『ダラス・バイヤーズクラブ』のキーワードはこれだ!

 油断も隙もありゃしない。
 『ダラス・バイヤーズクラブ』には、ほとほとしてやられた。
 難病に侵され、余命30日を宣告された男の話だと聞いたから、てっきり涙と感動の余命モノだと思って、舐めていたのだ。

 とんでもなかった。
 実話に材を取った本作は、学もなければ地位も金もない男が、社会を揺るがす映画だった。
 主人公は電気技師のロン・ウッドルーフ。堅気の仕事に就いてるものの、ロデオと賭け事と女とドラッグ三昧の日々を過ごしている。
 ある日突然ぶっ倒れた彼は、病院に運び込まれ、医師からエイズであると告げられる。余命はわずか30日。
 今では考えられないことだが、1985年当時、エイズは治療法が確立されておらず、ゲイのあいだで流行している奇病として恐れられていた。感染経路も一般には理解されず、エイズ患者はただ恐れられるばかりだった。

 劇中のロンは、周囲と同じように偏見に凝り固まった男だった。女をさげすみ、ゲイをさげすみ、エイズ患者をさげすんでいた。
 その彼がエイズにかかったと知るや否や、友人たちはロンに偏見の目を向けた。ロンをゲイ扱いして罵り、ロンを遠ざけようとした。
 実際、エイズにかかったロン・ウッドルーフは、すべての友人を失ったという。
 映画は、偏見に凝り固まっていたロンが、人々の偏見にさらされ、傷つき悩む様子を描く。
 それだけでも見応えのある映画だったと思う。被害者の立場に身を置くことで、変わっていく男。映画の展開としては悪くない。

 だが、彼は静かに死を待つような男ではなかった。
 彼は図書館に通い、エイズについて勉強し、生き延びる方法を探した。そして、世の中には自分が処方されていない新薬や未認可の薬があることを知り、それを投与するように医師に迫った。
 医師は、アメリカ食品医薬品局が認可した薬でなければ投与できない。未認可の薬を投与したら医師を続けられなくなる。
 それでもロンは諦めず、テスト段階の新薬AZTを非合法な手段で手に入れる。映画ではろくでもない薬のように描かれているAZTだが、満屋裕明氏が開発したこの薬は、今もエイズの治療に用いられている。ただ、副作用があるので、本作の主人公のようにモリモリ食べるのはもっての外だ。

 とはいえ、非合法な手段も辞さず、無免許医まで頼るロンのバイタリティーには圧倒される。
 そして観客は、本作が涙と感動の余命モノにはなりそうもないと気付く。
 生きるためとはいえ、次々に法を破っていくロンは、どう見ても感動的な美談の主ではない。

 ここから彼は、ある意味カッコいい男になっていく。
 無免許医の指導の下、体調を回復したロンは、自分と同じようにエイズに苦しみ、余命を宣告された人々に、自分と同じ治療を受ける機会を提供しようとする。
 そこでロンが立ち上げるのが、ダラス・バイヤーズクラブだ。『小さな命が呼ぶとき』の主人公は、難病の娘を治すために医薬品会社を設立したが、ロンが作ったのは外国製の未認可の薬を患者に提供する組織である。
 国内では薬が手に入らないのだから、ロンは世界中に買い付けに行かねばならない。それには元手が必要だ。だから、患者にはきっちり金を払ってもらう。その代わり、政府の認可なんか待っていたらいつまで経っても手に入らない薬を、明日をも知れぬ患者に渡してやる。
 患者たちは、大病院の偉そうな医師なんぞ無視してロンの許へ殺到した。エイズにかかってもピンピンしているロンの存在こそが、クラブが大病院より当てになる何よりの証拠だ。
 クラブのピーク時には、実際に4,000人の常連客がいたという。

 もちろん、ロンのやっていることを政府が認めるわけがない。
 アメリカ食品医薬品局は取り締まりに乗り出し、ロンは法廷で戦うことになる――。
 というわけで、物語はロン個人の闘病生活を超えて、スケールが広がっていく。ありきたりな涙と感動の余命モノを予想していた私は、ダイナミックな展開に圧倒された。

 ロンに政府と戦うつもりがないところもいい。
 彼は反体制的な思想から未認可の薬をばらまいたのではないし、法廷に出たのも売られたケンカを買ったにすぎない。
 ロンは単に政府に邪魔して欲しくなかったのだ。
 余計な口出しをするな。それがロンの云いたかったことだろう。
 ロンもはじめは権威あるものにすがろうとした。大病院を訪れ、医師がテストしている薬を手に入れようとした。
 だがロンは、権威にすがり続けるのではなく、自分で調べ、自分で訪ね歩き、自分で考えた。そうして元気になったのだから、それを他人に勧めて何が悪い。

