『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 面白さの秘密

 娯楽映画や娯楽小説は、私たちを心地好く現実逃避させてくれる。
 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の痛快な面白さの根底にあるのも、虫がいい現実逃避である。
 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の原作は日本の小説『All You Need Is Kill』。"kill"というネガティブな言葉を避けるため原題は『Edge of Tomorrow』に変えられたが、邦題は日本での知名度を活かすためでもあろう、原作の題名をカタカナ表記にしている。

 「このじつにユニークな"タイムループ"というコンセプトに僕は夢中になった」とダグ・リーマン監督は語る。
 しかし、同じ時間を繰り返す「ループもの」と呼ばれる作品は数多い。たとえば、楽しい時間をいつまでも繰り返す『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』や、絶望的な状況で戦いを繰り返す『魔法少女まどか☆マギカ』が挙げられよう。
 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』も後者と同様に、果てしない戦いを繰り返す物語だ。

 本作の構造はシンプルだ。
 トム・クルーズ演じるウィリアム・ケイジ少佐は、これまで広報しか担当しておらず戦闘能力ゼロ。地球外生物との戦いの最前線に送られて、あっさり戦死してしまう。気が付くと出撃の前日に戻っていた彼は、勝利を目指して戦いを繰り返す。
 これだけのコンセプトだが、映画は滅法面白い。

 「ループもの」の常として、主人公は前のループの経験を活かしながら少しずつ前進していく。彼はヘリがどこに墜ちるかも知っているし、敵がどこに出現するかも知っているから、同じ轍を踏まないように行動できるのだ。
 中盤には、同じくトム・クルーズが主演した『マイノリティ・リポート』の主人公が予知能力者と逃避行する場面を思わせる展開もあり、ニヤリとさせられる。
 元の時間に戻るきっかけは、主人公の死だ。彼が死ぬだけでなく、毎度々々ヒロインの死にも遭遇する戦いは苛烈きわまりない。
 それでも本作が楽しいのは、凡人が優越感に浸れる物語になっているからだろう。

 同じ時間を繰り返すリフレインプレイヤーである主人公は、これから起きることを知っている。失敗をしでかすことも、どう立ち回れば避けられるのかも知っている。
 人はこれから何が起きるか判らないから将来を心配し、不安にさいなまれる。でも周りの人が知らない中で自分一人が知っていたら、こんないかした立場はない。気持ちのいいシチュエーションだろう。
 もしも明日の試験問題に何が出題されるかを自分だけが知っていたらどうだろう。試験に合格するかどうか不安に思うことはない。みんなが出題されないところを勉強しているあいだに、自分は確実に試験に出る箇所に集中して勉強できる。みんなに出題内容を教えて上げれば、感謝されるかもしれない。
 「ループもの」の根底には、みんなにとっては不確かな未来を自分だけが知っている優越感、自分だけはやり直せる優越感があると思う。

 もちろん過酷な戦いの中で、本作の主人公は優越感を覚えるどころではない。
 しかし、自分が戦いを終わらせねばという悲壮感を抱けるのも、リフレインプレイヤーの特権だ。

 しかも何度でもやり直せるから、ますます未来を確かなものにできる。
 試験に不合格だったら、また受ければいい。どんな難問でも、事前の勉強と受験とを何十回も繰り返せば解けないはずはない。
 戦闘能力ゼロだった本作の主人公も、ループの中で特訓を続け、遂には誰もが一目置くほど優秀な兵士になる。
 たとえ訓練しても、リセットで過去に戻ったら肉体的な習熟や技能は失われるんじゃないかとか、細かいことが気にならないではないが、ここで重要なのは他の人が一日を過ごすあいだに主人公が数十日分、いや数百日分の鍛錬を積み、他者を引き離せるということだ。
 クリプトン星の生まれじゃなくても、超兵器を発明する天才じゃなくても、いかに凡人であろうとも他者の数百倍の鍛錬ができれば優れた成果を出せるはずだ。ループに巻き込まれたおかげで、特別なものを持たない凡人が他者より優位に立てるのだ。

 加えて、この状況は自分が望んだものではない。自分はループ地獄に巻き込まれた被害者だ。
 そんな被害者意識を抱きつつ、他者より圧倒的な優位に立てる物語なのだから、「ループもの」に人気があるのもうなずける。
 大多数の観客は戦場に出たことなどないから、戦闘経験のない主人公に自分を重ねやすい。通常なら観客だけに許されるはずの神の視点を主人公が持っている点でも、観客は同化しやすい。そして「ループもの」の特性が<主人公=観客>に優越感を味わわせ、スリルとサスペンスとアクションが時間を忘れさせる。

