『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』のリアリティ

 机の下に常備している寝袋。
 それが映し出されたとき、この映画が綿密な取材に基づいた極めて写実的な作品であることが判った。

 本作の舞台、その名も"黒井システム株式会社"は、社長以下8名からなるごく普通のソフト開発会社である。
 おかしな人物も妙な慣習もなく、ソフト業界なら一般的な描写が普通に続く。
 各エピソードにはいささか厳しいところもあるが、会社勤めとはこういうものだ。
 ただ、原作では3年間の出来事を、半年間に圧縮してテンポを上げている。

 かつてテレビドラマ『働きマン』にチャンネルを合わせたときは、あまりにぬるい仕事の描写に見るのをやめてしまったが、この映画は会社勤めの人が見ても違和感がない。

 ただリアルなだけではない。
 デスマとかIT業界のピラミッド構造といった、業界外の人には馴染みのないことを、判りやすく説明しているのも本作の功績だ。
 そもそも、デスマがきちんと映像化されるのは初めてではないだろうか。

 本作は多分にコメディタッチではあるが、3Kどころか42Kと云われるIT業界は危機感を強めねばならないだろう。
 本作の公開により、IT業界のイメージは毀損するおそれがある。
 しかし真実を知らしめることは重要だ。
 他の業界だって五十歩百歩だろう。


 本作はあくまでフィクションなのでデフォルメしているところもある。
 リーダーやら井出やらが、やたら元気でハイテンションなのは、映画ならではの演出だ。ソフト開発会社では、みんなもっとくたびれているのではないか。

 また、本当にきつい職場であれば、並行していくつもの納期を抱えているので、みんなで打ち上げに行けるはずもない。
 だから本作を観て「うちの職場はこんなものではない」と感じる人もいるだろう。
 しかし本作の目的は苦労自慢ではない。


 面白いのは、最悪のデスマを生み出しているのが、社長でもリーダーでもなく、客の云うことを呑んでしまう若造だということだ。
 そうなのだ。
 本作についてウィキペディアには「現代の蟹工船と称される。」などと書かれているが、仕事の現場は「可哀相な労働者」と「搾取する使用者」という対立項では表せない。

 本作のこのような視点が、共感を呼ぶところである。


 名ゼリフも満載だ。

 「定時なんてもんはな、都市伝説だ!!バカッ!」

 「ソルジャー、ゲーット」

 「オレ、変わりたかったんだよ!」


 ネットの掲示板の書き込みから生まれた本作だから、『電車男』のようにネットごしに応援する人々を登場させることもできたはずだ。
 けれども、映画はあえて家族と職場の人々だけで構成している。
 それは本作が、リアルな人間関係を重視しているからだ。

 公式サイトに佐藤祐市監督の言葉がある。
---
この映画の主人公・マ男は、元ニートのひきこもりという孤独な状況から、会社という嫌でも他人と関わらなくてはならない世界に飛び込みます。そこは本人にとって酷くつらく理不尽な環境でしたが、彼はその環境に耐え、人と関わることで、自らの人生を一歩前進させる結論を出しました。
---

 本作は、日々がんばって仕事する人々への応援歌であり、「オレだけじゃないんだ」とホッとする場でもある。


ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない [DVD]ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』  [は行]
監督/佐藤祐市
出演/小池徹平 マイコ 田辺誠一 品川祐 池田鉄洋 田中圭 中村靖日 千葉雅子 森本レオ
日本公開/2009年11月21日
ジャンル/[ドラマ]

映画ブログ ブログパーツ

 「ブラック会社に勤めてるんだが、まだ俺は頑張れるかもしれない」

 ……無理はしないように。

【theme : 日本映画
【genre : 映画

tag : 佐藤祐市 小池徹平 マイコ 田辺誠一 品川祐

⇒comment

allcinemaから来ました

allcinemaから来ましたが、最近Amazonのカスタマーや
他所の映画サイトで自ブログに誘導することだけが目的な人が
不完全な形で掲載してるのは止めて欲しいです。
その場で完結できないなら投稿自体やめていただきたい。

