『スター・トレック イントゥ・ダークネス』 奇跡などない

 羽住英一郎監督によれば、『BRAVE HEARTS 海猿』のテーマは「絶対に諦めない勇敢な気持ち」であるという。「そういう思いがあれば、奇跡が起こるんじゃないか」と監督は語る。
 海難事故の現場に臨んだ主人公は、絶対に諦めずに無理も無茶も押し通す。その行動に感化された人々も「勇敢な気持ち」を持ち続けたおかげで、絶望的な状況の中で「奇跡」が起こる。
 日本中を感動させた『BRAVE HEARTS 海猿』は、73.3億円もの興行収入を上げ、2012年度日本一のヒットとなった。

 しかし、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』のミスター・スポックは云う。
 「奇跡などない。」
 理屈で考えることを忘れないスポックは、状況が奇跡的に好転しても、顔色を変えて飛び出していく。奇跡とも思える事態の影には、誰かの相応な犠牲があることを知っているからだ。

 『スター・トレック イントゥ・ダークネス』は、全編にわたって犠牲的、英雄的行為の連続だ。
 スポックは未開の惑星を救うために命を投げ出し、カーク船長は副長スポックを救うために規則を犯し、スポックはカークを救うために、またカークはエンタープライズ号の乗組員を救うために何度でも危険の中に飛び込んでいく。
 だがこれは、無理や無茶を押し通せば奇跡が起こる物語ではない。カークもスポックも悩み苦しみ、お互いに、あるいは他の乗組員たちとしばしば対立する。
 それどころか、カークは規則を犯してまでスポックを救ってやったのに、当のスポックから規則違反を上官に報告されてしまう。カークに感謝するどころか「裏切った」スポックのために、カークは地位を追われてしまう。

 そんなエンタープライズ内の対立をより鮮明にするのが、本作の悪役ジョン・ハリソンの存在だ。
 超人的な能力を持つハリソンは、部下を守るためには惑星連邦に叛旗を翻すことも辞さない男だ。
 ジョン・ハリソンは云う。
 「部下は私の家族だ。家族のためなら何でもするだろう?

 家族のためなら何でもする――。
 これは世界中で大ヒットしたワイルド・スピードシリーズの主人公と同じ行動原理だ。
 あの主人公も、自分の仲間をファミリーと呼び、ファミリーのことだけを考えて行動した。その過程で違法行為があろうが他人が犠牲になろうが知ったこっちゃない。

 2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件と、後に続くイラク戦争の時代を経て、米国映画には異種族・異民族との対立を強調する作品が目立つようになった。どうせ判り合えない相手なのだから、徹底的に戦うべきだ――そんな風潮が見え隠れする。
 同時に出てきたのが、「家族を大切にする」だけに留まらず、「守るのは家族だけ」という映画だ。その特徴は、ゴッドファーザーシリーズのような社会の影を描いた犯罪映画ではなく、堂々たる痛快娯楽作として展開していることにある。

 法や倫理に支えられた社会が瓦解しかかっている。
 そんな危機感を覚えたのか、キリスト教社会の秩序への回帰を訴えたのがロバート・ゼメキス監督であり、ヒューマニズムの力を強調したのがスティーヴン・スピルバーグ監督だ(「『ジャンゴ 繋がれざる者』 対 『フライト』 文化の衝突」、「『戦火の馬』 アメリカは壊れているか?」参照)。
 そして『SUPER 8/スーパーエイト』でスティーヴン・スピルバーグの後継者であることを宣言したのが、本作の監督J・J・エイブラムスである。


 『スター・トレック イントゥ・ダークネス』の作り手たちは、慎重に問題を提起した。
 この作品では、家族のためなら何でもするジョン・ハリソンを頭から否定はしない。家族を重視するのは真っ当なことであり、ハリソンにはハリソンの言い分がある。
 それでも、法や倫理を無視するのが良いことなのかと疑問を呈するのが、エンタープライズの面々だ。

 ハリソンの対極に位置付けられるのがスポックだろう。彼にとって、規則を破るのは許されない。
 西洋では何世紀もかけて「法治主義」を発達させてきた。これは人情や道徳感情よりも、客観的なルールに基づいて社会を運営すべきという考え方だ。「法治主義」を徹底するのは容易ではないが、それでもそこを目指して先人は苦労を重ねてきた。
 法治主義の象徴がスポックである。冒頭の、自分の命を救ってくれたカークに不利な報告をするエピソードは、法治主義がときに人情に反してしまう辛さを示している。
 スポック個人の問題であれば、このときカークに感謝すれば良いかもしれない。
 けれども映画は、重要な規則――未開惑星に惑星外の文明の存在を知らせてはいけない――をカークが犯したために、未開惑星の文明が大きく変質してしまうことを示唆している。カークの行動がこの惑星の文明を歪ませたとしたら、それはスポックの命の代償としては大きすぎる犠牲かもしれない。

