『ダークナイト ライジング』 バットマン最大の敵に立ち上がる

 A hero can be anyone...

 クリストファー・ノーラン監督は、三部作のテーマをそれぞれ一言で表現している。
 『バットマン ビギンズ』は"Fear(恐怖)"。
 『ダークナイト』は"Chaos(混乱)"。
 そして『ダークナイト ライジング』は"Pain(苦悩)"である。

 これら各作品でバットマンは強敵と戦ってきたが、シリーズ全体を通じてバットマンを悩ませるのは、悪魔の頭ラーズ・アル・グールでも、犯罪界の道化王子ジョーカーでも、傭兵ベインでもない。おそらくバットマンにとって最大の敵は、スケアクロウことジョナサン・クレインである。
 キリアン・マーフィが演じるこの精神科医は、『バットマン ビギンズ』(2005年)においては幻覚ガスを撒き散らして人々の恐怖を煽り、『ダークナイト』(2008年)では精神異常を誘発する麻薬を売りさばき、『ダークナイト ライジング』(2012年)では司法が崩壊したゴッサム・シティでリンチ裁判の判事を務めている。

 このシリーズの悪役たちは、幾つもの点でバットマンことブルース・ウェインと共通していたり、その裏返しであったりするのだが、とりわけリンチ裁判で判決を下すクレイン医師は、個人的な正義感から私刑を繰り返すブルース・ウェインが最終的に行き着く姿であるかもしれない。
 クリストファー・ノーラン監督と脚本家のジョナサン・ノーランの兄弟は、本作を『二都物語』から着想しており、特にこのリンチ裁判はその中心的な題材である。『二都物語』はフランス革命を描いた小説だが、革命に立ち上がった民衆は残虐性に火がついて、わずか1年あまりのうちに16,594人をギロチン送りにしている。裁判なしで殺された者を含めれば、犠牲者は4万人に上るという。

 もちろん、当時のフランスは歳入の9倍もの財政赤字を抱えながら、増税反対の声に押されて財政改革が挫折するありさまだったから、民衆が蜂起するのもとうぜんである(現在の日本の財政赤字も大きいが)。
 しかし、自由と平等を掲げた人権宣言の採択ではじまったはずのフランス革命が、恐怖政治に転落するのは早かった。反対意見を述べる者は次々に粛清され、国全体であさま山荘事件が起きているような状態だった。

 これが健全な国家運営であるはずがない。
 『ダークナイト ライジング』の観客も、クレイン医師が被告を全員死刑にするリンチ裁判が適切であるとは思わないだろう。
 けれども、それではバットマンがやっていることは何なのだろうか。
 執事アルフレッドから警察に任せるように諭されても、キャットウーマンことセリーナ・カイルに「通報しないの?」と尋ねられても、ブルース・ウェインは自分の手で悪を追うことを止めようとしない。
 いったい何の権限があってブルースはそんなことをしているのか。それを正当化するどんな理由があるというのか。

 クリストファー・ノーラン監督は、シリーズを通じて何度も問いかけてきた。
 正義とは何か。正義の執行とは何なのかを。


 それは、すべてのスーパーヒーローと、スーパーヒーローを支持する市民が抱えている問題だ。
 平凡な高校生がヒーロー気取りでうろつき回る『キック・アス』では、街の悪事に頬かむりする人々と、自警に立ち上がり暴走するヒーローの双方に眼差しを向けた。
 レンチを持った中年男が物陰から襲いかかる『スーパー!』も、正義の味方を自認する男の暴力を取り上げた。

 治安のためなら暴力も辞さない機関として、私たちは警察を設置している。警察が十全に機能していれば、私刑を行うマスクの男は不要かもしれない。
 だが『ダークナイト ライジング』において、警察の機能は疑問視されている。
 バットマンとして再び立ち上がったブルース・ウェインは、警察を無視して独力で悪を追い続ける。ブルースの盟友ジェームズ・ゴードン市警本部長は、(今回は怪我のために前線に出られない設定だが)やり方が汚いとなじられる。ピーター・フォーリー副本部長は、功名心が強いくせに、危機にあっては家に閉じこもっている。現場の警察官は杓子定規に命令に従うばかりで、市民の脱出を阻んでしまう。
 わずかにジョセフ・ゴードン=レヴィット演じるジョン・ブレイクが熱血警察官として活躍するものの、彼も警察に愛想を尽かしていく。

