『ライアーゲーム -再生-』 遂に出てきた現実解

 【ネタバレ注意】

 映画第二弾の『ライアーゲーム -再生-』は、これまで以上にゲームの面白さが前面に出た作品だ。
 テレビシリーズ映画前作でお馴染みの、鈴木浩介さん演じるキノコこと福永ユウジや、鈴木一真さん演じる横谷ノリヒコ等が顔を出すものの、それはあくまでファンサービス。彼らの活躍はBS日本映画専門チャンネルのスピンオフドラマ『フクナガVSヨコヤ』の方で存分に楽しめる(後にDVDの特典映像として収録された)。

 彼らがほとんどストーリーにかかわらない本作は、これまでのシリーズに比べて二つの特徴を有している。

(1) ゲームのプレイヤーがヒロインを含めて一新されたことで、お馴染みの(行動を読める)キャラクターはいなくなり、誰が味方になるのか敵対するのか観客にはまったく判らない。プレイヤーの人となりの説明もできるだけ排されて、個人的な特殊事情が入り込むこともない。おかげでゲームによってあぶりだされる人間心理が際立ってくる。

(2) 前作にあったゲーム事務局との対決色を薄めることで、正体不明の黒幕と戦う陰謀論的な展開は影を潜めた。そのためゲームの進行に応じて合従連衡を繰り返す人間模様に重心が置かれている。

 このような状況下で、プレイヤーはゲームの勝敗を競うことになる。

 ・ゲーム参加者には特典として1億円がプレゼントされる。
 ・ゲームの賞金は20億円
 ・けれども参加者は全員2億円を払わなければならない。

 かように、ゲームに勝ちさえすれば大金を得られるが、負ければ差し引き負債のほうが大きい。ゲーム参加者は必死である。


 ところが、このゲームは実のところ誰も損しないし得もしない。数学の試験問題を解いていくと答えが1になるように、とても単純な構造なのだ。
 ゲーム事務局の立場で見てみれば判りやすい。

 ・20人の参加者に特典として1億円ずつ、計20億円を配る。
 ・ゲーム終了時に賞金20億円を支払う。
 ・20人の参加者から2億円ずつ、計40億円を回収する。

 つまり、40億円を提供して、40億円回収するので、まったく損得がない。
 ゲーム事務局に損得がないということは、参加者にも損得がないということだ。事務局に払うべき2億円のうち、1億円は参加特典を充てれば良い。残り1億円は、賞金の20億円を1人1億円ずつ分ければ充当できる。
 誰一人損しない。

 しかし、これができないのだ。私たちの社会のように。
 たとえば、国際連合世界食糧計画(WFP)によれば、世界にはすべての人に行き渡るだけの充分な食糧があるという。それなのに、現在、世界ではおよそ7人に1人、計9億2,500万人が飢餓に苦しんでいる。
 それは食糧が偏在しているからだ。9億2,500万人が飢餓に苦しむ一方で、日本では食品の腐敗を防ぐ努力もそこそこに年間約1,900万トンの食品が廃棄されている。
 まさしく、ライアーゲームの世界だ。


 では、どうすれば良いのだろう。
 前作のヒロイン神崎直は、全プレイヤーで協力しようと呼びかけた。他者を出し抜いて自分だけ賞金を獲得しようなんてせず、みんなで協力しあえば、一人の脱落者も出さずに済むと考えた。
 しかしその主張がなかなか他のプレイヤーに受け入れられないのは、「『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』が避けた百年戦争」に書いたとおりである。

 そこで本作は、より現実に根ざした展開となる。
 それがクニ取り合戦だ。
 本作ではプレイヤーが集まっていくつかのクニを作る。前作のようにプレイヤーが単独で行動するのではなく、事務局に勝手にチーム分けされるのでもなく、プレイヤーが任意に集まってグループになるのだ。このクニが意味するものを、国家と捉えるか、地域と捉えるか、はたまた企業、同族、派閥等、なんの比喩と捉えるかは観客次第である。 

 それぞれのクニの中では人々が協力し合い、クニ同士は対抗して争いを繰り広げる。
 また、クニのメンバーは必ずしも固い絆で結ばれているわけではなく、ときとしてクニの中でも他者を出し抜こうとする者が出るし、他のクニに移る者もいる。

