『駆込み女と駆出し男』が捧げたオマージュ

駆込み女と駆出し男 (特装限定版) [Blu-ray] 唯一『駆込み女と駆出し男』の残念なところを挙げるとすれば、こんなに面白いのに上映時間が143分しかないことだ。やっぱり185分は欲しかった。

 原田眞人監督が時代劇!?
 本作のことをはじめて知ったとき、私は意外な組み合わせのように感じた。幅広い作品を撮ってきた原田監督をして、時代劇は未経験だったからだ。
 しかし、原田監督初の時代劇映画は、観れば『わが母の記』(2011年)の延長として実にしっくりくる作品だった。

 原田監督みずから小津安二郎の影響を自認する『わが母の記』は、小津映画を彷彿とさせるショットの続出だった。そして『駆込み女と駆出し男』は、『わが母の記』の原田監督ならさもありなんと思わせるショットの連続だ。
 タイトルバックの雨だれの映像からして、端正な小津映画の象徴である麻布のタイトルバックと、原田監督らしいダイナミズムの融合に思える。寺周辺の四季折々の映像は、色彩の美しさと陽射しの明るさが印象的で、伊豆の自然を捉えた『わが母の記』の映像のさらなる進化を見るようだ。
 小津のモノクロ作品ばかりを取り上げる世評に反して「小津の真骨頂は色彩にある」と喝破した原田監督ならではの、色彩へのこだわりがうかがえる。

 座敷寿司をつまみながら、女の背中に描かれた浮世絵を楽しむ場面。本作でもっともエロチックな光景だが、ここで私が思い起こしたのは小津の代表作の一つ『晩春』の父娘が能舞台を鑑賞する場面であった。小津映画にしては珍しく性的なイメージが言及される『晩春』。そこに焦点を当てて拡大したなら、本作のような映像に結実するのではないだろうか。

 だがしかし、『わが母の記』で小津映画を消化/昇華した原田監督のさらなる到達点は、なんと黒澤明を彷彿とさせるものだった。
 『駆込み女と駆出し男』を観ながら私が感じたのは、構成が黒澤映画の集大成にして最高峰の『赤ひげ』(1965年)にそっくりだということだ。
 原田監督は、公式サイトにこんなコメントを寄せている。
 「時代劇映画の神々への思いをぶつけました。『赤ひげ』『どん底』といった黒澤明監督の江戸モノ時代劇から溝口健二、市川崑、川島雄三の名作、あるいは美術と女優に秀でた大映時代劇へのオマージュです。(略)『赤ひげ』でぼくがもっとも好きなエピソードに出ていた山崎努さんには、戯作の神様をお願いしました。」

赤ひげ 『赤ひげ』は加山雄三さん演じる青年医師が貧民救済施設の小石川養生所を訪ねるところからはじまる。
 青年医師が主人公かと思いきや、三船敏郎さん演じる医師「赤ひげ先生」が登場し、強烈な個性で圧倒する。タイトルロールだし、赤ひげが主人公なんだなと思っていると、赤ひげの診察を受ける病人たちの物語があまりにもドラマチックで、さしもの赤ひげも存在感が霞んでしまう。
 原作の連作短編そのままに病人たち貧乏人たちのエピソードが次々に描かれるのを観るうちに、観客はこれが一人の主人公、一つの物語を追った映画ではないことを知る。赤ひげと青年医師は狂言回しであり、エピソードごとに登場する貧乏人たちこそ主人公なのだ。いや、真の主人公は、幾つものエピソードを重ねることで浮かび上がる小石川養生所そのものであり、このような救済施設を必要とする社会の貧困と無知を描くことが主眼なのだと判ってくる。

