『エイプリルフールズ』に騙されるな!

エイプリルフールズ 【ネタバレ注意】

 よくもこんなに面白い映画を考えたものだ。
 「面白い」という言葉にはいくつかのニュアンスがあるが、ここでは「滑稽」とか「楽しい」という意味で受け取っていただきたい。

 とりわけ笑ったのが、ハンバーガー店のマスター役の古田新太さんとアルバイト役の木南晴夏さんの演技だ。やんごとなきお方の来店に動転した彼ら。作法をわきまえぬ客たちを「お前ら公安に消されるぞ!」とマスターがどやしつける一方で、コーヒーカップを運ぶアルバイト女子は「おコーヒーでございます」なんて云いながらガタブル震えてしまう。芸達者な古田新太さんと木南晴夏さんが演じる取り乱した人間のバカさ加減が実に愉快だ。
 やんごとなきお方を乗せたリムジンの運転手、滝藤賢一さんもすっかり目がいっちゃって、いやこの人はいつも目がいっちゃってるような役だけれど、本作は特に度外れた演技で笑わせてくれる。

 いくつものストーリーが付かず離れず並行して進む『エイプリルフールズ(4月のバカたち)』でも、私がとりわけ楽しんだのはやんごとなきお方のエピソードだ。一番泣いたのは少女誘拐の話。感心したのが除霊師の話と引きこもり中学生の話だ。
 本作は石川淳一監督が「できればあまり前情報なくご覧いただいて、バカ映画が始まったなっていう所から、けっこう泣けるなっていうことで終わりかけて、結局バカ映画だったなって思いながら帰ってもらえると僕はすごく嬉しいです(笑)」と語るとおりの映画なのだが、面白いのはバカ担当や泣かせ担当に分かれていないことだ。それぞれのストーリーがバカな要素と泣ける要素を持ちながら並行してクライマックスを目指すので、おバカな前半ではバカの波状攻撃が繰り出され、泣ける後半では感動の波状攻撃に見舞われる。

 豪華キャストのオンパレードで、多くのストーリーが絡み合う本作を、少し整理してみよう。
 本作を構成するのは、主に次のストーリーだ。

(1) テレビのエイプリルフール企画に触発された女による、イタリアンレストランの立てこもり事件。犯人の女は、"やんごとなき"夫妻の妻の方に人生最大のアドバイスを貰っている。狙われた嘘つき男は、除霊師に貰った芋ケンピのおかげで真の愛を手に入れる。

(2) お忍びで休日を楽しむ"やんごとなき"夫妻。夫妻が乗るリムジンの運転手の娘は、ヤクザに誘拐されている。夫妻が楽しみにしていたコンサートの歌手は、イタリアンレストランで人質になっている。お互いに嘘をついていた"やんごとなき"夫妻は、二人の強い愛を確かめ合う。

(3) 少女を騙して連れ回すヤクザたち。親に愛されてないと思ってひねくれていた少女は、やがて親の愛情をダブルで実感する。

(4) いつも二人でつるんでいる大学生。"やんごとなき"夫妻の来店のためにハンバーガー店を追い出され、ヤクザたちにラーメン屋を追い出された二人は、嘘がきっかけで真実の愛を手に入れる。

(5) テレビのエイプリルフール企画に出演した売れない役者。彼の妻は、イタリアンレストランでの嘘をきっかけに人生の目標を見つける。

(6) 詐欺容疑で刑事に踏み込まれた除霊師の老婆。彼女を連行した刑事には、イタリアンレストランのオーナーシェフの友人がいる。刑事が長年追っている逃亡犯は、イタリアンレストランで人質になっている。除霊師の口車に乗せられそうな男は、イタリアンレストランに駆け付けねばならなかった。

