『ファミリー・ツリー』 ささいな違いが大違い

 『マイレージ、マイライフ』と同様なことが、またしても起きている。

 『マイレージ、マイライフ』の公開に際して興味深いと思ったのは、日米のポスターの違いだった。
 日本のポスターは、主要な登場人物を演じるジョージ・クルーニーとヴェラ・ファーミガとアナ・ケンドリックが空港で座っている写真が使われていた。この構図は公式サイトでも見ることができる。ジョージ・クルーニーはやや横向き、アナ・ケンドリックは斜め上を向いているが、三人とも顔がはっきり見て取れる。
 一方、米国のポスターは、やはり空港にいる三人の姿ではあるものの、逆光になって三人とも顔が見えない。主役のジョージ・クルーニーに至っては、背を向けてるので顔立ちすら判らない。

 日本では出演者が誰であるかを明確にして、役者の顔で売っているのに対し、米国ではジョージ・クルーニーの名前こそ書かれているものの、絵柄には出演者のことが現れず、それより内容の奥深さを想像させるものにしている。
 顔を重視する日本と、内容を重視する米国との違いである。

 これはマンガだともっと判りやすい。
 日本のマンガの表紙には、主人公の顔のアップや、正面を向いた立ち姿や座った姿が圧倒的に多い。本を売る上でもっとも重要な表紙に、キャラクターそのもの、顔かたちそのものが使われている。
 しかしアメコミの表紙で、ただ主人公が突っ立っていたり、ニッコリしているものはまずない。そこでは主人公が敵と戦っていたり、危機に陥ったりしている。アメコミの表紙は、たった1枚の絵でもキャラクターではなくシチュエーションを描いているのだ。


ファミリー・ツリー オリジナル・サウンドトラック 『ファミリー・ツリー』でも、日米のポスターの些細な違いが決定的な差を生じさせているのが面白い。
 日本のポスターは、ジョージ・クルーニーの横顔を大きく描いたものだ。その背後には浜辺が広がり、遠くに二人の少女の姿がある。そして「ハワイに暮らしていても人生は楽じゃない」という惹句が書き添えられている。
 これにより、主人公がジョージ・クルーニーであること、少女たちが登場すること、海のきれいなハワイが舞台であることが判る。

 サウンドトラックのCDジャケットも同じ絵なので、参考までに掲げておこう。上が日本のポスターに使われた絵、下が米国のポスターに使われた絵である。

 一見して判るように、ほとんど同じ構図なのだが、ジョージ・クルーニーの向きがわずかに違う。日本版では横を向いていたジョージ・クルーニーが、米国版では斜め後ろを向いてしまい、顔立ちがよく判らない。
Descendants そして主役の顔を犠牲にすることで明確になったのは、少女たちとの関係である。日本版では背景でしかなかった少女たちを、米国版のジョージ・クルーニーはじっと見つめている。そこにかぶさる原題「The Descendants(子孫)」の文字。

 これにより、少女たちがジョージ・クルーニー演じる主人公の娘であること、彼は娘たちをはじめとした将来世代のことを考えて、もの思いにふけっていることが判る。
 日本のポスターがジョージ・クルーニーという役者の顔で売っているのに対し、米国のポスターは、子供たちのことを考える男というシチュエーションを表現しているのだ。
 人物を配置する際のわずかな角度の違いから、まったく異なる意味が生じているのである。


 そしてもちろん、映画の本質を表しているのは米国版のポスターだ。
 本作の主人公キングは、カメハメハ大王の子孫である。彼は今、二つの大事なものを失おうとしている。一つは事故で意識の戻らない妻、もう一つは先祖伝来の原野だ。土地の所有を制限する法律のため、風光明媚なその原野を手放さざるを得ないのだ。開発業者に土地を渡せば、そこにはリゾート施設等が林立するだろう。
 これまで彼は、どちらもほったらかしにしていた。妻とは、仕事にかまけて会話すらなかった。また、土地の賃貸等で暮らす従兄弟たちと違い、彼は弁護士業で生計を立ててきたから、土地の所有は生活に関係なかった。

 ところが彼は妻の浮気を知って、妻と死別するだけでなく、彼女の心まで失っていたことに苦悩する。土地を売れば莫大な金を手に入れられるが、もはや妻に贅沢させてやることもできない。
 残される子供たちや、将来の子孫のために、彼はどうすれば良いのか。

