『家族の庭』 これからの差別の形

 とても面白く、そして興味深い映画だ。
 『家族の庭』に起伏に富んだストーリーはない。本作は、ある一家の1年にわたる日常を綴っており、それはあたかも『赤毛のアン』や『若草物語』の真ん中の数章を読むようだ。そこにストーリーなんてものはない。
 では『家族の庭』が何を描くかといえば、人々のライフスタイルそのものである。それはあまりにも戯画化され、滑稽なほどだ。事実、IMDbでは本作をコメディに分類している。
 しかし本作は、コメディとして観るにはシニカルすぎる。

 これまで『マディソン郡の橋』や『プレシャス』に関連して述べてきたように、富裕層と貧困層にはそれぞれを特徴付けるものがある。
 そして『家族の庭』を観れば、それが金銭的な貧富にとどまらないことが判る。本作は、豊かな人の特徴を完璧に身に付けた一家と、貧しい人の特徴に囚われた人々の対比を強烈に描く。

 心豊かなヘップル家の特徴は次のとおりだ。
 ・食事は自分たちで作る。パートナーと一緒に料理するところから食事の楽しみは始まっている。
 ・食材に気をつけてるから太らない。
 ・テレビは見ない。娯楽は親しい人との会話や読書である。
 ・タバコは吸わない。

 一方、ヘップル家を訪ねる人々は反対の特徴を持つ。
 ・妻の同僚メアリーは喫煙者だ。料理はしない。他人を値踏みばかりして、団欒の一員足りえない。彼女は男性との付き合いに何度も失敗し、常に孤独を抱えている。
 ・夫の友人ケンは喫煙者だ。その上、無節操に食いまくるので太っている。他人の悪口ばかり云ってる彼は、女性に相手にされず、孤独を抱えている。
 ・夫の兄ロニーは喫煙者だ。その上、テレビを見る。彼は他人との会話を続けられず、なかなか周囲との距離が縮まらない。彼の息子は家を飛び出し、妻は死んだ。その家庭は温かではなかった。

 判り易すぎるほどの対比である。英語の教科書に出てくるような名前の彼らは、満たされない人を象徴する記号だ。

 このような特徴で家族を描くのは、欧米の映画にとどまらない。『冷たい熱帯魚』が冒頭で差し出す料理のシーンを観れば、本邦でも同じフレームが使われていることが判るだろう。


 そしてこれらは、生活の豊かさばかりではなく、もっと切実なものにも関係する。
 米国での調査によれば、寿命を縮める原因は次のものだ。
  1位 未婚
  2位 左利き
  3位 喫煙
  4位 米国大統領
  5位 30%体重超過

 これには少々補足が必要だろう。4位の米国大統領になることは、あまり一般的とはいえない。さらに46歳で暗殺されたジョン・F・ケネディを除いて再計算すれば、大統領の順位は下がる。また、2位の左利きであることは、その人の生来の特徴であり、おいそれと変えられるものではない。
 問題は、未婚、喫煙、体重超過だ。因果関係は明らかではないので、これらの特徴を持つから早死にするのか、早死にする人はこれらに当てはまるのか、そこのところは判らない。
 しかし、ヘップル家を訪ねる哀れな人々がこれらの特徴を分かち持つのは確かであり、彼らは長生きできないだろう。


 笑ってしまうのは、メアリーがパーティでタバコを取り出すと、周りの人々がいっせいに避難することだ。
 とうぜんだろう。タバコの煙には、青酸カリの倍以上の毒性を持つニコチンをはじめ、ヒ素やダイオキシン、ウランの100億倍の比放射能を有する放射性物質ポロニウム210等が含まれている。
 人々が逃げるのは無理もないし、人前で――それも赤ん坊のいるところでタバコを吸うなど正気の沙汰ではない。
 ましてやメアリーは、なんとヘップル家の留守宅でもタバコを吸おうとしている。タバコの臭いの不快さがいつまでも残ることを考えたら、許されるはずもないのに。

