『ハラがコレなんで』 日本人が世界一苦手なこと

 「全員、私のおごりで。」
 一度は云ってみたいものだ、このセリフ。
 いや、『ハラがコレなんで』の主人公・原光子(はら みつこ)は、金持ちだから気前がいいわけじゃない。どちらかというと貧乏だ。でも彼女は粋(いき)だから、全員おごる。こういうときは、「粋」というよりも「気前がいい」と表現すべきだと思うが、細かいことにはこだわるまい。

 粋か粋じゃないか、それだけを基準に生きている原光子の口癖は、「オッケー」「大丈夫」「粋だねぇ」。彼女はドーンと構えて、細かいことは気にしない。
 実のところ、これは日本では極めて珍しい人物像だ。なにしろ日本人は世界一の心配性なのだから。
 関谷直也氏が10ヶ国で調査したところ、他国に比べて日本人は何にでもまず不安を持つ傾向があったという。特にありとあらゆるものに不安を感じるのが、日本人の特徴だという。
 なるほど、日本人は安全・安心にかかわるとなると目の色が変わる。

 このような特徴には、様々な理由が考えられる。
 そのひとつにセロトニントランスポーター遺伝子が挙げられよう。これは不安遺伝子、恐怖遺伝子とも呼ばれるもので、宮川剛氏によれば日本人の97%が有しているという。ちなみに、米国(白人)は77%、インドは67%、ドイツは64%、米国(黒人)は46%、南アフリカに至っては32%しかないそうだから、日本はダントツである。
 
 もちろん心配性なのは悪いことばかりではない。日本の工業製品の品質の高さや、列車運行の正確さは、心配性な消費者を相手にすることで磨かれてきたのだろう。
 だが、それは他国から見れば過剰であり、不必要なことなのかもしれない。
 ましてや今の日本は毎年3万人以上が自殺する自殺大国である。今こそドーンと構えることが求められているのではないか。

 『ハラがコレなんで』では、過去の石井裕也監督作品『川の底からこんにちは』や『あぜ道のダンディ』と同じく、大事なことを登場人物がセリフでドンドン語るので、監督のメッセージは聞き間違えようがない。
 「オッケー」「大丈夫」「粋だねぇ」。
 そこまではっきりセリフにしなくても、とも思うけれど、はっきり云わなければ伝わらない、という心配が監督にはあるのかもしれない。


 とはいえ、ドーンと構えた原光子の生き方は、単に彼女ひとりでなし得るものではない。本作では、その背景となる共同体のありようが示される。
 本作は、他人の家にもズカズカ入る長屋の住人と、生活空間の線引きを守るアパートの住人とを対比してみせる。
 これは、周りの住人みんなが顔なじみで、家の戸に鍵をかけたりしない安心社会と、ルールを明確にし、お互いに約束を守る(契約する)ことで成り立つ信頼社会の違いである。

 本作では、後者があたかもギスギスした人間関係のように見えるが、顔なじみではない状態では、「他人の家に勝手に入らないというルールを守れるか否か」で相手を値踏みするしかないのだ。顔なじみではないのに長屋と同じノリで行動する原光子が、浮いてしまうのは当然である。
 従来、心配性の日本人は不届き者を村八分にし、閉鎖的なムラ社会を作ることで安心を保ってきた。ところが現在、日本のムラ社会は維持できなくなり、契約ベースの信頼社会に移行しつつある。その過程にあって、安心社会を延命させようとするヒロインを、これまでも日本映画は描いてきた。『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』の神崎直が一例である。

 それはもはや粋かどうかとは違う問題なのだが、本作の原光子は単独行動ではなく、長屋の住人ごと行動することでプチ安心社会を実現する。
 プチ安心社会の単位は、『ハラがコレなんで』では長屋だったが、場合によっては家族や仲間かもしれない。
 それとて実はハードルが高い。他人の家には入らない、どころか、現実には親が子供の部屋に入るのすら難しいのだから、ほんの数人の安心社会ですら実現できるかどうかは判らない。

