『バルフィ!人生に唄えば』 やったもん勝ちなんや!

バルフィ!人生に唄えば [Blu-ray] 【ネタバレ注意】

 現実の出来事を誇張しながら展開するテレビドラマ『アオイホノオ』、第8話に名言が飛び出した。

 「世の中、やったもん勝ちなんや!」

 自主制作アニメに、パワードスーツをはじめ古今東西のSF作品のキャラやメカを登場させようとする岡田トシオに対し、常識をわきまえた赤井タカミは「そんなこと勝手にやっちゃっていいんですか!?他人の作品ですよ」と意見する。
 だが、岡田トシオが返した言葉がこれだ。「世の中、やったもん勝ちなんや!」

 現実に、岡田斗司夫氏や赤井孝美氏らはパワードスーツやヤマトやイデオンが登場する何でもありのDAICON3オープニングアニメを1981年に発表した。
 他人の創造物を勝手に取り込むことの是非は、ここでは論じるまい。重要なのは、このアニメがSFファン、アニメファンに大きなインパクトを与え、アニメの歴史を変える画期となったことだ。

 アヌラーグ・バス監督の『バルフィ!人生に唄えば』は、過去の名作を取り込んだことで剽窃と非難された。
 たしかに本作は、劇中で数々の映画を再現している。
 主人公バルフィが引き戸に隠れるシーンは『チャップリンの冒険』の再現だし、バルフィが彫像のカバーの下で寝ているところは同じくチャップリンの『街の灯』だ。警官隊から逃げ回るシークエンスは『キートンの警官騒動』のままだし、さらに自転車に乗って逃げればジャッキー・チェンの『プロジェクトA』になる。ドアにぶつかって顔が歪んだり、人形と戯れるところは『雨に唄えば』でドナルド・オコナーが披露した名人芸だ。
 先人の偉業を取り込みながらクレジット一つないのはいかがなものか、と非難するのは判らないでもない。

 これに対してバス監督は、オマージュを捧げたかったんだと述べている。それが証拠に本作でチャールズ・チャップリンのポスターを映したと説明する。
 チャップリンのポスターを映したくらいで、上に挙げた数々の映画の再現をオマージュとして済ませるかどうかはともかく、これらの元ネタは映画史上極めて有名なシーンばかりであり、映画ファンなら多かれ少なかれ察しがつくに違いない。
 そして元ネタが判る人ならば、これが単なるご愛嬌だと感じるはずだ。
 なにしろバルフィ役のランビール・カプールの熱演にもかかわらず、チャップリンほど滑稽でもなければバスター・キートンほどの切れもなく、ジャッキー・チェンほどのアクションでもないしドナルド・オコナーの芸域にも達していないのだから。
 しかも『ロイドの要心無用』よろしく時計台に登るものだから、てっきりハロルド・ロイドのように時計の針にぶら下がってハラハラさせるのかと思いきや、にこやかに手を振るだけで何もしない。その見事な肩透かしには苦笑させられる。
 とどのつまり、本作の"オマージュ"シーンで実感するのは、先人たちの偉大さであり、その偉業はちょっとやそっとじゃ真似できないということだ。それでもチャレンジするランビール・カプールとアヌラーグ・バス監督が微笑ましい。

 そもそも本作はチャップリンやバスター・キートンやジャッキー・チェンの真似で笑わせたり楽しませたりする映画ではない。
 描かれるのは聾者の主人公と自閉症の少女の交流だ。
 だからこそ、音声のコミュニケーションよりも仕草、動作に重きを置いた作品になっており、そこからサイレント映画やアクション映画の面白さを援用した作りがなされている。
 だが、そのおどけた仕草や愉快なアクションは、本作において枝葉でしかない。本作の魅力は何と云っても個性的な登場人物であり、感動的な物語であり、ユーモア溢れる語り口なのだ。これは抜群に楽しくて愉快で、それでいて切ない映画である。
 剽窃との非難に対して、バス監督が「プロットと脚本とキャラクターとシチュエーションは独創的だ」と主張するだけのことはある。