 そんな彼の悩みと行動を、本作は時にコミカルに、特にシニカルに描き出す。
 本作を通じて彼が身に沁みるのは、努力しなければ大切なものを維持できないということだ。ほったらかしにしといて、旨くいくわけがない。
 彼は、これまでそれに気づかなかった。

 ひるがえって私たちは、今の暮らしを維持するために必要なことに気づいているだろうか。
 目の前の子供たちのために、将来の子孫のために。


ファミリー・ツリー(ジョージ・クルーニー主演、第69回ゴールデングローブ賞受賞) [Blu-ray]ファミリー・ツリー』  [は行]
監督・制作・脚本/アレクサンダー・ペイン  原作/カウイ・ハート・ヘミングス
脚本/ナット・ファクソン、ジム・ラッシュ
出演/ジョージ・クルーニー シャイリーン・ウッドリー アマラ・ミラー ニック・クラウス ボー・ブリッジス ロバート・フォスター ジュディ・グリア マシュー・リラード メアリー・バードソング
日本公開/2012年5月18日
ジャンル/[ドラマ] [コメディ]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : アメリカ映画
【genre : 映画

tag : アレクサンダー・ペイン ジョージ・クルーニー シャイリーン・ウッドリー アマラ・ミラー ニック・クラウス ボー・ブリッジス ロバート・フォスター ジュディ・グリア マシュー・リラード メアリー・バードソング

⇒comment

日米の違い

サントラジャケットまで調べたんですねー。すごい。

>顔を重視する日本と、内容を重視する米国
確かに言われてみればそうですね。
顔ばかり見るのは何も映画だけじゃなくて、あらゆる場面で日本はそうなので、うんざりすることもよくあります。

アメリカ有産階級版「家族の庭」

いつものことながら興味深い視点を提供していただいて、勉強になります。ポップ音楽も。英語圏は歌詞、日本はメロディ。最近発売されることになった英国での宣伝写真。http://www.thedescendants.co.uk/ 

まあ典型的な孤立無援の主人公にみえて、実は彼の味方は二人の子供と長女のボーイフレンド。いい子達ですよねえ。バイオレンスが無くお勧めの映画かなあと。アメリカ有産階級版「家族の庭」。

有産階級を皮肉というのもありますし、ハワイをちゃんと守ってね、と思います。バリ島がかなり無残な状態になりつつある今、貴重な島々ですから。

当方のもうひとつの焦点は、数多くのアロハシャツ。眼福眼福。

好きなアロハ(バティックでもよし)で映画を観よう(料金1000円)とか、ないものかと。靴はデッキシューズかサンダル。劇場のロビーではアロハ好きが歓談する場を設ける。私も好きなのを引き出してはせ参じます。

アレクサンダーペイン。元気ないですねえ(動画にて)。

同じ日に「雨上がる」DVDを借りて、日米の家族ものを同日鑑賞。寺尾聰は侍というより指輪に見えて仕方ありませんが。

Re: 日米の違い

rose_chocolatさん、こんにちは。
CDを持ち出したのは、合法的に絵をブログに掲載するためです。
この絵はAmazonが配信しているものであり、配信に当たり考慮すべき諸権利をAmazon側で処理していますから。

>あらゆる場面で日本はそうなので、うんざりすることもよくあります。

日本は本当に顔を重視しますね。浮世絵も顔のアップが多いですけど、顔の絵が好まれる文化的背景を探ってみると面白そうです。

Re: アメリカ有産階級版「家族の庭」

魚虎555さん、こんにちは。
英国の宣伝写真はいいですね!「砂上の楼閣」という言葉がありますが、砂の城の上に主人公キングが座り、遠くを見つめてもの思いにふける様は、本作の設定を何重にも表現していて面白いです。

魚虎555さんはアロハシャツがお好きですか。アロハを着ていると、不思議とゆったりした気分になれますね。
ちなみに神奈川県茅ケ崎市では、市の職員をはじめ市議会、市内店舗においてアロハ着用で仕事をしています。さすが加山雄三さん、桑田佳祐さんの故郷。この「アロハビズ」、全国に広がると楽しいですね。

