『白いリボン』 恋の行方も?

 【ネタバレ注意】

 涙を流す少年のアップ。ポスターのこんなモノクロ写真を見て、私はてっきり『白いリボン』は暗くて退屈な映画だろうと思い込んでしまった。よもやミステリ仕立てでワクワクさせる、こんなに面白い映画だとは思わなかったのだ。

 白いリボンを、スクリーンに映して見せるのは難しかろう。言葉で「白」といっても、人が思い浮かべるのはクリーム色に近いものや青味がかったもの等、様々だ。ましてや、それが無垢と正直の象徴となれば、わずかな汚れや、照明が作る翳りすら許されない。
 だから映画『白いリボン』が、モノクロなのは理に適っている。
 本作は、スクリーンに色を映すのではなく、観客に「このリボンは白い」と想像させる。

 映画から色彩を剥ぎ取った本作は、さらに音楽も剥ぎ取り、カットバックのような技巧も剥ぎ取り、舞台となる村を可能な限りむき出しにする。
 そこに描かれるのは、どこにでも誰にでもある、ごくごく普通の欺瞞と悪意とコミュニケーションの断絶である。例えば、あなたの陰口を発した者や広めた者が誰なのかあなたには判らないように、例えば、学校であなたの上履きを隠した者がいつまで経っても裁かれることはないように、あなたを取り巻く悪意が確かに存在しても、名指しで指摘することはできない。ただ、周囲の悪意のみがひしひしと感じられる。
 本作は、そんなことをあなたに思い出させ、緊張を強いるだろう。


 白いリボンは、牧師が子供たちにを結んだものだ。
 かつて子供たちが産まれたばかりのころにも、無垢でいるようにと白いリボンを結んだという。そしてまた、子供たちが不正直だと感じるとリボンを結ぶ。リボンが解かれるのは、子供たちが無垢と正直さを身に付けたときだ。
 しかし、あにはからんや人間は無垢になったりしない。正直にもならない。牧師が厳しく躾ければ躾けるほど、子供たちは欺瞞と悪意を成長させる。
 劇中に登場する無垢な人間、それは大人の云うことが良く判らない幼児である。傷ついた小鳥を救おうと無邪気に振る舞う幼児は、まだ牧師の厳しい躾けを経験していない。
 しかし、幼児といえども「死」の概念を理解し、大人が嘘つきであることを知ったとき、みずからも反抗することを知る。

 牧師は欺瞞の象徴だ。
 人々、とりわけ家族に厳格さを求め、罪深いことから目を背けようとする。その欺瞞と厳しさこそが家族を苦しめているのに、気付こうともしない。
 一方、欲望の象徴とも云えるのが医者だ。彼は自分の欲望のままに生き、人を傷つけることも気にしない。
 医者も牧師も人の生死にかかわる職業であり、村人の尊敬を集めている。映画は、そんな彼らの対照的な本性を描きつつ、いずれも無垢でも正直でもない人物として象徴的である。

 さらに本作には、豊かな貴族や貧しい小作人たちが配置され、いずれの家庭にも欺瞞と悪意とコミュニケーションの断絶が存在することを描き、貴族の腐敗や貧民の困窮といった偏った物語になることを慎重に避けている。
 少年も少女も青年も大人たちも、各々がそれぞれの悪意を放ち続ける。

 本作で唯一ホッとさせられるのは、教師と乳母との愛情だ。しかし、それとて絶対ではない。二人のコミュニケーションは断絶しており、乳母は二人だけで森に行くことを拒む。
 これらの場面に観客は不安を募らせ、それと同時にセリフでは語られない背後にあるものを想像してドキドキしてくる。
 なにしろ、教師が語る後日談には、彼ら二人の行く末すら出てこない。あぁ、恋の行方も観客の想像に託されるとは。


 やがて村にサラエボ事件の報が届く。
 ときは1914年、この一報により、忌まわしいその村はどこかの知らない土地ではなく、私たちの住むところと歴史に繋がった世の中の一部なのだと思い知らされる。

 この映画の素晴らしいところは、カタルシスがないことだろう。
 なぜなら私たちの毎日には、カタルシスなんかないのだから。


白いリボン [DVD]白いリボン』  [さ行]
監督・脚本/ミヒャエル・ハネケ
出演/クリスティアン・フリーデル レオニー・ベネシュ ウルリッヒ・トゥクール フィオン・ムーテルト
日本公開/2010年12月4日
ジャンル/[ミステリー] [ドラマ]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : ヨーロッパ映画
【genre : 映画

⇒comment

お初にお面かかりますぅm(_ _)mペコリンコ

やぁ~ランキング見て来ましたぁ~
映画いいですよね~ボクも邦画専門のブログを今日徹夜で立てちゃいました(≧▽≦)>ハハハハ

結構、マニアックな映画も取り上げてるんですね?
これから1年生ブロガーとして足を運ぼうかと思いますぅ。
じゃまた来るよ!(ってもうタメ口かよっ!!)

