『人生万歳!』 なぜ今この作品なのか?

 ウディ・アレンは、なぜ今になってこの作品を世に送り出そうと考えたのか?
 『人生万歳!』に感じた疑問はそれだった。

 本作の脚本は、元々70年代にゼロ・モステルを主演に迎える予定で書かれたものだ。ところが1977年の彼の死により、この脚本はお蔵入りしてしまう。2008年、全米俳優組合のストライキが噂されると、急いで映画を撮り上げる必要を感じたウディ・アレンは、この脚本を引っ張り出して完成させたのだという。
 映画の制作は2008~2009年、熾烈な大統領選において、民主党のバラク・オバマが「Change」を訴えていたころである。いくらストライキ回避のためとはいえ、30年以上前の脚本を今になって世に問うからには、ウディ・アレンなりの「時代の要請」を感じたに違いない。
 それはいったい何なのか?

 米国在住の高濱賛(たかはま たとう)氏による近年の米国に関する記事を読んで、腑に落ちるものがあった。

  オバマ政権下で深まる「国内分裂」と「狂気の銃弾」
  アリゾナの「政治テロ」の背景に淀む「空気」

 高濱賛氏は、記事の中で、立て続けに起こった政治テロ及び未遂事件を取り上げている。
 一つは、2011年1月8日、米西部アリゾナ州ツーソンで、民主党のガブリエル・ギフォーズ下院議員が銃撃されたこと。
 もう一つは、1968年に暗殺された公民権運動指導者マーティン・ルーサー・キング牧師の誕生日を祝う1月17日に、西部ワシントン州のパレード・ルートに時限爆弾が仕掛けられていたこと。
 高濱賛氏はそれらの事件に触れながら、いま米国では保守派とリベラル派との意見対立が深化し、先鋭化し、暴力的になっていると述べる。
---
 意見対立を煽りたて、「銃の文化」の存続の旗振りをしているのは、なにをか言わん、アメリカの一部メディアである。

 保守系の一部メディアは、分裂の溝をさらに押し広げるべく、無教養で品のないアジを繰り返してきた。主な旗振り役を演じてきたのは、ビル・オーライリー、ラッシュ・リンボー、グレン・ベックといったテレビやラジオのコメンティターだ。
(略)
 厄介なことに、これら保守反動ラジオやテレビが他の局を上回る視聴率を誇っている。特に「中西部や南部の教育程度の低いプアホワイトには馬鹿受けしている」(中道良識派のスティーブ・クレモンズ「ニューアメリカ財団」副理事長)のが実情だ。
---

 60~70年代にカウンターカルチャーが勃興し、性の解放が叫ばれ、米国は変化した。
 にも関わらず、いまや保守反動が吹き荒れて、人々の間に対決と憎悪が強まっている。
 ニューヨークでの制作費高騰を避けて、2005年以降はヨーロッパで映画を撮ってきたウディ・アレンが、敢えてニューヨークを舞台にした『人生万歳!』を発表したのは、このような米国の状況に危機感を抱いたためではないだろうか。

 高濱賛氏の記事は続く。
---
 なぜ、こんなことになってしまったのだろうか。

 1つには、アメリカ全体が内向きになり、意見対立の対象が、自分の身の周りの「食うこと」、「住むこと」に絞られてきたからではないだろうか。

 冷戦構造が崩壊し、アメリカ人が一致団結して戦う敵はいなくなった。2001年9月11日の米東部同時多発テロに直面し、イスラム教過激派という共通の敵を見つけたはずだった。しかし、あれから9年もたち、「報復」で始まったアフガニスタン戦争もイラク侵攻も今では遠い彼方の出来事になってしまった。

 大統領がクリントン→ブッシュ→オバマと継承されるなかで、アメリカ人は急速に内向き傾向を深めた。
---

 ウディ・アレンによれば、30年前の脚本を引っ張り出すに際しては、社会的・政治的なネタは見直したものの、スクリプトは同じだという。
 『人生万歳!』の登場人物たちは、まるで60~70年代をなぞるかのようにカウンターカルチャーに触れ、性の解放を体験し、その変化を歓迎する。そこでは中西部や南部の教育程度の低い白人、絵に描いたような共和党支持者を茶化す一方、高等教育を受けた東部の白人の嫌味ったらしさもネタにする。
 この映画が公開される数ヶ月前、米国の大統領は、8年務めた共和党のジョージ・W・ブッシュから民主党のバラク・オバマに変わった。興味深いことに、かつてウディ・アレンが脚本を用意していた1977年も、共和党のジェラルド・フォードから民主党のジミー・カーターに変わる年だった。

