『メランコリア』 あなたが立つのはどちら側?

 【ネタバレ注意】

 この世界は、正邪、清濁、明暗といった二面性を兼ね備えている。
 それなのに、多くの人は明るく正しく清い面しか見ていないのではないだろうか。
 ラース・フォン・トリアー監督のように鬱病を患った者には、世界の違う面が見えるのかもしれない。そして、世界の一面しか見ていない人々との断絶を感じているのかもしれない。

 映画『メランコリア』は、題名のとおりメランコリア(憂鬱、鬱病)がテーマである。
 映画の冒頭、シュールレアリスム画を思わせる幻想的なシーンが続き、映画の骨格が示される。
 この幻想的なシーンのうち、主人公ジャスティンが灰色のツタに絡まれる情景を、後にジャスティンが自分を悩ませる幻想として言及していることから、これらのシーンがジャスティンの頭の中の想念であることが判る。
 とはいえ、ジャスティンは世界のことも未来のことも何でも判ると云っているので、この幻想は同時に予知夢であり、映画の世界とこれからのストーリーを物語ってもいる。
 そこでは、18番ホールまでしかないゴルフ場で19番ホールを逃げたり、地球上からは見られるはずのない地球が砕ける光景を見たりと、(映画の中の)現実とは少々異なる映像が続くため、ジャスティンも確信を持って未来の予知と云うことができない。彼女はただ幻想に苦しむばかりである。


 この冒頭シーンでとりわけ重要なのは、ジャスティンと姉のクレアと、クレアの息子レオとの関係を示したショットだろう。
 そこでは、クレアは月を背にして立っている。彼女は世間から見たら一般的な人間である。
 一方、ジャスティンは青い星を背に立っている。後にその星は地球よりも大きいメランコリア(憂鬱)の塊であることが判るのだが、少なくともここでジャスティンがクレアとは対照的な人間であることが示される。
 そして両者の真ん中には少年レオが立っている。レオの背後に輝いているのは半月だ。姉クレアのような一般人になるかもしれないものの、ジャスティンに影響される可能性もある。レオの立ち位置と背後の星が、正邪、清濁、明暗のどちらにも偏らない彼の状態を表している。

 クレアとジャスティンの姉妹は、世界の二面性を象徴している。
 クレアは常識人である。金持ちと結婚して、物質文明の恩恵に浴している。世間では彼女を幸せ者と呼ぶだろう。
 ジャスティンは鬱病患者だ。金持ちとの結婚なんて気が乗らないし、仕事を器用にこなして出世しようとも思わない。賑やかなパーティなんて彼女にとっては苦痛でしかない。


 映画の構成そのものも二面的だ。
 『メランコリア』は「第一部 ジャスティン」と「第二部 クレア」の二部構成になっている。

 第一部は、「ジャスティン」という章題とは裏腹に、ジャスティンの嫌いな一般人の世界である。一般人たちが集まり、金を使って贅沢なパーティーに興じる。花嫁のジャスティンはパーティーの主役であり、一般人からは幸せの絶頂だと思われている。
 でも彼女にとってこのパーティーは苦痛でしかない。彼女は一人でパーティーを抜け出したり、背徳的な行為をして悦に入ったりする。
 常識人のクレアは、そんなジャスティンを憎々しく思う。
 第一部の世界では、ジャスティンは世の中に馴染めない異端者なのだ。

 第二部は、「クレア」という章題とは裏腹に、クレアには理解できない異常な世界である。
 世界は、地球よりも大きな憂鬱の塊に呑み込まれようとしており、一般人の常識とはかけ離れた状態だ。人々は憂鬱の塊に「惑星メランコリア」と名づけて、地球と衝突するのではないかと怯えている。ある者は逃げ出し、ある者はみずからの命を絶ち、クレアも狂乱状態に陥る。
 それは鬱病の症状のように、あるときは大きくなり、いったん治まったかにみえてまた大きくなる。そのたびに人々の気持ちは翻弄される。

