『犬を飼うということ ~スカイと我が家の180日~』 あなたの家の求心力は?

 2007年10月4日放映の日本テレビ『スッキリ!!』に愕然とした人も多いだろう。この日の「ペット処分場の実態」と題された映像は、それほど衝撃的だった。
 とりわけ私がショックを受けたのは、子猫の処分を依頼しにきた家族である。子猫を育て始めて2ヶ月、一家で海外旅行へ行くことになったのだという。旅行中は世話できないから、処分してくれと子猫を持ってきたのだ。
 子供たちはワンワン泣いている。しかし、父親が「じゃあ、旅行は止めるのか?猫がいたら旅行できないよ。旅行、行きたいだろ?」と尋ねると、子供たちは泣きながらも「行く」と答えた。母親は「この2ヶ月でいい勉強ができました」と云い、一家は子猫を置いて去ったのである。
 ドキュメンタリー『犬と猫と人間と』に登場したマルコ・ブルーノ氏が「地獄だ」と呟いたのは、この国のことである。

 だからこそ、『犬を飼うということ ~スカイと我が家の180日~』の第8話のセリフは印象深かった。
 病気の飼い犬スカイの面倒を看るという兄妹に、獣医が釘を刺す。
 「そのかわり、夏休みとか、どっこも遊びに行けないぞ。」
 兄「え~。」
 妹「はい!」
 兄「…はい!」
 獣医はスカイを撫でてやる。「お前は幸せ者だ。」

 脚本家の寺田敏雄氏が、くだんの『スッキリ!!』を見たかどうかは知らない。
 しかし、このセリフには、ペットと暮らす人間のあるべき姿が込められていた。


 思えば母・幸子は、当初は犬を飼うことに反対していた。生活が苦しいこともあって、犬を見たときには「こんなのにやる食べ物があったら、もっと子供たちに食べさせたいわよ!」と怒鳴っていた。その幸子が、番組後半では、どんなに経済的に苦しくてもスカイを手放そうとはしなかった。
 父は家の貯金箱から金をちょろまかしたりしていた。子供も同様にコソコソ悪さをしていた。別に、取り立てて変わった家庭ではない。ごく普通の、意思の疎通が希薄な家庭であった。
 ところが、スカイの病状が進行する頃には、スカイの腹水を抜いてやるために、家族みんなで協力するようになっていた。母が注射器を手にして、子供たちがスカイを押さえ、父が消毒してやる。みんなスカイのためにかかりきりになっていた。
 これこそ、ごく普通の一家が、スカイを中心に結束したことを示す場面であった。


 かつて日本では、子供も親と一緒に働くことが多かった。畑仕事にしろ漁にしろ、親から学ぶことが多かった。そこでは、親は仕事の師であり、職場のリーダーでもある。生活のすべてが親を中心に回っていた。
 ところがサラリーマンの時代になると、親は勤め先へ行ってしまい、子供にとっては何をしている人なのか判らなくなった。子供は子供で、学校で先生から学ぶようになり、親から教えてもらうことは少なくなった。
 こうしたことも、家庭から求心力が失われた一因かもしれない。
 池田信夫氏は次のように述べている。
---
サラリーマンは子供に仕事を継承せず、子供は親とまったく別の学校というコミュニティで生活する。家で親と一緒にテレビを見たり電話したりするより、ケータイで友人と会話している。このノマド的なコミュニケーションを「世帯」単位でみることは無意味だ。社会のサラリーマン化によって、家庭という究極の中間集団も崩壊しつつあるのだ。
---

 ところが、ペットには職場なんてない。学校もない。帰宅の途中で立ち寄る飲み屋もない。ただひたすらに家族の帰りを待ち、家族と一緒に過ごしたいと思うだけだ。
 現代において、空前のペットブームを迎えたのは偶然ではあるまい。
 家庭という集団が崩壊しつつありながら、ペットにとっては家庭だけが全世界である。そして家庭という集団を信じ続けるペットの存在が、家庭にとっても求心力として働くのかもしれない。

 番組サイトの作品紹介には、「壊れかけた家族に一匹の子犬が加わったことから始まる物語」と綴られている。
 まさしくこれは現代日本に顕著に見られる中間集団の崩壊に、抗う家族の物語だ。父はサラリーマンを辞め、子供にも判りやすい職業に就いた。家族はみんな小犬のために何ができるかを考えた。
 私たちが家庭に求心力を持たせたいと思うなら、そのための努力が必要なのだ。


 『犬を飼うということ ~スカイと我が家の180日~』全9話を見てつくづく思うのは、タイトルに偽りなしということだ。ペットと暮らすということ、ペットを失うということ、そのすべてが描かれていた。
 多くの家庭が直面することなのに、ペットロスの問題を正面から取り上げたのもテレビドラマとしては珍しいだろう。
 ペットと過ごすことが、いかに私たちにとって大切か、それを改めて感じさせるドラマであった。


金曜ナイトドラマ「犬を飼うということ ~スカイと我が家の180日~」オリジナル・サウンドトラック犬を飼うということ ~スカイと我が家の180日~』  [テレビ]
監督/本木克英、遠藤光貴、橋伸之、木内麻由美  脚本/寺田敏雄
出演/錦戸亮 水川あさみ 田口淳之介 武田航平 吹越満 杉本哲太 泉谷しげる 久家心 山崎竜太郎 鹿沼憂妃 森脇英理子
放映日/2011年4月15日~6月10日
ジャンル/[ドラマ] [犬]

映画ブログ ブログパーツ
関連記事

【theme : 犬を飼うということ
【genre : テレビ・ラジオ

tag : 本木克英 錦戸亮 水川あさみ 田口淳之介 武田航平 吹越満 杉本哲太 泉谷しげる 久家心 山崎竜太郎

⇒comment

Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示