 聾者が登場する映画は数々あれど、言葉を発さないからといってサイレント時代の動きを取り入れた映画を、寡聞にして私は知らない。
 それがチャップリンやキートンの真似かどうかという以前に、こんな映画を作ってみようという発想が面白い。そして、それを実践したからこそ本作は大ヒットし、高い評価を得られたのだ。
 まさしく「世の中、やったもん勝ち」だ。

 発想の面白さはそれだけではない。観客は映画のオープニングからニヤニヤさせられることだろう。
 本作は普通なら映画の終わりにクレジットする献辞やパートナー企業のロゴを頭に持ってきて、なかなか話がはじまらない。で、何をしているかというと、献辞等をクレジットしながら「♪映画がはじまるよ~、上映中は足を伸ばしちゃいけないよ~、静かに観なきゃいけないよ~」と面白おかしく鑑賞マナーを歌っているのだ。鑑賞マナーを本編映像に組み込んだ『謝罪の王様』に勝るとも劣らない洒落た注意喚起である。
 そんなところからもアヌラーグ・バス監督の映画への愛が、とりわけ映画を観るという行為が好きであろうことが伝わってくる。そこに共感できるから、本編での数々のオマージュも微笑ましく見てしまう。

 『バルフィ!人生に唄えば』には、こんな素敵なアイデアが最初から最後まで一杯に詰まっている。
 本作はバルフィという愉快な男の誕生から死までを描いた一代記でもあるし、ロマンチックなラブストーリーでもあるし、なんと誘拐事件を描いたミステリーでもある。
 その上、愛や人生や幸せについて考察し、その普遍的な結論に共感せずにはいられない映画だ。


 だが、私が一番感心したのは、聾者や自閉症の少女を取り上げながら、そこを主眼とするのではなくラブストーリーやミステリーを彩る登場人物として扱ったことだ。
 映画やテレビドラマではどうしても障碍そのものを主題にしがちだ。観客の多くにはそれが珍しくて特別なものだから、興味をかき立てるのにうってつけなのだろう。
 しかし、恋や冒険は誰にでも──障碍の有無に関係なく──訪れるものだ。それは誰にとっても大切な経験だろう。
 聾者や自閉症患者が、健常者に交じって恋のバトルを繰り広げる。耳が聞こえたり聞こえなかったり、喋れたり喋れなかったり、そんなことに意味はない。誰もが平等に恋のライバル。
 そんな作り手のスタンスに、一番感心したのだった。


バルフィ!人生に唄えば [Blu-ray]バルフィ!人生に唄えば』  [は行]
監督・制作・原案・脚本/アヌラーグ・バス
出演/ランビール・カプール プリヤンカー・チョープラ イリヤーナ・デクルーズ
日本公開/2014年8月22日
ジャンル/[ドラマ] [ロマンス] [コメディ]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : ロマンス映画
【genre : 映画

tag : アヌラーグ・バス ランビール・カプール プリヤンカー・チョープラ イリヤーナ・デクルーズ

⇒comment

No title

そうですね、誰にも訪れるテーマだったからこんなにも響きました。一本やられた感じです。もちろん、冒頭の映画鑑賞マナーはおしゃれ!ダージリンの鉄道もいい味出していたと思います。この映画について評論の類は一切読んでいませんが、ダージリンという場所といい、シュルティの父の職業、シュルティの結婚、警察、ジルミルの家柄、バルフィというなまえの訳、ばるふぃが生活のために始めた仕事などなど、インドの昔からのそして今も続くテーマが見て取れます。凄すぎます。それがバルフィーとジルミル、シュルティの愛できれいに覆い隠されている。満足度は200%でした。
また観にいくつもりです。上映館が増えてくれるといいな、と思っています。スタンリーはちょっとわかりづらかった(でも、最後のほうの場面はグッドでした)ですが、マダムが英語で苦労する映画、お弁当配達をめぐる映画といい今のインド映画は、佳境にはいったのかと思わせるほど楽しみ甲斐があります。