(7) インターネットの情報を見て、自分を異星から来たスペースノイドだと思い込んだ中学生。インターネットに情報を書き込んでいたのは除霊師だった。

 それぞれのストーリーは、些細なことまできめ細かく絡み合っているのだが、とてもすべては書ききれない。
 ここから浮かび上がるのは、あるエピソードで脇役の人も他のエピソードでは主人公であるということだ。雑魚キャラ扱いの人なのに、別のところではみんなに待ち望まれていたりする。どんなチョイ役でも一人ひとりに人生があり、背景がある。その当たり前のことを、本作の作り手は忘れない。

 そして「歌にはコンプレックスがある」という富司純子さんがクライマックスで歌ってくれるのが、なんと名曲『アメイジング・グレイス』だ。18世紀の奴隷貿易で儲けた男が、牧師になって作った讃美歌である。
 罪深い自分でも今日を迎えられたことに感謝するこの歌は、嘘をついた者たちが紆余曲折を経て愛と幸せを手にする本作に打ってつけだ。

 それに本作の登場人物たちは、嘘つきだけど悪人ではない。そもそも本作は、コンゲームや騙し合いの映画ではない。ミステリーでもサスペンスでもない。だから大ドンデン返しや、アッと驚く結末を期待したなら、それは自分の期待感に騙されている。
 本作の登場人物が嘘をつくのは、真実の辛さから目を背けるためだったり、ちょっとした嘘を人付き合いの潤滑油にするためだ。それは平凡な私たちの姿に他ならない。

 脚本家の古沢良太(こさわ りょうた)氏は、数々の映画やテレビドラマの脚本を書きながら思うところがあったのではないか。
 人間にはいろんな面があり、人前ですべての本性をさらけ出したりはしない。人間の真実の姿なんて(ときに本人にも)判らない。けれどもテレビドラマや映画では、ある程度登場人物が心情を吐露したり、ナレーション等で気持ちを明らかにすることで、観客の理解を助けてやる必要がある。そういう配慮をしなければ、多くの観客はついて来られないだろう。
 『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズのように本音で取っ組み合う世界と、『外事警察』のような陰謀と騙し合いに終始する世界の両極端を描きながら、古沢氏はそのあいだにある、普通の人が普通に嘘をつく日常を描いてみたくなったのではないか。
 氏は本作の企画をスタートさせるに当たり、「エイプリルフールの1日の中で起こる群像劇」というアイデアを提案した理由を次のように語る。
---
そもそも"嘘"って、映画のモチーフとして昔から使われているように、とても面白いものですよね。たくさんの登場人物が大きな嘘をつくわけじゃないけれど、小さな嘘をついていくうちに影響しあって、小さな奇跡を起こす。そのモチーフがすごく面白いと思っていました。
---

 だから本作で語られる嘘は(あまり)罪がない。場合によっては、嘘をつき通すことで本当の愛を知り、本当の奇跡を呼び起こす。
 若い男女の愛、歳を重ねた夫婦の愛、親子の愛、同性愛、そのすべてが嘘のおかげで大団円を迎えるのは気持ちがいい。
 このとき、すべてのエピソードが一点に収斂し、登場人物が一堂に会す――なんてことにならないのも感心した。自分の行動が誰にどう影響したか、自分の身に降りかかったことの発端は何なのか。現実の私たちはそんなことを知る由もない。すれ違いはすれ違いのまま、知らないことは知らないまま、会わない人とは会わないままなのが自然であろう。そこを作り込み過ぎないのが、小さな嘘と小さな奇跡の本作に相応しい。

 本作はまた、真実を語る映画でもある。
 作り手の本気がうかがえるのが、(3)の少女の話だ。家を出たら性風俗産業で稼げばいいと甘いことを考えている女の子の性根をたたき直すため、ヤクザが彼女を風俗店に連れていく。ここはオブラートにくるんだ描写で済ませることもできただろうが、映画の作り手は、たぶんこの作品の出来得る限りのリアルさで風俗店のあり様を見せつける。それは少女の甘っちょろい考えを吹き飛ばし、ひいては客席にいる未成年者にも抵抗を覚えさせるものでなければならない。作品のトーンを壊しかねない風俗描写をガッツリ描いたのは、作り手の心意気が本物だからだろう。
 公式サイトによれば、このエピソードのコンセプトは、"まっすぐな男の、娘に対する最後の授業"であるという。男(と作り手)の思いは、娘だけでなく観客にも伝わったのではないだろうか。


