『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』 開戦から70年だから描けることは?

 『椰子の実』の歌を聴きながら、私は涙した。
 この歌を作詞した島崎藤村は、忌み嫌われる戦陣訓の作成にも参画した人物である。にもかかわらず、日本の戦争映画では、しばしば平和を希求する曲として歌われる。
 このことに象徴されるように、単純には捉え切れない日本人の心情を描いたのが、『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』である。

 とりわけ私は、冒頭の将棋の駒の説明にガツンとやられた。この簡潔で鋭い日本人論は、本作のスタンスを見事に表している。
 本作では、第二次世界大戦末期の出来事を、65年前の歴史として冷静に見る視点と、娯楽映画として物語性豊かに描く視点とが両立しており、見応え充分であった。

 「日本人はなぜ自殺するのか。」

 本作で、米軍の司令官がいきなり発するのが、この問いである。
 世界有数の自殺大国たる現代日本においては、聞き捨てならない設問だ。
 この問いに対して、日本に留学経験のある米軍士官が説明するのが、将棋の話である。

 曰く、チェスの駒は白黒に塗り分けられ、敵味方が混同することはない。しかし、将棋の駒は敵も味方も同じ形をしており、ただその向きだけで区別する。たとえ敵の駒であっても、向きを転じれば味方の駒と変わらない。実際、将棋のルールでは、敵から取った駒を、自分の駒として使うことができる。
 日本人もこれと同じだ。日本人は主君に忠誠を誓うので、たとえ昨日までの敵でも、ひとたび降伏したら新たな主君として忠誠を誓わねばならない。
 しかしそれでは元の主君に刃向かうことになるので、降伏する前に自殺するのだ。

 このような言説を淡々と述べることは、過去の日本映画では難しかったろう。戦争の記憶を風化させてはならない、とは云うものの、歳月を経たからこそ冷静に語れることもある。大手配給会社による大作映画で、このような日本人論を展開できるのは、戦後65年を経た今だからだろう。

 もちろん、この米軍士官が語ることは、新説でもなければ珍説でもない。
 すでに1946年に、ルース・ベネディクトが『菊と刀』において、日本兵捕虜の協力ぶりについて書いている。
---
永年軍隊のめしを食い、長い間極端な国家主義者であった彼らは、弾薬集積所の位置を教え、日本軍の兵力配備を綿密に説明し、わが軍の宣伝文を書き、わが軍の爆撃機に同乗して軍事目標に誘導した。それはあたかも、新しい頁(ページ)をめくるかのようであった。新しい頁に書いてあることと、古い頁に書いてあることとは正反対であったが、彼らはここに書いてあることを、同じ忠実さで実践した。
---

 このような、新たな主君に忠誠を誓う態度は、軍人だけのものではない。
 敗戦と同時にやってきたマッカーサーを、日本人は神の来臨のごとく歓迎した。敵軍の総司令官だった彼に、人々は銅像を作りたいとか「あなたの子供をうみたい」と申し出た

 この日本国民の性格を、内田樹氏は『日本辺境論』において「おのれの思想と行動の一貫性よりも、場の親密性を優先させる態度、とりあえず「長いものに巻かれ」てみせ、その受動的なありようを恭順と親しみのメッセージとして差し出す態度」と表現している。
---
つねにその場における支配的な権力との親疎(しんそ)を最優先に配慮すること。それが軍国主義イデオロギーが日本人に繰り返し叩き込んだ教訓だったからです。そして、そのイデオロギーが私たちの国民性格に深く親和していなければ、そもそもこのような戦争は始まりはしなかった。
(略)
私たちの時代でも、官僚や政治家や知識人たちの行為はそのつどの「絶対的価値体」との近接度によって制約されています。「何が正しいのか」を論理的に判断することよりも、「誰と親しくすればいいのか」を見きわめることに専(もっぱ)ら知的資源が供給されるということです。自分自身が正しい判断を下すことよりも、「正しい判断を下すはずの人」を探り当て、その「身近」にあることを優先するということです。
---