Re: No title

魚虎555さん、こんにちは。
そうなんです。この映画が凄いのは、世界が「点」じゃないことだと思います。
1本の映画に盛り込めることには限りがあるので、多くの映画は対象となる土地や階層や社会問題等をギューッと絞り込んで、その一点をきっちり描こうとします。
ところが本作はそうじゃないんですね。世界を見渡して目に入ったものをみんな映してしまう。にもかかわらず散漫にならず、一本筋の通った物語になっている。
見事だと思います。

『スタンリーのお弁当箱』は実験的な作品なのでいささか娯楽性に乏しいですが、そんな作品も生み出せる懐の深さがインド映画の魅力でしょうか。

No title

「バルフィー」、結局2回観ました。細かいところがわかってより落ち着いて観られましたが、それでも劇場が明るくなってもなかなか椅子から立ち上がれませんでした。あくまで娯楽作品で明るいものならという条件ですが、インド映画はこれと「きっとうまくいく」の2本のDVDもてば他はいらないと思ってます。『スタンリーのお弁当箱」はあの愛くるしい少年の境遇がああやって明かされるとは。ただあの食いしん坊先生はなんだったのか、ちょっと今でも苦笑します(笑)。

Re: No title

魚虎555さん、こんにちは。
あまりインド映画は観ていませんが、インド映画という枠を突き抜けて『きっと、うまくいく』と本作は格別です。
本作は意図的に時系列を乱した作りにしているので、2回目以降の方が判り易いかもしれませんね。時系列どおりに脚本を書いても面白くなかったんだと監督は云ってます。

『スタンリーのお弁当箱』。
学校の制服が貧富の差を隠すためにあることを、この映画を機に認識しました。
映画の撮影であることを知らない子供たちの表情がいいですね。

監督の意図も

経緯も、オマージュ云々もさっぱり知らずに拝見しましたが、私には、チャップリンが見えてきました。
それも下手なチャップリンじゃなく、チャップリンみたいになってしまった男って感じかな。
よかったっすよ。
まなざしがよかった。

冒頭のロゴの連続は、いかにもインドっぽいです。

Re: 監督の意図も

sakuraiさん、こんにちは。
返信が遅くなり申し訳ありません。

チャップリンはいいですね!
記事本文ではいろいろな過去作に触れましたが、とりわけチャップリンを思い出すのはもっともだと思います。
人物像が、無声映画でチャップリンの演じたキャラクターに近いんですよね。職が無く、警察官を見るとおちょくらずにはいられない(ジルミルと暮らすバルフィは、ポスター貼りで稼いでいましたが)。
本作を観るだけだと、なぜバルフィがあんなにいたずら者で犯罪行為(銀行強盗とか誘拐とか)までしてしまうのか判りにくいのですが、経済格差の底辺でしぶとく生き抜き、権威・権力には反発せずにいられないチャップリンのキャラクターを重ねると、何だか納得してしまいます。

冒頭のマナー喚起の歌は世界中で採用して欲しいです:-)
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バルフィ! 人生に唄えば 【劇場で鑑賞】

インド版アカデミー賞で作品賞を受賞したという 映画『バルフィ! 人生に唄えば』が公開されました ので観に行ってきました。 バルフィ! 人生に唄えば 原題:BARFI! 製作:2012インド 作品紹介 耳が聞こえず口が利けないながらも、明るく生きる 主人公が2人の女性の…

バルフィ! 人生に唄えば

インド・コルタカ。 1978年、富も名誉もある男と結婚し何不自由ない生活を送っていたシュルティは、6年前に別れた男バルフィが、銀行強盗と誘拐容疑で逮捕されたと聞かされる。 バルフィは生まれつき耳と口が不自由で貧しい暮らしをしていたが、臆することなく裕福な家の娘であるシュルティにアタックし、二人はすぐに恋に落ちたのだった…。 ラブ・ストーリー。 ≪君の声が聞こえなくても、愛の言葉を囁けなくても...