 そんな中、重度の鬱病のために一人では日常生活すら送れないジャスティンだけが、冷静に異常な世界を受け入れる。
 一般人が大切にしてきたもの、すなわち金や仕事や名声は、もう何の意味もない。ジャスティンが嫌っていたものが、ようやく誰にとっても価値がなくなったのだ。
 そして「魔法の洞窟」と呼ぶ三角形のテントに入って座禅を組むジャスティンとレオは、アレハンドロ・ホドロフスキーが『アンカル』で描いた宇宙の真理を目指す者にそっくりの姿で、世界の最後を静かに迎えようとする。
 けれどもクレアの狂乱は治まらない。第二部の世界では、クレアこそ世界に馴染めない異端者なのだ。


 私たちの多くは、二つの世界を経験することはない。多くの人は金や仕事や名声を重んじ、それらに馴染めない者を異常だと考えている。
 けれども長年鬱病に苦しんだトリアー監督は、彼らは世界の一面しか見ていないのだと気づいている。世界がひっくり返るような事態になれば、異常だと思われていた人の方が実は正常であると判るかもしれない。
 本作のアイデアは、トリアー監督が鬱病の治療を受けているときに浮かんだという。そのときセラピストは次のように語ったのだ。「普通の幸せな人々は、悲惨な状況ではパニックに陥りがちだが、鬱病の人は地獄に落ちても当然だと思っているから、かえって冷静に行動する」と。
 第一部の一般人の世界では、誰からも理解されず見放されたジャスティンが、第二部の異常な世界ではただ一人平静に過ごせるとはなんとも皮肉である。

 月を背にして立つクレアと、メランコリアを背にして立つジャスティン。
 二人の距離は最後まで埋まることがないけれど、いずれにも公平に訪れる世界の終わりを、ラース・フォン・トリアー監督は「ある種のハッピーエンド」と述べている。
 はたしてあなたが立っているのは、どちら側なのだろうか。もう一方との距離は埋められないのだろうか。


メランコリア [Blu-ray]メランコリア』  [ま行]
監督・脚本/ラース・フォン・トリアー
出演/キルスティン・ダンスト シャルロット・ゲンズブール キーファー・サザーランド アレキサンダー・スカルスガルド シャーロット・ランプリング ジョン・ハート ステラン・スカルスガルド イェスパー・クリステンセン ブラディ・コーベット キャメロン・スパー
日本公開/2012年2月17日
ジャンル/[アート] [ドラマ] [SF]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : ヨーロッパ映画
【genre : 映画

tag : ラース・フォン・トリアー キルスティン・ダンスト シャルロット・ゲンズブール キーファー・サザーランド アレキサンダー・スカルスガルド シャーロット・ランプリング ジョン・ハート ステラン・スカルスガルド イェスパー・クリステンセン ブラディ・コーベット

⇒comment

shaky camera

shaky camera が苦手な人は要注意。手ブレが続く映像に、私はすっかり気分が悪くなった。鑑賞前に酔い止めの薬を飲んではいかが。

No title

ナドレックさんはじめまして。
 いつも劇場に観に行けなかった映画のぶんまでブログで楽しませていただいていてます。
 さて、『メランコリア』観てきました。監督が患っている「鬱病」という意味もあるとは知らずに観ていましたので、ジャスティンの全編を通しての振る舞いは、能天気でいつまでも子供っぽい父親と、信心や形式に嫌悪感を持つ型破りな母親の間に生まれた情緒不安定な娘が、メランコリアの接近で(引力で)特別な能力を持ったものと勝手に解釈していました。でも、ナドレックさんのブログでの「鬱病」のキーワードから、以前同じ病気を患った知人から聞いた「やらなければならないことがあっても、ベッドからまったく動けない」という話と、ジャスティンが風呂にも浸かれないシーンを思い出し、腑に落ちました。この映画が鬱病の方には全く違うものに見えている可能性について、このブログのタイトル「あなたが立つのはどちら側?」は実に示唆的です。
 その他、監督の以前の作品から、女性の描写が残酷、故に差別的、との批判をかわす意図があったのか、この作品は先述の父親や、ちっともタフじゃないクレアの夫のジャック・バウアーや、会社の上司と新人など、ある意味サイテーな男たちの描写が際立っていたと感じました。でも鬱を患っているジャスティンに監督自身を重ねているのであれば、危機的な状況への達観は自分への帰結でもあるとも思えますが...この点はいかがでしょうか?
 それから、19番ホール、日本ではセクハラ親父ギャグに使われていることから、思わずひとり噴いてしまいました。メランコリアの光を全身に浴びているキルスティン嬢は本当に奇麗でした。
 こんな自分はどちら側?

