『愛、アムール』 愛という名の依存

愛、アムール [DVD] 【ネタバレ注意】

 『白いリボン』で悪意の誕生を描いたミヒャエル・ハネケ監督が、次回作では打って変わってAmour(愛)をテーマにした――のだろうか。
 「愛」とは美しい言葉だが、ミヒャエル・ハネケは、私たちが愛だと思っているものの表皮をはぎ取り、その正体の深刻さを眼前にさらけ出す。この映画の題名が『愛、アムール』(原題『Amour』)とは、なんとも皮肉なことだ。

 『愛、アムール』は、音楽家の老夫婦の二人暮しを描いている。子供も音楽家として独立し、ときには世界的なピアニストになった弟子が訪ねてくれる。経済的にも文化的にも充実した生活を送る二人だった。
 しかし、妻が体を壊したことから、二人の関係は変化する。夫婦であり音楽家でもあった二人が、介護する者とされる者の二つの立場に分かれるのだ。

 映画はそのほとんどがアパルトマン内での夫婦の描写である。
 妻はまず半身が麻痺して車椅子の生活になる。次には顔面も麻痺して満足に話せなくなる。さらには寝たきりになり、記憶も混乱し、我が子のことも識別できなくなる。
 徐々に症状が重くなっていく妻を夫は献身的に介護する。だから本作は介護を題材にした作品と見ることもできる。だが、問題の本質はそこにはない。
 夫の介護を受けざるを得ない妻と、妻の介護にのめり込む夫の、これは共依存を描いた作品なのだ。

 共依存とは、他者が自分に依存し、同時に自分もその他者に依存している状態を指す。
 本作の妻が夫に依存しているのは一目瞭然だ。妻は夫の手助けがなければ室内の移動も食事もままならない。
 では夫は妻に何を依存しているかといえば、自分が助けなければ何もできない妻がいることで、自分に存在意義を感じているのだ。共依存とは「他者に必要とされることで、自分の存在意義を見い出すこと」なのである。
 共依存は、アルコール依存症患者とその世話をする家族の関係から知られるようになったという。ダメ男となかなか別れない妻が、なぜ別れないのかを問われて「私がいないと、ダメになってしまうのよ、あの人」と答えるようなケースは、映画でもしばしば取り上げられるところである。
 アルコール依存症に限らず、ドメスティックバイオレンスやギャンブル依存でも同様の事例は見られよう。

 『愛、アムール』は、夫婦が介護を通して共依存に陥る様子を綴っていく。
 ハネケ監督の作品に説明的なセリフはないけれど、代わりに映像が雄弁に物語る。
 判りやすいのが、水に足を取られたり口を封じられる夢のシーンや、連続して映し出される絵画だろう。
 当初は夫も普通に妻を気遣って、入院させたり自宅に看護師を呼んだりするのだが、彼の心境は徐々に変化していく。画面いっぱいに映し出された絵画は、穏やかな木陰の絵から、嵐の前兆のように雲がむら立つ絵に変わり、遂には断崖絶壁を前にした二人の人物の絵に変わる。

 そして夫の行動は、訪問介護研究所の記事「共依存とその弊害」に挙げられた例に酷似していく。
 まだ意識がはっきりしていた頃の妻が入院を嫌がったことをアリバイにして、妻の症状がどんどん重くなっても夫は妻を自宅で介護し続ける。難癖を付けて看護師を追い出し、自分だけで世話しようとする。妻の部屋に鍵をかけ、妻の姿を人目にさらさないようにする。子供が心配して来ても、話をそらしたり遮ったりして、深刻な状態を打ち明けない。
 どれもこれも、自分だけで妻のすべてを背負い込もうとする行為だ。

 もしかしたら夫は自分の状態を自覚していたのかもしれない。
 共依存からの回復には、日記を付けて心を整理することが役に立つという。
 映画では、夫が誰に読ませるでもなく日々の出来事を書き綴る場面がたびたび挿入される。