 アメリカ食品医薬品局の役人や大病院の医師が悪人だったら、彼らの鼻を明かすロンの活躍が痛快だったかもしれない。
 本作はエンターテインメントでもあるので、医師や役人は憎らしげに描かれている。しかし、彼らは必ずしも悪人ではない。
 認可に必要な手続きを踏み、未認可の薬が出回ることを制限し、認可された薬の範囲内で治療する。どれも間違ったことではない。
 間違ってはいないけれど、最善とは限らない。
 認可した薬に副作用が見つかったら、国民は政府を非難するだろう。だから認可に当たっては慎重に慎重を重ねることになる。結果としてなかなか認可できない。
 未認可の薬を放置したために事故が起きたら、国民は政府を非難するだろう。だから未認可の薬を厳しく取り締まることになる。
 医師が未認可の薬を処方したために事故が起きたら、国民は医師を非難するだろう。だから医師は認可された薬しか使わない。
 人間誰しも我が身が可愛いし、非難にさらされたくない。ましてや製薬会社を含めた現在の構造にうま味があれば、わざわざそれを変えたくはない。
 そんな一人ひとりの保身と怠慢と利権の集積が、患者への新薬の投与を妨げている。

 本作とは違うジャンルの作品だと思われるだろうが、『フェア・ゲーム』も保身と怠慢を描いた映画だった。実話に基づいたこの映画では、CIAという政府機関に働く一人の公務員が、上司たちの保身と怠慢に阻まれて、理不尽な立場に追い込まれる様を描いていた。

 認可の有無にかかわらず、最善と思う治療法を患者に施そうとしたら、ブラック・ジャックのように無免許で医療行為を行う覚悟が必要だ。実際、本作で死ぬ寸前だったロンを救うのは無免許医だ。
 ダラス・バイヤーズクラブを訪れるエイズ患者からロンが容赦なく金を巻き上げるのも、ブラック・ジャックと同じだ。どの患者も途切れることなく薬を飲み続けなければならないのに、採算を度外視して薬を渡してしまったら、次の仕入れができなくなる。それはロンを頼るすべての患者を見捨てるのに等しい。
 だからロンはクラブを立ち上げ、金が回る仕組みを整えた。
 政府さえ余計な口出しをしなければ、それで良かった。

 ロンとは違う考え方をする人もいるだろう。
 国民の福祉を向上させるためには、政府がしっかりやるべきだと考える人もいるはずだ。
 これはすなわち、小さな政府と大きな政府のどちらを取るかという問題だ。
 保身と怠慢と利権の巣窟になりやすい政府の権限や仕事をできるだけ小さくして、ロンやブラック・ジャックがやることに余計な口を出させないようにするか、ロンやブラック・ジャックのような者の活躍する余地がないほど政府に大きな権限や仕事を負わせるか。

 私見だが、小さな政府を志向した大衆映画を作るのは難しいと思う。政府が小さければ小さいほど、個人が重い責任を負って生きていかねばならないからだ。
 それよりも、平等や連帯を謳う映画の方が口当たりが良いはずだ。
 政府なんかいらないと背を向けるより、ちゃんとやれと政府を弾劾する方が観客には受けるだろう。

 このような政府のあり方の考察を、一人の男の生き様を通して描きながら、本作をエンターテインメントとして成立させた作り手の手腕には舌を巻く。
 だから、実のところ本作において法廷闘争の行方はどうでもいいのだ。政府の口出しが人々にとって邪魔でしかないことが示せれば良いのだから。

 もっとも、米国での議論をそのまま日本に持ち込むわけにはいかない。
 なにしろ日米では政府の大きさが全然違う。人口千人当たり65.5人の職員がいる米国に比べ、日本は人口千人をわずか36.4人の職員でサポートしている。その開きは1.8倍。職員総数で見れば、米国は実に日本の4.4倍もの規模なのだ。他の国と比較しても日本の職員は極めて少なく、職員数に関して云えば日本の政府は小さすぎる。
 にもかかわらず、日本人は歴史的にお上に依存してきた
 保身と怠慢と利権に加えて人手不足が生じているから、政府のあちこちにシワ寄せが及んでいる。その一つが日本の行政、特に中央省庁における「ブラック政府」と呼ばれるほど常態化したサービス残業だろう。


