『白雪姫と鏡の女王』 理想の映画って何だ?

 この映画を、ハリウッドスターを配したVFXたっぷりのアメリカ映画――なんて思うと、その素晴らしさを掴みそこなうおそれがあろう。
 『白雪姫と鏡の女王』の魅力は、何といっても驚くほどの能天気さだ。そしてふんだんに金色を使った豪華絢爛な衣裳とセット、さらにはやたら贅沢な映像に圧倒される。トドメを刺すのが、脈絡なく飛び出す陽気な歌と踊りである。
 そうだ、これはまさしくインド映画のノリではないか。
 そういえば、本作のターセム・シン・ダンドワール監督はインド出身だ。

 もちろん監督がインドの出身だからインド映画風になる、なんて単純な話ではないだろう。
 けれども、本作はマサラムービーを観るような態度で臨んでこそ、映画と観客との幸せなシンクロが生まれよう。受身な態度で楽しませてもらう、面白がらせてもらうのではなく、観客の方から楽しんでやるぞ、面白がっちゃうぞ、と能動的な気持ちで臨めば、本作は何倍も楽しめる。

 とにかく愉快だし、バカバカしいし、人物造形も至って単純だ。
 たとえばテリー・ギリアム監督あたりだと、グリム童話に材を取っても知的に処理してしまうのだが、本作はちっとも知性を感じさせないところがイイ!
 設定だって無茶苦茶だ。グリム兄弟は二人そろって言語学者・文学者にして大学教授だったのに、本作ではあろうことか盗賊の一味扱いだ。
 だが、それほど無茶苦茶でも、本作はベタなギャグを押し付けず、スマートで取っ付き易い。
 そしてターセム・シン・ダンドワール監督お得意の、見事な構図や映像美は健在だ。


 もしかしたら、これは理想の映画ではないだろうか。
 映画はしばしば総合芸術と称される。たしかに映画には、映像があり、音楽があり、その上ストーリーを語る力もある。他の芸術よりも多様な面を持っている。
 しかし、多様な面があるからこそ、制約もまた多い。

 上映時間や予算、技術面の制約は、小説やマンガの映画化においてしばしばスケールダウンをもたらし、原作ファンをガッカリさせる。130巻に及ぶグイン・サーガなんて、原作に忠実に映画化されることは永遠にないだろう。
 舞台やコンサートのような双方向性もないので、演者が観客のノリに合わせていつにも増して素晴らしい演目を披露することもない。
 演劇ならば初日から楽日のあいだに変化することもあるが、映画は公開初日に不評だと判っても、翌日も翌々日も同じ作品を上映しなければならない。
 ゲームのように、観客が登場人物の行動を変えることもできない。
 こうしてみると、映画とは実はあんまり面白いものではないのかもしれない。

 けれど、他の芸術に比べて映画が秀でる点もある。
 その一つが、現実には見たこともない光景を現出させられることだろう。
 視覚は人間の情報源として大きなウェイトを占めている。そこに向けて、あり得ないほど美しく、あり得ないほど豪勢で、あり得ないほど奇妙な光景を見せてくれるのは、映画ならではの楽しみだ。
 なにしろ、ただ美しいとか奇妙なばかりではなく、映し出された人物はお喋りするし、鳥や獣は動き回るし、草木はなびくし、雪も舞う。絵画や写真とは異なり、その光景には動きがあるのだ。
 しかも映画なら、人間が一瞬にして消えることも可能だ。役者がカメラのフレームの外へ歩み出るところを、編集でカットすれば良い。こんな単純なことですら、ナマの舞台では不可能だ。

 このような映画の魅力を、充分に心得ているのがターセム・シン・ダンドワール監督である。
 『白雪姫と鏡の女王』も前作『インモータルズ -神々の戦い-』に引き続き、カチッと決まった構図やきらびやかな色彩や大胆なカメラワークに溢れている。

 そしてその映像に、息を呑むほどの素晴らしさを与えているのが、石岡瑛子氏のデザインによる衣裳である。
 石岡瑛子氏がターセム・シン監督と決めた本作のコンセプトは「ハイブリッド・クラシック」だという。その衣裳は、16世紀から19世紀までのデザインの混合である。
 もちろん、いくらクラシックと云ったって、こんな衣裳はいまだかつて世界のどこにもなかったろう。
 私はゴキブリ風の礼服がこんなにチャーミングに見えるとは知らなかった。ウサギにシルクハットが似合うのも驚きである。金色のドレスなんて趣味が悪いと思いきや、とんでもなく美しい。

