『岳 -ガク-』が示した落としどころは?

 レスキュー物とでも呼べば良いか。
 災害・遭難現場での救助活動は、手に汗握る展開にしやすいことから、これまで多くの作品が作られてきた。

 代表例は、古くは『タワーリング・インフェルノ』(1974年)だろうが、近年の邦画作品では海上保安官による海難救助を描いた『海猿』シリーズや、東京消防庁のハイパーレスキュー隊の活躍を描いた『252 生存者あり』が容易に思い浮かぶ。

 『岳 -ガク-』は、同じくレスキュー物の系譜に連なる映画ではあるものの、先に挙げた作品群に比べるといささか地味な印象なのは否めない。山岳遭難事故は、超高層ビルの大火災や巨大台風の襲来、あるいは船舶の沈没に比べると、迫力ある映像を作りにくいし、遭難者の数は1名か2名、多くてもせいぜい十数名なので、数百人を助ける作品よりもスケールが小さく感じられるだろう。
 しかし、だからこそ派手な映像や特殊効果のオンパレードにならず、人命救助の瀬戸際に臨む救助隊員一人ひとりの活動が焦点となる。


 本作は、長野県警北部警察署の山岳遭難救助隊に配属された新米隊員・椎名久美の成長をたどる物語である。
 久美は、命令に違反してでも遭難者の救助を試みたり、平然と遺体を崖から投げ落とす行為に反発したりと、レスキュー物の新米にありがちな行動を踏襲していく。通常なら、その過程で隊長や先輩たちとぶつかったり、その思慮深さに気づかされて隊の一員として馴染んだりしていくことだろう。

 ここが難しいところだ。
 命令に違反してでも救助に向かうことや、個々の遭難者に執着して感情的になるのは、観客にとっては判りやすい。目の前で苦しんでる人を見捨てたり、冷徹な計算だけで結論を出すよりも、同情という大切な感情に基づいて行動する方が共感できるからだ。

 これは脳の働きによるものである。
 私たちは「新しい脳」(論理や言語などをつかさどる新皮質)を発達させて文明を築いてきたが、その奥底には「古い脳」(感情や意欲などをつかさどる辺縁系)があって、思考・行動の根本は「古い脳」に支配されている。
 だから様々な判断が同情に基づいて行われることについて、池田信夫氏は次のような例で説明している。
---
みのもんたが代表しているのは、感情をつかさどる「古い脳」である。同情は、人類の歴史の99%以上を占める小集団による狩猟社会においては、集団を維持する上できわめて重要なメカニズムだ。感情は小集団に適応しているので、「高金利をとられる人はかわいそうだ」といった少数の個人に対する同情は強いが、規制強化で市場から弾き出される数百万人の被害を感じることはできない。
---

 映画やテレビドラマの多くは、観客が共感し感動するように作られるので、感情に訴えかける物語になる。すなわち、「古い脳」を刺激する作りである。
 そこで、命令違反してでも救助に向かう主人公らが英雄的に描かれる。

 しかし、それは真の葛藤ではない。
 本当に辛い現場では、二次遭難を避けるために遭難者を見捨て、生きている可能性が残っていても切り捨てるだろう。
 感情と論理が相反する中での決断こそ、レスキュー物の作り手が描くべき葛藤ではないか。


 映画『岳 -ガク-』の1番の見どころは、この部分にあると思う。
 本作では娯楽作品の常として、通常はあり得ないような大事故が起こる。そのとき救助隊員たちが迫られるギリギリの判断が映画の肝である。

 そこで、本作の主人公・島崎三歩(しまざき さんぽ)が、警察署の山岳遭難救助隊の一員ではなく、山岳救助ボランティアである点が効いてくる。椎名久美は警察組織の一員であり、彼女にとって隊長の命令は絶対だ。ところが三歩は民間人であり、職務として隊長の命令を聞かねばならない立場ではない。
 もちろんボランティアとはいっても本来無謀な行為が許されるはずもなく、山岳遭難防止対策協会(遭対協)の一員としても慎重に行動すべきである。しかし、冷徹な判断を下さざるを得ない隊長と命令を守るべき隊員、そして何としても遭難者を助けたいという救助者の思い、それらを両立させるには、三歩の立場は絶妙だ。