 『駆込み女と駆出し男』も同様だ。
 大泉洋さん演じる医者見習いの中村信次郎が、主人公格で登場する。しかし本作は中村信次郎の映画ではない。そもそも駆込み寺に男は入れない。
  満島ひかりさん演じるお吟(ぎん)や戸田恵梨香さん演じるじょごが夫から逃げて東慶寺に逃げ込むけれど、彼女たちも主人公格とはいえ東慶寺の女人の一人に過ぎない。
 花魁の世界を抜けるために策を弄したおせん。離縁できた暁には夫を殺そうと企むゆう。男っ気のない東慶寺にいながら、あろううことか妊娠するおゆき。生きていくために自分も周囲も偽らねばならない玉虫等々、登場するすべての女たちが主人公であり、浮かび上がるのは弱者の「逃げ場」としての東慶寺――「逃げ場」がなければ生きていけない社会そのものだ。

 仏教は、本来サンガという集団を作って、人生に絶望して行き場のなくなった人を引き受けるものであるという。
 仏教が政治の道具として導入された日本では、釈迦の作ったサンガという組織は定着しなかったが、夫との縁を切りたくて、やむにやまれず駆け込む女たちを引き受けた縁切寺は、似たような役割を果たしてきたといえるかもしれない。

 川島雄三の名作『幕末太陽傳』のフランキー堺を思わせる大泉洋さんの軽妙な演技と、鮮やかに切り出されたエピソードの面白さで楽しませてくれる本作だが、その根底にあるのは『赤ひげ』と同じく弱者への眼差しであり、社会における「逃げ場」の大切さだ。
 駆込み女を手引きする三代目柏屋源兵衛と、東慶寺の女たちを見守る院代・法秀尼は、さしずめ小石川養生所の赤ひげに相当しよう。

 黒澤ヒューマニズムの頂点というべき『赤ひげ』からちょうど半世紀、その偉業を受け継ぐ作品を観られるとは幸せだ。
 ただ、『赤ひげ』の185分に比べるとあまりに短い。映画館を後にするのが名残惜しい作品だ。


駆込み女と駆出し男 (特装限定版) [Blu-ray]駆込み女と駆出し男』  [か行]
監督・脚本/原田眞人
出演/大泉洋 戸田恵梨香 満島ひかり 内山理名 陽月華 樹木希林 キムラ緑子 木場勝己 堤真一 神野三鈴 武田真治 北村有起哉 橋本じゅん 山崎一 麿赤兒 山崎努 中村嘉葎雄 でんでん 中村育二 玄里
日本公開/2015年5月16日
ジャンル/[時代劇] [ドラマ]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 時代劇映画
【genre : 映画

tag : 原田眞人 大泉洋 戸田恵梨香 満島ひかり 内山理名 陽月華 樹木希林 キムラ緑子 木場勝己 堤真一

⇒comment

ええーっ、本当ですか(笑)

ナドレックさん、ども。

>唯一『駆込み女と駆出し男』の残念なところを挙げるとすれば、こんなに面白いのに上映時間が143分しかないことだ。やっぱり185分は欲しかった。

 ええーっ、本当ですか(笑)。ワタクシ的には体感ランニング・タイムは、2時間切ってましたぜ(笑)。いかに、私がボンクラなのか丸わかり(笑)。
 若いころはド下手だったキキキリン、うまくなりましたあ。
 もろろん大泉洋は、いつもながら、うまい。
 そして今回新発見は、法秀尼役・陽月華が超美形で、気になる(笑)。
まず、その特徴から宝塚出身?とあたりをつけたら、まさにそのとおりの、娘役トップスタアだったらしい。   

Re: ええーっ、本当ですか(笑)

昔の映画さん、こんにちは。
陽月華さんは注目ですね。凛として美しい。法秀尼ははまり役だったと思います。
樹木希林さん、大泉洋さんら達者な俳優ばかりでしたが、私には満島ひかりさんの艶やかさも印象的でした。お歯黒、引眉という江戸時代なら当たり前の化粧を見せない映画が多い中、ちゃんと化粧した上で現代人にもガツンと来るほどの艶っぽさを醸し出す。たいしたものだと思います。

今の女優には、若尾文子がいない?