 このような夫の姿に同情したり悲しんだりできれば、観客はある種のカタルシスを得られるかもしれない。
 しかしハネケ監督はモンタージュの技法を駆使することで、物語をミステリアスに、多義的に展開し、安易なカタルシスは味わわせない。
 本作は倒叙法で描かれており、観客は最初に物語の結末を知ってしまう。だから観客は夫に感情移入するよりも、その結末に至った理由に興味をそそられてしまう。
 また、介護の様子をつぶさに描写する一方で、看護師を追い出す経緯は大胆に省略し、はたして夫が難癖を付けただけなのか、看護師に落ち度があったのか、その判断を観客の想像に委ねてしまう。看護師は「こんなこと云われたことないわ!私はプロよ!」と怒りまくっており、おそらく夫が理不尽なクレームを付けたのだろうと察せられるが、肝心のクレームの内容が描かれないために、本当に看護師に問題があった可能性も捨てきれない。このシーンを見て、夫が重度の共依存に陥っていると解釈する人もいれば、しっかり者の夫が看護師の素行の悪さを見抜いたと解釈する人もいるだろう。
 観客に自由に解釈させ、各人が納得するに任せるところが、ハネケ監督のしたたかさだ。


 だが、これで終われば、本作は共依存を描いた映画の一つにすぎないだろう。
 その人間関係が「共依存なのか、愛なのか」は難しい問題だが、『自虐の詩』や『その夜の侍』等、共依存と思われる状態を描いた映画は過去にもある。

 『愛、アムール』が残酷なのは、劇中の共依存が不完全なことだ。共依存と呼ばれる状態は、二人の人間が過剰に依存し合うことのはずなのに、本作の妻は夫への依存を良しとしない。
 もちろん身体的には、妻は夫の介護に依存している。だが、妻は夫よりも行動力があり、自立心が強いのだ。
 そのことを端的に語るのが、映画冒頭の空き巣に関するシークエンスだ。幸いにもドアを傷つけられただけで盗難の被害はないようだが、妻はすぐにアパルトマンの管理人や警察に連絡しようと云う。だが、夫は演奏会を楽しんだ気分を台無しにしたくないからと、連絡を後回しにしてしまう。
 妻はベッドに横たわるようになってからも、なんとか自力で歩こうとする。上手く歩けず転倒する妻に、夫が「なぜ自分に云わないんだ」と怒鳴るのは、妻への気遣いもさることながら、自分に依存しようとしない妻への怒りのためでもあろう。
 挙句の果てに、妻は古いアルバムを持ち出して、結婚前の写真を見つめながら「人生は素晴らしい」などと口にする。
 世界的なピアニストが、夫ではなく妻の弟子であることからは、妻が音楽家としてのみならず指導者としても優れていることがうかがえる。

 妻は体の自由が失われていくことと反比例するように、夫の関与を拒絶する。夫が水を飲ませてやろうとしても、妻は口に注がれた水を吐き出してしまう。
 怒りに駆られた夫の行き着く先は暴力だ。

 夫のやり場のない想いを表すのが、部屋に舞い込む鳩である。
 鳩が迷い込むシークエンスは二回ある。
 映画の前半、鳩を見つけた夫は窓を開け放し、すぐに鳩を追い出している。ここでの鳩は、夫婦の部屋に現れた闖入者でしかない。
 ところが後半での夫は窓を閉ざし、鳩を部屋の奥へ追い込んでいく。鳩を捕まえた夫は、鳩を毛布でくるみ、愛おしそうに撫でさする。まるで自分を拒絶する妻の代わりに、溢れる想いを受けとめてくれるものが見つかったかのように。

 他者に必要とされることで自分の存在意義を見い出しているのに、病に臥せる妻は自分を必要としているはずなのに、その妻から拒絶されてしまう苦悩。無抵抗な鳩にしか想いをぶつけられない苦しみ。
 その辛さは、やがて夫の日記すらも変質させる。
 その日の出来事や感じたことを書くのは、自分の心を整理するためのはずだったが、夫は日記に嘘を書きはじめる。鳩を捕まえたことは書かず、あたかも鳩をすぐ逃がしてやったかのように書き記すのだ。
 自分しか読まない日記にすら、ありのままのことを吐き出せなくなった夫は、この生活に限界を感じたのだろう。彼は唐突にピリオドを打ってしまう。


