『光のほうへ』 優れた映画を観る辛さ

 2011年はデンマーク映画に痺れた年だった。
 『アンチクライスト』、『未来を生きる君たちへ』と傑作続きのデンマーク映画だったが、特にKOパンチを食らったのが『光のほうへ』だ。とても優れた映画だから、それに相応しい言葉で表現しなければと考え続けたものの、遂に私は半年経っても記事にできなかった。
 正直に告白しよう。私はこの映画の魅力を書き表すにはまったくの力不足だったのだ。

 それでも、この映画の素晴らしさの片鱗なりとも書いてみよう。
 『光のほうへ』を観てつくづく感じるのは、優れた映画を観ることの辛さである。
 ここには何の救いもない。温かい家庭もない、篤い友情もない、充実した仕事もない、ただただ犯罪に決別できない心の弱さと、孤独に染まった暮らしがあるばかりだ。114分のあいだ、そんな映像がひたすら続く。
 観ていても楽しくない。ワクワクしない。面白いとも云えない。
 けれどもこれは優れた映画だ。主人公の悲惨な人生はまことにリアルで、作り物として距離を置くことができない。観るのが辛いのに、目が離せない。

 たとえば『アンチクライスト』も、楽しくないし、ワクワクしないし、面白いわけでもない。しかしそこには美があった。陶酔するほどの不道徳と、悪の美しさに満ちていた。
 『未来を生きる君たちへ』も、楽しくないし、ワクワクしないし、面白い映画とも云いがたい。しかしそこには大きな問題提起があった。この世界と私たちについて考えざるを得ない投げかけがあった。
 けれども本作にはそれすらない。ただ剥き出しの、過酷な人生があるばかりだ。

 映画は二人の少年がまだ乳飲み子である末弟の面倒を見るところからはじまる。
 母親は酒飲みで、兄弟たちの面倒をみない。少年たちはそんな母を毛嫌いし、自分たちだけで乳児を育てようとしているのだ。
 だが、それはうまくいかなった。少年たちに悪気はなかった。けれども、酒を飲み、末弟をほったらかしにしていた彼らは、結局のところ大嫌いな母親と同じことをしていたのだ。彼らはそれを嫌がっていたはずなのに、人間の駄目な部分が連鎖してしまう悲劇。
 それからずっと、兄弟はまっとうに生きられない。その荒んだ暮らしとやるせなさを、映画は容赦なく描出する。

 高福祉で知られるデンマークでありながら、こんな影の部分を抱えているのか――そういう感想を抱く人もいよう。
 しかし、これは国家の福祉レベルとは関係ない。
 人間には駄目なところがあり、更生できるチャンスをみすみす自分で潰してしまう。それはどこの国でもどんな社会でもあり得るだろう。


 けれど、そんな彼らでも親子の情は持っている。守ろうとする愛情がある。
 わずかに垣間見えてくるものが、すがりつきたいほど貴重に思える。

 本作の原題は「SUBMARINO」。水の中に潜ってしまい、浮かぼうにも浮かび上がれない兄弟たちの苦しみを表していよう。
 だからこそ水面は明るいと思いたい。いつか浮上できると思いたい。『光のほうへ』という邦題は、そんな受け手の気持ちを代弁している。
 浮上できるかどうかは判らない。本作は、安易な救いを見せたりはしない。

 しかし、それでも捨てようとしない愛情がある。いや、これから愛情に育つかもしれない兆しがある。
 それを目にすることができただけで、私たちは幸せだ。


光のほうへ [DVD]光のほうへ』  [は行]
監督・脚本/トマス・ヴィンターベア  脚本/トビアス・リンホルム
原作/ヨナス・T・ベングトソン
出演/ヤコブ・セーダーグレン ペーター・プラウボー パトリシア・シューマン モーテン・ローセ
日本公開/2011年6月4日
ジャンル/[ドラマ]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : ヨーロッパ映画
【genre : 映画

tag : トマス・ヴィンターベア ヤコブ・セーダーグレン ペーター・プラウボー パトリシア・シューマン モーテン・ローセ

⇒comment

お礼

明けましておめでとうございます。
新年早々TBをいただき、心から感謝申し上げます。

さて、本作について、ナドレックさんは、「とても優れた映画だから、それに相応しい言葉で表現しなければと考え続けたものの、遂に半年経っても記事にできなかった」と述べておられます。

「優れた映画」の方が、むしろレビュー記事を書くのが難しいのではとは、クマネズミも常々思っていました。もとより、当方は、ナドレックさんのような優れた表現能力を持ち合わせてはおりませんので、もっとずっと低レベルの思いに過ぎませんが!
ですから、こうした作品に遭遇すると、つまらない粗探しをしたり、比較論ともいえないシロモノをでっち上げたりした挙げ句、とどのつまりは、作品の粗筋の単なる紹介に終わってしまい、いつも忸怩たる思いに囚われてしまいます。