 そこで原光子が私たちに授けてくれたのが、次のような魔法の言葉である。
 「オッケー」「大丈夫」「粋だねぇ」。

 もっとも、宮川剛氏によれば、恐怖を感じているときに「怖くない」「大丈夫」と云われても、逆に怖さが強まって恐怖を増大させてしまうという。ということは、原光子の言葉は逆効果なのかもしれない(^^;
 けれども、そんな考察は、ここではしない。野暮だから。
 細かいことは気にせず、ドーンと構えて風向きが変わるのを待てば良いのだ。

               

 そして傑作なのが、同時上映の短編二部作だ。
 この短編は、「ハラがコレなんで」製作委員会の特別協力の下、ユナイテッド・シネマとムービープラスが企画制作したもので、作品としては独立したものである。
 公開も、ユナイテッド・シネマチェーンの4館のみで一週間限定の上映であり、また同時に有料チャンネルのムービープラスで放映されるのみだ。[*]

 しかし、短編二部作の特設サイトに書かれたテーマの「映画を通じてもっと元気に、もっと粋に!」は、まさしく『ハラがコレなんで』に通じるものである。
 いや、思えば『川の底からこんにちは』も『あぜ道のダンディ』も、「映画を通じてもっと元気に、もっと粋に!」がテーマだと云える。その意味で、一部、二部併せて30分だけの短編ながら、これは石井裕也監督の想いがストレートに打ち出された重要な作品だ。

 その第一部は、『ウチの女房がコレなんで』。
 娘が彼氏を連れてくるという事態を前に、お父さんは気持ちの整理ができず、まるで元気がない。彼をコントロールしようとするお母さんとのやりとりが軽妙である。
 第二部は『娘の彼氏がコレなんで』。
 いよいよやってきた彼氏を交えて、食卓を囲む4人。彼氏はいきなり「お父さん、ファイト!」なんて声をかけてくるが、お父さんにはチンプンカンプン、会話がまったく噛み合わない。はたして彼らは意思の疎通ができるのだろうか……。


 いやもう、おかしくて楽しくて、大満足であった。すでに『ハラがコレなんで』の単独興行を観てしまった人も、この短編のために再入場するべきだ。その価値はある。

 とりわけ、『川の底からこんにちは』の「政府を倒せ!」という合唱の流れを汲んだ政府批判は愉快である。
 お父さんに云わせれば、放射性物質に関することも、年間自殺者が3万人に上るのも、タバコが値上がりするのも、すべて政府のせいなのだ。お父さんは常々社会全体のことを考えており、お父さんの結論を云わせてもらえば全部政府が悪い。

 しかしこの二部作は、観客を大いに笑わせながら、本当に悪い人間を云い当ててしまう。
 それは、うだつの上がらないお父さんだ。会社ではうだつが上がらず、家ではそっくり返って政府の悪口を云ってるだけのお父さんなのだ。
 目の前のお母さんを思いやることもできず、子供とのコミュニケーションにも難儀するお父さんが世の中を悪くしたのでなければ、誰が悪いというのだろう。

 政府が悪いというなら、自分が政府高官になって政府を変えれば良い。政治が悪いというなら、自分が政治家になって政治を変えれば良い。失業率を改善したいなら自分が会社を起こして人を雇えば良いし、貧富の差を解消したいなら自分が経営者になって高い賃金を払えば良い。少なくとも、家の中で家族を相手に「政府」とやらの悪口を云ってる場合じゃないはずだ。
 そんな、お父さんにとっての痛いところを、この映画はズバリと突いてくる。
 すべては、お父さんのうだつが上がらないせいなのだ!