 小さな政府と大きな政府のいずれを支持するかは人それぞれだろうが、ロンはダラス・バイヤーズクラブを運営する上で重要なことを口にする。
 それは「自己責任」だ。
 医師の処方もなく、認可もされていない薬を服用して、もしも事故があってもロンは責任を取れない。「自己責任だからな」とロンは患者たちに必ず告げる。
 それでも彼らはロンの許に押し寄せる。
 政府が責任をもって認可するのを待ってはいられないからだ。どれだけ生きられるか判らない彼らにとって、自分が選んだ薬を飲む自由を奪われるのは、生きる可能性を潰されるのと同じだ。

 もちろん、言葉の使い方を間違えてはいけない。
 「自己責任」とは、自分が何かするときの自由を確保するために、規制や口出しを拒絶するために使う言葉だ。
 困っている人や保護を求めている人に対して、「自己責任だ」と云って突き放すのは見当違いだ。

 政府の干渉を撥ねつける一方で、ロンはかつてさげすんでいた女やゲイやエイズ患者たちと助け合う。孤独な戦いを続けるロンの許に、多くの人が集まってくる。
 そこには、保身もなく利権もなく、ただ必要に駆られた人に必要な手を差し伸べる助け合いがあるばかりだ。

 余命30日と告げられたロナルド・ウッドルーフが死んだのは、7年後のことである。


ダラス・バイヤーズクラブ(マシュー・マコノヒー出演) [DVD]ダラス・バイヤーズクラブ』  [た行]
監督/ジャン=マルク・ヴァレ
出演/マシュー・マコノヒー ジャレッド・レトー ジェニファー・ガーナー デニス・オヘア スティーヴ・ザーン
日本公開/2014年2月22日
ジャンル/[ドラマ]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : アメリカ映画
【genre : 映画

tag : ジャン=マルク・ヴァレ マシュー・マコノヒー ジャレッド・レトー ジェニファー・ガーナー デニス・オヘア スティーヴ・ザーン

⇒comment

No title

こんちは。
ちっちゃい、大きいで思い出すのはマイケル・ムーアが撮った銃規制と保険の映画。あれも政府が管理せずに、選択したり、してなかったりの違いはあるけど国民の手元に委ねられてる状態。ええのんか、それでええのんか、政府を少し太らせてでも御上がやらなあかんのんちゃうか、というのがムーアのいい分でしたね。確かにこっちの筋の方が通りやすいのかもしれない。

Re: No title

ふじき78さん、こんにちは。
小さな政府を志向した映画が作られても、日本には入って来ないのかもしれませんけどね。管理社会を批判して自由を訴える……という抽象的な話ならともかく、では国民一人ひとりが自由のために責務を負うという話は、あんまり受けないでしょうから。

ところで、米国では難儀している銃規制や国民皆保険も、日本では実現できています。
日本は、社会主義国と云われるほど「大きな政府」志向の国ですが、面白いのは日本の銃規制がGHQの占領下で行われたことですね。日本の銃規制を実現したのは米国なんですね。
豊臣秀吉の刀狩でも、江戸幕府でも明治政府でも充分にはできなかった武器の規制が、外国の支配によってようやく実現できたわけで、ここら辺は政府の大きい小さいばかりでなく、治安に対する姿勢も関わるのかもしれません。

No title

面白かったので原作を探しても、見当たらなかった。ニュース記事やネット読み物としてロンさんのことがとりあげられてはいても書籍としては原作が発刊されていないのですね。

映画はとっても面白かったです。政府の人たちも病院の人たちもエキセントリックな使命を帯びた教条的な役人や医師ではなく、ルールを守って仕事をしているというところが描かれていて好感をもてます。

主人公は本当にたくましく面白い(脚色もあるのでしょうが)。かれもまた誰かを頼るわけではなく、個人の責任で個人の幸福追求のために動くというリバタリアンのような。彼が作ったクラブでの活動が本来は違法ですが、淡々と効率化をはかり効果的に進めていくその姿にまるで合法の範囲で工夫を凝らし類似企業(たとえば、合衆国の保健省?、笑)との差別化を図っていく優秀なる企業家に見えて仕方ありませんでした。

きっとこのケースはビジネススクールでは取り上げられているんでしょうね。

Re: No title

魚虎555さん、こんにちは。
たしかにこのクラブは、スタートアップや事業ドメインについて討論するケースにうってつけですね。

残念ながら、本作の元になるものとしては、ロン・ウッドルーフ氏が生前、脚本家のインタビューに応じた記録くらいしかないようです。しかも、インタビューに正直に答えていないのではないか、と云われているようです。

