『龍三と七人の子分たち』 高級料理のシェフが戻ってきた!

映画「龍三と七人の子分たち」オリジナルサウンドトラック Soundtrack 「みんなが喜ぶエンターテインメントなんて、その気になれば簡単なんだよ。漫才にたとえれば区民ホールで5000人の観衆相手にやる芸と同じ。ストレートにやれば受ける。浅草の小屋に来る小うるさい客相手にやる方がよっぽど難しいよ」

 こう云って観客を手玉に取った北野武監督は、2010年公開の15作目『アウトレイジ』でまんまと7.5億円もの興行収入を稼ぎ出した。続く監督16作目の『アウトレイジ ビヨンド』(2012年)は、興収14.5億円のヒットとなった。
 まったく余裕しゃくしゃくだ。さぁ受ける映画を撮るぞと云って本当にヒットさせてしまうのだから、この人の才能は恐ろしい。

 『アウトレイジ』を世に送り出したとき、監督はこうも云っている。
 「腕のいい高級料理店のシェフが、あえてカツ丼を作って、いつも間抜けなカツ丼食ってるやつらに『どうだ、こっちの方がうまいだろ』って出す感じかな」
 北野監督にとって、エンターテインメントの王道をいく映画は「あえて作ったカツ丼」なのだ。

 そこには寂しさもあるだろう。
 高級料理店のシェフは、間抜けなカツ丼食ってるやつらのために腕を磨いてきたのではない。ストレートにやれば受ける区民ホールの大観衆を相手にするよりも、浅草の小屋の小うるさい客との真剣勝負の方がやり甲斐があるに違いない。
 「日本人は想像力を使えなくなっている。映画では前より倍しゃべって説明しないとダメになった」
 『アウトレイジ ビヨンド』の公開に際して、北野監督はこうもこぼしている。しゃべって説明しないと判らない観客に、わざわざ歩み寄るのは苦痛だろう。

 それでも「基本的には漫才の出身だから、お金払って見に来る人にもう実験はしちゃいかんと思ったんだ。この先撮ってみたいのは大物スターが出るようなヤクザ映画とか純愛映画。やっぱり映画はエンターテインメントじゃないとね」と発言するようになった北野監督のことだから、17作目の『龍三と七人の子分たち』もてっきりカツ丼路線だろうと予想していた。『アウトレイジ』二部作の興行的成功の後に、大物スターの藤竜也さんを主演に迎えてコメディを作るのであれば、きっと区民ホールで5000人の大観衆を相手にやるようなエンターテインメントなのであろうと。
 それはそれで面白いだろうが、北野武監督作品といえば『HANA-BI』や『Dolls』が好きな私はいささか残念な気がしていた。


 ところが、北野監督はやってくれた。
 『アウトレイジ』二部作の成功で調子に乗ったのか、カツ丼路線に見せかけてカツ丼じゃないものを出してきた。ペロッと舌を出しながら、高級料理を作るシェフに戻ったのだ。

 『龍三と七人の子分たち』の台本は何年も前に書いてあったという。暴力映画が連続したので、このまま暴力映画を続けることになるのを防ぐためにお笑い系を入れたそうだ。[*]
 どうりでカツ丼路線以前の懐かしい感じがするわけだ。さしずめ本作は口直しのグラニテといったところか。

 『龍三と七人の子分たち』はコメディ映画ということになっている。北野監督みずから「"ベタ"な誰でも笑える作品を作りたかった」と云うのだからコメディ映画には違いない。
 だが、北野監督が暴力映画と呼ぶ『アウトレイジ ビヨンド』だって、以前の記事で書いたようにその正体はコメディだった。本作も『アウトレイジ ビヨンド』も、漫才やショートコントの積み重ねでできている点は同じである。
 ただ、『アウトレイジ ビヨンド』は怒号や暴力が多すぎて楽しく笑えない。映画データベースのallcinemaは『アウトレイジ ビヨンド』のジャンルを「犯罪/ドラマ/任侠・ヤクザ」に分類しており、コメディとしては扱っていない。それでも、『アウトレイジ ビヨンド』を貫くノリは明らかにお笑い由来のものだった。