 真実といえば、本作の登場人物は誰も彼も嘘をつくのに、嘘をつかない人もいる。
 それが(6)の除霊師だ。本作の中でもっともうさん臭くて怪しい老婆は、実は嘘をついていない。怪しげな占いは的中し、誰にも話せなかった刑事の内心もお見通し。彼女の云うことは次々に実現する。生活のために芋ケンピを法外な値段で売りつけてるが、老婆はそれを芋ケンピとも芋ケンピじゃないとも云ってないから嘘ではない。
 主要人物の中でただ一人嘘をつかないのが、一見すると嘘の塊のような除霊師なのは愉快である。

 おっと、もう一人、嘘をつかない人物がいた。(7)の中学生は自分を宇宙人だと信じて、マンションの屋上で宇宙船を呼び続ける。おバカな彼はインターネットの情報に騙されただけで、誰にも嘘をついていない。

 ――と思わせて、本作は最後の最後にトンデモないドンデン返しを用意する。
 深夜0時を回った4月2日、嘘が許されない日になって、最大の真実が明かされる。
 除霊師はインターネットに嘘の情報を書き込んだように見せかけて、本当にメッセージを届けるべき相手に届けていたのだ。彼女の云うことは実現する。
 地球人はスペースノイドに騙されていたのだ!

 ひゃー、こいつは騙された!!


エイプリルフールズエイプリルフールズ』  [あ行]
監督/石川淳一  脚本/古沢良太
出演/戸田恵梨香 松坂桃李 ユースケ・サンタマリア 富司純子 里見浩太朗 寺島進 滝藤賢一 窪田正孝 矢野聖人 小澤征悦 菜々緒 戸次重幸 宍戸美和公 大和田伸也 高橋努 浜辺美波 山口紗弥加 千葉真一 高嶋政伸 りりィ 岡田将生 生瀬勝久 小池栄子 千葉雅子 浦上晟周 木南晴夏 古田新太
日本公開/2015年4月1日
ジャンル/[コメディ] [ドラマ]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : コメディ映画
【genre : 映画

tag : 石川淳一 戸田恵梨香 松坂桃李 ユースケ・サンタマリア 富司純子 里見浩太朗 寺島進 滝藤賢一 窪田正孝 矢野聖人

⇒comment

No title

えい、畜生。戸田恵梨香さまのあのタオル、嘘かどうかはっきり分かるように検証映像を付けるべきじゃないのか。いや、そういうちゃんと真実を見据える姿勢が大事だと言っているんだ!

疎外感…

最近の映画を見ていて、度々襲われるのが、言い様のない疎外感、です。みなさんが面白い、泣けた、とおっしゃる映画が、自分的には、それほどでもなかった時、名だたる映画賞をとったりした映画の価値がわからなかったり。特に、新しい映画に対してそうなので、私は冷たい人間なのか、ユーモアを解さない人間なのかも、とモヤモヤ感に苛まれることが多々あります。この映画も、全体的にはよくできてるなぁと、楽しめたことは楽しめたのですが、作り手、特に脚本家さんに期待するところが大き過ぎたのかも知れません。ナドレックさんの評を読んで、ああ、なるほど、と面白さを理解できたのですが、暴力や、過剰な表現に対する違和感が消せなくて、素直に、映画の世界観に入り込むことができませんでした。目まぐるしく変化する超大作なんかも、ついていけなくなった私は、最近、古い映画ばかり見ています。それでも、まるで吸血鬼が新鮮な血を求めるように、感動や刺激を与えてくれる映画を求めるのは、キサラギでの感動を越えるもの、リーガルハイでの刺激を越えるものを、と依存症気味になっているのでしょうか。感動のアンテナに、メンテナンスが必要なのかも知れません…。