 もっとも、喫煙者の知能指数(IQ)は非喫煙者に比べて低いそうだから、メアリーには他人をおもんぱかることができないのかもしれない。なにしろ1日の喫煙量がタバコ1箱以上だと、非喫煙者に比べてIQが7.5ポイントも低いのである。

 その点、ヘップル家の人々は知的だ。
 夫は地質学者、妻は心理カウンセラー、息子は弁護士であり、いずれも専門的な勉強を必要とする職業だ。彼らとすぐに馴染むケイティも作業療法士であり、やはり専門性のある職業だ。
 このようにステレオタイプなまでに理想的な人々として描かれる彼らのことを、マイク・リー監督もいささかマンガ的だと考えている。
 なにしろ、ヘップル夫妻の名前はトムとジェリーなのだから。


 では、喫煙者や肥満者に対しては親しみを覚えるかといえば、まったく逆だ。マイク・リー監督は彼らを冷酷なまでに突き放す。彼らがどんなに孤独な人生を送っても、決して同情なんかしない。
 多くの映画はどんなに悲惨なことを描いても何らかの救いや光明にも触れるのに、本作は孤独な人はますます孤独に、哀れな人はますます哀れになるばかりだ。
 明らかに差別待遇だ。
 そう、身分や身体的特徴による差別は許されるものではないが、これはみずから選び取ったライフスタイルのもたらす差別なのだ。その報いは甘んじて受けねばならない。


 とはいえ、私たちはヘップル家の人々に共感しつつも、しばしばメアリーやケンたちに自分との共通点を見いだしてしまう。
 残念ながら、私たちは必ずしも理想的なライフスタイルで過ごせてはいないのだ。

 そして、この映画の中には貧しい人を照らす光明はないが、彼らが変わるためのヒントだけは示されている。
 冒頭ジェリーは、家族と上手くいかず不眠症の患者に語りかける。
 「幸せだったときを思い出してみて。」
 いまは幸せに感じていなくても、いつかどこかで幸せだったときがあるのではないか。ジェリーはそう問いかける。

 それはまた、これからの未来に幸せがあるかもしれないことを示唆してもいよう。
 本作の原題は「Another Year(別の年)」。
 映画が描いた1年は、ヘップル家ばかりが幸せそうで、他の人々に光明はなかった。
 それでも、別の年には、もしかしたら……。


家族の庭 [DVD]家族の庭』  [か行]
監督・脚本/マイク・リー
出演/ジム・ブロードベント レスリー・マンヴィル ルース・シーン ピーター・ワイト オリヴァー・モルトマン デヴィッド・ブラッドリー カリーナ・フェルナンデス マーティン・サヴェッジ ミシェル・オースティン
日本公開/2011年11月5日
ジャンル/[ドラマ]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : ヨーロッパ映画
【genre : 映画

tag : マイク・リー ジム・ブロードベント レスリー・マンヴィル ルース・シーン ピーター・ワイト オリヴァー・モルトマン デヴィッド・ブラッドリー カリーナ・フェルナンデス マーティン・サヴェッジ ミシェル・オースティン

⇒comment

階級闘争

お早うございます。
わざわざTBをいただき、誠にありがとうございます。
この映画については、登場人物の一つ一つの会話が大変面白く良い映画を見たなと思ったのですが、イザ感想を書き記そうとしたら議論したいテーマを絞りきれず、単に粗筋めいたことを書くだけに終わってしまいました。
ですから、ナドレックさんのレビューのいつもながらの高いレベルにホトホト感心いたしました。
そして、ナドレックさんがおっしゃる点からすれば、あるいはイギリスにおける労働階級とそこから抜け出た都市知識階級との階級闘争(?!)を描いたものと言ってみたら面白いかも、と思ってしまいました。
マイク・リー監督によれば、トムもジェリーも労働階級出身者ですが、今や学者とカウンセラーとして知識階級の仲間入りをしています。ですから、労働階級の姿をいつまでも晒している友人のメアリーとかケントに対しては、自分たちの出身階級を思い起こさせるようで、次第に嫌悪感を感じてきているのではないでしょうか?
特に、近づいている定年を迎えたりしたら、自分たちだってそうした姿になる恐れもあるのですから、尚更かもしれません(頼れる資産とか親類などの持ち合わせが余りなさそうですし)。
といっても、当方には、イギリスにおける「階級」の実体など何も分かってはおりませんから、いい加減な想像でしかありませんが。
それに、ナドレックさんが挙げられている「体重超過」については、米国における自殺率の低さが一部「肥満による死亡」の多さによって説明出来るとされているところから、あるいは特殊米国の特徴なのかな、また「喫煙者の知能指数(IQ)は非喫煙者に比べて低いそうだから、メアリーには他人をおもんぱかることができないのかもしれない」とあるのは、IQの買い被り過ぎではないのかな、そしてこの映画で一番目につくアルコールの問題はどうなのかな、と思ったりもしました。
雑駁なコメントで誠に恐縮です。

