『大いなる西部』 本当に大きいものは?

 ここには映画のすべてがある。
 雄大な景色、張り詰めた空気、工夫されたアクションと起伏に富んだ物語、孤高の勇気と固い信念、ロマンチシズムと魅力的な役者たち。さらには、忘れられない印象的なテーマ曲
 1958年に公開された『大いなる西部』は、西部劇の傑作である。ところが、あまり西部劇らしくない。派手な銃撃戦はないし、主人公はヒーローとして称賛を浴びるわけでもない。そもそも、グレゴリー・ペックが演じる主人公ジム・マッケイは、西部劇なのに映画のほとんどにおいて丸腰である。
 だから観客には、これが西部劇らしくアレンジしているだけで、もっと別のものの暗喩であることがすぐに判る。

 物語は、東部の船乗りジム・マッケイが、西部を訪れるところから始まる。原題"The Big Country"の名のとおり、この地の人々は広大な西部を自慢に思っており、東部の優男なんかこの土地を見ただけで圧倒されるはずだと考えている。
 そこでは二つの勢力が争っていた。それぞれ大牧場を有するテリル家とヘネシー家である。両家は、牧場の生命線たる水源地を巡って長年にわたり対立してきた。
 実はジム・マッケイはテリル家の一人娘パトリシアと結婚するために来たのだが、敵対する相手には暴力も辞さない両家を見て、なんとか争いを止めさせようとする。

 166分という長丁場のこの映画には、主人公を暴力に引き込む数々の誘惑がある。
 ジム・マッケイはテリル家の一員になるためにはるばるやってきたのだから、常識的にはテリル家らしく振舞うべきだろう。テリル家に敵対するのがヘネシー家ならば、彼にとってもヘネシー家は敵のはずだ。実際、彼はヘネシー家から手荒な歓迎を受けてしまう。
 そしてフィアンセであるパトリシアは、荒っぽい西部男に囲まれて育ったので、彼にも同じような行動を期待する。そのためパトリシアは、彼がヘネシー家にバカにされても、牧童頭に嘘つき呼ばわりされても、喧嘩を避けて腰抜け扱いされても、平気な顔をしているのが許せない。
 彼が並みの男だったら、フィアンセたる女性に軽蔑されるよりも、喧嘩に応じて逃げない姿を見せることを選びそうなものである。

 しかしジム・マッケイは手を上げない。周りの誰もが自分を弱虫だと思い、舐めてかかり、軽蔑しきっても、唯一信頼して欲しいフィアンセにすら嫌われても、彼は暴力で得られる名声なんぞ求めない。
 拳を振るえば、たとえ喧嘩には勝てなくても、勇ましいと認められただろうに。


 前々回前回と書いてきたように、私たちは暴力には暴力で対抗しがちだ。
 ジム・マッケイがそんな行動を取らずにいられたのは、一つには彼が他の人間とは違う視点を持っていたからだろう。
 西部の人々は、彼らの住む広大な地を誇りとし、土地の奪い合いに余念がない。しかし船乗りだったジム・マッケイは、海がもっと広いことを知っている。
 テリル家の人々はヘネシー家こそ野蛮な悪党だと考え、ヘネシー家の人々はテリル家こそ卑劣な偽善者だと考え、相手に襲われたらやり返すつもりでいる。やり返さなければ舐められてしまい、立場が悪くなると思っている。しかしジム・マッケイは、どこの寄港地にも喧嘩っ早い荒くれはおり、そんな奴らの相手をしたって無益であることを知っている。
 そして忘れてならないのは、実はジム・マッケイは腕っぷしが強いということだ。腕っぷしのみならず、船乗りとして学んだ技術――とりわけ未知の土地でも迷わずに遠い目的地までたどり着く技術により、自分の身は自分で守ることができる。だからこそ挑発に乗らず、冷静に対処できるのだろう。

 ドナルド・ハミルトンが原作小説を発表した1957年、そしてウィリアム・ワイラー監督が映画化した1958年の時代背景を考えれば、本作の意味するものは明らかだ。
 それは東西陣営が対立する冷戦状況である。相手が核兵器を開発すればこちらも核兵器を開発し、相手が宇宙開発を進めればこちらも宇宙開発を進めるといった具合で、当時、世界中の人々はテリル家かヘネシー家のどちらかに属していたのだ。グレゴリー・ペックによれば、ウィリアム・ワイラー監督は本作を冷戦下の寓話として意図したという。
 両家が狙う水源地は、今なら差し詰め油田地帯かレアアースの鉱床だろう。
 その意味で、本作の寓意性は今も損なわれてはいない。それどころか、二大勢力の対立ではなく、多数のプレイヤーがしのぎを削る現代になって、本作の意義はますます大きくなったといえよう。

 私たちは今こそジム・マッケイに学ばなければならない。その気高さを、冷静さを、見習わなければならない。

 もちろん、テリル家ともヘネシー家とも渡り合うためには、共通の言語と文化がなければならない。コンテクストを共有できていなければ、両者の相違点と共通点を見極めることすら難しいだろう。
 しかしそれは決してできないことではない。
 なぜなら私たちが対峙する相手は、SFやファンタジーに登場する絶対悪ではなく、単なる人間なのだから。

 本作に登場するテリル家もヘネシー家も、それを知らなかった。海の広さを知らなかったごとく。
 現代の私たちには、海の広がりが見えているだろうか。荒波を受けても遠い目的地にたどり着く技術を持っているだろうか。


[追記]
 公開当時の米大統領ドワイト・D・アイゼンハワーはこの映画が大好きで、ホワイトハウスで4夜連続の上映会を開催したという。
 彼は大統領に就任すると、3年続いた朝鮮戦争を停戦へと導いている。