 劇中、米軍司令官は、決戦を前にして日本軍の将校が指揮も執らずに自決してしまったことに驚き呆れるが、日本軍将校にすれば当然のことだ。これまで天皇に忠誠を誓ってきたことと、米軍の捕虜となったら米軍に協力してしまうこととの矛盾から逃れるには、決戦前に死んでしまうしかなかったのである。


 また本作は、民間人・軍人を問わず1万人もの人々がマッピ岬(いわゆるバンザイクリフ)から身投げしたことにも触れている。
 身投げした人々は、敵国人は人食い人種であり、捕らわれたら必ず殺されると考えていた。
 そのような考えが、沖縄でも樺太でも多くの悲劇を生むことになる

 本作では、この日本人の考え方を米兵の口を通して淡々と説明するとともに、日本兵に熱く語らせる。
 「殺されると判っているのに、民間人を収容所に送るのですか!」
 山田孝之さんが演じる木谷曹長は、上官である大場大尉にそう食ってかかる。
 後に愛知県蒲郡市の市議会議員を務めることになる大場大尉は、医薬品が底をついたからには、民間人を米軍の収容所に送るしかないと考える。それに対し木谷曹長は、民間人が米軍の手に落ちたら殺されると主張する。

 かように、本作では何ごとにも意見の異なる者を配置したり、同一人物に相反することを語らせたりして、事物を複眼的に捉えようと心掛けている。
 このバランス感覚が、本作の大きな特徴である。


 戦後しばらくの日本では、軍部を悪者にすればこと足れりとする風潮があった。
 樺太での集団自決の慰霊碑に、民間人は日本軍の命令により青酸カリを飲んだと、事実に反する碑文が刻まれたのは端的な例である。
 また、戦争を描いた作品では、東京大空襲や原爆投下による被害を取り上げ、民間人を被害者としてアプローチするものが多かった。従軍体験のある作家は、非道な上官といじめられる一兵卒を描いた。

 しかし、当時は国民の側から戦争を望んだのも事実である。
 東京裁判で戦犯として裁かれた日本の指導者たちは、戦争を推進したことを問われると、みな口々に「私の個人的意見は反対でありました」と述べている。
 そのような事実を反映してのことだろう、本作には軍人以上に米兵を殺したいと願う民間人が登場する。
 また、米軍に協力する民間人や、米軍収容所の警備はザルなのに逃げようとしない民間人が描かれる。さらに、一人の民間人が、あるときは日本兵に「私たちを守ってくれないのか」と詰め寄りながら、米軍に引き渡される段になると「正直、ホッとしました」と告白する。
 そして、戦いの終わらせ方を模索する士官に対しては、徹底抗戦を主張する部下が登場する。
 別の日本兵は、玉砕しないのはけしからんと怒鳴り散らしながら、自分自身は自決できなかったりする。

 米軍の描き方も単純ではない。
 日本人の案に相違して、米軍の収容所では怪我した日本人が手厚く看護され、衣食住も保障されるのだが、一方で米兵が死んだ日本兵のふところを探る場面もある。米兵は金品を狙っているわけではない。角隠しを被った花嫁の写真を見つけて、エキゾチックな戦利品に喜ぶのだ。
 米軍の司令室に日の丸が飾られているのも、それが戦利品だからだ。
 戦利品をせしめて喜ぶ姿は、アメリカ映画でも描かれている。1946年にアカデミー賞をはじめ各賞を総なめにしたウィリアム・ワイラー監督の『我等の生涯の最良の年』では、太平洋戦争からの帰還兵が、日の丸や日本刀を子供たちに見せて自慢する場面がある。それらは沖縄等から奪ってきたものだ。
 本作に登場する日本人少女は、日本人の持ち物を奪う米兵と、心優しい米軍看護師の双方に接することになる。


 このように本作は、日本軍の多面性、民間人の多面性、米軍の多面性をまんべんなく描くことで、一面だけでは語り得ない戦争というもの、人間というものをあぶり出す。
 本作以降、日本だけ、民間人だけ、あるいは軍人だけを描いた戦争映画は、一方的であるとか、リアリティ軽視であるとのそしりを免れないだろう。