No title

up in the airはレニック(シンガーソングライター)が宙ぶらりんとなった状態を示していて、映画としては、文字通り空にup in the air、映画主人公の生活の場のair。そして主人公がそこにマジに人生を求めると何も返ってこなかった、といううまい仕掛けがありましたね。そういった面白い視点を軽妙に盛り込んだ作品。確認してみましたが、おっしゃるとおり米国版は空港で人の影のシーンでした。顔好きなのは日本人の戦術好きを、全体を写すのは他国の人たち(日本以外、特に米国や英国、アングロサクソンかな)の戦略(全体を見る目)好きを表現しているということだと、私は解釈していますが。。

日本人の顔好きを否定しませんが、ことクルーにー冠しては私の原点はERにて路上の少年を助けた医者役のシーンです。斜めに顔を向けはにかんだ表現をしていたトレードマークももう一昔以上前のことですねえ。TVを飛び出して次々と上り調子にある俳優たちと競演して自身も親譲りの才能?を生かして製作もしいまや押しも押されぬ大俳優。御見それしました。ハンサムだけじゃなくて奥の深い。結局、(親とか環境を生かしているとはいえ)見ごたえのある人物になっていく俳優がごろごろいるのがハリウッドの厚みというかすごさかかと。そういう文化の(彼我の)差は理解できますね。

すいません、脱線しました。アロハそしてバティックもいいものですよ。アジアでは最も手ごろな着衣だしアフリカでも多くの人が着てますし、いいでものが見つかりますから(注、当方商売人ではありません)。この夏は一度茅ヶ崎市役所に偵察に行かなくてはいけませんね。私の提案は茅ヶ崎市役所(市民相談課あたり)に持ちかけるべきでしょうか(笑)。

で、The descendants(Theですからねえ)。ああいう日常(有産階級のほうではなくて、静かな毎日にちょっとずつトラブル)は嫌いじゃないし、ビーチは基本的に好きなほうですので。バブルのころは、毎週のようにビーチを求めて東南アジアに繰り出していた若者がいたそうですが、その人たちも家庭をもって子供さんもできて家族で一緒にかつて遊んでいた場所に繰り出しているんでしょうね。時々その手の人に出張先で出会います。

まあとにかく、この映画、後からじわじわと思い出しては楽しめる映画のようです(私には)。弾丸特急みたいなレジャー(いくらコンドミニアムを借りて庭でバーベキューしたとしても、せいぜい1週間というもの)はやめたいと思っている人は見るべき映画かもしれませんね。

ああ、また長くなってしまいました。ごめんなさい。

はああ

いつもながらの慧眼、感服です。
アタシは、ジョージさんが、いまいち苦手なのですが、いつのようにバタ臭くなかったハワイアンな風情がなかなか良かったです。
何か大きなものを失いながら、別な大きなものを手に入れた。
失うだけじゃなく、何か満たされたものの大きさによって、ほっとしたものを感じました。

今、アタシに急死されたら亭主は困るだろうけど、きっと何かとうまくやるんでしょうね、きっと。いや、浮気はしてないですよ。

Re: No title

魚虎555さん、こんにちは。
茅ヶ崎市の映画館なら、アロハ割引を前向きに検討してくれるかもしれませんね。
アロハビズを推奨している茅ヶ崎アロハ委員会に提案されてはいかがでしょうか:-)
http://www.chigasaki-cci.or.jp/aloha/

あ、でも夏の茅ヶ崎は、割引しなくてもアロハシャツの客が多いかも。

ところで、私が理想とする生活は、毎日ビール片手にビーチに寝転がって過ごすことです。
本作は冒頭で「ハワイだからって苦労がないわけじゃない」と説明しますが、それでも普段着がアロハシャツの登場人物たちを見ると、ハワイはいいなぁと思います:-)

Re: はああ

sakuraiさん、こんにちは。
本作でジョージ・クルーニーと他の役者さんを見ていると、米国にも「顔の濃い人」と「平たい顔族」がいるんだと実感しますね:-)
本作はラストのカットが見事で、すべてはそこに行き着くためだったのかと思います。