 本作は保守反動へのカウンターであるとともに、対決と憎悪に染まりつつある人々を笑いで解きほぐす。
 そして世界は LOVE & PEACE に溢れていることを思い出させるのだ。


人生万歳! [DVD]人生万歳!』  [さ行]
監督・脚本/ウディ・アレン
出演/ラリー・デヴィッド エヴァン・レイチェル・ウッド パトリシア・クラークソン ヘンリー・カヴィル エド・ベグリー・Jr
日本公開/2010年12月11日
ジャンル/[コメディ]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
関連記事

【theme : 恋愛映画・ロマンティックコメディ
【genre : 映画

tag : ウディ・アレン ラリー・デヴィッド エヴァン・レイチェル・ウッド パトリシア・クラークソン ヘンリー・カヴィル エド・ベグリー・Jr

⇒comment

保守化傾向?

『人生万歳!』に関して、不遜ながらクマネズミも、ナドレックさんと同じような疑問を抱きつつ何も分からず途方に暮れておりましので、今回のナドレックさんの論評を大変興味深く読ませていただきました。
ただ、コメント欄の字数制限のため単刀直入に言わせていただくと、ナドレックさんが依拠しておられる日経BPの記事は、その疑問を解くためのものとしてそれほど適切なのかな、と思いました。
というのも、「映画の制作は2008~2009年」なのに対し、高濱氏の記事は、オバマ氏が大統領に就任し2年経過後に起きたアリゾナ州銃乱射事件を専ら議論しているからです。
更に同記事のめぼしい主張は、「大統領がクリントン→ブッシュ→オバマと継承されるなかで、アメリカ人は急速に内向き傾向を深めた」ことを挙げている点でしょう。
ですがこうした単線的な議論では、2009年にオバマ氏が大統領に就任したことがうまく説明出来ないのではないでしょうか?というのも、保守化・内向き傾向が次第に高まってきているとしたら(特に、当時の保守化傾向の高まり自体、ウディ・アレンにわざわざメガホンをとらなければとまで思わせたとしたら、相当深刻だったはずです)、保守派の大きな標的とされるオバマ氏が、どうして大統領で圧勝できたのでしょうか?
むしろ、保守過激派メディアの広まり→草の根保守「茶会」の広まり→アリゾナ乱射事件という流れは、オバマ氏の大統領就任以後のものではないでしょうか?仮にそうだとしたら、映画制作の背景が、クマネズミにはまたヨクわからなくなってしまうのですが。
何一つ米国事情を知らない者の実にいい加減な戯れ言に過ぎませんが、それにしても高濱氏の記事にはインプットミスが目立つのではないかと思いました(「これまでかたくなに規制してきた銃」?)。
大層不躾な書きぶりになっていると思います。大変申し訳ありません。どうかお許し下さい。

Re: 保守化傾向?

 クマネズミさん、こんにちは。
 コメントありがとうございます。

 高濱氏の記事の「これまでかたくなに規制してきた銃」という部分は文脈的におかしいですね。「これまでかたくなに規制を拒んできた銃」の誤りかもしれません。

 私も格別米国事情に詳しいわけではありませんので、いろいろなご意見をいただきたいところです。
 高濱氏の記事はオバマ氏の大統領就任後に激化した保守反動から書き起こしていますが、ここで注目すべきは「大統領がクリントン→ブッシュ→オバマと継承されるなかで、アメリカ人は急速に内向き傾向を深めた」という記述だと思います。もちろん、ビル・クリントンが大統領になった1993年から毎年一定量ずつ保守化したわけではなく、あるときは共和党よりに、またあるときは民主党よりに揺れ動きつつ、10年単位のときを経てテロ騒ぎが相次ぐ国になってしまったということでしょう。政権末期のジョージ・W・ブッシュの支持率は惨憺たるものでしたが、共和党が支持を失っていたわけではありません。2008年の大統領選挙は民主党のバラク・オバマが制しましたが、世論調査では共和党候補のジョン・マケインがオバマを上回ったこともあるし、また選挙の結果獲得した選挙人数は365人vs173人なのでオバマの圧勝に見えますが、これはほとんどの州が「勝者総取り方式」を採用しているためで、一般投票の得票率は52.92%vs45.67%と接近しており、世論を二分していたといえるのではないでしょうか。
 ジョージ・W・ブッシュ政権下で愛国者法が制定され、アフガニスタン戦争とイラク戦争が始まり、そしてまた「戦争に負けるくらいなら、選挙に負けた方がまし」と公言するジョン・マケインと、ある意味ジョン・マケイン以上に過激なサラ・ペイリンが大統領・副大統領候補になって、相応の支持を集めている。この状況をウディ・アレンがどう考えていたかは知りませんが、本作の主人公ボリスだったら、口を極めて罵るでしょう。

