『アウトレイジ ビヨンド』 やさしい漫才映画

 「日本人は想像力を使えなくなっている。映画では前より倍しゃべって説明しないとダメになった」
 かつて、極めてセリフの少ない映画を撮っていた北野武監督が、こう語っている。
 「テレビでさえ吹き出しを付ける。お笑い番組では笑い声まで書いてある。そこまで徹底しないと客が理解しないのか?」(日経新聞10月1日夕刊)

 『アウトレイジ ビヨンド』は、そんな客たちに北野監督が最大限歩み寄った作品だ。
 登場人物たちは冗舌で、誰も彼もが喋り続けている。無言のイメージシーンが延々と続く北野映画の特徴が、今やすっかり影を潜めた。
 北野監督はもともと漫才師として大ブームを起こした人だから、言葉の応酬は得意中の得意。その人が、言葉によらない映画を作るのは驚きだった。
 けれども「想像力を使えなく」なった日本人には、漫才のように判りやすいオチを提示してやらなきゃダメなのだ。本作は、そんな北野監督の割り切りの産物だろう。

 先のインタビューで、北野監督はこうも語っている。
 「漫才と同じ。言葉は筋振りであって、落とし所を考える。言葉をうのみにしていると、アレッとなる。予想外のことが起こる」
 「しゃべってわからせといて、実はそれウソだよ、となる。落語のオチみたいなところがある。そうやって客を混乱させる」

 なるほど、本作は漫才やショートコントの積み重ねのようである。「『出てけ!』と云ったら出て行っちゃった」なんて展開はツービート時代の漫才のようだし、ヤクザ同士が怒号のやりとりに加熱したところをストンと落としてみせるタイミングも、漫才を思わせる切れの良さだ。
 おそらく北野監督は、これまでだって本作のような映画を作ろうと思えば作れたのだろう。激しい言葉の応酬を中心に据えるなんて、簡単すぎてやる気が起こらなかったのかもしれない。
 それを今になって手掛けるほど、日本人は「しゃべって説明しないとダメになった」。

 監督の思いはともあれ、本作が判りやすくてテンポの良い映画であることは間違いない。
 日本が誇る題材――サムライ、ニンジャに続くコンテンツと云えばヤクザだろうし、その抗争を描いた本作は世界のどこでも受けるだろう。
 かつて脚本家・笠原和夫氏は、北野武作品のシナリオの弱さを指摘したそうだ。そりゃあ、笠原和夫氏がシナリオを書いた『県警対組織暴力』(1975年)の急坂を転がり落ちるがごとき怒涛の面白さは他人が再現できるものではないが、本作にはヤクザが演芸場に立って怒鳴りながら漫才をするようなアンバランスな魅力がある。
 これぞ北野監督ならではのシナリオだろう。


 ただ、漫才らしいノリを大事にする本作では、ノリと相容れない要素が省かれているのは残念だ。
 その一つが、かつて北野作品に見られた美しい絵のようなショットである。
 フィルムの1コマを拡大して額に飾れば、それだけで素晴らしい絵画になる。北野作品はそんな映像に溢れていたが、本作ではそれを敢えて避けている。
 たとえば死体を映すときはカメラの動きを止めて、美しい絵画のように撮ることが多かった北野監督だが、本作の死体は美しくない。かつての北野作品が、美術館に絵を飾るようなものだとすれば、本作は演芸場でコントや漫才を見せるようなものだろう。

 北野監督は前作『アウトレイジ』の公開時に次のように述べていた。
 「基本的には漫才の出身だから、お金払って見に来る人にもう実験はしちゃいかんと思ったんだ。(略)やっぱり映画はエンターテインメントじゃないとね」
 そして「みんなが喜ぶエンターテインメントなんて、その気になれば簡単なんだよ。」と語ったとおり、『アウトレイジ』は興行収入7.5億円を記録した。
 より一層観客に歩み寄った本作は、さらに好成績を残すだろう。