ところで、連れ合いに急死されたら、上手くなんてできないですよ。そういうことには、女性より男性の方がか弱いです。ご自愛ください。

表層と内容

今晩は。
TBをありがとうございます。
さて、『マイレージ、マイライフ』や『ファミリー・ツリー』に係る「日米のポスターの違い」から、「日本のポスターがジョージ・クルーニーという役者の顔で売っている」ことを導き出し、果ては、「顔を重視する日本と、内容を重視する米国との違い」にまで至るナドレックさんの目を見張る論評には、いつものことながら驚嘆いたしました!
そういえば、日本では、菱川師宣の「見返り美人図」のように、背面を描いてもきちんと横顔が描かれている絵がありますし、他方、西欧では、ロマン派のC・D・フリードリッヒの「窓辺の婦人」(1822年)のように、完全に後ろ向きの人物を描いている絵があります。
そして、「顔を重視する日本と、内容を重視する米国との違い」というところから、「表層」(あるいは“現象”)の日本と「内容」(あるいは“本質”)の西欧、という関係が見えてくるかもしれません。
本作の場合、そうした図式からすれば、「表層」に見える家族の崩壊と土地売却の話の「奥深」いところに共通して見えてきたもの(「内容」)が、もしかしたら「妻の浮気」(妻の喪失)だったのかもしれません。
ただ、仮にそうだとしても、本作における「妻の浮気」の話(それから引き起こされる家族の崩壊)はどこにでもよく転がっていそうであり、また「妻の浮気」の相手に打撃を与えるためもあって、マットが土地売却話を破棄してしまう展開にはどうもよくわからない部分があるのでは(たとえ信託期間の終了時まで7年ほど現状を維持してみても、それで信託を精算してしまえば何ということもないのでは)、と思えるのですが?

No title

こんばんは。
日米のポスターの違い。面白いですね。
ほんのちょっとの角度の違いで、これほどまでに語るものが違うのかと驚きました。
日本では映画の内容よりも、誰が出演しているかということが集客を左右するから・・・
つまり顧客のニーズに合わせているということでしょうか。

Re: 表層と内容

【ねたばれコメント】

クマネズミさん、こんにちは。
「表層と内容」「現象と本質」ですか。なるほど、面白いくくり方です。
私は、ここに「主体と客体」もしくは「当事者意識」の問題があると考えています。
米国版ポスターの絵が後ろを向いているのは、なにも後姿をアピールしたいわけではありません。その絵を鑑賞する人と同じ目線で彼方の事象を捉えようとしているのでしょう。つまり鑑賞者がポスター内の人物と同一化し、一緒になって彼方に広がる世界に感嘆する/さらされる/立ち向かうことを期待しているのだと思います。
一方、日本の顔を見せている絵は、鑑賞者にとってはあくまで客体です。そこに鑑賞者が同一化することはありませんし、鑑賞者は当事者足り得ません。
極端な例を挙げれば、アイドル歌手のブロマイドを眺めてうっとりするのと(浮世絵も江戸時代のブロマイドでしょう)、自分がゲーム中の人物と化すロールプレーイングゲームとの違いのようなものかもしれません(日本のコンピュータRPGは、自分がゲーム中の人物になるというよりも、既成のキャラクターを操作して楽しむ傾向の方が強いように思います)。
振り返ってみれば、日本では何世紀にも及ぶ身分制度等をいいことに、問題解決に取り組む当事者の座を「お上」に押しつけてきた(云い方を変えれば、「上」からの指示に従順で、戦争に負けようが災害が起ころうが勝手にパルチザン化したり暴徒化したりしない)ので、その影響がこんなところにも表れている、と考えるのは脱線しすぎでしょうか。

さて、クマネズミさんがよく判らないとおっしゃる「マットが土地売却話を破棄してしまう展開」についてですが、「妻の浮気の相手に打撃を与える」ことはマットの判断にあまり関係がないと思います。マットに強く影響したのは、子供たちと一緒に広大な原野の美しさを目の当たりにしたことでしょう。この景色を、子供たちには見せることができた。でもいずれ生まれるだろう孫には? その先の子孫には? この景色を残すなら、今決断するしかないのでは!? そんな思いがマットを突き動かしたのではないでしょうか。
因果応報的な展開――すなわち土地売却話を破棄すれば妻の浮気相手の打撃になることは、映画でカタルシスを味わいたいとか溜飲を下げたいと思っている観客向けの付加サービスでしょう。
映画では、信託期間の終了が迫る中、具体的にどんな策があり得るかまでは検討されていませんが、主眼はマットの決断を描くことなので、本作としてはこれでいいのだと思います。