No title

時代に魅かれました。太平洋戦争で敗戦するわずか100年前のことである、という文句も良かったですが、そんな文句など一つもいらない、ええっ!そういう時代はすぐそこにあったのか、と理解させるできが良いと思います。
次に来る時代は、すでにこの時代に子供達に内在的に仕込まれていった、という解釈は面白いですが、映画鑑賞後に後からそのことを知っても鑑賞自体に問題ありませんでした。
この映画は、キックアス上映の合間に上映しているのがまたすごい(有楽町ですが)。わけわからん‥
ただ白黒だったせいか、ビスコンティを観たくなりますね。

Re: お初にお面かかりますぅm(_ _)mペコリンコ

ヨヨンさん、こんにちは。
ブログ開設、おめでとうございます。
私もブログを始めてからまだ日が浅いのですが、是非またお立ち寄りください。

Re: No title

魚虎555さん、こんにちは。
物語の舞台を第一次世界大戦直前にしたことに関連して、ミヒャエル・ハネケ監督は次のように語っています。
---
第一次世界大戦直前の子供たちが、
ナチスの“笛吹き”についていったのはなぜなのか?
人間を追随に走らせる心理的な根とは?
“厳格な教育”の中のいったい何が、
人間の意志を放棄させてしまうのか、そして憎しみを生むのか。
---
http://shiroiribon.blog77.fc2.com/page-3.html

本作は、暴力に繋がる悪意の誕生を描いて、まことに普遍的ですね。普遍的でありながら、時代を第一次世界大戦直前とすることで、観客へのインパクトを強めることに成功している。見事だと思います。

No title

>“厳格な教育”の中のいったい何が、

大人の思い込み、銀行形教育の限界を端的に示しているんだとおもいますが。。。

自らいろんなことを決めていけない生活のなかに、自主性も芽生えませんわな。教会批判にならないところでとどめているのがまた上手い。

非常に「さわやかな気持ちを鑑賞後に残す」映画でした。おそらく多数の方の感想とは正反対の意見ですが。

この映画の後に来た時代とは直接的に関わっていない私たち(私)だけに、パルムドールをもらったうんぬんのことは考えなくて良いように思っています。
そんなのもらって無くても、出来の良い映画として楽しめましたから。

伯爵夫人や小作人の振る舞いを見ていると、ビスコンティをやっぱり見たくなりますねえ。画角も構図も光もとってもよく考えられた映像だと思います。

こんばんは。

>なぜなら私たちの毎日には、カタルシスなんかないのだから
だからこそ、映画にはカタルシスを求めたい私です。

でも、泣ける映画は嫌いです。

Re: No title

魚虎555さん、こんにちは。
「さわやかな気持ち」ですか!
多数の方とは異なる感想でしょうね:-)

でも、判ります。私も記事内では欺瞞だの悪意だの書きましたが、では観終えて嫌な気持ちになったのかというと、全然そんなことはありません。
やはり完成度が高いからでしょう。研ぎ澄まされた刃物は、宝飾品と同様に輝くということでしょうか。

Re: こんばんは。

ryokoさん、コメントありがとうございます。
涙は心の汗なので、たっぷり流してみても良いと思いますが:-)

本作は、犯人を逮捕したり、恋が成就したりといったことによるカタルシスがありません。
しかし、作品そのものが極めて格調高く高品質であるがゆえに、観終えたときに溜め息をつきたくなるほどの満足感があります。それはカタルシスに匹敵するものだと思うのですがいかがでしょう。