ナドレックさん、ども。
 この映画を見た日には、続けて「予告犯」を見まして、どちらにも、戸田恵梨香が出ているので、びっくり。よく知らない女優さんで、二作とも全然別人の快演なのですが、気の強い女である点は共通。まあそういう気の強い女優さんが、人気があるのが、現代なのだなあ、と、老人は沈黙するのみ(笑)。

 ところで、戸田恵梨香のやられた「じょご」は、満島ひかり、 内山理名、陽月華でも、代替え可能かと、感じました。
 しかし、健闘しているが、どう見ても違和感なのが満島ひかりの役。夫・堤真一が、大好きなゆえに、あえて離婚を目指す、という設定に、満島は、有効なのか。
 満島ひかりは、若尾あややには、及ばないのではないか(笑)と、思いましたね。

 満島ひかりは若尾文子、大泉洋は雷蔵、法秀尼は山本富士子か京マチ、監督は三隅で見たかった、と、所詮は、かなわぬ老人の繰言でございます(笑)。

Re: 今の女優には、若尾文子がいない?

昔の映画さん、こんにちは。

>  満島ひかりは若尾文子、大泉洋は雷蔵、法秀尼は山本富士子か京マチ、監督は三隅で見たかった、

いやー、それを云っちゃあ:-D
じゃあ私は、杉村春子の三代目柏屋源兵衛を見たかった、とか云っちゃいますよ:-)

まあ、昔の名優、名監督と比べてみたくなるほど本作は力のある作品だ、ということですね。

No title

配役遊び的には、ヤクザが橋本じゅんじゃなくて、寺島進だったら、大泉洋の捲し立てに負けなかったろうになあ、とか思ったりして。

Re: No title

ふじき78さん、こんにちは。
『わが母の記』に続き、少ない出番ながら橋本じゅんさんならではの役でしたね。
橋本じゅんさんと大泉洋さんの配役が逆でも面白かったかも。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

駆込み女と駆出し男

駆込み女と駆出し男@東京国際フォーラム

「駆込み女と駆出し男」、江戸時代幕府公認の駆け込み寺の顛末

おすすめ度 ☆☆☆☆ ただ、早口セリフが随所にあり、意味不明となると、置いていかれる。 井上ひさしが、11年かけて執筆したという原作(未見)。 原作のよって立つところか、セリフの多さにうんざり。 江戸末期、幕府公認の縁切り寺東慶寺。 だが、そこにはいる前の...

駆込み女と駆出し男

駆けた先に安らぎがある。  

「駆込み女と駆出し男」

 リズミカルなセリフ回しに尽きる映画である。井上ひさしの時代小説「東慶寺花だより」(私は未読)を元にした作品だが、ストーリーは駆け足になりがちで大事なモチーフが描かれていないという欠点はあるものの、この独特の会話のノリで2時間23分の上映時間を一気に...

『駆込み女と駆出し男』:テンポとリズムで圧倒。ドライな時代喜劇 @ロードショウ・シネコン

井上ひさしの原作を原田眞人が脚本化・監督した『駆込み女と駆出し男』、ロードショウで鑑賞しました。 上映時間が2時間20分超と聞き、観る前は「大丈夫かしらん」と思っていましたが、いやぁ面白かった。 さて、映画。

『駆込み女と駆出し男』 2015年4月27日 東京国際フォーラムCホール

『駆込み女と駆出し男』 をプレミア試写会で鑑賞しました。 本日の舞台挨拶はまたまた大泉洋の独壇場であった。 しかし伏兵がいた。 それは神野三鈴である。彼女は最初の挨拶から戸田恵梨香の母親と紹介をおっぱじめたのである。 そこから先は大泉洋に絡まれて・・・  本日の登壇者 大泉洋、戸田恵梨香、内山理名、陽月華、神野三鈴、            武田真治、橋本じゅん、原田眞人監督 【ストーリ...

