『最強のふたり』 嗤いと笑いは大違い

 フランス映画『最強のふたり』は、『千と千尋の神隠し』の記録をも上回った。
 これまで、英語以外の映画での史上最高の興行成績は、『千と千尋の神隠し』の2.749億ドルだったが、2012年3月20日、『最強のふたり』がこれを超えたのだ。
 しかも『千と千尋の神隠し』の収益の大半が日本一国によるものなのに、『最強のふたり』は世界各国でヒットしており、2012年3月20日以降に公開された国々でも動員が伸びている
 それももっともだろう。
 本作は実に気持ちの良い作品であり、どこの国の人にとっても普遍的な物語だ。

 題名になっている最強のふたりとは、中年のフィリップと青年ドリスのことである。立場も嗜好も異なるこの二人の交流が、本作の主題だ。
 なにしろ、フィリップは大富豪、ドリスは貧しい無職の男だ。フィリップが好きなのはクラシック音楽や美術品、一方ドリスが好むのはファンクミュージック。何もかもが正反対の二人なのだ。
 そして最大の違いは、ドリスは五体満足だが、フィリップは首から下が麻痺して動かないことである。

 これまでにも身体障碍者が登場する映画は数々あった。
 そこでは障碍が物語の中心となり、障碍をこうむった経緯であるとか、障碍を抱えた主人公の苦悩や葛藤が描かれることが多かったように思う。
 ところが、本作が特徴的なのは、障碍についてのあれやこれやをほとんど取り上げない点である。
 障碍をこうむった経緯なんて、セリフでちょっと触れるだけだし、フィリップの抱える苦悩は、障碍そのものよりも障碍があるために生じる人間関係なのだ。
 そしてドリスのがさつな人物造形も手伝って、障碍はまるでギャグのネタのように扱われる。

 たとえば、ドリスはフィリップの麻痺した足に熱湯をかけたり、熱いヤカンを押し当てたりして、フィリップが熱がらないか試している。
 また、雪の日にフィリップを連れ出して、雪合戦に興じてもいる。もちろんフィリップは雪つぶてを投げられないから、一方的に雪をぶつけられるだけだ。
 さらに、フィリップが抵抗できないのをいいことに、ドリスはフィリップの髭を変な形に剃って大笑いする。

 このように書くと、本作を見ていない人はけしからん描写だと眉をひそめるかもしれない。あるいは、とんでもないブラックユーモアを仕掛けた作品だと誤解するかもしれない。
 ところが劇場を埋め尽くした観客は、これらのシーンであっけらかんと大笑いする。いずれのシーンも、すがすがしいくらいに楽しいからだ。
 ドリスの行動は意地悪なものではなく、友人同士に見られるような悪ふざけなのだ。

 本作におけるフィリップの苦悩は、障碍そのものというよりも、周囲が障碍者扱いすることである。
 フィリップは何をするにも他人の介護を要するから、常に誰かが周囲におり、プライバシーなんてものはない。彼らは、朝から晩までフィリップの健康を気遣い、管理を徹底しようとする。周囲の人間にとって、フィリップは管理すべき対象物だ。フィリップは勝手に破目をはずすこともできないし、他人に隠れてこっそり悪さをすることもできない。

 そんな彼の前に現れたドリスは、一緒にマリファナを吸ったり、二人でスポーツカーを駆ってスピード違反で追われたりと、フィリップの健康にお構いなしの傍若無人ぶりを発揮する。
 その善し悪しはともかく、フィリップにとってはドリスが唯一悪ふざけの相手なのだ。
 一歩間違えれば不快な描写になりかねないところを、オリヴィエ・ナカシュとエリック・トレダノ両監督のさじ加減は絶妙だ。だからこそ、観客は安心して笑っていられる。
 思えば、映画の作り手の多くもまた、これまで障碍者を特別扱いし過ぎてはいなかったろうか。


 また、本作は健常者のドリスが障碍者のフィリップに接する、というだけの映画ではない。
 映画の中盤、フィリップは親戚の者から忠告される。ドリスは前科者だ、あんな者を周りに置くのは良くないと。
 その忠告を一蹴するフィリップは、ドリスにとって前科者とか貧困層という色眼鏡で見ない唯一の金持ちだ。

 人間誰しも、持っているものもあれば、持っていないものもある。
 持っている者同士、持っていない者同士が固まれば、立場が同じだから話は早い。
 けれども本作は、立場が違っても人と人とは交流できることを示している。そして心の交流があればこそ、悪ふざけもできるのだと。