本作に関連して目を引いたのは、新聞の映画評にこう書かれていたことです。
「ロンの行為はすべて自分のため。」(日本経済新聞夕刊2014年2月21日)
 http://www.nikkei.com/article/DGXDZO67122070Q4A220C1BE0P01/
「その理由は、慈善でも大いなる愛でもない。」(読売新聞夕刊2014年2月21日)
 http://www.yomiuri.co.jp/culture/cinema/creview/20140221-OYT8T00743.html

ロンの動機にわざわざ触れているのを見ると、まるで慈善や愛に溢れて他人のためにやった行為と、慈善でも愛でもなく自分のためにやった行為に違いがあるかのようです。

・慈善や愛から行動したけど、患者に薬を提供できないクラブ
・慈善も愛も考えてないけど、患者の求める薬をきちんと提供できるクラブ

この二つのクラブがあったなら、患者が喜ぶのは後者に対してでしょう。
結果として慈善や愛の有無は関係ない、どころか、もしかしたら後者の方が患者に必ず薬を渡す方策を冷静冷徹に計算できて、より確実に事業を継続できるかもしれません。
でも人はそこに「動機の純粋性」を見たがるのですね。慈善や愛を動機とする行為の方が尊いと思いやすい。
慈善や愛じゃないとロンはうそぶきますが、本作を観れば「動機の純粋性」に関係なく、結果の素晴らしさがロンに友愛をもたらしたように思います。
映画の作り手がロンの家族を一切登場させなかったのも、物語のスタートラインに愛情を置きたくなかったからでしょうね。

自分の

ためだったからこそ、あれだけの執着心と、粘り強さとがめつさで、生き抜いたんでしょうね。
なまじ愛とか、慈善とかってのがあったら、胡散臭さを感じたかもです。
好きか?と聞かれたら、映画としてはあんまり好きじゃないけど、人間に関しては、シンパシーを感じました。わかる気がする。
その辺の人間味といやらしさを存分に体現してくれたマコノヒーには脱帽です。
演技力、十分あるんだから、そこまで身を削らなくても・・と思うんですが、彼にとっては、そこまでしなきゃなんない何かがあったんでしょうね。

Re: 自分の

sakuraiさん、こんにちは。
そうですね。あそこまで痩せなくても充分素晴らしい演技だったと思います。
アカデミー賞を受賞できたのは良いことでしょうが、頭髪を抜いてアカデミー賞を受賞した『ザ・ファイター』のクリスチャン・ベイルの例もあるし、肉体改造も演技のうちと見なされているのでしょうか。
でも、『アメリカン・ハッスル』のクリスチャン・ベイルがとんと賞に恵まれなかったことを思うと、減量は高評価されても太るのは評価されないのかなぁ。

ここなつです

こんにちは。
ロンのガッツ、現実にもそうだったと思うと、よく頑張ったな…と、
この作品は、マシュー・マコノヒーの根性だけでなく、実在の彼の根性が凄かったと思わせる作品でした。

Re: ここなつです

ここなつさん、こんにちは。
そうですね。
最初はいい加減なヤツに思えたロンが、映画の進行とともにどんどん魅力的に見えてくるのが驚きでした。
腹をくくった人間の凄みを、マシュー・マコノヒーが見事に演じていましたね。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジャン=マルク・ヴァレ監督、マシュー・マコノヒー主演、ジャレッド・レト、ジェニファー・ガーナー『ダラス・バイヤーズクラブ(Dallas Buyers Club)』

マシュー・マコノヒーの圧倒的な存在が輝く『ダラス・バイヤーズクラブ(Dallas Buyers Club)』共演はジャレッド・レトー、ジェニファー・ガーナー。監督は『ヴィクトリア女王 世紀の愛』のジャ

「ダラス・バイヤーズクラブ」

 (原題:DALLAS BUYERS CLUB)痛快な一編だ。難病物のルーティンに尻を向け、最後まで勝手気ままに生き、それがまた結果的に世のため人のためになってしまった男の破天荒な行程を追う、実話を元にしたジャン=マルク・ヴァレ監督作。全編に漂う乾いたユーモアは、ウェ...

ダラス・バイヤーズクラブ  監督/ ジャン=マルク・ヴァレ

【出演】  マシュー・マコノヒー  ジャレッド・レトー  ジェニファー・ガーナー 【ストーリー】 1985年、電気工でロデオカウボーイのロン・ウッドルーフは、HIV陽性と診断され余命が30日だと言い渡される。アメリカには認可治療薬が少ないことを知った彼は代替薬を探...

「ダラスバイヤーズクラブ」、HIVに罹り、その薬の密輸販売で当局と戦ったカウボーイ

おススメ度 ☆☆☆☆ 1985年、テキサス生まれの電気技師ロン・ウッドルーフはHIV陽性と診断され、余命30日と宣告される。米国には認可された治療薬が少ないことを知り、納得のできないロンは代替薬を求めてメキシコへ渡る。そこで米国への薬の密輸を思いついたロンは、無認...