しかしながら、今回のナドレックさんのエントリは、いつものような鋭い視角からの切り込みといったものは影を潜めているものの、かえってエントリ全体から、この映画が「とても優れた映画」だということがウヮーッと匂い立ってくるように思われました。
「ただ剥き出しの、過酷な人生があるばかり」の作品にもかかわらず「目が離せない」、これこそマサニこの作品が持っている「素晴らしさ」であって、例えば、優れた音楽を聴いて、あれこれ言わずに、ただ単に“よかった”と感想を述べるだけで十分、という感じと似ているのではないか、と思いました。

取るに足りない感想で申し訳ありませんが、本年もよろしくお願いいたします。

Re: お礼

クマネズミさん、明けましておめでとうございます!本年もよろしくお願いします。
映画としての完成度が高ければ高いほど、言葉で表現するのは難しいですね。おっしゃるとおり、優れた音楽にあれこれ云う必要がないのと同じだと思います。

>鋭い視角からの切り込みといったものは影を潜めている

あはは。
時系列をあえて乱した構成の妙とか、明暗をハッキリさせた映像の効果とか、背景にある宗教観とか、幾つかの切り口を考えたものの、どれも瑣末なことのように感じました。そういった要素が絡み合って作品の魅力に結実しているわけで、この作品の場合は個々の要素を取り上げてもつまらないと思いました。

年末になり、ブログやTwitterで皆さん2011年のベスト映画を挙げてらっしゃいますが、それらを拝見すると、私なら上位に挙げるであろう作品――洋画では『アンチクライスト』『ミスター・ノーバディ』『シリアスマン』そして本作等――が意外に取り上げられていないので、あわてて本作をエントリーした次第です。
さっそくコメントをいただき、ありがとうございました。

No title

コメント貴重に読ませて頂きました。

全人類が用いる弱さ、哀しい性。

三つ子の魂百までを実感しました。

アルコール依存と薬漬けの母を見ながら成長し、兄はアルコールの生活、弟は薬漬け。哀しいさがを感じ、その縁を断ち切れない人も弱さ、、

ただ、兄弟が居た事により愛という物を動物本能で知っていた、それが救いなのか逆に悪かったのか不道徳にもなりきれず、愛を求め、特に弟は弱い精神を支えるかの如く薬に。

兄も向上心は無いにしても優しいを持ち合わせ、友人を面倒見たり、愛情、人恋しさに飢えたり。

ヘルマンヘッセの車輪の下を思い出しました。

人間誰もが持ち合わせる負の部分、そして弱い部分。

頭で分かっていても中々、悪しき誘惑から抜け出せない。

私は常に地位、名誉、大金が怖いのですがこの映画を見て理由がわかりました。以上の域に脚を踏み入れたら中々出てこれなくなる様な、誘惑に溺れ自分を支配出来なくなり歯車が狂い出す事を何となく感じているのだと。

どの様な暗い域でも人は弱さ故、一度脚を踏み入れてしまったら這い上がるのは難しいと。

又、誰か居たら違かったのではと。
この兄弟の共通点である優しさを共に育む誰かが居たら違う方向に行ったのではと思いました。

後10年したら映画感想を言葉に出来るかと思います。今の私の人生観ではこの心の模様を言葉に到るまで知識、経験がありません。

本当に久しぶりに時間を忘れ見入った映画でした。

余談ですが、ハリウッド映画より100倍、性交場面がリアルでした。

現実味を帯びているといいますか身近に感じました。

Re: No title

映画人さん、コメントありがとうございます。
感想を言葉にできない作品というのはありますね。映画のタイプにもよりますが、心の奥深いところに突き刺さる作品を言葉で表現するのは難しいと思います。
ところで、映画人さんは地位、名誉、大金が怖いとおっしゃいますが、それらは向上心や知恵や努力の結果としてもたらされるものなので、誇りを持って手にすれば良いと思います。映画人さんが恐れているのは、たぶんそれらの入手の仕方や使い道が不道徳であったり、ノブレス・オブリージュを果たせないことではないでしょうか。
けれども本作の兄弟が定職に就かなくても取りあえず衣食住に困らないのは、国内にしっかり稼いでしっかり納税してくれる人がいるからです。多くの国において納税こそはもっとも崇高な行為の一つでしょうし、納税するためにはしっかり稼がなくてはなりません。
本作は、衣食住に困らなくても悲劇があることを示していますが、せめて衣食住に困る人を減らせるように、みんなでしっかり稼ぎたいものです。

この淡々とした描写

アメリカ作品にはあまり見られない
流れで、音楽も静かに流れて深くえぐられた。

親が貧乏だとか家庭を顧みない事を
それを息子に「継がせる」ことが正しい事ではないのだが
実際には殆どの家庭が不幸の連鎖で引きずるのだろう。

中盤で親子がレストランで食事をしながら
怪傑ゾロの「Z」を紙ナプキンを書いていた
会話から悲劇的結末が予想できたのが残念

兄弟が同じ番組を見ながら別々のことをしていたのを
全くの別シーンて展開したりとか
ラストシーンが幼くしてなくなる弟の
「洗礼」を持ってきたりとかは良かった

日本では「愛」=「恋愛作品」ばかりだが
こんな作品も製作してもらいたい

Re: この淡々とした描写

すわっと 優優さん、こんにちは。
この作品にはたくさんの「愛」が――親子愛、兄弟愛、男女の愛が描かれてますが、どれもベタベタしておらず、距離を保って取り上げられています。その距離感の取り具合が、本作を特徴づけているように思います。
互いに無関係に思えたシーンが、結末に向けて収束していく様は見事でしたね。