 そして、サイパンの局地戦では米軍に抗していながら、日本国としては敗れてしまう事実を通して、兵士が優秀でも将校は無能な、今に通じる日本の特徴が見えてくる。


太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-Blu-ray太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』  [た行]
監督/平山秀幸  US班監督・脚本/チェリン・グラック  第2班監督/尾上克郎
脚本/西岡琢也 グレゴリー・マルケット
原作/ドン・ジョーンズ
出演/竹野内豊 ショーン・マッゴーワン 唐沢寿明 阿部サダヲ 井上真央 山田孝之 中嶋朋子 岡田義徳 板尾創路 光石研 柄本時生 近藤芳正 酒井敏也 ベンガル トリート・ウィリアムズ ダニエル・ボールドウィン
日本公開/2011年2月11日
ジャンル/[ドラマ] [戦争]
ブログパーツ  

【theme : 邦画
【genre : 映画

tag : 平山秀幸 竹野内豊 ショーン・マッゴーワン 唐沢寿明 阿部サダヲ 井上真央 山田孝之 中嶋朋子 岡田義徳 板尾創路

⇒comment

私も本作を見て

一番感じたのが、あまねくよくもこれだけのキャラを描きこんだ!というものでした。
いかにもステレオタイプの軍人から、任侠の男から、誰より日本を理解している米兵に、ありとあらゆる日本人と。
これだけさまざまな立場の人間を過不足なく描いたら、どこからもつっつけないでしょ!っていう色気にも見えたんですがね。
あーー、あたしの性格の悪さです。

まあそんなことより、最後の行進と、「椰子の実」で、涙してしまった自分も、つくづく日本人だなあ・・・と思って染み入りました。ただ、見ている人の年齢層が高くて・・・。若い人に見てもらいたいです。

ルース・べネティクト!懐かしい。

Re: 私も本作を見て

sakuraiさん、こんにちは。
私が観たときも、観客の年齢層が高くて驚きました。もっと若い人にも観てもらいたいですね。いい映画なのに。ジャニーズ事務所の人にも出演してもらえば良かったのかな…。
今回、戦争を日米双方から描いた日本映画が誕生したので、次はアジア・太平洋各国と日本の組み合わせでしょうか。まだまだ手付かずの題材はたくさんあるように思います。

TBありがとうございました。

この度は、トラックバックありがとうございました。
ナドレックさんは、たくさんの映画を観ていらっしゃるんですね。
豊富な知識に裏打ちされた感想を興味深く読ませていただきました。

>「本作は、……一面だけでは語り得ない戦争というもの、人間というものをあぶり出す。」 
確かにその通りでしたね。

戦争、そして命の尊さを考えさせられる映画と感じましたが
〈日本人〉についても考えさせられる映画なのかもしれない…
たくさんの人に観てもらいたいですね。

Re: TBありがとうございました。

かえる※さん、コメントありがとうございます。
私の鑑賞本数はまだまだ少ないです。詳しい人は、ホントにたくさん観てらっしゃいますから。

日本の戦争映画には、これまでにも優れた作品が多々ありましたが、本先は少々おもむきが違うように思います。
本作を観ることで、戦争や日本について改めて考えるきっかけになるんじゃないかと思います。
多くの人に観て欲しいですね。

No title

こんちは。
観た直後と比べて、この映画は私の中で少しずつ評価が下がってきてます。普通に観れるんですけど、パンチがないというか、戦争っぽくないというか。そこが主眼じゃないと言われればそれもそうなんですが。

ナドレックさんの記事を読んで、そう言えばいろんなタイプの人間が出たんだ、と思ったんですが、ぶつからないんですよね。「あなたの意見は違うと思う」みたいに激論になってこそ、立場が明確になるのに。そこが残念でした。

Re: No title

ふじき78さん、こんにちは。
私は過去の日本の戦争映画をすべて観ているわけではないので、本作が映画史の中でどう位置付くか判らないのですが、たぶん異色の作品なんだろうと思います。
これまでの邦画は、戦争の悲劇、戦争の悲惨さを中心にしがちだったような気がしますが、それらは過去の作品に任せて、本作では、これまで描かれなかったけれども戦争中にも様々な人々がいて、様々な考えがあったことを提示するのを重視したのかなと思います。戦争の実態を抉るような作風ではないので、戦争っぽくないと云われればそうかもしれません。
アメリカ映画にも『トラ・トラ・トラ!』もあれば『プライベート・ライアン』もあるわけで、日本にも本作のような作品があってもいいだろうと思います。