 だが、規則を重視するばかりのスポックに、私たちは心から賛同できるだろうか。
 スポックとハリソンのあいだに位置して、この問題を掘り下げる役割を担うのが主人公カークである。
 カークが投げかけるのは、法治主義には二種類あるじゃないかという疑問だ。
 一つは、成文化された法さえ守っていれば良いという考え方だ。本当にそれが善いことなのか、正しいことかを考えるよりも、私たちは法律に反していないかどうかばかりを気にしてはいないだろうか。これを「形式的法治主義」という。
 もう一つは、本質的な正しさを備えたものこそ法であるという考え方だ。たとえ成文化された法であっても、正しくなければ真の法ではない。そして本質的に正しいものだけが法であるなら、一般大衆のみならず、権力者もその法には従わなければならない。これを「実質的法治主義」「法の支配」という。

 カークは、惑星連邦の諸規則なんて「形式的法治主義」の最たるものだと思っている。カークには、口うるさいスポックが形式にこだわり過ぎに見える。彼は自分がすることは正しいと信じているから、規則なんてどんどん破る。悪党を裁判もせずに殺そうとする復讐心も、彼からすれば正義感ゆえなのだ。
 パイク提督はその無軌道ぶりをたしなめるが、法治主義を舐めているカークには馬耳東風だ。
 だからカークは、心ならずもジョン・ハリソンに共感してしまう。
 自分が大切にしているものを守り、それを邪魔立てするルールなんて気にしないハリソンは、カークの行き着く先なのだ。

 本作には「カークとハリソン」、「カークとスポック」の組み合わせで会話する場面が多い。
 ハリソンはカークの知らない連邦や艦隊の秘密を告げる。そこであらわになるのは、規則を作った連中の腐敗ぶりだ。みずからの道徳感情のまま復讐に突き進むハリソンの言葉に、カークはつい耳を傾けてしまう。
 対するスポックは、まるでピノキオをいさめるコオロギのように、ことあるごとにカークに忠告する。おかげで、悪党を裁判もせずに殺そうとしたカークは危うく踏みとどまり、それが大きな陰謀を暴くことに結びつく。

 本作は、カーク、スポック、ハリソンの三人を中心に、船医のマッコイや機関主任のスコットらも加わって、様々な価値観と道徳感情をぶつけ合い、何が正しいのか、社会をどうすべきなのかを繰り返し観客に問いかける。
 映画の作り手は、決して安易な結論を提示するようなことはしない。奇跡がみんなを救ってくれることもない。

 息もつかせぬアクションに次ぐアクション、山場に次ぐ山場は、映画の娯楽性を高めるとともに、主人公たちがどこまで理性的に振舞えるかを問う試練でもある。
 犠牲的、英雄的行為は感情を激しく揺さぶる。熾烈な戦いの中、スポックですら激昂し、暴力を振るってしまう。
 その瞬間、本当に暴力を振るっているのはスポックではない。悪党を殴る姿を爽快に感じている私たち観客だ。

 原題『Star Trek Into Darkness』をあえて訳せば、「星を抜けて暗黒面に堕ちる旅」となるだろうか。
 感情の赴くままに暴力や復讐に走る自分を、法と理性で抑制できるかを問う本作は、あたかもスター・ウォーズシリーズの主人公がシスの暗黒卿の誘惑とジェダイ・ナイトの教えとのあいだで葛藤するように、私たちの心を翻弄する。
 スター・ウォーズシリーズが好きなJ・J・エイブラムス監督らしいアジェンダだ。

 だが、スター・ウォーズシリーズのダークサイドとライトサイドの対立が、ややもすれば善悪二元論になりかねないのに対し、本作が取り上げる感情と理性の相克は、一方が他方を打ち負かせば解決するものではない。理屈だけで処理しようとするスポックの態度が、時として恋人ウフーラを怒らせてしまうように、感情もまた私たちには大切なのだ。
 思えば、情熱家のカークと理論家のスポックの相克こそは、スタートレックシリーズを貫く主軸ではなかったか。
 それは、何世紀もかけて本能的な道徳感情を抑制する社会的な機構を作り、思想信条の異なる者との共存を目指してきた西洋社会の葛藤そのものである。
 私たちは感情と理性を持つがゆえに、そのバランスを考え続ける必要があるのだ。

