『紀元前1万年』から不幸になった?

 【ネタバレ注意】

 華麗な挿絵で世界中にファンを持つ武部本一郎画伯。
 その絵の中から抜け出したような可憐さが、カミーラ・ベル演じるヒロインにはあった。
 まるでエドガー・ライス・バローズの代表作『火星のプリンセス』のヒロイン、デジャー・ソリスのようであった。

 『紀元前1万年』という作品そのものも、エドガー・ライス・バローズの小説『時間に忘れられた国』やペルシダーシリーズを映像化したかのようだ。
 いずれも過去に映画化されているのだが、それらよりもバローズらしい野蛮人賛歌になっている。
 文明への批判・懐疑心と、野性味あふれる生活が持つ力強さは、ターザンシリーズをはじめとしてE・R・バローズが繰り返し描いてきたものだ。

 特に、敵の帝国を倒すために、多くの部族が集結してくる場面など、E・R・バローズのファンなら懐かしさに感極まることだろう。
 文明を体現する暴君が、嘘のベールに隠れ、民衆を恐怖で支配していながら、正義のために立ち上がった野蛮人の前ではあまりにも無力なところなど、バローズ作品に見られる究極の野蛮人賛歌である。
 その無力さが物足りないという向きもあろうが、「文明」は人類の浅知恵が作り出した口先だけのものであるという風刺性を前面に出すためには、避けられない展開であった。

 ローランド・エメリッヒ監督がE・R・バローズのファンかどうかは知らないけれど、野蛮人モノの王道を良く理解しているのは確かである。


 しかし、雄々しき野蛮人たちも、ラストにおいて禁断の実に手を出してしまう。

 部族が二度と飢えなくなる秘密が、穀物の種を手に入れることなのは、『アンデス少年ペペロの冒険』を想わせて、懐かしい味わいである。
 しかし、狩猟採集の生活を捨てて、穀物を育てる定住生活に移行することが幸せとは限らない。
 否、農耕中心の生活は、肉体的にも精神的にも狩猟採集生活より劣ると云われている。

 下に、石井 彰氏による狩猟採集生活についての記事を引用しておこう。

---
 実は、数十万年に及ぶ人類史(人類の定義によって長さは大幅に異なってくるが)の99%を占めていた狩猟採集時代の生活水準は、何と産業革命前の大半の農民の生活水準よりずっと良く、現代の先進国の水準により近かったというのが人類学の通説である。
(略)
人類学調査や、考古学的な様々な証拠から、狩猟採集民の方が、周辺の農耕民や遊牧民よりも栄養状態や体格が良く、より健康で平均寿命も長く、かつ精神的にも健全で、労働時間はずっと短くて余暇生活はより長く充実しているということが判明している。

 まず、狩猟採集民は果物・木の実やイモ類などバラエティに富んだ採集食料に加えて、様々な動物、魚介類など狩猟食料という栄養価が高い様々な旬の食料を常食にしている。人口密度が低ければ、これらの狩猟採集にかかるのは、1日数時間のみであり、残りの大半の時間は遊戯・儀式・おしゃべり・休息に充てている。
(略)
 産業革命前の農民は自ら栽培した同じ穀物ばかり食べざるを得なく、栄養的に偏っていて味覚的にも貧しく、労働時間もはるかに長い。人口密度が高く定住しているので、人間や家畜の排泄物や農業廃棄物、肥料などに取り囲まれる不潔な環境に閉じ込められ、移動による気分転換もできず、集団内の上下関係も厳しく精神的にも不安定である。
---

 農耕をベースに定住生活を始めた野蛮人たちは、やがて「階級」や「財産」といった概念を生み出し、「文明」を築いてしまうのだ。


紀元前1万年 [Blu-ray]紀元前1万年』  [か行]
監督・脚本・制作/ローランド・エメリッヒ  脚本/ハラルド・クローサー
出演/スティーヴン・ストレイト カミーラ・ベル  ナレーター/オマー・シャリフ
日本公開/2008年4月26日
ジャンル/[アドベンチャー] [SF]

映画ブログ ブログパーツ

【theme : 特撮・SF・ファンタジー映画
【genre : 映画

tag : ローランド・エメリッヒ スティーヴン・ストレイト カミーラ・ベル オマー・シャリフ

⇒comment

Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

紀元前1万年

 『誰も見たことのない世界は、「過去」にあった。』  コチラの「紀元前1万年」は、タイトル通り紀元前1万年を舞台に繰り広げられる4/26公開のアドベンチャー映画なのですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ~♪  監督は、「インディペンデンス・デイ」、「GODZILLA/

紀元前1万年 観てきました。

 仕事のピークがとりあえず過ぎ、そうは言ってもやらなくてはいけないことが山のように溜まっていますが、とりあえず一段落。と言うわけで今回は紀元前1万年を観てきました。

映画 「紀元前1万年」

映画 「紀元前1万年」 を観ました。

紀元前1万年

紀元前1万年。マンモス狩りを生業とする部族の青年デレーは、一人でマンモスを仕留めた功績を讃えられ部族の長となり、愛する女性エバレットと結ばれた。しかしその夜、部族は謎の集団の襲撃を受け、エバレットと多数の仲間達が連れ去られてしまう。デレーはエバレット達...