 私たち観客は、北野監督の手玉に取られるばかりである。


アウトレイジ ビヨンド [Blu-ray]アウトレイジ ビヨンド』  [あ行]
監督・編集・脚本/北野武
出演/ビートたけし 西田敏行 三浦友和 加瀬亮 中野英雄 松重豊 小日向文世 高橋克典 桐谷健太 新井浩文 塩見三省 中尾彬 神山繁
日本公開/2012年10月6日
ジャンル/[犯罪] [ドラマ] [アクション]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 日本映画
【genre : 映画

tag : 北野武 西田敏行 三浦友和 加瀬亮 中野英雄 松重豊 小日向文世 高橋克典 桐谷健太 新井浩文

⇒comment

No title

饒舌でしたね。
饒舌マシンガン・トークで思い出すのは島田洋七。島田洋七はヤクザにできん顔だなあ。ヤクザに脅される一般市民とかだったらピッタリだけど。そう言えば本職の役者は使ってるけど、お笑いから連れてきてってのはやってないですよね。伊藤四郎辺りだって顔が怖いから使いそうなもんなのに。たけしのヤクザ映画は役者が喜んで出たがるだろうから、わざわざ異業種から連れてくる必要は全くないのだろうけど。

Re: No title

ふじき78さん、こんにちは。
そういえばお笑い関係の人が見当たらないですね。過去作でも、軍団員はともかく、他のお笑いの人っていましたっけ? ビートたけしで一緒に仕事する人とは、北野武では仕事しないんですかね。

No title

お笑いの人は普通にいないかもですねえ(調べない私)。モードが変わらないから使いづらいのかもですねえ。軍団は逆に何やらせてもやるから。確か、柳ユーレイはお笑いとしてどうにもならないから、役者として一本立ちできるよう「3-8X10月」で主役にしたって言ってました。

Re: No title

ふじき78さん、こんにちは。
あ、そうなんですか。『3-4X10月』は軍団員がどっさり出ているように思ってましたが、そういえば柳憂怜さんの他はベンガルさんくらいか。
『アキレスと亀』の主人公なんて、ビートたけしさんが演じる現在よりも、柳憂怜さんの青年時代の方がいいですからね。

下劣な男たちの カッコ悪くも カッコいい生き方

裏切り 陰謀 罵声 前作もよかったが 今回の続編もよかったです。

加藤のやり方で 昔からの古参幹部たちは 新参の石原に冷遇されても なんとも思わず ないがしろにし過ぎたのが かえって 組の結束が弱くなったことが 三王会が衰退のきっかけだったようにもおもえました。


 花菱会(関西)で 神山繁さん演じた会長 重鎮ならではの 心理掌握話術が 巧みでした。 敵の組の古参幹部が協力してきたってコトは 三王会は "結束力が弱くなっとるわ"と 見抜いて あざ笑ってたに違いない。 
 
加藤にも 
「一度人を裏切ったやつは 何回でも裏切りよる」
こう言って 加藤は疑心暗鬼にさせ・・・むろん 石原や他の幹部組員は おそらく今後やってただろうし、言うとおりなのでしょうが・・・
 自分も前会長の関内を射殺した経緯があるため とうぜん組員を信用ができなくなる・・・
 この一言で 完全に バラバラになった三王会の結束は元通りに戻らなくなったと見ていいでしょうし。

組がつぶれた者同士で結束した大友と木村。
奇妙な結束でしたが おたがいわだかまりが なくなってたので ほんのちょっぴりの"美しさ"を感じました。

最も下劣な男は なんといっても 小日向文世さん演じたマル暴の片岡でしたね・・・こいつには 下劣すぎて ムカムカです。 

Re: 下劣な男たちの カッコ悪くも カッコいい生き方

zebraさん、こんにちは。
前作の終わりからどうやって続けるんだろうと疑問でしたが、上手く繋げたものですね。
誰が誰とくっついて、誰が誰を裏切るのか、先の読めない展開に楽しませてもらいました。
小日向文世さん演じる片岡には、まだまだ活躍して欲しかったんですけどね。

No title

ソナチネの殺し屋はチャンバラトリオの南方英二でしたが

Re: No title

未記入さん、こんにちは。
お、南方英二さんを失念しておりました。
ご教示ありがとうございます。
ただ、南方英二さんの場合はお笑いから連れてきたというより、お笑いもやる役者さんといえるかもしれませんね。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アウトレイジ ビヨンド

5年前の抗争後、関東最大の暴力団“山王会”の新会長に就任したのは加藤だった。 山王会の力は今や政界にまで及んでおり勢力は拡大するばかり。 巨大ヤクザ組織の壊滅を企てる警

アウトレイジ・ビヨンド

下克上の戦国時代のような無秩序な争いをしている中で、筋を通す者は少数だ。自然界の弱肉強食ならそれなりの秩序があるのだけど、人間の欲望が絡んでくると戦争のようになる。いま...