 警察が散々な扱いを受ける一方、市民たちは自警団を肥大化させ、気に入らない人間を次々にリンチ裁判にかけていく。
 悪事に頬かむりせず立ち上がるとは、こういうことなのか。


 そこでは、バットマンの最大の特徴もシニカルに描かれる。
 公式サイトには、クリストファー・ノーラン監督がバットマンをどう見ているかが紹介されている。
 「僕がバットマンというキャラクターにいつも惹かれてきたのは、これまでに何度も指摘してきたように、彼が巨額の富以外には何の超人的パワーももたないスーパーヒーローだという点なんだ」「彼が何か途方もないことをやってのけるとき、彼を突き動かしているのは極めて強い動機と純粋な献身だ。だからこそ、彼はとても信頼のおける人間なんだよ」

 本作がフランス革命を背景にした『二都物語』からインスピレーションを得ているのも、バットマンが大富豪であり、貴族と平民という『二都物語』の対立軸がそのまま適用できるからだろう。
 ノーラン監督は、バットマンが信頼のおける人間だというが、富裕層であるだけで民衆の恨みを買うのなら、バットマンの居場所はどこにあるのか。
 そしてバットマンと対比するように、盗賊セリーナ・カイルが貧しさゆえに悪事に手を染めたことや、孤児院を出た子供たちはベインの傭兵となるしか行き場がないことが語られる。
 はたして、巨額の富を持つブルース・ウェインがするべきだったのは、マスクとケープに身を包んで悪人退治に徘徊することだったのだろうか。

 やがて市民たちの自警団と警察が衝突するとき、遂にバットマンは警察と共闘する。
 そのとき警察官たちが叫ぶ「警察は一つだ」というセリフは、勝手に振る舞う自警団を否定するとともに、私刑執行人たるバットマンをも否定している。


 とはいえ「立ち上がる」ことを巡る葛藤には、日米で温度差があるかもしれない。
 上田紀行氏は、日本の学生に毎年こんな質問をしているという。

 「あなたはメーカーに勤務し、東南アジアの工場で働くことになりました。そこでは有害物質を排出し、公害を引き起こしています。赴任早々、それに気づいたあなたは、上司に報告しましたが、効率重視の上司は『そうはいっても』と、改善しようとしません。さて、あなたはどうしますか?」

 この問いに対する答えを3つ用意する。

 (1) 実名で告発する。
 (2) 匿名で告発する。
 (3) 何もしない。

 ここから学生に選ばせたら、どうなるだろう。

 実は学生たちの8割以上が「(3) 何もしない」を選ぶということに、あなたは驚くだろうか、やっぱりと頷くだろうか。
 上田紀行氏はこの結果を受けて、「答えたのはまだ会社に入っているわけでもない、会社に忠誠を誓っているわけでもない、学生たちなのです。これがはたして自由な社会で出てくる比率でしょうか?」と疑問を呈している。
 不正の告発に対して、「告げ口しやがって」と責めるのではなく、「偉い」「立派だ」と称える文化がなければ、正義のために立ち上がる映画は意味を持たない。

 ちなみに財団法人日本青少年研究所が2007年4月に発表した「高校生の意欲に関する調査」によれば、日米中韓4ヶ国のうち、日本の高校生に顕著な点が一つある。
 「偉くなりたいか」という設問に、「偉くなりたいと思う」「強くそう思う」と答えた人が、中国34.4%、韓国22.9%、米国で22.3%いるのに比べ、日本は8.0%しかいないのだ。
 そもそも日本と他国では、偉くなることの捉え方が違っている。
 米中韓では偉くなることを「自分の能力をより発揮できる」「周りに尊敬される」と肯定的に捉えているのに対し、日本人は偉くなると「責任が重くなる」「自分の時間がなくなる」と回答している。


 思えば、スパイダーマンは「大いなる力には、大いなる責任が伴う」という言葉を噛みしめて、責任をまっとうしようとした。
 一方バットマンは、クリストファー・ノーラン監督が云うように何の超人的パワーも持たないが、それでも立ち上がろうとする。
 だから『ダークナイト ライジング』が強調するのは、「バットマンには誰でもなれる」ということだ。