 山の恐ろしさを描いた映画としては、ドイツ・オーストリア・スイス合作の『アイガー北壁』が壮絶である。この作品で登山家を見舞う過酷な運命は、観客にも苦い思いを強いる。
 娯楽作としてそこまで辛口にはできない中で、『岳 -ガク-』は一つの落としどころを示したのかもしれない。


岳 -ガク- Blu-ray豪華版(2枚組)岳 -ガク-』  [か行]
監督/片山修
出演/小栗旬 長澤まさみ 佐々木蔵之介 石田卓也 渡部篤郎 市毛良枝 石黒賢 矢柴俊博 やべきょうすけ
日本公開/2011年5月7日
ジャンル/[ドラマ] [アドベンチャー]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 日本映画
【genre : 映画

tag : 片山修 小栗旬 長澤まさみ 佐々木蔵之介 石田卓也 渡部篤郎 市毛良枝 石黒賢 矢柴俊博 やべきょうすけ

⇒comment

お子様にも分かりやすい改善案

ピンチになると右脳三歩と左脳三歩に分裂したのちに再び合体。無敵の仮面クライマーWとなって山岳救助しまくるというテコ入れ案はどうでしょう。もちろん、長野県の山岳救助隊も全てイケメンで揃えます。

No title

感情と冷静さの相克が論点という点には同意なのですが、落とし所を提示できているかというと私はNOだと思います。結局感情で突っ走った久美も、冷静に対処した隊長も両方結果オーライになっちゃってる。三歩は超越しちゃってるんで、エンターテイメントとしては絶妙でも現実線であれが落とし所となるとちょっと納得感はないです。

救助隊の隊長としては線の細そうな隊長のあり方が一番興味深かった。椎名の親父の隊長としてのあり方を否定して(あの失敗を繰り返すなという部分と、一種ライバル視してる部分と両面あると思う)捜索を中止したことが、実は現場の力を信頼ことであって現場もそれに応えたみたいなリーダーシップ論につながったりすればそれはそれで落とし所になるとは思いますが、良く言えばあえてそうはせず観客に結論を委ねた、悪く言えばそこまで深いプロットを用意できなかったというように感じました。

No title

ナドレックさんの説得力のあるレビューを読ませて頂くと
確かにそうだなぁ~と、頷いてしまうのですが
街に出て道に迷うシーンとかが、あまり必要と思えず
盛り込み過ぎに感じてしまったのでした。
トラバを送らせて下さい。

Re: お子様にも分かりやすい改善案

ふじき78さん、こんにちは。
おおお!それは面白そうです。
そして最強のライバル、どんな晴天でも遭難する男が出現!

Re: No title

luckyparaさん、コメントありがとうございます。
そうですね、現実での落としどころとしてはあり得ないですね。
ただ、私としては、また(^^;)命令違反で突っ走ってもメデタシメデタシになるのかと思っていたので、救助を打ち切る隊長、命令を守る隊員、脚を切る決断を迫られるヒロインを描いたことで、「娯楽作としては」良くやったと思います。

おっしゃるとおり、本作の三歩はある種のスーパーマンです。また、三歩は公務員ではなく、作品に登場する組織(この場合は山岳遭難救助隊)の一員でもないことから、能力面でスーパーマンであるのみならず、他の登場人物では立ち得ないポジションにいるデウス・エクス・マキナです。
本来は主人公が担うはずの葛藤や成長を久美が体現し、三歩はデウス・エクス・マキナとして機能する。それをどう捉えるかがポイントの一つでしょう。
近年の邦画の娯楽作では、公務員に命令違反をさせたり、ルールを破らせて、それを肯定的に描くことがあります。作り手も受け手も、そういう発想の危険性をあまり認識していないようですが、本作は(デウス・エクス・マキナに頼りつつも)それを避けたという点で、娯楽作としての落としどころなのかなと考えた次第です。
本当は、デウス・エクス・マキナなんか持ち出さずに、『アイガー北壁』のような厳しさを打ちだしたら快哉を叫ぶところですが、老若男女向けにシネコンで上映する作品でそれは難しいのでしょう。