 『アウトレイジ』で路線変更する直前の作品、北野監督をして「もうしちゃいかん」と云わせた実験の最後の作品であろう14作目『アキレスと亀』もコメディだった。こちらはallcinemaのジャンル表記も「ドラマ/コメディ」になっている。
 しかしこの映画も笑えなかった。挫折続きの画家の人生があまりに痛々しく、繰り出されるギャグは寒々しく感じられた。『アウトレイジ ビヨンド』が北野監督お得意の漫才、それも怒涛のしゃべくり漫才だとすれば、『アキレスと亀』はコントの「間」でおかし味を醸し出すものだった。ただ、その主題の暗さ、悲惨さがおかし味を上回ってしまったのだ。

 こうして(『アウトレイジ ビヨンド』では怒号や暴力が多すぎるために、『アキレスと亀』では暗さや悲惨さのために)笑うに笑えぬ悲喜劇を連発してきた北野武監督が、またも世に送り出した悲喜劇が『龍三と七人の子分たち』だ。
 相変わらずヤクザの話だし人は死ぬし、実のところやってることは過去の作品とそれほど変わらないが、本作では怒号や暴力を抑え、暗さ悲惨さも控えたおかげで、これまでになくおかし味が浮上した。
 北野監督自身が好きだという品川徹さんの「おひけえなすって」の場面はもちろんのこと、身動きできないのをいいことに出演者をいじりまくる懐かしいハナ肇さんの銅像コントの再現には大笑いだ。

 人の生き死にをもてあそぶ、毒気たっぷりのギャグでも心置きなく笑えるのは、元気なジジイを描いているからだ。「金無し、先無し、怖いモノ無し!」という惹句のとおり、本来なら辛く寂しいはずの「金無し、先無し」が、いやだからこそ元気なんだという「怖いモノ無し!」に転化する、その豪快さが本作の魅力だ。
 手が震えて銃口が定まらない「早撃ちのマック」とか、襲撃に使うクルマが霊柩車とか、「"俺たちに明日は無い"ってもうすぐ死ぬからな」というセリフとか、ジジイならではのギャグは高齢者へのエールにもなろう。

 主人公たちが極悪非道なヤクザであることも笑いに貢献している。
 寂しいお年寄りというと、得てして善人を思い浮かべがちだが、彼らは決してそうではない。龍三と七人の子分たちが企むのはどれも犯罪であり、成功させてはならないことばかりだ。
 『アキレスと亀』が笑えないのは、画家として成功できない主人公の悲劇性が強すぎるからだが、本作では主人公が失敗しても悲劇と受け止める必要がない。『アキレスと亀』の絵筆がドスに変わったことで、主人公の失敗を幾らでも笑い飛ばせるようになった。
 説教臭くないのもいい。若い連中に不満を抱いた老人の物語は、ややもすれば説教じみてしまうものだが、このジジイたちは若者に勝るとも劣らぬはみ出し者だから教訓なんてありゃしない。

 北野監督にとって、笑いと暴力と芸術は一つに結びついている。
 「殺し方のバリエーションにはものすごく頭を使った。例えば機関銃を前に向かって撃ってるやつがいたら、普通そいつは前から撃たれると思うけど、横から来たやつに撃たせて殺しちゃうとか。お笑いでいうと『フリ』と『落ち』の発想なんだよね。映画の中の暴力はアートだと思う。殴ったりけったり、どんな暴力を使うかを創造するのは芸術行為だ」
 これは『アウトレイジ』について語ったものだが、お笑いの発想で殺し方を考え、暴力の創造を芸術行為と云い切る北野監督にとって、昔気質のヤクザと新興勢力が激突するコメディの本作は、まさに笑いと暴力と芸術の融合であろう。

 とりわけ、『アウトレイジ』二部作では漫才らしいノリを優先して控えられていたトボけた間が、本作で味わえるのは嬉しい。
 北野作品の随所に見られる止め絵のような間は、あるときは美しいショットを印象付け、あるときは悲喜劇のおかし味を醸し出してきた。
 本作では映画のスピード感を削ぐ緩い間が、鈴木慶一氏のトボけた音楽とともに脱力させてくれる。至福の時間である。


