『トリック劇場版 ラストステージ』 霊能力者の正体とは?

 【ネタバレ注意】

 「われわれも、そしてきっと皆さんもモヤモヤしていたドラマのテーマ性の部分に、そろそろ決着をつけてもいいのではないかと思ったのです。」
 山内章弘プロデューサーはこう語った。
 「霊能力なんか信じないという人も、お正月には初詣でに行ったりはしますよね」
 「われわれも『トリック』みたいな作品をやっていて何ですが(笑)、おはらいをやったりする。でも、それが人間だよね」

 完結編となる『トリック劇場版 ラストステージ』は、「この世に霊能力というものはあるのか」「人はいったい霊能力をどうとらえているのか」というこのシリーズのテーマに、真正面から真摯に取り組んだ作品だ。

 もちろんシリーズの常として、小ネタのオンパレードで楽しませてもくれる。
 登場人物の背景には、ギャグをまぶした貼紙が所狭しと貼り出され、「貼紙禁止」の貼紙まである。
 会話は相変わらず、
 「死者!?」
 「――五入。なんちゃって。」
というノリだ。
 小ネタの数々で笑わせて、「このノリが『トリック』なんだな」と懐かさを覚えさせる本作は、主人公山田奈緒子と上田次郎の掛け合いが続くだけでも何だか満足できてしまう。

 しかしながら驚くのは、そんな小ネタで相殺しなければならないほど、本作の霊能力への切り込みが至って真面目なことだ。
 これまでも本シリーズはインチキ霊能力者の正体を暴き、霊能力なるものがトリックでしかないことを明らかにしてきた。一方で、霊能力の存在を完全には否定し切らず、もしかしたらどこかに霊能力者がいるのでは……という含みを持たせてきた。
 観客誰しも、新作を観るたびにモヤモヤが残ったはずだ。
 山内プロデューサーの云うとおり、本作はそこにきちんと決着をつけている。奇をてらわず、これまでの積み重ねを踏まえたその結論は、大いに説得力のあるものだ。

 本作で山田奈緒子が対決するのは、ジャングルの奥地、秘境の部族から崇められる呪術師ボノイズンミだ。
 未来を予知し、病気を治すことも、人を呪い殺すこともできるボノイズンミは、資源開発のために彼女の村を蹂躙する日本人を次々に抹殺していく。
 この強敵に奈緒子と上田が挑むのだが、もちろんボノイズンミの呪術は霊能力ではない。

 「なんだ、インチキじゃないか。」
 ボノイズンミの見せた超常現象のカラクリを知った奈緒子は思わず口走る。
 一見、霊能力のようであろうとも、そこには緻密な演出と計算があり、人間心理を突いたトリックが仕掛けられているのは毎度のことだ。
 しかし、それだけでは説明できないもの、これまでモヤモヤさせられたものに切り込んでいるのが本作の特徴である。
 呪術師ボノイズンミはたしかにトリックを弄し、演出を施していた。同時にそこには、本当に病気を治す力、人を殺す力も存在した。
 それは西洋医学や西洋科学ではまだ知られていない薬剤だ。ジャングルの豊富な生物資源を源泉とし、代々の呪術師に伝えられてきた薬剤の中には、現代の西洋医学では及ばない効果が存在するという設定だ。

 本作の背景には工業文明による環境破壊があり、西洋医学や西洋科学で説明できないものをバカにして切り捨てようとする危うさが描かれている。私たちの知る医学や科学が土着の伝承よりも優れているなんて決めつけるのは、とんでもない思い上がりなのだ。
 もちろん、薬剤の効能を霊能力のように見せかける卑劣さを奈緒子が許すはずもなく、世にはびこるインチキ霊能力を糾弾する姿勢は本作にも貫かれている。

 また、奈緒子やボノイズンミが予知夢を見ることについても合理的な説明がなされる。
 彼らはこれから大爆発が起きて地域全体が滅亡することを夢で知る。
 劇中では、地下に充満した可燃性ガスが起こす振動を、とりわけ敏感な知覚を持つ奈緒子やボノイズンミが無意識に察知していたのだろうと説明する。
 これもまた理にかなった結論だろう。
 人一倍鋭敏な感覚の持ち主がいたとして、彼らを適切に扱えなければ「霊能力者」として祭り上げることになりかねない。適切な呼び方がないから「霊能力」なんて言葉に飛びついてしまうけれど、そこには少し鋭敏な感覚を持て余している個人がいるだけなのかもしれない。

