劇場版アニメ『忍たま乱太郎 忍術学園 全員出動!の段』 保健委員の誇りを持て!

 【ネタバレ注意】

 昨年、観客の涙をこれでもかと搾り取った『おまえうまそうだな』の、藤森雅也監督の最新作ということで、劇場版アニメ『忍たま乱太郎 忍術学園 全員出動!の段』に足を運んだ。
 尼子騒兵衛(あまこ そうべえ)氏による原作マンガ『落第忍者乱太郎』は25年も連載しており、テレビアニメも18年も放映されているにもかかわらず、私はいずれもまったく目にしたことがなく、こんな状態でこの映画を楽しめるのか、いささか疑問だった。

 しかし、「楽しめるのか」なんて杞憂だった。
 それどころか、腰が抜けるほど驚いた。

 なんちゅう面白さだ!
 みんな、18年もこんなに面白いアニメを見ていたのか!25年もこんなに面白いマンガを読んでいたのか!!
 今回の劇場版は原作の37巻がベースだそうだが、朝日小学生新聞はこんな骨太の物語を連載しているのか!!!

 たぶん、何をどう褒めたって、『忍たま乱太郎』ファンは先刻ご承知なのだろう。
 それにしても、忍者らしい諜報活動と、「全員出動」に相応しい大陰謀への流れは、一瞬たりとも退屈させないスピード感があっぱれだ。さらに、迫力の合戦へ向けてぐいぐい盛り上げる手腕は見事で、『七人の侍』を彷彿とさせる。
 そもそも、忍者が主体となって合戦を行う作品は珍しいのではないか。忍者といえば、派手な合戦の裏側で諜報活動に励んだり暗闘するのが常だった。もちろん、史実としては伊賀勢が織田軍と戦った天正伊賀の乱もあるが、忍者映画での合戦は私には新鮮だった。
 時代考証もしっかりしており、たいへん勉強になる。要所々々で忍術学園の先生たちが生徒に講釈する場面があり、観客も大いに学ぶことができる。原作者尼子騒兵衛氏は史学を学んだ方なので、そのスタンスがアニメにも受け継がれているのだろう。


 そんな中でも、とりわけ唸らされたのは、劇中に登場する大人たちが、ちゃんと大人であることだ。どの人物も、大人としての思慮と責任感を自然に体現しているのだ。
 そして子供はあくまで子供だ。それは決して甘ちゃんという意味ではない。溌剌とした元気さや、何ごとにも怯まない向こう見ずな言動等、子供の特権を存分に活かした彼らはキラキラと輝いている。

 そればかりではない。学園で保健委員を務める乱太郎は、いくさの中で敵兵に叫ぶ。
 「ちゃんと治療しますから、安心して投降してください!」
 これは現代日本人にとって痛烈な言葉である。すくなくとも、過去百年の日本人はこういう発想ができなかった。第二次世界大戦当時を描いた映画『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』では、日本兵が米兵に「『投降』ではなく『抵抗をやめろ』と云ってください」と依頼する場面がある。当時は「投降」なんて考えそのものがないことになっていて、投降を勧告されても対応できなかったのだ。この点については、以前の記事「『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を惑わせる3つの「原作」」に述べたところである。
 ところが、乱太郎たち保健委員は、敵味方の区別なく治療に当たると共に、戦場の兵たちに投降という選択肢があることを気付かせる。

 うん、この映画を観る小学生たちは、きっと20世紀の日本とは違う文化を築いていくことだろう。
 それは保健委員の義務と使命を誇らしく思う世の中になるはずだ。
 本作は、そんな期待を抱かせてくれる映画だった。


 一つ書き添えるならば、本作の「全員出動」にはいささか面食らう。
 ふじき78さんは本作の感想で次のように述べている。
---
 惜しむらくは私が一見さんだったので
 通常のキャラの多さにちょっと付いていけなかったことだ。
---