 本作の脚本家の一人アレックス・カーツマンは、「この映画の敵はある意味で私たち自身です。私たちは自分自身と戦っているのです」と話している。
 劇中で、カークもまた乗組員たちに語りかける。
 「いつでも私たちに害をなそうとする者はいるだろう。それを止めさせようとして、私たちもまた心の中の悪意を呼び覚ましてしまうのだ。愛する人が奪われるとき、私たちがまず求めるのは復讐だ。しかし、それは私たちのあるべき姿ではない。」
 その言葉は、犯罪者やテロリストや他国に反応して、拳を振り上げてしまいがちな私たちすべてに向けられている。

 その後、カークはエンタープライズに乗艦したドクター・マーカスを歓迎し、「あなたをファミリーの一員に迎えられて嬉しい」と告げる。
 劇中で家族を失った彼女は答える。「家族がいて嬉しいわ。

 感情と理性のはざまで、いかにバランスを取るか。そのことに悩み、考え続けながら旅をする。
 それがエンタープライズ号のファミリーなのだ。


[付記]
 本作が911後の現実社会を意識していることは上に述べたとおりだが、これに関連して中島理彦氏から興味深い記事を教えていただいた。
 "Cult Movie Review: Star Trek: Into Darkness (2013)"
 この記事は、本作の構成要素を検討し、ジョン・ハリソンの経歴や行動がウサーマ・ビン・ラーディンをなぞっていることや、クリンゴンがイラクと同じ位置付けにあること、正規軍と民間軍事会社の関係が米軍とブラックウォーター社に該当すること等を明らかにしている。つまり本作は、911以降「テロとの戦い」を遂行してきた米国の(かなり露骨な)カリカチュアになっているのだ。
 本作の社会性を理解する上で、この記事は参考になるだろう。


スター・トレック イントゥ・ダークネス ブルーレイ+DVDセット【2枚組】スター・トレック イントゥ・ダークネス』  [さ行]
監督・制作/J・J・エイブラムス
脚本・制作/ロベルト・オーチー、アレックス・カーツマン、デイモン・リンデロフ
出演/クリス・パイン ザカリー・クイント ゾーイ・サルダナ ベネディクト・カンバーバッチ ジョン・チョー サイモン・ペッグ カール・アーバン ピーター・ウェラー アリス・イヴ レナード・ニモイ ブルース・グリーンウッド アントン・イェルチン クリス・ヘムズワース
日本公開/2013年8月16日
ジャンル/[SF] [アクション] [アドベンチャー]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 特撮・SF・ファンタジー映画
【genre : 映画

tag : J・J・エイブラムス クリス・パイン ザカリー・クイント ゾーイ・サルダナ ベネディクト・カンバーバッチ ジョン・チョー サイモン・ペッグ カール・アーバン ピーター・ウェラー アリス・イヴ

⇒comment

No title

プチ真剣に読ませていただきました。興味深いです。ヒューマニティを信じる社会は実は日本がその代表格だったはず。collective aciton, collective decision makingの長所を徹底的に活用し社会を安定させ、時に社会をひっくり返し時代に適応させてきたわが日本(というか日本列島の国かな)。いまやウエストファリアを経験し理論と実際を強化した現在のカウボーイに負けますか…
今回のこの作品、海外で何度も見かけましたが、このシリーズ事態が私にとっては対象外だったので観ていません。ですが、すこし惹かれ始めています。

Re: No title

魚虎555さん、こんにちは。
日本はヒューマニティを信じる社会なのでしょうか。
山岸俊男氏による囚人のジレンマの実験では、日本人の方が猜疑心が強くてナッシュ均衡(互いに裏切る)に落ち込みやすく、アメリカ人の方がパレート最善解(互いに協力する)に到達しやすいそうです。
日本人が集団主義に見えるのは、村八分のメカニズムで異分子を排除するためであり、個人への信頼感によるのではないのだとか。
グローバル化の進展により、日本は異分子を排除すればこと足りた小さな村ではなくなりました。資源のない日本こそグローバル化を(否応なく)推進すべき立場であり、この変化は不可逆でしょう。
そんな中、日本人はどんな判断軸を持つべきなのか。本作から学ぶことは多いと思います。