ダラス・バイヤーズクラブ ★★★★★

1980年代当時無認可だったHIV代替治療薬を密輸販売し、アメリカのHIV患者が特効薬を手にできるよう奔走した実在のカウボーイの半生を映画化した人間ドラマ。HIV陽性と診断されたカウボーイを『マジック・マイク』などのマシュー・マコノヒーが演じ、21キロも減量しエイズ...

ダラス・バイヤーズクラブ

評価:★★★★【4点】(10) 余命30日と宣告された男はタダでは転ばなかった。

映画『ダラス・バイヤーズクラブ』観てきた〜

やっと、こっちの地方でも公開されて観てきましたよ。 公式HPはコチラ 実話ですし、あらすじはぜひ公式HPで読んでみてくだされ。 ま、正直いうと、主人公がもともとは 女好きで酒好きで、ロデオで賭け事して、負けたらお金持って逃げるっていう クズな男だったので、見続けられるのかと思ったのですが。 主人公ロンが余命宣告されてからの生きることへの執着を見せ始めると、 ...

『ダラス・バイヤーズクラブ』 2014年2月12日 一ツ橋ホール

『ダラス・バイヤーズクラブ』 を試写会で鑑賞しました。 マシュー・マコノヒーは別人だよ。 あれだけ痩せるのは正直どうやるんだろう...という位の役作り 【ストーリー】  1985年、電気工でロデオカウボーイのロン・ウッドルーフ(マシュー・マコノヒー)は、HIV陽性と診断され余命が30日だと言い渡される。アメリカには認可治療薬が少ないことを知った彼は代替薬を探すためメキシコへ向かい、本国へ...

ダラス・バイヤーズクラブ

ダラス・バイヤーズクラブ@一ツ橋ホール

ダラス・バイヤーズクラブ

 『ダラス・バイヤーズクラブ』を新宿のシネマカリテで見ました。 (1)今度のアカデミー賞の作品賞などにノミネートされた作品というので見に行ってきました(注1)。  本作の舞台は1985年のテキサス州ダラス。  電気技師の主人公ロン(マシュー・マコノヒー)は、ロ...

ダラス・バイヤーズクラブ

満点。当時は同性愛者への偏見もあり政府は薬品会社と癒着していた。その壁に立ち向かっていった主人公の変わり様がすばらしい。最初は自堕落な生活を送っていたけど、エイズ患者をして生き続けるために健康的で勤勉な生活を送るのだ。

ダラス・バイヤーズクラブ

映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】 エイズにかかった余命30日の自堕落な主

ダラス・バイヤーズクラブ/マシュー・マコノヒー

1980年代に当時はまだ無認可のHIV代替治療薬を密輸販売しアメリカのHIV患者が特効薬を手にできるよう奔走した実在のカウボーイの半生を映画化したというヒューマン・ドラマです。『ヴ ...

「ダラス・バイヤーズ・クラブ」

「Dallas Buyers Club」 2013 USA 1985年、テキサス州ダラス。女と酒が大好きなロンはロデオのカウボーイ。いつものようにロデオで賭けをし、負けと知るや金を払わず逃げを決め込む不埒な男。そんな放蕩三昧のロンが、ある日HIV感染者と診断され医者から余命30日と宣告される... ロ ン・ウッドルーフに「バーニー/みんなが愛した殺人者/2011」「ペーパーボ...

まだ逝かぬカウボーイ ジャン=マルク・ヴァレ 『ダラス・バイヤーズ・クラブ』

早いモンで第86回アカデミー賞もさくさくっと終わってしまいました。その中で作品賞

『ダラス・バイヤーズクラブ』

俺は生きる。それを邪魔するヤツはくたばれ! これは生きる強さを静かに描いた作品です。マシュー・マコノヒーとジャレット・レトが誰かが死ぬとポッカリと穴が空いたようになる ...

ダラスバイヤーズクラブ

ダラスバイヤーズクラブ観ました 2013年 アメリカ  監督  ジャン=マルク・バレ  脚本  クレイグ・ボーテン      メリッサ・ウォーラック  出演  マシュー・マコノヒー      ジャレット・レト      ジェニファー・ガーナー マシューマコ...