Re: No title

ふじき78さん、こんにちは。
松坂桃李さん演じる医師は、生で拝んだことがあるはずなんですよね。
今更タオルを入れることに意味があるとは思えないのですが、二人しか知りえない秘密があったりして……。

Re: 疎外感…

梅茶さん、こんにちは。
みんなが面白い、泣けたと云う映画が自分にはそれほどでもなかったり、映画賞をとった作品にピンと来なかったり……って、いつものことです:-)
自分が面白い、泣けた、と云う映画が世間には受けなかったり、傑作だと思う映画がまるで評価されなかったり、ということも多いですね。
せめて自分だけは褒め称えたいという思いが、ブログを書く原動力だったりします;-)

『リーガルハイ』はよほど面白かったようですね。
私は未見なので、脚本家さんへの期待が梅茶さんとは異なるのかもしれません。

暴力的な表現は、私も普段は好まないのですが、本作では高橋努さんが舎弟役だったりして、キャスティングに楽しませてもらったところも大きいです。
高橋努さんは好きな俳優さんの一人でして、大柄な体格(身長182cm)とこわもてを活かした役が多いのですが、本作では出てきたとたんに小さな(といっても165cmですが)寺島進さんにボコボコにされ、血まみれのまま耐えているのがおかしくて笑ってしまいました。

映画賞に関しては、作品の良し悪しもさることながら映画賞の特質やそのときの状況・環境に左右されるところもあると思います。米アカデミー賞や日本アカデミー賞のように映画産業の内輪のお祭りではそれに相応しい作品が選ばれるでしょうし、協賛金を積めば賞を貰えると云われる映画祭もあります(真偽のほどは知りませんが)。
キネマ旬報ベスト・テンのように映画評論家が選ぶものでも、その選考委員に就任する人たちのカラーがあるように思います。
映画賞の愉しみは、受賞した作品そのものよりも、授与する側の立場や傾向を考察することかもしれませんね;-p

映画に期待するもの

ナドレックさん、ありがとうございます。
映画を見ていて、つい期待してしまうのは、一見、コメディなのに、深い内容だったり…、という多面性です。エンターテインメントなのに深いメッセージが隠されていたり、とか。それが年々年を重ねるごとに、そのメッセージを受け取るアンテナの感度が落ちてきているような焦りを感じてしまうのです。単なるドタバタ映画だよ、とアピールしてくれる監督さんや脚本家さんの映画なら、その覚悟で見れるのですが、なまじ過去に感動作をとっておられる方の作品だったら、つい構えて見てしまう癖があるのです。園子温さんの作品は、その最たるもので、最近の作品は難解すぎるのか、開き直っておられるのか、よくわかりません。映画の楽しみ方は、人それぞれ…、映画作りに関わった人達の仕事ぶりを楽しむのが好きなので、込められたメッセージや良い仕事は、ひとつも漏らさず感じ取りたいのですが、自分を真っ白な状態にしてから見る準備が必要なのかも知れませんね。

Re: 映画に期待するもの

梅茶さん、こんにちは。
おっしゃるとおり、送り手が発するものをきちんと受け取るようにしたいですね。それには知見を蓄えたり、感度を磨いたりと、受け手も精進が必要だと思います。
たしか押井守監督が、作品に仕込んだものがちっとも気づいてもらえないという趣旨のことをおっしゃってました。

ただ、歳月とともに感じ方が変わるのは仕方がないようにも思います。
その理由は幾つか考えられるでしょう。
・受け手のアンテナが鈍った。
・送り手が先へ行ってしまい、受け手がついていけなくなった。
・受け手と送り手の立ち位置が変化し、問題意識を共有できなくなった。
・送り手の方向性が変わってきた。
・自分は送り手がターゲットとする受け手ではなくなった。
・受け手が送り手を買い被っていた。
・送り手の腕が鈍った。
 等々……

