『テイク・ディス・ワルツ』 直視したくない事実

 【ネタバレ注意】

 実は、『映画 ホタルノヒカリ』の記事であえて触れなかったことがある。
 この記事で、私は橘玲(たちばな あきら)氏の『(日本人)』の一部を引用したが、橘玲氏もその著書に書いていないことがある。それを書くと、読者が不愉快に感じるからだろう。

 橘玲氏は「乱交と純愛」と題した節で、進化心理学が「きわめて強力な説明能力を持っているけれど、同時にものすごく評判が悪い」と述べている。「私たちが大切な価値と考えるすべてのものを、身も蓋もない理屈に還元してしまうからだ。」
 そう断った上で、男女の生殖戦略の違いと、女性が純愛を志向する背景を解説している。詳しくは先の記事をご覧いただくとして、人間は(他の動物と同じように)子孫を残すために最適化するように進化してきたから、男女の感情や行動はいかにして子孫を残すかという点から説明できる。その生殖機能の違いから、男性は乱交をするのが最適戦略であり、女性はセックスの相手を慎重に選び、子育て期間も含めて長期的な関係を作るのが進化の最適戦略になる。

 橘氏はこのように説明し、一人の人を愛し続ける「純愛」の誕生が必然であると結論付けている。
 「純愛」にロマンチックな思いを抱く人にとって、それが進化の最適戦略としての帰結であるという説明は身も蓋もない理屈だと感じられるだろう。たしかにこんな説明は評判が悪いかもしれないが、一方で学問的にも純愛が理にかなっているという話に、ロマンチックな思いを強くする人もいるかもしれない。美しい結論ではあるのだから。

 だが、世の中はロマンチックだけでは終わらない。
 橘氏はこの「美しい結論」で論考を切り上げたが、氏が参考文献として挙げたスティーブン・ピンカー著『心の仕組み 人間関係にどう関わるか』には、その先が書かれている。
 けれども、橘玲氏はそこまで踏み込まなかったし、私も記事で取り上げなかった。読者が不愉快に感じるだろうと考えたからだ。
 そこまで踏み込んだ映画がサラ・ポーリー監督の『テイク・ディス・ワルツ』である。

 ミシェル・ウィリアムズ演じる妻マーゴとセス・ローゲン演じる夫ルーは仲の良い夫婦だが、マーゴは若いダニエルと出合い、彼にどんどん惹かれてしまう……。
 『テイク・ディス・ワルツ』は、妻の浮気を描いた映画だ。

 先に述べたように、男性は乱交をするのが子孫を残す最適戦略なので、浮気を志向しても不思議ではない。だが、長期的な関係を作るのが女性にとっての最適戦略なら、結婚によって制度的にも強固な長期的関係を築いた女性が浮気する必要はない。
 ところが実際には女性も浮気をする。2004年に千田有紀氏らが東京、大阪の男女計千人を調べたところ、配偶者・恋人以外との性的関係を持ったことのある人は28.3%だったという。女性は男性より少ないし、世代によりバラつきがあるものの、いずれの世代においても浮気をした人はいる。
 結婚していなければさらに自由で、結婚情報誌『ゼクシィ』の調査では「彼氏がいるのに浮気したことがある」と回答した女性は38%に上る。

 これは、女性にとっても浮気することが子孫を残す戦略として適切な場合があるだからだ。
 スティーブン・ピンカーはその著書において簡潔に説明している。
 「遺伝子はもっとも質の高い男から得て、投資は夫から得るという場合もあるだろう。一人の男性が両方を兼ね備えている可能性はあまりないからだ」
 そして、不倫の性差をまとめた結果を紹介している。
 ・不倫をしている女性は、相手の男は夫よりも優れている、あるいは夫にないものを持っていると感じている。
 ・不倫をしている男性は、相手の女が自分の妻ではないという理由で不倫している。

 すなわち、男性は自分の遺伝子を多くの女性にバラ撒こうとするのに対し、女性はより優れた遺伝子を手に入れようとしているのだ。
 ただし、女性が子孫を残す上で重視するものは二つある。

