『ハロー!?ゴースト』 今世紀ベストワンの呼び声

 今世紀に入ってから観た映画の中で、これこそがベストワン! との評判を耳にして、なかば騙されるつもりで映画館へ足を運んだ。

 私は常々、西洋の作品よりも東洋――少なくとも東アジアの作品の方が、日本人には馴染むと思っている。
 日本人は開国以来1世紀半にわたり西洋の文物を取り込むべく努めてきたが、政教分離が板についてない私たちには、政教分離を巡る葛藤に彩られた西洋の作品がピンと来ない。そもそも東洋人と西洋人(日本人と米国人ではない)では世界の捉え方が違うという。
 だから日本人は(無意識のうちに)苦労しながら西洋の作品に接してきたのだが、ふと東洋の作品を手にしてみたら、まったく苦労せずに馴染むことができた。そこで、日頃からアメリカニズムを咀嚼しようと背伸びしているビジネスパーソンではなく、素直に面白いものを受け入れられる中高年のオバサマたちが先駆けとなって、東アジアの作品になだれを打った。
 というのが、近年の韓流ブームではないかと睨んでいる。

 だから、韓国映画というだけでも日本人には馴染みやすいだろうと、少々期待しながら『ハロー!?ゴースト』の上映に臨んだ。
 ところが、なんだかこの映画、グダグダなのである。
 本作は脚本家としてキャリアを積んできたキム・ヨンタクの初監督作品だ。はじめてだから仕方がないのかもしれないが、キム・ギドク監督のように映画美の極致を感じさせてくれることもなければ、ポン・ジュノ監督のように才気にみなぎった作品でもない。カン・ジェギュ監督のようなダイナミズムもなければ、カン・ヒョンチョル監督のようなテンポの良さも感じられない。
 正直なところ、「え~、これがベストワン!?」といぶかしみながらの鑑賞だった。

 けれども映画を観終えたとき、私は心に決めていた。
 これは絶賛しなければならない。一人でも多くの人に観てもらわなければならない。私は口コミでこの映画を知ったのだから、次は私が評判を広める番だ。


 とはいえ、『ハロー!?ゴースト』を評判にするのは難しい。
 一般的には、作品の作り手は多くの人に見てもらうために、受け手を引っかけるフックをたくさん用意する。いろいろな要素を作品に散りばめて、観客がどこかに興味を持つように仕向けるのだ。
 けれども本作には、これといったフックがない。あまりにもシンプルで、紹介できる引っかかりがない。さりとてシンプル極まりない内容に触れると、どうあがいてもネタバレになってしまう。
 いくらネタバレをおそれない当ブログでも、本作ほど白紙で見るべき作品であれば、さすがに内容に触れるわけにはいかない。本作は、何も知らずに観に行くのが最良なのだ。

 ネタばらしにならずに紹介できることといえば、せいぜい劇中で、韓国の大人気アニメ『テコンV』を見られることくらいだろうか。
 脚本も手がけたキム・ヨンタク監督は、「大笑いしながら、今生きていることへの幸せを感じることができるコメディを作りたい!」との思いで取り組んだそうだが、それほど大笑いはしないだろう。
 本作はただひたすらに、いい映画なのだ。これ以上ないほどの良作である。


 いささか気になったのは、場内で見かけた二人連れ、三人連れの女性客だ。
 上映後に笑顔で会話する彼女たちを見て、タフだなぁと感心した。
 『ハロー!?ゴースト』を観たら、誰しも涙でグチョグチョになり、感極まって言葉も出ないと思うのだが、彼女たちは楽しそうに喋っていた。はたして彼女たちは何回目の鑑賞なのだろうか。
 ともかく、この映画を一緒に観る人がいて、鑑賞後に本作について語り合えるなんて素晴らしいことである。