 眼福にあずかるとは、まさに本作のことを云うのだろう。


白雪姫と鏡の女王 コレクターズ・エディション [Blu-ray]白雪姫と鏡の女王』  [さ行]
監督/ターセム・シン・ダンドワール  衣装デザイン/石岡瑛子
出演/ジュリア・ロバーツ リリー・コリンズ アーミー・ハマー ネイサン・レイン メア・ウィニンガム マイケル・ラーナー ロバート・エムズ ショーン・ビーン
日本公開/2012年9月14日
ジャンル/[ファンタジー] [コメディ] [アクション]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 特撮・SF・ファンタジー映画
【genre : 映画

tag : ターセム・シン・ダンドワール ジュリア・ロバーツ リリー・コリンズ アーミー・ハマー ネイサン・レイン メア・ウィニンガム マイケル・ラーナー ロバート・エムズ ショーン・ビーン 石岡瑛子

⇒comment

No title

こんにちは☆
TBありがとうございます。

私も、とても楽しめた作品でした。

ジュリアの女王様ぶりを、観たくて☆

ラストのノリは、インド風でしたね♪

ではでは☆

TB

TBありがとうございます♪
私も↑の方 同様 ジュリアの女王様ぶりを、観たくてみましたよ。(レンタルで、でしたが)

トドメを刺すのが、脈絡なく飛び出す陽気な歌と踊り (*≧m≦*)ププッ 読んで笑っちゃいましたが、おっしゃるとおりです♪

Re: No title

yutake☆イヴさん、こんにちは。
女王様がいいですね。こういう映画は悪役がビシッと決めてくれないと総崩れになってしまいますが、ジュリア・ロバーツは見事に決めてくれました。有無を云わさぬワガママがお似合いでしたね:-)

Re: TB

みかりん♪さん、コメントありがとうございます。
やっぱり注目はジュリアの女王様ぶりですか。
しばしばジュリア・ロバーツが蹴った役をサンドラ・ブロックが引き受けてますが、鏡の女王はジュリア・ロバーツならではですね。
せっかくだからジュリア・ロバーツも一曲ぐらい歌えばいいのに:-)

はじめまして

訪問&TBありがとうございます。
ゴージャスとケバさのギリギリのラインの映像なのに、内容はちゃんとおとぎ話。
作り手側が、「楽しけりゃいい!」と考えているような気がしました。
娯楽って感じですね。

これは

>映像があり、音楽があり、その上ストーリーを語る力もある。他の芸術よりも多様な面を持っている。
凄く思う。
ひみつのアッコちゃんなんか、もろにその王道を行ってるような。
いままで見たこともない!というのを見せることに関しては、ターセムは一歩先んじてますね。
やっぱこの人の作品からは、目が離せません。

滅多にこんなことは思わないのですが、あの衣装!!!着てみたい!!!!

No title

たーセム監督は影像の実験者であるようで、いつも楽しみにしています。飛行機で隣に座っていた男の子(ティーン)が、機内ビデオで本作を観たあとで、これいいっすよ、と言ってくれたのが印象的です。同監督の作品である「落下の王国」「インモータルズ」もたまりませんでした。

Re: はじめまして

すぷーきーさん、コメントありがとうございます。
「楽しけりゃいい!」という姿勢は大切ですね。
映画って、それに尽きるような気がします。
こんなノリの映画をたくさん観たいものです。

Re: これは

sakuraiさん、こんにちは。
着てみたいですか!
やっぱり孔雀のドレスでしょうか:-)

ターセム・シン・ダンドワール監督の映画は素晴らしいのですが、石岡瑛子さん亡き後、その魅力が半減しないかと心配です。

Re: No title

魚虎555さん、こんにちは。
機内で上映していたとは幸運ですね。
隣の男の子も良い鑑賞眼を持ってらっしゃる。
こういう映画がじゃんじゃん作られれば、映画館に足を運ぶのがもっと楽しくなりますね。

白雪姫と鏡の女王

リリーコリンズの可愛さ大爆発!(^0^)疲れた脳味噌に良い映画!(^0^)

Re: 白雪姫と鏡の女王

ミラージュさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
リリー・コリンズは可愛いですね!
『しあわせの隠れ場所』でも印象的でしたが、本作は彼女の魅力が全開です。
楽しくて面白くて、元気がもらえる映画ですね。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画『白雪姫と鏡の女王』★ジュリアの女王楽しみでした(*^_^*)〜雑感です。

          作品について http://cinema.pia.co.jp/title/159786/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。   白雪姫の物語は 、 諸説ありますが この...