史実では、青野や木谷は医薬品を盗りにいって死んでしまうわけですが、そこを曲げて沖縄戦や横井さん・小野田さんを示唆する展開にしたのも、戦場から一歩引いて戦争を包括的に捉えようとする作り手の考えの表れかと思います。

一応、意見のぶつかり合いはあるんですけどね。青野が大場に食ってかかったり、木谷が大場に反対したり。
でも作り手にアウフヘーベンさせるつもりがないので、あまり印象に残らないかもしれません。
戦争中の人それぞれの意見をアウフヘーベンさせることなんてできるはずもない。だからこそ、意見が相容れなかった大場と青野が一緒に海を見つめるシーンに泣けてしまいました。

No title

ナドレックさんへ
拙ブログにトラックバックありがとうございます。
愛知県の渥美半島にやしの実博物館があります。
名古屋師団と南の島。伊良湖にたどり着いた椰子の実の歌。
しかし、南の島からたどり着いたのは焼夷弾の嵐と原子爆弾…。
爆撃機が見えるたびに悔しかったでしょうね。
大場さんに指揮権が移っているのに簡単には投降出来なかった兵士の間にある雰囲気の深刻さが伝わりにくかったと思います。あと一押し欲しいですが、そんくらい解りなさいと逆に叱られそうです…。
しかし、長い日数、孤島の過酷な環境、掃討を耐えてよくぞ生きていくれたな。ここまでがんばてくれたなと思いました(涙)
後から来たアメリカ軍の交渉術には参りました。
日本の武田信玄みたいです。
逆に日本軍はいつのまにか交渉下手になっていたのですね。

Re: No title

愛知女子さん、こんにちは。
やしの実博物館なんてあるんですか!さすが伊良湖ですね。
ところで本作には玉砕する兵士たちや自刃する将校たちが登場することで、「勝利か玉砕かの二分法に支配され、「投降」という選択肢が最初から否定されていた」日本人を描いているわけですが、おっしゃるとおり、投降できない深刻さはもっと掘り下げても良かったかもしれませんね。本作では、投降を許さない雰囲気を木谷曹長に象徴させていますが、大場大尉は彼を説得するではなく、結局袂を分かってしまうので、ちょっとアッサリな気はします。
また、勝機がない以上、当然のように玉砕を選んでいた当時にあって、大場大尉がなぜ玉砕せずに粘り続けたのか、そういう考え方が形成された背景も、もっと描いてもいいかなと思いました。
ただそれは、映画1本に解答を求めるものではないのでしょうね。

ペラペラ

アメリカ人が日本人捕虜で驚いたのは
投降を拒んだのに、捕虜になると
軍事機密を平気で喋り捲ったこと(まあアメリカ側がタバコや食事で
飼いならした部分もあったんだろうが)

それはともかく唐沢敏明みたいなやくざみたいな兵隊は
「神様分隊」とかに所属していたそうな
(懲罰を食らった犯罪者→触らぬ神に・・・)

太平洋戦争中に陸軍ではクズみたいな上層部
士官が多い中、一部にはこの様な人がいた事が救い

Re: ペラペラ

すわっと 優優さん、こんにちは。

> クズみたいな上層部 士官が多い中、一部にはこの様な人がいた事が救い

本文からもリンクを張っていますが、池田信夫氏はこの点について「兵士は世界一優秀で勇敢なのに、将校は世界最悪」ではなく、「兵士が世界一優秀で勇敢だから、将校は世界最悪になる」と述べています。