 哺乳類や鳥類は、子孫を残すために「愛情」というメカニズムを発達させた。魚類や昆虫の多くが一度に大量の卵を産むことで子孫を残そうとするのに対し、私たち哺乳類や鳥類は少数の子供を親が守ることで子孫を残そうとする。
 男女が愛し合い、協力し合い、愛する我が子を育むのは、生存競争に勝ち残り、繁殖する上で有効な戦略だった。

 ミヒャエル・ハネケ監督は、あえて子育てを終えた男女を主人公にすることで、愛情と繁殖とを切り離した。
 そして、この夫婦の物語に「愛」と名づけた。
 夫のかいがいしい介護を目にしたアパルトマンの管理人は、まさしく愛に溢れる夫婦だと思ったのだろう。「あなたを尊敬します」と夫に告げる。
 はたして、「愛」の名の下に突きつけられたこの物語を、私たちは本当に愛と呼ばねばならないのか。


愛、アムール [DVD]愛、アムール』  [あ行]
監督・脚本/ミヒャエル・ハネケ
出演/ジャン=ルイ・トランティニャン エマニュエル・リヴァ イザベル・ユペール アレクサンドル・タロー ウィリアム・シメル ラモン・アジーレ リタ・ブランコ
日本公開/2013年3月9日
ジャンル/[ロマンス] [ドラマ]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : ヨーロッパ映画
【genre : 映画

tag : ミヒャエル・ハネケ ジャン=ルイ・トランティニャン エマニュエル・リヴァ イザベル・ユペール アレクサンドル・タロー ウィリアム・シメル ラモン・アジーレ リタ・ブランコ

⇒comment

立ち直れませんでした

この映画を見た後、何も他のことをする気になれず、ぼーっとしていました。
こんな経験、初めてでした。

記事を読ませていただいて、なるほど~と思うところなど多かったです。(絵画のこととか)
自分ではこの映画をうまく言葉にできなかったので…。

私は、愛だなぁと思いました。
彼女への愛のあかしでもあり、自分の彼女への愛が亡くなってしまう前に終わらせたかったのかなぁ、とも。

トラックバックさせていただきました!

TB御礼

TBありがとうございましたv-290

No title

リアリティとメタフォーなのだと思います。鳩、手伝ってくれる隣人?、看護士、娘、介護の様子、どれもが、監督はよく観察して構築しているのね、と思わせるものばかりでした。
妻は音楽それもかなりできる人ということはすぐわかりましたが、夫の仕事がナンなのかは気になって見てました。明らかに収入は高く、知的な階級だし。二人とも人と接する態度が丁寧だし。
やることだけを見ていると、妻のマネージャー的なので妻が元気なときからそういう役回りをしていたのかもしれない、とも。
こういう風に想像を膨らますことができるのもこの監督さんの突き放した姿勢であり、私は嫌いではありません。むしろ、楽しい!
あっとうてきなリアリティの連続的な蓄積がじわじわと見ている側に効いてくる、その効き具合をポッキーでもかじりながら鑑賞する。そんなかんじでした。構図もよく計算されています。
いやはや、意地悪な監督さんです。見たくないものをあからさまに表に出す。長生きすればみんな通る道ですものね。描いてくれてありがとう。
私は大いに楽しんでみることができた作品です。方向性はことなるとはいえ、東京物語、を思い出していました。
「アモール」を見た後に、機内で「シュガーマン」を見て、なかなかいい日でした。

コメント&TBありがとうございました。

ナドレックさん、こんにちは。
私は、あの辞めさせられた看護師、イヤな感じだな、、と思って観ていました。
アンヌの髪を乱雑に梳いて、「美人になったよ~」とか言いながら鏡を見せる。
自分なら耐えられないと思いました。
でも、あれが「プロ」の仕事なのかなぁ。。。
考えさせられる映画でしたね。果たして、これも「愛」なのか?と。