ハロー!?ゴースト [DVD]ハロー!?ゴースト』  [は行]
監督・脚本/キム・ヨンタク
出演/チャ・テヒョン コ・チャンソク チャン・ヨンナム イ・ムンス チョン・ボグン カン・イェウォン
日本公開/2012年6月9日
ジャンル/[コメディ] [ロマンス] [ファンタジー]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 韓国映画
【genre : 映画

tag : キム・ヨンタク チャ・テヒョン コ・チャンソク チャン・ヨンナム イ・ムンス チョン・ボグン カン・イェウォン

⇒comment

遠い人を愛するのは優しいが、近き人を愛するのは極めて難しい。私にとっての「近き人」って誰だろう…。

この数日、一生懸命に仕事して、今朝は珍しく徹夜をしました。こういう日は何か文章でも書きたいなと思って、ナドレック様のブログにぷらっと立ち寄っています(悪質な粘着質です)。今回ご紹介くださったのは、韓国の映画なんですね。今、ネットの掲示板では、韓国は「姦国」と呼ばれ、日本の若い男性はあまり韓国に良いイメージを持っていないと思われます。今朝、24時間営業の中華料理店で外食してきたのですが、中国人の「溜まり場」になっていました(日本ではチャイナ・タウンが形成されつつあります)。日本人から見ると、イギリス人は保守的、フランス人は華やか、アメリカ人は革新的な正義派、中国人は金儲け主義、韓国人は熱っぽい、イラクなどは過激派、私たち日本人は自分たちを「和の民族」(本当?)と思い込んでいるイメージがあります。これらは一面で真理を突いているのでしょうが、独断的・偏見的でもあると思います。推測ですが、日本は他国の情報に敏感という意味で「世界一」だと思います。和書よりも翻訳書のほうが価値があると思っているんですから。知識人にとっては、古事記よりも聖書を読むことが高級。日本だけだと思います、こんなに翻訳書がある国は。聞いた話しですが、アメリカのテキサス州(ブッシュ大統領に代表されるヤンキーの砂漠地帯)では、地球はテキサス州だけだと思い込んでいるらしいです(息子ブッシュなら、そんな気もします!)。アメリカは法治国家、中国は覇権国家、日本は情緒(不安定)国家とは誰が言ったか知りませんが、まさに言い得て妙。私は思うのです、ブッシュのような野蛮人のアメリカと同盟国(つまり奴隷)になるよりは、大戦中の「大東亜」のほうがよっぽど益があるんじゃないかと。日本の若者はキムチ野郎とバカにしていますが、もし日本が軍事費をまともに計上したら、たぶん韓国に負けるだろうと私は思います。なんせ韓国はアメリカに逆らって、韓国の大統領が暗殺されちゃう国なんですから(日本では絶対に真似できません)。閑話休題。人間って、どうして遠い人は容易に愛せても、近き人を愛するのは難しいのでしょう。これはあらゆる場合において当てはまる原則だと思います。キリスト教は日本には全然関係ないのに、クリスチャンになることが「善人」だと思い込んでいる国、ニッポン。本当のクリスチャンは、恐ろしいほど残酷なのに。信仰が本物だからこその残虐性。トルストイは本当に「善人」だったのでしょうか?

Re: 遠い人を愛するのは優しいが、近き人を愛するのは極めて難しい。私にとっての「近き人」って誰だろう…。

プチ不眠症さん、こんにちは。お疲れ様です。
「金持ち喧嘩せず」という言葉があります。もしもプチ不眠症さんのおっしゃるように他国に良からぬイメージを持って口外する人がいるのであれば、それは軽はずみな言動であるように感じます。どういうイメージを抱くかは人それぞれですが、言動に表すのは十全な計算の下に行うべきですね。

「遠い人は容易に愛せても、近き人を愛するのは難しい」とのコメントで思い出したのは、先ごろ当ブログでも取り上げた映画『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』のシークエンスです。
舞台は黒人差別が激しい1960年代の米国南部。そこで白人たちは黒人を忌み嫌い、同じトイレを使うだけでも病気が移ると大騒ぎします。ところがその白人たちがチャリティーオークションを開催して、アフリカの子供たちに収益を贈ろうと一生懸命になるのです。もちろん彼らは考えを改めたわけではありません。目の前の黒人を忌み嫌うことと、遠い国の見も知らない黒人に善行を施すことは、彼らの中で何の問題もなく同居しているのです。なかなか示唆に富んだ映画ですので、機会があればご覧ください。