(1) 健康で頑強な子供を産むこと
 人類が300万年前に誕生してからずっと、過酷な生存環境で生き残るのに必要なのは、獲物をしとめる強さや素早さを備えた健康な肉体だった。子供のためには、当然そういう男性の遺伝子を手に入れることが重要になる。今でも多くの女性は、体が大きく健康な男性を好むだろう。

(2) 長い妊娠・子育て期間にわたり、自分と子供のために食料を調達できる男性を確保すること
 危険なジャングルの中で、妊娠や授乳している女性が食料を獲るのはたいへんだ。自分に代わって食料を獲ってくる男性の有無は、母子にとって死活問題である。

 狩猟採集の時代には、これら二つの点から男性に求められる性質は一致していることが多かったろう。肉体的な頑強さは、食料を調達する上でも有利に働いたろうから。

 しかし、100人程度の集団で行動していた人類は、必ずしも全員が強く素早くなくても生き残れるようになった。獲物をしとめるには、斧を振るったり槍を投げたりが得意な力持ちが有利な一方で、手先が器用で斧や槍を作るのが上手い者も役に立つ。
 決定的なのは、1万年ほど前から広まった農耕だ。農耕社会では多岐にわたる作業が必要になり、狩猟採集の時代とは異なる能力が重宝されるようになってきた。そのため、(1)を満たすような体が大きく屈強な男性でなくても、(2)の長期にわたる保護を与えることができるようになった。現代において、肉体的な頑強さが真っ先に求められる職業は限られるだろう。
 そのような状況の変化に適応し、背が低かったり力持ちではない男性を配偶者に選ぶ女性もいるかもしれないが、やはり300万年かけて培われた嗜好はすぐに変わるものではない。今も、男性に求める条件に背の高さを挙げる女性は多かろう。

 本作の主人公マーゴは、(2)については充分に満たされている。
 夫は優しいし、経済力があるし、マーゴを愛してくれている。ホームパーティには大勢の友人たちが集まり、楽しい日々を過ごしている。
 だが、夫には問題があった。現状に満足してしまい、子供を作ろうとしないのだ。これは女性の生殖戦略にとって致命的だ。子孫を残せないのだから。
 そんなときに出会うのが、若いダニエルである。料理研究家の太った夫に比べ、車引きで鍛えた屈強なダニエルの方が(1)のための条件をはるかに満たしている。
 マーゴがダニエルに惹かれるのは当然といえよう。

 スポーツクラブのシャワー室のシーンでは、多くの女性たちの裸体が映し出される。
 マーゴの若く引き締まった体と対比されるのは、初老の女性たちの衰えた肉体だ。
 ここでは、生殖できる期間の短さがあからさまに示される。

 本作は、マーゴが夫とダニエルの間で揺れ動く気持ちを丁寧に描写しているが、生物としての自然な行動を考えればその結論は見えている。
 だから、夫と別れてダニエルの許に走ったマーゴが行うことは一つしかない。映画はマーゴとダニエルの性行為を延々と描く。甘い語らいも楽しい時間も、ほとんどすべてのものは夫から得ていたのだから、マーゴがダニエルに求めるのは屈強な肉体の遺伝子だけなのだ。


 けれども、話はそれで終わらない。
 R・ロビン・ベイカーとマーク・A・べリスは、3679人の13~72歳の女性を対象に子供の数と浮気の率を調査した。

 子の数別 女性の浮気の率
  0人    5%
  1人    3%
  2人    10%
  3人    16%
  4人以上  31%

 この結果から明らかなように、子供の数が多いほど女性が浮気する率は高くなる。
 女性は男性との長期的な関係を志向するが、長期とは永遠のことではない。妊娠・出産し、子供がある程度大きくなれば、女性は次の子作りに取りかかることができる。そのとき、また同じ男性の子供を宿さねばならないわけではない。それどころか、別の男性の遺伝子を手に入れて子供のバリエーションを増やす方が、生き残り戦略としては正しい。

 いくつかの哺乳類ではブルース効果という事象が知られている。
 たとえ妊娠していても、新しいオスが登場すると着床の阻害や胎児の再吸収等により妊娠を中断させて、新しいオスとつがう準備に入るのだ。
 人間の場合はそこまでして新しい男性に走ったりしないが、遺伝子の多様性を確保するために有性生殖をしているのだから、受胎のたびに父親を変えることには合理性がある。