No title

達者な役者ばかりで、事実上の集団共同脚本の力、会話の確かさを感じます。核になる夫婦は堅実なキャリアで無理をせず、批判精神、他人へhの優しさ。中庸でもあり、己を知る。人生の百選危うからず、東洋思想の具現者であり、英国の知恵(wisdom)あふれる中間層。うーん中世なら荘園主。桃源郷思想すら感じさせます。

No title

記事のタイトルが意味深なようで恐いです。。。まあ喫煙者とか常習飲酒者のことについてはは当たらずといえども遠からずかな。私ならそれにチョコレートとジャンクフードを加えますね。マンチェスター大出の夫婦で寮の廊下で出会っていまだに穏やかに暮らす二人。一人は弁護士、一人は学者になった娘たちを持つ人(母親)が友人にいますが、なんとなくこの映画の雰囲気はわかります。この間も互いの国の中間地点で合ってきたばかりで、昔と同じ和やかな雰囲気でした。その家に長い間居候したこともあって、メアリーの肩身の狭さも少しわかりますが、私はもっと馬鹿でして堂々たる居候でした(苦笑)。こういう夫婦が中庸なら世界平和の訪れも速いぞ、と妄想します。笑ってくださいね。

こんばんは。

いやあ、ナドレックさんのこのレビューは、読みごたえありすぎ。
一気に読んでしまいました。

Re: 階級闘争

クマネズミさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
知識階級と労働階級の階級闘争との見立ては面白いですね。
日本では知識階級は壊滅状態で、寅さんの「おっ、てめぇさしずめインテリだな!」 というセリフもギャグにしかなりませんが、英国では知識階級が生きているのでしょうか。興味がそそられるところです。

ところで、自殺率と「肥満による死亡」の関係も興味深いですね。
こちら↓のサイトでも「自殺も肥満による死亡も、ともに社会的ストレスが1つの要因であるとすれば…」と書かれていますが、日本人が「死にたい」と思うシチュエーションで、米国人は「食べたい」と思うのでしょうか。
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/8800.html
少なくとも、自殺に比べれば肥満で死ぬ方が時間がかかりますから、自殺するよりは肥満に向かう方が長生きなのかも。
知能指数(IQ)については、メアリーは50代と思われるので、確かにあまり意味がないかもしれませんね。

アルコールの問題は、あえて取り上げませんでした。
飲み過ぎたり、まったく飲まないよりも、適度に飲むことで死亡率は低くなるそうですから、トムとジェリーは「適度に飲むこと」を実践しているのでしょう。
ワインをグラス一杯にとどめるジェリーと、がぶ飲みするメアリーの対比等、明らかに作り手はアルコール摂取量も意識していますが、そうは云ってもトムとジェリーも休肝日はなさそうで、最初から最後までグラスを手にし続けている印象です。
トムとジェリーがどの程度のアルコール摂取を適正と考えているのか、もっと明確に描くべきと思ったので、本文では触れませんでした。

なによりも、私もトムとジェリーのライフスタイルを真似ようとまずはワインを飲んだのですが、あえなく酔いつぶれて寝てしまい、アルコールは私には手ごわい題材だと感じた次第です(^^;