バルフィ! 人生に唄えば

バルフィ! 人生に唄えば@TOHOシネマズシャンテ

「バルフィ!人生に唄えば」

 (原題:Barfee! )過去の有名映画からの引用こそ多いが、それが単なる“拝借”ではなく、作劇のモチーフとして上手く機能させていることに感心した。インド映画の洗練度を確かめる上でも、見逃せない作品である。  70年代後半、ダージリン地方で生まれ育った青年バ...

バルフィ! 人生に唄えば/ランビール・カプール

耳が聞こえず言葉を話すことも出来ない天真爛漫な青年が出会った二人の女性の人生を好転させ生きる喜びを取り戻していく姿を描いたインド発のヒューマンドラマ・ムービーです。な ...

バルフィ! 人生に唄えば

 予告編からは想像もつかないような内容のうえ、脚本がよく練られているのにびっくり。主演3人の演技も魅力的で、「インド映画あなどるべからず」ということを実感させられました。  作品情報 2011年インド映画 監督:アヌラーグ・バス 出演:ランビール・カプール…

バルフィ! 人生に唄えば

★ネタバレ注意★  今年の夏は雨ばかり降るせいか、比較的涼しくて過ごしやすい印象です。  少なくとも去年みたく、35度とか36度とか、体温かっ! って気温にはならないので、今季はまだ2日ほどしかクーラーつけてません。別に我慢してるわけじゃなくて、30度ぐらいだと涼しいと感じるし、29度とかの日は肌寒いと思ってしまうんだけど、心頭滅却してるから火もまた涼しいのかしら、それとも自律神...

『バルフィ!人生に唄えば』をトーホーシネマズシャンテ3で観て、この映画を好きになれない理由★★

五つ星評価で【★★おでは社畜だったのだ】   恋愛映画なのだが、感情移入の主体である聾唖の主人公をどうも好きになれない。 多分、彼と自分との間に隔たりがあるのだろう。 ...

バルフィ!

 『バルフィ! 人生に唄えば』を日比谷のTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)このところインド映画を見ていないなと思い映画館に行ってきました。  本作(注1)の主人公は、生まれつきの聾唖者のバルフィ(ランビール・カプール)。  そのバルフィが、3ヶ月後...

バルフィ!人生に唄えば

2014年9月6日(土) 15:00~ TOHOシネマズシャンテ3 料金:0円(シネマイレージカード ポイント利用) パンフレット:未確認 強盗と誘拐未遂はイカンだろう。 『バルフィ!人生に唄えば』公式サイト ろう者の青年が主人公。婚約者のいる美人学生を執拗に追いかけると、なんと相思相愛になってしまった。 が、結局金持ちの婚約者と結婚する美人。 次に、オヤジの奉公先の金持ちの娘(自閉...

No.451 バルフィ!人生に唄えば

聴覚に障害をもつ純粋な青年バルフィと、彼との出会いを通じて人生を大きく変化させていく2人の女性の姿を描いたドラマ。生まれつき耳が聞こえず、話すこともできないが、まなざし ...

バルフィ! 人生に唄えば

バスター・キートンか、チャップリンか!

バルフィ!人生に唄えば

バルフィ! 人生に唄えば '12:インド ◆原題:BARFI! ◆監督:アヌラーグ・バス ◆出演:ランビール・カプール、プリヤンカー・チョープラー、イリヤーナー・デクルーズ、サウラブ・シュクラ ◆STORY◆生まれつき、耳が聞こえず、話せないバルフィ(ランビール・カプー...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示