『HK 変態仮面』 なぜそれを被るのか?

 なぜヒーローは仮面を被るのか?

 『ダークナイト ライジング』では、バットマンがそのことに何度も言及した。仮面を被るのは、そうすることで素性を隠し、自分と自分が愛する者の身に危険が及ばないようにするためだ。
 たしかに、かつてのヒーローはそのために覆面をした。
 新撰組と戦う『鞍馬天狗』(1924年~)は身の安全を図るために素性を隠さねばならなかったし、『快傑ゾロ』(1919年)も普段はバカ者の振りをしなければならなかった。
 素性がバレてもヒーローを続けるには、『ロビン・フッド』のように森の奥深くに隠れ住まねばならなかった。

 だが、これは庶民のヒーローが反体制的な位置づけだったり、義賊だったりしたときのこと。
 治安維持、現状維持を目的とするヒーローは、必ずしも素性を隠す必要はない。
 それでも『まぼろし探偵』のように、親に心配かけまいと覆面をするヒーローもいたが、素性を隠す必要がないのに仮面をつけたヒーローの代表格といえば、何と云っても『仮面ライダー』(1971年~)だろう。
 本郷猛が仮面ライダーであることは、彼を改造したショッカーも、立花レーシングクラブの面々も先刻承知している。にもかかわらず彼が仮面を被るのは、それが改造人間としてのパワーを発揮できる形態だからだ。仮面を被るという行為が、視聴者の変身願望を満たすのである。
 『宇宙刑事ギャバン』(1982年)に至ってはコンバットスーツを着用しているだけで、着用前も後もギャバンはギャバンだ(一応、日本人を相手にするときは一条寺烈という偽名を用いていたが)。

 ところが、仮面ヒーローの系譜に新たな要素を付け加えたのが『HK 変態仮面』だ。
 主人公・色丞狂介(しきじょう きょうすけ)は、使用済みパンティを被ることで変態仮面に変身する。他ならぬパンティを被る動機は説明するまでもない。
 被りたいから被る!
 この単純明快な事実を直視するヒーローが、変態仮面なのだ。
 もっとも、本作はたくさんの言い訳を用意している。最初にパンティを被ったのはマスクと間違えたからだとか、パンティを被らないとパワーを発揮できないとか、あの手この手で正当化している。
 しかし、パンティを被ると興奮するという現実だけは、取り繕いようがない。

 思えば、ひと公演で十数万人を動員する人気劇団の新感線も、初期にはパンティを被っていた。
 東京公演第二弾の『宇宙防衛軍ヒデマロ3』では、いのうえひでのりさん演じるヒデマロが、事故現場でパンティをあさっているときに一人の少女を救出する。少女は、パンティを被るヒデマロを「紫のパンティの人」と呼んで慕い続ける。
 これがパンティでなくバラだったら、事故現場に落ちていたりはしないから、ヒデマロがあさりに来ることはなく、少女を救うこともなかったろう。まこと、パンティを被る男だからこそ、彼はヒーローたり得たのだ。

 色丞狂介も、それがパンティだから被りたい。被らねばならない。その気持ちは観客にも伝わってくる。
 だが、世間にはパンティを被ることを変態視する風潮がある。狂介とて、それは判っている。
 仮面を被りたい、だが被ってはいけない。
 仮面のヒーローは数々あれど、仮面を被ることそのものが葛藤の中心をなすヒーローがこれまでにいただろうか。
 マスクをパンティに置き換える、たったそれだけのことで、本作はヒーロー物の本質に切り込むことに成功したのだ。

 観客は『HK 変態仮面』を観終えたとき、ヒーローが仮面を被るのは身の安全を図るためでも、パワーアップするためでもなく、ただ被りたいから被るのだと理解するだろう。
 その欲求に共感するだろう。

 『ふたたび swing me again』の好青年役で映画初主演を飾りながら、一転して変態を演じきった鈴木亮平さんと、変態仮面を上回る変態ぶりを披露した安田顕さんに、惜しみない拍手を送りたい。


HK/変態仮面 アブノーマル・パック(仮)[DVD]HK 変態仮面』  [は行]
監督・脚本/福田雄一  脚本協力/小栗旬
出演/鈴木亮平 清水富美加 ムロツヨシ 安田顕 片瀬那奈 佐藤二朗 池田成志 塚本高史 大東駿介 岡田義徳
日本公開/2013年4月6日
ジャンル/[アクション] [コメディ] [ヒーロー]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 特撮・戦隊・ヒーロー
【genre : 映画

tag : 福田雄一 小栗旬 鈴木亮平 清水富美加 ムロツヨシ 安田顕 片瀬那奈 佐藤二朗 池田成志 塚本高史

⇒comment

No title

そうですね。視聴者はパワーアップとかなくてもとりあえず仮面被ってたら満足ですもんね。
理由はただ一つ「格好いいから」

Re: No title

未記入さん、こんにちは。
「格好いい」というのは強力な理由ですね。
変態仮面が格好いいかどうかは微妙な気もしますが、そのデザインはスパイダーマンや仮面ライダーV3の系譜に連なり、人気ヒーローの王道であるように思います。

No title

確認するために被ってみますので女性用下着(美人着用に限る)を送ってください。

ムロツヨシをどこで区切るのかはよう分からんかった。

Re: No title

ふじき78さん、こんにちは。
オープニングのクレジットは「ファーストネーム・ファミリーネーム」の順番に表記されているのに、ムロツヨシさんだけ「ムロツヨシ」のままでした。ということは、「ムロツヨシ」にはファーストネームやファミリーネームの区切りがなく、「ムロツヨシ」でひと塊の名詞と解するべきなのでしょう。「なすび」とか「ムキムキマン」等の芸名と同じですね。