現場の力を信頼するリーダー像も面白そうですが、組織論を提示し続けた『踊る』シリーズで、その仕上げとして現場を信頼するリーダーを描こうとした『踊る3』を観ると、作品に結実させるのは難しいようです。

Re: No title

ほし★ママさん、コメントありがとうございます。
道に迷うシーンは余計でしたね。三歩にも不得意なことがあるのを示して、一面的なスーパーマンにならないようにバランスを取ろうとしたのかもしれませんが、映画の流れを悪くしてしまったのは否めません。
まぁ、気になるところがいろいろあるのは確かです(^^;

すごーーい!

きっと作ってる方は、そこまで全然考えてなかったと思うなあ。
少々現実離れした都合のいい存在で、こういう人がいたらいいなあ~という願望の結集で、彼は三歩マンなのかなあと。
レスキューものと言うより、スポ根ものに見えました。久美ちゃんの成長物語。スポ根の王道だったと思います。で、そこに常人には絶対越えられない超人がいる。そんな感じでしょうか。
「アイガー北壁」は、現実の話ですから、ちょっと違う味わいでしたが、「運命を分けたザイル」とか、「K2」とか、山ものは結構ありますね。
何気にダライ・ラマの脱出劇の「クンドゥン」とかもすごい!
最近見た「180°SOUTH」も見ごたえありました。
絶対山登りはしないのですが、山の映画は見てます。ずるいですかね~。

Re: すごーーい!

常々、作り手には、そこらへんを整理した上で取り組んでもらいたいと思っています。
往々にして見かけるのが、「新しい脳」に訴えるような問題提起で観客の目を引いておきながら、途中から感情を揺さぶって「古い脳」にカタルシスを感じさせて良しとしてしまう作品です。あるいは、「古い脳」が感動に震えているところに、本来「新しい脳」で処理すべき問題を滑り込ませてしまう…。
とりわけ、ヒットしているのに賛否が分かれている作品などは、評者もこれらの点が未整理だったりするようです。
我々受け手の姿勢も大切ですね。

スポ根ものというのはおっしゃるとおりですね。スポ根ものとして見れば、三歩はさしずめ星一徹?
私も山登りはしません。山岳映画を観るたびに、山登りはしたくなくなります:-)

ナドレックさん、こんばんは。トラックバック送らせていただきましたのでよろしくお願いします。
 生死を見極める力は相当経験を積まないと分からない事ですから、久美ちゃんの行動や考えははあまりにも素人すぎます。
 が、お客さんには話がよくわかりやすかったのではないかと思います。
 このヒロインはまるで、朝ドラみたいでした。(笑)
 ベテランでも遭難するのが山の怖いところですね。あんなに綺麗な景色は本当にありがとう!!という気持ちになりましたよ!!ヾ(^∇^)

ではでは
失礼いたします

Re: タイトルなし

愛知女子さん、こんにちは。
なるほど、朝ドラのヒロインですか。
久美が醸し出すむず痒さは、たしかに朝ドラと共通しているかもしれません。
いっそ三歩の出番を半減させた方が、より朝ドラっぽくなって判りやすいかも?!
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

岳 -ガク- 小栗旬がSuperかっちょいい!

【=22 -6-】 子供の頃、母はニュースで登山事故の悲報に接するたびに、まだ幼い自分たちに「山行って死んできたら殺すで。」といつも言い聞かせていた。 きっとそのせいだ、自分が海に向かうのは「山は危険だ、母に殺される」と潜在意識に刷り込まれているからだ。  ...

岳 -ガク-

これ久美ちゃん主役じゃね? 念願の「岳」を観た 初日のレイト なかなか入っている 客層は若いおねーさんから還暦すぎた方まで わたしはちなみに、 原作ファン層、山みたい層です 観る前...