 このように「ちょっと変わった人」を普通に遇することができないとしたら、それは本人の問題ではなく、社会の側が問われることではないだろうか。
 本作からはそんな問題提起すらうかがわれる。


 でも、現実にはそんな人はいないでしょ。と思われるかもしれない。
 だが、科学の進歩は、人間の知られざる面を解明しつつある。
 唐辛子の辛さを手で触れただけで感じとったり、目を閉じているのに色の違いを感じたりしたら、それは霊能力だろうか。本当にそんな人がいたら霊能力者扱いされるかもしれないが、近年、人間にはこれまで知られていた以上の知覚があるらしいことが判ってきた。表皮細胞は唐辛子の辛み成分であるカプサイシンに反応するし、皮膚の遺伝子配列の一部は眼の網膜と一緒であり、光の明暗を感じるタンパク質「ロドプシン」は表皮にも存在する
 ものを見るのは目の役割、味を感じるのは舌の役割、私たちはそう思い込んでいるが、どうやら体の器官は私たちが考えるほどきっちり役割分担しているわけではないらしい。

 たしかに生物の発生を考えるとき、受精卵が分裂し、胚が分裂を繰り返していく過程で、外側の皮膚が窪んで神経になり、そこから脳や眼が作られていく。
 傳田光洋氏は脳を持たないクラゲを例に出し、もともと表皮に判断システムを含むすべての働きが存在していたのではないかという。
 であればこそ、傷ついた皮膚に赤い光を照射するとダメージからの回復が早くなり、青い光を当てると回復が遅くなるなんて「怪現象」も起こる。

 音についても同様で、人間の可聴域はせいぜい2万ヘルツ程度までと云われるが、2万ヘルツ以上の音を人体に照射したら、耳を塞いでも被験者の生理状態に影響を及ぼした報告があるという。
 山田奈緒子やボノイズンミも、意識の上では聞こえない音を、全身で感じ取っていたのかもしれない。

 私たちはまだまだ人体のことすらよく判ってはいない。
 そこに、正月には初詣でに行ったり、安全祈願や学業成就のお守りを買うような迷信深さが加わると、「霊能力者」を出現させてしまうのではないか。


 完結編となる『トリック劇場版 ラストステージ』は、意外や感動作でもある。
 例によって冒頭では、伝説の奇術師ハリー・フーディーニの逸話が紹介される。
 彼は死の直前に「もしも死後の世界があるならば、一年後必ず連絡をする」と妻に云い残して死ぬ。一年後、妻は多くの霊能力者を集めてフーディーニからの連絡を待つが、結局なんの連絡もなかった。
 映画の結末で、これがフーディーニの妻への思いやりであることが明らかになる。

 フーディーニだって死後の世界があると思ったわけでも、ましてやそこから連絡が取れると思ったわけでもなかろう。
 だが、フーディーニの言葉のおかげで、妻は一年間生きていくことができた。一年後に連絡がなかったとしても、そのときには妻もある程度気持ちの整理がついているはずだ。
 それを見越したフーディーニの愛情が、この言葉には込められている。

 映画のクライマックスで、咄嗟にフーディーニと同じ言葉を口にした奈緒子の気持ちを思うとき、そしてそれをバカ正直に信じた上田の気持ちを思うとき、観客は大きな感動に包まれることだろう。


トリック劇場版 ラストステージ 超完全版(本編Blu-ray&特典Blu-ray2枚組)トリック劇場版 ラストステージ』  [た行]
監督/堤幸彦  脚本/蒔田光治
出演/仲間由紀恵 阿部寛 生瀬勝久 野際陽子 東山紀之 北村一輝 水原希子 中村育二 石丸謙二郎 池田鉄洋 吉田鋼太郎
日本公開/2014年1月11日
ジャンル/[コメディ] [ミステリー]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : ミステリー映画
【genre : 映画

