『沈まぬ太陽』が沈みそう!

 太陽、すなわち日章旗を模した鶴のマークが沈みかかっている。

 鶴のマーク(鶴丸)で知られた日本航空は、いま厳しい経営環境にある。そんな中での映画公開は「タイミングが良すぎる」との声もあるそうだ。
 しかし、劇中で描かれる国民航空(NAL)のマークが花と月のような形で太陽に似ていないのと同様、『沈まぬ太陽』は日航(JAL)を描いた実録物ではなく、あくまでフィクションである。


 『沈まぬ太陽』は1962年から1986年に至る労使関係の歪みを描いている。
 労使関係の構築に失敗して企業が荒んでいくのは、航空業界に限ったことではない

 この作品は3時間22分に及ぶ堂々たる大作であり、とても見応えがあるのだが、いささか駆け足なのは否めない。
 映画ではよく判らないのが、不本意な海外勤務を強いられてきた主人公・恩地元が、なぜ会社を辞めずに異動を受け入れ続けたかだ。
 恩地は映画の中で「男の矜持(キョウジ)」と語ってるが、矜持ってなんだろう?
 辞めると矜持が傷つくのか?

 これについて原作者である山崎豊子氏は、主人公のモデルとなった人物の言葉を紹介している。
---
彼は「私が辞めたら悲しむ仲間がいる。その一方で丸の内の本社で祝杯をあげる会社や第二組合の人間がいると思うと辞められなかった」とおっしゃいました。
---

 はっきり云えば、かつての日本には、会社を辞めるというオプションがなかったのだ。
 辞めることは敗北すること、みっともないこと、恥ずべきこと。そんな見方が蔓延していたのだ。

 しかし起業家である宋文洲氏は、逃げることは決して負けではないという。
---
嫌な組織が存在できる最大な理由はその構成員がそこから逃げないからです。逃げ出せば、間違いを犯している組織はなくなるのです。
---

 『沈まぬ太陽』の主人公は、辞めないことが「男の矜持」だと考え、家族に苦労をかけ続ける。それでも妻はどこまでもついてきてくれて、反抗していた息子もやがて理解を示してくれる。
 ちょっと虫のいい話だが、若者が3年経っても会社を辞めず熟年離婚という言葉もなかった時代だから成立する物語だろう。

 もっとも、主人公のモデルとなった人物は、ナイロビ駐在中は王侯貴族のような生活をしていて、日本に戻ってからもことあるごとにナイロビへ行かせてくれと希望していたそうだ。
 私は映画を観ていて、主人公が象を撃ったり、象牙を居間に飾ったりする所業に、とても違和感を覚えた。


 ところで、主人公は懲罰人事のためにカラチ、テヘラン、ナイロビと海外をたらい回しにされるのだが、カラチ、テヘランを描く際にはもう少し現地への配慮があっても良かったろう。
 たしかに物語上は、海外勤務ばかり命じられて酷い目にあっているわけだから、嫌なところと感じさせる必要がある。
 しかし、一度映画という形になったからには、末永く残り、多くの人の目に触れる。
 主人公の不遇を語るには、不本意な人事であることを強調すれば充分であり、「よくこんなところにいられるな」なんてセリフは不要である。


 さて、出演陣には、出番の多寡にかかわらず素晴らしい役者が揃っていた。
 とりわけ加藤剛さんの枯れ具合と、上川隆也さんのカッコよさが印象的だ。
 公演中の『蛮幽鬼』では、主役で出ずっぱりなのに堺雅人さんにいいところを持っていかれた感じの上川隆也さんだが、『沈まぬ太陽』では颯爽と登場し、カッコよく締めくくってくれた!


沈まぬ太陽 Blu-ray(特典DVD付2枚組)沈まぬ太陽』  [さ行]
監督/若松節朗  脚本/西岡琢也  原作/山崎豊子
出演/渡辺謙 三浦友和 松雪泰子 鈴木京香 香川照之 戸田恵梨香 松下奈緒 上川隆也 加藤剛
日本公開/2009年10月24日
ジャンル/[ドラマ]

映画ブログ ブログパーツ

【theme : 日本映画
【genre : 映画

tag : 若松節朗 渡辺謙 松雪泰子 鈴木京香 香川照之 戸田恵梨香 松下奈緒 上川隆也

⇒comment

No title

ナドレックさん、こんばんは!
さきほどは、コメントありがとうございました。
「沈まぬ太陽」私も見ました。
とても面白い映画でしたが、恩地さんの家の「象牙」は違和感ありましたねぇ。
ナイロビの家はもっとすごくて、野生動物の剥製だらけでしたものね。
現在の視点で見るから、おかしく見えるということなのでしょうけれど……。