[*] 2015年4月18日放映『情報ライブ ミヤネ屋』での北野武監督の発言

映画「龍三と七人の子分たち」オリジナルサウンドトラック Soundtrack龍三と七人の子分たち』  [ら行]
監督・編集・脚本/北野武  編集/太田義則
出演/藤竜也 近藤正臣 中尾彬 品川徹 樋浦勉 伊藤幸純 吉澤健 小野寺昭 安田顕 矢島健一 下條アトム 勝村政信 萬田久子 ビートたけし
日本公開/2015年4月25日
ジャンル/[コメディ] [犯罪]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : コメディ映画
【genre : 映画

tag : 北野武 藤竜也 近藤正臣 中尾彬 品川徹 樋浦勉 伊藤幸純 吉澤健 小野寺昭 安田顕

⇒comment

No title

想像力を使わなくなっている、という下りに共感です。

ある国(複数国)のシネマ特集をしている映画館に時々足を運んでいます。
その特集は「明るく、判りやすい作品」が大多数で、それに「暗くて、重い(私はちっとも暗いとは思わないのですが)作品」がほんの少し、そしてこれまた多くの「感傷的な作品」が加わっています。

明るく、判りやすい作品にはもうちょっと意味づけが欲しいぞ、と思うことがあります。古い世代の監督の「暗く、重い」作品は厳選された作品だけあってなのか、隅々までけいさんされたカメラワークや、そう多くない台詞が背景を相まってじっくりと意味が伝わってきます。

別の映画館でこの連休中に観た東欧やロシアを舞台にした作品では、台詞は多くなくとも写実的な手法をとることで時代そして国や組織の政策、中央と現場の落差がもたらす問題を知らしめ、そしてそんな中で人間の愛情を考えさせてくれる作品だったように思います。

ただまあ登場人物と顔で映画を選ぶのが我が国気質。私もドンとレティの空中ハグ、そしてホブスとエレーナの密かな愛も重要だよな、と映画を選んでたりします!!反省してますが、それらは「家族と国」という重要なテーマを見せているのだ、と自分を励まして無理矢理納得させています(苦笑)。

Re: No title

魚虎555さん、こんにちは。

> 想像力を使わなくなっている、という下りに共感です。

ネットの影響もあると思うのです。
多々指摘されていることですが、現在はネットの掲示板やらツイートやらブログ等々のおかげで、受け手のストレートな声を拾えるようになりました。かつて映画に対するリアクションは評論家がそれなりに考察して書いたものくらいしかなかったのに、今や「判らない」「説明不足」といった脊髄反射的な意見が目に飛び込んできてしまう。すると、(それはネットに書き込んだ人の意見だけでしかないにもかかわらず)送り手も人間だからその声を意識してしまう。するとますます想像力を使わなくていい方に流れていき……というサイクルが回ってしまっているのかもしれませんね。

> ただまあ登場人物と顔で映画を選ぶのが我が国気質。

これは本邦の特徴ですね。
エンドクレジットに役名が表記されず、役者名だけが出てくることが象徴してます。
役者の名前と顔で売るのは、映画成立以前からの歌舞伎等からの伝統ではないかと思うのですが、どうなんでしょう。

No title

「龍三と七人の子分たち・ビヨンド」はキャッチコピーが「全員老人」で敵対組織も老人になったりするのか? 女の子はピチピチで頼むぜ。

Re: No title

ふじき78さん、こんにちは。
『――ビヨンド』では中尾彬さん演じるモキチが「てめェ、俺が死んだって噂流したろ」と云ってしゃあしゃあと登場するんですよね。
敵対組織には岩下志麻さんを中心とする「極道のババアたち」を期待:-)

コメントありがとうございます

意外と映画ブログ界では賛否両論あるんですね(^_^;)
私は単純なんで普通に至福の時でしたw

こういう安心して見れるたけし映画も新鮮で楽しかったです。いや深く考えると、これもこれで問題作なんでしょうけど、変に掘り下げず脱力系コメディのまま着地させたのがよかったなって。

Re: コメントありがとうございます

ゴーダイさん、こんにちは。
映画ブログ界ってあるんでしょうか。なんだか幻夢界や不思議界のようにおどろおどろしい(^^;