『アウトレイジ ビヨンド』 2012年9月25日 よみうりホール

本日の2本目は、『アウトレイジ ビヨンド』 を試写会で鑑賞しました。 いや~面白かった でも、やっぱり体調悪いからか長かった 少し間延びしているね 【ストーリー】  5年前、ヤ...

アウトレイジ ビヨンド/ビートたけし

北野武監督によるバイオレンス・ムービー『アウトレイジ』のまさかの続編です。続編の製作は最初から構想にあったのか、それとも前作のヒットを受けてこれなら確実にヒットが見込 ...

アウトレイジ ビヨンド

ハリウッドよ、これが日本のヤクザだ。  

映画『アウトレイジ ビヨンド』★マイルドな娯楽でもラストは辛味がドバドバ効く〜雑感です。

  作品について http://cinema.pia.co.jp/title/158465/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。      (結末ぼかしながら雑感です)     実は、楽しみ

アウトレイジ ビヨンド

評価:★★★★【4点】(F) バッティングセンターの新しい利用方法とは(笑)

『アウトレイジ ビヨンド』

----この映画、 前作で死んだはずの大友(ビートたけし)が また出ていることで話題になったよね。 どうやって生き返らせたんだろう? 「ほんと、そう思うよね。 何ヶ月か前、 どこか

[映画『アウトレイジ ビヨンド』を観た(短評)]

☆なんか、見たくてたまらなくて、レイトショーに駆けつけた。  もう、初っ端から、ひたすらに繰り返される相手を威嚇する声の応酬がが非常に心地良い。  出てくる悪党どもの、

アウトレイジ ビヨンド

試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】 皆悪人。がキャッチコピーだから、悪

アウトレイジ ビヨンド

 「面白い度☆☆☆☆ 好き度☆☆☆」  模範囚が刺されるかよ。  そういえば刺されてましたね。  北野映画初の続編映画ついに公開!言うまでもなくこの映画は何ヶ月も前からすっ

「アウトレイジビヨンド」ラスボスは誰

ヤクザ映画全盛期のような「義理と人情」はどこへ行ったのか? そのかけらもみられない現代のヤクザの姿が妙に生々しい。

アウトレイジ ビヨンド

2012年10月7日(日) 19:20~ TOHOシネマズ川崎2 料金:0円(フリーパスポート) 『アウトレイジ ビヨンド』公式サイト フリーパスポート26本目。 相変わらず、「この野郎!」「バカ野...

【アウトレイジ ビヨンド】を映画鑑賞!

一番悪い奴は誰だ!?  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】5年前の抗争を経て、暴力団・山王会は若頭だった加藤が会長の座につき、政界をも恐れる

No.327 アウトレイジ ビヨンド

北野武監督・主演で悪人同士の壮絶な権力争いを描いたバイオレンス映画「アウトレイジ」の続編。関東最大の暴力団組織・山王会の抗争から5年。関東の頂点を極め、政治の世界に進出 ...

もっと 「悪いやつら」 ~『アウトレイジ ビヨンド』

 服役中の大友組元組長・大友(ビートたけし)は、マル暴刑事片岡(小日向 文世)の企みで仮出所する。片岡は、関西を牛耳る花菱会と、関東の山王会 に抗争を仕掛けようと画策し

アウトレイジ ビヨンド

Data 監督 北野武 出演 ビートたけし  西田敏行  三浦友和  加瀬亮  中野英雄  松重豊  小日向文世 公開 2012年 10月

「アウトレイジ ビヨンド」復讐を手助けした先にみた本当に復讐すべき相手への復讐劇

「アウトレイジ ビヨンド」(R15+指定)は2010年6月に公開された「アウトレイジ」の続編で、刑務所を出所した元やくざが復讐のために一肌脱ぎ抗争を起こして復讐していくストー ...