共依存

なるほど。
共依存って、それが依存とは気付かない形で進行しますもんね。夫婦なら、そして介護というベールをまとえば尚更気がつかない。
今だと、外部の手を借りた介護を嫌がるケースも多いだけに、単なる病人の希望なのかそれとも共依存なのか、見分けないといけないですね。

なお、最近観た中で依存だなと思った例としては『汚れなき祈り』かなと思いました。これもあるいは共依存に入るケースかもしれません。
ブログには書けたら書きたいと思います。

Re: 立ち直れませんでした

ゆーきねこさん、こんにちは。
私もこの映画を観た後は気分がどんよりしてなかなか立ち直れませんでした。
前作も明るい映画ではありませんでしたが、本作は身につまされるだけにダメージが大きくて。
愛情の対象を終わらせる……『終の信託』でも描かれたことではありますが、動機はかなり違いますね。
考えれば考えるほど、どんよりしてきます……。

Re: TB御礼

別冊編集人さん、こんにちは。
今後ともよろしくお願い致します。

Re: No title

魚虎555さん、こんにちは。
メタファーはあまりないのかなぁ、と私は思っています。
たとえば鳩は鳩でしかなく、そこで監督が見せたいのは鳩に対する夫の行動の変化であり、鳩そのものに意味はないのだろうと思います。
ただ、小津安二郎監督は『東京物語』等で空ショット(人物の映っていないショット)を多用し、人物の心情を表現しました。本作でこれに相当するのが、絵画のアップかなぁと思います。娘役のイザベル・ユペールも、本作に関するインタビューに答えて『東京物語』を引き合いに出していました。

『シュガーマン』も早く観にいかなきゃ。

Re: コメント&TBありがとうございました。

真紅さん、こんにちは。
あの看護師はイヤな感じでしたね。
だからこそ夫は、妻の面倒は自分だけで看るという方向に行ってしまう。それを夫は当然のことと思ってしまう。
考え抜かれた演出に圧倒されました。

Re: 共依存

rose_chocolatさん、こんにちは。
リンク先の記事にもあるように、在宅介護中の夫婦は二人だけの世界に陥りがちで、それを第三者は褒めるしかないのかもしれません。愛だと云われたら反論のしようがない。

一方、『汚れなき祈り』はまさしく愛の物語だと感じました。問題は、愛とは何か、ですが。
ブログの記事を楽しみにしております。

No title

やはり「東京物語」でしたか。いくつになっても、いえ、いつまでたってもあの映画の影響は多大なようですね。
「シュガーマン」、いわゆるヒーロー譚ですが芯を通した作成姿勢がよいと思いました。

老両親

二人だけで暮らしてる両親の姿を重ね合わせてました。
娘に頼ってくれてもいいのですが、頼ろうとしてないです。
手術や、大変な時に「行くよ」というと、私の身の方を案じてくれて、無理しないでという。
あくまでも親の立場にいようとする。
私はこの二人の間にあるのは愛なのか、何なのかもやもやしたままの状態だったのですが、共依存という言葉で、スッキリしました。
そして、親であることをやめない。
映画の中で、娘の立場がすとんと落ちなかったのですが、自分と照らし合わせるとわかってきた。二人の世界なんでしょうかね。

Re: No title

魚虎555さん、こんにちは。
イザベル・ユペールが『東京物語』を引き合いに出したのは、日本の観客を意識したリップサービスのような気もしますが、『東京物語』が時と場所を越えた普遍的な作品であることもまた確かですね。

『シュガーマン』、なかなか楽しめました:-)

Re: 老両親

sakuraiさん、こんにちは。
娘の立場は微妙でしたね。「家族なのに」「家族といえども」、いろんな気持ちと現実がぶつかる苛立ちが伝わってきました。
この映画は他人事じゃないので、観るだけでしんどいです。