そもそも将校とは、世界一優秀で勇敢な兵士の成れの果て。兵士として優秀であることを叩き込まれてきた人が、将校となったからといって優秀な将校になるとは限りません。
兵士としての優秀さは問わず、将校としての才覚があれば取り立てる仕組みが必要なのでしょう。
第二次世界大戦当時、米国では階級にこだわらずに人材を大抜擢して指揮を取らせましたが、日本は平時と同じ年功序列だったので、兵士として優秀な人が順番に将校になるのみでした。たまたまその人が将校としても優秀なら良いでしょうが、なかなかそうはいきませんね。
大場大尉はたまたま将校としても優秀な人物だったのでしょう。米国であれば大尉にとどめ置かれることはなかったでしょうね。

No title

検索でたどりつきました。
コメントも含めて、とても興味深かったです。
もし機会がありましたら、
岡本喜八監督の「沖縄決戦」を見るのをおすすめします。
1971年の映画ですが、かなり掘り下げた内容です。
沖縄戦については、youtubeにもアメリカ取材で生き残りの
兵隊たちの言葉をきくことができますが
持久戦になった沖縄戦は、あまりの抵抗ぶりに戦線離脱する
兵が続出していますし、沖縄戦の参謀はアメリカから相当の
評価を得ているにもかかわらず、日本では沖縄戦はタブー扱いに
等しいですが。

Re: No title

かのこさん、コメントありがとうございます。
『激動の昭和史 沖縄決戦』は以前観る機会がありました。これも沖縄戦を多面的に掘り下げて見応えのある作品ですね。参謀たちの粘り強い抵抗ぶりが描かれていたのは興味深いところです。
たしかに『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』に通じるものがあると思います。

『激動の昭和史 沖縄決戦』は当ブログで取り上げていませんが、同じく東宝が前年に公開した『激動の昭和史 軍閥』については、こちらの記事で少し触れています。
http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-291.html

ご笑覧いただければ幸いです。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

太平洋の奇跡/洋菓子店コアンドル

2月11日(金)公開の邦画2本。 “あしたのジョー” は残念ながらゲットできず。 年代的には、“あしたのジョー” 世代なのだが、漫画もテレビのアニメも私は観たことがない。 親に禁止されて見られなかったのだ。 今となっては考えられない? この前、実家でケー...

劇場鑑賞「太平洋の奇跡フォックスと呼ばれ...

「太平洋の奇跡フォックスと呼ばれた男」を鑑賞してきました太平洋戦争末期、玉砕の島サイパンで、たった47人で敵に立ち向かい、多くの民間人を守り抜いた実在の軍人、大場栄大尉...

太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-

2011/02/11公開 日本 128分監督:平山秀幸出演:竹野内豊、ショーン・マッゴーワン、井上真央、山田孝之、中嶋朋子、岡田義徳、板尾創路、阿部サダヲ、唐沢寿明生きて、日本に帰ろう─ ...

太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-・・・・・評価額1700円

日本人の知らない、日本人の戦争。 第二次大戦下のサイパン島で、日本軍の玉砕後も、実に512日間も戦い続けた兵士達がいた。 「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」は、神出鬼没のゲリラ戦で、“狐の様に...

太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男

事実に基づいた物語。太平洋戦争末期の1944年、サイパン島が玉砕してから、大場大尉の物語は始まる。援軍はもちろん、食料・弾薬はおろか、水も乏しい中、512日にも渡り抵抗を続け、最後は、連隊長からの正式の投降命令を受けて投降した。 大場大尉を演じたのは、竹野内...

太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男

原作はサイパンに従軍した元アメリカ兵のノンフィクションで、竹野内豊演じる大場大尉を主演にした映画だ。イーストウッドの「硫黄島」2作もすばらしい戦争映画だったけど、日本の製作でここまでの戦争映画が出来たことを賞賛したい。最後の行進するシーンでの日本人としての

太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-

太平洋戦争末期、激戦地となったサイパン島で部隊が壊滅した後も、残存する 47人の兵士を率いてアメリカ軍に立ち向かいながら200人ちかい民間人を守り、 アメリカ軍からフォックスとして恐れられた日本陸軍・大場栄大尉の実話を 元アメリカ兵ドン・ジョーンズの著作をも…

太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男

映画「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」は絶望的な状況の中、最後まで諦めずに生き抜いた名もなき兵士とその仲間たちの実話に基づく真実の物語である。終戦から65年「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」の日米スタッフ・キャストが贈る感動の超大作...