No title

TB ありがとうございます

ゾクゾクする怖さがある
たしかに カタルシスはないが 引き込まれる作品でした

白黒映像も効果的でレベルの高い映画ですね

No title

こんにちは、初めまして。
TBありがとうございました。

昨年のカンヌ・ノミネートからずっと心待ちにしていた
ハネケ監督の新作でした。

彼の作品は、取り分け悪意を誇張するでもなく、
現実はいつも善悪が混同していることを
取り上げているのかな・・・と思います。
だからカタルシスがないのだとおもいます。

観れば観るほど、深みにはまるハネケさんです。

Re: No title

リバーさん、コメントありがとうございます。
白黒の映画はいいですね。色彩が無いからこそ、本質に迫れるのだと思います。

Re: No title

piattさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
私はあまりハネケ監督作品を観ていないのですが、本作を観て本当に良かった!
他の作品も機会をとらえて出来るだけ観たいと思います。

No title

>ポスターのこんなモノクロ写真を見て、私はてっきり『白いリボン』は暗くて退屈な映画だろうと思い込んでしまった。よもやミステリ仕立てでワクワクさせる、こんなに面白い映画だとは思わなかったのだ。

自分とは全く逆ですねw。テアトル銀座だったので(それにポスターに惹かれたしw)観たのだが。テアトル系列の映画では銀座がアタリ確率いいので。
なんか淡々とし過ぎで。事件が起こっても淡々とし過ぎ。暖房が効いてるせいか眠くなったし。なんもなくとも面白かった荻上直子作品とは大違いw。

決して駄作では無かったんですがね。

Re: No title

ブリさん、コメントありがとうございます。
全く逆ですね:-)
でも、眠くなったのは判ります。私ももっと疲れていたら、あるいはオールナイトだったりしたら、きっと寝ていました。視覚的・音響的な刺激に乏しいですからね。
でもそれを乗り越えて、目を開いていて良かったなと思いました。

No title

TBありがとうございます
ドキドキしながら見ましたが、
e-440e-441
e-441e-441e-441
教師の釣り糸が怪しい ? (;O;) 
とか 作品の中で
迷い子状態のうちに、終わっちゃいました。
でもいつまでもあれこれ考えていました。

Re: No title

猫の膝さん、コメントありがとうございます。
本作のミソは、教師の回想という形式を取っていることですね。
ですから教師が知らないことは観客も知りえないし、教師が不誠実であったなら観客は真相にたどり着けない。
私も鑑賞後いつまでも考え続けました:-)

いまだに

いろいろと考えてるのですが、その余韻を引っ張らせるのが、ハネケの狙いだったのかな・・などと感じております。
人間の欺瞞と悪意を余すことなく描き、思いっきりいやああーーな気持ちにしてもらいましたが、それがわかるのがまた嫌ですね。
あの悪意をわかる自分がいるってことを気づけってことでしょうか。
監督の性格のひねくれ具合は知ってましたが、極めたかな。
ドクターの娘と、牧師の小さな息子だけが唯二の救いみたいなもん?
でもそれも報われるとは限らない。それよりもひどい目にあってしまう。
もうちょい、もやもやを晴らしてもらいたかったです。

Re: いまだに

sakuraiさん、こんにちは。
後を引く作品ですね。
映画が、観客の心中に何らかの感情を引き起こすものであるなら、嫌な気持ちにさせる本作は実に見事な映画なわけで、私はハネケ監督にノックアウトされました。
この、もやもやしたところがいいのかなと思います。