 多くの人が娯楽映画を観るのは、苦悩するためではない。
 人は心地好い時を過ごし、爽快な気分を味わうために映画館へ足を運ぶ。
 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は、そんな私たちの望みを存分に叶えてくれる。


【Amazon.co.jp限定】オール・ユー・ニード・イズ・キル 3D & 2D ブルーレイセット スチールブック仕様(完全数量限定/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]オール・ユー・ニード・イズ・キル』  [あ行]
監督/ダグ・リーマン(ダグ・ライマン)
出演/トム・クルーズ エミリー・ブラント ビル・パクストン ブレンダン・グリーソン ノア・テイラー キック・ガリー 羽田昌義
日本公開/2014年7月4日(2014年6月28日先行上映)
ジャンル/[SF] [アクション]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 特撮・SF・ファンタジー映画
【genre : 映画

tag : ダグ・リーマン ダグ・ライマン トム・クルーズ エミリー・ブラント ビル・パクストン ブレンダン・グリーソン ノア・テイラー キック・ガリー 羽田昌義

⇒comment

TBどうもです

あ~確かに、ループを知らない周りの人にとってみれば、ケイジさんは『マイノリティリポート』ですよねw

ループに優越感か~・・・(^_^;)なんか、そういうものは考えたことなかったけれど、テレビゲームなんかも安全な世界の外側で、安心して危ないことを繰り返し出来るから、現実を忘れて楽しいんでしょうね。別にマリオやクリボーに対して優越感を覚えたことはないですがw

Re: TBどうもです

ゴーダイさん、こんにちは。

> 別にマリオやクリボーに対して優越感を覚えたことはないですがw

そうそう、そこがミソだと思うんですね!
ステージをクリアできるまでリセットを繰り返す本作は米国でもゲームとの対比で語られるようですが、じゃあゲームをすればいいじゃないか、とならないのは、やっぱり映画とゲームの違いがあるからだと思います。
私も、RPGで再訪した町の住人が前回と同じことを喋っても優越感は覚えません。お前の喋ることはお見通しだぞ、とは思わない(^^;
でも現実の生活で他人の喋ることが先読みできたら、これは面白いでしょう。そういう人間の感情や、対人関係から生まれる機微を描ける点が映画の魅力なんだろうと思います。

本作のプロダクション・ノートには、こんな記述があります。
---
クルーズも、本作の一方通行の関係を演じるのは興味深かったと言う。「ケイジはリタを大切に思い始めるが、彼女のほうはそれに報いることができない。彼女にとっては、いつも単なる一日にすぎないからだ。その要素によって、ふたりの結びつきに深いひだが加わったので、そこを探っていくのがとても楽しかったよ」
---

プロットはゲーム同様でも、映画の面白さは別のところにある。それを作り手が判っているから、本作に引き込まれるんでしょうね。

こんばんは

私はこれ、アクションゲームの面白さの構造をそのまま移植したのが勝利の要因と観ています。
ほとんど初めてやるアクションゲームのプレイヤーになった気分で観ていました。
最初は上手くいかないけど、段々と上手くなっていって、ステージを突破する高揚感なんかもまんま再現されていましたし。
トムの情けないキャラも良い具合でした。

Re: こんばんは

ノラネコさん、こんにちは。
まさしくゲームを移植したような映画ですね。
ステージを上手くクリアできるまでリセットし続ければいいけれど、対ラスボス戦ではセーブポイントがないぞって、まんまゲームですね。
情けないトムがゲームのキャラクターなら、ゲームの設定を知っていてリセットの判断をするリタはプレイヤーでしょうか。

ただ、私が本文中でゲームについて触れなかったのは、ゲームの構造を移植しただけでは必ずしも面白い映画にならないと思うからです。
私見ですが、ゲームと映画だったら、私はゲームの方が面白いと思います。ゲームでは自分自身がゲーム内の当事者になって思う存分行動できますが、映画は他人が演じる動きを傍から眺めることしかできません。だから、関わり方が全然違います。寝食を忘れてゲームすることはあっても、寝食を忘れて映画を観ることはありません。というか、疲れてヘトヘトの状態でオールナイト興行に行ったら爆睡してしまいます:-)
ゲームのような映画を観るくらいならゲームをすれば良いわけですが、そうはさせずにいかにして映画を観て良かったと思わせるかが映画の作り手の腕の見せどころなんだと思います。