老いるという事

初めまして、とはいえ時々拙ブログのTBでお名前を拝見していました。中々、使いこなせていませんで、お邪魔するのはお初です!
亡き両親はここまでではありませんでしたが、病弱だった母が先に亡くなり介護や家事から解放されたかに見えた父が、気力を失いました。母を支えているように見えて支えられてもいたんだな、とその時に痛感しました。
相手を愛する(尽くす)ということは自分のためでもあるのですね。
父の場合、娘(私)は頼ってました。私はヘルパーさんを頼っていました(笑)だってプロですもの。

Re: 老いるという事

アンダンテさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
ちょくちょくブログにお邪魔していましたが、コメントをいただくのは初めてですね:-)

> 相手を愛する(尽くす)ということは自分のためでもあるのですね。

そうですね、それは大事なとこですね。
とはいえ、ヘルパーさんに頼れるならそれに越したことはないでしょうね。
尽くし方も様々ですし。

是非また拙ブログにおいでください。

夫婦の成果

初めまして。「共依存」に言及されていて、興味深く、読ませていただきましたm(_ _)m

仕事に失敗した後、超長生きした祖父母。50年以上、共依存関係にある両親。
優しいが、両親と同じく私を利用しているだけなのではないかと思われる(笑)、夫。
子育てを終えた私に寄りかかってくる、これらの人々について「考え始めた」私にとって、
「愛、アムール」は、一歩を踏み出せる映画となりました。

2回目は夫と観ました。私と一緒に老いるのに必要なものを、知っているか確認したかったので。

ハネケ監督が考えろと迫る(恐らく…)ので、二人で考え、出した結論は「あれは、愛ではない」。
短命だった昔は、仮面夫婦でも問題がなかったですが、超高齢化少子化が進むと、夫婦の愛が
「わずかでも」偽物であった場合、『致命的になる』事が如実に描かれていました。厳しいです。

いかにも誠実で、お互いを思いやっているかのような主人公夫妻ですが・・・。

「病院に戻さないで」と無理を言うアンヌと、妥協点を見出だすための話し合いを、ジュルジュは
しようとしません。説得する情熱がない、と感じました。

「イメージを壊す話はしないで」というアンヌの言葉は「ジョルジュが醜くなったら私は愛せない。
美しいものにしか価値は無い」かのように聞こえます。後に、彼女自身を苦しめる考えです。

「私は障害者じゃない」というセリフも、「生まれた時から障害者である人々」に、真剣に目を向けた
事が一度もなさそうで、「芸術家として恵まれてはいるが、感性はどうか?」と思わせられます。

ヘルパーの態度がいくら悪くても、何十才も年下の小娘なのだから、ジュルジュは、喧嘩をせずに
「亡くなった娘にそっくりで妻が辛いから」などと嘘をついて、辞めてもらえばいいと思いました。
「未熟な相手も人間だ」として応対できないのは、インテリとしては未完成な感じです。

才能があったが故に、成長しきれず『大人』になれないまま、老いてしまった二人を感じます。
娘も含め「建設的な話し合いを続ける事ができない」家族の姿が、よく描かれていました。

「愛する」ために必要なものは「教養」でも「芸術」でもない。プライドの高い人が、その事に気づく
のは、自分の体が、思うように動かなくなってからのような気がします。

ジュルジュは、80才を超えて「愛だと思い込んでいたのが、実は自己愛だった」と思い知らされて
「一気に人生に幻滅した」ように感じます。この辛さを乗り越えるには、年老い過ぎていました。

「話し合い」「ぶつかり合い」を避け続けた夫婦は、自他共に良い夫婦と思っていても、こうなる。
でも、アレクサンドルという『成果』と引き換えなんだとしたら、不幸なだけではないと思います。
残った娘さんに「誰も悪くないんだよ」と声をかけてくれる人は、誰か居ないのでしょうか・・・。

Re: 夫婦の成果

ゴーディーさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
この作品を夫婦でご覧になって話し合われるとは、勇敢ですね。

