『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』 晴れた日は映画を観よう

 「晴れた日は映画館へ行こう」というのは、『ホタルノヒカリ』の主人公・雨宮蛍が、ユナイテッド・シネマ浦和のオープンのために考えた惹句である。

 天気の良い週末、別になんの予定があるわけでもなく、特に急いでやることもない。せっかくだから今日は一緒に映画でも観て、おいしいものを食べようか。
 そんなときの「映画」とは、「映画を観る」という行為の目的物ではなく、「おいしいものを食べる」までの時間をつぶす前座だ。
 いや、時間をつぶすというよりも、時間を共有することに意味がある。映画館の座席に並んでスクリーンに向かうということが、自宅でテレビを見るよりはそこそこ非日常で、旅支度をして旅行するよりは日常で、ちょうど手頃な外出先なのだ。

 そんな気分のカップルが映画館へ行くならば、『冷たい熱帯魚』の破壊エネルギーを浴びたり、『白いリボン』の重さを受け止めちゃダメだ。

 そういうときこそ、『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』の出番である。
 なんたって『たのしい旅行』だから、晴れた日に合うことは保証されている。それも「楽しい」じゃなくて「たのしい」だ。お気楽で、のんびりしていること間違いなしである。
 子供を一緒に連れていくのもいい。「大」とか「木」とか、子供でも読める漢字が安心感を醸し出している。
 映画の後の食事の際は、できればテーブル席に差し向かいに座るのではなく、カウンター席に並んで座るのがいい。
 同じ方を向いて、同じ言葉を繰り返すと、人は共感と安堵を覚えるということは、私たちが小津映画から学んだことだ。

 そうして、一緒に映画を観て、一緒に食事をして、一緒に家へ帰る。また楽しからずや。


 『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』は、そういう映画である。
 新婚なんて云っても、4年も同棲していたので、もはやラブラブではない。そんな夫と妻が、同じところを歩き、同じものを見て、何気ない会話をやりとりする。
 地獄の一本道を歩くときは振り返っちゃいけないというお約束のルールまであり、夫婦は否応なしに同じ方を向きながら旅することになる。
 『たのしい旅行』に嘘偽りはなく、『新婚』さんが『地獄』を巡る。タイトルそのまんまの内容を、観客は楽しめば良い。

 気になる地獄の構造は、ダンテの『神曲』地獄篇と同様である。
 入口こそ、地獄の門ではなくて汚れたバスタブから進入するが、地獄の内外で上下が逆さになっているところなど、『神曲』でルシファーが地獄には顔を出しているのに煉獄山には足を出している構図を思い出す。
 夫婦が漏斗状の穴を延々と降りて行くのは、ウェルギリウスに導かれたダンテが地獄を抜けて天国を目指す様に似ている。

 ということは、あの穴の先にあるのは天国界なのか。
 なーんだ、それはここじゃないか。


大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 【Blu-ray】大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』  [あ行]
監督/本田隆一  原作・脚本/前田司郎
出演/竹野内豊 水川あさみ 樹木希林 片桐はいり 荒川良々 橋本愛 でんでん 山里亮太 柄本明
日本公開/2011年5月14日
ジャンル/[コメディ]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 日本映画
【genre : 映画

tag : 本田隆一 竹野内豊 水川あさみ 樹木希林 片桐はいり 荒川良々 橋本愛 でんでん 山里亮太 柄本明

⇒comment

こんばんわ

TBありがとうございました♪

普通におもしろかったです。
全部バカなのに、妙に説得力がありました(笑)
夫婦2人のダラっとした会話が逆にリアルでした。

あの地獄はダンテの「神曲」がベースとなっているのですね!
妙な説得力はそのためでしょうか(笑)