私はこれまでビートたけしのお笑いが好きじゃなくて、はっきり云って理解できませんでした。
タケちゃんマンとブラックデビルの対決も面白いと思えなかったし、熱湯に入って騒ぐのも何が面白いのか判らなかったし。
役者や監督としては非凡な人だと思いつつ、笑いにはついていけなかったのですが、本作は楽しめました。
スカッとしたアクションや、ゲラゲラ笑える作品のように宣伝していながら、肩透かしを食らわせて脱力させるのがいいですね。

映画の中で披露される5-5の話や女装して逃げ出す話が実話ベースというのが何とも驚きです。

出落ちの映画でしたな(笑)

ナドレックさん、ども。
 出だしの、蕎麦屋で、客の注文を、賭けにするシーンでは大爆笑で、期待しましたが、後は、ジリ貧。
 思うに、この種のコメディー脚本は北野武単独ではなく、それこそ黒沢方式で、大勢のテダレを用意すべき。後半の失墜が、惜しい。
 藤竜也、で中尾彬が、その下っ端というのは、笑えますが、日活組としては、特攻隊神風攻撃には、前野霜一郎をイメージしていたのかしらん(笑)。

 個人的には、初期北野映画の、まったくヒットしなかった頃の、トンがった映画が、大好きなんですがね。

Re: 出落ちの映画でしたな(笑)

昔の映画さん、こんにちは。
前野霜一郎のセスナ機特攻事件が出てくるのはさすがですね!
京浜連合は児玉誉士夫に比べると小振りですけど。

私は映画序盤ではノリがよく判らなくて、どちらかというと尻上がりに楽しんだ口です。

初期のまったくヒットしなかった映画というと、奥山和由プロデューサーを泣かせていたころですね。
また沖縄でヤクザがダラダラする映画を観たいです:-)

No title

これは北野武ファンが観る映画。

特にファンでもない一般人が見てもさほど面白くありません。
昭和の芸人に良くある「どうぞこれで笑ってください」感が物凄く終始滑ってます。
全体的にテンポも悪く最後まで特にこれといった見せ場はありません。
だらだらローテンポのまま大して面白くも無い日常がダラダラ続く映画です。
セリフは「コノヤロウ」程度しか言っていないので1.3倍速などにして流して観てもそれまでです。

ですので最初に言った正に「北野武ファンが観る映画」というのに尽きるでしょう。
これで楽しめる人は観れば良いんではないでしょか。
万人向けの映画ではありません。

Re: No title

未記入さん、コメントありがとうございます。
そうそう、本作は北野武ファンへのご褒美のような映画ですね。
一般大衆に受ける映画は簡単に作れることを『アウトレイジ』二部作で証明済みの北野監督が、やっぱり作りたいものを作ってしまったというところでしょうか。
だらだらローテンポのまま大して面白くも無い日常がダラダラ続く……、傑作『ソナチネ』がまさにそんな映画でしたね。ヤクザ同士の抗争劇で盛り上がるかと思いきや、沖縄までやってきながらダラダラ遊ぶヤクザたちの日常ばかり。
本作はあの楽しさを彷彿とさせてくれたように思います。
北野武ファンと云ってもいろんな人がいるでしょうから、どの北野映画を好きかによって本作の評価も変わってくるでしょうけど。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

龍三と七人の子分たち

ジジイ達が威風堂々と行き当たりばったり。  

試写会「龍三と七人の子分たち」

爺たちが、悪を倒す… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201504140000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】龍三と七人の子分たち オリジナル・サウンドトラック [ ...価格:2,800円(税込、送料込) [Blu-ray] アウトレイジ ビヨンド価格:3,914円(...

龍三と七人の子分たち/藤竜也

詐欺集団の若者たちと戦う元ヤクザの老人たちが繰り広げる騒動と活躍を北野武監督がコミカルに描いた任侠コメディなヒューマン・ドラマです。 出演はその他に、近藤正臣、中尾彬 ...

『龍三と七人の子分たち』 2015年4月3日 新宿ピカデリー

『龍三と七人の子分たち』 を試写会で鑑賞しました。 『アウトレイジ』のような過激な内容を想定してたので肩透かしだった(笑) 【ストーリー】  組長を引退したものの、ヤクザの性分が消えないために普通の老人として生きていけない龍三(藤竜也)。そんな毎日にいら立ちを募らせる中、彼はオレオレ詐欺にだまされてしまう。人々をだます若い連中を許すわけにいかないと、龍三はかつての子分たちを召集して世直し...

