『きみがぼくを見つけた日』の笑顔

 時間旅行とラブストーリーは相性がいい。
 『ある日どこかで』や『タイム・アフター・タイム』が代表的なところだろう。
 そして、これらの作品と並べていることで、本作の素晴らしさがお判りいただけると思う。

 原題は『THE TIME TRAVELER'S WIFE』(時間旅行者の妻)。
 時間旅行を扱った作品は多いが、旅行のあいだ待っている妻を描くのは珍しい。

 正直、予告編を観たときは『ジェニーの肖像』(1939年)の現代版かと思った。しかし『ジェニーの肖像』では男性の前に現れる少女が会うたびごとに成長しているのに対して、『きみがぼくを見つけた日』では成長する少女の前にいつも変わらぬ姿の男性が現れるので、ちょうど逆の設定である。
 さらに、本作は二人が同じ時空で出会ってからが主題であり、運命的な出会いをした人と一緒の時間をどう過ごすかが描かれる。
 これはなかなか興味深いテーマである。

 とりわけ早い段階で観客を楽しい気分にしてくれるのが、『きみがぼくを見つけた日』という邦題どおり、きみ(クレア)とぼく(ヘンリー)が出会う場面。
 クレアを演じるレイチェル・マクアダムスの生き生きとした表情が、観客を嬉しくしてくれる。
 『きみがぼくを見つけた日』って、あまり語呂の良いタイトルではないけれど、この場面をクローズアップしたい気持ちは良く判る。

 時間旅行モノで難しいのは、タイムパラドックスの処理だ。
 時間旅行者が過去に干渉すると未来と辻褄が合わなくなり、多くの作品が矛盾を抱え込んでしまう。
 しかし本作は、過去の出来事と未来の出来事の因果関係をきっちり説明することで、タイムパラドックスを慎重に回避している。
 過去への干渉を織り込んだ構成の妙である。


 さらには役者もみんな魅力的で、もちろんヘンリー役のエリック・バナとクレア役のレイチェル・マクアダムスが素晴らしいのだが、なんといっても注目は5歳のアルバを演じたテイタム・マッキャンと10歳のアルバを演じたヘイリー・マッキャンだ。
 彼女たちは4姉妹のうちの2人なのだが、その芸達者ぶりには舌を巻く。
 将来がとても楽しみである。


 ところで、Amazonによれば、『ジェニーの肖像』を買った人は『ある日どこかで』も買っているという。
 今後はそこに、『きみがぼくを見つけた日』も並ぶことだろう。


きみがぼくを見つけた日 [Blu-ray]きみがぼくを見つけた日』  [か行]
監督/ロベルト・シュヴェンケ  脚本/ブルース・ジョエル・ルービン 原作/オードリー・ニッフェネガー
出演/エリック・バナ レイチェル・マクアダムス ブルックリン・プルー ヘイリー・マッキャン テイタム・マッキャン
日本公開/2009年10月24日
ジャンル/[ロマンス] [SF]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 恋愛映画・ロマンティックコメディ
【genre : 映画

tag : ロベルト・シュヴェンケ ブルース・ジョエル・ルービン エリック・バナ レイチェル・マクアダムス ブルックリン・プルー ヘイリー・マッキャン テイタム・マッキャン

⇒comment

Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

きみがぼくを見つけた日

 『別の時空へ消えてしまうぼくを、 見つけてくれたのは、きみだった─』  コチラの「きみがぼくを見つけた日」は、オードリー・ニッフェネガーの同名ベストセラー小説を映画化した10/24公開のラブ・ファンタジーなのですが、公開初日に早速観て来ちゃいましたぁ~♪

きみがぼくを見つけた日/エリック・バナ

エリック・バナが演じる主人公はどうやらタイムトラベラーで時間旅行で出会った少女と恋に落ちるというラブストーリーというのは短い劇場予告編だけでも十分わかる範囲です。脚本を『ゴースト/ニューヨークの幻』のブルース・ジョエル・ルービンが手がけているというのを

『きみがぼくを見つけた日』 ('09初鑑賞159・劇場)

☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 10月24日(土) OSシネマズ ミント神戸 シアター7にて 15:00の回を鑑賞。

「きみがぼくを見つけた日」

 2009年/アメリカ  監督/ロベルト・シュベンケ  出演/レイチェル・マクアダムス      エリック・バナ  「ゴースト/ニューヨークの幻」の脚本家が手掛けた物語。製作にブラット・ピットが名を連ねてます。主演は「きみに読む物語」のレイチェル・マクア...

きみがぼくを見つけた日

- 別の時空へ消えてしまうぼくを、 見つけてくれたのは、きみだった- 『きみがぼくを見つけた日』の試写会へ行ってきました! NYタイムズのベストセラーリストに28週連続でトップ10入りを成し遂げた純愛小説が原作、そして『ゴースト / ニューヨークの幻』でアカデミ

きみがぼくを見つけた日

その愛は、裏庭からやってきた

「きみがぼくを見つけた日」

タイムトラベルできたらどんなに楽しいかと考える。あの時代この時代のあの場所この場所にと、行ってみたい所はたくさんある。しかし、映画に描かれるタイムトラベラーは苦痛が多い割にはあまり幸せな運命を辿らないようだ。この『きみがぼくを見つけた日』のタイムトラベ...

きみがぼくを見つけた日

「きみがぼくを見つけた日」監督:ロベルト・シュベンケ(『フライトプラン』) 出演:レイチェル・マクアダムスエリック・バナ(『スター・トレック』『ブーリン家の姉妹』)アーリス・ハワード(『消されたヘッドライン』『幸せのポートレート』)ロン・リビングストン...

