『その夜の侍』 口を塞いでいるのは何か?

 タバコ――その意味するものは何だろうか。
 無思慮、無学、貧困、粗暴、不幸……。タバコはこれらの象徴だ。
 タバコを吸う人はこういう人であり、タバコを吸う場面はその人がこのような状態にあると伝えている。明らかに欧米の映画は、登場人物を特徴付ける印としてタバコを使用している。

 だが邦画では、しばしば無頓着にタバコを吸う場面がある。待ち合わせの場面や酒を飲む場面で、あまり深い意味もなく登場人物がタバコを吸うのだ。
 そこには、登場人物が何かしていないと画面が持たないから、という消極的な意味しかない。あるいは作り手が無学、無思慮で、しかもそのことに気づいていないのかもしれない。

 『その夜の侍』は、タバコの意味をハッキリ意識して撮られた映画だ。
 映画の中心になるのは、妻を轢き逃げされた中村と、轢き逃げした木島。中村は出刃包丁を持って木島を付け狙い、一方木島は事件の反省もなく非道な振舞いを繰り返している。
 彼らは一見すると逆の立場のようだが、タバコを手放せない点で共通している。すなわち、ニコチン依存症を病んでいるのだ。

 中村は義理の兄からタバコの害を諭されても、止めることができない。そういう人間だから、糖尿病のおそれがあってもプリンをドカ食いしてしまう。妻から止められていたにもかかわらず。
 木島はひどく暴力的で、相手を殺してしまいかねない。轢き逃げ事件で捕まって刑務所暮らしをしていたが、反省した様子は微塵もなく、周囲の人間は腫れものに触るように接している。
 本作は、そんな二人と、二人を取り巻く人間たちが、たまらなく切ない映画である。

 ニコチン依存症の人間がタバコを手放せないように、木島の周りの人間は木島から離れられない。木島に迷惑しているし、他人には木島から離れるように忠告していながら、自分は木島のそばを去ろうとしない。それが木島のような人間でも、独りをかこつよりはマシだからだ。

 劇中、中村はコガネムシの話をする。工場で溶接作業をしていると、溶接の光の中にコガネムシが飛び込んでくる。嫌な臭いがして、食欲がなくなる。
 木島の周りに集まる人間は、火に入る夏の虫と同じだ。嫌な思いをすると判っているのに、集まってしまうのだ。それはニコチン依存症患者にとってのタバコのようなものだ。糖尿病になりかけた男にとってのプリンのようなものだ。

 誰かにそばにいてもらっても、何がしたいわけでもない。昨日見たテレビのこととか、他愛もない会話をしたいだけだ。
 「こんにちは。」
 「プリン食べちゃダメだからね。」
 そんな他愛のない言葉。
 たいして意味はないけれど、会話するには相手が必要だ。業務連絡や指揮命令ではなく、他愛もない会話ができる日常。他愛もない会話ができる相手。
 私たちが渇望し、手に入れようともがいているのは、実はただの日常ではないだろうか。

 それは火の中になんかない。
 虫が目指した火はまばゆい光を放っているけれど、その中には何にもない。そこは空っぽの空間で、飛びこんだら嫌な臭いで焼けるだけだ。

 けれども危険な火には虫が集まるのに、悲しいかな、無害な中村には集まらない。
 ずぶ濡れになってトボトボ歩く中村を置いて、知人のクルマは走り去ってしまう。
 そんな寂しさと葛藤が、『その夜の侍』全編を貫いている。

 はたして、火の周りに集まることを止められず、でも火に飛びこんだら焼けてしまうとしたら、どうすれば良いのだろう。
 まずはタバコを止めることだ。そして目の前にプリンがあっても食いつかないこと。
 タバコやプリンで口が塞がっていては、他愛のない言葉も交わせないのだから。