作品のメッセージ

この映画のレビューを読みたくて訪れました。
私はみ終わったあと、一言でいえば、暗すぎる人生に絶句してしまいましたが、それはナドレックさんの「ただむき出しの、過酷な人生があるばかり」という言葉に尽きます。
しかし最後に、どんな人生の困難にあっても「光のほうへ」歩いていくというメッセージを明確に伝わったので救いが。。また、リアルな教訓として幼児体験の不幸は、自分が親の立場になってから絶対に繰り返してはならないということを改めて感じさせたのもメッセージの一つだと思います。

Re: 作品のメッセージ

joさん、コメントありがとうございます。
そうですね、まさに絶句するほどの暗すぎる人生が描かれていました。
ただ、最初と最後、すなわち少年時代とこれからの人生が、明るい映像で映し出されたのがせめてもの救いでした。おっしゃるとおり、そこはみずから歩いていくところなのでしょう。
自分が経験した不幸は繰り返さない……難しいですね。それを積み重ねれば、不幸なことは少なくなるはずなのですが……。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

*『光のほうへ』* ※ネタバレ有

2010年:デンマーク映画、トマス・ヴィンターベア監督&脚本、ヤコブ・セーダーグレン、ペーター・プラウボー、パトリシア・シューマン、モーテン・ローセ出演。

光のほうへ

5月27日@ニッショーホール。 極秘作戦敢行。 東京新聞主催の試写会でシニア層多し。 会場内はかなり空いていた。 7割くらいの入りか。

光のほうへ

生の危うさ、不確かさを救う“光”           * * * * * * * * つらい現実に打ちひしがれながら、それでもなお光を求めてやまない・・・そういう物語です。 デンマーク作品。 母親がアルコール依存症のため、まだ赤ん坊の弟を見守っていた...

光のほうへ

 『光のほうへ』をシネスイッチ銀座で見てきました。 (1)昨年『誰がため』を見て感動したことでもあり、デンマーク映画ならハズレはないと思い、映画館に足を運びました。  実のところ、この映画も『誰がため』同様、かなり深刻な内容です。  ただ、『誰がため』と同...

映画:光のほうへ デンマーク社会の底辺に生きざる得ない兄弟を描く。

"ドグマ95"の創始者の一人、トマス・ヴィンターベアが監督というだけで身構えてしまう。 カンヌから追放された「あの」ラース・フォン・トリアーが属する一派だけに(笑) ただ、"ドグマ95"の本質は、もともと リアリティを追求。 「手持ちカメラ」...

光のほうへ(2010)◆◇SUBMARINO

 いま渇望の底から手をのばし、かすかな愛にふれる。 引き続き北欧作品。京都シネマにて鑑賞しました。 福祉が最も充実している北欧、その一つがデンマーク。そんなイメージなのに、えぇ~こんなに悲惨な生活を送っている人たちがいるとは知りませんでした。もちろんフ...

「光のほうへ」

「Submarino」2010 デンマーク/スエーデン ニックにヤコブ・セーダーグレン。 ニックの弟にペーター・プラウボー。 ソフィーにパトリシア・シューマン。 イヴァンにモーテン・ローセ。 監督、脚本は「セレブレーション/1998」のトマス・ヴィンターベア。 兄弟...

『光のほうへ』

死に対する負い目にもがき、 守れなかったものへの傷を疼かせ、 光の届かぬ割れ目の淵で、兄弟は再会を。 今こそ小さな白い命を守り抜こうと。 『光のほうへ』 Submarino 2010年/デンマーク/114min 監督・脚本:トマス・ヴィンターベア 出演:ヤコブ・セー?...

■映画『光のほうへ』

“ドグマ95”の創始者の一人であるトマス・ヴィンターベア が監督を務めた映画『光のほうへ』。 この作品は、デンマークはコペンハーゲンの貧困地区に生きる兄弟たちの絶望的な生活を描いている作品です。 アルコール中毒の母親にネグレクトされて育ち、大人になった...

『光のほうへ』

厚生労働省によると、2010年度に受けた児童虐待の相談件数が、5万5152件に上り、1990年度の集計開始から20年連続で増加しているそうだ。もはや、虐待されたこどもの報道もさほど珍しくなくなってしまった。 デンマーク、コペンハーゲン。ニックと弟は、...

映画評「光のほうへ」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2010年デンマーク 監督トマス・ヴィンターベア ネタバレあり

(映画)光のほうへ

[光のほうへ [DVD]]  「光のほうへ」 トマス・ヴィンターベア監督,ヤコブ・セーダーグレン,ペーター・プラウボー出演(デンマーク,スウェーデン,2010)。映画。  ひどい環境を舞...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示