その点、本作はなかなか巧くやったのではないでしょうか。
キャラクターであるトムが、プレイヤーであるリタの思惑を外れだすあたりから、ますます面白くなったように思います。

こんにちは。

原作をトム・クルーズ仕様に上手くアレンジしてあるな~と思いました。
途中、色々な人物の描写がある点では文庫は楽しいのですが、
結末はこちらの作品の方が好みです。

先日行った某アーティストが、
人はどこか満たされないものがあって、その隙間を満たすのがエンタメだとおっしゃっていました。
私は満たされない部分というより、より満たされた思いを感じたいからのエンタメだと思いますので、…。
>人は心地好い時を過ごし、爽快な気分を味わうために映画館へ足を運ぶ。
とっても共感致します。
いい作品がこれからも公開してもらえると、嬉しいです。

Re: こんにちは。

みぃみさん、こんにちは。
パスカルは「人生とは暇潰しである」と云ってますからね。
一番の娯楽は食事でしょうが、二時間くらいで物語を味わえる映画という娯楽は現実逃避にもうってつけだと思います。

原作は未読なのですが、原作の主人公は初年兵なんですよね。
五十過ぎのトム・クルーズを初年兵役にキャスティングするなんて普通は無理だと思うでしょうが、本作では戦闘経験のない広報担当が司令官を激怒させたために最前線に送られて……と設定にすることで、五十過ぎの初年兵を実現しました。
こういうアレンジの巧さも楽しいですね。

No title

ともかく何回も何回もやり直しをするのに、1回のやり直しに5秒もかけないとかいった省略がステキでした。どうしても同じことをそこそこ綿密に再現したくなっちゃうんですが、その辺が適当なところが気持ちよかったです。

Re: No title

ふじき78さん、こんにちは。
ですね。なので、これはコメディなんですよね。
私は、主人公がトラックの下敷きになっちゃって「なんてアホなんだ」と云われるシーンが好きです。

リタの

二の腕に、あたしも鍛えよう!!とひそかに決意しましたが、ヒロインへの言及が珍しく(?)ないような。。。
せっせと毎日アプローチしないとならないのも大変!
「50回目のファーストキス」という記憶障害の映画を思い出しました、そういや。

Re: リタの

sakuraiさん、こんにちは。
最強戦士のリタ役にエミリー・ブラントとは、ちょっと意外な配役ですね。
ちゃんと最強に見えるから映画って不思議です。

同じことを繰り返して少しずつ成功していくってのは、なによりも忍耐強さが求められますね。
私には無理だな。ゲームも数回死ぬと放り出しちゃうし(^^;
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オール・ユー・ニード・イズ・キル

 「面白い度☆☆☆☆ 好き度☆☆」  戦ったよ。誰よりも多くね。  かつて「ニンテンドー・ウォー」と呼ばれた戦争があった。任天堂が他のゲーム会社と戦ったことではない。ファ

オール・ユー・ニード・イズ・キル

広報担当の将校が地球外生物との最終決戦の場に突然放り込まれて、同じ行動を繰り返していることに気がつく。人間側の葛藤は丁寧に描かれているのに、侵略者はまるで機械みたいだ。この映画の主要テーマは人間の学習能力の向上なのか。

劇場鑑賞「ALL YOU NEED IS KILL オール・ユー・ニード・イズ・キル」

ループの先にあるものを目指して… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406290000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】All you need is kill [ 桜坂洋 ]価格:626円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】All You Need...

映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル(2D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画 『オール・ユー・ニード・イズ・キル(2D・字幕版)』 (公式)を本日、先行上映にて劇場鑑賞。採点はちょっと緩めで、 ★★★★ ☆ (5点満点で3点)。100点満点なら70点にします。なお、桜坂洋氏の原作ライトノベル『All You Need Is Kill』は未読。 ざっくりストーリー 謎の地球外生物「ギタイ」の侵略で滅亡寸前...

オール・ユー・ニード・イズ・キル

試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 一匹の敵を倒したトムさんは、死ぬと同じ

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」みた。

先行で鑑賞。日本の桜坂洋氏のSFライトノベル『All You Need Is Kill』(未読)を原作にした映画ということで、そう思うとソレっぽく感じてしまう既知感はあったかも。本当はカナリ悲惨な状況

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (2014) / アメリカ

原題: Edge of Tomorrow 監督: ダグ・リーマン 出演: トム・クルーズ 、エミリー・ブラント 試写会場: ワーナー・ブラザース試写室 公式サイトはこちら。(2014年7月4日公開) ある日、決死の任務に就くことになったウィリアム・ケイジ少佐は、本格的な戦闘が...