白いリボン・黒い狂気

今更ながら観ました。
粗筋を読む限りだとベルイマンの「蛇の卵」のような物語かとおもいましたが「白いリボン」はそれよりも遥かにミニマムで、「蛇の卵」のように『事実』や『結果』を一切提示しない、それゆえに真に虚構から現実へと迫る実に不気味で恐ろしい作品でした。(監督自身も【「白いリボン」はファシズムについての映画ではないし、ファシズムを説明することなどまったく出来ない作品。根本にあるのはどこからファナティズムあるいはテロリズムが生まれたのか?という問い】と答えてますし)
「隠された記憶」「ピアニスト」のように鬱屈した過去・感情を抱えている個人に『ある存在』が突如現れ個人や周囲の人間のあらゆる感情を本質を容赦なくさらけ出す、自らを【現実の精密な観察者】と語るハネケのこれまでの作品の拡大型集大成的作品ともとれるこの物語に出てくる村は実際には存在しないのでしょうが、現実には世界のいついかなる場所にも確実に存在する故に「べニーズ・ビデオ」「ファニーゲーム」のように虚構を超える恐ろしい村(『街』とも『区域』とも解釈できる)でした。そしてそこに住み、その村を作ったいわばこの村そのものの生々しく愚かで残酷な(そしてどこか愛おしい)人々の狂気の沸点を超えたときの行動も本当に怖かった。
過剰すぎる厳格さや、信仰が歪んだ感情を形成しそれが次の世代に更なる歪みとして伝承させてしまう恐怖(この作品を見た後「ジーザス・キャンプ」というキリスト教原理主義者たちによる子供たちへの洗脳セミナー&キャンプの様子を映したドキュメンタリーを見て実に恐ろしかった。あの洗脳された子供たちはどうなっていくのだろうか?何をしてしまうのだろうか?と)
僕は一種のサイコホラーに思えました。あからさまなサイコパスも、あからさまな異常な空間も環境もいない。
ただどこにでもある、人間という生き物がいる限り決して消えてなくなることのない、何かがきっかけで突如現れる、生きている限り逃れようのない、あの確実に存在するが誰もが限りなく意識をすることの出来ない(しようとしない)あの狂気の刻。
この作品はその刻を紡ぎ、容赦なく人間の心の闇をそして、その闇の伝承を暴き立てる。そのため私は終始非常に恐ろしい刻を過ごす事になってしまいました。
ですから人間ドラマとかなんとかじゃなく純粋にホラー映画のコーナーに置いて欲しいものです(笑)
あと白いリボンの罰って実際あったようですね。19世紀に作られた『不道徳な振る舞いを注意するだけでなく、他人の前で晒し者にするための身体的な罰』なのでそうです。
だれだこんな、ケアしないと心の屈折確実なキチガイじみた罰を作ったのは!

Re: 白いリボン・黒い狂気

アン・ノウンさん、こんにちは!
本作をホラー映画のコーナーに、というのはごもっともですね:-)
人間ドラマを期待して観始めたら、陰鬱になること間違いなしです!

>キリスト教原理主義者たちによる子供たちへの洗脳セミナー&キャンプの様子を映したドキュメンタリーを見て実に恐ろしかった。

『ジーザス・キャンプ ~アメリカを動かすキリスト教原理主義~』ですね。
残念ながら私は観ていないのですが、恐ろしそうです。排他的宗教の洗脳セミナーと、米国のネオコンの動きとは無関係ではないでしょうし、実際にネオコン勢力が流布したデマによってイラク戦争が引き起こされ、莫大な犠牲が(今も!)出ています。

おっしゃるとおり、『白いリボン』の村は世界のいついかなる場所にも存在するでしょうし、現実に私たちは憎しみをたぎらせて相争ってしまっている。
ファシズムよりももっと根源的なものを描いていて、恐ろしいです。

ナドレックさんこんばんは!
トラバありがとうございました!
あのお二人ハッピーエンドでは無かったのですね。
恋人が池には行きたくないと頑なに拒むのは何故か分からなかったんですが。
私はその理由はてっきり死体でもあるのかと思ってしまいましたが、そんな事は無いだろうとすぐ思い直しました(笑)
あれは心変わりなのですね!!

他にもよく分からない部分はありますが…。

ではでは失礼致しました。ヾ(^∇^)


Re: タイトルなし

愛知女子さん、こんにちは。
二人がハッピーエンドなのかどうか、ハッキリとは示されていませんね。それも観客が読み取るべきことなのでしょう。私も死体でもあるのかと思いましたよ!
登場人物が丁寧に心情を吐露する映画ばかり観ていると、本作はとっつきにくく感じますが、現実の物事は表面に現れないことが多いですからね。こういう作品の方がしっくり来るような気がします。

乳母が先生と池にデートへ行くのを拒んだのは、、

本来の貞節の為からです。
結婚前に男性と二人きりになることを良くないとしたからです。例え、婚約する相手でもね。
南独にはキリスト教っぽい健全な質実剛健さや家庭を大切にして子供や妻を労わる夫の姿が画かれ、
問題の地域でのキリスト教では病んでる姿が描かれてる。。
対照的ですよね

Re: 乳母が先生と池にデートへ行くのを拒んだのは、、

takokuroさん、こんにちは。
なるほど、因習の強さを演出した場面なのですね。
いや、貞節を因習と呼んでいいかどうかは別ですが、この映画では必要なシークエンスだったわけですね。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