 本作は実話に基いており、映画の試写にはモデルになった二人も招かれた。
 公式サイトによれば、映画が終わると本物のフィリップは目に涙を浮かべて、「私は両手で拍手しているんだ!」と微笑んだという。


最強のふたりコレクターズエディション(初回限定仕様) [Blu-ray]最強のふたり』  [か行]
監督・脚本/エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ
出演/フランソワ・クリュゼ オマール・シー アンヌ・ル・ニ オドレイ・フルーロ クロティルド・モレ
日本公開/2012年9月1日
ジャンル/[ドラマ] [コメディ]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : フランス映画
【genre : 映画

tag : エリック・トレダノ オリヴィエ・ナカシュ フランソワ・クリュゼ オマール・シー アンヌ・ル・ニ オドレイ・フルーロ クロティルド・モレ

⇒comment

No title

>とんでもないブラックユーモアを仕掛けた作品・・・ところが ドリスの行動は意地悪なものではなく、友人同士に見られるような悪ふざけなのだ。
持っている者と持っていない者の間の心の交流が温かかったです。
本物のフィリップが喜劇仕立てを希望し、みごとに映画に結実しました。

Re: No title

iinaさん、こんにちは。
体が不自由なこと自体には超然としているかのようなフィリップが、女性とのコミュニケーションには文通を選んでいるのも興味深いですね。
体が不自由で辛いというより、そのことを知った相手の反応を恐れてしまう。本作はあくまで人と人との交流に焦点を当てているのだなと感じさせるところでした。

No title

試写に来たってことは、もやもやした終わり方じゃないようで良かった。
こういうハートフルな映画って、大作じゃ味わえませんよね。DVD化したら観てみたいな。

Re: No title

eden0914さん、コメントありがとうございます。
DVDと云わず、ぜひ劇場へ足をお運びください:-)
この映画では、他の観客の笑い声に包まれるのも素敵な効果だと思います。

気持ちのいい映画

なかなかないですよね。
感動した!とか、泣いた!とか、素敵なや、難解とかいろいろあれど、気持ちいい!ってのには、なかなかお目にかかれないです。
いやー、よかったです。
本当に、最高の、最強の出会いってあるんですねえ。
邦題も、粋ならば、原題もまた素敵。
「アーティスト」とどっこいどっこいだなあ。

Re: 気持ちのいい映画

sakuraiさん、こんにちは。
粋な邦題ですね。
ベタベタな「いい話」じゃないのが、本作の良いところです。
劇中でドリスがフィリップを特別扱いしないように、作品自体も身体障碍者を特別扱いしていないのが気持ち良さに通じるように思います。

お久しぶり

こんばんは この映画はまだ見てません
如何せん長崎県のさらに地方都市に住んでいるので
・・・・・時々映画に関しては不便ですね

ゲオが旧作80円とかになったらまた来ます

Re: お久しぶり

すわっと 優優さん、こんにちは。
ご無沙汰でしたね:-)
映画を観るには大掛かりな装置を要することが、このメディアの難点ですね。
レンタルショップも激減しているので、DVDもいつまで借りられるか判りませんし。
着実に増えているのはネット配信での視聴ですが、それで面白いのかなぁ。

最強であるが、最高と言えるのだろうか。

どうも。
カリメン2号です。

確かに障害者を扱った映画は多くあると思います。
その多くが、欠損を抱えている障害者の苦悩を描いている場合が多い。
恐らく描きやすいでしょう。
しかし、『最強のふたり』では何と言っても、悪意のないドリスの行為が好感を呼ぶものでした。
確かにストーリーや、葛藤などの要素のバランスは良く、作品としても面白かったと思います。
ただ、自分は時折見せるフィリップの悲しげな表情が印象に残りました。
どんなに悪意が無くとも、ドリスの行動がフィリップに、羨望を想い起させているように感じました。
その最たるシーンが、フィリップが健常者としての写真を送るという決断したものだと思います。

Re: 最強であるが、最高と言えるのだろうか。

カリメン2号さん、こんにちは。
健常者の写真を送るところ、切ないですねぇ。
私はこれも障碍者に限らない心情だと思います。太った人は痩せてる頃の写真を送ってしまうかもしれないし、禿げた人は毛がフサフサしていた頃の写真を送ってしまうかもしれません。『街の灯』で、浮浪者の主人公が金持ちを装ってしまうのも、似たような心理かもしれません。

