

「イニシエーションラブ」

AB間のまちがいさがし。 堤幸彦監督は策士だ。 これはおもしろい、大満足したという記憶はないのだが、予告・宣伝を見るとどうも気になってしまう。 最後の5分ですべてが覆る。原作とは違うエンディング。あなたは必ず2回観る。と煽るだけ煽った本作。 正確には、「1...

[映画『イニシエーション・ラブ』を観た(寸評)]

☆・・・観てきました。 これ、ネタばれは出来ません^^ 原作を読んでいたので、私の鑑賞態度は、結末に向かっての伏線にも目がいっていたので、純粋な観方とは言い難かったのですが、面白いです^^ 皆さん、どうぞ、この驚天動地の大トリックと、80年代ノスタル...

イニシエーション・ラブ

2015年 日本 110分 ロマンス/ミステリー 劇場公開(2015/05/23) 監督: 堤幸彦 『トリック劇場版 ラストステージ』 原作: 乾くるみ『イニシエーション・ラブ』 出演: 松田翔太:鈴木 前田敦子:成岡繭子(マユ) 木村文乃:石丸美弥子 三浦貴大:海藤 前...

イニシエーション・ラブ

なんと、監督は堤幸彦だったんですね。 原作に興味を持っていたので、松田翔太と前田敦子と「目の保養」コンビで見ることが出来て嬉しかったです。 でも、噂によると「20世紀少年」じゃないけれど、あえて「原作とは違う結末」だったんですってね。 だけど、らすと5分のどんでん返しは「ををっ!」 面白かったです。 黒電話を筆頭に、テレフォンカード、等々。80年代ポップやディテ...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示