太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男- (試写会)

誇り高き侍 公式サイト http://www.taiheiyo-no-kiseki.jp2月11日公開実話の映画化原作: 『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』 (ドン・ジョーンズ著)監

太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男

舞台は1944年、 太平洋戦争末期のサイパン島。 最後には47人の兵力に対して 圧倒的な人数のアメリカ軍。 その戦いの中、 大場栄大尉というアメリカ軍から恐れられ、 “フォックス”と呼ばれた日本人が存在した。 その実話を映画化。 監督は平山秀幸。 日本側の描写を平...

*太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男*

                ***STORY***           2011年  日本    太平洋戦争末期。1944年6月。陸軍歩兵第18連隊、大場栄大尉(竹野内豊)は、日本から2000キロ余り離れた北マリアナ諸島サイパン島へ送られる。当時日本の統治下にあ

太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男 とにかく生きるのだ・・・

【=12 -3-】 大阪~阪神地区を午後、仕事でウロウロしていたが、すごく雪が降ってビックリ! このまま降り続けたら、明日の朝までに数メートルの積雪にでもなるのではないかとびびったけど、夕方にはすっかり融けたようだ、とにかく大袈裟だ、関西人。  1944年、太平...

映画 「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」

映画 「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」

太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-

「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」監督平山秀幸原作ドン・ジョーンズ[作家]出演*竹野内豊(大場栄大尉)*ショーン・マッゴーワン(ハーマン・ルイス大尉)*井上真央(青野千...

『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』

----これって、ずいぶん前から期待していた映画だよね。 あまり、戦争映画には興味がないと思っていたけど…。 「監督が贔屓の平山秀幸。 最近の日本の戦争映画って、 潜水艦や戦艦など海戦中心で、 こういう本格的な地上戦は あまり描かれなかっただけに ちょっと興味が

『太平洋の奇跡ーフォックスと呼ばれた男ー』

これは大場栄大尉の軍人としての戦績を描いた映画ではなく、人としての功績を描いた映画。 それゆえに戦争映画としては物足りなさを感じるものの、人間ドラマとしてはさらに奥深 ...

『太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-』・・・これでは心に響かない

けっきょく何を描きたかったのか、そもそも何が奇跡なのか、伝わる物があまりに弱くて残念。期待が大き過ぎたか・・・。

「太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男」国民と兵を守るために512日間戦い続けた指揮官の人望

2月11日公開の映画 「太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男」を鑑賞した。 この映画は1944年7月に太平洋戦争で アメリカ軍がサイパン島に侵攻し殆どの日本軍は壊滅した ...

映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」日本人は何処へ向かってきたのか

「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」★★★☆ 竹野内豊、ショーン・マクゴーウァン、井上真央、 山田孝之、中嶋朋子、岡田義徳出演 平山秀幸監督、128分、2011年2月11日公開 日本,東宝 (原作:原題:太平洋の奇跡)                   

[Review] 太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-

『硫黄島からの手紙』では、栗林忠道中将を中心とした、硫黄島の戦いが、『俺は、君のためにこそ死ににゆく』では、鳥濱トメさんと彼女が甲斐甲斐しく世話をした特攻隊隊員が、『男たちのYAMATO』では、戦艦大和に搭乗する若き船員達が、今にも死ぬかもしれない状況の中で...

太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-/竹野内豊

太平洋戦争の激戦地であるサイパン島でたった47人の兵力を率いて米軍と戦った実在の日本人、大場栄大尉の実話を映画化した戦争ドラマです。劇場予告編は昨年の秋くらいからかかっ ...

太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-

★★★☆  太平洋戦争の末期、サイパン島で実に500日に亘って、米軍にゲリラ戦を仕掛けていた大場栄大尉たちの実話を映画化したものである。大場大尉は僅か47人の兵士を引き連れ、4万人以上の米軍を翻弄し続けたという。そのために彼は、米軍からフォックスと恐れられ

映画『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』劇場鑑賞

 先日、映画『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』を観て来ました。この作品は、去年の11月だったかな?『十三人の刺客』を観に行った時に予告編を初めて観まして、久しぶりに予告だけで「観てみたい!」...