⇒comment

死者五人

>「死者!?」
>「――五入。なんちゃって。」
四捨五入を死者五入。

死ぬのは、100%。 人は誰もが平等に死にます。 この話は、出なかったです。

Re: 死者五人

iinaさん、こんにちは。
人生は致死率100%! この予言は百発百中ですね。

No title

「四捨五入」を「死者五入」で、「死者誤入」。

科学では解明されていないが、戸籍もない未開の地に、不死の人間がもし、いたなら、人が死者になるのは100%ではないのかもしれない。

Re: No title

ふじき78さん、こんにちは。
それはクズリのように獰猛で、手の甲から鋭い爪を出す男かも……。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画『トリック劇場版 ラストステージ』観たよ〜

とうとうホントに最後っていうことらしいですね(; ^ω^) なんだか寂しい。 ストーリーは相変わらずのトリックらしい雰囲気でした。 ついでに、昨日のドラマ版の新作スペシャルもチープなトリックらしさが良かったw 詳しくは公式HP 最初で最後の海外ロケはマレーシアだったそうで、 元気だけど妖しげな雰囲気はトリックにピッタリでした。 秘境でレアアースを採掘したい会社は村上...

トリック劇場版 ラストステージ

これで最後?!ほんまに終わり??『トリック劇場版 ラストステージ』を観てきました。 ★★★★★ これまで終わり終わりと言いながら、良い意味でダラダラとマンネリを重ねて続いてきた大好きな『トリック』シリーズですが、遂にこれで終わってしまいました。 見事なフィナー...

トリック劇場版 ラストステージ

13年半にもわたったTRICKの最終作品。最終作品ということもあり、テーマ曲が初心に帰って、鬼束ちひろの『月光』が使われている。 ・・・、こんな事は言いたくないんですが、ぶっちゃけ、イマイチ。トリックの良いところは、オチャラケた中にも、きちんと“トリック”が...

トリック劇場版 ラストステージ

2014/01/11公開 日本 112分監督:堤幸彦出演:仲間由紀恵、阿部寛、生瀬勝久、野際陽子、東山紀之、北村一輝、水原希子、中村育二、石丸謙二郎、池田鉄洋、吉田鋼太郎 トリックシリーズ14年間の集大成!本当に最後です! [Story]海外の秘境でレアアースを採掘するため、...

『トリック劇場版 ラストステージ』

自称美人巨乳天才マジシャンの山田奈緒子、正真正銘天才物理学者の上田次郎の2人が迎えるラスト。しょうゆことなのね。 13年半に及ぶ長いシリーズもついに完結となったこの劇場版 ...

「TRICKトリック ―劇場版― ラストステージ」呪術師のトリックはズバッとお見通しだ!山田は呪術師を継承し皆を救って上田の前に○子として現れた

「TRICKトリック ―劇場版― ラストステージ」は2000年に連続ドラマでスタートし劇場版4作目となるTRICKシリーズの最後の作品で赤道直下の国で謎の死を巡る事件に山田と上田が関 ...

劇場鑑賞「トリック 劇場版 ラストステージ」

一年後に、連絡します… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201401110000/ 【送料無料選択可!】TRICK-劇場版-ラストステージ[本/雑誌] (単行本・ムック) / 堤幸彦/監修 ...価格:1,260円(税込、送料別) 【送料無料】さよなら!トリック公式パーフェクト...

トリック劇場版 ラストステージ

ビッグバンから何かが始まる!  

「トリック劇場版 ラストステージ」みた。

劇場版第4作であり、シリーズ完結編。私がシリーズを見始めたのは確かTVシリーズの「2」の頃だからすっかり出遅れスタートではあったけれど、再放送は繰り返し見て、スペシャルは必ず視聴、劇場版にも毎度通った

[トリック] シリーズ最高傑作!「トリック劇場版 ラストステージ」

公開初日に観に行く。これまでとは一味違う、シリーズ最高傑作だ。 題名トリック劇場版 ラストステージ 監督堤幸彦 出演■レギュラー/仲間由紀恵(山田奈緒子、仲間由紀恵似の美人で巨乳の天才マジシャン)、阿部寛(上田次郎)、生瀬勝久(矢部謙三)、池田鉄洋(秋葉原

「トリック劇場版 ラストステージ」 いい意味で変わってなーい! パート2

14年前に放映されたテレビドラマ「TRICK」、今回の劇場版で完結ということです

『トリック劇場版 ラストステージ』

超泣いた。 もう洟垂れちゃうくらい泣いた。 あのラストはズルいよ。 全シリーズリアルタイムで観てきたんだもん。 14年の色んな思いが溢れて涙が止まらなかった。 ただ、映画 ...