Re: allcinemaから来ました

1さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、不完全な形の掲載というのは気になりますね。
私の場合は、映画情報サイトへの投稿やブログの記事を読んでいただければ判りますが、次のパターンに分かれます。
 1. allcinema ONLINE等への投稿のみで、ブログには書かない場合
 2. ブログの記事のみで、allcinema ONLINE等へは投稿しない場合
 3. allcinema ONLINE等へ投稿し、尚且つブログにも書く場合
 4. allcinema ONLINE等へ投稿し、尚且つブログにも書き、投稿へはブログのURLをつける場合

このうち1.及び2の場合についての説明はここでは省きます。
3と4についてですが、私はいずれの場合も投稿には必要と思われるだけの意見を書くようにしています。『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』についていえば、結論となる部分は allcinema ONLINE の投稿欄に書いてしまっているのですね。
ではブログのURLをつける場合は何かというと、付加情報(オマケ)があるときですね。結論を補強すること、あるいはさして強調するほどではないけれど書いておきたいこと等があるときは、それらをブログに書いているのでURLを付け加えます。
最も云いたいことは既に投稿しているので、ブログは見てくれても見てくれなくてもいいのですが、まぁ暇があればオマケも味わってくださいということです。
もしも投稿内容が不完全に思われたのなら、私の文章力の問題ですね。精進しないといけませんv-390
ところでリファラを分析すると、残念なことにallcinema ONLINEはブログへの誘導には役立ちません。Yahoo!映画等に比べると投稿の数も桁違いに少ないし、もっと盛り上がって欲しいですね。

TBありがとうございました。

TB有難うございました。
デスマーチなんて分かる人は共感できます。
IT業界で毎日泣きながら働いていますが
こんなの常識です・・・痛いほど分かります。
藤田さんのような先輩がいると状況も
変わりますけどね

今度訪れた際には、ブログ記事の冒頭に、
【評価ポイント】☆をクリックしてこの
映画の評価をお願いします(5段階評価)とあって、
☆が5つ並んでいますが、その☆の1つ目~5つ目の
どこかをぽちっとお願いします!!

Re: TBありがとうございました。

シムウナさん、こんにちは。
こんなもんじゃない、という声もあるかと思いますが、たぶんこれ以上やると業界外の人にはホラ話に見えてしまうでしょうね:-)
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

インターネットの掲示板2ちゃんねるに書き込まれた話題の実体験を基に映画化した問題作。ニート青年が社会に飛び出し、いきなりブラック会社と呼ばれる問題企業で孤軍奮闘する様子を面白おかしく描く。『ホームレス中学生』の小池徹平が主演を務めるほか、共演者も『カフ

『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』(20...

監督:佐藤祐市脚本:いずみ吉紘出演:小池徹平、マイコ、池田鉄洋、田辺誠一、品川祐、田中圭、中村靖日、千葉雅子、森本レオ試写会場 : 映画美学校公式サイトはこちら。<Story>高校中退でニートのマ男(小池徹平)は、母(朝加真由美)の死をきっかけに一大決...

映画「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない...

 Yahoo!映画ユーザーレビュアー試写会にて鑑賞しました。客席はほぼ満席、映画終了後に佐藤祐市監督と観客とのティーチインが行われた。   映画の話 ニート生活を送ってきた26歳のマ男(小池徹平)は母親を亡くし、一念発起して情報処理の資格を取得する。不況...

「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」限界を知ってわかった働く生きる乗り越える術

「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」は黒井勇人原作の映画で2ちゃんねるの書き込みから生まれた実話に基づくストーリーでいじめが原因で引きこもりとなり、8年間ニート生活を送った青年が母親の急死で一大決心して情報処理技術者試験の資格を取...