 映画の中盤、ブルース・ウェインは、バットマンを待望する警察官ジョン・ブレイクとの会話において「バットマンには誰でもなれるさ」と気のない返事をする。
 しかし終盤、バットマンの正体を知りたいというゴードン本部長に、バットマンは答える。 

 「バットマンには誰でもなれるのだ。
 ( A hero can be anyone. Even a man doing something as simple and reassuring as putting a coat around a little boy's shoulders to let him know that the world hadn't ended. )

 『ダークナイト ライジング』では、立ち上がるのはすでに当然のことなのだ。
 その上でいかに独善に陥らず、人々と協調し、理性的に立ち上がるかが問われている。

 前二作と同様、本作においてもスケアクロウことジョナサン・クレインは姿をくらましてしまった。人々に恐怖を植え付け、社会不安を煽り、でたらめな断罪で他人を攻撃する者は、バットマンにも片付けられない難敵なのだ。
 それが手強いのは、爆弾犯や殺人犯のような特定の人物を倒せば済むものではないからだろう。


 ところで、上田紀行氏の話には続きがある。
 2011年、日本は大きな災難に見舞われた。誰もが、自分には何ができるかを考えた。
 その後、上田紀行氏が例年と同じ質問をしたところ、6割以上の学生が「告発する」と答えたという。


ダークナイト ライジング Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)ダークナイト ライジング』  [た行]
監督・制作・原案・脚本/クリストファー・ノーラン
脚本/ジョナサン・ノーラン
出演/クリスチャン・ベイル マイケル・ケイン ゲイリー・オールドマン アン・ハサウェイ トム・ハーディ マリオン・コティヤール ジョセフ・ゴードン=レヴィット モーガン・フリーマン キリアン・マーフィ
日本公開/2012年7月28日
ジャンル/[アクション] [サスペンス] [犯罪] [SF]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : ダークナイト ライジング(The Dark Knight Rises)
【genre : 映画

tag : クリストファー・ノーラン クリスチャン・ベイル マイケル・ケイン ゲイリー・オールドマン アン・ハサウェイ トム・ハーディ マリオン・コティヤール ジョセフ・ゴードン=レヴィット モーガン・フリーマン キリアン・マーフィ

⇒comment

No title

ノーラン監督がバットマン3部作のテーマを、恐怖(ビギンズ)、混沌(ダークナイト)、苦痛(ライジング)と一言でコメントしたのでしたか。

着想を得たというフランス革命を描いた『二都物語』の貴族と平民の対立軸と、革命に立ち上がった民衆の残虐性等々となると、更に難しい様相を呈してきました。

あらためて見直してみる必要を感じました。

Re: トルストイの小説「光は闇に輝く」。闇はバットマン、では我々の光とは「立ち上がること」なのか?

プチ不眠症さん、こんにちは。

>私はレンタル待ちをすることに決めました。

いやいや、そんなことおっしゃらずに是非劇場でご覧ください。映画館の闇こそ、ダークナイトに相応しい場所です。

>力のない正義は無力であり、正義のない力は暴力である。

空手家の大山倍達氏も中学校で『パンセ』を読み、この言葉に感じ入ったようですね。

傑作『ダークナイト』の後なので、本作に対しては観客誰もが心の中で非常に高いハードルを設定していたことでしょうが、ノーラン監督は驚くべき境地を見せてくれました。『ダークナイト』にあった人と人との信頼やヒロイズムを、本作は無残に打ち砕き、暗澹たる思いにさせてくれます。
ニヤリとさせる要素を散りばめ、後味が悪くならないように配慮しているものの、本作を支配しているのは『ダークナイト』をも絵空事と思わせるような過酷な世界観です。
『ダークナイト』を観終わった後のある種の気持ち良さが本作にはなく、本作の観客は自分で気持ち良さを生み出さなければなりません。それこそが、立ち上がること。その覚悟ができるかどうかで、本作の評価は大きく変わるような気がします。

>「人間は、そんなに、強くない」

たしかにそうです。
だからこそ本作は肉弾戦が中心になります。鍛えれば身に付けられる強さ、工夫すれば到達できる強さで戦います。そして人間の力で解決できるかもしれないギリギリのところで事件は推移します。
強いから立ち上がるのではない。立ち上がるために強くなる。そこには手を差し伸べる人も、命綱もないかも知れませんが。