残念ながら、藤沢数希氏の次の言葉も一つの真実だと思います。
「昔、映画が大好きだったのに、最近は9割ぐらいの映画は観ても退屈で苦痛。現実世界で起こってることや、人生経験が、映画監督が作る世界を超えてしまったからなのだろうけど。」
http://twitter.com/kazu_fujisawa/status/211486789330927616

豊かな人生経験を積んだことが理由なのだとしたら、それはそれで良いのかもしれません。

心に残る名セリフ

深いお言葉ですね。
映画の楽しみのひとつに、名セリフ、というものがあります。
それが収穫できれば、また、映画館に足を運んでみたいと思いますよね。
ストーリーがいまいちピンとこなくても、そのセリフがあるだけで、なんとなく送り手側と気持ちを共有できたように思い、自分の中でその映画が人生のパートナーになってくれたりします。ただ、自分の傾向に偏って映画を選んでしまうと、自分が狭くなってしまうような気がして、できるだけ、自分がチョイスしないような映画も見るようにしています。映画ではないですが、漫画の「進撃の巨人」なども、およそ私が手にとる作品ではなかったものに、珠玉のセリフがたくさんあることを発見するのは、サプライズでもあります。あ…っと思えるセリフに気づけるか、日々精進は欠かせないですね。

Re: 心に残る名セリフ

>梅茶さん

あ…っと思える名セリフ。いいですね。
名セリフ、名ショット、名場面は人生の糧になってくれます。
劇中で「いいセリフだな」と思っても、上映が終わる頃には忘れてしまうこともしばしばですが(^^;

最近私がよく思い起こすのは、本記事とは別の作品で恐縮ですが、『LIFE!』のカメラマンのセリフです。
最高に美しい、最高の瞬間をフィルムに収めることを生業としている彼は、にもかかわらず最高の瞬間にカメラを構えません。美しいものは目で見るんだ、と彼は云います。私たちは素晴らしいものを前にしたとき、せっかく本物と対峙できるのに「カメラを構えること」に意識を向けてしまったりします。これはもったいないことなのだと気づかされました。
また、本やインターネットでどんなに素晴らしい光景に出会っても、最高に美しい最高の瞬間はそこにはないことにも改めて気づかされました。みずからの目で見た、みずからの体験に勝るものはないのだと。

こういうことを全部セリフで説明されたら興醒めですね。名セリフは必ずしも「いいことを云ってるセリフ」ではないので。
そこには送り手と受け手の信頼関係が必要だと思います。
みなまで説明しなくても受け手が感じ取ってくれるだろう、という送り手の信頼。送り手は説明しないから感じろと云ってるんだな、と察する受け手の信頼。
送り手の良い仕事を漏らさず感じ取れるように、精進したいものです。

何に惹かれるか…

名セリフは必ずしもいいことをいっているとは限らない…、そのとおりですね。だから、自分にとって名セリフでも、他の人にとってもそうであるとは限りませんよね。笑いのツボと同じなのかな。ひとつ、この映画を見て確信したことがあります。それは、俳優の演技を楽しむのが好きな私にとって、これだけ良い俳優さん達が数多く出演されている映画は、その楽しみが逆に堪能できない、ということです。「清須会議」の時もそうでしたが、好きな俳優さんがある程度の数を越えてしまうと、ボヤけてしまうというか、収支がつかなくなってしまうというか、いやはや情けないですが、表情からセリフまわしまで、楽しむ余裕がなくなってしまうのです。余裕があれば、知らない俳優さんを発掘して、お気に入りに加えることもできるのですが、それが出来なかったのも悔しいばかりです。

Re: 何に惹かれるか…

梅茶さん、こんにちは。
豪華キャストも良し悪しですね。
おっしゃるとおり、有名で存在感のある俳優さんが大挙して登場すると、俳優さんを認識するのに気を奪われてしまうことがあると思います。スクリーンの中に焦点を合せたい対象がたくさんいるんですから。
それこそ贅沢というものかもしれませんね:-)
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『エイプリルフールズ』芋けんぴは世界を救うらしい 映画@見取り八段