No title

都市の風景でアップされるところが、新宿サザンテラスに見えて仕方なかったのは私だけでしょうか。最後にチラッと出てくる道路風景も新宿南口駅でたところ甲州街道みたいだったし。物語冒頭のアボリジニー描写は興ざめ(シリーズを見たことないから、意味が分からない、というのが正確ですが)。

さて、この艦隊を動かすまたは関わる人たちのパースペクティブが激しく絡み合う話なんですね。物語に厚みができてよかったとおもいます。
劇中、リーダーシップについて考えてました。法治という側面も大事なテーマでしょうし、90度変えて見るとリーダーシップ、マネジメント、コントロールですね、これは。

スタートレックって子どもっぽいと思って敬遠してました。自慢じゃないですがこれまで一本も見てません。今回初めて鑑賞してみたところ意外と訴求するものがあると気づいたのは望外の喜びでした。
それにしてもこの夏は大作ぞろい(文芸的ではないでしょうが)で、男の子の夏休みでしたね。

結構な

浪花節ですよね。
日本人は大好きだろうなあ。
で、冷徹そうに見えて、ハリソンもまた浪花節に生きる男!ってのが、いいんでしょうね。
その辺の葛藤というよりは、若干のご都合主義的な部分が目についてしまった。
一作目の遊び心満載っぽい方が好きだったのですが、目指すテーマは重かったんですね。
ちと重すぎて、エンタープライズのバランスがとれなかったかな~。

No title

でもジョンハリソン、強すぎ。。。

何度もチャンスあったので海外で見ておけばよかったとちょっぴり後悔ですが、東京のスクリーンは近年めきめきいいのができているので、東京で見て正解でした。また観にいきそうな私がいます。
とんがり耳はいい味出してますねえ。

楽しかったです

いや~こういうマイケル・サンデルみたいなお話大好きです。
言ってみれば政治哲学映画の傑作というか。
こういうお話作るのって本当日本って苦手ですよね(^_^;)

サンデル教授の本では「個人の自由」「功利主義」「美徳」の三つの要素がせめぎ合っていましたが、この映画もカーク、スポック、カーンって三つの象徴的な立場があったから単純な勧善懲悪、ディベート映画にならずに、より問題が深く描き出され面白かったんでしょうね。
この記事で言うならば、アメリカの法の支配とドイツの法治主義の違いみたいなw

Re: No title

魚虎555さん、こんにちは。
新宿のモード学園コクーンタワーもありそうな雰囲気でしたね:-)
新宿は23世紀を先取りしてる!?

リーダーシップについてはご指摘のとおりで、出演者の一人ジョン・チョーも、本作のカーク船長はリーダーシップの危機に見舞われてると述べています。
http://en.wikipedia.org/wiki/Star_Trek_Into_Darkness#Themes

本作のようなコントロールの問題は、どこの組織も抱える悩みですね。組織の統制をテーマとして見てもたいへん面白いと思います。
リーダーにしてはカーク船長がやんちゃすぎますが、本作は過去のシリーズの前日譚のような位置付けなので、キャラクターの若さ(未熟さ)を強調したのでしょう。

映画の冒頭部分は007シリーズにおける最初のアクションのようなもので、観客を引きこむのと、キャラクターの特徴を印象付けるのが目的のシークエンスですから、判らなくてもあまり気になさることはないと思います。

本作が楽しめたなら、過去作もご覧になってはいかがでしょうか。
カークとスポックが出会う前作はもちろんですが、最初のテレビシリーズ(日本では『宇宙大作戦』の題で放映されました)の「宇宙の帝王」の回と、1982年公開の映画第二作目、1984年公開の三作目も楽しめると思います。
本作は過去作への返歌になっており、特に映画第二作目を強く意識しています。第二作目の題名は『スタートレックII カーンの逆襲』です。

Re: 結構な

sakuraiさん、こんにちは。
日本人が感情移入するのはハリソンでしょうね(イイ男だし)。

ご都合主義的な部分がありましたでしょうか。私は夢中で観ていて気になりませんでした。
たしかに前作よりも重くなりましたね。
私は前作も大好きですが、前作が良くできたスペースオペラだとするなら、本作は良くできた社会派スペースオペラでしょう(従来のスタートレックはスペースオペラの範疇ではないでしょうが)。
これだけアクションとテーマ性を両立したエンターテインメント作品には、なかなかお目にかかれないのではないかと思いました。

はたして続編はどんなスタイルになるのか、今から楽しみです!