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (2014)

ライトでヘビーな優良SF戦記ではあるのだが…?! タイムループをモチーフに奥深いテーマ性を示す戦争アクションに成りえた筈が、なんともはや惜しい逸品であった。 本作の原作は、桜坂洋による日本産ライトノベル。日本でも一般的な知名度が高いとはいえない当作が、太...

オール・ユー・ニード・イズ・キル

評価:★★★★☆【4,5点】(11) エミリー・ブラント演じるリタのキャラに魅了されっぱなし!(笑)

オール・ユー・ニード・イズ・キル・・・・・評価額1650円

勇者さまが、できるまで。 地球が、突如として未知のエイリアンの侵略を受けた近未来。 戦闘中に戦死したはずの主人公は、目覚めるとその前日に時間が巻き戻っている事に気付く。 そして延々と繰り返される、同じ一日の覚醒と死。 なぜ彼は、時空の無限ループに陥ったのか? やがて絶望的な戦いの中で、強大なエイリアンの秘密を解き明かした主人公は、自分が人類を救う事の出来るただ一人の存在であるこ...

映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」感想

桜坂洋によるライトノベル「All You Need Is Kill」原作の映画として話題に。 ヘタレな主人公がヒロインと出会い、色々あって強くなって、落ちこぼれ仲間の協力を得て世界を救ってしまい、すべてはメデタシメデタシという内容に、戦争、軍隊、パワードスーツ、宇宙生物、タイムリープ等、ネタを盛り沢山に突っ込んで。 厨二な内容でも、本気の映画人が本気で映画を作ればここまで...

オール・ユー・ニード・イズ・キル

結局、何回死んだのかな?

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 2014年6月28日 TOHOシネマズ日本橋

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 を鑑賞しました。 トム・クルーズの来日から覚めやらぬうちの先行上映はだから 客入りはまずまずでした。 が、なぜか、おっさんばっかり! 日本橋がどうなのか いや、周りは女性のが全体的には多かったが、映画の内容なんでしょうね。 意外でビックリでした 【ストーリー】  近未来の地球。侵略者の激しい攻撃に、人類の軍事力ではもはや太刀打ちできなくなっていた。対...

オール・ユー・ニード・イズ・キル

謎の侵略者“キタイ”の攻撃で滅亡寸前になった近未来の地球。 米軍のメディア担当で戦闘経験ゼロのウィリアム・ケイジ少佐は、将軍の命令に背いたため前線に送り込まれ、あっけなく命を落としてしまう。 意識を取り戻したケイジは、自分が不可解なタイムループの世界にいて、何度も戦闘と戦死を繰り返していることに気づく。 特殊部隊の女性兵士リタ・ヴラタスキと共に戦いを繰り返す度に、ケイジの戦闘技術は磨き上げら...

オール・ユー・ニード・イズ・キル★★★★.5

作家・桜坂洋のライトノベルを、トム・クルーズ主演で映画化したSFアクション。近未来の地球を舞台に、ある兵士が戦闘と死をループしながら、幾度も戦闘するうちに技術を身に付けていくさまを描く。監督は、『ボーン・アイデンティティー』『Mr.&Mrs. スミス』などのダグ...

オール・ユー・ニード・イズ・キル 3D

日本人のライトノベルが原作、トムちん最新作『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を3Dで観てきました。 ★★★★★ 凄く良くできたタイムループ映画。 トムちん演じる主人公は軍の少佐だけれど、広報一本でここまで来て戦闘に関しては全くの素人という設定。 この映画の世...

オール・ユー・ニード・イズ・キル/EDGE OF TOMORROW

日本の桜坂洋のライトノベル(同名)が原作。 主演、トムちん。(原作若い男だけど、、、) 監督は、「ボーン・アイデンティティー」(つまらん)、「Mr.&Mrs. スミス」(ブラピとアンジー夫婦になる前の夫婦喧嘩)、 「ジャンパー」(まぁまぁ)などのダグ・...