映画:「岳(ガク)」♪。

平成23年5月8日(日)。 映画:「岳(ガク)」。 【監  督】片山修 【原  作】石塚真一 【脚  本】吉田智子 【音  楽】 佐藤直紀 【キャスト】小栗旬 (島崎三歩)・長澤まさみ (椎名久美)・佐々木蔵之介 (野田正人)       石田卓也 (阿久…

岳 -ガク-

とにかく進もう。とにかく歩こう!!! 

劇場鑑賞「岳 -ガク-」

大盛りのナポリタンが食べたいよ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105090003/ 岳-ガク- (小学館文庫) posted with amazlet at 11.05.05 涌井 学 石塚 真一 小学館 (2011-03-04) 売り上げランキン...

岳 -ガク- [監督:片山修]

山岳映像に全てのエネルギーを注ぎ込み、それ以外はできるだけ安く上げた感じの映画。山の映像は美しく、原作の様々なエピソードをうまくまとめた物語にじんわり泣けたりはするが、ドラマ演出が決定的に物足りない。

岳‐ガク‐

「岳‐ガク‐」 監督 片山修 原作 石塚真一 出演 小栗旬(島崎三歩) 長澤まさみ(椎名久美) 佐々木蔵之介(野田正人) 石田卓也(阿久津敏夫) 矢柴俊博(座間洋平) やべきょうすけ(安藤俊一) 浜田学(関勇) ...

岳-ガク‐ (試写会)

漫画が原作だからか、主人公はちょっと現実離れしたスーパーマンでした。 三歩(小栗旬)は世界の山々を踏破して、今は北アルプスで山岳ボランティアをしている「山バカ」。地元の山仲間や山岳救助隊からの信頼は絶大で、冒頭ではクレバスに落ちた登山者を救助する。 ...

まほろ駅前多田便利軒/岳 -ガク-

最近観た邦画2本まとめて。 上映時間はいずれも2時間越え。 しかしながら、体感時間には大きな差があった。

[Review] 岳 -ガク-

ビッグコミックオリジナルの連載漫画として人気を博している、『岳 みんなの山』の映画化作品。山岳救助ボランティアの島崎三歩を中心に、山岳救助隊と登山者、そして山に魅せられた人たちとの交流や人間ドラマが描かれています。 基本的には、山で遭難したり、怪我や病

岳 -ガク- ULTIRA版/小栗旬、長澤まさみ

東宝のお姫さま映画です(笑)。コケるわけにはいかないからでしょうか、テレビでのプロモーション活動がここ最近目立ってましたね。何故か食べてばかりいる長澤まさみさんでしたけ ...

岳 -ガク-

監督は片山修 原作は石塚真一の同名人気漫画。 小栗旬の主演で映画化、 山岳ドラマ、 そしてヒューマンドラマです。 山を心から愛し、 登山者の命を守る、 山を知り尽くした山岳救助ボランティア、 島崎三歩を、小栗旬が演じています。 共演は長澤まさみ、佐々木蔵...

岳 -ガク-

試写会で見ました。山岳救助隊のお話です。私は、小栗君も長澤まさみちゃんと一緒の、

『岳』をパルコ調布キネマで観て、長澤まさみは好演だけど雪山遭難はやはり裸で抱きしめあわないとふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆普通に面白いよん】 ・「じゃあ、クイズです。山に捨てちゃいけない物って何だ?」  「……酒と涙と男と女」 ・「三歩さんっていったい何者なんですか? ...

岳 -ガク-

評価:★★★★☆【4,5点】(14)(10) もの凄いことを、いとも簡単に!しかも楽しいそうに!!!

2011年5月1日 『岳』 よみうりホール

本日の2本目 『岳』 を試写会で鑑賞です。 (今回はyaplog!さんの招待です。 感謝!感謝!) 【ストーリー】  世界の巨峰を登り歩き山をこよなく愛する島崎三歩(小栗旬)は、山岳救助ボランティアとして登山者の命を守ってきた。春、長野県警山岳救助隊に配属され

『岳 -ガク-』・・・よく頑張った、また山においでよ!