Re: No title

iinaさん、こんにちは。
「自由、平等、同志愛」を掲げて立ち上がったフランス革命がもたらしたのは、血まみれの社会だった歴史的事実。
ここに踏み込むことは、前作『ダークナイト』を気分良く観終えた観客たちに冷水を浴びせるかもしれません。にもかかわらず踏み込んだ作り手たちの思いに圧倒されます。
結末を知った上で観ると、また感慨がありそうですね。

Re: ヒーローは誰でもなれる。私もあなたも。誰でもなれるんだ。

プチ不眠症さん、こんにちは。
たしかに映画としての完成度は前作の方が上かもしれません。ノーラン監督も三作目にして何を描くか悩んだことでしょう。
これに関してウィキペディアに面白い記事が紹介されています。
---
2008年10月末にノーランは3作目に関して口を開き、「より表面的な段階で、質問に答えるが」と前置きし、「皆は映画のシリーズもので出来の良い3作目を思いつきますか?」と答えた。彼は物語を続ける必要性を見つけようとし、撮影の中ほどで続編が不要であると知るのを恐れていた。
---
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%88_%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%B0#.E4.BC.81.E7.94.BB
http://latimesblogs.latimes.com/herocomplex/2008/10/christopher-nol.html
http://www.aintitcool.com/node/39348

しかしノーラン監督は三作目に着手したし、マーケティング的な意味を超えて必然性のある作品になったと思います。
そのポイントは、プチ不眠症さんが書かれたとおりです。

> 理想と現実の葛藤を描き語るヒント

ここですね。これが本作をして重要な作品ならしめていると思います。

> 実は私もあんな肉体美を持っています

素晴らしい!
仕事もジムも頑張ってください。

一応私はまだまだ若いつもりです。肉体的にはヘナチョコですが:-)

Re: 生きる希望を守ること。

プチ不眠症さん、こんにちは。
三回鑑賞とは素晴らしい! 本作は興行成績が伸び悩んでいるようなので、リピート鑑賞は何よりの応援でしょう。

おっしゃるとおり、本作は何かの「終わり」を描くものではありません。立ち上がること、受け継ぐこと、それこそが本作で最も強調されるものです。
私は、プチ不眠症さんが先日コメントされた「理想と現実の葛藤」も間違いだとは思いません。誰もが何かの葛藤を抱えています。
でも、だからといって本作の主人公は立ち止まったりうずくまったりはしません。葛藤を抱えても立ち上がる。それこそ、私たちがバットマンから感じるべきものでしょう。

ダークナイト

前作は、特に女性陣は冷静に見れなかった部分があって、一度しか見れませんでした。
再見する勇気がなかったです、あの時は。
映画より、なにより、ヒース症候群みたいな感じ。

今回はやけに冷静に見ることができたのですが、やはり映画の出来としては、まとまりが悪い、散漫な展開は否めなかったと思います。
三回見ての結論。
でも、それは多分に描きたいものがありすぎて、これでもか、これでもかとつぎ込んだところがあったのでしょうね。
切るに切れない。さらには、こんだけの詰め込んだ内容のものを作れる地位を得た・・・ということでしょうか。

マシュー・モディーンのいかにもな副本部長に苦笑いし、ブレイクに快哉を上げ、スケアクロウの描き方の妙にうならされました。
まさかあそこにスケアクロウが来るとは思ってもみませんでしたが、そうかあ、彼がキモか・・。納得です。

クリスチャン・ベイルって、まだ40にもなってないのに、彼の過酷な半生を映すかのような老生ぶりに、改めてびっくりでした。

Re: ダークナイト

sakuraiさん、こんにちは。

>でも、それは多分に描きたいものがありすぎて、これでもか、これでもかとつぎ込んだところがあったのでしょうね。

そうでしょうね。
過不足なくきれいにまとめるよりも、とにかく作り手がありったけのものを注ぎこんだ作品の方がインパクトがあるという好例だと思います。
とにかく観ているあいだ圧倒されました。

クリスチャン・ベイルは『ザ・ファイター』の役作りのために地毛を抜いてしまって、人ごとながら心配しておりましたが、今回は髪の毛があって良かった。

No title

9月になっても東京ではまだ上映していたのでようやく観に行くことができたこと、とってもラッキーでした。
バットマン組にインセプション組が加わった今回、ノーラン監督とその仲間たちということで小津監督を思い浮かべます。
次々と迫りくる敵、難題、めまぐるしく変わる展開、ノーラン節炸裂ですね。
事前に、The Greyを観ていたので、あの人が重なってしまい困りました。
そういえばTaken2が海外では始まるので観に行ってきます。