> 説得する情熱がない

厳しいですね。
たしかにこの映画で描かれたものが愛かと云えば、それは首を捻らざるを得ません。
とはいえ「愛」と「愛でないもの」の境界はとても曖昧で、そのときどきで揺らいでいるようにも思います。
それは本人にも認識できないかも知れません。

建設的な話し合い……難しいですね。
当事者だけの話し合いから解決の糸口が見出せるものなのか。
そうこうするうちに、人は老いてしまうのかも知れません。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画:愛、アムール Amour  映画賞総なめも納得の、2013年 必見の1本。

前作「白いリボン」をみた時、ベルイマンを継ぐのは彼しか無い、と悟った(汗) それまでの「直接的」な暴力描写が消え、「暗喩」に表現が進化していたのだ。 そのハネケの新作。

愛、アムール

愛、アムール@銀座テアトルシネマ

「愛、アムール」

 (原題:Amour )ミヒャエル・ハネケ監督の今までの作品群に比べればとても平易なテーマを扱っており、ストーリーも比較的分かりやすい。だから“破壊力”という点では控えめかもし...

『愛、アムール』:鳩の意味するものは?

新作の感想は、主にもうひとつのブログで書いてますが、 まだ日本公開になる前に記事をあげることが多く、ネタバレなしに書こうとすると、 深いところには入れないというジレンマ

愛、アムール/ジャン=ルイ・トランティニャン

先日開催された第85回のアカデミー賞でも賞レースの有力候補作品としてノミニーされていた『白いリボン』 のミヒャエル・ハネケの監督作品です。といっても実のところ高齢者夫婦を ...

愛、アムール / Amour

ランキングクリックしてね ←please click これは、老人介護の話でも不治の病がテーマの話でもなく ある老夫婦の 愛を描いたストーリー 愛する者が死に臨む、その姿を横で見

愛、アムール~「老い」と「死」を通じて見つめた「愛」

正直、今の自分に、この映画の感想を書くことはできないと思います。 あふれてくる思いはたくさんあるけど、とても言葉にはできない。(まぁ、いつもめちゃくちゃな文章ですが)

愛、アムール ★★★★

パリの高級アパルトマンで暮らす音楽家の老夫婦の姿を描いた『愛、アムール』。 監督・脚本は1942年生まれで70歳のミヒャエル・ハネケ。前作『白いリボン』に続き本作と2作品連続で

隣のおじいちゃんとおばあちゃんのこと。~『愛、アムール』

 AMOUR  元音楽教師のアンヌ(エマニュエル・リヴァ)とジョルジュ(ジャン=ルイ・トラ ンティニャン)は、パリのアパルトマンに暮らす仲睦まじい老夫婦。悠々自適な 生活を送

『愛、アムール』

愛する人との別れが迫った時に見えてくる真実の愛。 第85回アカデミー外国語映画賞に輝いたこのミヒャエル・ハケネ監督の作品。老老介護を扱っていながらも介護問題ではなく老夫婦 ...

映画『愛、アムール』★老夫婦二人の愛:ともに生き、ともにいく…

    映画レビュー(ネタバレ表示)です。 http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id344164/rid36/p1/s0/c1/   作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161061/ ↑ あらすじ・クレジッ

この結末にしてこのタイトル。『愛、アムール』

第65回カンヌ国際映画祭で最高賞にあたるパルムドールを獲得した作品です。

『愛、アムール』 (2012) / フランス・ドイツ・オーストリア

原題: AMOUR/LOVE 監督: ミヒャエル・ハネケ 出演: ジャン・ルイ・トランティニャン 、エマニュエル・リヴァ 、イザベル・ユペール 、アレクサンドル・タロー 公式サイトはこちら...

愛、アムール

フランス・パリ都心の高級アパルトマンに暮らす夫ジョルジュと妻アンヌは、共に音楽家の老夫婦。 愛弟子の演奏会へ出かけた翌日に体調を崩したアンヌは、病院で受けた手術が失敗し...