映画「龍三と七人の子分たち」@よみうりホール

 客入りは8割位。客年齢は幅広く、来場した赤ちゃんが上映中に泣きわめくリアルSEが加わった何とも騒がしい試写会である。

龍三と七人の子分たち(’15)

先日31日(火)、先週の「エイプリルフールズ」に続いて同じ神保町の一ツ橋ホールで今月25日公開の「龍三と七人の子分たち」試写会、「いい加減な・・・」ブログのいい加減人(Yamato)さんに誘っていただいて見てきました。 北野武監督新作で、北野作品といえば私は「監督・ばんざい!」以来、今回のも近年のヤクザものの一環かと思ってたら、もろハードボイルドというより、コミカル任侠もの、という...

龍三と七人の子分たち

小野寺昭を観た途端、『アーバンポリス24』を思い出す自分は結構おっさん。

龍三と七人の子分たち

春らしい陽気が続いて・・・

「龍三と七人の子分たち」:珍しく「普通のコメディー」だけど・・・

映画『龍三と七人の子分たち』は、北野武監督としては初めての「普通のコメディー映画

龍三と七人の子分たち

龍三と七人の子分たち@新宿ピカデリー

『龍三と七人の子分たち』

面白かった。 意外性とか構成の妙とかじゃなく、その場の勢いで勝負するドタバタコメディ。 ベタベタな笑いなんだけど俳優陣が上手いから面白い。 ジジイの顔面力が半端無いです ...

北野武とビートたけしがうまく融合すればな〜・・・。〜「龍三と七人の子分たち」〜

藤竜也さんのプーがくどいよ。(;´∀`) それにしても、ようこんだけあのひとにアホなことさせたね〜。 そのへんは藤竜也の役者魂というか、世界のキタノに全部預けるわ〜ってことだったのか。 近藤正臣さんも個人的に○。ものすご龍三との掛け合いがええコンビでございま...

『龍三と七人の子分たち』

龍三親分の一龍会だけに、龍頭蛇尾な映画でした。 これは北野武とビートたけしが混在してしまった映画ではないでしょうか。映画監督:北野武としての面白さと芸人:ビートたけし ...

龍三と七人の子分たち ★★★.5

数多くの個性的な作品を世に送り出してきた北野武監督が、ユニークかつ異色の設定で放つコメディータッチのドラマ。オレオレ詐欺の被害者となって憤慨する元ヤクザの組長が子分を引き連れ、孫のような若さの首謀者たちを成敗していく。藤竜也、近藤正臣、中尾彬らベテラン...

『龍三と七人の子分たち』 映画@見取り八段

監督: 北野武   キャスト: 藤竜也、近藤正臣、中尾彬、品川徹、樋浦勉、伊藤幸…

『龍三と七人の子分たち』

□作品オフィシャルサイト 「龍三と七人の子分たち」□監督・脚本 北野 武□キャスト 藤 竜也、近藤正臣、中尾 彬、品川 徹、樋浦 勉、小野寺 昭、 伊藤幸純、吉澤 健、安田 顕、勝村政信、萬田久子■鑑賞日 4月25日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満...

映画・龍三と七人の子分たち

2015年 日本 毎週欠かさず見ているNHKの時代劇「かぶき者慶次」の藤竜也さんが主演ということで観てきました 5/4、GW中唯一の雨降りだからか109シネマズ名古屋にこれほどの人が集まったのを今まで知りません!というくらいの混雑でしたチケットをWEBで予約しておい...

『龍三と七人の子分たち』を109シネマズ木場7で観て、おもろいけどスカっとせえへんわいふじき★★★

五つ星評価で【★★★小噺としては良くても映画のダイナミズムは不足】   龍三が七輪で延々と昆布を……そんな映画じゃなかった。 細かい笑いは達者な役者がセリフとして出す ...