北アルプスの山岳救助ボランティア島崎三歩。遭難者に対する彼の温かい接し方が何よりもまず印象に残った。

岳 -ガク-

2011/05/07公開 日本 126分監督:片山修出演:小栗旬、長澤まさみ、佐々木蔵之介、宇梶剛士、光石研、中越典子、市毛良枝、渡部篤郎 生きる。標高3,190m 気温-25℃命は、命でしか救えない。 世界の巨峰を登り歩き山をこよなく愛する島崎三歩は、山岳救助ボランティ...

映画 「岳 -ガク-」

映画 「岳 -ガク-」

岳 -ガク-

人気コミック「岳 みんなの山」を原作に、山岳遭難救助をリアルに描いた 山岳ドラマ。高度な山岳技術を持ち、山の恐ろしさを知る主人公には原作を 愛読していたという小栗旬がふんし、高所恐怖症にもかかわらず氷壁登りや 懸垂下降に挑む。ヒロインの新人救助隊員を、小…

映画『岳-ガク-』試写会にて鑑賞。

【Q:山に捨ててはいけないモノ】 4月27日 小学館試写会(名古屋市公会堂にて)  ★★★☆ 山岳救助ボランティアの三歩

岳-ガク-

2011年5月8日(日) 16:15~ TOHOシネマズ日劇2 料金:1300円(有楽町の大黒屋で前売り購入) パンフレット:未確認 『岳-ガク-』公式サイト 「海猿」パターンの漫画原作、人命救助物。 一本筋が通っているストーリーでなく、ドラマの焦点がはっきりしない。いく

映画「岳 -ガク-」

映画「岳 -ガク-」を鑑賞。

『岳-ガク-』

'11.05.01 『岳-ガク-』試写会@よみうりホール yaplog!で当選。いつもありがとうございます。全然予備知識なかったのだけど、GWだし小栗旬くん主演だし、目の保養に行ってきた。実はこの前に1本イタリア映画祭で『アルデンテな男達』(仮題)を見ているのだけど、諸事情

岳-ガク-

実際のところ、ああいう人はいるんでしょうか?山の専門家さん、教えてください。

「岳 -ガク-」感想

 石塚真一原作の人気コミック(小学館ビッグコミックオリジナル連載)を、小栗旬、長澤まさみのW主演で映画化。  世界の名峰を制覇し、「山そのもの」と称される山岳救助ボランティア・島崎三歩と、北部警察署の新人山岳遭難救助隊員・椎名久美の、山に携わる人々との...

【岳 -ガク-】を映画鑑賞!

山に捨ててはいけないもの、それはゴミと・・・  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】雄大な北アルプス山系。そこには、誰よりも山を愛する男・島崎三歩(小栗旬)がいた。世界中の巨峰を登り歩いてきた三歩は、山岳救助ボランティアとして...

「山の兄ちゃん」 に、感動した!~『岳-ガク-』

 北アルプス山系でテント生活を送る島崎三歩(小栗旬)は、山岳救助ボランティ ア。誰よりも山を愛し、山岳救助隊長・野田(佐々木蔵之介)に「山そのもの」と まで言わしめる男。新人救助隊員・久美(長...

岳 ガク

原作:石塚真一「岳」。映画『岳 -ガク-』監督:片山修。(C)2011「岳 -ガク-」製作委員会 (C)2005石塚真一/小学館。人を愛し、山を愛する男。島崎三歩が日本アルプスを舞台に繰り広げる感動の人間賛歌!!...

映画鑑賞【岳ーガクー】「また山においでよ。」今回は奥穂高岳♪

上映時間125分 【キャスト】 小栗旬 長澤まさみ 佐々木内蔵助 石田卓也 矢柴俊博 やべきょうすけ 浜田 学 鈴之助 尾上寛之 波岡一喜 森 廉 ベンガル 宇梶剛士 光石 研 中越典子 石黒 賢 ...