光と影

お早うございます。
早速のご回答、誠にありがとうございます。
ただ、クマネズミとしては、光の差し込む入口の方を見ないで、後ろ向きになって影が揺らめく「奥」の方ばかり見ているプラトンの洞窟の住人のように、「前」にある真実を見ないで後にある現象(「彼方の事象」)の方に目を向けてしまっているような印象をマットから受けました。
特に土地売却については、おっしゃるように「いずれ生まれるだろう孫には? その先の子孫には? この景色を残すなら、今決断するしかないのでは!?」とマットは考えたのかもしれませんが、そうだとしたら、あたかも独りで当該土地全部を所有しているかの如くの御大層な「決断」ではないでしょうか。
それに、信託対象の原野が開発業者の出現によって高い価値が出てきたときに、剰え親族達がその売却に賛成しているにもかかわらず、マットは独りその話を反故にしようとするわけであり、そうした「決断」は、マットの「信託の受託者」としての義務を酷く逸脱しているのではと思われます。
さらに、仮にそうしたことが許されるとしても、信託期間は僅かあと7年しか残っていないのですから、「子孫に今の景色を残す」という「決断」にどれほどの意味があるのか、と判断力を備えた弁護士なら考えるのではないか、と思いました。
それで、「妻の浮気の相手に打撃を与える」ことがマットの腹の中にあるのではと考えたところ、そんな個人的理由に従った「決断」も、明らかに「受託者」の義務に反していると思います(なお、この話は、「観客向けの付加サービス」ばかりか、原作を読むと“読者向けの大サービス”となっています!)。
というところから、本作は「よく判らない」内容を持つ作品だなと思った次第です。

Re: No title

ryokoさん、こんにちは。

> 日本では映画の内容よりも、誰が出演しているかということが集客を左右するから・・・

ここですね。
『モテキ』の記事で述べたように、映画がヒットするための三要素は「スター」「監督」「ジャンル」だそうで、ここには「内容」がありません。中でも、とりわけ「スター」が重要なのでしょうね。
しかもポスターに役者の名前が書いてあるにもかかわらず、顔をハッキリ見せなければならない。
考えてみれば、歌舞伎等も同じかもしれませんね。内容はもう知っているのにわざわざ観に行くのは、判りきった内容を役者がどう演じてくれるか、そこに芸を期待するからでしょうか。

Re: 光と影

クマネズミさん、こんにちは。
本作の中では今後の具体的な実行策が語られないので、たしかによく判らないところは残りますね。
ただ、本作の主眼はマットがどう判断するかという点にあり、それ以外について作り手はあまり説明するつもりがないのでしょう。
マットは親族の投票結果に反する判断を下しますが、勝手なことをしたわけではなく、親族たちを前に思いを語り、(反対意見の従兄弟とのやりとりも経た上で)その場で賛成を取り付けます。とはいえ、信託期間は残りあと7年しかありませんが、マットが弁護士であることから、これからの彼の活躍が期待されます(マットが弁護士であるという設定は、物語中の何かに活かすためではなく、彼の判断が無知な人間の暴走と見なされないようにするためでしょう)。
本作の目的は、残り7年で具体的に何ができるのかを突き詰めることではなく、マットの心情を通して、観客にも我が身になって考えてもらうことでしょう。あまり具体的な策に掘り下げると、それはハワイ州の法律とか判例等にかかわる特殊な事情になってしまいますが、作り手は何も観客にハワイの法律に詳しくなってもらいたいと考えているわけではありません。
その狙いは将来世代のことを考える心情を共有することですから、私としてはこんな終わり方もアリかなと思います。

映画の完成後、ハワイ州では信託期間の永続が認められたことをクマネズミさんのブログで知りました。
もしもマットが実在の人物であれば、快哉を叫んだでしょうね。

No title

サザエな違いが大違いというと、日本だとマスオさんがタラちゃんと一緒に浮気相手を探す展開になるんでしょう。浮気相手がアナゴさんだったらショックだなあ。

Re: No title

ふじき78さん、こんにちは。
マスオさんとサザエさんの間には「ヒトデ」なる第二子が構想されているらしいのですが、なかなか出てこないのは、もしやマスオさんの子ではないから!?

Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ファミリー・ツリー/The Descendants

ジョージ・クルーニーが悩める父親を演じ、第84回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたヒューマンドラマ。妻が植物状態になり、残された娘2人との接し方に悩みつつも家族の絆を取り戻してゆく姿をユーモアたっぷりに描く。2人の娘をシャイリーン・ウッドリー、ア...