 でも、石井裕也監督の目は、そんなお父さんにも温かい。
 『あぜ道のダンディ』で中年男性を擁護した石井監督は、ここでもお父さんを突き放さず、何はともあれ家庭に居場所があることを示す。うだつが上がらなくても、こうしてみんなで食卓を囲めるのだ。
 「お父さん、ファイト!」なのである。


[*] 短編二部作はDVDの特典映像として収録された。

ハラがコレなんで [DVD]ハラがコレなんで』  [は行]
監督・脚本/石井裕也
出演/仲里依紗 中村蒼 石橋凌 稲川実代子 並樹史朗 竹内都子 森岡龍 斉藤慶子 大野百花 近藤芳正 螢雪次朗
日本公開/2011年11月5日
ジャンル/[ドラマ] [コメディ]

ウチの女房がコレなんで』  [あ行]
娘の彼氏がコレなんで』  [ま行]
監督・脚本/石井裕也  脚本監修/桂米紫
出演/石橋凌 竹内都子 岡本玲 森岡龍
日本公開/2011年11月5日
ジャンル/[ドラマ] [コメディ]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 日本映画
【genre : 映画

tag : 石井裕也 仲里依紗 中村蒼 石橋凌 稲川実代子 並樹史朗 竹内都子 森岡龍 斉藤慶子 岡本玲

⇒comment

No title

こんちは。

日本人が心配性なのは農耕民族だからじゃないかなあ。長期的に先の心配をしないと全員揃って飢え死にしちゃうから。

原光子って名前は原子と光子から出来てる。凄い名前だ。

Re: No title

こんにちは。
日本人は農耕民族なんでしょうか。というか、日本人を除く人々は農耕民族ではないのでしょうか。
1万5千年前には長江流域で稲作が行われていたそうですし、1万年以上前にはシリア周辺でライ麦が育てられていました。そしてエジプト、インド、ニューギニア等でも続々と農耕が始まり、アメリカ大陸でも60世紀前には穀物の品種改良をしていたそうです。映画『紀元前1万年』で農耕の始まりを描いているように、この頃から世界各地で農耕が行われているわけです。
日本で農耕が始まった時期は6500~3500年前と云われています↓が(ずいぶん幅がありますが)、いずれにしろ世界の中では遅い方です。
http://s02.megalodon.jp/2008-0608-2307-16/www.nouminren.ne.jp/dat/200203/2002031101.htm

そして現代の農業生産額の順位を見ると、第1位が中国、第2位が米国、第3位がインド、第4位がブラジル、第5位が日本、第6位にフランスだそうです。日本が堂々たる農業大国なのは確かですが、上には上がいるわけです。


「農耕民族」については、ウィキペディアによれば和辻哲郎が比較文化論として農耕民族と牧畜民族という括り方をしたことからこのような対比が使われるようになったそうですが、和辻哲郎も日本人だけが農耕民族と云っているわけではありません。

ちなみに関谷直也氏の研究によれば日本人に次いで不安を強く感じるのは英国人だそうですが(3位は韓国)、和辻哲郎はヨーロッパを「牧畜民族」に分類しています。一方、インドは「農耕民族」に分類しているのですが、本文に上げたようにインド人が不安遺伝子を持つ割合は日本人よりずっと低い。


私は農耕民族というものがあるとは思いませんが(それを認めると農業従事者と漁業等の従事者は違う民族ということになってしまう)、それはともかく農業と心配性は関係ないんじゃないかなぁ。農作物は備蓄できるので、将来の目処を立て易くなり、長期的には心配が解消されるはずです。


日英が心配性であることからすると、住んでいる場所の風土や産業から心配性になったというよりは、心配性で大陸の真ん中にドーンと構えてはいられない人たちが、いろんなものを避け、安全な場所を求めて旅した結果、ユーラシア大陸の両端の島にたどり着いたのかもしれません。


> 原光子って名前は原子と光子から出来てる。凄い名前だ。

そうですね。
万物の素ということですね!