「駆け込み女と駆け出し男」 (2015 松竹)

井上ひさし原作の縁切り寺のお話。監督の原田眞人は、前にもお伝えしたと思うけれども「どうしたらこんなに面白く書けるのか」とまで言われた伝説の映画評論家だった。彼の著作「ハリウッド映画特急」は、三十年も前の本なのに、いまだにわたしの本棚で現役です。評論家...

駆込み女と駆出し男

井上ひさし著「東慶寺花だより」を原作に大泉洋主演で映画化された時代劇です。 予告編を観て、この江戸の世界では女性たちがどのように生きていたのだろうと気になっていました。 美しい風景と共に描かれた人間ドラマの豊かさに導かれながら、時間を忘れてスクリーンに見入っていました。

『駆込み女と駆出し男』 映画@見取り八段

監督: 原田眞人    キャスト: 大泉洋、戸田恵梨香、満島ひかり、内山理名、・…

試写会「駆込み女と駆出し男」

女の、生きる道… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201504230001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】東慶寺花だより [ 井上ひさし ]価格:720円(税込、送料込)

駆込み女と駆出し男

横暴な夫と謙虚な妻という組み合わせで日本人の心に響くセリフ回しがすばらしい。ロケーションもしっかりと研究されていて、まさに芸術作品のような内容だった。でも、この映画で描いている内容は明治維新以降の男尊女卑の家族制度を批判しているものなのだ。

駆込み女と駆出し男

 観客に媚びず、でもエンターテイメントとしての基本はきっちりと果たしている邦画としては希有な作品。大泉洋をはじめ出演者はみな適役で、江戸末期の雰囲気がそのまま伝わってきそうでした。  作品情報 2015年日本映画 監督:原田眞人 出演:大泉洋、戸田恵梨香、…

駆込み女と駆出し男 ★★★★

劇作家・井上ひさしが晩年に11年をかけて執筆した時代小説「東慶寺花だより」を映画化。江戸時代に幕府公認の縁切寺であった東慶寺を舞台に、離縁を求めて寺に駆け込んでくる女たちの聞き取り調査を行う御用宿の居候が、さまざまなトラブルに巻き込まれながら訳あり女たち...

駆込み女と駆出し男

個人的には結構楽しく観られた。

駆込み女と駆出し男  監督/原田 眞人

【出演】  大泉 洋  戸田 恵梨香  満島 ひかり  樹木 希林 【ストーリー】 江戸時代、幕府公認の縁切寺として名高い尼寺の東慶寺には、複雑な事情を抱えた女たちが離縁を求め駆け込んできた。女たちの聞き取り調査を行う御用宿・柏屋に居候する戯作者志望の医者見習...

「駆込み女と駆出し男」:戸田、満島の好演と映画としての出来の良さ

映画『駆込み女と駆出し男』は、2時間23分を一気に見せきる原田眞人監督作品。なに

駆込み女と駆出し男

離婚が難しかった江戸時代。虐げられる妻が離婚を求めて避難した、実在の駆け込み寺を描いた『駆込み女と駆出し男』を観てきました。 ★★★★★ 駆け込み自体の成就から審査といった、寺に入るまでの実際に有ったシステムが興味深いのに加え、男子禁制の駆け込み寺自体がまた...

「駆け込み女 駆け出し男」☆粋な江戸のお伽噺

大泉洋主演?ときたら、もっとおふざけな映画かと勝手に思っていたら、なんのなんの。 江戸を舞台に繰り広げられる、粋な人情ものだったyo もちろん笑いも忘れない、大人の洒落たお伽噺☆

駁E

天保十二年

駆込み女と駆出し男

こんな大泉洋が見たかった * * * * * * * * * * 幕府公認駆込寺である、鎌倉の東慶寺。 当時、離縁は男性側からはできるけれど、女性側からはできなかった。 従って、どうしても夫と別れたい女は、 決死の覚悟を持ってこの寺に駆込み、2年を過ごせ...