愛、アムール

パリ在住のジョルジュ(ジャン=ルイ・トランティニャン)とアンヌ(エマニュエル・リヴァ)夫婦は、充実した老後を送っていたが、ある日、アンヌが突然の発作に見舞われ、半身麻痺

No.342 愛、アムール

ミヒャエル・ハネケ監督が、カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞し、第85回アカデミー賞では外国語映画賞も受賞したドラマ。妻が病に倒れたことで穏やかだった日常が変 ...

愛、アムール

世界の映画祭で高い評価を受けた、ある老夫婦の愛の姿を描いた人間ドラマです。 アカデミー賞でも話題になっていたので、どんな物語なのか気になっていました。 ハネケ監督作品は初

愛、アムール

 『愛、アムール』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)前作『白いリボン』に引き続いてカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞したハネケ監督の作品(アカデミー賞の最優秀外国語映

『愛、アムール』

□作品オフィシャルサイト 「愛、アムール」 □監督・脚本 ミヒャエル・ハネケ□キャスト ジャン=ルイ・トランティニャン、エマニュエル・リヴァ、イザベル・ユベール、アレク

映画「愛、アムール」自分の生を生きる

映画「愛、アムール 」★★★★ ジャン=ルイ・トランティニャン、エマニュエル・リヴァ イザベル・ユペール出演 ミヒャエル・ハネケ監督、 127分、2013年3月9日より全国公開 ロングライ

いつか訪れる、愛

11日のことですが、映画「愛、アムール」を鑑賞しました。 パリ在住の80代の夫婦ジョルジュとアンヌ、ある日アンヌが病で倒れ半身まひという後遺症が残ってしまう 家に帰りたいとい

愛、アムール

つづけさまに抵抗の映画を見た気分に・・・

「愛、アムール」

「Amour」 2012 フランス/ドイツ/オーストリア パリのアパルトマンに暮す音楽家夫婦のジョルジュとアンヌ。ある日、アンヌが病に倒れ、やがて寝たきりになってしまう。ジョルジュは...

「愛、アムール」:あなたや私のことでもある

映画『愛、アムール』は、確かに問題作ではありましょうが、作りは実に端正。ハネケら

『愛、アムール』

 結婚して嫁さんと映画を観に行く機会が度々ありますが、その中でも「これは嫁さんと絶対に観ておかなければならない!」と思う映画が稀にあります。  一番最初にそう思った映 ...

愛、アムール

パリで悠々自適に暮らす音楽家の老夫婦ジョルジュとアンヌ。しかしある朝突然アンヌの様子がおかしくなり・・

「愛、アムール」

二人の時間。長い間合い。 居心地の悪さ。M.ハネケ監督の作品の印象を問われて真っ先に思いつくのがこの言葉なのだが、新作が描く老老介護の情景は、高齢化社会が生んだ歪み、いわ

「愛、アムール」

2012年・フランス・ドイツ・オーストリア合作 配給:ロングライド 原題:Amour 監督:ミヒャエル・ハネケ脚本:ミヒャエル・ハネケ製作:マルガレート・メネゴス、シュテファン・アルン...

映画『愛、アムール』を観て〜アカデミー賞受賞作品

13-26.愛、アムール■原題:Amour■製作年、国:2012年、フランス・ドイツ・オーストリア■上映時間:127分■観賞日:3月16日、吉祥寺バウスシアター(吉祥寺)■料金:1,

愛、アムール ~ 愛とは生きるあかし (2013/5/2)

「白いリボン」でカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した、オーストリアの巨匠ミヒャエル・ハネケ監督が、再びカンヌのパルムドールを受賞し、第85回アカデミー賞では外国語映画賞も受賞した作品です。 妻が病に倒れたことで、穏やかだった日常が変化していく老夫婦の姿が描き出されます。 音楽家夫婦のジョルジュとアンヌは、パリの高級アパルトマンで悠々自適な老後生活を送っていました。 しかしある...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示