Re: No title

Bell Bottom Bluesさん、コメントありがとうございます。
邦画でも金をかけて海外ロケしている作品はありますが、往々にして空振りだったりします。
その点、この映画は見応えがあって面白いのですが、ちょっと残念なのは時代が(原作者より)先を行ってるんですね。
20年前に作られていれば、傑作の名を欲しいままにしていたことでしょう(って、原作の書かれたのが10年前ですが)。

勝手な妄想ですが、いま大企業に切り込むのなら、不遇をかこったメンバーが独立して斬新な戦略でシェアを切り崩す、なんて物語の方が現実的だと思うのです。
「現実的」というのは、現実味があるという意味ではなく、いまの日本に求められているという意味で…。

象牙や剥製も、今日作る映画に取り入れるか否かは制作陣の判断であって、(原作者からの注文が多かったにしても)現在の視点で検討した結果として本当に必要だったのだろうか、と感じました。

原作を先に読んでいたから

日航がいかに腐っていたか、高級ホテルへの進出とか
(それに群がる自民党の方々も)描いてましたが
今も赤字の原因になった地方路線(すなわち自らの選挙区)への
復帰しろとか・・・

恩地がちょっとヒーローに描かれ過ぎたかな・・・・

Re: 原作を先に読んでいたから

すわっと優優さん、こんにちは。
原作者は事実を取材したとはいえ、小説的に再構築したそうなので、あくまでフィクションとして楽しむのが良いのでしょうね。変に実在の会社を匂わせない方が、エンターテイメントとして楽しめるように思います。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

沈まぬ太陽

「白い巨塔」「華麗なる一族」「不毛地帯」「大地の子」など、人間の本質を世に問う長編小説を次々に手がける国民的作家・山崎豊子。その珠玉の原作の中で、未だ映像化されていない...

沈まぬ太陽 [映画]

公開:2009/10/24製作国:日本上映時間:202分鑑賞日:2009/10/24監督:若松節朗出演:渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二、香川照之、大杉漣、西村雅彦、宇津井健、小林稔侍、加藤剛+あらすじ+国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に

沈まぬ太陽

☆沈まぬ太陽☆(2009)若松節朗監督渡辺謙三浦友和松雪泰子鈴木京香石坂浩二香川照之ストーリー 国民航空の労働組合委員長を務める恩地元。職場環境の改善を会社側へ訴えていた彼はやがて、海外赴任を命じられる。それはパキスタンやイラン、ケニアなど、まともな路線就...

沈まぬ太陽

「白い巨塔」「華麗なる一族」「不毛地帯」「大地の子」など、人間の本質を世に問う長編小説を次々に手がける国民的作家・山崎豊子。その珠玉の原作の中で、未だ映像化されていない最後の傑作『沈まぬ太陽』が日本映画史上最大のスケールで遂に映画化。主人公・恩地を、日...

【映画】 沈まぬ太陽

2009年 3h22 鑑賞@松江SATY東宝 原作 山崎豊子 監督 若松節朗  出演 渡辺謙 三浦正和 鈴木京香 松雪泰子 香川照之 映画は1985年8月12日の国民航空(実は日本航空)御巣鷹山墜落事故の棺がずらりと並ぶシーンから始まる。500人を超える死者を出した航空会社

沈まぬ太陽

信念は決して消えない。激動の昭和をかけぬけた男の熱き生きかたとは・・・。 物語:昭和30年代―。恩地元(渡辺 謙)は、巨大企業・国民航空で労働組合委員長を務めていた。職場環境の改善のため会社側と闘った結果、恩地を待っていたのは懲罰人事ともいうべき海外赴任....

映画「沈まぬ太陽」

 『私の矜持が許さない。』主人公恩地(渡辺謙)の生き方、会社人間でありながらなおかつ社会的正義を貫こうとしている姿勢が、最初から最後まで変わらない。「国民航空」という日本最大の航空会社の労組委員長を務めた恩地は、その後カラチやテヘラン、ナイロビなど10...

【09-111】沈まぬ太陽 ★★★★☆

今日はしっかりと睡眠を取った上で、山崎豊子原作の長編映画沈まぬ太陽を観た。 1985年、国民航空の旅客機が御巣鷹山に墜落した。 遺族対応を任された恩地(渡辺)は、心身ともにボロボロになりながらも誠心誠意遺族に向かい合う。 恩地は、昭和30年代、国民航...

あまりにも日本人的な物語 ―『沈まぬ太陽』感想?―

映画『沈まぬ太陽』感想? 【渡辺謙の新・代表作】 感想?で敢えて外していました、主演渡辺謙と、主人公恩地元について書きます。 謙さんは素晴らしかった! 今年の二夜連続ドラマ『刑事一代』の平塚八兵衛も良かったですが、やはり気力体力が充実して油が乗って...