その夜の侍(初回限定生産版) [Blu-ray]その夜の侍』  [さ行]
監督・脚本/赤堀雅秋
出演/堺雅人 山田孝之 綾野剛 高橋努 山田キヌヲ 坂井真紀 谷村美月 安藤サクラ 田口トモロヲ 新井浩文 でんでん 木南晴夏 峯村リエ 黒田大輔 小林勝也 三谷昇
日本公開/2012年11月17日
ジャンル/[ドラマ] [サスペンス] [犯罪]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 日本映画
【genre : 映画

tag : 赤堀雅秋 堺雅人 山田孝之 綾野剛 高橋努 山田キヌヲ 坂井真紀 谷村美月 安藤サクラ 田口トモロヲ

⇒comment

タバコを止めること。

こんばんは。

とても興味深く拝見させていただきました。

>無思慮、無学、貧困、粗暴、不幸……。タバコはこれらの象徴だ。

なるほど。
一昔前の映画、特に自主映画は、
<登場人物が何かしていないと画面が持たないから、という消極的な意味>で、
タバコを使っていたケースが多いと思います。
上記のような<象徴>となったのは、
嫌煙権が広がってからでしょうか?
それともほんとうは昔からそうだったのでしょうか?
かつてヘビースモーカーで、
20年ほど前にパタッと禁煙した身としては
少し気になりました…(汗)。

>まずはタバコを止めることだ。そして目の前にプリンがあっても食いつかないこと。
 タバコやプリンで口が塞がっていては、他愛のない言葉も交わせないのだから。

この締め方、いいですね。
文章のお手本という気がして感服いたしました。

孤独の意味

初めまして、いつも楽しく読ませてもらってます。私もこの映画を見て、頻繁にタバコを吸う場面に、嫌な感情が湧き上がってきました。この物語にはいろんな依存症が出てきます。それが誰の人生でも関わってくる負の要素として、観た後、いつまで心に澱のように残っています。ただ、ラストシーンは、5年という年月をかけた主人公の思いと妻の思い…、孤独の乗り越え方…、作り手の、人に対する優しい眼差しに 感動してしまいました。

Re: タバコを止めること。

えいさん、こんにちは。
かつてタバコを吸うことには優雅さやカッコ良さがあったと思います。
クリント・イーストウッド演じるガンマンが葉巻を吸いながらペッと唾を吐くのは最高にカッコ良かったし、テレビで西部劇を見たあとは、柱や靴の裏でマッチを擦る練習をしたものです(日本で市販されてるマッチじゃできないことは後になって知りました)。

でも、今や洋画の喫煙シーンは、まだタバコを吸うのが一般的だった過去の時代を表したり、喫煙しない人と対比して人間性を表したりするために使われるように思います。
米国で人間同士の繋がりと喫煙の有無を調べると、タバコを吸う人は社会ネットワークから排除されている(あるいは、社会的に孤立した人が喫煙する)のだそうです。
http://www.tachibana-akira.com/2012/04/4181
上のサイトで紹介しているデータからは、「自分は不幸だ」と感じている人の分布と喫煙する人の分布の類似も見て取れます。

日本でも全館禁煙のマンションがあるように、喫煙の有無は生活空間すら隔てます。
だから登場人物が喫煙するかどうかで人間関係をはじめとした様々なことが語れるはずですが、最近封切られた別の邦画では、さほど意味があるとも思えない喫煙シーンに出くわしました。せっかくの尺をそんなことに使っている場合なのかと疑問に感じました。

ところでクリント・イーストウッドは、実生活ではタバコを吸わないんですね。
彼のガンマン姿に憧れて吸いはじめた人もいるんじゃないでしょうか:-)

Re: 孤独の意味

梅茶さん、はじめまして。
拙ブログをご覧いただきありがとうございます。
映画で喫煙シーンはしばしば目にしますが、タバコの害を注意する作品は珍しい気がします。

俳優には役にズブズブにはまり込むような演技を強いながら、監督は作品から一歩引いて見渡しているような感じが面白いと思いました。
ラストシーンと、それに続く『星影の小径(こみち)』の歌声が印象的ですね。

タバコと乳

煙草は気にしてませんでした。

「煙草をやめられないのは乳児が乳離れできない事と一緒」みたいな説をどっかで聞いた気がします。

そう言えば堺雅人は「プッチンプリン」に固執する。でも、最後には味わうのを止め、ムチャクチャに破壊する。又、ブラジャを持ち歩いたりする。近づいてくる相手には同等ではなく、母と子のように接してもらいたがりそうだ。

一方、山田孝之も居心地のいい女性を求めている。駄々っ子が母親に何でもいいつけるように。

似た者同士だったのか?