映画:「TRICK劇場版 ラストステージ」♪。

平成26年1月16日(木)。 映画:「TRICK劇場版 ラストステージ」。 監  督:堤幸彦 脚  本:蒔田光治 音  楽:辻陽 キャスト: 山田奈緒子:仲間由紀恵・上田次郎:阿部寛 矢部謙三:生瀬勝久・山田里見:野際陽子 加賀美慎一:東山紀之・谷岡…

さよなら、TRICK!(注:ネタバレ含みます。)

1/11、「TRICK -劇場版- ラストステージ」を見てきました。 まだパンフレットや『公式パーフェクトBOOK』を読んでいないため、 見落としや勘違いもあると思いますが…、初見の感想を。 終わっちゃいました。 何だかんだ言って、TRICKは終わんないでしょ!と思ってたん...

もうひと捻り!が欲しかったかも。『トリック劇場版 ラストステージ』

奇術師と物理学教授のコンビが怪しげな超常現象を解き明かす物語。 テレビシリーズで大人気を博した「トリック」の劇場公開作第3弾です。

映画 トリック劇場版ラストステージ

JUGEMテーマ:映画館で観た映画    ◆トリック シリーズ    ギャグ満載の『トリック劇場版ラストステージ』。    ボノイズンミが、最後に仕掛けたトリックを見事に    こなした山田奈緒子。ボノイズンミが持っていた本に山田奈緒子の &...

トリック劇場版 ラストステージ ★★★★

自称天才美人マジシャンと天才物理学者のコンビを仲間由紀恵と阿部寛が演じ、高視聴率を記録したテレビドラマシリーズのラストを飾る劇場版。レアアース採掘の障壁となる魔術師のトリックを解くべく、秘境を舞台に登場人物が活躍を繰り広げる。主演の二人に生瀬勝久らレギ...

映画「トリック劇場版 ラストステージ」

映画「トリック劇場版 ラストステージ」を鑑賞しました。

トリック劇場版 ラストステージ/仲間由紀恵

自称天才美人マジシャンと天才物理学者のコンビによる奇怪な事件の謎解きを描いて人気となった2000年スタートのTVドラマの完結編となる劇場版シリーズ第4作目です。個人的にはこのシ ...

映画「トリック劇場版 ラストステージ」レビュー (仲間由紀恵、大脱出マジック!最後の賭け)

映画「トリック劇場版 ラストステージ」を見てきたのでレビュー記事を書いてみたいと思います。

トリック劇場版 ラストステージ

天才物理学者・上田次郎(阿部寛)は、村上商事の加賀美慎一(東山紀之)からある依頼を受ける。 村上商事は海外の秘境にあるレアアースの採掘権を獲得したが、呪術師を信奉する地元部族が立ち退きを拒否しているという。 呪術師のトリックを見破る必要があると考えた上田は、自称超売れっ子天才美人マジシャンの山田奈緒子(仲間由紀恵)を旅に同行させるが…。 自称天才美人マジシャンと天才物理学...

「トリック劇場版 ラストステージ」

「上田、これが最後って、どういうことだ」

『トリック劇場版 ラストステージ』を観てきた!?

『トリック劇場版 ラストステージ』を観てきました。 トリック劇場版 ラストステージ - 映画.com 観るつもりもかったんですが、ちょっと気になることがあって、、、、観ちゃいまいた(^^)/ トリックは、会社から帰るとやっているというサラリーマンに受けた作品。 鬼束ちひろもこれで有名になったんですものね。最後も「月光」で締めてくれて感慨もひとしおです。 でもね、、ちょっと最終章としては物...