Re:Re: 最強であるが、最高と言えるのだろうか。

こんにちは。
カリメン2号です。
確かに、健常者に限ったことではないと思います。
誰しもが理想の自分を見てほしいと願う。
しかし、『街の灯』ではチャップリンが、最後に決断したのは自分自身であることが重要なのだと思います。
変わることを他人に依存するのか、あるがままを受け入れるか否かは、自分自身なのではないでしょうか。
その意味においては、変わらないのかも知れませんね。

Re: Re:Re: 最強であるが、最高と言えるのだろうか。

カリメン2号さん、こんにちは。
フィリップが文通相手と交流を深めるところは、まるでネット上で知り合った異性とオフ会で会うことになってしまったかのような初々しさが感じられます。
本作とは関係ありませんが、文通をきっかけにして結婚した例を身近に見ているので、本作も微笑ましく思います。

No title

はじめまして。今日映画みて、みていたらたどりつきました。

“フィリップの抱える苦悩は、障碍そのものよりも障碍があるために生じる人間関係なのだ。”
ですね。
この映画面白かったです。
沢山映画ご覧になってますね。またお邪魔します♪


Re: No title

メルクさん、コメントありがとうございます。
本当に面白い映画でしたね!
ミニシアターでの公開でしたが、公開規模をもっと拡大しても良かったんじゃないかと思います。
また遊びにいらしてください。

No title

はじめまして。
さっき、TSUTAYAで借りて観ました。沢山の人に見て貰いたいと思います。
ほんとうの『バリアフリー』について考えさせられました・・・。


Re: No title

コメントありがとうございます。
面白くて楽しくて、いろんなことを考えさせる映画ですね。
おっしゃるとおり、たくさんの人に見て貰いたいです。

No title

しまった。

映画ブログ的には一番「悪ふざけ」なのは私だ。みなさん、心を広く持ってください。私も悪気はないんです。育ちが悪いんです、多分。ああ、プロガーの皆さんに私の「悪ふざけ」がよりよく届くようにみんながフィリップみたいな身の上になる事を望んでやみません(なんて書いちゃうからダメなんだ)

Re: No title

ふじき78さん、こんにちは。
悪ふざけどころか、一つ目の不気味なキャラクターや「死屍累々」という不穏な名称等々、映画関係のブログではふじき78さんのところが突出して個性的ですね。
でもふじき78さんのブログはスマホで見ると穏やかです。スカイブルーが爽やかですね。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最強のふたり

さぁ、人生に繰り出そう。 原題 INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE 製作年度 2011年 上映時間 113分 監督 エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ 出演 フランソワ・クリュゼ/オマール・シー/アンヌ・ル...

劇場鑑賞「最強のふたり」

固い絆で結ばれた、“ふたり”… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209020003/ A Second Windフィリップ・ポッツォ・ディ・ボルゴ アチーブメント出版 2012-08-...

〜『最強のふたり』〜 ※ネタバレ有

2011年:フランス映画、エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ監督&脚本、フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、アンヌ・ル・ニ、オドレイ・フルーロ、クロティルド・モレ、

最強のふたり

最強のふたり@シネマート六本木

【TIFF_2011】『最強のふたり』 (2011) / フランス

原題:INTOUCHABLES 監督:エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ 出演:フランソワ・クリュゼ 、オマール・シー 、オドレイ・フルーロ  、アンヌ・ル・ニ 『最強のふたり』公式

『最強のふたり』試写

2回目の観賞です。 試写会場: シネマート六本木 公式サイトはこちら。 第24回東京国際映画祭で観た日記はこちら。 これもまた『サラの鍵』と同じ状況で、映画祭で去年観てはい

最強のふたり

評価:★★★★【4点】(10) 固い絆で結ばれた男の友情も、たまには良いもんだ。

"INTOUCHABLES"(2011)

 最強のふたりcast >> Francois Cluzet, Omar Sy, Anne Le Ny, Audrey Fleurot, Clotilde Mollet, Alba Gaia Kraghede Bellugi, Cyril Mendy, Christian Ameri, Gregoire Oestermann, Josephine de Meaux, Dominique Daguier, Francois Caron, Thom...

『最強のふたり』

大切な友人の幸せを願い、ユーモアを添える。それが真の友情。 実話をベースに首から下が麻痺した大富豪フィリップとスラム街育ちの黒人青年ドリスの本音で向き合う友情を描いた ...