 もちろん、ウディ・アレンは政治的プロパガンダのために映画を作っているわけではありません。
 ただ、本作は通奏低音として「変化を恐れるな」というメッセージが感じられますし、「Change」をキャッチコピーとするオバマが大統領にならんとする中で、「いまこの作品を世に送り出してもおかしくない」という認識はあったことでしょう(でなければ出すはずがない)。

 本作の米国での公開は、バラク・オバマの大統領就任の数ヵ月後ですが、さすがのウディ・アレンもその後オバマ大統領の支持率が急速に低下して、米国内の対立がここまで激化するとは予想していなかったかもしれません。

Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画:人生万歳! Whatever Works 強力なアイコンを得て、アレン節「超高速回転」!!

ウディ・アレンの新作。 2010-09-15にもアップしているが、久々にNYに帰ってきたウディ・アレン。 しばらく映画の舞台を、イギリスやバルセロナに求めていたが、やっと帰ってきた。 元々、NY子で、撮る映画はほとんどNYマンハッタン(Annie Hall、Manhattan etc...)、地...

人生万歳! 【拗れても ちょっと変でも 幸せです】

『人生万歳!』 Whatever works 2009年・アメリカ=フランス ウディ・アレン監督40作目、NY舞台の軽妙洒脱コメディ。  東京では恵比寿ガーデンシネマ単館上映中。ウディ・アレン映画といえば恵比寿ガー...

ウディ・アレン『人生万歳!』

注・内容、台詞に触れています。ウディ・アレン監督記念すべき40本目の作品『人生万歳!』。久しくニューヨークを離れロンドン、バルセロナを舞台とした映画を撮っていたアレンが古巣に戻っての(しかも、いささか

『人生万歳!』

Whatever Worksクリエーター情報なしRazor & Tie 『人生万歳!』 2009年(米)監督ウディ・アレン ●ウディ・アレン流ハッピーエンディング  本作のオープニングから笑えない観客は、恐らくウディ・アレンが...

人生万歳!

評価:★★★☆【3,5点】(10) 世の中をこれだけ否定していれば、あとは案がいと楽かも。

人生万歳!

『それでも恋するバルセロナ』など語り部ウディ・アレン監督の通算40作品目のラブコメディー。久々に舞台をヨーロッパからニューヨークに戻し、偏屈な天才物理学者とちょっとおバカな田舎娘の奇妙な恋愛模様を描き出す。主演にコメディアンのラリー・デヴィッド、共演に...

人生万歳!/ラリー・デヴィッド、エヴァン・レイチェル・ウッド

ウディ・アレンはもうニューヨークで撮るのはやめたんだと勝手に思い込んでいたので、予告編を観てアレレ?と思いましたけど、監督40作目となる本作は舞台を久々になるニューヨー ...

人生万歳!

なんとも素晴らしい偶然! ほとんどあ然とするご都合! しかし嘆く事なかれ、人生全て偶然のなせる業。 そう思えば、まさに《人生 BANZAI!》である。 人生万歳! 英題:WHATEVER WORKS 監督・脚本:ウディ・アレン 撮影:ハリス・サヴィデス キャスト/ラ...

人生万歳!

ウディ・アレン監督通算40作品目、NYが舞台のヒネクレ恋愛狂奏曲!? って言ったら観にいくよね、しかもガーデンシネマ最後の上映作品。 恵比寿ガーデンシネマの休館が発表されたの ...

『人生万歳!』はある種の達観からくる一席だよ。

   今週の『天装戦隊ゴセイジャー』は、さらばロボゴーグ閣下、最終決戦。ロボゴーグ閣下は最強といううたい文句のなか、なんだかんだと歴代ボスの中でいちばんパっとしませんでしたね。というか膜インの...

~『人生万歳!』~ ※ネタバレ有

2009年:アメリカ映画、ウディ・アレン監督、ラリー・デヴィッド、エヴァン・レイチェル・ウッド、パトリシア・クラークソン、エド・ベグリー・Jr.、コンリース・ヒル、マイケル・マッキーン出演。

人生万歳!(2009)◎●WHATEVER WORKS

 これぞ、ハッピー・エンディング! 京都シネマにて鑑賞。ウディ・アレン監督が久々に故郷ニューヨークを舞台に撮影した記念すべき40作目。今回のミューズはあのエヴァン・レイチェル・ウッド。 相変わらず美人がお好きなんだ!と思いきや、何でもウディが気に入っ...