映画『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』

 太平洋戦争末期。日本の重要な軍事拠点だったサイパン島が米軍の手に落ちた後も、山にこもり、少数の兵士を率いて実に512日にも渡って抗戦を続け、米兵たちから“フォックス”と呼ばれ恐れられた日本人がいた...

映画『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』感想

監督: 平山秀幸 原作: ドン・ジョーンズ 出演:竹野内豊、ショーン・マッゴーワン、井上真央、山田孝之、中嶋朋子、唐沢寿明    近年じゃ、邦画の戦争モノの英雄譚って滅多にない (フィクションだろうとそうでなかろうと)。  大体が悲愴感たっぷりに死んでいく...

太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男

太平洋戦争末期。 日本の統治下にあったサイパン島は重要な軍事拠点であるという認識から、その地の日本軍兵士はなんとしても死守する覚悟で戦っていた。

太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-

赤い目印。山中の水場。タッポーチョの狐。

太平洋の奇跡 ~フォックスと呼ばれた男

四面楚歌作戦は、効くなあぁ

映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」

映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」を鑑賞。

ほんの少し勇気があれば・・・。『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』

太平洋戦争の激戦地サイパン島を舞台に日本人大場栄大尉の実話を映画化した作品です。

映画<太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男->

歴史に埋もれた、真実の物語。 アメリカから賞賛された日本人兵士・大場栄大尉。 これは絶望的な状況の中、 最後まで諦めずに生きぬいた大場栄大尉と、 その仲間達の実話に基づく真実の物語である。 「生きて、日本に帰ろう―。」   <太平洋の奇跡-フ

「太平洋の奇跡」

試写会に行ってきました。 去年からバタバタしていて、映画を見るのは本当に久しぶり。 太平洋戦争で激戦が繰り広げられたサイパン島。わずか47人の兵で45,000人の米軍を相手に大場栄大尉率いる部隊が戦...

映画『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』

太平洋戦争末期、玉砕の島サイパンが舞台となる本作は、実際に日本軍と銃を交えた元ア

『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』

  □作品オフィシャルサイト 「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」 □監督 平山秀幸、チェリン・グラック□脚本 西岡琢也□原作 ドン・ジョーンズ□キャスト 竹野内 豊、唐沢寿明、ショーン・マッゴーワン、井上真央、山田孝之、岡田義徳、ベンガル、

嫁さんと映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」を観る

偶然テレビ番組・奇跡体験!アンビリバボーで大場栄大尉の実話をドラマ化していたのを観た。 アメリカ軍から恐れられた実在の日本 人、「フォックス」と呼ばれた軍人 大場栄というのは、 軍事オタクでもあるオレは知っていたが、 愛妻家で戦争中でも数百数千の手紙のや...

太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男

太平洋戦争の末期。陸軍歩兵第18連隊の大場大尉は、日本から2000キロ離れたサイパンへ送られる。彼は軍から離れて戦う一等兵の堀内と共同戦線を張り、アメリカ軍を翻弄していく。神出鬼没の彼らは“フォックス“と呼ばれ、アメリカ軍はついに大掃討作戦に出る。 太平洋戦...

映画『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』

どんな風に感想を書けばいいのか、ちょっと迷っていた。 いい作品だったと思う。 戦争映画って、実はあんまり好きじゃ無くって、 映画館に出向くことはほとんどなかったんです。 エンターテイメントと...

映画「太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男」を観ました!!(2011-04)

映画「太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男」を観ました!!

「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」

サイパン陥落後も山の中に閉じこもってがんばった日本兵の物語。 あなた、戦争映画なんて興味あったっけ? イーストウッドの「硫黄島からの手紙」みたいなのかなあと思って観に行ったんだけど。 あれに比べるとどうも・・・って思ってるんでしょ?でも、イーストウッドと

「太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-」

先日、「太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-」を観ました。 -----内容----- 1944年、太平洋戦争末期のサイパン島。 圧倒的な戦力を誇るアメリカ軍に対し、日本軍守備隊は最後の突撃を敢行し、玉砕する。 しかしその日から、アメリカ軍の恐怖の日々が始まった。 残

太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男

監督平山秀幸出演竹野内豊(大場栄)ショーン・マッゴーワン(ハーマン・ルイス)井上真央(青野千恵子)山田孝之(木谷敏男)中嶋朋子(奥野春子)意外だったことは二つ。冒頭から...