最強のふたり(2011年フランス)

事故で首から下が麻痺した富豪のフィリップと、介護人として雇われた黒人青年ドリスの交流を、実話を元に描かれた作品。 失業保険を貰うためだけに面接に訪れたドリスだが、意外に...

【映画】最強のふたり

<最強のふたり を観て来ました> 原題:Intouchables 製作:2011年フランス 人気ブログランキングへ 大々的にCMや宣伝をしているわけでは無いと思うんだけど、9月1日初日の公開...

最強の友情

4日のことですが、映画「最強のふたり」を鑑賞しました。 事故により全身麻痺になってしまった大富豪フィリップ 新たな介護者として不採用通知目当てで来た スラム出身の黒人青年

『最強のふたり』

(原題:Intouchables) ----この映画、 確か昨年の東京国際映画祭でグランプリを受賞したんだよね。 すでに観た人が絶賛していたのを覚えている。 「うん。 タイトルも不思議でね。 電

最強のふたり / Intouchables (Untouchable)

ネタバレ有り。 実話を下にした作品。2011年11月公開されたにもかかわらず、フランスでのその年の年間興収第1位となった作品。フランス国民の3人に1人が見たことになるという大ヒット

『最強のふたり』 2012年8月28日 朝日ホール

『最強のふたり』 を試写会で鑑賞しました。 大分待たされた挙句、20分押しで時間掛り過ぎたプレミア試写会でした おかげでエンドロール見ずに途中退場を余儀なくされてしまった

最強のふたり

“最高”のふたり 【Story】 不慮の事故で全身麻痺になってしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、新しい介護者を探しており、生活保護の申請に必要な不採用通...

「最強のふたり」

〜さあ、人生に繰り出そう〜 2011年  フランス映画   PG12指定作品 (2012.09.01公開)配給:GAGA        上映時間:113分監督:エリック・トレダノ/オリヴィエ...

最強のふたり・・・・・評価額1750円

悪ガキ二人、突っ走る。 事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪と、ひょんな事から彼の介護人として雇われたスラム出身の青年。 一見すると水と油、境遇も性格も人種も...

「最強のふたり」

よい話ではある。

最強のふたり/INTOUCHABLES/ UNTOUCHABLE

ランキングクリックしてね ←please click わたし的には、この夏(いや秋?) 「アベンジャーズ」よりもぜひ観て欲しいオススメ作品がこちら 予告篇がかなり良さそうで楽しみに...

最強のふたり

Data 原題 INTOUCHABLES 監督 エリック・トレダノ 出演 フランソワ・クリュゼ  オマール・シー  アンヌ・ル・ニ  オドレイ・フルーロ  クロティルド・モレ 公開 2012年 9月

最強のふたり

2012年9月15日(土) 19:25~ TOHOシネマズ川崎3 料金:0円(フリーパスポート) 『最強のふたり』公式サイト フリーパスポート8本目。 もっと押し付けがましいのかと思っていたが、

映画「最強のふたり」

映画「最強のふたり」を鑑賞しました。

映画『最強のふたり』

劇場を出た後とにもう一回観ようかなって思うぐらいいい映画でした!観て良かった 実話をもとに描かれています。 【ストーリー】不慮の事故で全身麻痺(まひ)になってしまった大富...

最強のふたり  INTOUCHABLES

話題のフランス映画です。 2011年にフランスで最大のヒットとなり、 東京国際映画祭のコンペティション部門で東京サクラグランプリと最優秀男優賞を受賞 セザール賞で8部門がノミネ

『最強のふたり』(試写会)

'12.08.16 『最強のふたり』試写会@シネマート六本木 migちゃんのお誘い♪ 見たくて試写会応募してたけどハズレ。よろこんで行ってきた~♪ ちなみに、木曜日だけどバレエはお盆休み。

最強のふたり  監督/エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ

【出演】  フランソワ・クリュゼ  オマール・シー  アンヌ・ル・ニ 【ストーリー】 パラグライダーの事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪のフィリップ。その介護者募...

「最強のふたり」を観てきましたぁ!

