『犬飼さんちの犬』 笑顔の裏にあるもの

 犬の登場する映画は数々あれど、『犬飼さんちの犬』はその決定打と云えるかもしれない。
 なにしろ、何のへんてつもない題名に「犬」の字が2度も登場するのだ。作り手たちの自信のほどが窺えよう。

 本作の主人公は犬飼保。姓に相違して犬が大嫌いな中年男である。何があっても角を立てずに無難に収めてしまう彼は、同僚から「いつも笑っている」と云われる。
 一方、彼が一緒に暮らすことになった犬はサモエドの「サモン」。サモエドやその血を引くポメラニアンは、口を開くと笑っているように見える。サモエドのその表情を、サモエドスマイルと呼ぶそうだ。

 本作は、いつも笑っている男とサモエドスマイルの犬との交流を描くのだが、さすがの犬飼保も大嫌いな犬には笑顔で接することができない。
 この点については、原作・脚本の永森裕二氏自身の体験が影響しているそうだ。公式サイトによれば、これまで動物映画シリーズの原作・脚本を務めてきた永森裕二氏は、自分でも犬を飼い始めることである発見があったという。
---
そして、気付いてしまった。今まで描いてこなかった事柄に。
それは…
「動物と人って、そんなに簡単に仲良くなれねぇじゃん!」
という、当たり前だが厳然たる事実だった。
(略)
そもそも動物とのコミュニケーションが大丈夫な人たちを普通に登場させて、いともたやすく動物とコンタクトしていたことが、なんかとてもやばいと思った。
今更だが自分自身に突っ込みたくなってしまった。
---

 こうして本作は、動物映画シリーズ初めての犬嫌いの男を主人公とすることになる。
 テレビドラマ版の犬飼保は、必ずしもいつも笑顔なわけではなく、不機嫌にもなれば文句も云うのだが、映画版では笑顔を基調としたことで、作品のテーマがより鮮明になっている。
 犬飼保はいつも笑顔だと思われているが、実は笑っていないのだ。彼は少年の頃に辛い思いをして、もう二度と笑わないと決意して成長してきたのだ。そんな彼が、サモンと接することで本当の笑顔を取り戻していく過程を描くのが本作である。

 とりわけ興味深いのは、彼の家庭が、実は彼の思う姿とは異なっていることだ。
 テレビドラマ『犬を飼うということ ~スカイと我が家の180日~』に関する記事「あなたの家の求心力は?」でも取り上げたことだが、犬飼家もまた家庭の求心力を失っていた。単身赴任してバラバラに暮らしていても求心力が保てていると思うのは主人公一人だけであり、他の家族は家庭に穴が開いていることに気付いている。
 そしてここでも、その穴を埋めるのは犬であった。犬が家庭を保つ求心力になってくれているのだ。
 にもかかわらず犬飼保は犬嫌いなので、犬を家族の一員として認めない限り、彼は家庭の調和を乱す存在だ。

 ここから犬飼保は、犬を含めた家庭を再認識することになる。
 気付いてみれば、妻には自分の知らない顔があった。子供たちが自分のことを「犬を怖がるお父さん」なんて思っていることも知った。
 だから、犬飼保は家族と家庭をもう一度見直してみる必要があり、その第一歩がサモンとの絆を結ぶことだった。
 こうして犬飼保は、自分が単身赴任しているあいだに出来上がっていた「父親抜きの家庭」に、改めて新参者として参加するのだ。


 ひとつ付け加えるならば、私は先に「サモエドは笑っているように見える」と書いたけれど、これは決してサモエドが笑ってないということではない。
 犬飼保の笑顔は作り笑いだったが、犬はそんなことはしない。笑って見えるときは、本当に笑っている。犬は緊張したり警戒しているときはそもそも口を開かないし、機嫌が悪ければたとえ口を開いてもへの字形だ。笑顔に見えるのは、リラックスして、機嫌の良いときなのだ。
 本作でも、犬を嫌うのは人間の方であり、犬は最初から人間に寄り添っている。犬はいつだって笑顔で待っているのだ。


犬飼さんちのサモンくん from 「犬飼さんちの犬」 【DVD】犬飼さんちの犬』  [あ行]
監督/亀井亨  脚本/永森裕二
出演/小日向文世 ちはる 木南晴夏 池田鉄洋 徳永えり でんでん 佐藤二朗 清水章吾 小野花梨 矢部光祐 松本秀樹
日本公開/2011年6月25日
ジャンル/[ドラマ] [コメディ] [犬]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 日本映画
【genre : 映画

tag : 亀井亨 小日向文世 ちはる 木南晴夏 池田鉄洋 徳永えり でんでん 佐藤二朗 清水章吾 小野花梨

⇒comment

No title

あいも変わらず、
佐藤二朗のコミュニケーションが取れない感が
犬と人間の中間にいる者みたいでよかったです。

Re: No title

ふじき78さん、こんにちは。
本作は、キャスティングが肝になってますね。
ストーリー上はほとんど意味のない佐藤二朗さんですが、強烈な印象を残しました。
また、『毎日かあさん』でもお馴染みの矢部光祐くんが、相変わらずスポーツ刈りでいい味出してたと思います。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

犬飼さんちの犬

犬飼さんなのに犬が大嫌いと言う主人公が単身赴任先から久々に帰宅すると家には大きな犬がいた…。1人と1匹が徐々に絆を深めてゆくと共に、家族の絆までもが強くなってゆくハートウォーミングストーリーです。主演は小日向文世。共演にちはる、木南晴夏、池田鉄洋、佐藤...

『犬飼さんちの犬』をシネマスクエアとうきゅうで観て木南晴夏かーいーなふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆強烈に面白くはないけどいいホームドラマ。役者はみんないい味】 犬が苦手な犬飼さんが単身赴任中に家に犬を飼われてしまうという軽コメディー というより ...

犬飼さんちの犬(2011-047)

離島にある「スーパー バスコダガマ鳥ヶ崎店」 に勤務する48歳の平社員・犬飼保(小日向文世)は、 妻の潤子(ちはる)や子どもたちと離れて寂しく単身赴任中。 ある日、本社へ出張することになり、犬飼は...

■映画『犬飼さんちの犬』

犬が大嫌いな犬飼さんと、犬飼さんちの飼い犬・サモンがだんだんと心を通わせて行く過程を描いた、映画『犬飼さんちの犬』。 いつも笑っているような顔をした、真っ白でフサフサなサモエド犬のサモンがとっても可愛らしく、犬好きな人は、もうメロメロになってしまうに...

【犬飼さんちの犬】犬が嫌いな犬飼さん

犬飼さんちの犬 監督: 亀井亨    出演: 小日向文世、木南晴夏、ちはる、池田鉄洋、でんでん、清水章吾、徳永えり、清水章吾、小野花梨、矢部光祐 公開: 2011年6月            ...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示