そうなのよ。

お金があって成功して常識的なことが正義なの? ってことなんですよね。
そうじゃない人は悪いの? って。
一体どっちが正しいのか。 果たして答えはそこにあるのか。
正しくないことが実は正解なのかもしれませんね。 すごい納得しました。

Re: 夜明け前が最も暗い。

プチ不眠症さん、こんにちは。
2010年のチリ落盤事故では、33人が69日間も地下に閉じ込められて、32人が心的外傷後ストレス障害(PTSD)になったそうです。こんな経験をしたら当然でしょう。
ところが、たった1人だけPTSDと診断されなかった人がいます。それは牧師だったそうな。信仰心や感謝の気持ちがあることが、トラウマに対する免疫になったというのです。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20111221/225516/

ポジティブ心理学の研究によれば、次のようなエクササイズが幸福度アップと幸福感の持続に効果があるそうです。
・毎晩寝る前に、その日に起きた出来事で、自分が嬉しかったことやありがたかったことを最低5つ(3つでも可)書き留めてみる。
・1週間のうちの1日を選んで、5つの親切なこと(道端のゴミを拾ったり、駅の階段でお年寄りの荷物を持ってあげたり)をしてみる。

英BBCでは、鬱病予防のためにポジティブ心理学のエクササイズをラジオで配信するとか。幸福感が強いと9.4年も長生きするそうですから、鬱病か否かによらず誰もがこれらのエクササイズに取り組んだ方がいいのでしょうね。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20111216/225257/

> うつ病を治す最も有効な方法は、実は一番簡単・身近なことなのかも知れません。誰かを好きになること。

なるほど~。恋愛の効用というものは考えたことがありませんでした。面白いかもしれません。
ただ、好きになる相手はゲームのキャラクターじゃダメですよね……。

Re: No title

Monsieur_Tatiさん、こんにちは。
当ブログをお読みいただいてるとのこと、ありがとうございます。
私の友人知人にも鬱病の人がいまして、やはり症状が重いときはベッドから出られないそうです。
クレアの夫ジョンは「一人でタクシーにも乗れないのか」と怒っていましたが、乗れないんですよね。
鬱病を扱った『ツレがうつになりまして。』という作品もありましたが、監督自身が鬱病でその心象風景を映画に撮ると、こんな風になるのかと驚きました。
登場する男たちはいけ好かない連中ですが、女たちも同様ですね。主人公からしたら誰も彼もネガティブに見えるということなのでしょう。
そして監督は、みんなは自分を問題視するけど、状況が変われば自分こそ一番まともなのだ、と考えているのでしょうね。

Re: そうなのよ。

rose_chocolatさん、こんにちは。
そうなんですね。常識って何なんでしょうね。
主人公は、パーティに幾らかかったと思ってるんだと責められます。たしかにパーティでの主人公の行動は非常識ではあるのですが、幾らかかったと責めるのが常識かというとそれも疑問なわけで。
道が細くてリムジンがでかいときに、さて悪いのはリムジンなのか道なのか。どちら側に立つかで意見は異なるでしょうね。

確かに

二面性でしたが、それにしちゃ、まともな人間は一人だけ・・・だったような気がしましたです。
ノアの方舟的なもんもあるのかなあと思ってたんですが、なかなか容赦なかったですね。
ある意味、潔かったです。
いつものラースと違って、すっきりしました。

>鬱病の人は地獄に落ちても当然だと思っているから、かえって冷静に行動する
ここ、ものすごくなるほどです。
ジャスティンの行動は、胸くそ悪いほど冷静でした。
私の理想は、常に冷静に行動する、パニくらない・・なのですが、ここは鬱になるのが手っ取り早いかも。。。でも、絶対に鬱にならない自信もあるなああ。

Re: 確かに

sakuraiさん、こんにちは。
あれッ、まともな人間がいましたっけ?
人類滅亡や地球崩壊の危機が描かれる作品は多いですが、ちゃんと(?)崩壊するのは珍しいですね。
やっぱり、潔いということでしょうか。

唯一

クレアが、まともな人間を一人で背負ってたっと思いました。
前回、とんでもない役させて、ごめんね!みたいに。
その後、「パーフェクト・センス」を見て、「メランコリア」のすっきりさに比して、なんと残酷な・・と思った次第です。