 一見さんだから話が判りにくいということではない。
 どのキャラクターもはじめて見るので、久しぶりの再会や、頼もしい人物の再登場などの喜びを、分かち合えないのだ。きっとこの世界に慣れ親しんだ観客にとっては、とてもワクワクする場面ばかりなのだろう。
 それを共有できなかったのがちょっと悔しい。


劇場版アニメ 忍たま乱太郎 忍術学園 全員出動!の段  スペシャルプライス版 [DVD]忍たま乱太郎 忍術学園 全員出動!の段』  [な行]
監督/藤森雅也  脚本/浦沢義雄  原作/尼子騒兵衛
出演/高山みなみ 田中真弓 一龍斎貞友 河本準一 田村亮(ロンドンブーツ1号2号)
日本公開/2011年3月12日
ジャンル/[ファミリー] [アクション] [コメディ] [時代劇]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加

【theme : アニメ
【genre : 映画

tag : 藤森雅也 浦沢義雄 尼子騒兵衛 高山みなみ 田中真弓 一龍斎貞友 河本準一 田村亮

⇒comment

TB御礼

ナドレック様、初めまして。星野かえると申します。
先程はトラックバック、どうもありがとうございました。

ナドレック様は、忍たまを今まで見たことがないとのことで、
ご感想、非常に興味深く読ませて頂きました。

『おまえうまそうだな』と同じ監督だったとはこちらで初めて知りました!
ナドレック様の硬派で博識な文章、とても勉強になりました。
ファン以外の方もこのように絶賛して下さったことも、とても嬉しかったです。

>「ちゃんと治療しますから、安心して投降してください!」
ナドレック様がご指摘のように、乱太郎のこの言葉が作中で最も痛烈でしたね。
文字通り、心が痛い一言でした。

Re: TB御礼

星野かえるさん、コメントありがとうございます。
『忍たま乱太郎』のテレビシリーズはこんなに長く続いているのに、長編映画が作られるのは本作が初めてと知って驚いています。
実に見応えのある映画で、心に刺さるセリフがたくさんありました。
これからも、乱太郎の長編映画が作られることを期待したいですね(まずは実写版が控えていますが)。

そんなに

すばらしい出来なら、18年近く(多分)ずっと料理しながら、脇で見てきたあたしは、見に行かないとならないでしょうか。何代にもなるテーマソングも歌えますよ!
来週、時間見てみます!

Re: そんなに

sakuraiさん、こんにちは。
もう、私の頭の中では『勇気100%』のメロディーがぐるぐる渦巻いています。
とにかく、日本はもっと忍者映画を世に送り出すべきだと思うので、アニメ及び実写の両面作戦で『忍たま乱太郎』に取り組むワーナー・ブラザースは見る目があります。

おそれいります

こんちは。

記事は読んで知っていたんですが、今、ツイッター春の陣に巻き込まれて、というか、自ら入って行ってしまってなかなか身動きが取れなく、今頃のこのこ参上になりました。

手慣れたもんだなあと思うけど、人物が多すぎてアタフタしちゃいました。キャラの混同もしちゃったかもです。三池版はアニメの出来がいいだけにちょっと心配ですね。

Re: おそれいります

ふじき78さん、こんにちは。
怒涛のごとくツイートしてらっしゃいますね。凄いです:-)
登場人物の多さには正直参りました。たぶん、チラッとしか登場していない人も、ちゃんと背景のある人なんでしょうね。
三池監督のハードルは高いですね。先にこれだけの作品を見せられてしまうと。

どうもどうも!