映画:白雪姫と鏡の女王 MIRROR MIRROR ジュリア・ロバーツ女王が連発するワガママが最大の見所。

グリム童話「白雪姫」を現代テイストを加えて仕上げた、ファンタジー・コメディ。 なんたって鏡の女王は、ジュリア・ロバーツ! 私生活でもかなりワガママらしいというのが定説の

Mirror Mirror (白雪姫と鏡の女王)

久しぶりの 映画記事です。 レンタルBlu-ray で  Mirror Mirror (白雪姫と鏡の女王)  をみました。(*^-^) こちらも白雪姫がベースになっています。 現代版。 1時間46分。 Julia...

白雪姫と鏡の女王

幼い頃に国王である父が失踪し、継母の女王に城に閉じ込められている白雪姫は18歳。 城をこっそり抜け出して、一般庶民が税金を搾り取られて苦しんでいること、王国が破産寸前にな

劇場鑑賞「白雪姫と鏡の女王」

毒りんごは、食べない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209150002/ ポスタ- アクリルフォトスタンド入り A4 パターンB 白雪姫と鏡の女王 光沢プリント...

白雪姫と鏡の女王

白雪姫と鏡の女王@よみうりホール

白雪姫と鏡の女王/MIRROR MIRROR

今年は、「白雪姫」がブームなのか? 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 国王の死後、白雪姫の継母は、娘を部屋に閉じ込めて世間知らずに育て、自ら「おとぎの国」の女王とな

映画「白雪姫と鏡の女王」 感想と採点 ※ネタバレあります

映画『白雪姫と鏡の女王』(公式)を先日、劇場鑑賞。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら60点にします。 ざっくりストーリー 幼い頃に国王である父を亡く

53★白雪姫と鏡の女王

’12年、アメリカ 原題:Mirror Mirror 監督:ターセム・シン 製作:バーニー・ゴールドマン、ライアン・カバナー他 製作総指揮:タッカー・トゥーリー キャスト:ジュリア・ロバーツ、リ

白雪姫と鏡の女王

『白雪姫と鏡の女王』を観てきました。 ★★★★ 先日の『スノーホワイト』にイラッとした後だったので、こちらに期待していたのですが、期待値以上! 期待値以上っつーても秀作か

『白雪姫と鏡の女王』 2012年9月14日 TOHOシネマズ錦糸町

『白雪姫と鏡の女王』 を鑑賞しました。 今日は14日だし、会社帰りにふらっと見てきました 【ストーリー】  幼いころに国王であった父を亡くし、邪悪な継母の女王(ジュリア・ロ

『白雪姫と鏡の女王』 (2012) / アメリカ

原題: MIRROR MIRROR 監督: ターセム・シン 衣装: 石岡瑛子 出演: リリー・コリンズ 、ジュリア・ロバーツ 、アーミー・ハマー 公式サイトはこちら。 14日はTOHOシネマズデイ、何か

白雪姫と鏡の女王/ジュリア・ロバーツ

たしかこの映画の劇場予告編が流れ始めたのが『スノーホワイト』の公開間近で「白雪姫モノの映画が他にもあるの?」と思ったのを思い出しました。正直、こちらはファミリー映画か ...

「白雪姫と鏡の女王」:太眉毛姫のデビュー

映画『白雪姫と鏡の女王』の原題は“Mirror, Mirror”。鏡よ鏡、ってわ

[映画『白雪姫と鏡の女王』を観た(短評)]

☆仕事が終わって、この作品と『バイオハザードV』の2作をはしごしようと思っていたのだが、残業となってしまい、  だが、はしごではないので、1本だけ観るならば女も誘えると

白雪姫と鏡の女王

2012年9月23日(日) 12:00~ TOHOシネマズららぽーと横浜2 料金:0円(フリーパスポート) 『白雪姫と鏡の女王』公式サイト フリーパスポート14本目。 謎の白雪姫ブームなのか、今年

白雪姫と鏡の女王

まゆげ~公式サイト http://mirrormirror.gaga.ne.jp 監督: ターセム・シン  「落下の王国」 「インモータルズ -神々の戦い-」衣装: 石岡瑛子国王が森で行方不明になった

白雪姫と鏡の女王

【MIRROR MIRROR】 2012/09/14公開 アメリカ 106分監督:ターセム・シン・ダンドワール出演:ジュリア・ロバーツ、リリー・コリンズ、アーミー・ハマー、ネイサン・レイン、メア・ウィニンガ

【映画】白雪姫と鏡の女王

<白雪姫と鏡の女王 を観て来ました> 原題:Mirror Mirror 製作:2012年アメリカ 人気ブログランキングへ 試写会にて、一足お先に鑑賞してきました。 ちょっと楽しみにしていた作...