トリック劇場版 ラストステージ

これで終わりかぁ。

「トリック劇場版 ラストステージ」:遂にフィナーレ

14年にわたった『トリック』もいよいよラストですか。『トリック劇場版 ラストステ

トリック劇場版 ラストステージ  監督/堤 幸彦

【出演】  仲間 由紀恵  阿部 寛  水原 希子  東山 紀之 【ストーリー】 海外の秘境でレアアースを採掘するため、協力を依頼された天才物理学者・上田次郎。しかし、採掘権は獲得してあるものの、そこに住む部族が立ち退きを拒否。上田は自称天才マジシャン・山田奈...

トリック 劇場版ラストステージ

今日は、この冬一番の冷え込みで・・・

[映画『トリック ラストステージ」を観た]

☆これもまた、面白かった!  先日の『ジャッジ!』と全く形質を違えたコメディというか、ギャグ側面があるが、それぞれ面白い。  全く笑えなかった『地獄でなぜ悪い』のスタッフは、これらを見て、もっと勉強してほしいと思った。  ただ、今作は、最初から、画面上...

トリック劇場版 ラストステージ

 『トリック劇場版 ラストステージ』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)TV版や映画版で見たことがある「トリック」シリーズの最後の作品ということで、映画館に行ってみました(注1)。  本作の冒頭では、“サイキック・ハンター”でもある奇術師フーディーニが、死の訪...

「トリック劇場版 ラストステージ」

 2000年にスタートした仲間由紀恵(B78-W59-H80)、阿部寛主演の人気

トリック劇場版 ラストステージ

 深夜時代からずっと楽しみにしていたトリックがいよいよおしまいに。1作目はDVDを購入するほど好きでしたが、最近のはギャグに走りすぎのような気がしていました。しかし、本作では笑いと切なさが絶妙のタイミング。劇場版のほうがドラマよりもできがよい、数少ない…

トリック劇場版ラストステージ

トリック劇場版ラストステージ 映画館で見たぞ!テレビ放送の第一話から14年!?その日、たまたま昼間、番宣番組を見て、カンが働き、以来、見続けてきたドラマ。長いこと、楽しませてもらって…。個人的にも、感慨深い。 トリック(1) [DVD] 仲間...

トリック劇場版 ラストステージ

公式サイト  http://www.yamada-ueda.com/movie/ 劇場版第4作にしてシリーズ完結編。 劇場版は、すべて鑑賞済み。 テレビシリーズは、どうだったかな・・・? 海外の秘境でレアアースを採掘するため、協力を依頼された天才物理学者・上田次郎(阿部寛)。 しかし...

『TRICK トリック -劇場版-ラストステージ』('14初鑑賞6・劇場)

☆☆☆-- (10段階評価で 6) 1月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:25の回を鑑賞。

TRICK-トリック-劇場版 ラストステージ 感想(ネタバレあり)

 【ストーリー】 自称売れっ子美人マジシャンの山田奈緒子(仲間由紀恵)の元に『超

『トリック劇場版 ラストステージ』をトーホーシネマズ渋谷3で観て、有終の美だなあふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★こんなんで泣くのかと言われたら、そら泣くよと答える】    堤幸彦が監督だから、ダメだろうと言う憶測は当たっている。 今回だって、ダメに片足を突っ ...

【 トリック劇場版 ラストステージ 】でも もしかして?…

トリック劇場版 ラストステージ     監督: 堤幸彦    出演: 仲間由紀恵、阿部寛、生瀬勝久、野際陽子、東山紀之、北村一輝、水原希子、中村育二、石丸謙二郎、池田鉄洋、吉田鋼太郎、岡田眞澄、大島蓉子、アベディン・モハメッド、瀬戸陽一朗、なすび、前原一輝、…

トリック劇場版 ラストステージ

2013年 日本 112分 コメディ/ミステリー 劇場公開(2014/01/11) 監督: 堤幸彦 『劇場版 SPEC〜結(クローズ)〜 爻(コウ)ノ篇』 主題歌: 鬼束ちひろ『月光』 出演: 仲間由紀恵:山田奈緒子 阿部寛:上田次郎 生瀬勝久:矢部謙三 東山紀之:加賀美慎...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示