Re: No title

魚虎555さん、こんにちは。
観られて良かったですね。本作は劇場で観るべき作品だと思います。
おっしゃるとおりノーラン監督は同じ俳優さんと何度も組むようなので、次はどんな役で登場させるかも楽しみになります。
『Taken2』(邦題『96時間/リベンジ』)も楽しみです。日本では1月公開なのです。

ちょっと尻すぼみかも

ダークナイトがあまりに盛り上がりすぎた感がありますね。
それまで引きこもってたブルースが悪役登場で復帰しようとするのは、アルフレッドに感情移入しました。結局悪党がいないと生きてけないんだなと。
あとバットマンが完全な正義のヒーローみたいになったのは?でしたね。

ノーラン監督が見つける俳優は良い役者ばかりですね。トム・ハーディもゴードンレヴィットも素晴らしい演技。ぜひレヴィット主演でロビンを作ってほしい。
キリアン・マーフィーの登場も嬉しかったですね。
ゲイリー・オールドマンも今やすっかり良い人役が似合うようになりましたね。

Re: ちょっと尻すぼみかも

デルピッポさん、こんにちは。
『ダークナイト』の後にこの内容を持ってきたのが、すごいなぁと思います。『ダークナイト』の方向性を推し進める方が一般ウケするのは間違いないのに、あえて『ダークナイト』を否定するような要素を持ち込むのはたいしたもんだと。

ノーラン監督のキャスティングにはつくづく感心します。
ジョゼフ・ゴードン=レヴィットなんて、この役はもう彼しかないって思わされますね。

同感です。

たまたまキリアンマーフィーの確認でぐぐったらヒットしたので読んだらビックリしました。
映画をすごく楽しめてますね。ほんとに、おっしゃる通りでバットマンシリーズはそういう様々な問題の暗示や文脈が優れてると思います。

今度から映画みたらここも見に来ます。
いい記事です。

Re: 同感です。

てんさん、こんにちは。
このシリーズは回を重ねるごとに凄みを増してきたように思います。
作り手にも主義主張があるから、それに沿って映画を撮るのが普通だと思うのですが、本作は認めたくないもの、目をつぶりたいものにも目を向けているところが特徴ですね。

今後もよろしくお願いします。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

劇場鑑賞「ダークナイト ライジング」

終幕。そして… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201207270003/ ダークナイト・ライジング オリジナル・サウンドトラックハンス・ジマー サントラ SMJ 2012...

身命を闇夜に捧げて

「ダークナイト ライジング」を観た。 本作は、クリストファー・ノーランによる「バットマン」シリーズの最終章となる。 主人公のブルース・ウェインを演じるのはクリスチャン・ベー...

『ダークナイト・ライジング』 2012年7月25日 東京国際フォーラム

本日最後3本目は、『ダークナイト・ライジング』 をジャパンプレミアで鑑賞しました。 今回のジャパン・プレミアは残念なことに、先日にアメリカでの事件によりキャストの来日が中...

【映画】ダークナイト ライジング

<ダークナイト ライジング を観て来ました> 原題:The Dark Knight Rises 製作:2012年アメリカ 人気ブログランキングへ またしてもお久しぶりのSUZUです。こんばんは。 もう夏バテ...

ダークナイト ライジング

【THE DARK KNIGHT RISES】 2012/07/28公開 アメリカ 164分監督:クリストファー・ノーラン出演:クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、アン・ハサウェイ、トム・

クリストファー・ノーラン監督『ダークナイト ライジング』(The Dark Knight Rises)

クリストファー・ノーラン監督『ダークナイト ライジング』注・内容、台詞、ラスト他触れています。今回は特に鑑賞後に読まれることを前提にメモしています。The Dark Knight RisesDIREC

ダークナイト ライジング

スゴいとしか言えなくて震える。

ダークナイト・ライジング

ダークナイト・ライジング@東京国際フォーラム

「ダークナイト ライジング」

こういう終わり方しか、なかったか。

No.320 ダークナイト ライジング

クリストファー・ノーラン監督による「バットマン ビギンズ」「ダークナイト」に続くシリーズ完結編。「ダークナイト」から8年後を舞台に、ゴッサム・シティを破壊しようとする残 ...