Re: タバコと乳

ふじき78さん、こんにちは。
似たもの同士のような気がしますね。
駄々っ子というのは木島を表現するのにうってつけの言葉だと思います。
ダメだと云われるとなおさらプリンを食べちゃうのも、駄々っ子なんでしょうねぇ。

たばこが

やたら出てくるのが、カウリスマキの映画と、韓国ものなんですよね。
韓国の映画で、やたらにたばこが出てくるのは、無意味な感じで、無駄だなと思ってました。
カウリスマキの映画に出てくる人たちは、みんな一様にやたら吸うんですよね。
何かを埋めたい、足りない何かを満たそうとするかのように。

アメリカ映画は、最近ではたばこを吸う人はめっきり減りましたが、この映画ではいいエッセンスになってました。
また山田氏がうまい!
といいつつ、サクラさんの登場がいかにも印象的で、すさまじかったです。

Re: たばこが

sakuraiさん、こんにちは。
安藤サクラさんは凄いですね。出番は少ないのに強烈で。
でも、このキャスティングですから、生半可な人では印象に残らないでしょう。
私としては高橋努さんの出演も嬉しい驚きでした。本当に朝まで飲んでいそうなのがいいなぁ。

No title

この映画見終わってからここを拝見させて頂きました。
そしてあなたの文章力の高さに驚嘆いたしました。
読んでからさらに色々考えさせられる映画でした。
疑問に思ったこともここを読んで解決したのでよかったです(笑)

Re: No title

かなたさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
記事本文に書いたことは私の解釈ですので、人それぞれの受け取り方があると思います。
記事を読んで少しでも楽しんでいただけたら嬉しいです。
是非またご訪問ください。

!!

物語の構造分析の鮮やかさに久しぶりに感嘆しました。

凄く鮮やかです!

気持ちのいい評論を拝見させていただきました。
(コイツ誰だ!ただ者じゃねーぞ!と思い調べるも謎のベールに包まれているんですね。。そこがまた素敵です)

分析装置は違えどスラヴォイジジェクをすぐに想起いたしました。
文章の切れもとても好みでした。

リアルなセリフ演技と微分的な構造にも思える世界、根底に流れる肉体労働嫌悪。
この作品の原作を調べているうちにナドレックさんを発見いたした次第です。

これから他の映画の評論も楽しみに拝見させていただきます。
(評論に冒険活劇的刺激を期待する。これも長らく距離をおいているジジェク以来ですよ!)

これからも活躍期待しております。

謎のマスクを脱ぐ時は必ずご連絡ください。

では。


なるほど!

はじめまして。dvdで見た後にこの作品を検索して、こちらのブログに辿り着きました。
タバコの意味することの解釈、すごくなるほどと思いました!
自分も喫煙者なので、なんとなく映画の中で吸うタイミングには共感していました。
ナドレックさんの解釈を読んで、映画の中のタバコの意味だけでなく、自分がタバコを吸う時の気持ちに改めて気付かされた気がします。

ナドレックさんの読む人を引き込む文書すごくいいですね!!
これからちょくちょく読ませていただきます!

Re: !!

有機体さん、コメントありがとうございます。
高名な哲学者になぞらえていただき光栄です。
私は特段ベールをまとっているわけではなく、単に公表するほどのものがないだけです。
ベールを脱いでも脱がなくても、あまり変わらないと思います:-)
ぼちぼちと感想を綴っていきますので、今後もよろしくお願いします。

Re: なるほど!

bird personさん、コメントありがとうございます。

> 自分も喫煙者なので、なんとなく映画の中で吸うタイミングには共感していました。

それだけ映画が優れているのですね。
タバコという小道具を、単なる小道具に留めないところがいいですね。

今後ともよろしくお願いします。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『その夜の侍』 2012年10月31日 ニッショーホール

『その夜の侍』 を試写会で鑑賞しました。 そういう映画だったとは、、、すっかり騙されたよ 【ストーリー】  小さな鉄工所を経営する中年男の中村(堺雅人)は、5年前に木島(山...