ファミリー・ツリー

Data 原題 THE DESCENDANTS 監督 アレクサンダー・ペイン 出演 ジョージ・クルーニー  シャイリーン・ウッドリー  アマラ・ミラー  ニック・クラウス  ボー・ブリッジス 公開 2012年 5月

映画:ファミリー・ツリーThe Descendants ハワイの偉大な「癒しパワー」にひたすらひれ伏す。

クルーニー演じる主人公が冒頭でぼやく。 「ハワイ暮らしはパラダイスだろうって、皆言うけど」と。 確かに展開されるプロットは、「死」「相続」「不倫」「家族不和」etc...憂鬱なものばかり。 「人生そういうもんだよね」と自分を納得させつつ、物語が進んでいく。 ...

ファミリー・ツリー

キスでの仕返し 【Story】 マット(ジョージ・クルーニー)は、妻と2人の娘と共にハワイで暮らしていた。ところがある日、妻がボート事故に遭い、そのまま昏睡状態に。それを機に、妻が彼と離婚するつ...

劇場鑑賞「ファミリー・ツリー」

家族の大切さを、知る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201205180003/ ファミリー・ツリー オリジナル・サウンドトラックケオラ・ビーマー サントラ ギ...

ファミリー・ツリー

ファミリー・ツリー@有楽町朝日ホール

『ファミリー・ツリー』 2012年5月8日 朝日ホール

『ファミリー・ツリー』 を試写会で鑑賞しました。 かなり我が家と近いんだけど、なんだろう共感することがないな 何が違うんだろうか 会場が悪いのかも(笑) 椅子は座り心地悪いし、スクリーン遠くて小さいし・・・ (試写会なんで贅沢は言えない) 【ストーリー】 ...

『ファミリー・ツリー』 (2011) / アメリカ

原題: THE DESCENDANTS 監督: アレクサンダー・ペイン 出演: ジョージ・クルーニー 、シャイリーン・ウッドリー 、アマラ・ミラー 試写会場: 有楽町朝日ホール 公式サイトはこちら。 [2012年5月18日公開] ハワイで弁護士業を営むマット・キング一家にある...

ファミリー・ツリー /THE DESCENDANTS

ランキングクリックしてね ←please click ゴールデン・グローブ賞作品賞&主演男優賞受賞 アカデミー賞作品賞ノミネート9作のうちの1本 (公開が最後となる、あと1本は来月公開のアレンの「ミッドナイト・イン・パリ」) 主演はジョージ・ク...

ファミリー・ツリー

原題:The Descendants監督:アレクサンダー・ペイン出演:ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー、ニック・クラウス、ボー・ブリッジス、ジュディ・グリアたわいもない父親役のジョージ・クルーニーが魅力!

ファミリー・ツリー

ファミリー・ツリー ★★★★★(★満点!) ハワイに暮らしていても 人生は楽じゃない ハワイ・オワフ島で弁護士をするマット・キングは美しい妻・エリザベスと2人の娘とともに堅実な人生を生きてきた。事故で妻が昏睡状態に陥ってしまうまでは...。 妻に任せっきり...

『ファミリー・ツリー』。 『裏切りのサーカス』の緊張感とは違ううまさがある

ファミリー・ツリー / The Descendants 2012/05/18公開 公式HP:http://movies.foxjapan.com/familytree/ 『マネーボール』公開時に思ったことですが、アカデミー賞ノミネート効果というのは俳優には大で...

『ファミリー・ツリー』

男の強さは「守ること」にあり。 楽園と謳われるハワイで事故により植物状態になった妻、反抗的な態度ばかり取る娘たち、一族の土地を売却する問題、そして妻が浮気をしていたと ...

ファミリー・ツリー

【THE DESCENDANTS】 2012/05/18公開 アメリカ 115分監督:アレクサンダー・ペイン出演:ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー、ニック・クラウス、ボー・ブリッジス、ロバート・フォスター、ジュディ・グリア、マシュー・リラード、メアリ...

「ファミリー・ツリー」辛い時のハワイアン

妻が危篤、おまけに浮気をしていたと娘の口から聞かされる。 こんな辛い話なのに、全編に流れる呑気なハワイアンが、なぜか心を和ませる。

ファミリー・ツリ―(2011)*THE DESCENDANTS

 ハワイに暮らしていても人生は<楽>じゃない! 好き度:+8点=68点 久しぶりに東宝シネマズ二条へ、、、。 ジョージ・クル―ニ―、2度目のオスカーノミネートでしたが、残念ながら今回も叶わず。 ジョージ、51歳。そうかそれでいくと現実的に父親であっても...