 なるほど、これは利己主義のみならず利他主義を考察するモデルなのだ。私は設定の妙に舌を巻いた。
 池田信夫氏は、人類が小集団で戦争を繰り返した氷河期から私たちの遺伝子はほとんど変わっておらず、戦闘のための感情が遺伝的に備わっているのだと述べる。
---
一つの部族の中では利己的な個体が利他的な個体に勝つが、部族間の競争では利他的な個体からなる部族の団結力が強いので戦争に勝つ。したがって利己主義と並んで、それを抑制する利他主義が遺伝的に備わっていると思われる。経済学の想定しているようなエゴイストだけからなる部族は、戦争に敗れて淘汰されてしまうので合理的ではない。
---

 人間は集団を形作って、他の集団に勝とうとする生き物なのだ。
 だからクニ同士は激しく争うものの、クニの中では協力し、自分たちのクニが優位に立てば我がことのように喜ぶ。ときにはエゴイストも出現するが、エゴイストは集団の結束を危うくするので、集団から追放される。
 本作の観客は、同じクニの仲間同士が意外にあっさり協力するので、拍子抜けするかもしれないが、私たちはそういう生き物なのだ。何万年もかけてそういう生物に進化してきたのだ。本作は現実社会の縮図であるにとどまらず、人類史の縮図である。

 前作の、全員が一致して協力しようと呼びかけることにいささか無理があったのに対して、本作の、いくつかの集団に分かれることは認めた上で、集団間のバランスを取るにはどうしたら良いかを考えるのは、まことに現実的だ。
 まさに、私たちの社会がそうであるように。


 さらに、本作の肝になるのは、社会の脱落者たちである。勝ち残っている者たちだけで、すべてが決するわけではない。
 社会の脱落者といえども選挙権を持っていて、彼らの票はときとして力になる。いや、彼らの票をまとめることこそが、勝った者同士で椅子を争うよりも大切なのだ。
 勝ち残ったつもりの者たちには、彼らが脱落者に見えるだろう。しかし、彼らは実は脱落者なんかじゃないのだ。立派な社会の構成員なのだ。
 それに気づいて、彼らをきちんと遇した者がゲームを制する。

 私たちの社会には、退場者なんていないのだから。


ライアーゲーム -再生- プレミアム・エディションBD [Blu-ray]フクナガVSヨコヤ』  [は行]
演出/森脇智延
出演/鈴木浩介 鈴木一真 芦田愛菜 江角マキコ
日本公開/2012年2月24日
ジャンル/[サスペンス] [ミステリー]

ライアーゲーム -再生-』  [ら行]
監督/松山博昭  原作/甲斐谷忍  音楽/中田ヤスタカ
出演/松田翔太 多部未華子 船越英一郎 小池栄子 新井浩文 野波麻帆 池田鉄洋 芦田愛菜 鈴木浩介 濱田マリ 要潤 高橋ジョージ 渡辺いっけい 春海四方 江角マキコ 鈴木一真 斎藤陽子 川村陽介 竜星涼 大野拓朗 前田健 青木忠宏 上原敏郎 上野なつひ 桝木亜子
日本公開/2012年3月3日
ジャンル/[サスペンス] [ミステリー]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 映画ライアーゲーム※ネタバレ
【genre : 映画

tag : 松山博昭 松田翔太 多部未華子 船越英一郎 小池栄子 新井浩文 野波麻帆 池田鉄洋 芦田愛菜 鈴木浩介

⇒comment

ルール

最初のルールを見たときに、なんだか結論ありきのゲームみたいにも見えました。
なもんで、映画自体のカタルシスは少々減だったのですが、最後に秋山が微笑んでいたのが、なんかうれしかったですわ。
先日のNスペの、なぜ人間は人間になったのか・・・の麦編と金編が面白かったです。
まさに
>人間は集団を形作って、他の集団に勝とうとする生き物なのだ。
で。
でもそれだけでは、自らを滅ぼしてしまいかねない。
なんとかして、もうちょっと高度な生き物になりたいもんです。

