『闇金ウシジマくん Part2』 正義とは悪だった!

 痛快無比なウシジマくんが帰ってきた。
 前作の映画『闇金ウシジマくん』では、劇場版らしい華が必要だと判断されたのか、大掛かりなイベントやウシジマくんのアクションが盛り込まれて少々派手過ぎな気がしたけれど、『闇金ウシジマくん Part2』はテレビシリーズのSeason1Season2のノリに近く、ウシジマくんらしさに満ちている。

 闇金融は犯罪だ。このことは劇場版でもテレビシリーズでも幾度となくテロップで強調され、観客及び視聴者がウシジマくんをヒーロー視しないように配慮されている。
 だが本シリーズでは、凶悪な闇金業者ウシジマくんの無慈悲な取り立てが、ダメな債務者を地獄へ叩き落とす正義の鉄槌に見えるところがミソである。
 それはウシジマくんの行動が、一般的なビジネスの約束事と共通しているからだ。

 金の流れを見れば判りやすい。
 ウシジマくんが債務者に金を渡し、債務者は10日で5割の利息を持ってくる。利息の支払いが遅れれば、ウシジマくんに延滞料を取り立てられる。
 これは、顧客が事業者に金を前払いし、事業者が納期までに商品を納める(あるいはサービスを提供する)のと同じようなものだ。期日に遅れれば顧客に怒られるし、違約金を取られても文句は云えない。

 契約で定めた納期に間に合わせるのは、いかなるビジネスでも当然のことだ。
 そこに納得できるから、そしてしばしば期日に商品が届かずに不快な思いをすることがあるから、観客はウシジマくんの無茶な取り立てを痛快に感じてしまう。
 10日で5割なんて利息を課すのは現行法に違反するので、ウシジマくんは犯罪者だが、そもそも約束を守らない債務者が腐っているのだ。

 しかし、ウシジマくんは怖い。
 なぜなら、彼には情けがないからだ。
 人間誰しも自分が可愛い。身内も可愛いし、好きな人と嫌いな人では接し方が異なりもする。
 しかも、人間には本能として利他心が備わっている。困っている人を見れば助けずにはいられないし、親切な人には自分も親切にしたくなる。そういう情の通った人間関係を心地好く感じるのだ。
 ウシジマくんにはそれがない。人間なら備わっている感情がない。やり遂げたい目標もなければ、ドロドロした欲望もない。彼がやっているのは、10日で5割というルールを他人に守らせることだけだ。

 マンガ家のとり・みき氏が「あまり契約がしっかりしてくると、僕とかは真っ先に〆切の件で契約不履行と言われる怖れがある」と云うように、誰でも人付き合いの中で多少の融通は利かせて欲しいものだ。立場が逆であれば、できることなら少しぐらいは待ってあげたいと思う。そうやって少しずつ融通し合い、許し合うことで、人間関係は円滑になると思う。
 少しの融通も利かせずに無理矢理取り立てるのは、薄情な気がする。

 だが、融通を利かせたことで円滑になるのは、目の前の人との、その場での関係だけだ。
 マンガ家が〆切に遅れても雑誌の発行日は変えられないから、遅れのしわ寄せは誰かに行く。本来しなくて良いはずの残業で吸収するとか、そのために前から予定していたデートをキャンセルするとか、余計な残業代がかかるといった形で、誰かが迷惑を被る。その誰かからすれば、必ず期日までに取り立ててくれる者がいればありがたいはずだ。その人にとってはヒーローだろう。
 ウシジマくんの無慈悲な取り立てが正義の鉄槌に見えるのは、ウシジマくんが約束を守らせることに徹しているからだ。約束を守らない腐った債務者を野放しにしないことは、ある種の正義ではないだろうか。

 現実にはウシジマくんのような人間はなかなかいるまい。身内でも他人でも分け隔てなく冷徹に接するなんてことは、サイコパスでもなければできない。
 山口雅俊監督がウシジマくんのことを「絶対にブレない壁」と表現するように、ウシジマくんは人間のいい加減さや甘えが通用しない状況が人の形になったものだ。だから山口監督は、本作を「怪獣映画」と呼ぶ。
---
作品の構造としては、ウシジマ君は今の時代の金融モノ最前線という感じで、例えるなら「怪獣映画」。
ウシジマが演じているのは絶対的な“状況(怪獣)”で、あくまでドラマがあるのは“金に踊らされる債務者(人間)”という作品かな。
---