「駆込み女と駆出し男」

ナンか評価が良いので行ってみました テンポがものすごーくいい映画です セリフ回しが江戸時代! どどいつ、っつうんですかね リズムのある言い回しなのですよ 大泉洋、この難しいセリフをよく覚えてつらつらと喋ったな〜 と 満島ひかり演じるお吟の喋り方も粋...

『駆込み女と駆出し男』

□作品オフィシャルサイト 「駆込み女と駆出し男」□監督・脚本 原田眞人□原案 井上ひさし(「東慶寺花だより」)□キャスト 大泉 洋、戸田恵梨香、満島ひかり、内山理名、陽月 華、樹木希林、       堤 真一、山崎 努、キムラ緑子、武田真治、麿 赤兒、中村...

「駆込み女と駆出し男」みた。

「俳優:大泉洋」はいまひとつ苦手なのでスルーを考えていたのだけど、この映画は時代劇で有りつつもコメディ要素満載に軽快なタッチで描かれた人情モノだと知り、ならば大泉洋の本領発揮だろうと、そして戸田恵梨香

『駆け込み女と駆け出し男』

予告編を見た限りは、シリアスなのかコミカルなのか中途半端だったし、大泉洋が突然離婚調停人になって活躍しちゃうみたいだったしで全然期待していなかったけど、ところがどっこ ...

映画『駆け込み女と駆け出し男』

『駆け込み女と駆け出し男』(公式サイト) 職場の福利厚生で、前売り券を買っていたので 公開初日に見て参りました。 [E:

「駆込み女と駆出し男」離縁するために2年間尼寺に入門した先に知る人生をやり直すという事の大変さと忍耐力

「駆込み女と駆出し男」は江戸時代末期を舞台に当時離婚しようとした女が駆け込んだ寺で2年間その寺の修行に耐えると男と離婚できる寺を舞台にした男と女の攻防を描いたストーリ ...

駆込み女と駆出し男

 『駆込み女と駆出し男』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)『夏の終り』で好演した満島ひかりが出演しているというので、遅ればせながら、映画館に行ってきました。  本作(注1)の当初の時点は天保12年(1841年)(注2)。  冒頭では、女義太夫ら十数人が腰縄でつな...

『駆け込み女と駆け出し男』をトーホーシネマズ日本橋4で観て、そのスピードは違うに違いないふじき★★★

五つ星評価で【★★★筋の通ったカタルシスが欲しい所】 つまらない訳ではない。 様々な人生がテストケースのように詰まっていて、 なかなか興味深い話を色々聞かされてナルホ ...

「駆込み女と駆出し男」感想♪

深刻で暗くないのはいいところでもあり・・・物足りないところでもあった・・かな。

『駆込み女と駆出し男』感想

こういう原作リスペクトな映画は愛おしい。 いや原作未読なんだけども。 ただここまで綺麗に練り上げて映画化されれば、原作と違ったとしても、これはこれでありと判断されるんじゃないかと。 私はこの映画を観賞し終え、原作を読んでみたいと思ったので、少なくともその部分で原作へのリスペクトに値する作品だと思う。 =以下、ほんのりネタバレです。= 大泉洋氏が主役と言う事で...

駆込み女と駆出し男 (2015)

原案は、井上ひさしが晩年に11年をかけて執筆した時代小説「東慶寺花だより」言ってしまえば、縁切り寺物語、ですね。女性から離縁できなかった時代の救済システムです主演の大泉洋が、すごくイイ味だしてて、満島ひかりらの眉のないお歯黒姿、また妖艶で、戸田恵梨香もまた、華を添え、樹木希林、武田真治、山崎努、木村緑子と、豪華キャスティングが、とても合っていました。信次郎(大泉洋)の、女たちの聞き取り調査を...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示