 マーゴの夫はそもそも子供を作ろうとしないから決別したけれど、子供を作れていれば、マーゴは夫との関係を保って経済的な基盤を維持しつつ、別の男性の遺伝子を求めれば良かったのだ。
 その点、サラ・ポーリー監督の描写は容赦がない。本作はダニエルと結ばれても、めでたしめでたしでは終わらない。マーゴは常に、現在のパートナーを物足りなく思うのだ。


 もっとも、浮気すればするほどいいとは限らない。先に上げたいくつかの調査を見ても、すべての人が浮気しているわけではない。
 私たちは無制限の浮気を抑制するメカニズムを備えている。それが嫉妬という感情の働きだ。
 本作において、サラ・ポーリー監督は極めて論理的にキャラクターを動かしているが、嫉妬については深く切り込んでいない。この興味深い題材は、別に取り上げることがあるだろう。

(次回は、生殖行為に励んでも子供のできない妻について)


参考文献
 石川幹人 (2011) 『人は感情によって進化した』 ディスカバー・トゥエンティワン
 橘玲 (2012) 『(日本人)』 幻冬舎
 スティーブン・ピンカー (2003) 『心の仕組み(下) 人間関係にどう関わるか』 NHK出版


テイク・ディス・ワルツ [DVD]テイク・ディス・ワルツ』  [た行]
監督・制作・脚本/サラ・ポーリー
出演/ミシェル・ウィリアムズ セス・ローゲン ルーク・カービー サラ・シルヴァーマン
日本公開/2012年8月11日
ジャンル/[ドラマ] [ロマンス]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : ロマンス映画
【genre : 映画

tag : サラ・ポーリー ミシェル・ウィリアムズ セス・ローゲン ルーク・カービー サラ・シルヴァーマン

⇒comment

あけまして

おめでとうございます。
今年もいろいろとよろしく、ご教授願います。

いつも、思わぬ視点からの映画のぶった切りを楽しませていただいてますが、こうきましたか。。。
子孫を残すための本能が生かされてるでしょうから、今の世界があると。
このあと、飽和状態になってしまったらどうなるんだろ?との興味もあります。
そこまで見届けけることができないかな。

先日、まるで対極にあるのではと思える「ふがいない僕は空を見た」という映画観てきまして、上記の言葉をことさら噛みしめています。
ご覧になりましたか?
いずれUPしますので、よろしければ。

年末から忙しく、とんと御無礼しました。

Re: あけまして

sakuraiさん、あけましておめでとうございます。
ご教授なんて恐れ多いです。sakuraiさんこそ先生ですので。

本作は、監督の意図を表現するために、かなり人為的なキャラクター設定がなされていますね。
マーゴの夫もダニエルも嫉妬心を発動させないのはその一例でしょう。現実には双方の嫉妬によりマーゴは心身共に辛い思いをして、男性を乗り換えるコスト(心労、労力、時間等)が障壁になるはずですが、本作ではそこをアッサリ削っています。「乗り換えたいと思う女性」に焦点を当てているからでしょうね。

現代の私たちを取り巻く悩みの多くは、文明の発達が飢餓や病気から解放する一方で社会を複雑化しているのに対し、私たちの心身が飢えにさいなまれた時代のままであることによる適合不全のように思います。典型的なのが、甘いものを前にすると食べずにいられない性質ですね:-)
もちろん、狩猟採集時代に戻ればいいわけでないので、狩猟採集時代なら有効だったが今では有効じゃない心身の機能を切り分けて、それをコントロールする必要があるのでしょう。

『ふがいない僕は空を見た』は、この後に取り上げる予定です。
というか、今回の記事は『ふがいない僕は空を見た』のための前振りでして……。
書きおおせるかどうか判りませんが、どうぞよろしくお願いします。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

幸せ未満~『テイク・ディス・ワルツ』

 TAKE THIS WALTZ  作家志望のライター、マーゴ(ミシェル・ウィリアムズ)は28歳。チキンのレシ ピ本を作っている夫ルー(セス・ローゲン)とは結婚5年目、それなりに幸せで 穏やか

映画『テイク・ディス・ワルツ』★そこらじゅうにある“ブルー”はため息のように

  作品について http://cinema.pia.co.jp/title/159596/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     サラ・ポーリー 監督作品です。 女性監督の描くヒロインには

テイク・ディス・ワルツ

鳥料理の本を出すために、日々自宅のキッチンでレシピの研究をするルー(セス・ローゲン)と、フリーライターとして取材・執筆をしているマーゴ(ミシェル・ウィリアムズ)は、結婚...