試写会「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」

八丈ボケも抜けきらないうちから、今日も仕事帰りの試写会でなかのZEROホールへ行ってきました「キサラギ」の佐藤祐市監督の「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」を観てきました実話を元にしたという原作(黒井勇人)の映画化作品ですブラック...

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

2ちゃんねるの書き込みから生まれた感動?!の実話。崖っぷちの時代、仕事が楽しい人も大変な人も、最高に笑って泣いて、元気がでるワーキング・エンタテインメント!!これは、今を働く...

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

インターネット掲示板2ちゃんねるに実際に立てられたスレッドを基に 『キサラギ』『守護天使』の佐藤祐市監督が『ホームレス中学生』の 小池徹平を主演に迎えて映画化。高校をいじめで中退し、以後7年近くニートとして過ごしてきたマ男は、 母親の死をきっかけに就職活動..

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

<<ストーリー>>ニート生活を送ってきた26歳のマ男(小池徹平)は母親を亡くし、一念発起して情報処理の資格を取得する。不況のご時世の中、必死で就職活動をするものの試験に落ち続け、最終的にパスしたのはとんでもない問題企業だった。彼は初出社当日から当然のよう...

ブラック会社に勤めているんだが、もう僕は限界かもしれない

ブラック会社というと、自分の会社は関係ないと思われるかもしれない。東証一部上場企業だから大丈夫とか、組合がしっかりとしているから大丈夫とかそんなことは今の時代言えない。今業績がよくていい会社だと思っても、いつブラックになるかわからないのだ。

『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』

  □作品オフィシャルサイト 「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」□監督 佐藤祐市 □原作 黒井勇人 □脚本 いずみ吉紘 □キャスト 小池徹平、品川祐、田辺誠一、池田鉄洋、中村靖日、千葉雅子、マイコ、田中圭、須賀貴匡、朝加真由美

[映画]ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

映画「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」を見てきました。インターネットの某巨大掲示板に書き込まれたエピソードをもとに制作されたこの映画。ストーリー内で「何のために働くのか」と提起されるこのテーマを、私は個人的に「何のためにこの組織...

[映画『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』を観た]

☆面白かった^^  「電車男」的に<2ちゃんねる>で話題になった、コテハンによるスレッド・エピソードの映画化だそうだ。  内容は、タイトルから大体推察できる。  ・・・と、簡単には括っていけなくて、人の行動にはそれぞれ個々の深い理由がある。  それこそ...

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない 堕ちたら・・・あがればいい

【 70 -13- 1ヶ月フリーパスポート=19 】 娘?「なにーこのジャージいいやん!どうしたん?」 妻「おとんが自分のんをユニクロで買ってきてん、990円がなんや知らんけど660円やったらしいで!」 娘?「安ぅぅぅ!なんであたしのも買ってきてれへんかったん!あたしジャー

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

- みんながいるから、頑張れる…のか!? - 映画の日です。 『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』を観てきちゃいました。 私は原作を読んでいるので「試写会にでも当たったら観てもいいかな」くらいに思っていたのですが、こう思っている作品に...

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

日曜は、TOHOシネマズ 船橋ららぽーとに映画観に行ってきた~。 今回観たのは「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」。まずタイトルが長いよ(^_^;)。リラックマ好きなローソンで

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

タイトルがとっても長いです(笑)原作読んでからの観賞ということになりました。映像的には、まぁこんなもんなんだろうなって感じはありますが、TVサイズで観られれば十分って感覚でした。かつて『電車男』ありきで、同じようなスレッドから注目集めて、本になってってこと

ブラック会社に勤めているんだが、もう俺は限界かもしれない 2009-54

長いタイトルの映画です。最近観た映画では、最長タイトルでしょう(^_^;) 監督が、キサラギの佐藤監督だって事で観に行った訳ですが、スマッ...