オール・ユー・ニード・イズ・キル

原作は桜坂洋作の小説All You Need Is Kill。 ハリウッドで映画化、世界公開です。 主演はトム・クルーズ。 主人公ケイジを演じます。 共演は戦場の女神、 リタを演じるエミリー・ブラント。 宇宙からの侵略者ギダイとの戦闘の中で 滅亡寸前の地球を救うため、 戦...

オール・ユー・ニード・イズ・キル

近未来の地球。 謎の侵略者“ギタイ”の攻撃によって、人類は滅亡寸前にまで追い込まれていた。 軍の広報担当として危険を遠ざけてきたウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は、一兵卒として最前線へと送られてしまう。 戦闘スキルゼロのケイジは、強大な敵を前にあっけなく命を落とすが、次の瞬間、目を覚ますと、出撃前日へと戻っていた。 再び出撃しては、少しずつ状況が変わりながら戦死す...

オール・ユー・ニード・イズ・キル

オール・ユー・ニード・イズ・キル@TOHOシネマズ日本橋

オール・ユー・ニード・イズ・キル

今朝は、曇りがちな天候でしたが・・・

[映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を観た(寸評)]

☆これまで何度も語っていることだけど、私は、時間ループネタの小説を書いたことがある。  世に色んな時間ループ題材の作品があり、最近では「まどか☆マギカ」が心に残っているが、この『オール・ユー・ニード・イズ・キル』も、きっちりと作り上げられた傑作と言えよう...

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

□作品オフィシャルサイト 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 □監督 ダグ・リーマン□脚本 クリストファー・マッカリー、ジェズ・バターワース、ジョン=ヘンリー・バターワース□原作 桜坂洋□キャスト トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ブレンダン・グリー...

オール・ユー・ニード・イズ・キル / Edge of Tomorrow

日本作家桜坂洋のSFライトノベル「All You Need Is Kill」をハリウッドで映画化。原作は読んでいないので、原作との際は示せません。一部には、『原作』ではなく『原案』との表記もあるので、結構ストーリーが違うのかもしれませんね。 SF作品としては、なかなか面白いの...

オール・ユー・ニード・イズ・キル

【EDGE OF TOMORROW】 2014/07/04公開 アメリカ 113分監督:ダグ・ライマン出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン 、ジョナス・アームストロング、トニー・ウェイ、キック・ガリー、フランツ・ドラメー、ドラゴミール・ム...

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

良くも悪くもライトノベル原作。独特の世界観とキャラクターは面白いが、伏線のない物語は何も印象に残らない。 桜坂洋先生の原作をハリウッドが実写映画化したことで大いに話題 ...

映画:「ALL YOU NEED IS KILL」♪。

平成26年7月1日(火)。 映画:「ALL YOU NEED IS KILL」。 監  督:ダグ・リーマン 原  案:桜坂洋 美  術:オリヴァー・スコール 音  楽:クリストフ・ベック 編  集:ジェームズ・ハーバート キャスト: ウィリアム・ケ…

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

近未来。地球は謎の侵略者からの攻撃を受け、そのあまりの戦闘力の高さに人類はなすすべもなかった。ウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は決死の任務にあたるが、敵にダメージを負わせることなく戦死。しかし気付くと時は出撃前に戻っていた。少佐はタイムループに...

[映画][☆☆☆★★]「オール・ユー・ニード・イズ・キル」感想

 桜坂洋原作のライトノベル「All You Need Is Kill」を、「ジェイソン・ボーン」シリーズのダグ・リーマン監督、トム・クルーズ主演で映画化。 ものすごく簡単に言うなら、「ロストプラネット」や「ギアーズ・オブ・ウォー」といったTPSに、初見殺しのいわゆる死に覚え

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

日本のラノベがトム・クルーズ主演で映画化される時代が来るとはねぇ。 エンドクレジットでトム・クルーズよりも先に日本人の名前が出てくるのは感慨深い。 で、とても面白い映画 ...

オール・ユー・ニード・イズ・キル IMAX-3D/トム・クルーズ

原作が日本の桜坂洋さんによるライトノベルというキャッチコピーで大々的に宣伝されているトム・クルーズ主演のSFアクション・ムービー。たしかにハリウッドで採用されるようなSF監 ...

オール・ユー・ニード・イズ・キル

やっぱりラブストーリーでした。  

「オールイ・ユー・ニード・イズ・キル」:ザ・リピーター

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は、明らかにビートルズの『All You

オール・ユー・ニード・イズ・キル/明日の日はさようなら

オール・ユー・ニード・イズ・キルEdge of Tomorrow/監督:ダグ・リーマン/2014年/アメリカ 繰り返せ、死ぬこと自体は怖くない 丸の内ピカデリーシアター1、T-18 3D字幕で鑑賞。原作は未読です。漫画も読んでないです。 「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」以来の映画館でトム・クルーズです。去年「オブリビオン」スルーしちゃったんだよね。 あらすじ:...