Re: こんばんわ

maru♪さん、コメントありがとうございます。

> 普通におもしろかったです。

そうですね、普通に面白いです!
夫婦の、仲悪いでもなく仲が良いでもなく、突っ込みそうで突っ込まない会話が、リアルで楽しいですね。

『神曲』がベースとまで云えるかどうか判りませんが、入口へ戻らないこととか、奈落の底が出口になっていることとか、いくつか共通点がありました。

晴れた日に観てきました。

おっしゃる通りのシチュエーションで観ました。
友だちとの食事の約束までの時間。
観終わって出てきたら晴れ渡った青空。
食事は、もちろんおいしく頂けました。
メニューが、ビーフシチューだったら微妙だったかも知れませんね。
トラバを送らせて下さい。

Re: 晴れた日に観てきました。

ほし★ママさん、コメントありがとうございます。
観終わった後に、楽しく会話する気分になれる映画ですね。
それにしても、この映画の後にビーフシチューだったら受けますね!
映画の中では、ビーフシチューを食べてないんですよね。やっぱり風呂のお湯は飲めないということでしょうか。

No title

こんちは。

ゆるゆるでしたね。

そのゆるゆる具合が嫌じゃないのは主演二人のダメだけどいい人感が抜群に高いからでしょう。あの水川あさみがキャンセルせずに風呂場に入った瞬間に観客は「大丈夫だ」と安心する。

Re: No title

ふじき78さん、こんにちは。
こんなにだらけた映画は珍しいかもしれませんね。
結果的にだらけてしまう映画はありますが、意図的にだらけさせてくれる映画は貴重かと思います。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大木家の楽しい旅行 新婚地獄篇(2011-030)

大木信義(竹野内豊)と妻の咲(水川あさみ)は 新婚にもかかわらず、すでに倦怠(けんたい)期を迎えているような状態。 新居に引っ越しをしてみたものの雰囲気が良くなることもなく、痴話げんかが絶えない...

『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』

'11.05.03 『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』(試写会)@東商ホール yaplog!で当選。いつもありがとうございます。試写会応募する際には、そのタイトルやドタドタっぽいチラシが、竹野内豊のイメージと一致しないなと思いつつ、GW目の保養枠ということで行ってきた。 ...

[映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』を観た]

☆非常に面白かった。  ジャンルで言うと、ちょいハートフル・シュール・ファンタジー&コメディってとこか?  交際期間が長く、惰性で結婚、初夜にして倦怠期に突入してしまった二人が、ひょんなことから地獄を旅行することになり、そこでお互いの存在を再認識するに...

『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』(竹野内豊&水川あさみ)

※追補でネタバレに触れているかも。ご注意を! ----この映画、キャスティングがオモシロいよね。 「うん。つい最近、 小出恵介 との熱愛が報道された水川あさみ (『彼岸島』『今度は愛妻家』)と、 『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』の熱演も記憶に新しい竹野...

大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇

人気劇作家・前田司郎の小説を映画化。新婚早々の倦怠期を迎えた夫婦が何と地獄への旅行を通じて愛情を取り戻すコメディー映画だ。主人公の夫には『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』の竹野内豊がコメディ初挑戦。その妻に「のだめカンタービレ 最終楽章」シリーズの...

大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇

(C)映画「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」製作委員会  大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 公式サイト 【公開日未定:2011年5月公開】 監督:本田隆一 脚本: 原作:前田司郎「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」 【キャスト】 竹野内豊,水川あさみ,柄本時生,樹木希林...

『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』 独創!絶妙!で、最後にほろりとやられちゃうコメディの傑作!

『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』 (C)映画 「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」製作委員会 新宿バルト9での初日舞台挨拶付きの回、観てきました! しかも最前列! 上映後には、キュートで気さくな主演のお二人と監督による舞台挨拶があり、楽しそうな...

映画・大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇

原作の感想はこちら↓ 前田司郎「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」 脚本は原作者でもある前田司郎さん こういう映画大好きです 夫、のほほんとした信義・竹野内豊 コメディを演じる竹野内さん ファンの方には受け入れOKなのでしょうか? 金城武...