Re: 唯一

sakuraiさん、こんにちは。
そうですかねぇ、クレアがまともな人間なのかなぁ。
一般常識を持っている人間ではあるのでしょうが、「まとも」というものを相対化させてしまうところに監督の狙いがあったような気がします。

これは説教だ

人類そのものの過ちを表しているように思えました。
ウエディングドレス姿で川に浸かっている構図は、キリストでいう罪を洗い流す行為。
人間である基本的な生命の活力を失えば、それは生きる価値がないと言われているような印象でした。
ジャスティンもクレアも対照的なようだが、どちらとも強さがない。
仮にどちらかに、強さがあれば衝突は避けられたかもしれない。
対照的な人物を使う事で、幅広い人々に説教しているようにも感じました。
パーティの常識云々は…日常的な世界を表しているに過ぎない。
差別も暴力も、それらは過去にいくつもあり、それらに打ち勝ってこそ人間である。
この映画は人間的大きな欠落を表している。つまり無気力。
そして活力の無い魂(地球)は呑まれた。

子を持っているが強さに欠けるクレア
死に対する恐怖は無いが、生きる活力のないジャスティン
これを見て苦痛と感じた人は、クレア、ジャスティン、どちらかに当てはまっているのかもしれない。

これは説教だ。

Re: これは説教だ

これは説教ださん、こんにちは。
鬱病の人にとって一番遠いところにあるのが、気力・活力かもしれませんね。
鬱病でなくても、なかなか強さを持ち合わせない人は多いかもしれません。
はたして生きることに価値はあるのか、価値があるから生きるのか。価値の有無を判断できる人がいるのか。そんなことを考えてみるのも面白そうです。

Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メランコリア

メランコリア@なかのZERO

メランコリア

2011年 デンマーク・スウェーデン・フランス・ドイス作品 135分 ブロード・メディア配給STAFF監督・脚本:ラース・フォン・トリアーCASTキルステン・ダンスト シャルロット・ゲンズブール アレキサンダー・スカルスガルド キーファー・サザーランド こちらも試写会...

映画:メランコリア Melancholia  ウェディング姿の花嫁の超不機嫌 & 不可解行動のワケは。

観た直後の印象は最悪だった。 「結局、やっぱラース・フォン・トリア~じゃねえか~!!」(怒り指数 180%) ネタバレで書けないのだが、あるシーンのあまりの直接的な表現に怒り心頭だったのだ。 前作「アンチクライスト」で彼を決定的に嫌いになった私なので。 ...

ラース・フォン・トリアー監督『メランコリア』(Melancholia)

注・内容、台詞に触れています。ラース・フォン・トリアー監督『メランコリア』出演はキルスティン・ダンスト(本作でカンヌ国際映画祭主演女優賞受賞)、シャルロット・ゲンズブール、キーファー・サザーランド、シ

『メランコリア』鬼才監督の手腕にイラついたけれど・・・

いや~、1時間以上イラつかされました。「何なんだ、この映画は?」と、何度腹立ちのあまり席を立とうとしたことか!!しかし、2部構成だったこの作品は、巨大惑星メランコリアが近づくにつれ、心にスーッと染み込んできて

メランコリア・・・・・評価額1550円

憂鬱なる滅びの詩。 デンマークの異才、ラース・フォン・トリアー監督の耽美な終末譚は、突然出現した巨大な蒼い惑星・メランコリアの接近によって、この世界の終わりに直面する、ある姉妹の葛藤を描く物語...

「メランコリア」:静かな終末

映画『メランコリア』は、今という時代(マヤ暦2012年に世界滅亡説?)にふさわし

*『メランコリア』* ※ネタバレ有

2011年:デンマーク+スウェーデン合作映画、ラース・フォン・トリアー監督、キルスティン・ダンスト、シャルロット・ゲンズブール、 キーファー・サザーランド、シャーロット・ランプリング、ウド・キアー出演。

『メランコリア』 2012年2月8日 なかのゼロホール

『メランコリア』 を試写会で鑑賞です。 冒頭から『ツリー・オブ・ライフ』の再来かと思いました で、2時間15分はやばいと思ったけど、最後まで観てきました 【ストーリー】  巨大惑星メランコリアが地球に接近する中、ジャスティン(キルステン・ダンスト)は盛大な?...