 たしかにこれは怪獣映画だ。
 人間は感情的な生き物で、意見を簡単に翻す。
 それに対して、感情でブレることなく、ルールを守らせるだけのウシジマくんは、人間を超越している。

 ウシジマくんの位置付けがより明確になるのが、映画のオリジナルキャラクター、柳楽優弥さん演じるストーカーのエピソードだ。彼は窪田正孝さん演じるホストを襲撃するが、ウシジマくんに邪魔される。危うく殺されるところだったホストは、ウシジマくんのおかげで命拾いする。
 山口監督がストーカーを登場させたのは、ウシジマの意図しないところで結果的に命を救う人を描きたかったからだという。
 このシーンだけを取り上げれば、ウシジマくんが善いことをしたようにも見える。だが、ウシジマくんはホストを救おうとしたわけではない。そこにいる人間から利息を取り立てるのに、ストーカーが邪魔だから単に排除しただけだ。
 このエピソードは、ウシジマくんが人間を超越し、善悪の彼岸に立っていることを象徴している。怪獣がたまたま悪人を踏み潰しても、怪獣に悪人を懲らしめる意思があったと考えるのは早計だ。通り過ぎる台風に向かって、恵みの雨をありがとうと感謝するか、被害がひどいと嘆くかは、人間側の事情にすぎない。

 山口監督がウシジマ役の山田孝之さんに「ウシジマは本当に悪なので、状況をきちんと演じてください」と話したのも、思いやりとか情け心といった、一般的に善とされる人間らしさを排除するためだろう。人間を超越したウシジマを演じるには、人間性をにじませてはいけないのだ。それを一言で表せば、「悪」という言葉になるのだろう。

 感情豊かで思いやりや情け心に富んだ人は、周囲から好感を持たれるに違いない。そんな人と一緒にいるのは楽しい。そうした価値観からすれば、情け容赦ないウシジマくんは悪の権化だ。
 けれども、その場しのぎの云い訳や逃げ口上を許さず、ルールの厳守を求めるウシジマくんは、別の面から見れば正義の使者かもしれない。
 はたして、ウシジマくんは正義か悪か。あなたの目にはどう映るだろうか。


[追記]
 Part2で描かれるカウカウファイナンスの危機管理態勢も見どころだ。
 ウシジマくんは、状況がはっきりしない中で行動するリスクと、はっきりするまで待ち続けて手遅れになるリスクを評価し、即座に対応する。その迅速な決断と、カウカウファイナンスのメンバーへの行動計画の徹底ぶりは、ビジネスパーソンのお手本となろう。

[追記2]
 本記事からはgooブログへトラックバックを送れないようです。
 他の記事でもそういうことがあるかもしれませんが、ご容赦ください。


映画「闇金ウシジマくんPart2」Blu-ray 豪華版闇金ウシジマくん Part2』  [や行]
監督・企画・プロデュース・脚本/山口雅俊  脚本/福間正浩
出演/山田孝之 綾野剛 菅田将暉 中尾明慶 窪田正孝 門脇麦 柳楽優弥 崎本大海 やべきょうすけ 木南晴夏 高橋メアリージュン 希崎ジェシカ バカリズム 大久保佳代子 キムラ緑子 マキタスポーツ 本仮屋ユイカ 光石研
日本公開/2014年5月16日
ジャンル/[ドラマ]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
関連記事

【theme : 闇金ウシジマくん
【genre : 映画

tag : 山口雅俊 山田孝之 綾野剛 菅田将暉 中尾明慶 窪田正孝 門脇麦 柳楽優弥 崎本大海 やべきょうすけ

⇒comment

だれしも

仕事はきっちりやりたいし、約束は守りたいし、期日は守りたい。
それを目当てにやってるはずのなのに、なぜかできない。
多分、それを少々許してあげるのは、その気持ちが重々わかるから。
自分もそんな場合があるから・・・なんでしょうね。
ウシジマくんは、人にも要求するけど(当たり前のこと)、その当たり前のことを自分はできる!
なんか、イチローみたい。
ウシジマくんが編集者だったら、手塚先生はどうだったでしょうねえ。
やっぱ遅れるかな・・・。

Re: だれしも

sakuraiさん、こんにちは。
当たり前のことをできるように……あぁ、耳が痛い。

手塚先生は常人じゃありませんからね。こんなエピソードでいっぱいですし。
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2004/12/post_26.html
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2004/12/post_24.html