Re: ルール

sakuraiさん、こんにちは。
NHKスペシャルは、面白そうなものほど見逃してしまいます。トホホ。

前作のルールが複雑でちょっと判りにくかったので(私は『ライアーゲームX』を見て予習してから臨みましたが)、今回はシンプルで良かったと思います。まぁ、よく考えると結論が見えてしまうでしょうけど。
でも、おっしゃるとおり秋山の笑顔が見られたのは貴重ですね。

私はこのままグローバル化が進めば、やがて世界帝国が(抑圧して)争いごとをなくすのではないかと期待しています。皇帝はGoogleの社長で、株主の投票によって選ばれるとか……。

生きるという「苦い真実」

数年前、恋人と別れました。常に「あなたは私を支えられるかしら?」と言うので、嘘つきとマザコンを演じて、相手から別れを告げさせました。一度でも良いから「私はどんな形であなたを支えられるかしら」の言葉が欲しかった。昨年の今日、東日本大震災がありました。多くの人々が義援金を送りました。でも、それは一時の感情に流されてのもの。人間の本性は残酷で醜く、「近くの身内よりも見知らぬ遠い人を愛する」性質を持つからです。聖書には「隣人を愛せ」とあります。クリスチャンの方には本音を言えないので、ここで「うさばらし」させてください。どの程度、自分の財産を隣人に与えるべきか。晩年のトルストイが奥さんと大喧嘩した問題の一つです。ルカ福音書には3人の人間が登場し、最後の人間が貧しき人に「ほどこしを少し分け与えた」とあります。キリストは言います、「あなたもそのような形で隣人を愛しなさい」と。これは逆に言えば、その程度の形でしか人間は他人を愛せないということです。どうしても無尽蔵には愛せない(母子を除いて)。映画「ライアーゲーム」で、仮に事務局も損得しない「全く公平な分配市場」が形成されても、昔の私の恋人のように「あなたは私に何をしてくれるの?」が大多数を占める限り、常に富は不平等に分配されること必定である、と私は考えます。そして、富は常に「強き者」が多くを得る。権力、腕力、他人の同情心を巧みに操る者が。私はさらに過激路線を突っ走ります。オーウェルが「1984年」で述べたように、人間の顔は「踏み潰すためにある」。弱肉強食で何が悪いのか。日本人のみんなが東日本大震災を想ってアタマを下げる。何のためか。原爆被害を口にしつつ、それを酒のつまみにする。全てメロドラマ、人間を美化して自己陶酔しているのだ、と私は言い切るのです。人間は他人を食いつぶしてでも生き残る。そういう残酷さ・醜い性質を常に持っています。映画「ライアーゲーム」でどんなに公平な分配市場が形成されても、マザーテレサのような例外を除き、人間に能力差がある限り、支配・被支配の人間関係は必ず生じる。「生きるという苦い真実をもっと味わえ!」と叫びつつ、今日、東京のある場所で、ちゃっかりと献花・黙とうしてきた私がいます。人間は他人の顔を踏み潰す生き物で、生きるという苦い真実から逃れることが出来ません。でも、未来の恋人には「あなたを支えてあげる」と言って欲しい。身勝手な矛盾人間が不眠症になりました。

Re: 生きるという「苦い真実」

プチ不眠症さん、こんにちは。
憂さ晴らしへようこそ:-)
人間とは面白いものです。
おっしゃるとおり、人間は他人を食いつぶしてでも生き残ろうとする。同時に献花・黙祷もする。人間はどちらの行動もとれます。
思うに、それは原始生物が自分のコピーを残すと同時に他者を捕食するようになったときから、連綿と続く性質なのでしょう。いや、彼らは生物と無生物の区別なんてしていなかったでしょうから、光合成のために二酸化炭素を吸収するのも、他の生物の蛋白質を摂取するのも、同じことなのかもしれません。
どんなに複雑化しようとも、とどのつまりは数十億年にわたって同じことをしているわけです。
それを苦い・甘い、醜い・美しいと形容してみるのも、また人間の面白さかと思います。

No title

分かった。

国の君主(権力者)の力を民衆レベルに落とさないと、真の共産主義革命は行えない。そういう映画なのですね。

Re: No title

ふじき78さん、こんにちは。
俺が考えるからお前らは付いてこい、というやり方が通用しないのは、社会主義国の崩壊によって示されました。
君主はすでに当てにならないわけですね。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ライアーゲーム -再生-

ライアーゲームとは、ある日突然、招待状と現金1億円を受け取った人々が、壮絶な騙し合いを繰り広げ、マネーを奪い合うゲーム。映画『ライアーゲーム -再生(リボーン)-』で描かれるのは、原作者の甲斐谷忍も難易度No.1と公言し、ファンの間でシリーズ史上最高傑作のエピソ...