太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-

生きて、 日本に帰ろう── 製作年度 2011年 上映時間 128分 原作 ドン・ジョーンズ 『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』 脚本 西岡琢也/グレゴリー・マルケット/チェリン・グラック 監督 平山秀幸 音楽 加古隆 出演 竹野内豊/ショーン・マッゴーワン/

太平洋の奇跡 ‐フォックスと呼ばれた男‐

まだまだ知らないあの戦争の歴史がたくさんあることを、改めて強く思った映画でした。敗戦前夜のサイパン島、日本の勢力範囲だったときには民間人2万人、軍人3万人の日本人が暮らし...

『太平洋の奇跡』をユナイテッドシネマス豊洲7で観て、血沸き肉踊らなかった男ふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆良くも悪くも普通】    私、映画にモラルは不要。 仮にモラルが必要だとしたら、 モラルが不要である事の逆説としてかろうじて必要。 という考えなので ...

太平洋の奇跡 (上)

本作のレビューを執筆するにあたっては、作品が有するテーマとその表現方法を明確に分けて書く必要があると感じています。プレビューで書いたとおり、私はこの映画は決して「反戦映画」ではないと考えます。実は日本人にとって「反戦」というテーマで映画を作る

太平洋の奇跡 (下)

本作が当時の日本人を描くときに用いた基本的な表現方法にまずは言及しておきたいと思います。クリント・イーストウッド監督が「硫黄島の戦い」を2作品をもって描いたのは、戦争を切り取る視点が一方に偏らないようにする配慮によるものということになると思います。本作

映画鑑賞【太平洋の奇跡フォックスと呼ばれた男】128分本土以外の終戦の真実。

1944年6月。陸軍歩兵第18連隊、大場栄大尉は日本から2000kmはなれた北マリアナ諸島サイパン島へ送られる。 この重要な軍事拠点である島を死守する使命を持つ日本陸軍43師団守備隊。 圧倒的物量で上陸して...

フォックスと呼べる男・竹野内豊

『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』で、実在した大場大尉を演じた竹野内くんは、本当に見事に魅せてくれました。竹野内ファンでもあり、若い頃のイケメンな彼を思い返すと、こんな役を演じるようになったんだな~って感慨深くて…恋愛ものに萌え~だったあの頃が懐...

映画「太平洋の奇跡」

2月22日(火)自分が生れた昭和19年を

『太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-』('11初鑑賞27・劇場)

☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 2月19日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:15の回を鑑賞。

「太平洋の奇跡‐フォックスと呼ばれた男‐...

 ジョン・ジョーンズ原作の長編実録小説『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』を、竹野内豊主演、「愛を乞う人」「必死剣鳥刺し」の平山秀幸監督で映画化。 第二次世...

太平洋の奇跡

 またまた遅ればせながら、『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』を新宿ピカデリーで見てきました。 (1)この映画を見終わって、かなりの人は、どうして主人公の大場大尉(竹野内豊)が、米軍に畏敬の念を持って“フォックス”と呼ばれたのだろう、と訝しく思うの

映画:太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男

 すごく久しぶりに有楽町スバル座に行きました。多分、小学生の頃に親に連れて行かれて依頼だと思います。小さくて汚いイメージだったんですが、だいぶ改装されたんですね。と言うわけで、今さらながら太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男を観てきました。

太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男

(2011/日本)【DVD】 監督:平山秀幸 出演:竹野内豊、唐沢寿明、井上真央、山田孝之、中嶋朋子、岡田義徳、板尾創路、光石研、柄本時生、近藤芳正、酒井敏也、ベンガル、阿部サダヲ 生きて、日本に帰ろうー。 原作はドン・ジョーンズの実録小説「タッポーチョ『敵な...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示