メランコリア/Melancholia

『アンチクライスト』や『ダンサー・イン・ザ・ダーク』の鬼才、ラース・フォン・トリアー監督が描く地球滅亡の物語だ。主演は本作でカンヌ国際映画祭主演女優賞を獲得したキルスティン・ダストン。共演にシャルロット・ゲンズブール、アレキサンダー・スカルスガルド、キ...

メランコリア / MELANCHOLIA

ランキングクリックしてね ←please click 新作出す度、話題騒然。 「ヒトラーに共感する」とのバカな爆弾発言で、今年カンヌ国際映画祭から出禁を食らった ラース・フォン・トリアー監督最新作 キルスティン・ダンスト主演と聞いてうわっとなったの...

メランコリア/キルステン・ダンスト

鬼才ラース・フォン・トリアー監督が惑星衝突による地球滅亡の危機を背景に世界の終わりに直面する姉妹の物語を描いた作品です。かなり抽象的ではありながらもあの予告編の映像に ...

メランコリア

【MELANCHOLIA】2012/02/17公開 デンマーク/スウェーデン/フランス/ドイツ 135分監督:ラース・フォン・トリアー出演:キルステン・ダンスト、シャルロット・ゲンズブール、アレキサンダー・スカルスガルド、ブラディ・コーベット、キャメロン・スパー、シャーロット...

メランコリア

ジャスティン(キルステン・ダンスト)とマイケルの披露宴は、姉クレア(シャルロット・ゲンズブール)の夫ジョン(キーファー・サザーランド)が所有する豪勢な屋敷で盛大に催された。 しかし、情緒不安...

めぐりあい宇宙

彼女は予言者だったのか? それとも預言者だったのか? 「メランコリア」を観た。 ラース・フォン・トリアー監督作品。シャルロット・ゲンズブールとキルスティン・ダンストが姉妹を演じる。シャーロット・ランプリングは彼女たちの母親を、ジョン・ハートが父親を演じる?...

ある終末の詩~『メランコリア』

 MELANCHOLIA  豪華な披露宴の主役として、幸せいっぱいなはずの新婦ジャスティン(キル ステン・ダンスト)は、次第に憂鬱な気分に囚われ始める。姉のクレア(シャル ロット・ゲンズブー...

メランコリア ラスト数秒のためにそこまでするのか・・・

【=10 -0-】 いかんなあ~、サーフィンと映画だけのブログになっとるなあ~、社会保険労務士と労働組合のブログのはずやねんけど~o( ̄ー ̄;)ゞウーン  巨大惑星メランコリアが地球に接近する中、ジャスティンは盛大な披露宴を催す。姉クレアの夫が所有する豪勢な屋敷...

「メランコリア」

キルティン・ダンスト、最初から最後までメランコリー。 結婚式当日なのに、メランコリー。 盛大な結婚式を挙げてもらってるのに、遅刻はするわ、席ははずすわ。 これには、さすがのシャルロット・ゲンスブールも辟易。 皺を刻んで、「なまいきシャルロット」の頃のツル...

メランコリア

「アンチクライスト」のラース・フォン・トリアーが、惑星衝突による地球の危機を背景に、ある姉妹の葛藤を描く。出演は「スパイダーマン3」のキルスティン・ダンスト(本作でカン ...

「メランコリア」

トリアー監督の悲観主義(?)は置いといて、それが映画になると独自のものがあって、おもしろい。

『メランコリア』 (2011) / デンマーク・スウェーデン・フランス・ドイツ

原題: MELANCHOLIA 監督: ラース・フォン・トリアー 出演: キルスティン・ダンスト 、シャルロット・ゲンズブール 、キーファー・サザーランド 、シャーロット・ランプリング 、ウド・キアー 公式サイトはこちら。 前作『アンチクライスト』は結構消化不良...

『メランコリア』

今週末は土曜日はダーツの大会だし日曜日は仕事で映画は観れないのです。 1週間に1本も映画を観れないと禁断症状(笑)が出る危険性がありますが 幸いにも試写会に当たっているので助かりました。 実家に近い中野まで足を伸ばして『メランコリア』を観てきました。 あ...