参上するのが遅くなりました。
まったくもうの右手で、さっぱり動かせず、息子が骨折った時の苦労を今更知った母ちゃんでした。
いやいや、よく出来てました。いつものテイストでしたが、いつもはあんまり保健委員としての活躍は少ないんですよ。どっちかと言うとドタバタが多くて。
なので映画向きにきっちり思想を述べ、主張し、見事な展開にしてたと思います。
今も毎日、夕方6時ごろからやってますから、どうぞ!
ウチの中学生は、可能なときは今も見てます。でも、漫画は漫画・・・みたいですわ。残念ながら。

Re: どうもどうも!

sakuraiさん、こんにちは。
手が使えないのは辛いですね。ご自愛ください。

なるほど、いつも保健委員としてはりきってるわけではないのですね。だとすると、映画で保健委員としての凛々しい姿を見て、惚れ直しちゃうファンもいるかも:-)
忍術学園には低学年から高学年まで生徒がいて、それぞれ個性があるので、幅広い視聴者に受け入れられるのかもしれませんね。

忍たまは

原作者からして時代考証に拘ってるようでした。
詳細はインタビューを読んでみてください。
劇場版『忍たま乱太郎 』原作者・尼子騒兵衛氏インタビュー

この映画はギャグシーンとシリアスシーンで気合が違うと思いました。 明らかにシリアスシーンの方が力入ってるような感じです。

同じ監督(藤森さん)のおまえうまそうだな映画版もシリアスシーンの方が上手いと思いました。

もしギャグとシリアスの差がこの監督によるものだとしたら 「もしかしてあまり子供向け、特にギャグ路線は向いてない人なのかな?」と思います。

脱線してしまいますが過去の履歴を見ると最近はあまり子供向けらしい仕事はしておらず 「おまえうまそうだな」が初監督?だったみたいです。 その辺も、「あまり子供向け、特にギャグ路線は向いてな い人なのかな?」と思わされる部分かもしれません。 この人はたまにTVシリーズの忍たまに演出、もしくは絵コ ンテとして来るのですが最近はあまり子供向けらしくない 回を担当してます。 17期で演出として来た時は普段の10分アニメの単発話とは 思えないスピード感も目立ちました。 19期で絵コンテとして来た時は、普段の10分アニメの単発回としては異質の全体的に静かな雰囲気でした。

Re: 忍たまは

JHさん、こんにちは。
尼子騒兵衛氏は歴史を学ばれただけあって、時代考証にしっかり取り組まれていますね。
ギャグシーンとシリアスシーンについて、私は特に気合が違うとは思いませんでしたが、TVシリーズを見ている人の感想は異なるのかもしれませんね。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

忍たま乱太郎 忍術学園 全員出動!の段

先週、忍たまの映画見て来た。 凄く良かった。 あれだけの大人数、かつ、超豪華声優陣で、 よく作ってくれました。ありがとう! 主役からして高山さんですし、 主役以外のキャラに関俊さん、置鮎さん、石田さん、保志さんって! ここまででも充分過ぎるのに! 他多数...

■映画『劇場版アニメ 忍たま乱太郎 忍術学園全員出動!の段』

なんと、1993年に放送が開始されたアニメ「忍たま乱太郎」。 この作品が、アニメ放送開始から19年目を迎え、初めて長編映画化されました! それが、この映画『劇場版アニメ 忍たま乱太郎 忍術学園全員出動!の段』。 私は、1993年にはじゅうぶん成長していたので、こ...

『忍たま乱太郎 忍術学園全員出動!の段』をユナイテッド・シネマズ豊洲12で観て、『おまえうまそうだな』なんだなふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆実力的には星四つの映画だけど、あの登場人物の多さにはちょっとまいって星一つ減】 去年の子供映画の収穫の一本である『おまえうまそうだな』 の監督、藤 ...

劇場版アニメ「忍たま乱太郎 忍術学園 全員出動!の段 」

とっても良く出来てた。あっという間の75分だった。秀作。

「劇場版忍たま乱太郎 忍術学園全員出動の段!」感想

ウッキーです。 アニメネタはこちらで記事にしてたりして。 劇場版アニメ 忍たま乱太郎 忍術学園 全員出動!の段 スペシャルプライス版 [DVD] (アマゾン) 2011年3月12日劇場公開、同年7月22日にDVD&BDが発売になった「劇場版忍たま乱太郎 忍術学園…
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示