紀元前1万年/スティーヴン・ストレイト

この映画について特に下調べなどもしてるわけでもないし意識もしてなかったのに日本での公開を前にして、いっぱい不評の声を耳にしてしまい、違う意味での興味が強くなっちゃいました。予告編を観た感じでは超大作って雰囲気なんですけどね? 出演はその他に、カミーラ...

紀元前1万年

人間よりマンモスを見せて下さい。  

紀元前1万年

ァレだ。はじめ人間ギャートルズ実写版(違) 紀元前1万年 特別版posted with amazlet at 08.07.13ワーナー・ホーム・ビデオ (2008-09-10)売り上げランキング:...

紀元前1万年

【10,000 B.C.】2008/04/26公開(04/29鑑賞)製作国:アメリカ/ニュージーランド監督:ローランド・エメリッヒ製作・脚本:ローランド・エメリッヒ他出演:スティーヴン・ストレイト、カミーラ・ベル、クリフ・カーティス誰も見たことのない世界は、「過去」にあった。

紀元前1万年

2008年5月10日(土) 17:05~ 丸の内ピカデリー1 料金:1250円(有楽町の金券屋チケットフナキで前売り購入) パンフレット:600円 『紀元前1万年』公式サイト 大味監督ローランド・エメリッヒ先生の新作は、紀元前1万年が舞台の「アポカリプト」みたいな話。 フィ...

「紀元前1万年」

ローランド・エメリッヒの最新作。 「インデペンデンス・デイ」で大統領に戦闘機を操縦させ、「デイ・アフター・トゥモロー」では、息子のために極寒の中を父親にNYまで歩かせたりと、かなり無茶なことをさせてきました。今作では「はじめ人間 ギャートルズ」の世界を

『紀元前1万年』

長年パートナーを組んできたディーン・デブリンとの決別という悲しみを前作『デイ・アフター・トゥモロー』では氷河期という映像で表現したローランド・エメリッヒ監督。果たしてエメリッヒ監督はまだディーン・デブリンに未練が残っているのだろうか?そんなことを確かめ...

紀元前1万年・・・・・評価額1200円

「紀元前1万年」というタイトルから想像した作品と、全く違っていた。 有史以前の人類の世界をリアルに再現した作品と言うと、ジャン・ジャ...

紀元前1万年

紀元前1万年って いったいどんな時代なのか あんまり想像できないんだけど・・・ 予告編みたら、マンモスとか出てて、 なんか面白そうでしたが、 ストーリーは、 ちょっと思った感じとは 違っていました! 紀元前1万年、若者デレー(スティーヴン・ストレイト)

『紀元前1万年』

JUGEMテーマ:映画 制作年:2008年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:109分  原題:10,000 B.C.  配給:ワーナー・ホーム・ビデオ  監督:ローランド・エメリッヒ  主演:スティーヴン・ストレイト       カミーラ・ベル   ...

「紀元前1万年」

「紀元前1万年」、観ました。 え~と、ティーン映画ぐらいの感じの作品です。 紀元前1万年が時代の話だと思っていくとアウトです。お話...

『紀元前1万年』

【10,000 B.C.】 2008年/米・ニュージーランド/ワーナー/109分 【オフィシャルサイト】 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:スティーヴン・ストレイト、カミーラ・ベル、オマー・シャリフ、クリフ・カーティス

「紀元前1万年」

「紀元前1万年」試写会ニッショーホールで鑑賞 私の想像する紀元前1万年という時代の雰囲気とはだいぶ違っていたなあ。 ということで、スケールはデカイ、お金もたくさんかかっている、しかし、目新しいと思うところは何もなし。 なんだかね、時代の古さをこれっぽ...

紀元前1万年 (試写会にて)

誰も見たことのない世界は、それは「未来」ではなく、「過去」にあった。それも紀元前一万年。地球時間をさかのぼる驚くべき大スケール、マンモスの毛筋一本までをよみがえらせる最新のCG技術。 時は紀元前1万年。予言と神々の時代。人も動物も自然のままに生き、精霊....

127「紀元前1万年」(アメリカ)

これが最初のヒーローか  巨大な?獣の王?マンモスが大地を揺るがしていた時代。山奥の狩猟部族に住むデレーは、不思議な運命を持つ少女エバレットと出会い、惹かれあう。若きリーダーとして成長したデレーは、エバレットと結ばれようとしていた。  しかしある日、正体...

73●紀元前1万年

何を考えたのか、てっきり馬鹿映画かと思って見に行ってしまって、ちょっとガッカリ。
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示