原子と光子。

>万物の素ということですね!
お~~、そんな壮大な意味が隠されていたんですか。
わたしはてっきり「ハラ(原)」が「コレ(満つ)」だと~~

光子もね、意外と「心配性」なのではないかしら?
私もかなりの心配性なんですが
そう言う人間って安心できる場所に鼻が聞くんですよね。

オマケ短編映画>羨ましい、観てみたかったです。

Re: 原子と光子。

ほし★ママ。さん、こんにちは。
宇田川幸洋氏は主人公の名を「孕みっ子」「腹満つ子」そして「波羅蜜子」と読んで、仲里依紗は菩薩なのかと述べています(日経新聞 2011年11月4日夕刊)。
この名には様々な意味がこめられているのでしょうね。

光子も心配性なのでは、という点についてはおっしゃるとおりだと思います。
昔なら京塚昌子さんが登場して「大丈夫よ」と云えば、本当に大丈夫な気がしましたが、原光子に云われても大丈夫な気がしない。劇中、光子の周囲だってかえってあたふたしている。
結局光子がいるから大丈夫なのではなく、みんなに囲まれて光子が大丈夫だと感じているわけですね。

同時上映の短編映画は面白いです。これが観られただけでも劇場に足を運んで良かったと思います。

そんなに

ネーミングに深い意味があるとは思いもせずに見ましたが、ああだ、こうだと周りが言うのも面白いですね。
「んなもん、気にしない!粋じゃないよ」と光子が言ってるよな気もしますわ。

>はっきり云わなければ伝わらない、という心配が監督にはあるのかもしれない。
ここはあるかもですねえ。
心配性じゃない人てのは、基本居ないと思います。
心配性でありながら、そこから自分がどう行動できるかが大事なところですね。

同時上映なんかがあったんですか!!それは見たかった。
当地の上映には、残念ながらなかったです。

Re: そんなに

sakuraiさん、こんにちは。
映画は、ああだ、こうだと周りが云うのが面白いですね。実は作り手はそこまで考えていないかも知れませんが。

> 心配性でありながら、そこから自分がどう行動できるかが大事なところですね。

心配することに妥当性があるのか検証することも大切ですね。
とりあえず目に付いたリスクだけ心配して、同程度のリスクは気にせずやり過ごしている、なんてことが日常ではザラにあります。だったら目に付いたリスクだって心配しなくていいんじゃないの、というのがドーンと構えることかも知れません。

同時上映はなかなか面白い作品でした。機会があればぜひご覧ください。

No title

こんにちは。

同時上映の短編は石橋凌好きとしては非常に気になるのですが、今の時点で観ることは出来るのでしょうか・・・。

石井監督の作品は初めて観たのですが、独特の感性や世界観を持っていますね。
女性がすっぴんを晒すのは裸を見られるような恥ずかしさがあると思いますが、ほぼすっぴんのような仲里依紗の「脱ぎっぷり」はとても良かったです。これこそ一番の粋のような気がします(笑)まぁ粋って何なのかという話なのですが。

他の石井作品を観てみたくなるような、一風変わった映画でした。

Re: No title

Questさん、こんにちは。
 短編はDVDの特典映像として収録されています。とても楽しい作品です。
石井監督は独特のカラーを持った方ですね。私は『川の底からこんにちは』が特に気に入ってます。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2011年10月21日 『ハラがコレなんで』 シネマート六本木

今日は、『ハラがコレなんで』 を試写会で鑑賞です。 上映後に石井監督のティーチインがありました。 こういのって制作者の思いが聞けて、映画を観た人にとっては 酷い場合でも好印象になりますよね。 こういうのは増えてくれるといいと思います。 特に、監督だったり、...

ハラがコレなんで

ハラがコレなんで@東商ホール。 わりと空いていて良かった。

映画「ハラがコレなんで」@シネマート六本木

 今回もいつもお世話になっている「Yahoo!映画ユーザーレビュアー試写会」に招かれました。会場となったスクリーン1の客入りは7~8割くらい。映画上映後には石井裕也監督を招き、観客とのティーチインが行われた。    映画の話

『ハラがコレなんで』

----これは観る前から期待していた映画だよね。 「うん。 監督がいま注目の石井裕也。 で、タイトルが『ハラがコレなんで』。 で、ヒロインが仲里依紗とくれば、 もう、これは観たくならない方がオカシイ」。 ----だけど、普通のコメディとどう違うの? 「今回、観てみ...