白いリボン/Das weisse Band/Eine deutsche Kindergeschichte

ランキングクリックしてね ←please click 2009年 カンヌ映画祭にて、パルムドール受賞他、 世界の映画祭32部門で受賞、54部門ノミネート! 待ちに待ったハネケ新作 わたしなんかが言うのはおこがましいけど、間違いなくハネケの傑作。 のちのファシズム、ナチズ

白いリボン

『ピアニスト』『隠された記憶』のミヒャエル・ハネケ監督最新作。昨年のカンヌ国際映画祭のパルム・ドール授賞作品だ。第一次世界大戦直前の北部ドイツの村を舞台に次々と起こる不可解な事件と、そこに暮らす人々の心の闇を描き出す。出演は『善き人のためのソナタ』のウ...

『白いリボン』(2009)/オーストリア・フランス...

原題:DASWEISSEBAND-EINEDEUTSCHEKINDERGESCHICHTE/THEWHITERIBBON監督:ミヒャエル・ハネケ出演:クリスティアン・フリーデル、レオニー・ベネシュ、ウルトリッヒ・トゥクール、フィオン・ムーテルト...

「白いリボン」

「Das weisse Band - Eine deutsche Kindergeschichte」…aka「The White Gibbon」2009 ドイツ/オーストリア/フランス/イタリア 学校教師にクリスティアン・フリーデル。 男爵家で働くエヴァにレオニー・ベベシュ。 男爵に「善き人のためのソナタ/2006」「アイガ...

白いリボン

水曜日はハシゴの日。 私にとって水曜日は「映画ハシゴの日」です。 関東圏の多くの映画館では「レディースデイ」と称して女性のみ¥1000で映画が見られます 最近でこそ「メンズデイ」なる日を設定する映画館もありますが、まだまだ少ない。 「メンズ」があって「レデ...

『白いリボン』観に行ったけど…

カンヌのパルムドール大賞から数々の賞を受賞している本映画。聞いてたとおり、眠かったぁ~てか、無音状態になる度、睡魔に襲われブツ切れ観賞になっちまいました1913年夏、北ドイツのある村。張られた針金が原因でドクターが落馬したのが発端だった。翌日にはその針金が...

不可解な事件

9日のことですが、映画「白いリボン」を鑑賞しました。 第一次世界大戦前夜のドイツ北部のある村 そこで不可解な事件が次々と起こり・・・ なんだろうか ジワジワと感じる恐ろしさというのか 事件の犯人は誰か? なぜ起きたのか・・・ しかし 明確な理由はわからず ...

映画 「白いリボン」

映画 「白いリボン」

ミヒャエル・ハネケ監督の「白いリボン」を観た!

ミヒャエル・ハネケ監督の「白いリボン」を観てきました。第1次世界大戦が始まる直前の1914年、北ドイツの小さな村で、村にただ1人の医者が落馬して大怪我を負います。原因は自宅前の木と木の間に張られた針金でしたが、犯人は見つかりません。翌日、小作人の妻が、村を

『白いリボン』

今年最も観たかった映画が、2009年カンヌ国際映画祭でパルムドール大賞に輝いたミヒャエル・ハネケ監督の最新作『白いリボン』。受賞の報道から待ち続けること1年あまり。そして、先日、ようやく鑑賞することができた私の個人的な感想は、この映画は今年度最高の映画だっ...

白いリボン DAS WEISSE BAND ~白い罰と黒い無垢~

    老人は、過去を振り返り話し始める。     それは第一次世界大戦が近づいていた頃、ドイツ北部にある小さな村に、     教師として赴任したときのことだと…。                       穏やかで平和に保たれていた村の秩序は...

白いリボン

     『白いリボン』  (2009) 第一次世界大戦前夜のドイツ北部。 プロテスタントの教えを信じる村人たちに、不可解な事故が次々と襲いかかる。 小さな村は不穏な空気に包まれ、村人は疑心暗鬼に陥り、子どもたちは苦悩を感じ始めていた...

白いリボン/クリスティアン・フリーデル

ドイツの鬼才、ミヒャエル・ハネケ監督によるクライム・ミステリー。2009年カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作品です。ぜひ観たいなとかねがね思ってはいたのですが、なかなかそ ...