監督: 石川淳一 キャスト: 戸田恵梨香、松坂桃李、ユースケ・サンタマリア…

エイプリルフールズ

エイプリルフールの一日に何人かの登場人物が嘘をついて、繰り広がれるグランドホテル形式の群像劇だ。ユーモアと少しの悲しみを含んだ物語は、硬くなりがちな頭をほぐしてくれる。暇つぶしに最適の映画だった。

エイプリルフールズ

今日は、4月1日です・・・

劇場鑑賞「エイプリルフールズ」

愛と嘘の物語… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201504010000/ 【送料無料選択可!】映画「エイプリルフールズ」オリジナルサウンドトラック[CD] / サントラ (...価格:2,500円(税込、送料別)

『エイプリルフールズ』 2015年3月22日 一ツ橋ホール

『エイプリルフールズ』 を試写会で鑑賞しました。 いろんな俳優が出演した群像劇。 【ストーリー】  人に対して恐怖心を抱いてしまう清掃員のあゆみ(戸田恵梨香)は、一晩だけ関係を結んだ外科医の亘(松坂桃李)に対して、身ごもっていると打ち明ける。ところが亘は、エイプリルフールだからとあゆみの言葉に耳を貸さなかった。居ても立ってもいられなくなったあゆみは、亘がいるイタリアンレストランに向かう。...

エイプリルフールズ/戸田恵梨香、松坂桃李

人気TVドラマ「リーガルハイ」の監督・石川淳一さんと脚本を務めた古沢良太さんが再タッグを組んで“エイプリルフール”をテーマに個性的な登場人物たちが巻き起こす「嘘」を巡る ...

エイプリルフールズ(’15)

先日22日(日)、神保町の日本教育会館一ツ橋ホールで、4月1日公開の「エイプリルフールズ」試写会、「いい加減な・・・」ブログのいい加減人(Yamato)さんとご一緒して見てきました。 監督はドラマ「リーガル・ハイ」など演出の石川淳一、脚本はやはり「リーガル・ハイ」、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズなどの古沢良太、 出演俳優も含めて、私はノータッチだったけれど「リーガル・...

『エイプリルフールズ』 4月バカたちの狂騒記

 豪華な出演者たちが織り成す騙し合いごっこ。  試写会にて鑑賞。公開は4月1日のエイプリルフール当日から。 試写会場は普通の試写会よりも年齢層が低かったような印象。そ ...

エイプリルフールズ

う〜ん、期待し過ぎてたかな。

エイプリルフールズ

エイプリルフールズ MOVIXさいたま 2015/4/1公開 人に対して恐怖心を抱いてしまう清掃員のあゆみ(戸田恵梨香)は 、一晩だけ関係を結んだ外科医の亘(松坂桃李)に対して、身ごもっている と打ち明ける。 ところが亘は、エイプリルフールだからとあゆみの言葉に耳を貸さなかった。 居ても立ってもいられなくなったあゆみは、亘がいるイタリアンレストランに 向かう。 一方の亘は、...

戸田恵梨香&松坂桃李主演、映画「エイプリルフールズ」 古沢良太脚本の超絶技巧が光る!

映画「エイプリルフールズ」を観ました。 (2015/4/1公開) 脚本:古沢良太 監督:石川淳一 出演:戸田恵梨香 松坂桃李 ユースケ・サンタマリア  小澤征悦 菜々緒 戸次重幸 大和田伸也  寺島 進 山口紗弥加 滝藤賢一 千葉真一 高嶋政伸 岡田将生 生瀬勝久 小池栄子  窪田正孝 古田...