マイレッジがたまってたので、評判のイイ「最強のふたり」 (← 公式HP)を観てきた。8月に、「プロメテウス」でも観ようか・・・と思っていたんだけれど、スルーしといて良かっ

最強のふたり

フランス・パリ。 事故で全身麻痺となり、車いす生活を送る大富豪フィリップは、介護者採用の面接に来た黒人青年ドリスに興味を持ち採用する。 前任の介護者はみんな一週間で逃げ...

無敵~『最強のふたり』

 INTOUCHABLES  パリに住む大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、事故で首から下の 感覚が麻痺し、車椅子生活を送っている。新しい介護人として彼が雇い入れ たのは、失

『最強のふたり』

□作品オフィシャルサイト 「最強のふたり」□監督 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ □脚本 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ□キャスト フランソワ・クリュゼ

最強のふたり/フランソワ・クリュゼ

フランスをはじめ世界各国で大ヒットを記録したという実話に基づいて描かれた感動のヒューマンドラマです。感動するかどうかは実際に観てみなければわからないことですけど、私は ...

最強のふたり

『良い映画』 それしか言えん。それだけで十分。  

「最強のふたり」

2011年にヨーロッパで大ヒットしたフランス映画、「最強のふたり」(Intouc

最強のふたり

公開中の「最強のふたり」見て来ました。パラグライダー事故で首から下が麻痺してしまった大金持ちのフィリップは新しい介護者を雇うため面接中。そこに来てたスラム出身の黒人青年...

★最強のふたり(2011)★

INTOUCHABLES UNTOUCHABLE さぁ、人生に繰り出そう。 メディア 映画 上映時間 113分 製作国 フランス 公開情報 劇場公開(ギャガ) 初公開年月 2012/09/01 ジャンル コメディ/ドラマ 映倫 PG12

最強のふたり

公開前から話題になっていた作品でしたので、気になって見に行きました。話題になっているとは言えここまでの人気とは思わなかったのですが、大阪の大きな劇場がいっぱいになるほど...

最強のふたり

【INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE】 2012/09/01公開 フランス PG12 113分監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、アンヌ・ル・ニ、オドレイ・フル...

最強のふたり/大丈夫、なんとかしてやるから。

最強のふたりIntouchables/UNTOUCHABLE/監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ/2011年/フランス 誰にでも態度を崩さない人、というのは、ごくまれにいます。 人によって態度

最強のふたり

あらすじ 車いすで生活している大富豪と介護者として雇われた黒人青年が垣根を越えて友情を結ぶ、実話を基にしたヒューマン・コメディー。年齢や環境、好みも異なる二人が、お互い

最強のふたり

彼だけが私に同情しなかった                      * * * * * * * * *  首から下が麻痺して全く動かないという身体障害者のストーリー

フランス映画「最強のふたり」、障碍者と黒人との強烈なタッグマッチ。

おススメ度 ☆☆☆☆ 冒頭ドライブのシーン、次々と車を追い越していき、カーチェイスの趣。後ろからはパトカーが。そして捕まる。だが、身体障碍者を乗せていたので急いでいたの

笑って泣ける「最強のふたり」

私のまわりで今、やたらと評判のよい作品。 全身麻痺の大富豪フィリップと、その介護に雇われた黒人青年ドリスの友情物語。 実話を基にしたということが信じられないような、後味の

最強のふたり

パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、生活保護の申請目当てに面接にきたスラム出身の黒人青年ドリス(オマール・シー...

最強のふたり (映画)

映画「最強のふたり」 なかなか痛快でハートウォーミングな映画です。本作に出てくる主人公2名は、片や大金持ちだけど半身不随の障がい者、片やスラム育ちで定職のない黒人青年と

最強のふたり ---試写会---

『最強のふたり』 ---INTOUCHABLES  UNTOUCHABLE---2011年(フランス)監督:エリック・トレダノ・オリヴィエ・ナカシュ 出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー 主演2人の演技が世...

映画『最強のふたり』

 フランスでは国民の3人に1人が観た(ただし、のべ動員数/国民の実数)というヒット作・・・とか、「生涯最高の映画に出会う」とか、とにかく良い映画、感動作ですよ~と宣伝され

「最強のふたり」心はひとつ

予告を見たときから気になっていた作品。 予想を裏切らない感動は、フランスの海岸に吹く風のように爽やかで・・・・

最強のふたり 真の友情ってのはひょんなとこから始まるのだ

【=38 -5-】 前評判がとにかくいい、自分としてもかなり好きそうな映画だったので、楽しみにしていたけど、忙しくてなかなか行けず・・・しかしようやく鑑賞できた〜(^O^)v  パラグラ...