白雪姫と鏡の女王

『白雪姫と鏡の女王』---MIRROR MIRROR---2012年(アメリカ)監督:ターセム・シン・ダンドワール 出演:ジュリア・ロバーツ、リリー・コリンズ、 アーミー・ハマー、ネイサン・レイン、メ

白雪姫と鏡の女王。

『白雪姫と鏡の女王』を観に行ってきました。 グリム童話誕生200年である今年、 『スノーホワイト』 に続いて“白雪姫”モノが公開。 日本では逆になったけど、公開されたのはこ...

「白雪姫と鏡の女王」正統派女の子童話

どうして夏休みの初めに公開にしなかったの?というくらいに、正統派の女の子向けグリム童話な作品。 決しておこちゃま向けでもなく、ちゃんと大人も楽しめて家族みんなで観るのに

白雪姫と鏡の女王

幼い頃に父親である国王を失って以来、白雪姫(リリー・コリンズ)は、18歳になるまで邪悪な継母の女王(ジュリア・ロバーツ)に国を牛耳られてきた。 散財の挙句、破綻寸前の女王

白雪姫と鏡の女王  MIRROR, MIRROR

「赤ずきん」を見た時に童話の実写が人気のようでと「白雪姫」映画2本をご紹介したのですが、 先に封切られた「スノー・ホワイト」タイミングを逃して未見です。 見てないので何と

映画「白雪姫と鏡の女王」ターゲットがどのあたりか分からない

「白雪姫と鏡の女王」★★★ リリー・コリンズ、ジュリア・ロバーツ、 アーミー・ハマー、ショーン・ビーン出演 ターセム・シン監督、 141分、2012年9月14日(公開) 2012,アメリカ,ギャ

白雪姫と鏡の女王

やっぱターセムの世界は、波長が合うわあ。

「白雪姫と鏡の女王」

(ユナイテッドシネマ・会員サービスデー・字幕版・12時15分~) 今年2本目の白雪姫映画です。 ジュリア・ロバーツの継母と、眉毛が太いリリー・コリンズの白雪姫のキャラクターが

白雪姫と鏡の女王  Mirror, Mirror

ストーリー:幼いころに国王であった父を亡くし、邪悪な継母の女王(ジュリア・ロバーツ)に よって城に閉じ込められたまま育った白雪姫(リリー・コリンズ)。ある日、舞踏会に忍

白雪姫と鏡の女王

ラストのインド映画っぽいダンスシーンは見応えあり。

【白雪姫と鏡の女王】ターセム・シンと石岡瑛子のラストコラボ

白雪姫と鏡の女王~ MIRROR,MIRROR ~     監督: ターセム・シン    出演: ジュリア・ロバーツ、リリー・コリンズ、アーミー・ハマー、ネイサン・レイン、ショーン・ビーン、メア

映画「白雪姫と鏡の女王」感想

映画「白雪姫と鏡の女王」観に行ってきました。グリム童話「白雪姫」を原作に、ジュリア・ロバーツが邪悪の女王役を演じるコメディタッチなファンタジー作品。2012年6月に日本...

「白雪姫と鏡の女王」感想

 「インモータルズ」のターセム・シン監督、「プリースト」のリリー・コリンズ、「幸せの教室」のジュリア・ロバーツ主演。グリム童話の「白雪姫」を題材にしたメルヘンファンタジ...

『白雪姫と鏡の女王』(2012)

今年は既に『スノーホワイト』という、「白雪姫」の新解釈版の映画が公開されているが、それと競作になったのがこちら。原題は”Mirror Mirror”、「鏡よ、鏡」というワケで、悪の女王

白雪姫と鏡の女王

「白雪姫と鏡の女王」監督:ターセム・シン (『インモータルズ -神々の戦い-』出演:ジュリア・ロバーツ(『幸せの教室』『食べて、祈って、恋をして』リリー・コリンズ(『プリー ...

白雪姫と鏡の女王

MIRROR MIRROR 2012年 アメリカ 106分 ファンタジー/コメディ 劇場公開(2012/09/14) 監督:ターセム・シン・ダンドワール『インモータルズ -神々の戦い-』 衣装デザイン:石岡瑛

白雪姫と鏡の女王

ジュリア・ロバーツさんが女王に、リリー・コリンズさんが白雪姫にと扮する作品です。衣装はこれが遺作となった故・石岡瑛子さん、とても煌びやかなドレスが素敵です。ストーリーは...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示