映画『岳-ガク-』

 「ビッグコミックオリジナル」連載のコミックを、小栗旬、長澤まさみ主演で映画化した山岳ヒューマンドラマ。山の映画っていうと、僕はどうしても『クリフハンガー』をイメージしちゃうんですが、さすがにテ...

『岳 -ガク-』

新米女性山岳救助隊員の 1年間の成長ぶりを描く... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞) 原作:石塚真一 小栗&長澤 『ロボコン』以来7年ぶりの共演

岳-ガク-

(C)2011 「岳-ガク-」製作委員会 (C)2005 石塚真一/小学館『?岳-ガク- 』( 2011年?東宝?125分 )監督:片山修 脚本:吉田智子 主演:小栗旬、長澤まさみ????????? Official ▼ / Wikipedia ▼ /?Kinejun?▼????????? (P)岳-ガク-いかにもテレビのディレクターが撮

岳-ガク-(2011-034)

石塚真一の人気コミック「岳 みんなの山」実写映画化。 Twitterのフロワーさんに実際山登りが趣味だというひと兼映画関係のお仕事を している人のツイートによれば突っ込みどころ満載だそうですがストーリ...

【岳-ガク-】

監督:片山修 出演:小栗旬、長澤まさみ、佐々木蔵之介、石田卓也、市毛良枝、渡部篤郎  生きる。 「島崎三歩は世界中の山を登り歩き、現在は住所を持たず山に住み山岳救助のボランティアをしている。北部警察署山岳救助隊の隊長野田は三歩の先輩、そこに新しく配

△『岳-ガク-』▲ ※ネタバレ有

2011年:日本映画、片山修監督、小栗旬、長澤まさみ、佐々木蔵之介、石田卓也、市毛良枝出演。

『岳-ガク-』

よく頑張った。映画も主演女優も東宝もよく頑張った。良くも悪くもそんな感じの映画でした。 東宝がフジテレビとロボット抜きで『海猿』シリーズのような映画を撮ろうとして挑ん ...

『岳 -ガク-』

□作品オフィシャルサイト 「岳 -ガク-」□監督 片山修 □脚本 吉田智子□原作 石塚真一 □キャスト 小栗 旬、長澤まさみ、佐々木蔵之介、石田卓也、市毛良枝、渡部篤郎■鑑賞日 5月28日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5...

映画:岳 -ガク-

 最近暑いよね~。この映画見たら少しは涼しくなるかなぁ。と言うわけで今回の記事は岳 -ガク-です。

「岳」、小栗旬と長澤まさみのコンビです

監督:片山修 出演者 島崎三歩:小栗旬 椎名久美:長澤まさみ 山荘食堂のおばちゃん:市毛良江 山岳隊隊長:佐々木蔵之介 山岳隊隊員:石田卓也 125分、2011年制作 東宝映画 山岳人間ドラマは直ぐ幕を開ける。 不注意な行動で雪山を登っていた青年が滑り落ち ク?...

岳 -ガク-

原作漫画は存在を知ってたくらい。山岳救助隊員の話なのですね。 人一倍山を愛す小栗旬演じる島崎三歩のもとに、新人隊員の椎名久美(長澤まさみ)がやってくる。彼女は懸命に過酷な訓練を乗り越え成長していくが、実際の救援者を助けることが出来ないでいた。そんな折、...

No.295 岳 -ガク-

山を知り尽くした山岳救助ボランティアの島崎三歩が暮らす山に、新人救助隊員の椎名久美がやってくる。久美は三歩の指導の下、着実に成長していくが、自身の未熟さや厳しい自然の ...

岳-ガク-

DVDでの観賞 解説 人気コミック「岳 みんなの山」を原作に、山岳遭難救助をリアルに 描いた山岳ドラマ。 高度な山岳技術を持ち、山の恐ろしさを知る主人公には原作を愛読し ていたという小栗旬がふんし、高所恐怖症にもかかわらず氷壁登りや 懸垂下降に挑む。...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示