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」トム・クルーズ映画に外れナシ!面白い!

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」★★★★ トム・クルーズ、エミリー・ブラント ビル・パクストン、キック・ガリー ドラゴミール・ムルジッチ、シャーロット・ライリー ジョナス・アームストロング、フランツ・ドラメー出演 ダグ・ライマン監督、 113分 2014年7月4日公開 2014,アメリカ,ワーナー・ブラザース映画 (原題/原作:ALL YOU NEED IS KILL)

オール・ユー・ニード・イズ・キル  監督/ダグ・ライマン

【出演】  トム・クルーズ  エミリー・ブラント  ビル・パクストン 【ストーリー】 近未来の地球。侵略者の激しい攻撃に、人類の軍事力ではもはや太刀打ちできなくなっていた。対侵略者の任務に就いたウィリアム・ケイジ少佐は、戦闘によって亡くなる。しかし、タイム...

オール・ユー・ニード・イズ・キル

これは面白かった〜〜〜〜〜! 戦場で死んだはずのトムちんが 目が覚めたら又同じ光景の「前の日」に戻っているではありませんか! 同じ事を繰り返してる。。。 こんな感じの作品ってあるけど やっぱり面白い。 前に殺された時は、この時!と解るので 仲間を助けた...

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』観てきた〜

近未来SFアクション。 トム・クルーズ主演。 日本のライトノベルが原作。 まさしくゲーム感覚。 何度でもやり直しちゃうRPGで経験値をたっぷり積んでラスボスにのぞむっていう(・∀・) ニヤニヤ 楽しめました。 異星人が侵略してきて、二等兵として戦地に行かされたケイジは あっという間に戦死。 しかし、目覚めるとまた同じシーンの繰り返しが始まるが、...

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を109シネマズ木場1で観て、トムちんのSFは難し目ふじき★★★

五つ星評価で【★★★ぶひょひょひょひょんって宇宙人は大好き】   時間を操れる敵に勝てるのか。 時間を操れるなら、ドラえもんじゃないけど、もっと上手く操れるだろ、 って ...

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」

原作本はけっこう前から家にありました(息子が読んでた) 映画化されると知って・・・ 読もうかな、と思っていたけれどとても読んでるヒマがなく 息子が言うに、「原作はあんなオッサンじゃないよ」と トム・クルーズ、もう立派なおじさんですもんね^^; いっや...

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を観てきた!?

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を2D字幕で観てきました。 日本原作と話題ですが未読です。。でも、先行でやってたから観てきちゃった(^^)/ 宇宙からの侵略者に立ち向かうんだけど、何度も時間を繰り返して攻略方法を探るというストーリ。 英雄リタにエミリー・ブラント、将校で前線に行くハメになったケイジさんにトム・クルーズ。。あとの出演者はほぼすべてチョイ役というほぼほぼ2人のストーリ。あと...

オール・ユー・ニード・イズ・キル

監督:ダグ・ライマン 出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン 【解説】 作家・桜坂洋のライトノベルを、トム・クルーズ主演で映画化したSFアクション。近未来の地球を舞台に、ある兵士が戦闘と死をループしながら、幾度...

『ALL YOU NEED IS KILL 』('14初鑑賞51・劇場)

☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 7月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:20の回を鑑賞。

オール・ユー・ニード・イズ・キル

最近のトムちんは、本当にいい!

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」

しょっぱなからネタばれするが…

オール・ユー・ニード・イズ・キル

原題 Edge of Tomorrow 製作年 2014年 上映時間 113分 原作 桜坂洋『All You Need Is Kill』(集英社スーパーダッシュ文庫刊) 脚本 クリストファー・マッカリー/ジェズ・バターワース/ジョン=ヘンリー・バターワース 監督 ダグ・ライマン 出演 トム・クルーズ/エミリー...

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」

気晴らしに「オール・ユー・ニード・イズ・キル」。見事に気晴らしできました。やはりトム・クルーズはいいなあ。盤石の気晴らしを提供してくれる。難しい事を何も考えなくていい。安定したスリルとアクション。しかし、実際には物理学的には難しい話なのである。もちろん生化学的にも。よくよく考えると私にはこの理論にはついていけない。ま、SFの世界だから。と片付けてしまうのは勿体ない世界観ではあるのだけれど。こ...