Re: No title

魚虎555さん、こんにちは。
面白い映画ですね。はじめは何でもない日常の点描のようでいながら、いつの間にかキリキリするような緊張を強いられる。最後の着地点は予想外でした。

中世なら荘園主というのは云いえて妙かも。この映画は、さしずめ村人が庄屋さんに相談に行くようなものでしょうか。
カウンセラーの資格を持つ夫婦ばかりなら、世界平和の訪れも近いのかもしれません。

そうそう、私はチョコレートもジャンクフードも好きです:-)
ジャンクフードをどう定義するかにもよりますが。

Re: こんばんは。

えいさん、こんにちは。
過分なお言葉、ありがとうございます。
本当は他の映画の感想を書きかけていたのですが、本作が魅力的なのでこちらを書かずにはいられませんでした。

No title

はじめまして。この映画をみたばかりでとてもいい映画だと思ったのですが、なんだか腑に落ちないところもあったので検索してみたところこちらのブログのレビューに出会えました。とてもわかりやすい解説で、なるほど・・・とすっきりしました。

あのラストは絶望的すぎると思ったのですが、新しい人生の一歩を踏み出せるのかもしれない・・・という一縷の望みもあるのですね。

いろいろ考えさせられる映画でした。

Re: No title

ラケルさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
ラストシーンには驚きますね。私は「えッ、ここで終わり?」と思いました。

でも、おそらくマイク・リー監督は、単に「ちゃんとしないと不幸になるよ」なんて描きたいわけではないのでしょうね。人間には弱さも駄目なところもいっぱいある。それを踏まえた上で、あなたはどうするの?と問われているような気がします。

タバコ

ケン・ローチの映画などとも相通じるものがあるマイク・リー監督ですが、こちらはいつもロンドン限定ですかね。
いまだに階級が厳然として存在し、そっちとこっちではまるで違う世界。
それが普通に隣通しに存在していることが当たり前・・という珍しい世界だなあと感じます。
そこ違いから生じる差別化や、格差を見出すのも面白いですが、アタシはこの監督の生み出す、丁寧な世界観と納得のいく物語の紡ぎ方、そして役者の妙ですかね。
ケンもマイクもタバコをうまく使いますよね。イギリスでは超高いタバコだけど、所得の低い層ほど吸うと。
人間の弱さの象徴のようなもんを感じます。

30年タバコを吸い続け、結婚してから私に毎日罵倒され続けながら吸い続けてきた亭主が、とうとう禁煙治療を始めました。これでやめれなかったら、離婚っす。

Re: タバコ

sakuraiさん、こんにちは。
えッ!離婚ですか!!
まぁ、喫煙は病気ですからね。アル中同様、誰も同情しない病気なので、しっかり治してくださると良いですね。

> この監督の生み出す、丁寧な世界観と納得のいく物語の紡ぎ方、そして役者の妙ですかね。

私も夏、いや秋まではそう思って観ていました。しかし冬のシークエンスを目にしたら、こんな感想になってしまいました(^^;
こういう作品を観ると、つくづく映画は予算の大小じゃないと感じます。

No title

何とも不思議な後味でした…
クリティック興味深く拝読させていただきました。
イギリス社会における悪習慣スパイラル/飲酒、喫煙、肥満、差別 の指摘も
鋭くおおいに納得でした♪
 
静かな話題になっていた映画でしたが、ドメスティックなテーマを扱った
イギリス芝居には関心がなかったので完全にスルーしてましたが
本日偶然『ラビットホール』と二本立てで鑑賞しました。
大変シンプルなストーリィながらも観る者たちに 登場人物個々人のディテールを
凝視させる構成や、目の高さで撮られている構図が面白かったですね。

個人的に感じ入ったのは、はじまりとおわりに映し出されるオンナの貌/カオです。

冒頭、不眠を訴える中年女性の顔=深く刻まれた眉間の皺・疑り深そうに
奥まった暗い瞳、青白く血の気のない肌や髪からは、愛の匂いは微塵もしない
冷えて黒ずんだ硬い声音でカウンセラーの問いに答えるものの早急に大量の
睡眠薬処方を急かすあたり、ふと自殺の考えがあるのかな?と感じました。
‘神よ、ココまで壮絶な孤独印をオンナの容貌に、しかもカオに刻みつけて良いものか?‘
と思わず目を逸らしてしまいました。この女性は自らを閉じてしまった表情をしています。