劇場鑑賞「沈まぬ太陽」

映画『沈まぬ太陽』オリジナル・サウンドトラック「沈まぬ太陽」を鑑賞してきました『白い巨塔』『華麗なる一族』の人気作家・山崎豊子が綿密な取材の基に書き上げた渾身のベストセラー巨編を壮大なスケールで映画化した社会派ヒューマン・ドラマ。激動の昭和30年代から...

沈まぬ太陽

この映画の秀逸な面は、史上最大の航空機事故を再現しながら、労働組合運動に熱心だったという理由だけで左遷を強いられた主人公恩地のリアルな描写だ。脚本が非常にいいと思う。今まで報道されなかった舞台裏も見ることができるので、是非お勧めしたい。

沈まぬ太陽

 新宿ピカデリーで「沈まぬ太陽」をみた。初回。スタートは9:30。それで終わったのは13:00。 時間的には長い。原作を読んでいたから理解できる。映画だけをみると納得できないシーンも多いのではないだろうか? はじめてインターミッション(休憩)のある映画を体験...

【沈まぬ太陽】理不尽な夕日

沈まぬ太陽 監督: 若松節朗    出演: 渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二 公開: 2009年10月 この会社は何も答えをくれ...

沈まぬ太陽

輝き続けるからこそ太陽!  

『沈まぬ太陽』

沈まぬ太陽、恩地元。彼こそまさに昭和のラスト・サムライ。 己の信念を絶対に捨てない、己への信義を絶対に忘れない、そして己への信頼をも絶対に裏切らない、最もサムライらしい男。そんな男の半生を描いたこの叙事詩映画は昭和という時代の空気を知らない若い世代には...

沈まぬ太陽■この映画の作者たちのアフリカ観は一体どうなっている?

この映画は時系列をバラバラにして進んでいく。60年代、70年代、そして80年代の出来事を描くエピソードが交互につなぎ合わされて展開する。この時系列バラバラの構成が効果的であるのかどうかは疑問である。ここはむしろ、登場人物たちの心情の変化、とりわけ行天の変貌を...

沈まぬ太陽

不屈の魂を描いた叙事詩。 映画化されるということで、たいへん楽しみにして劇場へ向かった。ついに、この作品が、映画化されたという感激が...

沈まぬ太陽☆独り言

知人のご厚意の恩恵にて、試写会で鑑賞させていただけることになりました。会場に着くまで知らなかったのは上映時間(笑)なんと、3時間20分ですよ、、、インターミッション付き・・・席に着いてから腰が引けてしまいましたが^^;;;気を取り直して鑑賞。『沈まぬ太陽』角川

超大作「沈まぬ太陽」

映画「沈まぬ太陽」を観てきました。 スケールの大きい超大作でした!! この作品は、映画化されることを知ってからずっと楽しみにしてたんですよ。 今ドラマ化されている「不毛地帯」や、「白い巨塔」「華麗なる一族」などでも知られる、山崎豊子さんの原作で、全5

映画「沈まぬ太陽」

映画「沈まぬ太陽」を鑑賞。

沈まぬ太陽

監督: 若松節朗 キャスト 恩地元☆渡辺謙 行天四郎☆三浦友和 三井美樹☆松雪泰子 恩地りつ子☆鈴木京香 国見正之☆石坂浩二 利根川☆加藤剛 竹丸☆小林稔侍 堂本☆柴俊夫 桧山☆神山繁 八馬☆西村雅彦 山田辰夫 他 【ストーリー】 国民航空の労働

「沈まぬ太陽」会社と政府の思惑に翻弄されても揺るがない自らの信念を貫き通した男の生き方

「沈まぬ太陽」は山崎豊子原作の映画で日本の航空会社の労働組合委員長を務めた男が懲罰人事で僻地の海外勤務を9年務めた後墜落事故のお世話係として犠牲者遺族の補償に当たるが、会社の方針などで社員は厳しい労働環境などの改善と利権に走る経営陣、さらには政治家の圧...

沈まぬ太陽

『華麗なる一族』や『大地の子』『白い巨塔』などのヒット作を世に送り だしてきた人気作家・山崎豊子の同名ベストセラー小説を渡辺謙を主演に 迎えて映画化。 巨大企業の都合に翻弄され、海外の僻地への島流しのような人事を受けつつ も自らの信念を貫きとおしていく姿を..

「沈まぬ太陽」 映画化にチャレンジしたことが偉業だと思う

監督 若松節朗言わずと知れた山崎豊子の名作の映画化。原作は全5巻という大河小説なので映画の時間枠に収めるのは到底無理な話。当然、大河ドラマの総集編的な作りになるだろうと、期待と懸念が半々で観に行った。インターミッション(休憩)がある映画なんていつ以来だ...