ダラス・バイヤーズ・クラブ

【Dallas Buyers Club】 「キラー・スナイパー」「マジック・マイク」のマシュー・マコノヒーが、実在した不屈のエイズ患者を体当たりで熱演し絶賛されたヒューマン・ドラマ『ダラス・バイヤーズ・クラブ』です。

『ダラス・バイヤーズクラブ』をHTC有楽町1で観て、ちょっと時間たっちったふじき★★★

五つ星評価で【★★★思った方向ではなかった】    エイズを発症し、ガリガリに痩せた余命30日の男が、 アメリカ政府と戦いながら生き抜いていく話と言うのは知ってたけど、 「 ...

「ダラス・バイヤーズクラブ」☆生き抜けっ!

ひどく太るのとひどく痩せるのと、どちらが大変かというのは別としても、こちらに軍配が上がるのは当然のことでしょう。 ただただその人の特異な人生をたどるだけの実話モノも多い中で、お涙頂戴にならずに、じわりと感動し、じわりと胸に響く。 いつまでも余韻に浸ることのできる映画は、本当にいい映画なのだ。

『ダラス・バイヤーズクラブ』 (2013)

世の矛盾に立ち向かう破天荒男、その魂の闘病ドラマ! とかく役者陣の迫真の演技に引き込まれる生命力溢れる一本であった。 自身、HIV陽性と診断され、代替薬を密輸販売し、期せずしてHIV患者の希望となったテキサス男ロン・ウッドルーフ。本作はそんな彼の激動の半生...

ダラス・バイヤーズクラブ

「ダラス・バイヤーズクラブ」 ヒューマントラスト有楽町 1985年、電気技師のロン・ウッドルーフ(マシュー・マコノヒー)はHIV陽性と診断され、余命30日と宣告される。酒と女が好

『ダラス・バイヤーズアクラブ』

1985年、アメリカ南部に位置するテキサス州。電気工でロデオカウボーイのロン・ウッドルーフ(マシュー・マコノヒー)は、多くの女性と性行為を重ねた末、HIV陽性で余命30日との診断がくだる。突然の事態に驚き、エイズについて猛勉強するロン。アメリカでは認可されてい...

ダラス・バイヤーズクラブ

映画館で観ました。1985年、テキサス生まれの電気技師ロン・ウッドルーフはHIV陽性と診断され、余命30日と宣告される。米国には認可された治療薬が少ないことを知り、納得のできないロンは代替薬を求めてメキシコへ渡る。そこで米国への薬の密輸を思いついたロンは、無認...

ダラス・バイヤーズクラブ

マシュー・マコノヒーがエイズ患者を演じる実録映画。見慣れたダウンタウンをバックにしたポスターも嬉しく、ダラス在住者としては見逃せない『ダラス・バイヤーズクラブ』を観て ...

ダラス・バイヤーズクラブ

1985年、アメリカ・テキサス州ダラス。 ロデオ(暴れ牛に乗る競技)に夢中のカウボーイで電気技師のロンは、HIV陽性(AIDS:エイズ)で余命約30日と宣告される。 病気について徹底的に調べ始めたロンは、性同一障害者の男性レイヨンと組んで、米国未承認エイズ治療薬の密売組織“ダラス・バイヤーズクラブ”を立ち上げる。 副作用の強い治療薬AZTを推奨する医師、製薬会社、政府との徹底抗戦が始まった…...

『ダラス・バイヤーズクラブ』

□作品オフィシャルサイト 「ダラス・バイヤーズクラブ」□監督 ジャン=マルク・ヴァレ □脚本 メリッサ・ウォーラック□キャスト マシュー・マコノヒー、ジャレッド・レトー、ジェニファー・ガーナー ■鑑賞日 3月2日(日)■劇場 ブルグ13■cyazの満足度 ★★★★...

「ダラス・バイヤーズ・クラブ」

エイズは同性愛者が罹る病だと思われていた頃、 ヤク中の女好き(ゲイではない)がエイズになり 寿命はあと30日だと宣告される。 新薬(というより初めてのワクチン)投与を希望するも 投与期間や血液の数値の状態などから断られる。 いろいろなツテを頼り、 メキシコの...

映画『ダラス・バイヤーズクラブ』を観て〜アカデミー賞受賞作品

14-26.ダラス・バイヤーズクラブ■原題:Dallas Buyers Club■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:117分■料金:1,800円■観賞日:3月15日、ヒューマントラストシネマ有楽町(有楽町) □監督:ジャン=マルク・ヴァレ◆マシュー・マコノヒー◆ジャレッド・...

ダラス・バイヤーズクラブ/DALLAS BUYERS CLUB

このマコ様がすごい マシュー・マコノヒー&ジャレッド・レト、Wでゴールデングローブ賞ほか多数受賞 アカデミー賞でも、オスカー受賞待ち そのリアルさが大絶賛を浴びて、ここへきて近年最もノッてる俳優と言われるマコ様 HIV陽性と診断されたことをきっ...