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」☆マシンガンの嵐

熱烈なトムちんファンのお向かいさんの予定に合わせて、ずーっと待っていたトムちん映画をようやっと観られたyo♪ 評判がそれほど高くないようだったので、ちょっと期待度を下げて行ったら、結構楽しめちゃった。

オール・ユー・ニード・イズ・キル 【劇場で鑑賞】

日本のライトノベルが原作で主演をトム・クルーズ が務めるSFアクション映画『オール・ユー・ニード ・イズ・キル』が公開されましたので観に行って きました。 こちらは3D作品で3D字幕版を観ましたが、面白かった ので次の週に2D字幕版をリピート、計2回鑑賞と なりまし…

オール・ユー・ニード・イズ・キル

ミッションを必ずクリアする男トム・クルーズ 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/edgeoftomorrow 原作: All You Need Is Kill (桜坂

オール・ユー・ニード・イズ・キル

■「オール・ユー・ニード・イズ・キル/Edge Of Tomorrow」(2014年・アメリカ) 監督=ダグ・ライマン 主演=トム・クルーズ エミリー・ブラント ビル・パクストン キック・ガリー  トム・クルーズ嫌いを公言している僕なのだが、ついつい劇場で主演作を観る...

装甲騎兵ボトムクルーズ 桜坂洋 ダグ・リーマン 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

「日本のライトノベルを、ハリウッドがトム・クルーズ主演で映画化!?」と聞いたとき

[映画] 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 ようやく観た

テーマが重そうでなかなか腰を上げられなかった一作。 映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/edgeoftomorrow/ 「戦う」「死ぬ」「目覚める」「戦う」「死ぬ」「目覚める」の文字が繰り返される予告編を見てから、どーしてもこう… 「精神的に元気なときじゃないと引きずられるのでは…」 という心配が...

オール・ユー・ニード・イズ・キル EDGE OF TOMORROW

トム・クルーズ&エミリー・ブラント主演の近未来アクション。 異星からの侵略者ギタイがヨーロッパを占拠する中、各国連合軍は起死回生の上陸作戦を計画する。最前線での取材を拒否したケイジ少佐(トム・クルーズ)は、脱走兵として二等兵に降格され上陸作戦の先陣を...

オール・ユー・ニード・イズ・キル

 日本のラノベ(桜坂洋作)をハリウッドで大作映画した作品で、ワンアイデアがダグ・ライマン(リーマンから表記が代わった)監督の演出と、トム・クルーズのはまり方があいまり、なかなかできた娯楽作に。SF好きなら見て損はしない傑作です。  作品情報 2014年ア…

オール・ユー・ニード・イズ・キル

オール・ユー・ニード・イズ・キル '14:米 ◆原題:EDGE OF TOMORROW ◆監督:ダグ・リーマン「フェア・ゲーム」「ボーン・アルティメイタム」 ◆主演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、キック・ガリー、ドラゴミール・ムルジッチ、シャーロット...

運命は自ら支配せよ~『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

 EDGE OF TOMORROW  近未来。エイリアンの侵略により、地球人類は滅亡の危機に瀕していた。米 軍広報官ウィリアム・ケイジ(トム・クルーズ)は、実戦経験の無いまま、ロンド ンで最前線に送られてしまう。戦闘開始後、あっけなく戦死するケイジだった が、目覚めると死の前日に戻っていた。  エイリアンの返り血を浴びたことでループ能力を身に付けた男...

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

結構評判がいいようなので ちょこっと検索してみたら 原作が、小畑健さんの作画で コミック化されているとの事! 「DEAT

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を観て

14-66.オール・ユー・ニード・イズ・キル■原題:Edge Of Tomorrow■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:113分■料金:1,800円■鑑賞日:8月3日、ヒューマントラストシネマ渋谷(渋谷) □監督:ダグ・リーマン◆トム・クルーズ◆エミリー・ブラント◆ビル・...

オール・ユー・ニード・イズ・キル  Edge of Tomorrow

劇場公開を見逃した本作。DVD発売は今月12日のようです。 韓国行の飛行機の中、小さなモニターで鑑賞。 こういうアクション系は大画面で見たいところですが、贅沢は言えません。 そして…約2時間の飛行時間なので、着席するなり見始めたのですが…、 機長のごあいさつ、非...