《 白いリボン 》

「美しい村、静かな暮らし 聴こえてくる魔物の足音」 [Official] これから話すことがすべて真実か あまり自信はない。 それでも、あの奇妙な出来事を 誰かに話しておくべきだと私は思う。 あの出来事こそがおそらく、 当時の我が国そのものなのだ。 こう前置...

白いリボン #5

’09年、ドイツ、オーストリア、フランス・イタリア 原題:the White Ribbon 監督:ミヒャエル・ハネケ 製作総指揮:ミヒャエル・カッツ プロデューサー:シュテファン・アルント、ファイト・ハイドゥシュカ、マルガレート・メネゴズ、アンドレア・オキピンティ 脚本...

白いリボン

Comment: 辺境の村で起きる怪事件の数々。 その年のカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞したミヒャエル・ハネケ監督の作品です。 全編モノクロによるこの作品。浄化の「白」に潜む悪意の「黒」を...

白いリボン

『白いリボン』 “DAS WEISSE BAND - EINE DEUTSCHE KINDERGESCHICHTE” (2009・ドイツ=オーストリア=フランス=イタリア) 2h24 監督・脚本 : ミヒャエル・ハネケ 出演 : クリスティアン・フリーデル、レオニー・ベネシュ、ウルリッヒ・トゥクール 白い...

白いリボン

評価点:83点/2009年/ドイツ・オーストリア・イタリア・フランス 監督:ミヒャエル・ハネケ 体に巻かれた白いリボンは何を〈抑圧〉しているのか。 ドイツの田舎にある村では奇妙なことが起こっていた。 それは第一次世界大戦が始まる前の話だった。 教師をして...

「白いリボン」~神秘的で暗示的なモノクローム

 勤め人時代の後輩女子(多くは既に退社)から、新年の挨拶を兼ねた?そのうちメール?を幾つも受信した。彼女たちとの再会が楽しみだが、俺ぐらいの年になると、?忘れられていないこと?がしみじみ嬉しい。  郷里代表の久御山が流経大柏をPK戦で破り、決勝に進出した。...

「白いリボン」感想

いかにもハネケ映画に出て来そうな顔立ちの少年だわ↑

「白いリボン」

「黄色いリボン」っていうジョン・ウェインの西部劇があったな。 知らない。 「黄色いリボン」っていう桜田淳子の歌もあった。 知らない。 知らないとは言わせないぞ。お前だっていい年なんだから。 このリボン見えるでしょう ラブサインなの 待っててね 知ってるじゃ...

白いリボン

第一次世界大戦前、ドイツ北部の小さな田舎町。 地主である男爵が支配するこの町で、不可解な事故が次々と襲い掛かる。 プロテスタントの教えを信じる村人たちは疑心暗鬼に陥り、子どもたちは苦悩を感じ...

白いリボン

The White Ribbon [DVD] [2009]by G-Tools 白いリボンから解き放たれるには。 ネタバレ有りです。 その村はひとつの悲劇を皮きりに、歪に形を変えていった。 ドクターが落馬で重症を負っ ...

■『白いリボン』■ 

2009年:オーストリア+フランス+イタリア+ドイツ合作映画、ミヒャエル・ハネケ監督、クリスティアン・フリーデル、レオニー・ベネシュ、ウルトリッヒ・トゥクール、フィオン・ムーテルト、ミヒャエル・クランツ出演。

白いリボン

 2009年のカンヌ国際映画祭でパルムドール大賞を受賞した作品というので、『白いリボン』を見に銀座テアトルシネマに行ってきました。 (1)カンヌ国際映画祭でパルムドール大賞を受賞した作品というと、『ピアノ・レッスン』(1993年)、『パルプ・フィクション』(1994...

『白いリボン』 DAS WEISSE BAND

透き通る美しさの白と黒の世界は不穏で忌々しく。エクセレント。 第一次世界大戦前夜の北ドイツ。大地主の男爵を中心に、人々が静かに暮らすプロテスタントの小さな村で数々の不可解な事故が起こる。 鬼才ミヒャエル・ハネケが常連のカンヌ映画祭で初のパルムドールを...

白いリボン

平日の昼間で空いているだろうと思って時間ギリギリに行ったらいっぱいだった。小さい映画館とは言え、やはりカンヌ映画祭パルムドールの威力はすごいな。ミヒャエルハネケだし、パルムドールだし、これはもう多分…予想通りやっぱり、あぁ、「ピアニスト」の悪...