手塚番の編集者たちは他社の〆切を破らせてでも自分とこの原稿を取ろうと殴り合いのケンカをしていたそうだから、充分恐ろしい世界ですね。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【 闇金ウシジマくん Part2 】たかが5円されど5円

闇金ウシジマくん Part2     監督: 山口雅俊    キャスト: 山田孝之、綾野剛、崎本大海、やべきょうすけ、柳楽優弥、菅田将暉、木南晴夏、門脇麦、高橋メアリージュン、中尾明慶、窪田正孝、希崎ジェシカ、バカリズム、大久保佳代子、キムラ緑子、マキタスポーツ…

映画 闇金ウシジマくん Part2

金に困った客に暴利で貸し付けるアウトローのヤミ金「カウカウファイナンス」の社長ウシジマは、暴走族のヘッド愛沢のバイクを盗んで殺されかけていたヤンキーのマサルを見習社員として雇う。 一方、新米ホストの麗は、17歳のフリーター彩香に励まされ№1ホストをめざすが、それには“太客(店に大金を落としてくれる客)”を掴む必要があった…。 人気TVドラマ劇場版第2弾。

闇金ウシジマくんPart2

1作目は山田孝之演じるウシジマくんが大活躍だったけど、今度は闇金に手を出すしかない周辺の人たちのどうしようもない生き様が主題のようだ。何もそこまでして借金しなくてもいいと思うと、喜劇的な物語にもなっていた。

[邦画] 面白れーじゃん。「闇金ウシジマくん Part2」

題名闇金ウシジマくん Part2 原作真鍋昌平 監督山口雅俊 出演 ■カウカワ・ファイナンス/山田孝之(丑嶋馨)、やべきょうすけ(柄崎)、崎本大海(高田)、久保寺瑞紀(摩耶)、菅田将暉(加賀マサル)、綾野剛(戌亥、情報屋)、バカリズム(下村、債務者、妻に返済して

闇金ウシジマくん Part2

製作年度 2014年 上映時間 133分 原作 真鍋昌平『闇金ウシジマくん』(小学館『週刊ビッグコミックスピリッツ』連載) 監督 山口雅俊 出演 山田孝之/綾野剛/菅田将暉/窪田正孝/木南晴夏/門脇麦/中尾明慶/光石研/柳楽優弥/崎本大海/やべきょうすけ 真鍋昌平のコミックを...

闇金ウシジマくん Part2 ★★★

真鍋昌平のコミックをテレビドラマ化、闇金融の業者を演じた山田孝之が強烈なインパクトを与えた群像劇の劇場版第2弾。原作のエピソード「ヤンキーくん」編と「ホストくん」編を脚色し、カウカウファイナンスを中心にヤンキーや暴走族、ライバルの女闇金、ホスト、情報屋...

「闇金ウシジマくん Part2」ずっとジェットコースタームービー!(後半ネタバレ)

スタッフロールで二番目に来る綾野剛の出演がほぼ全て見れる予告。 バカリズム、大久保佳代子、マキタスポーツ、高橋メアリージュンはタレントさんだそうだが 地上波は見ないで濃いちょい役の役者かと思っていた。 多彩なキャストのせいもあってか 序盤だけ面白くて途中で飽きる映画の序盤だけ面白い状態がずっと続く状態になっていたので傑作となっている。 しかし最近のテレビドラマの映画化は予備知識がいらない作り...

闇金ウシジマくん Part2

愛沢のキャラが面白いな。

「闇金ウシジマくん Part2」:極めて教育的

映画『闇金ウシジマくん Part2』は前作同様エグいテイストで、クズばっか出てく

『闇金ウシジマくん Part2』

□作品オフィシャルサイト 「闇金ウシジマくん Part2」 □監督 山口雅俊□脚本 福間正浩、山口雅俊□原作 真鍋昌平□キャスト 山田孝之、綾野 剛、崎本大海、やべきょうすけ、       菅田将暉、中尾明慶、門脇 麦、柳楽優弥 ■鑑賞日 5月18日(日)■劇場...

闇金ウシジマくん Part2

今どきの旬ちゃんがごろごろ。。小栗のじゃないですよ。

映画 闇金ウシジマくん Part2

2014年 日本 134分 ドラマ PG12 劇場公開(2014/05/16) 監督: 山口雅俊 『映画 闇金ウシジマくん』 プロデュース: 山口雅俊 企画: 山口雅俊 原作: 真鍋昌平『闇金ウシジマくん』 脚本: 山口雅俊 主題歌: Superfly『Live』 出演: 山田孝之:丑嶋馨 綾野...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示