メランコリア☆世界が終わる。

   その衝撃の瞬間をあなたは目撃する――。

■映画『メランコリア』

ラース・フォン・トリアー監督が独自の目線でハッピーエンドを描いた映画『メランコリア』。 いわゆる“終末”を描いた物語ではありますが、“地球終わる終わる詐欺”になれた目から見ると、この終わり方はいっそいさぎよく感じられます。 うつ病気質の監督自身にとっ...

メランコリア ★★★*☆

冒頭の10分、これがジャスティンの見た予知夢だったのだろうか。 結婚式を終えたジャスティンは、豪邸に住む姉が用意してくれた披露宴に出席するが、どこか朦朧としていてひたすら好意に泥を塗るかたちになってしまう。 その結果、意図してかせずにか結婚という人生...

憂鬱な終末

20日のことですが、映画「メランコリア」を鑑賞しました。 監督はラース・フォン・トリアーということで 監督らしい作風で 全体にあるトーンが・・・ ラース・フォン・トリアーが描く終末モノなのですが 大きく分けて 前半と後半での構成 前半は結婚式から見える人間...

メランコリア

第1部 ジャスティン ジャスティン(キルスティン・ダンスト)とマイケル(アレキサンダー・スカルスガルド)は披露宴を行うために、ジャスティンの姉夫婦の屋敷を目指していたが、道が細く曲がりくねっていたためリムジンが立ち往生してしまい大遅刻。

映画「メランコリア」パニック映画の新しい切り口、そして美しい映像

「メランコリア」★★★☆ キルスティン・ダンスト、シャルロット・ゲンズブール 、 キーファー・サザーランド出演 ラース・フォン・トリアー監督、 135分、2012年2月17日公開 2011年,デンマーク、スウェーデン、フランス、ドイツ,ブロードメディア・スタジオ (原題:Me...

メランコリア (2011)

MELANCHOLIA デンマーク/スウェーデン/フランス/ドイツ 監督:ラース・フォン・トリアー 出演:キルステン・ダンスト、シャルロット・ゲンズブール、アレキサンダー・スカルスガルド、キーファー・サザーランド、ブラディ・コーベット、キャメロン・スパー、シャーロッ...

メランコリア

★★★★“甘美で憂鬱であっけない世界の終わり”メランコリアはこの映画では地球に接近する惑星の名前ですが、メランコリア(melancolia、melancholy)は憂鬱という意味の言葉でもあります。 オープニングはワーグナーの“トリスタンとイゾルデ”の楽曲をバックに絵画的?...

メランコリア/そして終わりのない悲しみ

メランコリアMelancholia/監督:ラース・フォン・トリアー/2011年/デンマーク こんな世界、なくなっちゃえばいいのに。 ラース・フォン・トリアーの映画は「ダンサー・イン・ザ・ダーク」を見てものすごく嫌な気持ちになって、その1本だけでもう、大嫌い! 二度と見?...

メランコリア

 『メランコリア』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編で凄そうな作品と思えたので見たのですが、実際にもなかなかの出来栄えで大層感動しました。 ?予告編には映画の冒頭の序章の一部が使われていて、メインタイトルが現れてからが本編となります。そこまではオ...

メランコリア

『メランコリア』 “MELANCHOLIA” (2011・デンマーク=スウェーデン=フランス=ドイツ・2h15) 監督・脚本 : ラース・フォン・トリアー 出演 : キルステン・ダンスト、シャルロット・ゲンズブール、キーファー・サザーランド、キャメロン・スパー 惑星メ...

メランコリア

姉夫妻に豪華な結婚披露パーティを準備して貰うも浮かない表情の新婦ジャスティン。そんな中、惑星メランコリアが地球へと迫っていた・・。

メランコリア

うーん、やな人間ばっかりだなあ、世の中・・

メランコリア

静かにゆっくりと  彼は微笑むように  目を開く あなた方は見えているの? それとも見えないの? 明るく輝き、星々に照らされながら  彼が起き上がるのが  分からない? どのように  あの方の心が  勇敢

メランコリア

MELANCHOLIA/11年/デンマーク・スウェーデン・仏・独/135分/SFドラマ/劇場公開(2012/02/17) −監督− ラース・フォン・トリアー 『アンチクライスト』 −脚本− ラース・フォ
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示