Re: 楽しかったです

田代剛大さん、こんにちは。
剛大さんには受けると思いました、この映画:-)
米国では子供のころからディベートのトレーニングを積むためか、主張の届け方が巧いですね。

日本にも『映画 鈴木先生』のような優れた作品があるものの、多くは対立軸を浮き彫りにできてない気がします。表面的には対立しているようでも、その主張を貫けなかったり、一方が明らかに共感できないことを云ってたり、エンターテインメントに昇華できてなかったり……。感情と理屈を切り分けて議論するトレーニングが足りないのかもしれませんね。
そもそも東洋は法治じゃなくて徳治の世界ですし。優れた人格者が治めれば世の中うまくいくという(^^;

No title

こんにちは。旧作への導入文書を有難うございます。この映画を観て、そして、2010年の前作を借りてきて観て、昨年上映がなされた「ジョンカーター」がネット上でけなされたわけが判った気がします。ご紹介の旧作も見てみます。前作ですが、あらあらなんと面白いのか。若きクリスパインのへろへろぶりが可愛いです。有難うございます。でもあのへろへろぶりより、「Bottle shock」のへろへろのほうが魅力的ですが。

Re: No title

魚虎555さん、こんにちは。
『ジョン・カーター』も、あれはあれで面白いと思いますけど:-)
クリス・パインは、『アンストッパブル』『Black & White/ブラック & ホワイト』そして本作でも軽い若者の役が続きますが、次はいよいよジャック・ライアン役です。どんなジャック・ライアンを見せてくれるか楽しみです。

No title

クリス・パインの見せ方がわたしも楽しみです。レッドオクトーバーの行き詰る心理戦でのアレック・ボールドウィンが分析官ジャックらしい感じがしましたが、あれはシンガポールで見て忘れられない映画でした。クレムリンの枢機卿でのジャック、映画化されていない作品でのジャックも見たいものです。もう無理でしょうけど。
趣味人クライブカッスラーの手になるダークピットもなかなかのきめ台詞があって、ほかの小説も映画化してほしいのですが、サハラ砂漠とタイタニックに加えてはもう要らない、とうい判断なのかもしれません。みんなに受けて収益を稼げる映画というのはそう簡単ではないようですね。そうおもうことによって、SFファンの人たちがSFサークル内でSFに思いをはせる気持ちをちょっぴり共有できるような気がいたします。

2010年のスタートレックを数回鑑賞しましたが、よくできていますね。するめのような味わい。それと、ウイノナ・ライダーがお元気そうで望外の喜び。ですが最初は誰だかわからなくてクレジットを見て仰天。。

Re: No title

魚虎555さん、こんにちは。
『レッド・オクトーバーを追え!』の頃のアレック・ボールドウィンはカッコよかった!
彼のジャック・ライアンは印象的でした。
トム・クランシー作品が幾度も映画化されているのに比べると、クライブ・カッスラー作品の映画は続きませんね。スケールが大き過ぎて、というかエピソードがテンコ盛り過ぎて、2時間の映画には収まらないのでしょうか。
私は原作に忠実な『ボーン・アイデンティティ』を観てみたいです。

ところで、残念なことにトム・クランシー氏の訃報が飛び込んできました。
ご冥福を祈りたいと思います。
http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304676604579112301280978262.html
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』

3Dで観てきた。 SFと3Dは相性がイイ気がする。 3D向きなロケーションとかCGで作り放題だもんね。 一応前作も観てはいるけど、観てなくても問題ないかと。 前作観てないとワケ ...

スター・トレック イントゥ・ダークネス

西暦2259年。 USSエンタープライズのクルーと惑星ニビルを探査中のジェームズ・T・カーク(クリス・パイン)は、副艦長スポック(ザカリー・クイント)の窮地を救うため、規律違反

スター・トレック イントゥ・ダークネス

スター・トレック イントゥ・ダークネス@TOHOシネマズ六本木

スター・トレック イントゥ・ダークネス

迫力ある映像は圧巻で、大いに楽しめた。

『スタートレック -イントゥ・ダークネス-』 2013年8月16日 TOHOシネマズ六本木

『スタートレック -イントゥ・ダークネス-』 を先行上映で鑑賞しました。 面白い 文句なしですね。 キャストもバッチリはまった感がりますね。 【ストーリー】  西暦2259年、カー