白いリボン

■ 新宿武蔵野館にて鑑賞白いリボン/DAS WEISSE BAND - EINE DEUTSCHE KINDERGESCHICHTE 2009年/ドイツ、オーストリア、フランス、イタリア/144分 監督: ミヒャエル・ハネケ 出演: クリスティアン・フ...

『白いリボン』

'10.12.22 『白いリボン』@銀座テアトルシネマ rose_chocolatさんのお誘いで見に行く! 共通のお友達migちゃんが大好きなハネケ作品。気になってたのでもちろん行く! *ネタバレありです 「第一次世界大戦直前のドイツの小さな村。ある朝、村でただ1人の医者が何者かに...

「白いリボン」

緩やかに迫る不穏。 M.ハネケに3度めの挑戦。 直接的な描写をしないことは分かっている。胸の仕えが下りるような結末が来ないことも承知している。 それでも自分なりに真相を探そうとしなければならないわけなのだが、登場人物が多く、男爵一家を中心に馴染みのない肩...

11-07「白いリボン」(ドイツ・オーストリア・フランス・イタリア)

子供はいつでも難しい年頃   第一次世界大戦前夜、北ドイツの小さな田舎町。地主である男爵が支配するこの町で、ある日、帰宅途中のドクターが落馬して大けがを負う。道に張られていた細い針金が原因だった。  その次には、男爵の製材所で女性の事故死が発生する。さ...

映画『白いリボン』を観て

11-7.白いリボン■原題:DasWeisseBand(TheWhiteRibbon)■製作年・国:2009年、ドイツ・オーストリア・フランス・イタリア■上映時間:144分■字幕:齋藤敦子■鑑賞日:1月15日、新...

「白いリボン」

「白いリボン」しまった。こんな映画だったのか。もう一回見ないとたぶん分からないと思う。たぶん推理小説を読むみたいに見たらいけない、という映画なのだと思う。監督ミヒャエル...

白いリボン

好きか嫌いかと問われれば、決して好きではない。でも、目が離せない。。

悪いひとたち

「白いリボン」

白いリボン(2009)☆★DAS WEISSE BAND

美しい村 静かな暮らし 聴こえてくる魔物の足音 京都シネマにて鑑賞。公開2日目でしかも日曜日、その上第1回目の上映ということもあってか、多くのお客さんでロビーは賑わっていました。1時間前に行ったのですが、すでに64番目。 ハネケ監督作品がカンヌでパル...

「白いリボン」ミヒャエル・ハネケ

白いリボンDAS WEISSE BAND - EINE DEUTSCHE KINDERGESCHICHTE 2009ドイツ/オーストリア/フランス/イタリア 監督・脚本:ミヒャエル・ハネケ 出演:クリスティアン・フリーデル、レオニー・ベネシュ、ウルリッヒ・トゥクール、フィオン・ムーテルト、ミヒャエル・...

白いリボン

「美しい村 静かな暮らし 聴こえてくる魔物の足音」…観る人を不快にさせる作品を作る奇才ミヒャエル・ハネケ監督の新作。 決して万人受けする作品ではありませんし、結局なんだったのといわれればそれまで。でもまるで本当にあったことのような錯覚に囚われてしまうほ...

白いリボン

【DAS WEISSE BAND - EINE DEUTSCHE KINDERGESCHICHTE/THE WHITE RIBBON】2010/12/04公開 ドイツ/オーストリア/フランス/イタリア 144分監督:ミヒャエル・ハネケ出演:クリスティアン・フリーデル、レオニー・ベネシュ、ウルリッヒ・トゥクール、フィオン・ムーテル...

「白いリボン」

見終わっても、戦争、ナチスということと、この映画は結びつかなかったけど?

DVD鑑賞「白いリボン」ネタバレにつきご注意!144分

白黒映画です。 時代背景はサラエボ事件が起きるあたりの北ドイツの村です。ドイツ語字幕スーパーです。 〈感想〉 カラーだったら綺麗だったかもと思いました。 そもそも白いリボンとは? 物語は牧師、...

【白いリボン】嫉妬、悪意、暴力、恨み、嘘・・・

白いリボン~ DAS WEISSE BAND ~ 監督: ミヒャエル・ハネケ    出演: ウルリッヒ・トゥクール、ブルクハルト・クラウスナー、ヨーゼフ・ビアビヒラー、ライナー・ボック、スザンヌ・ロタール、ブ...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示