ダークナイト ライジング

評価:★★★★【4点】(10) レスラーもどきの悪キャラに一抹の不安ってことで

ダークナイト ライジング

新作なので、ネタバレなしの感想から。 心が震える映画ってのは、そう出会えないもんですよね。 大丈夫です! 『ダークナイト』で震えた方、心配はいりませんので!

ダークナイト ライジング

大義のため自ら殺人者の汚名を被ったバットマンが闇に消えてから8年。 その甲斐あってゴッサム・シティーの犯罪率は史上最低となっていた。 ある日、ブルース・ウェイン(バット

miholatteの『ダークナイト ライジング』評

『ダークナイト ライジング』(2012年/アメリカ・イギリス映画) 評者:miholatte 掲載サイト:『miholatte cafelatte』 概要:クリストファー・ノーラン監督によるバットマン新三部作の完

とらの『ダークナイト ライジング』評

『ダークナイト ライジング』(2012年/アメリカ・イギリス映画) 評者:とら 掲載サイト:『映画鑑賞日記』 概要:クリストファー・ノーラン監督によるバットマン新三部作の完結

[映画『ダークナイト ライジング』を観た]

☆観てきましたよ^^  私は、クリストファー・ノーラン監督版『バットマン』シリーズに、「ノレない、ノレない」と言いつつも、  その作品作りの、ノーラン監督なりの「文法」

ダークナイト ライジング/THE DARK KNIGHT RISES

ランキングクリックしてね ←please click NIGHT(夜)ではなく、 KNIGHT(騎士)。 RISINGではなく、RISES 待ってました!! バットマン ビギンズからのクリストファー・ノーラン監督が

ダークナイト ライジング

キャットウーマンの腰つきがたまらんな。

ダークナイト ライジング

ゴッサム・シティを襲撃したジョーカーを倒したバットマン/ブルース・ウェイン(クリスチャン・ベイル)は、ハービー・デント(アーロン・エッカート)検事の罪を被り、ゴッサム・シテ...

映画『ダークナイト ライジング』★完結:揺るぎない良心と言う希望に…

      映画レビューです(ネタバレ表示です) ←核心にはふれていないつもりです http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id340611/rid269/p1/s0/c1/     雑感に

映画:ダークナイト・ライズ Dark Knight Rises 壮絶な最終章は、終りでもあり、始まりでもあった(はず)

アタマの中がオリンピックに支配されてしまいそうな今日この頃(笑) バランス取らなくちゃということで、さっそく公開直後のこの映画をチェック。 当ブログでは、前作ダークナイト...

ダークナイト ライジング ジャパン プレミア

孤児 それぞれの生き方公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/batman3監督: クリストファー・ノーラン地方検事ハービー・デントの死から8年。デント法により犯罪活動が

ダークナイト ライジング

仕事で・・・某県に土日とも留まる事となり 時間が出来る事が事前に分かっていたので・・・ 勿論、あの作品の・・・映画鑑賞でしょう(笑) そう『ダークナイト ライジング』 前

『ダークナイト ライジング』

(原題:The Dark Knight Rises) ※映画の核に触れる 部分もあります。 ネタバレには注意したつもりですが、 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----ア

ダークナイト ライジング

先週土曜日より公開の『ダークナイト ライジング』観てきました。いや面白かったです。前半ちょっとグダってましたけど、後半は長く面白かったです。映画らしい映画でした。前評 ...

ダークナイト ライジング・・・・・評価額1800円

物語は、遂に神話となる。 前作「ダークナイト」で大センセーションを巻き起こした、クリストファー・ノーランによる二十一世紀版“バットマン”三部作、堂々の完結。 テーマは前...

ダークナイト ライジング

Data 原題 THE DARK KNIGHT RISES 監督 クリストファー・ノーラン 出演 クリスチャン・ベイル  マイケル・ケイン  ゲイリー・オールドマン  アン・ハサウェイ  トム・ハーディ 公開...

真実は光の如く輝いて

バットマン。 マスクを被りケープを身に纏う男は、ゴッサム・シティの守護者だ。この不法の自警市民は、街を犯罪から守る活動に勤しんでいるのだが、そのためならば法律を逸脱する

ダークナイト ライジング/それでもきっと陽はまた昇る

ダークナイト ライジングThe Dark Knight Rises/監督:クリストファー・ノーラン/2012年/アメリカ クリストファー・ノーラン監督の映画については、もう、他の方に任せます。 さほどバッ...