ライアーゲーム -再生-

前作同様、面白かった!けど、戸田恵梨香が起用されていないのは寂しい。

劇場鑑賞「ライアーゲーム -再生-」

ピンチからの、大逆転… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203030004/ LIAR GAME -再生- オリジナルサウンドトラック 中田ヤスタカ(capsule) ヤマハミュージックコミュニケーションズ 2012-03-02...

ライアーゲーム -再生-

「ライアーゲーム -再生-」 監督 松山博昭 原作 甲斐谷忍 出演 松田翔太(秋山深一) 多部未華子(篠宮優) 芦田愛菜(アリス) 江角マキコ(主宰者・Ω) 高橋ジョージ(猿川ケンジ) 濱田マリ(坂巻マイ) 要潤(赤?...

ライアーゲーム -再生-

2012/03/03公開 日本 131分監督:松山博昭出演:松田翔太、多部未華子、芦田愛菜、高橋ジョージ、濱田マリ、要潤、小池栄子、鈴木浩介、渡辺いっけい、船越英一郎 天才詐欺師秋山の奮闘により、出資者たちが多大な打撃を受けたファイナルステージから2年が過ぎていた。...

[映画『ライアーゲーム -再生-』を観た(短信)]

☆前回の映画版で完結した「ライアーゲーム」だが、私は、かような、多くのヴァリエーションを求めることのできるコンテンツを、すんなりと終わらせることに勿体無さを感じていたら、こうして復活して何より^^  与えられたオリジナルのゲームシステムの中で、億レベル...

ライアーゲーム -再生-/松田翔太、多部未華子

この『ライアーゲーム』シリーズに芦田愛菜ちゃんをキャスティングするってそれはさすがにウケを狙い過ぎなんじゃないの?と不安を抱きましたが、それでも期待感のほうが勝ってし ...

ライアーゲームー再生ー

20人の参加者が20億円の賞金を目指してイス取りゲームをする。閉ざされた密室で繰り広げられる醜い争いと純粋無垢な女子大生篠宮優が、対比になって興味深い。映画館でお金を払って見る価値があった。

ライアーゲーム -再生-/ライアーゲームにも震災の影響が?

大ヒットドラマ「ライアーゲーム」シリーズの映画化第2弾。今回も主人公・秋山は松田翔太が演じるが、ヒロインが多部未華子に変更。共演は船越英一郎や芦田愛菜、新井浩文などほぼ全員が新キャラクターに変わった。ファイナルステージから2年後の設定で行われる今回のラ...

「LIAR GAME -REBORN-」国盗り合戦の末にみた我を見失った勝者のリセットゲーム

「LIAR GAME -REBORN-」は甲斐谷忍原作の漫画を実写化した作品でテレビシリーズを経て2010年に映画化され、2年ぶりの新作として帰ってきた。今回は前回壊滅的な状況に追い込まれたライア ...

映画「ライアーゲーム -再生(REBORN)-」感想

映画「ライアーゲーム -再生(REBORN)-」観に行ってきました。甲斐谷忍の同名人気漫画「ライアーゲーム」を原作とするシリーズの続編。時系列的にはテレビドラマ版「ライアーゲー...

No.310 ライアーゲーム -再生-

甲斐谷忍の人気コミックが原作のTVドラマ「ライアーゲーム」(2007、09)と、その劇場版「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」(10)から、主演の松田翔太以外のキャストをほぼ ...