守るべきもの~『ファミリー・ツリー』

 THE DESCENDANTS  ハワイ・オアフ島に住む弁護士のマット・キング(ジョージ・クルーニー)は、カメ ハメハ大王の末裔。祖先の残したカウアイ島の広大な土地を、売却するか否か の決断を...

ファミリー・ツリー

評価:★★★★【4点】(10) こんなにシンプルで観やすい映画とは思わなかった。

ファミリー・ツリー/ジョージ・クルーニー

『サイドウェイ』のアレクサンダー・ペイン監督がハリウッドの名優ジョージ・クルーニーとタッグを組んだ7年ぶりとなる作品です。第84回アカデミー賞ではジョージ・クルーニーがオ ...

『ファミリー・ツリー』

(英題:Descendants) ----この映画も、今年のアカデミー賞を賑わせた一本だよね。 なんとなく地味なドラマのイメージがあったけど。 「本命と言われた2本、 『』や『』がユニークな作品だったからね。 そんな中にあって、 この映画は、いわゆる日常の中のドラマだから...

ファミリー・ツリー   THE DESCENDANTS

仕事中毒だった夫が今まで放置していた子育てと向き合う。何よりもいいのが、ハワイの自然とふりそそぐ太陽だ。住んでみれば都会も田舎も同じになってしまうけど、物語が進むに連れて恵まれた自然の中で暮らしていることに気がつく。ハワイに行きたくなる映画だ。

『ファミリー・ツリー』・・・つまり妻の浮気に決着をつける復讐劇?

青い海、白砂のビーチ、緑豊かな大自然。笑顔で暮らす人々の優しさや寛大さ、アロハスピリット。ゆったりと流れるハワイアンミュージック・・・。 そうした要素それぞれが持つ高いヒーリング効果。ハワイという地には傷ついた心を癒し、あるいは壊れかけた人間関係をも修...

ファミリー・ツリー/THE DESCENDANTS

アカデミー賞にノミネートされてたし、ジョージ・クルーニーは、好きな俳優だから・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 ハワイ・オアフ島で生まれ育った弁護士のマットは、妻と二人の娘たちと何不自由なく暮らしていた。 カメハメハ大王の血を引く彼は、祖先か...

ファミリー・ツリー

ハワイの陽光は燦々とではなかった・・

映画「ファミリー・ツリー」 感想と採点 ※ネタバレあります

映画『ファミリー・ツリー』(公式)を本日のTOHOシネマズデーに劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 弁護士の仕事に明け暮れ...

ファミリー・ツリー / The Descendants

第69回ゴールデングローブ賞で作品賞 (ドラマ部門)と主演男優賞 (ドラマ部門)を受賞。第84回アカデミー賞では、作品賞・主演男優賞・監督賞・編集賞にノミネート、脚色賞を受賞。 何か、物凄くドラマがあって、急転直下と言う物語では無いですが、バラバラになっていた一...

ファミリー・ツリー・・・・・評価額1700円

人生の楽園は、どこにある? 常夏の島、ハワイを舞台に「サイドウェイズ」のアレクサンダー・ペイン監督が、ジョージ・クルーニーを主演に迎えて描く悲喜交々の人生劇場。 突然の妻の事故を切っ掛けに自ら...

ファミリー・ツリー

オアフ島に暮らす弁護士のマット・キング(ジョージ・クルーニー)は、カメハメハ大王の末裔で、カウアイ島に先祖から受け継いだ広大な原野を所有していた。 土地の売却問題で、一族のまとめ役を努めてい...

ファミリー・ツリー 家族の絆の脆さと強さ

【=21 -1-】 金環日食、雨にならなくて良かったね~見れたね~すごかったね~俺たちってもう次がないもんね~!(泣) しかしスマフォでは上手く撮影は出来ないよ~。 で、この映画、試写会当たったのに仕事で行けなくて、妻と次女が行ってきたが感想がちょっと微妙やっ...

ファミリー・ツリー/知らなきゃ良かった、どうしよう。

ファミリー・ツリーThe Descendants/監督:アレクサンダー・ペイン/2011年/アメリカ ジョージ・クルーニーおとうさんがドスドス走ります。 アレクサンダー・ペイン監督作は初めて見ました。たぶん好きだと思いますよって言われたので。そしたらね好きな感じでした、?...