エイプリルフールズ  監督/石川 淳一

【出演】  戸田 恵梨香  松坂 桃李  寺島 進  里見 浩太郎  富司 純子 【ストーリー】 人に対して恐怖心を抱いてしまう清掃員のあゆみは、一晩だけ関係を結んだ外科医の亘に対して、身ごもっていると打ち明ける。ところが亘は、エイプリルフールだからとあゆみの言...

エイプリルフールズ

清掃員の女性を妊娠させてしまった天才外科医、お忍び外出を満喫する上品な熟年夫婦、小学生の少女を誘拐した昔気質のヤクザ、不運続きの依頼者を除霊し刑事に捕まる占い老婆、42年ぶりに生還した行方不明の少年、宇宙船との交信を続ける引きこもり中学生、長年の思いを告白する大学生…。 今日はエイプリル・フール。 ひょっとして誰かが嘘をついているのか…? コメディ。

『エイプリルフールズ』を109シネマズ木場7で観て、こーゆーバカなん大好きふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★脚本に転がされて気が付いたら終わってる大衆娯楽映画(この敷居の低さを嫌う人がいそうだけどええやんか、たかが映画なんだから)】   こういう肩ひじ ...

ウソから出たLOVE〜「エイプリルフールズ」〜

最近は企業のHPでもうっそぴょ〜んなCMをほんとに作っちゃって この日1日はお祭りみたくなってますね。 もうちょっとやそっとじゃ驚かないというか、その嘘もしょーもなかったら鼻で笑っちゃうというか。 ウソにも高度なテクニックと笑いを要求したします。(え) これ...

「エイプリルフールズ」 (2015 東宝=フジテレビ)

わたしは残念ながら見ていないんだけど、フジ「リーガルハイ」のスタッフがつくりあげたオリジナル作品。元ネタドラマなし、原作なし。東宝の余裕がこの企画を実現させたのだろう。オープニングからハードな描写。松坂桃李のフルヌードが大写しになる。これがまた男のわ...

エイプリルフールズ  ★★

大ヒットとなったテレビドラマ「リーガルハイ」シリーズの製作陣と豪華キャスト陣が集結した群像コメディー。うそをつくことが冗談で済まされるエイプリルフールを舞台に、人々が軽い気持ちで放った小さなうそが大きな騒動を引き起こしていく。監督と脚本は「リーガルハイ...

『エイプリルフールズ』

なんか思ってたのと違った。 「終盤に明らかになる事実によって今まで観てきたモノが全然違う意味に!!」みたいなのを期待してたんだけど、単なるエイプリルフールの群像劇だったの ...

「エイプリルフールズ」:日にちネタ群像劇(コメディ)

映画『エイプルルフールズ』はあちこちで結構酷評されているようですが、そこまでひど

No.490 エイプリルフールズ

人気テレビドラマ「リーガルハイ」の監督・石川淳一と脚本家・古沢良太が再タッグを組み、戸田恵梨香、松坂桃李ら豪華キャストで描く群像コメディ。2015年4月1日、年に1度だけ嘘をつ ...

嘘の日に繋がるストーリー

3日のことですが、映画「エイプリルフールズ」を鑑賞しました。 2015年4月1日、年に1度だけ嘘をついても許されるエイプリルフール そんな日の大都市を舞台に 対人恐怖症の妊婦のレストラン 立て篭もり、ロイヤル夫妻の休日、不器用すぎる誘拐犯、自分を宇宙人だと信じ...

エイプリルフールズ

【概略】 舞台は東京らしき大都会。時は2015年4月1日エイプリルフール。人々が何気なく吐いた嘘が嘘を呼び、あちらこちらで大騒動が勃発する。 コメディ 舞台は、東京らしき大都会。なにげなくついた嘘がウソを呼び、あちらこちらで大騒動!果たして、嘘の中に隠されていた真実とは・・・!? 群像コメディでした。一見関係なさげな伏線が回収されていく流れは小気味よかったですね。コメディ...

『エイプリルフールズ』

エイプリルフールズ 4月1日エイプリルフール 7つの嘘が登場人物27人を 巻き込んで起こす騒動を描く... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示