下着をご所望であれば私の使い古しをお送りします。
ご存知ありませんでしたか? 私、女でございましてよ。おほほほほー。

ナドレックさん

女だったのか!!!!知らなかった・・・。
私は、救世主のようにパンツ・・・もといパンティをくれるのが、アンパンを投げるバタ子さんに見えて、顔が変わった瞬間、嘘のように生き返る世にも奇妙なアンパンマンの大人系だああ!と思ってみてました。
アンパンマンを脱がしてみたい。
しかし、安田顕さんには、恐れ入りました。

Re: ナドレックさん

sakuraiさん、こんにちは。
アンパンマンを脱がすとは、どういうことですか!?
アンパンマンが脱ぐとどうなっているんでしょう。
そこには999の車掌さんのような恐ろしい世界が広がっているかも……。

本作で安田顕ファンは倍増ですね。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HK/変態仮面

馬鹿馬鹿しいながらも爆笑したわ。

「HK 変態仮面」愛する人のためなら俺は変態でも正義の味方になって君を守る変態度MAXストーリー 

「HK 変態仮面」はあんど慶周による原作漫画を実写化した作品でドMの刑事とSM女王様の間に生まれた男が女性のパンティを被った途端100%の力を発揮する変態仮面に変身して ...

『HK/変態仮面』

世界のためなんだ。君のパンティを俺にくれ! これは伝説のジャンプコミック「変態仮面」をご存知でない方には全くオススメできないバカ映画、いや映画としても面白さはこれっぽ ...

「HK 変態仮面」最強の変態!

[変態仮面] ブログ村キーワード  週刊少年ジャンプに連載されていた、あんど慶周 原作コミックの実写映画化。「HK 変態仮面」(ティ・ジョイ)。う~ん、吾輩原作は知らんわ(^^;...

ユートピアとリアルでの中二病(AURA 〜魔竜院光牙最後の闘い〜とかHK 変態仮面とか)

【はたらく魔王さま! 第3話】魔王さん、デートするの巻。千穂さんはああ見えて実は異世界の住人で、計画的に魔王に接近していた…という展開を予想していたんですが、外れてしま ...

『HK/変態仮面』

愛子ちゃん、 どうか俺の闘う姿を 見ないで欲しい。 製作年度 2013年 原作 あんど慶周『』(集英社文庫コミック版刊) 脚本:監督 福田雄一 脚本協力 小栗旬 主題歌 MAN WITH A MISSION『Emotions

HK/変態仮面/鈴木亮平

なんとなくこの題名は耳にした覚えがありますが、週刊少年ジャンプに連載されていた作品だったとは知らなかったしかなり意外でした。某シネコンでは予告編以外にマナー告知にも同 ...

『HK 変態仮面』を観てきた!?

『HK 変態仮面』を観てきました(^^)/ 思い出いっぱいの作品なのでどうしても鑑賞したかった! 上映館数も次第に増えてきましたね! やっと時間と場所の都合がついて観れました(^^) HK 変...

『HK 変態仮面』

紅游高校に通い拳法部に所属している色丞狂介(鈴木亮平)は、同じクラスに転校してきた姫野愛子(清水富美加)に、一瞬にして心を奪われてしまう。ある日、姫野が銀行強盗事件に巻...

『HK 変態仮面』を新宿バルト9シアター5で観て、チョイゲラふじき★★★

五つ星評価で【★★★想像してたほどじゃなかった。冒頭の疾走感がとても心地よい】 しょっぱなのレースが伸びてく感じは無駄にかっけーくて良かった。 物語としては銀行強盗 ...

映画レビュー 20 [HK 変態仮面]

映画レビュー第 20 回は [HK 変態仮面] です。ちょうど今から 20 年前の 1992~1993 年に週刊少年ジャンプで連載していたマンガ、[究極!! 変態仮面] を映画化したものですね。当時マンガを読

HK/変態仮面

プロ根性を見た気がいたします!大人版、アンパンマン!!

HK/変態仮面

2013年 日本 105分 アクション/コメディ/ヒーロー PG12 劇場公開(2013/04/06) 監督:福田雄一 原作:あんど慶周 脚本:福田雄一 脚本協力:小栗旬 主題歌:MAN WITH A MISSION『Emotio...

HK/変態仮面

借りるのに勇気がいった〜(嘘。全く平気ですよん)少年ジャンプで昔連載してた漫画「究極!!変態仮面」の実写化。なつかしいよねー変態仮面。 いやぁ意外と面白かったですよ。エン

HK/変態仮面

監督:福田雄一 出演:鈴木亮平、清水富美加、ムロツヨシ 【解説】 「週刊少年ジャンプ」に掲載され、異様なビジュアルと設定で人気を博したあんど慶周原作の「究極!!変態仮面」を

HK/変態仮面

『HK/変態仮面』のDVDを見ました。 (1)本作は、なかなか映画館の中に入って行きづらいタイトルなこともあってついつい見逃してしまいましたが、最近TSUTAYAでDVDがレンタルできるように

やっぱちょっとだけ感想(^^;〜「HK変態仮面」〜

HK/変態仮面 ノーマル・パック[DVD]TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 2013-07-12売り上げランキング : 736Amazonで詳しく見る by G-Tools アブノーマルパックってのもあるらしい。どんなんやねん。(^^; (/ω\*)いや〜どうしようかっててれたら書けない。 大体これをレンタル...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示