反骨~『ダラス・バイヤーズクラブ』

 Dallas Buyers Club  1985年。テキサス州ダラスでトレイラー暮らしをする電気技師のロン・ウッド ルーフ(マシュー・マコノヒー)は、ロデオと女を愛し、酒とドラッグ漬けのマッ チョなカウボーイ。そんな彼が、HIV陽性、余命30日を告げられる。  エイズがまだ、同性愛者の病気だと信じられていた頃。保守的なアメリカ南部 で、自らも差...

ダラス・バイヤーズ・クラブ

死にたくない! 公式サイト http://www.finefilms.co.jp/dallas 監督: ジャン・マルク=マレ  「ヴィクトリア女王 世紀の愛」 実話を基にした映画 1985年、テキサス

『ダラス・バイヤーズ・クラブ』

(原題:Dallas Buyers Clube) ----おおっ、こっちから来たか…。 これは確か今話題のマシュー・マコノヒー。 「そうだね。 マコノヒーなんて、 『評決のとき』で売り出した最初の頃はともかく、 その後は『サラマンダー』のような怪作に出たりして…。 まさか、ここまで...

ダラス・バイヤーズクラブ/死の淵で彷徨う

ダラス・バイヤーズクラブDallas Buyers Club/監督:ジャン=マルク・ヴァレ/2013年/アメリカ 俺はまだ死んでいないだけ ヒューマントラストシネマ有楽町シアター1、F-11で鑑賞。マコノヒーが激ヤセということと、エイズの話だということしか知りませんでした。差別問題を扱っているのかと思っていたらまったくちがったねー。 みなさん指摘されていることだと思いますが、字幕が...

「ダラス・バイヤーズクラブ」が描くアメリカの矛盾と人間の尊厳

 高村薫は「神の火」(91年)で、<二酸化炭素排出規制=原発推進派の後ろ盾>に言及していた。15年後(06年)、<二酸化炭素温暖化説>に則る「不都合な真実」が公開され、提唱者アル・ゴアはノーベル平和賞を授与される。聖人になったのも束の間、転落も早かった。ニュ...

ダラスバイヤーズクラブ

いやー、取りましたねーアカデミー賞主演男優賞&助演男優賞!W受賞でめでたいね。1985年、ダラスに住む電気技師ロンウッドルーフマシュマコノヒーは現場で怪我をした際の病院のチェックでHIV陽性と分かり余命30日と診断される。エイズに関する正しい知識がなかった時代。...

ダラス・バイヤーズクラブ

【DALLAS BUYERS CLUB】 2014/02/22公開 アメリカ R15+ 117分監督:ジャン=マルク・ヴァレ出演:マシュー・マコノヒー、ジャレッド・レトー、ジェニファー・ガーナー 「くたばれ!」と社会は言った。「くたばるか!」と男はたった一人で戦いを挑んだ。 [Story]1985年、...

ショートレビュー「ダラス・バイヤーズクラブ・・・・・評価額1700円」

不屈のカウボーイスピリット。 1980年代、当時猛威をふるっていたAIDSに罹患し、余命30日を宣告されながら、自ら未承認治療薬を取り寄せるクラブを立ち上げ、7年もの間懸命に生き続けたロン・ウッドルーフの闘いを描く実録ヒューマンドラマ。 このところ、まるで映画の神が憑依したかの如く、ノリにノッているマシュー・マコノヒーが、今回も熱いテキサス魂を胸に生き抜こうとするロンサムカウボーイを...

ダラス・バイヤーズ・クラブ

鬼気迫る。。。

ダラス・バイヤーズクラブ

★★★★ 製作:2013年 米国 上映時間:117分 監督:ジャン=マルク・ヴァレ  1980年代には無認可だった「HIV代替治療薬」を密輸販売。藁にもすがりたいHIV患者に特効薬を提供したという、実在の不良カウボーイの半生を映画化した人間ドラマである。彼

ダラス・バイヤーズクラブ

今回はかなり内容に触れているのであらかじめご了承くださいまし

ダラス・バイヤーズクラブ

1985年、ダラス。 電気工でロデオカウボーイのロン・ウッドルーフ(マシュー・マコノヒー)は、HIV陽性と診断され、余命30日を言い渡される。 アメリカに認可治療薬が少ないことを知ったロンは、代替薬を求めメキシコへ向かい、密輸を試みる。 偶然出会った性同一性障害でエイズを患うレイヨン(ジャレッド・レト)と、国内未承認の薬を販売する「ダラス・バイヤーズクラブ」を設立するが…。 ...