テイク・ディス・ワルツ

しあわせに 鈍感なんじゃない。 さみしさに 敏感なだけ。 原題 TAKE THIS WALTZ 製作年度 2011年 製作国・地域 カナダ 上映時間 116分 映倫 R15+ 脚本:監督 サラ・ポーリー 出演 ミシェル・ウィ

『テイク・ディス・ワルツ』 2012年8月25日 ヒューマントラストシネマ有楽町

『テイク・ディス・ワルツ』 を鑑賞してきました。 女心と秋の空って感じですか 【ストーリー】  フリーライターのマーゴ(ミシェル・ウィリアムズ)とチキン料理専門の料理本制

『テイク・ディス・ワルツ』

'12.09.05 『テイク・ディス・ワルツ』@ヒューマントラストシネマ有楽町 コレ見たくて試写会応募したけどハズレ 評判良かったので、見たくてジリジリしてた! レディースデイに見てきた...

テイク・ディス・ワルツ

フリーライターのマーゴと(ミシェル・ウィリアムズ)と、チキン料理本を執筆するルー(セス・ローゲン)は、結婚5年目ながらも仲むつまじく過ごす夫婦。 ある日、取材先で出会っ

テイク・ディス・ワルツ/Take This Waltz

ランキングクリックしてね ←please click 「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」で27歳で監督デビューした女優、 サラ・ポーリーの監督第二弾。 ってことと、セス・ローゲン出演...

50★テイク・ディス・ワルツ

’11年、カナダ 原題:Take This Waltz 監督・脚本:サラ・ポーリー 製作:スーザン・キャバン、サラ・ポーリー 撮影:リュック・モンテペリエ キャスト:ミシェル・ウィリアムズ、セス・

『テイク・ディス・ワルツ』 (2011) / カナダ

原題: TAKE THIS WALTZ 監督: サラ・ポーリー 出演: ミシェル・ウィリアムズ 、セス・ローゲン 、ルーク・カービイ 観賞劇場: ヒューマントラストシネマ有楽町 公式サイトはこちら...

テイク・ディス・ワルツ

 『テイク・ディス・ワルツ』を渋谷ル・シネマで見ました(すでに同館での上映は終了していますが)。 (1)『ブルーバレンタイン』や『マリリン』で印象深かったミシェル・ウィリア

テイク・ディス・ワルツ

評価:★★★★【4点】(10) 生唾ゴックン!そんなサービス大歓迎です(笑)

映画・テイク・ディス・ワルツ

2011年 カナダ 原題 Take This Waltz フリーライターのマーゴ(ミシェル・ウィリアムズ)とチキンの料理本を作るルー(セス・ローゲン)は結婚して5年目 一見、仲睦まじく心から愛

テイク・ディス・ワルツ

不満は人生につきもの                     * * * * * * * * *  マーゴ(ミシェル・ウィリアムズ)とルー(セス・ローゲン)は結婚5年目...

テイク・ディス・ワルツ

気持ちはわかるような、わからんような、摩訶不思議な女だよ。

「テイク・ディス・ワルツ」

すっごく、いい! サラ・ポーリー&ミシェル・ウィリアムズのコンビネーション、最高です!!

「テイクディスワルツ」

見えない恐怖に囚われて。 「怖いと感じることが怖い」。主人公マーゴが劇中前半で口にする言葉である。 客観的に見れば特に不足のない生活。でも何かが足りない。何かが間違って

テイク・ディス・ワルツ

カナダ。 フリーランスのライターとして働く28歳の女性マーゴは、出張先で出会い意気投合した青年ダニエルが、向かいの家の住人であることを知る。 何かが起こりそうな予感を断ち

テイク・ディス・ワルツ

ミシェル・ウィリアムズさんとセス・ローゲンさんが夫婦役で主演。監督はサラ・ポーリーさんですが、やはり、女性の繊細な感情を汲み取るのが巧い。 恋愛映画の先の、気心が知れた
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示