リフレインが叫んでいる~『その夜の侍』

 小さな鉄工所を営む健一(堺雅人)は、5年前に妻の久子(坂井真紀)を交通事 故で亡くしていた。ひき逃げした木島(山田孝之)は服役し、出所。事故当日、助手 席にいた小林(綾

『その夜の侍』

----堺雅人と山田孝之か…。 ふたりの顔合わせって初めてニャんだよね。 「そうだね。 ふたりとも、いまの日本映画を代表する実力派。 だけど、これまで それぞれのフィールドで活躍し...

日本映画「その夜の侍」、妻を殺された男の復讐劇です。

おススメ度 ☆☆☆      映画ファン ☆☆☆☆ 時代劇ではありません。 冒頭、必死な顔をした汗だくの男が、誰かを追っているよう、手にしたビニール袋から刃物が落ちる。

『その夜の侍』

□作品オフィシャルサイト 「その夜の侍」□監督・脚本 赤堀雅秋□キャスト 堺 雅人、山田孝之、綾野 剛、谷村美月、高橋 努、       山田キヌヲ、坂井真紀、田口トモロヲ...

「その夜の侍」:映画として成立させる難しさ

映画『その夜の侍』は、もともとが演劇で、その戯曲を作者本人(赤堀雅秋)が脚色・演

その夜の侍

小さな町工場を営む中村健一(堺雅人)は、5年前にひき逃げで最愛の妻を失って以来、妻との思い出に囚われて絶望と孤独の日々を生きていた。 一方、2年の服役を終えて出所したひき

その夜の侍

東京で小さな鉄工所を営む中村健一は、5年前に妻・久子がひき逃げされ死亡して以来、立ち直れない毎日を過ごしていた。 一方、犯人の運転手・木島宏は2年間の服役後、友人の家に居

【その夜の侍】たあいない話がしたい

その夜の侍    監督: 赤堀雅秋    出演: 堺雅人、山田孝之、新井浩文、綾野剛、田口トモロヲ、谷村美月、安藤サクラ、山田キヌヲ、高橋努、でんでん、木南晴夏、坂井真紀、三

その夜の侍

「お前を殺して、俺は死ぬ。」 愚かに、無様に、それでも生きていく。 製作年度 2012年 上映時間 119分 脚本:監督 赤堀雅秋 音楽 窪田ミナ 出演 堺雅人/山田孝之/綾野剛/谷村美月/高橋努/

その夜の侍

 『その夜の侍』を渋谷のユーロスペースで見ました。 (1)当代の人気俳優、堺雅人と山田孝之が対決するというので見に行ってきました。  物語の舞台は地方都市、山田孝之扮するト

『その夜の侍』を新宿武蔵野館2で観て、じれってえなあぷりぷりふじき★★★(ネタバレ)

五つ星評価で【★★★俺は凡人だから勧善懲悪が好き】    不愉快だが面白い。でもラストはスッキリしない。 割と長尺なのに飽きないのはいい役者が間が持つ演技をしてくれてる ...

孤独な人間たち

26日のことですが、映画「その夜の侍」を鑑賞しました。 鉄工所を経営する中村は5年前に木島が起こしたひき逃げ事件で妻を失い復讐に生きている 刑期を終えて出所した木島のもとに、...

その夜の侍

見事なキャスティング!完成度の高さが素晴らしい。

映画『その夜の侍』を観て

13-2.その夜の侍■配給:ファントム・フィルム■製作年、国:2012年、日本■上映時間:119分■観賞日:1月5日、新宿武蔵野館(新宿)■料金:1,800円 □監督・脚本:
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示