ハラがコレなんで

ネットの試写会で見ました。仲さんが、粋か粋じゃないかで、人生を取捨選択する。みた

ハラがコレなんで

『川の底からこんにちは』、『あぜ道のダンディ』の石井裕也監督最新作。主演に『時をかける少女』、『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』の仲里依紗を迎えて、妊婦のヒロインが独自の“粋”の美学をもとに義理と人情を貫き通す姿をコミカルに描いたヒューマンドラマだ。?...

ハラがコレなんで/どーんと構えて、粋に生きましょう。

ハラがコレなんで監督:石井裕也/2011年/日本 仲里依紗が妊婦になって、みんなを助けます。 今年の6月に石井裕也監督の「あぜ道のダンディ」を見て、あまりにも不愉快すぎてぶちきれておりました。しかし1本だけ見て『この監督はもう見ない』というのもなんなので、「...

ハラがコレなんで ~石井裕也監督最新短編2部作つき上映!!~(2011-092)

石井裕也監督最新作。 今回この作品を見るにあたって劇場選定から ハラがコレなんで ~石井裕也監督最新短編2部作つき上映!!~ が一部シネコンで展開。 いつもなら都内の劇場をはしごしていくのだが上...

『ハラがコレなんで』をユナイテッドシネマ豊洲2で観て、光子はレザーフェイスふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆石井監督とはおそらく相性が良くない】 石井裕也監督とは相性が良くない。 いや、石井監督と交際したいとか、 抱かれたいとか、バックから犯されたいとか ...

『ハラがコレなんで』

妊娠9カ月、お腹の子供の父親であるアメリカ人の彼と別れ、お金も底をついた光子(仲里依紗)は、行くあてもなくアパートを引き払う。流れ辿り着いたのは、子供時代に両親と暮らした時代遅れの長屋。そこには寝たきりになった大家のおばちゃん(稲川実代子)と、光子の幼...

映画『ハラがコレなんで』劇場鑑賞。

石井監督の長編デビュー作の『川の底からこんにちは』が、とにかく好き♪ 『あぜ道のダンディ』は、夏の公開で、日程が取れずに

ハラがコレなんで

 『ハラがコレなんで』を渋谷のシネクイントで見ました。 (1)『あぜ道のダンディ』に続く石井裕也監督の作品であり、また、『ゼブラーマン2』や最近の『モテキ』に出演している仲里依沙が主演とのことで、大いに期待したのですが、何回も彼女の口から飛び出す「粋だねっ...

「ハラがコレなんです」お金が無くても粋と義理人情で心を掴んだ妊婦の助け合い精神

「ハラがコレなんです」は妊娠9か月の臨月を迎えたお金もない、家もない妊婦が粋と義理人情を大切にし、自分の事よりも他人の事を心配し、様々な人助けをしていく人情ドラマである ...

ハラがコレなんで

2012年の劇場鑑賞第一弾 昨年の映画でしたが、やっと近くの劇場で上映が 始まりました。 解説 臨月のヒロインが、自分のことはさておき他人のために奔走する姿を描く ヒューマン・コメディー。 『川の底からこんにちは』『あぜ道のダンディ』で頭角を...

ハラがコレなんで

タクシー代が気になって、気になって・・・・

ハラがコレなんで

ハラがコレなんで ★★★☆☆(★3つ) 粋だねぇ 「大丈夫。OK」で突き進む妊婦ヒーローの誕生。 仲里依紗好きなんですよ。変顔ができる美少女。突飛な発想と行動。主人公はそのままじゃないか?!とおも思える。 「誰かの生き様をいいなと思うのが粋」。 思わず?...

妊婦の粋なブルース 『ハラがコレなんで』

監督:石井裕也出演:仲里依紗、中村蒼、石橋凌、稲川実代子、斉藤慶子日本映画 2011年 ・・・・・・ 6点
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示