「LIAR GAME REBORN -再生-」みた。

折角”ファイナルステージ”にてゲームもドラマも綺麗に終わらせていたというのに、何故また蒸し返すような事を・・・と思っていたが、「再生」するとなればやはり気になってしまう。とにかく、秋山さえいれば何度で

ライアーゲーム -新生-(2012-021)

ライアーゲーム -新生- ユナイテッドシネマ浦和 同名原作の映画化第2弾。 前回は原作にないオリジナルゲームで有ったが今回は 原作にあるイス取りゲームが題材に。 原作とは違い今回の映画化ではヒロ...

【映画】ライアーゲーム 再生(リボーン)

<ライアーゲーム 再生(リボーン) を観て来ました> 製作:2012年日本 人気ブログランキングへ いつの間にか、映画第2弾が作られていました(笑)。 しかも、ヒロインが変わってるー!今までの直ちゃん(戸田恵里香)に替わり、今度は篠宮ユウ(多部未華子)?...

ライアー・ゲーム -再生ー

あ、翔太君と新井君の声が似てることを発見!

映画「ライアーゲーム -再生-」

映画「ライアーゲーム -再生(REBORN)-」を観て参りました!

映画:「ライアーゲーム -再生-」♪。

平成24年3月7日(水)。 映画:「ライアーゲーム -再生-」。 監督: 松山博昭 脚本: 岡田道尚/ 黒岩勉 原作: 甲斐谷忍 音楽: 中田ヤスタカ 製作: 亀山千広/ 鳥嶋和彦/ 市川南 キャスト: 松田翔太 (秋山深一)・多部未華子 (篠宮優)・芦田愛菜 (アリ…

ライアーゲーム -再生-

Data 監督 松山博昭 原作 甲斐谷忍 出演 松田翔太  多部未華子  芦田愛菜  江角マキコ  高橋ジョージ 公開 2012年 3月

『ライアーゲーム 再生』をユナイテッドシネマ豊洲11で観て、偉いぞテレビ屋根性ふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★安くっていいんだ感が抜群】 TVシリーズは2シーズンあるらしいがどっちも未見。 映画前作をTV放映してたのを鑑賞。なかなか面白かった。 という一 ...

まとめteみた【『ライアーゲーム -再生-』 遂に出てきた現実解】

 【ネタバレ注意】 映画第二弾の『ライアーゲーム -再生-』は、これまで以上にゲームの面白さが前面に出た作品だ。 テレビシリーズや映画前作でお馴染みの、鈴木浩介

ライアーゲーム -再生-     評価★★50点

甲斐谷忍の人気漫画を原作に、テレビドラマと劇場版で人気を博した「ライアーゲーム」シリーズ劇場版第2弾。ヒロインを「君に届け」の多部未華子にバトンタッチし、松田翔太(「ハードロマンチッカー」)演じる元天才詐欺師・秋山の新たな戦いが繰り広げられる。ゲームを...

■映画『ライアーゲーム -再生-』

深夜に人気を博したテレビドラマで「ライアーゲーム」の映画化第二弾『ライアーゲーム -再生-』。 前作までのヒロイン・戸田恵梨香から、多部未華子にヒロインが変更になっています。 でも、メインキャラの松田翔太演じる秋山深一はそのままだし、他のキャラも引き続?...

LIAR GAME REBORN ―再生―

LIAR GAME REBORN ―再生― (JUMP j BOOKS)(2012/03/05)甲斐谷 忍、浜崎 達也 他商品詳細を見る 【LIAR GAME REBORN】 2011年 日本 ファイナルステージから2年―― すべてが終わったかにみえ...

映画:ライアーゲーム -再生-

 前作で終わったんじゃないんだ。戸田恵梨香も吉瀬美智子も出ないこともあって、あまり期待せずにライアーゲーム -再生-を見てきました。

映画「ライアーゲーム ~再生~」 争いあって全滅する道ではなく、ともに生きのびる道とは?

映画「ライアーゲーム ~再生~」を観ました。 (2012/3/3公開)監督:松山博昭脚本:岡田道尚 黒岩勉出演:松田翔太 多部未華子 芦田愛菜 江角マキコ松田翔太とコンビを組むヒロインが、これまでの戸田恵梨香から 多部未華子に代わっての新作。今回のゲームは“イス取りゲーム”。一見、単純なゲームに見えて、次第にプレイヤーがグループを組んでの 団体戦となっていき、このシリーズならではの ...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示