スター・トレック イントゥ・ダークネス

人類最大の弱点は、愛だ。 原題 STAR TREK INTO DARKNESS 製作年度 2013年 上映時間 132分 監督 J・J・エイブラムス 出演 クリス・パイン/ザカリー・クイント/ゾーイ・サルダナ/ベネディクト・カ

スター・トレック イントゥ・ダークネス

試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 敵にやられたりやり返したり。みたいな感

劇場鑑賞「スター・トレック イントゥ・ダークネス」

最強の敵、現る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201308170001/ 【送料無料】スター・トレック(イントゥ・ダークネス) [ アラン・ディーン・フォスター...

スター・トレック イントゥ・ダークネス 2D字幕版

辺境地から帰ってきたら規律違反で艦長を首になったカークが超人的能力を持つ謎の人間によるテロで復帰する。空間をうまく使った追跡劇やワープする瞬間の加速感がすごい。ストーリ...

スター・トレック イントゥ・ダークネス★★★★

前作に引き続きJ・J・エイブラムスが監督を務め、クリス・パインやザカリー・クイント、ゾーイ・サルダナらも続投するSFアクション大作の続編。謎の男によって混乱にさらされる地球

スター・トレック イントゥ・ダークネス

西暦2259年。 地球では平和が続いていたが、突然のテロ攻撃を受け、宇宙艦隊本部は多数の死傷者を出してしまった。 犯人は謎の艦隊士官ジョン・ハリソン。 カークたちUSSエンター

スター・トレック イントゥ・ダークネス(3D吹替え)

評価:★★★★【4点】(13) こういうSFスターシップバトルは「スター・ウォーズ」も含め

スター・トレック イントゥ・ダークネス 3D

謎だらけの予告で待ちに待った続編、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』の先行上映を観てきました。 ★★★★★ 先行上映ではIMAX版が無かったのでフツーの3Dで我慢、本上映

映画:スター・トレック イントゥ・ダークネス Star Trek Into Darkness ネタバレ注:TNGファン視点感想。

タイトルの TNG というのは、Star Trek The Next Generation。 カーク、スポックの時代(1966-1969)から 21年もの年月が経過したのち、企画者のロッテンベリーが創造した 次世代スタートレック(1987-19...

スター・トレック/イントゥ・ダークネス

心地の良い軽さとワクワクを満喫。  

スター・トレック イントゥ・ダークネス

2D 字幕版

スター・トレック イン・トゥ・ダークネス・・・・・評価額1700円

真打、登場。 J.J.エイブラムス監督による、リブート版「スタートレック」第二弾。 前作の大成功を受けて、新シリーズとしての真価が問われる今回、エイブラムスは人類の運命を握

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』

映画は悪役で決まる。 大胆即決でありながら冷静沈着でもある。まさにカーク船長とスポック副長の強みを併せ持ったような敵役カーンを演じたベネディクト・カンバーバッチが素晴 ...

スター・トレック イントゥ・ダークネス

原題:Star Trek Into Darkness監督:J・J・エイブラムス出演:クリス・パイン、ベネディクト・カンバーバッチ、ザッカリー・クイント、ゾーイ・サルダナ、ジョン・チョウ・・・

スター・トレック イントゥ・ダークネス

バルカン人は嘘つかないがハーフは… 【Story】 西暦2259年、カーク(クリス・パイン)が指揮するUSSエンタープライズは、未知の惑星の探索中に巨大な地殻変動に遭遇。彼は深刻なル...

スター・トレック イントゥ・ダークネス(3D吹替版)

【STAR TREK INTO DARKNESS】 2013/08/23公開 アメリカ 132分 監督:J・J・エイブラムス 出演:クリス・パイン、ザカリー・クイント、ゾーイ・サルダナ、ベネディクト・カンバーバッチ、ジョン

[映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』を観た(寸評)]

           ☆「スター・トレック」らしく、話に、それほどの大風呂敷を広げず、人の心理に深みを持たせていて面白かった。  かつては、地球連邦軍に所属していた謎の

映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス(3D)」感想

カークにかなりの違和感(^^; 若さと幼稚さは違うと思いますよ。このカークはどこまでも幼稚。艦長なのにクルーを危険にさらし、都合の良い事だけを報告して、自分のした事に責任

スター・トレック イントゥ・ダークネス(2D 字幕版)