「龍三と七人の子分たち」

北野作品大好きなねえねと、期待をいっぱいに胸を膨らませて試写会に行ってきたyo 最初から最後まで、小ネタ満載で笑いっぱなしだったけど、面白すぎる公式サイトとチラシに期待しすぎたかな~~ 思ったより爽快感がなかった結末に、たけしもヤキが回ったかな?と・・・・

龍三と七人の子分たち

70歳の高橋龍三は元ヤクザの組長だが、引退した今は同居する息子一家から煙たがられていた。 ある日、オレオレ詐欺に遭いそうになった龍三は、元暴走族の西を会長とする半グレ集団・京浜連合が、地元を仕切っていることを知る。 彼らの悪徳ぶりを目にした龍三は、やりたい放題の京浜連合をやっつけようと、昔の仲間たちと組を再結成するのだが…。 コメディ。

龍三と七人の子分たち

 『龍三と七人の子分たち』をTOHOシネマズ新宿で見ました。 (1)本作は、北野武の監督作品(注1)ということで映画館に出向きました。  本作の冒頭では、主役の龍三(藤竜也)が、ランニングシャツ姿で玄関先で木刀の素振りをしています。  息子(勝村政信)が「何...

龍三と七人の子分たち

 北野武監督が作った久々のコメディ映画。ゆるーく昭和テイストの話ですが、単なるウェルメイドの話にせず、毒をもりこんでいるのは北野監督作品ならでは。  作品情報 2014年日本映画 監督:北野武 出演:藤竜也、近藤正臣、 中尾彬 上映時間111分 評価★★★★(…

「龍三と七人の子分たち」

 前半はまあ退屈せずに観ていられたが、中盤以降は完全に腰砕け。この設定ならばもっと面白くなって然るべきだが、全然そうならない。北野武は原案と脚本(第一稿)だけ担当して、演出やシナリオの練り上げは他の者にやらせた方が良かった。  かつてはヤクザの組長と...

オヤジたちは まだまだイケる

2日のことですが、映画「龍三と七人の子分たち」を鑑賞しました。 組長を引退したものの、ヤクザの性分が消えず 息子夫婦からも疎まれ 普通の老人として生きていけない龍三 そんな龍三はオレオレ詐欺にだまされかけ、義理人情がない今のヤクザ連中をやつけようと かつて...

映画「龍三と七人の子分たち」

2015/5/5、109シネマズ木場、7番スクリーン。 中央通路直前のF列を選択。 予約時点はガラガラだったが、上映時はほぼ満席。 ざっと見る限り前方に空きはなく、いつもは空いている最前列の右端の席まで 埋まっていたのでびっくり。 ** 藤達也、近藤正臣、...

龍三と七人の子分たち  監督/北野 武

【出演】  藤 竜也  近藤 正臣  中尾 彬  安田 顕 【ストーリー】 組長を引退したものの、ヤクザの性分が消えないために普通の老人として生きていけない龍三。そんな毎日にいら立ちを募らせる中、彼はオレオレ詐欺にだまされてしまう。人々をだます若い連中を許すわ...

龍三と七人の子分たち

龍三と七人の子分たち '15:日本 ◆監督:北野武「アウトレイジ」「座頭市」 ◆出演:藤竜也、近藤正臣、中尾彬、品川徹、樋浦勉、伊藤幸純、吉澤健、小野寺昭、安田顕、矢島健一、下絛アトム、勝村政信、萬田久子、村上 北野武 ◆STORY◆70歳の高橋龍三(藤竜也)は、元...

龍三と七人の子分たち

2014年 日本 111分 コメディ/任侠・ヤクザ 劇場公開(2015/04/25) 監督: 北野武 『アウトレイジ ビヨンド』 脚本: 北野武 編集: 北野武 出演: 藤竜也:龍三親分 近藤正臣:若頭のマサ 中尾彬:はばかりのモキチ 品川徹:早撃ちのマック 樋浦勉:ステッキ...

『龍三と七人の子分たち』感想

面白いに決まってんじゃんバカ。 劇場入りする直前に、それでも渋る人妻Fカップに私が言った言葉である。 ”ジジィたち”が出るんだぞ?面白いに決まっている。 そうジジィではなく”たち”である。複数形である。その時点で私の心は決まっていた。 同伴した人妻がジジィ好きかどうか?そんなもん関係ない。 893映画が好きか?北野映画が好きか?以下略だ。兎に角ジジィたちである。...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示