(つづく)


大いなる西部 [Blu-ray]大いなる西部』  [あ行]
監督・制作/ウィリアム・ワイラー  制作/グレゴリー・ペック
作曲/ジェローム・モロス
出演/グレゴリー・ペック チャールトン・ヘストン ジーン・シモンズ キャロル・ベイカー バール・アイヴス チャールズ・ビックフォード チャック・コナーズ アルフォンソ・ベドヤ
日本公開/1958年12月25日
ジャンル/[ドラマ] [西部劇]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : アメリカ映画
【genre : 映画

tag : ウィリアム・ワイラー ジェローム・モロス グレゴリー・ペック チャールトン・ヘストン ジーン・シモンズ キャロル・ベイカー バール・アイヴス チャールズ・ビックフォード チャック・コナーズ アルフォンソ・ベドヤ

⇒comment

血と暴力と脳天気な国

暴力と報復、許しと新たなる視点三部作(勝手に名付けてすいません)の投稿おつかれさまです。
「スーパー!」&「未来を生きる君たちへ」はもちろん観たいのですが・・・まあ案の定、地方のため公開予定がさっぱりなく、少し先の未来でDVD鑑賞になりそうな可能性大です。こんちくしょう。
まあともあれ「大いなる西部」いいですね。「わらの犬」や「冷たい熱帯魚」の主人公のように暴力の世界に身を投じることなく、自分の生き方を貫き通すグレゴリーペック演ずるジム・マッケイの〈男〉らしさと〈心〉の広さには憧れるものがあります。ラスはもどこか悲しいですが、とてもすがすがしい作品です。(これをベースに作られたロメロの「サバイバル・オブ・ザ・デッド」は残酷な結末を提示していましたが・・・)
虐殺と侵略と奴隷制度などおぞましく血塗られた行為で作られ、宗教と石油エネルギーによりさらに狂い歪み出し、その後も侵略・侵攻を続け、ピリピリとした東西冷戦後も世界一の兵器と核の保有量を誇り、血を吐きながら続ける悲しいマラソンをエンドレスで続け、赤字国責をバンバンと刷り続け(そのほとんどを日本が保有・・・)その結果が世界各国でありとあらゆるテロリズムを暴力を生みだす強大な温床となる国。
「ノーカントリー」のシガーのような不条理な死そのものとしかいいようのない怪物を作りだし、時を経るごとに絶え間なく残虐で虚無感に満ちた進化を遂げる暴力に、『もうここに自分たちのような弱い老人がいられる場所はない』と嘆く国。
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」のように〈今〉を守るために行った暴力が、〈過去〉に行った暴力の歴史を呼び戻して〈今〉を食いつぶそうとし、その束縛を断ち切るも〈今〉は冷たい結果を導き『しかし希望がないわけではない』というが決して甘くはない〈未来〉を提示する国。
「エレファント」のような子供たちの無言の叫びと銃声が冷たい祈りのように鳴り響く国。
そしてこの国だけでなく遠く離れた「ジョニー・マッド・ドック」「ダーウィンの悪夢」「ナイロビの蜂」「シティ・オブ・ゴッド」「イノセントボイス」「ホテル・ルワンダ」のように描ききれないほどの世界各国に確実に存在する暴力と貧困と差別の悪夢と未だに続く憎しみの連鎖。しかし確実にどこか存在する希望の存在。
マッケイのように生きられる人は少ないし、多ければ人間は理想郷のような世界をとっくに手に入れているでしょうが・・・それでも絶望を現実を見据えて生きていくようにしなければ、この世の中はもっともっとひどくなっていく。それを心からわかる人たちが、もっと増えてほしいものです。
そんな人間なら多くの人がなれると思うのです。
本当に大きいのは、大いなるモノは、西部よりも世界よりも広大なのモノは、その可能性を持っているのは人間の精神だと私は信じたいです。
長文失礼しました。

Re: 血と暴力と脳天気な国

アン・ノウンさん、コメントありがとうございます。
私が密かにはじめたシリーズにお付き合いいただき嬉しいです!
私の記事よりも、アン・ノウンさんのコメントの方が面白いですね。今後ともよろしくお願いします。
このシリーズは『大いなる西部』で幕とするつもりでしたが、あと一作だけ取り上げたいと思います。しばしお待ちください。

それにしても『サバイバル・オブ・ザ・デッド』が『大いなる西部』をベースをしているとは知りませんでした。がぜん『サバイバル・オブ・ザ・デッド』を観たくなりました(^^)
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「大いなる西部」

開巻早々、広い荒野を走る馬車の映像にかぶさって主題曲が流れ出すと、わくわくしてくる。 大西部の景色に実にぴったり合っている雄大なメロディは、ジェローム・モロスの作曲。西部劇音楽を特集したアルバムならもちろん、映画音楽名曲集のアルバムに入っていてもおかし...

映画「大いなる西部」観ました

製作:アメリカ’58 原題:THE BIG COUNTRY 監督:ウィリアム・ワイラー 原作:ドナルド・ハミルトン ジャンル:ドラマ/西部劇結婚のため東部からテキサスに来たジェームズ。だが婚約者の父親テリルは...

大いなる西部

1870年代のテキサス州サンラファエルでは、水源地を巡ってテリルとヘネシーの2大牧場主が対立していた。そこに、テリルの娘の婚約者・マッケイが東部よりやって来る。

大いなる西部

 思えば1950年代は西部劇の黄金時代でもあった。この期間に私は西部劇をA級B級作品取り合わせて22本観ている。『シェーン』『真昼の決闘』はその愁眉とまで書いて、迂闊にもこの作品のUPを忘れていた。1940年代の『荒野の決闘』『駅馬車』と共に私の5本の指に入る西...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示