監督:J・J・エイブラムス 出演:クリス・パイン、ザカリー・クイント、ゾーイ・サルダナ、ベネディクト・カンバーバッチ、ジョン・チョー、サイモン・ペッグ、カール・アーバン

スター・トレック イントゥ・ダークネス

 「面白い度☆☆☆☆☆ 好き度☆☆☆☆」  お前がオレなら同じことしただろ?論理的に。  ここのところ劇場で観た映画がそこまでシンクロしなくて、感想記事が体たらくで申し訳

スター・トレック イントゥ・ダークネス

「スター・トレック イントゥ・ダークネス」監督:J・J・エイブラムス(『SUPER 8/スーパーエイト』)出演:クリス・パイン(『Black & White/ブラック & ホワイト』『アンストッパブル』) ...

「スター・トレック イントゥダークネス」☆初めての満足3D

最初から最後まで、ここまで見事に3Dを生かした作品に初めて出合えたんじゃないかな。 私がいよいよ3Dに慣れたのか、はたまた3D映像の技術がようやく私のレベルにまで到達できた

スター・トレック イントゥ・ダークネス/ 俺を信じろ、結果は問うな

スター・トレック イントゥ・ダークネスStar Trek Into Darkness/監督:J・J・エイブラムス/2013年/アメリカ キャプテーン! わたしもエンタープライズ号に乗せてください〜! TOHOシネマ

スター・トレック イントゥ・ダークネス  監督/J.J.エイブラムス

【出演】  クリス・パイン  ベネディクト・カンバーバッチ  ザッカリー・クイント 【ストーリー】 西暦2259年、カークが指揮するUSSエンタープライズは、未知の惑星の探索中に巨大

スター・トレックイントゥ・ダークネスを観たゾ

本当なら8/25の 朝一の上映を観るハズだった スター・トレック イントゥ・ダークネス やっと本日

IMAX3Dで観直した2回目のスター・トレック イントゥ・ダークネス

前週の先行公開に続いて『スター・トレック イントゥ・ダークネス』本上映が始まったので、早速IMAX3D版で2回目を観てきました。 先行上映を観た前回の記事を更新すれば早いんだけど...

スター・トレック イントゥ・ダークネス

現在、懸案の断捨離を敢行中〜! 毎年、夏と年末にスイッチオン! でも…なかなかスッキリ〜とまでは至らず。 今年も、長年溜め込んだ本や雑誌・書類の整理を8月中に何とか!と、

『スタートレック/イントゥ・ダークネス』(2013)

新生なった「スタートレック」映画の2作目。前作ラストで晴れてエンタープライズ号の船長となったカークだったが…。行動力は抜群で怖いもの知らずだけど、規則破りの常習犯。それ...

スター・トレック イントゥ・ダークネス(3D字幕) / Star Trek Into Darkness

J・J・エイブラムスによる2009年の『スター・トレック』の続編。って言うか、スター・トレック・サーガの新たな一作と言うべきだと思いますね。 実は、前作の『スター・トレック』の

スター・トレック イントゥ・ダークネス

監督はJ・J・エイブラムス キャプテン・カーク(クリス・パイン)と 副長スポック(ザカリー・クイント)の 信頼関係。 カーク、スポック、ドクターマッコイ、 それぞれの活躍がう

スター・トレック イントゥ・ダークネス IMAX-3D/クリス・パイン

前作『スター・トレック』の公開からはもう4年以上も経っているんですね。つい先日観たばかりとは言いませんが、もうそんなに経ってるんだなぁという印象です。この世界、4年もた ...

スター・トレック イントゥ・ダークネス

2013年8月31日(土) 10:10~ 109シネマズ川崎7 料金:2200円(IMAX 3D) パンフレット:未確認 揺るぎない信頼のブランドJJ 『スター・トレック イントゥ・ダークネス』公式サイト ...

「スター・トレック イントゥ・ダークネス」(3D字幕版)みた。

IMAXで鑑賞。実は初IMAX3D。ずっと「本当に2200円の価値はあるの?」とか思っていたのだけど、折角観られる環境にあるのだし、デヴューは3Dと相性の良いSFモノのコレって少し前から決めて...

J・J・エイブラムス監督『スター・トレック イントゥ・ダークネス』クリス・パイン、ザカリー・クイント、ベネディクト・カンバーバッチ

注・内容、ジョン・ハリソンについて触れています。『スター・トレック イントゥ・ダークネス』前作に引き続きメガホンをとったのはJ・J・エイブラムス監督。クリス・パイン、ザカリ...