映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』劇場鑑賞。

ゴールデンウィーク明けの土曜日、母の顔を見に和歌山に行きました。 最近、途中で必ず立ち寄るのが「天理PA」(公式サイト)

映画「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 」次は天国編もあるのかな

「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 」★★★ 竹野内豊、水川あさみ、樹木希林、 片桐はいり、荒川良々、柄本明 出演 本田隆一監督、 121分、2011年5月14日公開 日本,ギャガ (原作:原題:大木家のたのしい旅行)                      → 

■映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』

竹野内豊と水川あさみが、長い同棲を経て、なし崩し的に結婚してしまった新婚カップルを演じたコメディ映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』。 あんまりコメディのイメージが亡い竹野内豊ですが、テンション低めの脱力系演技が、妙にこの映画の世界観にハマってい

大木家のたのしい旅行

 『大木家のたのしい旅行』を新宿バルト8で見てきました。 (1)『太平洋の奇跡』では随分とシリアスな演技をしていた竹野内豊と水川あさみが、本格コメディに初めて出演するというので、新婚早々倦怠期に陥っている二人が「地獄」に行くとしても、そこは従来のものとは大...

大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇/竹野内豊、水川あさみ

どこかで竹野内豊さんがコメディー映画に初挑戦したと聞いて、あの二枚目俳優が大丈夫かなと思いましたけど、劇場予告編を観たら案外イケるじゃないの?という感じだったので楽し ...

『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』。

『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』を観てきた。 地獄旅行に出かけた、すでにマンネリ新婚夫婦。 現世とはちょっとだけどこかおかしな地獄世界。 あんなことやこんなことに巻き込まれたり、あんな人やこんな人に出会ったり。 そんなことを繰り返しながら、次第に2人は...

大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 (2011日本)

邦画「アバター」でケータイ・キャラクターにのめり込んでしまう少女を演じた橋本愛が、洋画「アバター」を連想させる全身青い少女で登場する映画です。というか、一般的には今年の日本アカデミー賞で最優秀作品賞に輝いた「告白」で注目されたというべきなんでしょうね。…

『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』

同棲4年を経て成り行きで 結婚した二人の新婚旅行の 行き先はなんと地獄!! 【個人評価:★★ (2.0P)】 (劇場鑑賞) 原作・脚本:前田司郎

『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』をシネマート六本木2で観て、本田らしいなふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆押し寄せるような笑いじゃないから誉めづらいんだよなあ】 一番いいのがチラシのデザイン。 このチラシのデザインに こんな風に映画が作られるべきだとい ...

映画:大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇

 暗い話題が多いので、楽しい作品を観たいということで、大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇を見てきました。まぁ、本音は水川あさみの入浴シーンなんですけどね(^^;;

大木家のたのしい旅行/新婚地獄篇

劇作家・前田司郎の同名小説を「市民ポリス69」の本田隆一監督が映画化。新婚ながら倦怠期のカップルが、ひょんなことから地獄へ新婚旅行に出かけることになる顛末を描く。出演は ...

大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇

すでに倦怠期のような新婚さんの大木信義と妻の咲。竹野内豊さんとか久々に見た気がする。妻は氷川あさみさん。 彼らが赴くことに成る「地獄」は、入り口がデパートの屋上のバスタブだったり血の池がビーフシチューだったりと、はちゃめちゃでゆる~い作品になってました...

大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇

大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 ★★★★☆(★4つ) 面白いっ!これ。声出して笑っちゃった。 ゆる~い感じと、「そうそう!それ思う」っていうツボを押さえている。 細かい、くだらないことに男って「適当にそうだね、とか言っておけばいいのにいちいち突っ掛る?...

【大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇】地獄、往復19800円、こけし付き

大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 監督: 本田隆一    出演: 竹野内豊、水川あさみ、樹木希林、片桐はいり、荒川良々、でんでん、橋本愛、柄本明、鈴木福、平田敬士 公開: 2011年8月   ...

DVD「大木家のたのしい旅行 新婚地獄編」探していたもの

パパンが大絶賛して、300回くらい面白いから見ようよ~というので、ようやくDVDをレンタル。 ダルダルでゆるゆる加減が絶妙なハートウォーミング・コメディーは、ねえねも大気に入り♪
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示