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

ま、ブラック会社っていう定義も、自分がなにをしたいかによるかと思うんだけど・・・ でも、まぁ楽しめそうだと思って「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない 」を金曜のレイトショーで鑑賞。 「UCとしまえん 」は、ほとんど人がいない^^; ...

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

 「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」を渋谷のシネクイントで見ました。  予告編で品川ヒロシがすごくいい感じを出していて、これは面白そうな映画だと思ったので、早速見に行ってきました(品川ヒロシが監督した「ドロップ」が思い出されます...

映画:ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

 なんでも友達の弟の会社がブラック会社っぽいらしい。そんなわけで見るつもりはなかったのですが、身近にそう言う人がいるんだと思うとちょっと気になり、ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれないを観てきました。

映画ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

原作は http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1195907887/ よ、読めないorz http://www30.atwiki.jp/blackmatome/ まとめサイト。 http://black-genkai.asmik-ace.co.jp/ 映...

『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』@シネクイント

ニート生活を送ってきた26歳のマ男は母親を亡くし、一念発起して情報処理の資格を取得する。不況のご時世の中、必死で就職活動をするものの試験に落ち続け、最終的にパスしたのはとんでもない問題企業だった。彼は初出社当日から当然のようにサービス残業をさせられ、その状

[映画『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』を観た]

☆面白かった^^  「電車男」的に<2ちゃんねる>で話題になった、コテハンによるスレッド・エピソードの映画化だそうだ。  内容は、タイトルから大体推察できる。  ・・・と、簡単には括っていけなくて、人の行動にはそれぞれ個々の深い理由がある。  それこそ...

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

2009/11/21公開 日本 101分監督:佐藤祐市出演:小池徹平、マイコ、池田鉄洋、田中圭、品川祐、森本レオ、田辺誠一みんながいるから、頑張れる…のか!?崖っぷちの今に最高の元気を贈る、実話から生まれたワーキング・エンタテインメントStory:高校を中退し、8年...

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

 『みんながいるから、 頑張れる…のか!? 崖っぷちの今に最高の元気を贈る、実話から生まれたワーキング・エンタテインメント』  コチラの「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」は、2ちゃんねるの書き込みから生まれた実話に基づくコメディで

【映画】ブラック会社に勤めているんだが、俺はもう限界かもしれない

<ブラック会社に勤めているんだが、もう俺は限界かもしれない を観ました> 製作:2009年アメリカ ランキング参加中 2ちゃんねるのスレッドから生まれた黒井勇人原作を映画化。監督は「キサラギ」の佐藤祐市氏。 主演を小池徹平が勤める。 気になっていた作品

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

作品情報 タイトル:ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない 制作:2009年・日本 監督:佐藤祐市 出演:小池徹平、マイコ、池田鉄洋、田中圭、品川祐、中村靖日、千葉雅子、須賀貴匡、森本レオ、田辺誠一 あらすじ:ニート生活を送ってきた26歳のマ

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

ま、ブラック会社っていう定義も、自分がなにをしたいかによるかと思うんだけど・・・ でも、まぁ楽しめそうだと思って「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない 」を金曜のレイトショーで鑑賞。 「UCとしまえん 」は、ほとんど人がいな...

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

巨大掲示板2ちゃんねるに書き込まれた実話を映画化。“ブラック会社”と呼ばれる問題企業で働く元ニートの青年が成長していく様子を描いた作品だ。主演は『ホームレス中学生』の小池徹平。共演に『カフーを待ちわびて』のマイコ、『激情版 エリートヤンキー三郎』の池田...

『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』

決して上質な作品とはいえませんが、それなりに印象に残る映画。IT業界の内幕を赤裸々に描いてくれたことは高く評価。

No.226 ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

【評価ポイント】 ☆をクリックしてこの映画の評価をお願いします(5段階評価) var OutbrainPermaLink='http://blog.livedoor.jp/z844tsco/archives/51781534.html';var OB_demoMode = false;var OBITm = "1221446538656";var OB_langJS ='http://widgets.outbrain.com/lan...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示