映画・最強のふたり

2011年 フランス 原題 INTOUCHABLES 英題 UNTOUCHABLE スラム街出身で無職の黒人青年ドリス(オマール・シー)と、パリの邸宅に住む大富豪フィリップ(フランソワ・クリュゼ)という

最強のふたり(2011)☆★INTOUCHABLES

さぁ、人生に繰り出そう。 好き度:+5点=85点 大きな期待を胸に抱き、、、。ちょっとたいそうですが。早速鑑賞して来ました。東宝シネマズ二条にて・・・・。 てっきり大感動

【最強のふたり】を映画鑑賞!

障害者の大富豪と介護するスラム出身の黒人との友情物語。まぁ、よくあるサクセスストーリー?かとおもいきや・・・  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あ

「最強のふたり」

こりゃ毒蝮三太夫だな。 誰が? 主役の黒人さ。無神経とも思えるほど歯に衣着せぬ言動で雇い主の身障者から信頼を得て行く黒人青年は、平気でババア呼ばわりしながらおばあちゃんた

「最強のふたり」

あまり期待しすぎないで観に行くほうが良いですね 予告編やチラシの言葉に・・・ ものすごく笑えるんじゃないか? とか 泣けるんじゃないか、とか 期待して行ってしまうと失敗します...

「最強のふたり」

「Intouchables」…aka「Untouchable」2011フランス シネコンでも上映中のフランス映画は「アーティスト/2011」以来。難病ものでなおかつ実話。感動しないではいられない。ラストに実際の二

最強のふたり

監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ 出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー 事故で全身麻痺になった大富豪。 介護士の面接にやって来て 「失業保険をもらい

映画「最強のふたり」 感想と採点 ※ネタバレあります

映画『最強のふたり』(公式)を、我が家の近隣では9/22から公開だったため、やっと先日に劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 ざっく

最強のふたり

さて、最近やたら映画を見ている気がするなぁ こちらは全然知らない作品だったんですけどやたら評判が良かったので気になってみてきました 久しぶりのフランス映画ですね~ あ

映画『最強のふたり』

9月の3連休の後半に関東に行っておりました。 娘が休みを取れなかったので 夕ご飯だけ、新宿で一緒にとることにしました。

最強のふたり

とっても良い映画だった。

最強のふたり

とっても、とっても素敵な映画だった!

最強のふたり

■「最強のふたり/Intouchables」(2011年・フランス) 監督=エリック・トレダノ 主演=フランソワ・クリュゼ オマール・シー アンヌ・ル・ニ オドレイ・フルーロ ●2011

最強のふたり

「最強のふたり」監督:エリック・トレダノ出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、アンヌ・ル・ニ配給:ギャガ概要:不慮の事故で全身麻痺(まひ)になってしまった大富豪 ...

No.332 最強のふたり

パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった富豪の男と、介護役として男に雇われた刑務所を出たばかりの黒人青年の交流を、笑いと涙を交えて描く実話がもとのドラマ。まっ ...

最強のふたり

口コミやブログなんかでも評価が高かった作品なので、ちと緊張ぎみに観ました。 事故で全身不随の富豪フィリップが、服役歴のある黒人青年ドリスを介護役として雇う。正反対の二人

最強のふたり

INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE 2011年 フランス 113分 コメディ/ドラマ PG12 劇場公開(2012/09/01) 監督:エリック・トレダノ 脚本:エリック・トレダノ 出演: フランソワ・クリュゼ・・

「最強のふたり」

 生き方・好み・経歴…どこにも共通項がなさそうで、人生ごと全く別々でも、不思議と馬が合う彼らのような出会いがとても愛おしく感じられました。爽やかで、豪快で、少しも飾らな...

『最強のふたり』『恋のロンドン狂想曲』をギンレイホールで観て、手堅いなやふじき★★★,★★★

『最強のふたり』 五つ星評価で【★★★まあ、ちゃんとしてるよね】 なかなか縁がなかったのだが、 ギンレイホールが掛けてくれてやっと見れた。 確か公開中にツイッターで ...

独断的映画感想文:最強のふたり

日記:2012年9月某日 映画「最強のふたり」を見る. 2011年.監督:エリック・トレダノ. 出演:フランソワ・クリュゼ(フィリップ),オマール・シー(ドリス),アンヌ・ル・ニ,オドレイ・フルーロ,
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示