『ダークナイト ライジング』(ジャパン・プレミア試写会)

'12.07.25 『ダークナイト ライジング』(ジャパン・プレミア試写会)@東京国際フォーラム 今年一番楽しみにしていた作品! ノーラン監督が続編を撮ると聞いたときからずっと待ってた!

ダークナイト ライジング / The Dark Knight Rises

クリストファー・ノーランのバットマンシリーズ第三作目=完結編。前作『ダークナイト』の8年後という設定。 正直、これまでの1作目、2作目を見ておけば良かったと思いました。少な

映画「ダークナイト・ライジング」ひとつの伝説が終わり、新たな伝説が始まる

「ダークナイト・ライジング」★★★★☆ クリスチャン・ベイル、アン・ハサウェイ、 トム・ハーディ、マリオン・コティアール、 マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、 モー

★ダークナイト ライジング(2012)★

THE DARK KNIGHT RISES 伝説が、壮絶に、終わる。 上映時間 164分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2012/07/28 ジャンル アクション/サスペンス/犯罪 【解説】

ダークナイト ライジング

クリストファー・ノーラン流『バットマン』シリーズ3作目にして最終回、『ダークナイト ライジング』をIMAXで観てきました。 ★★★★★ 前作のエンディングからの流れで犯罪者として...

「ダークナイトライジング」感想

 クリストファー・ノーラン監督版「バットマン」第三弾にして、完結編。前作から8年、平和を取り戻したはずのゴッサムシティに再び訪れる新たな脅威を相手に、ブルース・ウェイン

■ダークナイト ライジング

第274回「もはやこれをアメコミ映画と呼んでもいいのだろうか?」 なぜ私が金曜日の夜に、仕事終わりにも関わらず、映画館へ足を運んだのか・・・その理由はこちらのブログを見

ダークナイト ライジング (The Dark Knight Rises)

監督 クリストファー・ノーラン 主演 クリスチャン・ベイル 2012年 アメリカ/イギリス映画 164分 アクション 採点★★★ 自己紹介の際に出身地も添えると、その土地に因んだ

ダークナイト ライジング(2012) THE DARK KNIGHT RISES 164分

 アン・ハサウェイ・・・かっこいい!

ダークナイト ライジング

「バットマン ビギンズ」 「ダークナイト」に続いてシリーズ 3作目。 クリストファー.ノーラン監督による作品で 今回は最終章。 バットマンを演じるのはもちろん、 クリスチャン・ベ...

映画『ダークナイト ライジング』

 新宿ピカデリーには『マダカスカル3』吹き替え陣の舞台挨拶で、玉木宏さんらが来ていたらしく、出待ちの人が溢れていました。 Story ゴッサム・シティを襲撃したジョーカーを倒し

『ダークナイトライジング』’12・米

あらすじジョーカーとの戦いから8年、バットマンはゴッサム・シティーから姿を消し・・・。解説伝説が壮絶に終わる『メメント』のクリストファー・ノーラン監督によるバットマン三...

『ダークナイト ライジング』’12・米

あらすじジョーカーとの戦いから8年、バットマンはゴッサム・シティーから姿を消し・

やっぱりバットマンは神!『ダークナイト ライジング』

2008年に劇場公開された『ダークナイト』の続編です。

『ダークナイト ライジング』('12初鑑賞78・劇場)

☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 7月28日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:10の回を鑑賞。

ダークナイト ライジング/THE DARK KNIGHT RISES

バットマンの最終章・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 ジョーカーとの戦いから8年、バットマンはゴッサム・シティーから姿を消し、ブルース・ウェインは隠遁生活を送っ...

『ダークナイト ライジング』

□作品オフィシャルサイト 「ダークナイト ライジング」□監督 クリストファー・ノーラン□脚本 ジョナサン・ノーラン、クリストファー・ノーラン □キャスト クリスチャン・ベ

「ダークナイト ライジング」:黒が、映像が、アン・ハサウェイがステキ!

映画『ダークナイト ライジング』は、クリストファー・ノーランによる陰鬱なバットマ

ダークナイト ライジング(THE DARK KNIGHT RISES)みた!!