なお、日本に翻訳書が多いというご指摘は、おそらくそのとおりだろうと思います。
他国では、外国語の書物を読みたいときにはその言語を勉強します。外国語を習得すればその国のどの本でも自由に読めるので、知識が一気に広がります。けれども、それは習得した本人だけに限られます。
日本では明治時代に西洋諸国の文物を広めるため、外国語を習得した人が翻訳して日本語の書物にしてあげました。これにより外国語を知らない人でも西洋の知識を吸収できたので、短期間で西洋諸国をキャッチアップしました。しかし、外国語を習得せずともある程度の知識を得られるがために、高等教育を受けていながら日本語しか読み書きできない人が増えました。
かくいう私も、外国語は大いに苦手としていますe-263

No title

イギリスは映画は楽しくないがテレビドラマは面白い印象。
アメさんはテレビドラマはもひとつだが映画は面白い印象。
香港はブルースリーとジャッキー、中国はりーリンチェイ
日本は見る機会が多いせいか面白いの多い印象
ただし、近年全然だめ制作してて苦痛を感じないのか不思議な程
韓国は映画もドラマも場面と音楽が合ってない印象
最近隠し砦の三悪人と羅生門を見たが、あんなの’50年代に作られたら、影響は大きかったろう
女優に古き良き時代のアメリカを感じたのは不思議

Re: No title

かんなさん、こんにちは。
黒澤明監督はジョン・フォード監督を敬愛していましたし、アメリカっぽさが滲み出るのでしょう。

イギリスのテレビドラマは面白いんですか。
昔の『プリズナーNo.6』とか『スペース1999』しか知らないので、オススメのものがあったら教えてください。

> 韓国は映画もドラマも場面と音楽が合ってない印象

韓国映画の音楽はあまり気にしていませんでした。
これからは意識して聴いてみます。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハロー!?ゴースト/チャ・テヒョン

私にとって韓国映画を代表するコメディ俳優といえば先ずは誰より先に名前を挙げるのがチャ・テヒョン君なのです。主演作としてはこれが10本目くらいなのかな?スミマセン、正確に ...

『ハロー!?ゴースト』

※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる 部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----この映画、ラストが『シックス・センス』と 比較されているみたいだね…。 「そうだね。 確かに、このオチは読めなかった。 ストー?...

『ハロー!?ゴースト』 2012年5月30日 スペースFS汐留

『ハロー!?ゴースト』 を試写会で鑑賞しました。 グダグダの映画かと思ったけど、そう来たか 中々良かった 【ストーリー】  サンマン(チャ・テヒョン)は一人で生きることに疲れ果て、何度も自殺を図るもののいつも失敗する。ある日、川に飛び込んだが助けられた彼...

ハロー!?ゴースト

最高にダルいフリ 【Story】 サンマン(チャ・テヒョン)は一人で生きることに疲れ果て、何度も自殺を図るもののいつも失敗する。ある日、川に飛び込んだが助けられた彼が目を覚ますと、なぜかゴース...

ハロー!?ゴースト

コメディ映画観に行って、こんなに涙ちょちょぎれるとは思わなかった。

★ハロー!?ゴースト(2010)★

HELLO GHOST 迷惑ゴーストたちが招くのは、 思いもよらないハッピーエンド!? たくさん笑って、思い切り泣いて、 人生を変える‘感動’がここにある 上映時間 111分 製作国 韓国 公開情報...

『ハロー!?ゴースト』 2012年5月30日 スペースFS汐留

『ハロー!?ゴースト』 を試写会で鑑賞しました。 グダグダの映画かと思ったけど、そう来たか 中々良かった 【ストーリー】  サンマン(チャ・テヒョン)は一人で生きることに疲...

ハロー!?ゴースト

HELLO GHOST/10年/韓国/111分/ロマンス・ファンタジー・コメディ/劇場公開(2012/06/09) −監督− キム・ヨンタク −脚本− キム・ヨンタク −出演− *チャ・テヒョン『Sad Movie

「ハロー!?ゴースト」

とにかく、…まいりました。

ハロー!?ゴースト

エロじじぃ、スモーカー、泣き女、食いしん坊の4人の幽霊に取り憑かれてしまった自殺願望のある青年の起死回生劇。 基本ドタバタ、ベタなギャグ満載で、そんなに面白いかな?と思
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示