オール・ユー・ニード・イズ・キル

【概略】 謎の侵略者により滅亡寸前となった世界。同じ日を繰り返すループ能力を持つ戦闘能力ゼロの兵士・ケイジは、最強の女兵士・リタに鍛えられる。 SFアクション 謎の侵略者「ギタイ」からの激しい攻撃で、滅亡寸前に追い込まれた世界。 軍のPR活動に従事していたケイジ少佐が最前線に送り込まれ、開戦5分で命を落とす。だが次の瞬間彼は出撃前日に戻っていた。その時から同じ日を無限に...

オール・ユー・ニード・イズ・キル [Edge Of Tomorrow] (2014 USA)

日本のSFライトノベル(大雑把に言えば、表紙や挿絵が漫画的で、オタクや中高生向きの小説)が原作ということが、日本でのセールポイントだったので、興味を持った。近年、日本では文化的マイノリティが欧米で日本文化の主流みたいな人気を博すようになったとは言え、ハリ…

オール・ユー・ニード・イズ・キル

EDGE OF TOMORROW 2014年 アメリカ 113分 SF/アクション 劇場公開(2014/07/04) 監督: ダグ・ライマン 『ジャンパー』 製作総指揮: ダグ・ライマン 原作: 桜坂洋『All You Need Is Kill』 出演: トム・クルーズ:ウィリアム・ケイジ エミリー・ブラント...

死ねば死ぬほど強くなるのね。(^_^;)〜「オール・ユー・ニード・イズ・キル」〜

オール・ユー・ニード・イズ・キル ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray] by G-Tools ニード・フォー・スピード以外は全部最近見たな。(爆)それはさておき。 劇場公開の時はさして興味なかったんだけどね、GyaO配信が始まっ...

何度も死することで、

28日のことですが、映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を鑑賞しました。 侵略者と人類の戦闘中 ケイジ少佐は戦死。しかし死んだはずのケイジが意識を取り戻すと周囲の時間は戦闘が始まる前に戻り 不可解なタイムループから抜け出せなくなる 戦いと死を何度も繰り...

映画:オール・ユー・ニード・イズ・キル 鑑賞直後に「もう1回続けて観てもいいかも」って凄い久々!

NYステイ時、この映画が公開直前で、けっこう広告にヒットした。 原題は、Edge of Tomorrow。 どうも?同時間軸を何度タイムループしてる主人公たちの話らしいな、と。 同時間軸ループなSFというと、当ブログ的にぱっと思い出すのは2作品。 ひとつは、ビル・マー...

【映画】オール・ユー・ニード・イズ・キル…久しぶりに時間旅行についてダラダラ考察

本来、年賀状書いたり、大掃除しないといけない時期 最近は(普段なら)ほとんど書かないブログ記事を書くという現実逃避行動に出ているピロEKです そんな訳で映画観賞記録 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 (監督:ダグ・リーマン、出演:トム・クルーズ、...

オール・ユー・ニード・イズ・キル (Edge of Tomorrow)

監督 ダグ・ライマン 主演 トム・クルーズ 2014年 アメリカ/オーストラリア映画 113分 SF 採点★★★ 難易度が高めな上にミスってもリセット出来ず、コンティニューがないくせに残機が一機。ゲームだったらこれ以上ない鬼畜さですよねぇ、人生って。クリア出来…

【映画感想】ALL YOU NEED IS KILL

オール・ユー・ニード・イズ・キル 近未来。地球は「ギタイ(Mimics)」と呼ばれる宇宙からの侵略者[注釈 2]により、滅亡の危機に晒されていた。人類側の統合防衛軍は敵の強大な戦力に対して劣勢な戦いを強いられていたが、「ヴェルダンの女神」「戦場の牝犬」の異名で知られる英雄リタ・ヴラタスキの活躍によって反撃の糸口を掴み、機動スーツと呼ばれる歩兵用パワードスーツの投入によって、欧州地域...

オール・ユー・ニード・イズ・キル

日本のSFライトノベルを原作に、ハリウッドで映画化、という情報への興味から見てみました。 主演は、なんと、トム・クルーズ!だったのですね。あらま、びっくり この手のタイム・リープものは、日本エンタメの十八番で、「時をかける少女」や、コミックでは、ハルヒ・シリーズ、 最近では、深夜ドラマ「明日もきっと君に恋をする」も、そうだった気がするのですが、増えてきたのは、ひょっとすると...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示