一方で最後、明らかに招かれざる客としてあしらわれながらも 厚かましく夫妻に甘え
「家族」たちの晩餐に連座するオンナ。心優しい夫妻は永年彼女の欠点に対し寛容でしたが、
愛する息子がようやく選び取った聡明な女性にまで牙を剥こうとしたお門違いな態度に
ビシッ!と厳しく境界線を引いてしまう、それでも鈍な彼女は寂しさの余り夫妻宅を訪問する、
話題は息子夫婦の新婚旅行、寂しくて堪らず人間のカタチをしたものならもう何でもいい!と
ばかりに、嫌悪されても群集のぬくもりに擦り寄っていくこの女性は冒頭の女性とは対照的。
改めて再認識させられるやんわりとしながらもとりつくシマもない拒絶反応は自業自得。
身の幅知らず、ないものねだりの末 いつのまにか愚かなまますっかり疲弊し老い果てて
しまった女性の表情はみじめそのもの。

人間の人生における 心と容貌の相関関係・目配り気働きといった所作から些細な話題の
チョイスに至るまで、その心や脳から発露されるすべてが運と相俟って人間の肉体を
容赦なくカーヴィングしているのだと…些細な朝夕習慣から刻まれた轍を表明するかの様に 
肉体を示しつつ今日を生きるしかない…人間って辛いナマ物なんだなぁ と感じた一本でした。

Re: No title

紺野さん、コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、本作は中年女性の顔に始まり顔に終わりますね。
そして彼女たちに大きな変化をもたらすような物語がないままに終わってしまうのが印象的です。
それはまさしく私たちの一日一日、一年一年そのものであるような。
スクリーンに映し出されているのは役者さんの演技のはずなのに、市井の人々の人生を垣間見てしまったようなインパクトがありました。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

家族の庭

 『家族の庭』を銀座テアトルシネマで見ました。 (1)予告編を劇場で見て、きっと良い映画に違いないと思って出かけたところ、期待に違わず優れた出来栄えの作品でした。  このイギリス映画では、病院でカウンセラーを担当するジェリーと、その夫の応用地質学者・トム?...

家族の庭

家族の庭@京橋テアトル試写室。

『家族の庭』

(原題:Another Year) ----明後日公開の映画ってけっこう多いよね。 まだ、『1911』も『ラビットホール』もあるのに、 なんでこんな地味そうな映画を…? 「うん。好き嫌いはともかくとして、 やはりマイク・リー監督の新作だし、 これは触れておかないわけにはいか...

『家族の庭』... ※ネタバレ有

2010年:イギリス映画、マイク・リー監督、ジム・ブロードベント、レスリー・マンヴィル、ルース・シーン、ピーター・ワイト、オリヴァー・モルトマン出演。

「家族の庭」

「Another Year」 2010 UK トムに「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!/2007」「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国/2008」「ヴィクトリア女王 世紀の愛/2009」のジム・ブロードベント。 トムの妻ジェリーに「ヴェラ・ドレイク/2004」のル...

家族の庭

冒頭、イメルダ・スタウントンが凄すぎて、ずっと頭から離れなかった。

家族の庭 ~ おもしろきこともなき世を! (2012/2/8)

ケン・ローチと並びイギリスで高い水準の映画を撮り続けている名匠マイク・リー。 市井の人々の悲喜こもごもを生き生きと描いてきた彼の最新作<家族の庭>は、ひとつの幸福な家庭とそこに集う人々との明暗を、時にユーモラスに、時にシニカルに描き出した味わい深い人間ドラマです。 地質学者の夫トムと病院のカウンセラーの妻ジェリーは、育て上げた息子も弁護士として独立し、家庭菜園を楽しみながら暮らす...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示