沈まぬ太陽

「沈まぬ太陽」監督若松節朗原作山崎豊子出演*渡辺謙(恩地元)*三浦友和(行天四郎)*松雪泰子(三井美樹)*鈴木京香(恩地りつ子)*石坂浩二(国見正之)*香川照之(八木和夫)*木村多江(鈴木夏子)*清水美沙(小山田修子)*鶴田真由(布施晴美)*柏原崇(恩地克己)*...

「沈まぬ太陽」よくぞ映画化したな・・・と拍手

フィクションと言ってはいるものの、ついJALと重ねて見てしまうのもやむを得ないお話です。

★沈まぬ太陽(2009)★

魂が、震える。上映時間202分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2009/10/24ジャンルドラマ映倫G【解説】『白い巨塔』『華麗なる一族』の人気作家・山崎豊子が綿密な取材の基に書き上げた渾身のベストセラー巨編を壮大なスケールで映画化した社会派ヒューマン・ド...

「沈まぬ太陽」鑑賞

JAL幹部は恥知らずの最低人間ばかり!!あ、ごめん、NALだっけww腐敗政治家と癒着、金と物欲まみれの畜生ばかり。だからあんな会社になってしまったのですねえ・・タイムリー過ぎて笑えないですよ。あ、あくまでフィクションのNALの話ですからww長くて退屈で...

沈まぬ太陽(評価:◎)

【監督】若松節朗 【出演】渡辺謙/三浦友和/松雪泰子/鈴木京香/石坂浩二/香川照之/木村多江/清水美沙/鶴田真由/柏原崇/戸田恵梨香/大杉漣/西...

沈まぬ太陽 (2009)

3時間越えの大作{%富士山webry%} 1日の映画の日に行ってきました(^^)

【映画】沈まぬ太陽

▼動機 渡辺謙、凱旋 ▼感想 この物語こそ3部作でやるべきだったのでは? ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じられてしまう。10年におよぶ孤独な生活に耐え

沈まぬ太陽

2009年11月15日(日) 14:20~ TOHOシネマズ スカラ座 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:未確認 『沈まぬ太陽』公式サイト フリーパス鑑賞14本目。 フィクションで実在の団体、人物とは関係ないなどと申し訳のように終了後に出てくるが、誰もがそんな

沈まぬ太陽

■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞沈まぬ太陽 2009年/日本/202分 監督: 若松節朗 出演: 渡辺謙/三浦友和/松雪泰子/鈴木京香...

サラリーマンはつらい 「沈まぬ太陽」

航空会社に勤務する恩地(渡辺謙)は、組合活動で目立ちすぎて睨まれてしまい、その後カラチ、テヘラン、ナイロビなどの僻地へばかり赴任さ...

沈まぬ太陽

ついに観ることができました!かなり見応えのある作品です。 山崎豊子さん原作の映画。原作は6年程前に読みました。 その当時の感想を簡...

沈まぬ太陽

「沈まぬ太陽」を見ました。 ずっと見逃していて、いよいよ上映期間終了間際になって、ようやく見ることができました。 映画はとてもよい...

09/11/27 3時間半の映画「沈まぬ太陽」で胸がいっぱい(T-T)

{/m_0084/} 11/22の日曜日にMOVIXさいたまで3時間半の大作「沈まぬ太陽」を観ようと思って、家を出る前にチェックしたらネット画面で観たい昼の回の売り切れを確認。封切後一ヶ月で小さいシアターに変わっているので休日の昼は厳しかったようだ。そこで思い切って仕事帰

沈まぬ太陽

日本アカデミー賞って発表前から予想できて、 しかも予想通りになりますね。( ^ _ ^; この作品も、作品賞を取るかなと思ったらその通りになりました(爆) でも受賞の時のケン・渡辺氏の言葉は胸にきました。 観ていないと何もわからないので、 DVDで鑑賞しました。

映画 沈まぬ太陽

国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じられてしまう。10年におよぶ孤独な生活に耐え、本社復帰を果たすもジャンボ機墜落事故が起き、救援隊として現地に行...

映画 沈まぬ太陽 感想

昨夜、映画「沈まぬ太陽」を見ましたので感想など。昨夜はフジテレビ系でR-1グランプリ、ものまね紅白、TBS系でドラマ「LADY 最後の犯罪プロファイル」が放送されると知り、迷ったのですがこの映画「沈まぬ太陽」を観ることにしました。あと、テレビ朝日系では映画「ドラえ

『沈まぬ太陽』'09・日

あらすじ国民航空の労働組合委員長・恩地は職場環境の改善に奔走した結果海外勤務を命じられてしまう・・・。感想劇中、ニューヨークの動物園が出てきますけど実際は、大阪の天王寺...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示