スター・トレック イントゥ・ダークネス(2013) STAR TREK INTO DARKNESS 132分

そっかぁ・・・そこへつながるか?(爆)

スター・トレック イントゥ・ダークネス(2D字幕)

 『スター・トレック イントゥ・ダークネス』を観た。  【あらすじ】  西暦2259年、カーク(クリス・パイン)が指揮するUSSエンタープライズは、未知の惑星の探索中に巨大な地殻変

スター・トレック イントゥ・ダークネス

先行で観に行きました。 冒頭からたたみかけるアクションと 派手な映像が満載です。 まあ、ツッコミどこは多々ありますが、 カークとスポックの成長物語として それなりに楽しめ

スター・トレック イントゥ・ダークネス

航海中 J・J・エイブラムス監督     出演 クリス・パイン、ザカリー・クイント、     ゾーイ・サルダナ、ベネディクト・カンバーバッチ 他 新評価 3.0 IMAX 3Dで鑑賞し...

★スター・トレック イントゥ・ダークネス(2013)★

STAR TREK INTO DARKNESS 人類最大の弱点は、愛だ。 上映時間 132分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(パラマウント) 初公開年月 2013/08/23 ジャンル SF/アクション/アドベンチャー 映

「スター・トレック イントゥ・ダークネス」 二人の成長

2009年にリブートされた「スター・トレック」の新作「スター・トレック イントゥ

「スター・トレック イントゥ・ダークネス」

いやあ、アリス・イヴさんって、ナオミ・ワッツさんみたいだ。

『スター・トレック・イントゥ・ダークネス』(舞台挨拶試写会)

'13.08.13 『スター・トレック・イントゥ・ダークネス』(舞台挨拶試写会)@TOHOシネマズ六本木 先日ご紹介したとおり、チケット購入して舞台挨拶試写会行ってきた! 当日の様子はコチラ な...

スタートレック イントゥダークネス 

 JUGEMテーマ:映画館で観た映画   ◆スタートレック シリーズ    若かりし頃のカークのやんちゃっぷりとスポックとウフーラらの痴話喧嘩が   ...

映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」IMAXの効果絶大、飛んでくる飛んでくる!

映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」★★★★IMAXシアターで鑑賞 クリス・パイン、ザッカリー・クイント ベネディクト・カンバーバッチ、カール・アーバン サイモン・ペッ

■スター・トレック イントゥ・ダークネス

第319回「さあ飛び立とう!銀河系の彼方へ!」 約50年前からアメリカで放送の始まった「スター・トレック」シリーズ。その大ヒットシリーズをヒットメーカーであるJ・J・エ

スター・トレック イントゥ・ダークネス 壊れたらとりあえず蹴ってみる

【46 うち今年の試写会5】 J・J・エイブラムス版スター・トレックの2作目、前作に続いて本作でも、熱烈なトレッキーにとっても、スタートレック初心者にとっても、ほぼ満点のスペクタ

スター・トレック イントゥ・ダークネス

現在、懸案の断捨離を敢行中〜! 毎年、夏と年末にスイッチオン! でも…なかなかスッキリ〜とまでは至らず。 今年も、長年溜め込んだ本や雑誌・書類の整理を8月中に何とか!と、

映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」鏡像世界★★★★

スター・トレック イントゥ・ダークネス (以下、思いっきりネタバレあります。) 40年近く前、関西テレビの深夜枠で放送されていた『宇宙大作戦』にハマって以来のガチガチのスタ...

スター・トレック イントゥ・ダークネス

エンタメSF超大作には間違いなく、敵役であるベネディクト・カンバーバッチ演じるカーンも存在感があり素晴らしかった。テンポの良い展開で、見どころも満載の世界にあっという間に入り込める。 多くのシーンが旧シリーズへのオマージュになっているそうで、ファンならよりいっそう楽しめる作りになっているそう。私はわかりませんでしたけど^;でもそれでもハイクオリティなエンタープライズ号の活躍を堪能しましたよ...

スター・トレック イントゥ・ダークネス

STAR TREK INTO DARKNESS 2013年 アメリカ 132分 SF/アクション/アドベンチャー 劇場公開(2013/08/23) 監督: J・J・エイブラムス 『SUPER 8/スーパーエイト』 製作: J・J・エイブラムス 出演: クリス・パイン:ジェームス・T・カーク ザカリ...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示