うつむいたバットマン像に、彼は、人々は、何を思うのか・・(涙)今回も傑作--!

ダークナイト ライジング」 気持ちよく騙される

監督 クリストファー・ノーラン

ダークナイト ライジング

【監督】クリストファー・ノーラン 【出演】クリスチャン・ベール/マイケル・ケイン/ゲイリー・オールドマン/アン・ハサウェイ/トム・ハーディ/マリオン・コティヤール/ジョセフ・ゴ

ダークナイト ライジング(2012)☆★THE DARK KNIGHT RISES

 伝説が、壮絶に、終わる。 好き度:=70点 MOVIX京都にて鑑賞。 監督らしい重厚な作品。マーベルコミックのヒーローものというより、ノーラン監督独自の伝説ヒーローもの。あ!

ダークナイト ライジング

伝説が、壮絶に、終わる。 原題 THE DARK KNIGHT RISES 上映時間 164分 脚本 ジョナサン・ノーラン/クリストファー・ノーラン 監督 クリストファー・ノーラン 音楽 ハンス・ジマー 出演 クリス

ダークナイト ライジング

『ダークナイト ライジング』は、クリストファー・ノーランの新しい「バットマン」三部作の完結篇にあたる。 コミック作品の映画化におけるリアリティの追求は、近年のトレンドで

ダークナイト ライジング

この監督の、何度も見たくなる麻薬のような魅力はなんなのか。

『ダークナイト ライジング』

前作から8年 引き籠りになっていたブルース・ウェインが ゴッサムシティを救う為、復活。テロリストベインと対決 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場吹替鑑賞) 原題:The Dark ...

【映画】ダークナイト ライジング…ラストは『ありがとうバットマン』みたいな感じ

ここ数日、実家の目の前(本当に目の前)で、映画の撮影をしているらしいのです というのは、実家に出入りする娘と、私の母親からの情報。 子役(とその親)がたくさん向かいのお寺

伝説が壮絶に・・・

30日のことですが、映画「ダークナイト ライジング」を鑑賞しました。 ノーラン版バットマン 三作目 「ダークナイト」があまりに素晴らしかっただけに 続編、どうなのかなぁと思って...

「ダークナイト・ライジング」

「ダークナイト・ライジング」 クリストファー・ノーランのバットマン3部作完結編で「伝説が壮絶に、終わる」らしいので楽しみにしていたところ、アメリカでは上映中にジョーカーを...

映画:ダークナイト ライジング

 2005年のバットマンビギンズから再スタートしたノーラン版バットマンシリーズ3部作もいよいよ最終章。ダークナイトの記事です。

ダークナイト ライジング [IMAX版]

IMAXに見に行きました。相変わらず大きいですねー。最初は迫力満点だなーと思うの

ダークナイト ライジング

地方検事デントの事件から8年。平和を取り戻したかに見えたゴッサム・シティだったが、正体不明のテロリストにより次々と街は破壊されてしまう。

コンプライアンスとそれを推進する法務が経営者に嫌われるワケを『ダークナイト ライジング』の映画評に学ぶ

  法務な方には、是非この映画評をご覧になることをおすすめしたいです。ただし、ややネタバレ注意。 ▼『ダークナイト ライジング』 バットマン最大の敵に立ち上がる(映画のブ ...

歴史的神話作品 ダークナイトライジング

上映時間165分という超骨太作品。全3作からなるトリロジーの完結編である本作は、あらゆる「継承」をテーマとしている。とにかく素晴らしいの一言に尽きる。冒頭から終わりまで全く ...

ダークナイト ライジング

THE DARK KNIGHT RISES/12年/米/164分/アメコミヒーロー・アクション/劇場公開(2012/07/28) −監督− クリストファー・ノーラン 『インセプション』 −製作− クリストファー・ノー...

ダークナイト ライジング

「バットマン」シリーズ3部作の完結編。 重厚な雰囲気は変わらずですが、前作「ダークナイト」が凄かったので、本作でどう締めくくるのかと期待がとにかく大きく、見たいような見た...

映画『ダークナイトライジング』『おおかみこどもの雨と雪』『あなたへ』(12日-30,31)(12外-25)

7月後半から8月に観た映画の感想を、まとめて残しておきたいと思います。 『ダークナイトライジング』 7月26日 地元テレ
最新の記事
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示