『人生万歳!』のご都合主義

この映画の原題は『Whatever Works』で、うまくいくなら何でもあり、都合よくいくなら何でもOK、というほどの意味です。 だから当然、映画の内容はハッピーエンドへ向けてのご都合主義の連続なわけです。 もっともそのご都合主義は、突き抜けた楽天性によるものではな...

「人生万歳!」

「Whatever Works」2009 USA/フランス ボリスにラリー・デヴィッド。 メロディに「アクロス・ザ・ユニバース/2007」「レスラー/2008」のエヴァン・レイチェル・ウッド。 マリエッタに「あぁ、結婚生活/2007」「ラースと、その彼女/2007」「幸せのレシピ/2007」「...

人生万歳!

『人生万歳!』 “WHATEVER WORKS” (2009・アメリカ) 1h31 監督・脚本 : ウディ・アレン 出演 : ラリー・デヴィッド、エヴァン・レイチェル・ウッド、パトリシア・クラークソン ニューヨーク。バツイチの初老の男の前に若い美女が現れる。 ここしば...

人生万歳!  Whatever works

内容はあまり覚えていないのですが、ウッディ・アレンの初期の映画は好きでした。 いつの頃からかサスペンス仕立てのドタバタっぽいものになって、ご本人がちょっとどもりながら気弱に とぼけて話す姿に興味を引かれなくなりました。 前作の、それでも恋するバルセロナ同...

人生万歳!

かつて物理学でノーベル賞候補にもなったボリス(ラリー・デヴィッド)は、気難しい偏屈で人間嫌い。 妻と別れ、社会から孤立していたが、ある晩、南部の田舎から家出してきたメロディ(エヴァン・レイチェ...

「人生万歳!」

ウディ・アレン、久々のニューヨークもの。 「アニー・ホール」や「マンハッタン」の頃に戻ったようで懐かしい。 自称、ノーベル物理学賞にノミネートされたこともあるというIQの高い男のところへ偶然、南部出身の小娘が転がり込んでくるところから始まるドタバタ劇。 ...

「人生万歳!」

本当に何でもありと思ってるの? W.アレンといえば恵比寿ガーデンシネマ。 就職して東京に出てきたのと時を合わせて開館したこの劇場が、年明けの1月29日で休館するという。 「世界中から選び抜いた優れものぞろいです。」というバブル期の言い回しが残る予告篇のメッ...

★ 『人生万歳!』

2009年。アメリカ。"WHATEVER WORKS".   ウディ・アレン監督・脚本。  『サーティーン あの頃欲しかった愛のこと』の不良少女役で鮮烈なデビューを飾ったエヴァン・レイチェル・ウッド。その後もエドワード・ノ

「人生万歳!」(WHATEVER WORKS)

米映画界の才人、ウディ・アレン(75)がメガホンを執った自身40作目となり、故郷NYを舞台にしたラブ・コメディ「人生万歳」(原題=何でもあり、2009年、米、91分、W.アレン脚本)。この映画は、ひょんなことから出会った中年学者と、世間知らずな家出娘とのお...

人生万歳!

名匠ウディ・アレン監督が「メリンダとメリンダ」以来、久々に故郷 ニューヨークを舞台に手掛けたロマンティック・コメディ。ひょんなことから 出会った偏屈な中年学者と世間知らずな家出娘の、おかしな共同生活と 恋愛模様の行方を軽妙なタッチで描く。 主演はTVシリ…

人生万歳

人生万歳 ★★★★☆(★4つ) ウディ・アレン監督の長編映画第40作目 かつては、ノーベル物理学賞候補にもなった偏屈じじにの元に、南部出身の家出娘が転がり込んできて・・・。 ニューヨークを舞台としたコメディ映画。 想像してたのと違って、良い意味で裏切られ?...

人生万歳!

■「人生万歳!/Whatever Works」(2009年・アメリカ) 監督=ウディ・アレン 主演=ラリー・デビッド エヴァン・レイチェル・ウッド パトリシア・クラークソン ヘンリー・カヴ

人生万歳!

 「こういう人、いるよねえ~~」「なによ?しみじみと。誰の話し??」「ウディ・アレン 40作目の『人生万歳!』の主人公ボリスの話よ」「ぷぷぷぷぷッ」「何笑ってるのよ」「うふふふとにかくとりあえず皆様にご挨拶よ」「おかずですッ!」「ずーこですッ!」「2人揃…
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示