ダラス・バイヤーズクラブ(2013)**DALLAS BUYERS CLUB

 「くたばれ!」と社会は言った。                                     「くたばるか!」と男はたった一人で戦いを挑んだ。 遅まきながら鑑賞してきました。マシュー・マコノヒーがアカデミー賞をゲットしたということで気になっ...

『ダラス・バイヤーズクラブ』を観てきた!?

『ダラス・バイヤーズクラブ』を観てきました。ダラス・バイヤーズクラブ - 映画.com 案内を読んで、、、バイヤーズクラブっていうくらいだから、もっともっと組織的にやってるもんだと思ったら、、、結構ゲリラ的に個人のバイタリティで成し遂げちゃった話でした。 しかもオイラ実話をもとにしているって知らんかった。エンディングでノンフィクション系にありがちなその後の彼を紹介するところまで知らんかったん...

「ダラスバイヤーズクラブ」

神が選びしカウボーイ。 この実話がおもしろいのは、偏見に満ちた主人公・ロンが一転して偏見の目にさらされる立場になる序盤の展開と、そこから懸命に這い上がる逆転の物語にある。 「懸命」と書いたが、その手法が型破りなところも魅力の一つだ。冒頭のロデオ賭博を...

「ダラス・バイヤーズクラブ」

マシュー・マコノヒーが圧倒的な存在感で第86回アカデミー賞主演男優賞を獲得したこの作品であるが、賞獲得が決定する前に見た劇場予告編で既に鑑賞意欲は高まっていた。だから、ダメ〜な感じを最後まで貫いてのマシュー・マコノヒーかと思っていたら、そんな事は全然なくて、むしろ社会問題を提起するような作品。こちらの勝手だけれど、ダメ〜う〜んダメダメ〜(チャラいという意味ではないよ)、というのを期待していた...

ダラス・バイヤーズクラブ

ダラス・バイヤーズクラブ '13:米 ◆原題:DALLAS BUYERS CLUB ◆監督:ジャン=マルク・ヴァレ「ヴィクトリア女王 世紀の愛」 ◆主演:マシュー・マコノヒー、ジャレッド・レト、ジェニファー・ガーナー、デニス・オヘア、スティーヴ・ザーン、グリフィン・ダン ◆STORY◆...

ダラス・バイヤーズ・クラブ

 実話が元だけに派手さはなく、見ているうちは気づかなかったけど、思い返してみれば心にひっかかる映画でした。なんといっても、アカデミー主演、助演男優賞コンビのマシュー・マコノヒーとジャレッド・レトの演技が大きいなあ。  作品情報 2013年アメリカ映画 …

エイズになり 輝きだす、

映画「ダラス・バイヤーズクラブ」を鑑賞しました。 1985年、電気工でロデオカウボーイのロンは、HIV陽性と診断され余命が30日だと言い渡される。 アメリカに認可治療薬が少ないことを知り彼は代替薬を探し 本国へ密輸を試み国内未承認の薬を販売する「ダラス・バイヤー...

「ダラス・バイヤーズクラブ」

マシュー・マコノヒー主演の実話をもとにしたドラマ、「ダラス・バイヤーズクラブ」(

Blu-ray:ダラス・バイヤーズクラブ Dallas Buyers Club 命を賭けた闘いの男儀ぶりに降参!

評判は聞いていたが、エイズ物ということで つい尻込みしてしまい、Blu-rayで。 エイズになってしまった主人公は、余命30日との宣告を受ける。 フツーだったら、そのまま落ち込んで、棺桶までまっしぐらに? ところが主人公はロデオ乗り。 男の中の男、が売りで...

患者から救済者になっちまった男。〜「ダラス・バイヤーズ・クラブ」〜

ダラス・バイヤーズクラブ [Blu-ray]Happinet(SB)(D) 2014-09-02by G-Tools GyaO鑑賞2本目。また全然ちゃうタイプの映画をセレクト。 実はアカデミー賞の主演男優賞とって気にはなってたんだけど、劇場公開見に行けなくてね〜・・・と言い訳。 HIVに感染しちまって、...

ダラス・バイヤーズ・クラブ

ダラス・バイヤーズクラブ [Blu-ray](2014/09/02)マシュー・マコノヒー、ジャレッド・レト 他商品詳細を見る 【DALLAS BUYERS CLUB】 制作国:アメリカ  制作年:2013年 1985年電気工でカウボーイのロン・ウッドルーフ(マシュー・マコ ノヒー)は、賭博と酒と女の日々を送るデタラメな男。ある日突然、 HIV陽性で余命30日と宣告される。HIV...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示