『アウトレイジ ビヨンド』

□作品オフィシャルサイト 「アウトレイジ ビヨンド」□監督・脚本 北野 武 □キャスト ビートたけし、西田敏行、三浦友和、加瀬 亮、中野英雄、松重 豊、       小日向文

アウトレイジ・ビヨンド

公式サイト  http://wwws.warnerbros.co.jp/outrage2/ 前作は鑑賞済み。 北野作品はあまり観ないんだけど、おいらにしては珍しく観てしまった前作が予想外に面白かったので本作の鑑賞も当然

アウトレイジ ビヨンド  監督/北野 武

【出演】  ビートたけし  三浦 友和  小日向 文世  加瀬 亮  中野 英雄 【ストーリー】 5年前の抗争を経て、暴力団・山王会は若頭だった加藤が会長の座につき、政界をも恐れさせ...

日本映画「アウトレイジビヨンド」、所詮ヤクザ映画です

おススメ度 ☆☆☆      やくざ映画好き ☆☆☆☆ ベネチア映画祭では無冠だった。その時のタケシのせりふ、「所詮やくざ映画だから」 前作「アウトレイジ」の続編となる本

アウトレイジ ビヨンド

今回も「コノ野郎!」の嵐

アウトレイジ・ビヨンド

 「ビヨンド beyond」は「…の向こう」という意味ですね。前作「アウトレイジ」から5年経ったという設定の続編です。  それにしても混んでいた!   地元旭川のシネコンというのは...

アウトレイジ ビヨンドの巻

さてさて、昨晩は早々に更新を切り上げましたが? 理由は言うまでもなく、この映画を観に行く為である。 その映画とは「アウトレイジ ビヨンド」で御座います♪ 昨晩ゎ1作目のアウ...

【アウトレイジ ビヨンド】完全続編で最終回だぜコノヤロウ!

アウトレイジ ビヨンド 監督: 北野武 出演: ビートたけし、西田敏行、三浦友和、加瀬亮、中野英雄、松重豊、小日向文世、高橋克典、桐谷健太、新井浩文、塩見三省、中尾彬、神山

映画「アウトレイジ ビヨンド」良くまとまった印象でだからこそ物足りない

「アウトレイジ ビヨンド」★★★ ビートたけし、西田敏行、三浦友和、加瀬亮、 松重豊、小日向文世、高橋克典、桐谷健太、新井浩文出演 北野武監督、 112分、2012年10月6日(公開) 日

アウトレイジ ビヨンド

 『アウトレイジ ビヨンド』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)ビートたけし監督の作品はこれまでも随分と見ていることもあり、特に前作の『アウトレイジ』が面白かったので、遅まきな...

再び、全員悪人

9日のことですが、映画「アウトレイジ ビヨンド」を鑑賞しました。 「アウトレイジ」の続編! 今回も前作と同じく 全員悪人 暴力エンターテイメントを見せてくれましたね 今回は前

アウトレイジ ビヨンド

北野武監督のバイオレンス映画『アウトレイジ』の続編。前作で会長を謀殺した加藤(三浦友和)と、大友組で裏カジノを仕切っていた石原(加瀬亮)が、山王会の会長と若頭となり、山...

『アウトレイジ』『アウトレイジ・ビヨンド』を早稲田松竹で観て、早稲田松竹さん偉いぞふじき★★★,★★★

ありがとう早稲田松竹。 という感じで満席が出た。 昔だったら、どこでもやったような正続とか新旧二作品の同時上映興行を行える名画座がなくなってしまったのだ。お客は集中す ...

アウトレイジ ビヨンド

2012年 日本 112分 犯罪/ドラマ/アクション R15+ 劇場公開(2012/10/06) 監督:北野武『アウトレイジ』 脚本:北野武 編集:北野武 出演: ビートたけし『アウトレイジ』・・・...

アウトレイジ ビヨンド

前作に続き、バンバン、容赦なく人が死んでいく、ハード・バイオレンスでした。 「全員悪人」って言えてますよね。乾いたタッチでテンポよく、ここまで徹すると、エンタメです。 でも、殺しのバリエーションは前作の方がバラエティ豊かだったかな? ほぼ全編、撃つだけ(^^;) 前作から続投のビートたけし、三浦友和、加瀬亮、中野英雄、小日向文世らに加え、関西ヤクザ役で西田敏行、塩見三省、高...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示