ファミリー・ツリー

いや~良かったわぁ~ 重い内容だけど・・・ 前半・・・・。ゆったりとした音楽と疲れのせいか・・・ 久々、睡魔との戦い!をして少し負けた! ネタバレしてます マット(ジョージ・クルーニー)はボートの事故で妻が昏睡状態になってしまう・・・。 妻の希望も...

【映画】ファミリー・ツリー

JUGEMテーマ:洋画本作品はジョージ・クルーニー主演で、 アカデミー賞にノミネートされた本作品です。 ノミネート四部門されたうち脚色賞取りましたが、 ジョージ・クルーニーは主演男優賞はなりませんでした…。 では簡単に紹介! ■ あらすじ ハワイの土地を先祖から?...

[映画『ファミリー・ツリー』を観た(短信)]

☆これまた面白い。  私、今年はジョージ・クルーニーに魅かれっぱなしになっちゃうのかな?    ◇  仕事一筋に生きてきた弁護士のマットが、妻のボート事故による脳死状態を前にし、家族について真摯に考えなくてはならなくなる。  目の前には、反抗期の長女、...

ファミリー・ツリー/FamilyTree

<<ストーリー>>マット(ジョージ・クルーニー)は、 妻と2人の娘と共にハワイで暮らしていた。ところがある日、 妻がボートの事故に遭い、そのまま昏睡状態となってしまう。 それをきっかけに、妻が...

映画「ファミリー・ツリー」ハワイに行きたい!

「ファミリー・ツリー」★★★★ ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、 アマラ・ミラー出演 アレクサンダー・ペイン監督、 115分、2012年5月18日公開 アメリカ,20世紀フォックス映画 (原題/原作:The Descendants )

ファミリー・ツリー

『ファミリー・ツリー』---THE DESCENDANTS---2011年(アメリカ)監督:アレクサンダー・ペイン 出演:ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー 、ニック・クラウス 、ボー・ブリッジス 、ロバート・フォスター 、ジュディ・グリア 、マ...

ファミリー・ツリー

 『ファミリー・ツリー』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)本作は、『スーパー・チューズデー』で監督・出演したばかりのジョージ・クルーニーの主演作であり、かつアカデミー賞の5部門にノミネートもされましたから、期待して見に出かけたのですが、残念ながら思...

ハワイも日常

20日のことですが、映画「ファミリー・ツリー」を鑑賞しました。 妻、娘2人と何不自由なく暮らしている弁護士のマット しかし 妻がボート事故で昏睡状態に陥ってしまう さらに、祖先からの土地売却問題、そして 妻の浮気が発覚して… マットの成長ドラマともいえ 娘との...

ファミリー・ツリー  The Descendants

原題の「The Descendants」は「子孫、末裔」の意味。 ジョージ・クルーニー演じる一家はハワイ王家の末裔という設定です。 カメハメハ大王の末裔って・・・本当にいらっしゃるの?        *********************             ...

『ファミリー・ツリー』

□作品オフィシャルサイト 「ファミリー・ツリー」 □監督・脚本 アレクサンダー・ペイン □脚本 ナット・ファクソン、ジム・ラッシュ □原作 カウイ・ハート・ヘミングス □キャスト ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー、      ...

映画 「ファミリー・ツリー」

映画 「ファミリー・ツリー」

ファミリー・ツリー

ファミリー・ツリー [Blu-ray]2011年 アメリカ 監督:アレクサンダー・ペイン 出演:ジョージ・クルーニー    シャイリーン・ウッドリー    アマラ・ミラー    ボー・ブ ...

ファミリー・ツリー

ファミリー・ツリー '11:米 ◆原題:THE DESCENDANTS ◆監督:アレクサンダー・ペイン「サイドウェイ」「パリ、ジュテーム」 ◆出演:ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、ア

「ファミリー・ツリー」を観てきました。

「ファミリー・ツリー」 (← 公式HP)を、観てきました。悪くない映画だった。原題が"The Descendants"(子孫)ってことなので、ご先祖さまが、たまたま残してくれた財産のおかげで、楽

ファミリー・ツリー

現実1:妻がこん睡状態、浮気をしていて離婚を考えてもいたらしい 現実2:先祖から受け継いだ広大な土地の売却問題 現実3:娘たちの取り扱い 家族ドラマでありながらも、先祖代...

ファミリー・ツリー

【あらすじ】 マット(ジョージ・クルーニー)は、妻と2人の娘と共にハワイで暮らしていた。ところがある日、妻がボートの事故に遭い、そのまま昏睡状態となってしまう。それをきっ
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示