『きみがぼくを見つけた日』・・・6歳の少女が見つけたのは未来

原作小説を読み終えてからの鑑賞。 この本を手にしあらすじをチェックした当初、タイムトラベラー能力を持つ男が未来の妻を過去に訪ねるという、どちらかというとSFに重点を置いた作品だと思ったのだが読んでみるとそれは設定でしかなく、むしろ希望と切なさとが交錯する...

きみがぼくを見つけた日 [映画]

原題:THE TIME TRAVELER'S WIFE公開:2009/10/24製作国:アメリカ上映時間:110分鑑賞日:2009/11/01監督:ロベルト・シュヴェンケ出演:エリック・バナ、レイチェル・マクアダムス、アーリス・ハワード、ロン・リヴィングストン、スティーヴン・トボロウスキー、ジェー

時間飛行~『きみがぼくを見つけた日』

 THE TIME TRAVELER'S WIFE  クレア(レイチェル・マクアダムス)が初めてヘンリー(エリック・バナ)に出逢 ったのは、6歳の頃。彼は自ら...

ハリウッド、ヒット作3本...「私の中のあなた」「あなたは私の婿になる」「きみがぼくを見つけた日」

「私の中のあなた」 「My Sister's Keeper」 2009 USA “病気(難病)もの”は好きではないので観るつもりはなかったが、シネコンのポイントがたまっていたので、買い物ついでに出かけでしまった。 巷では評判良いみたい。しかしながら、どうもあの母親サラの行動が

きみがぼくを見つけた日

時空を旅する運命を背負うヘンリー(エリック・バナ)は、前触れもなく突然過去や未来へ飛ばされてしまう。 ある日、偶然出会ったクレア(...

きみがぼくを見つけた日 (試写会)

愛した人は時の旅人公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/thetim

『きみがぼくを見つけた日』

【THE TIME TRAVELER'S WIFE】 2009年/ワーナー/110分 【オフィシャルサイト】 監督:ロベルト・シュヴェンケ 出演:レイチェル・マクアダムス、エリック・バナ、アーリス・ハワード、ロン・リヴィングストン、スティーヴン・トボロウスキー、ジェーン・マクリーン

【機内上映】「きみがぼくを見つけた日」

切なさとありえなさのせめぎ合い。本作のタイムトラベラー・ヘンリーは、自分の意思で時空を飛び回るのではなく、てんかんのような発作が元で過去や未来に飛ばされてしまう。しかも衣服は飛ばされないため、行った先ではいつも全裸。警察などから常に追われるという理不尽...

きみがぼくを見つけた日

司書として働くヘンリーは、時間を行き来できる特殊な力を持っていた。しかし時間移動は突発的に起こり、自分ではどの時間に飛ばされるか制御する事ができない。そんな症状に悩むヘンリーの前に現れた女性・クレアが、子供の頃に時間移動した未来のヘンリーに会ったことが...

「きみがぼくを見つけた日」

「きみがぼくを見つけた日」、観ました。 数奇な運命を背負ったヘンリーは絶望的な日々を過ごしていたが、ある日、運命の人クレアに出会...

きみがぼくを見つけた日

恋に落ちた相手はタイムトラベラ-(時間旅行者)だった。男は何の前ぶれもなく姿を消し、次にいつ現れるかわからない。 二人の愛はこの運命に打ち勝てるのか?・・・世界中でベストセラーとなった純愛小説を「ゴースト/ニューヨークの幻」の脚本家ブルース・ジョエル・...

「きみがぼくを見つけた日」

「きみがぼくを見つけた日」試写会 ヤクルトホールで鑑賞 摩訶不思議なラブストーリー。 結局真髄はつかめませんでした。 このあたりがタイムスリップものの難しいところ。 全く知らなかったんだけど、エンドロールの途中、BRAD PITTというクレジット発見

きみがぼくを見つけた日

■ 池袋東急にて鑑賞きみがぼくを見つけた日/The Time Traveler's Wife 2009年/アメリカ/110分 監督: ロベルト・シュヴェンケ 出演: エリック・...

09-313「きみがぼくを見つけた日」(アメリカ)

待つだけの人生は送らないで  ヘンリーがクレアと初めて会ったのは彼が28歳の時。しかし、20歳のクレアにとってそれは運命的な再会だった。彼女は6歳の時に30代のヘンリーと出会っていた。そう、ヘンリーはタイムトラベラーだったのだ。  しかしその時空移動は彼自身...

きみがぼくを見つけた日

オフィシャルサイト ひねりの利いた設定で一組の男女の切ない恋を描き世界的ベストセラーとなったオードリー・ニッフェネガーの同名小説を「ミュンヘン」のエリック・バナと「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムス主演で映画化。自分の意志に関係なくランダムに

ぼくロボット

「きみがぼくを見つけた日」 「サロゲート」 

きみがぼくを見つけた日

きみがぼくを見つけた日という映画を観ました。 原題は”Time Traveler''s Wife" そのまま、時間を旅する男と結婚した女を描いています。 この映画のタイムトラベラーですが、自分の意思では時を越えられません。 ある時、突然に時間を飛び越えてしまう体...

きみがぼくを見つけた日

レイチェル・マクアダムス、エリック・バナ主演。 いつ、どの時代のどこへ飛ぶのか自分で選べないタイムトラベラー体質のヘンリーが、ある過去で少女クレアと出会う。未来から来た

映画 きみがぼくを見つけた日

JUGEMテーマ:洋画     タイムトラベラーを夫に選んだクレアの日々は   夫が別の時間に飛ばされてしまうので寂しい毎日。   夫のヘンリは、飛ばされる時間帯が自分で選べないので   飛ばされてから日付を確認して行動するのはとれも不安でしょう。...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示