『テッド』続編は「テッド2 ミンの逆襲」に決定! 音楽にブライアン・メイも参加

 可愛い外見とは裏腹にアダルトなテディベアが活躍する『テッド』の大ヒットを受けて、セス・マクファーレン監督が早くも続編を構想していることは既報のとおりだが、このたびその全容が明らかになった。

 続編のタイトルは『テッド2 ミンの逆襲』。一作目で、テッドの隣人だったばかりに壁に穴をあけられ、ひどい目に遭った中国人ミンが、テッドたちへの復讐を企むという。
 続編は、ミンが魔法の指輪を手に入れるところからはじまる。指輪の魔力で他人を意のままに操ったり、怪力を発揮できるようになったミンは、「ミン皇帝」を名乗って地球征服に乗り出す。その手はじめとして、前作で煮え湯を飲まされたテッドたちを血祭りに上げようとするのだ。
 ミンが手に入れる指輪とは、1980年公開の映画『フラッシュ・ゴードン』のラストで行方不明になっていたもの。
 そう、『テッド2』は『フラッシュ・ゴードン』の続編でもあるのだ!

 気になるキャストは、主人公のマーク・ウォールバーグ、ヒロインのミラ・クニス、ミン役のロバート・ウー、そしてテッドの声としてセス・マクファーレンが続投する他、フラッシュ・ゴードン役者のサム・J・ジョーンズがまたも本人役で登場、前作以上のハチャメチャぶりが期待される。

 しかも『フラッシュ・ゴードン』の続編ならということで、ザーコフ博士役の名優トポルや、鷹王バルタン役のブライアン・ブレッスドらが出演を承諾している。バリン皇子役のティモシー・ダルトンも出演に乗り気とのことだが、ダルトンにバリン皇子を演じさせたいマクファーレン監督と、英国情報部のスパイ役で出したいプロデューサーとのあいだで意見が割れているという。
 また、マクファーレン監督は本家ミン皇帝としてマックス・フォン・シドーにもオファー中と噂されており、これが実現すれば無冠の名優マックス・フォン・シドーがアカデミー賞を取るのはほぼ確実と見られている。

 また、前作では『フラッシュ・ゴードン』のサントラからクイーンの楽曲を多数使用したが、今回はなんとクイーンのギタリストにして『フラッシュのテーマ』の作曲者であるブライアン・メイが、ブライアン・メイ&フレンズを率いて音楽に参加する。
 ご存知のように、ブライアン・メイ&フレンズは、日本のSFドラマ『Xボンバー』(英題『Star Fleet』)をモチーフにしたブライアン・メイのソロプロジェクトであり、そのプロモーションビデオには巨大ロボット・ビッグダイXや永井豪デザインのキャラクターが登場することで特撮ファンに注目された。
 この伝説のバンドが『テッド2』のために甦るとあって、ロック界は騒然となっている。早くもエドワード・ヴァン・ヘイレンやフィル・チェンらオリジナルの"フレンズ"が、本プロジェクト参加の意向を表明している。

 セス・マクファーレン監督によれば、『テッド』は制作費が5000万ドルしかなくて多くのアイデアを諦めたという。けれども『テッド』が5億ドル以上を稼ぎ出したことから、続編の制作費は数倍の規模が見込まれており、そのほとんどがミン皇帝の本拠地・惑星モンゴを再現するのに費やされる予定であるという。
 惑星モンゴが地球に大接近するクライマックスでは、過去のあらゆるディザスタームービーを超えるスペクタクルをお見せしたいとマクファーレン監督は意気込んでいる。

 『テッド2 ミンの逆襲』は、2014年のクリスマスシーズン公開の予定。
 なお、ユニバーサル・ピクチャーズ日本法人は、「『テッド』の続編については未確認」とコメントしている。


 ……なんてことがあると面白いなぁ。

フラッシュ・ゴードン [DVD]フラッシュ・ゴードン』  [は行]
監督/マイク・ホッジス  脚本/ロレンツォ・センプル・Jr
音楽/クイーン、ハワード・ブレイク
出演/サム・ジョーンズ メロディ・アンダーソン マックス・フォン・シドー オルネラ・ムーティ ティモシー・ダルトン トポル ブライアン・ブレッスド リチャード・オブライエン マリアンジェラ・メラート ロビー・コルトレーン スーザン・ダニエル
日本公開/1981年2月21日
ジャンル/[SF] [アドベンチャー] [ヒーロー]


テッド 俺のモコモコ スペシャルBOX  Blu-ray&DVD (限定生産商品)テッド』  [た行]
監督・制作・原案・脚本/セス・マクファーレン
脚本/アレック・サルキン、ウェルズリー・ワイルド
ナレーション/パトリック・スチュワート
出演/マーク・ウォールバーグ ミラ・クニス セス・マクファーレン ジョエル・マクヘイル ジョヴァンニ・リビシ サム・J・ジョーンズ ノラ・ジョーンズ トム・スケリット ライアン・レイノルズ
日本公開/2013年1月18日
ジャンル/[コメディ]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
関連記事

【theme : 特撮・SF・ファンタジー映画
【genre : 映画

tag : セス・マクファーレン マーク・ウォールバーグ ミラ・クニス ロバート・ウー サム・ジョーンズ マックス・フォン・シドー ティモシー・ダルトン トポル ブライアン・ブレッスド クイーン

⇒comment

No title

……なんてことになるといいなぁ。

面白い!

当日に読みたかったな...

かなり、ブラック…。

こんにちは。
カリメン2号です。

『テッド』を劇場で見ましたが…。
かなり、ブラックジョークとオマージュの要素が強い作品になっていたと思います。
ブラックジョークでは『チームアメリカ・ワールドポリス』を彷彿とさせる部分が多かったです。
特に自分は、スーパーの店長が良かったです。
まさに、笑いの緊張と緩和が良かったです。

Re: 面白い!

onscreenさん、こんにちは。
次なるネタにご期待ください。

Re: かなり、ブラック…。

カリメン2号さん、こんにちは。
『テッド』はオマージュたっぷりでとても楽しませてもらいました。
ブラックジョーク……は、どうでしょう。私はあまりブラックとは感じませんでした。下品だとは思いましたが。

ところで、『テッド』の記事はこちら↓に書いてますので、コメントもこちらにお願いします。
http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-392.html

本記事は冗談ですので……。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画:テッド Ted  新春早々、予想外に打たれ感動しちゃった第一号(笑)

予告編でだいたいの手がさらされている。 子供の願いが通じ「魂」を得たテディーベア人形。 問題は彼らがオッサンになっても、その関係がそのまんま維持強化されていたことだった.......
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示