『パッチギ!』の意味は?

 【ネタバレ注意】

 この感動をどうしたらいいのだろう。
 こんなにも高揚し、こみ上げるものを感じたのは久しぶりだ。まさに"グッと来る"映画だった。

 『パッチギ!』とは「頭突き」のことだ。劇中では、ケンカっ早い高校生が頭突きを食らわすシーンが何度もある。
 高校生たちはケンカに明け暮れているが、大学生は鉄棒を持って機動隊と衝突している。教師は熱心に毛沢東語録を教えている。
 映画『パッチギ!』は、そんな時代の物語である。


 過去のある時代を取り上げた作品で、私が重視するのは歴史を見る目だ。
 描かれた時代の渦中の人は、冷静に自分の時代を検証することなんてできない。彼らは、行動の結果が吉と出るか凶と出るかも判らずに、闇雲に生きている。
 だが、時代を下った私たちは、その行動の結果を知っている。当事者には知り得なかった史料を紐解くこともできる。それらを踏まえて過去を検証することが、作品を思い出話や郷愁に終わらせないためには大事だろう。

 その意味で、本作は見事に1968年を描いている。
 当時の文化、風俗、流行を再現するのみならず、絶妙なオチをつけていく。
 赤ヘル被って機動隊とぶつかる学生は、普段から思慮が足らず、ニュース映像に感化される高校生のなれの果てだ。毛語録を引用して理想を語った高校教師は、ストリップ小屋の呼び込みになってしまう。呼び込みという職業が賤しいわけではない。教師の教え子が機動隊とぶつかるようになったこととのギャップが絶妙なのだ。

 『パッチギ!』の原作は、松山猛氏の少年時代を織り交ぜた『少年Mのイムジン河』だが、この映画は単に過去を再現するだけではない。節々に皮肉と諧謔を効かせて、懐かしさに呑み込まれないようにしている。どんな時代であっても、ただ懐かしむだけで済ませられるはずはないのだ。一皮むけば、そこには過去から続く歴史の裏表と、現在に及ぶ因縁とがあるはずだからだ。

 そして本作が素晴らしいのは、過去を見つめる冷静な視点を持ちながらも、心は熱く、理想は高く、情熱的であることだろう。
 『パッチギ!』には「突き破る」「乗り越える」という意味もあるという。
 悲しみも喜びも、怒りも楽しさもないまぜになったクライマックスにいたっては、涙を拭うこともできない。


 この作品に出演した役者たちは、本当に誇らしい仕事をしたと思う。どの出演者にとっても、『パッチギ!』は代表作であろう。いつまでも語り継がれるだろう。

 そして『イムジン河』や『悲しくてやりきれない』『あの素晴らしい愛をもう一度』等の時代を彩る歌の数々が、まったく古びることなく私たちの胸に沁み込んでくる。
 そのメロディーを耳にするとき、私たちの脳裏には『パッチギ!』のギターを抱えて懸命に歌う少年の姿が浮かぶことだろう。


パッチギ! (特別価格版) [DVD]パッチギ!』  [は行]
監督・脚本/井筒和幸  脚本/羽原大介  音楽/加藤和彦
出演/塩谷瞬 高岡蒼佑 沢尻エリカ 楊原京子 尾上寛之 真木よう子 小出恵介 波岡一喜 オダギリジョー 光石研 加瀬亮 余貴美子 大友康平 前田吟 ケンドーコバヤシ 江口のりこ 徳井優 
日本公開/2005年1月22日
ジャンル/[ドラマ] [青春]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【theme : 邦画
【genre : 映画

tag : 井筒和幸 塩谷瞬 高岡蒼佑 沢尻エリカ 楊原京子 尾上寛之 真木よう子 小出恵介 波岡一喜 オダギリジョー

⇒comment

No title

ナドレックさんのレビューはいつも考えさせられるものがあります。
私はいつもストーリーの表面だけなぞって見ていたのですが、こちらのブログを読んで、「なるほど!こんな背景があったんだ!」といつも目からうろこで、映画がより面白くなります。
「パッチギ」は映画館で見たのですが、確か同じ頃、村上龍原作の「69」(そう言えばこれは監督主演が「悪人」コンビでしたっけ)もあって、この時代って男の子が元気だったんだな、という印象でした。
私事ですが、子どもの頃ギター教本が家にあり中の「イムジン河」はお気に入りの曲だったのです。しかしその背景は全く知らず、ずっとべトナムの川だと思い込んでたのです。でもべトナムというのがやはり南北に別れていたことを考えると、偶然ながら歌詞の意味を子ども心に捕えていたのでしょうか(笑)?

No title

でずっぱりですいません。たまたま胸腺に響く映画なので。。。 長文です。ご寛容のほどを。

Reconciliation、和解ですね。確かに、イムジン河は、恋の38度線であり、ベトナムであり、反戦であり、在日であり、同和であり、不良にささげる吟遊詩人の響きであり、象徴的な詩でした。
私自身のツボは、オダギリジョー。下手な関西弁はともかくとして、時代と同化してふらふらと自己を模索しているようでしていない、楽器屋の息子。いつの世もいますねえ、ああいう人。あれが面白いし、最もリアリティを感じます。

1968といえば最近では小熊英二ですし、69なら公民権運動(太平洋の向こうの国)。ゆれていて、それでいて、青春のエネルギーを放出できた時代だったようです。
浅間山荘の映画(下手な自画自賛ではない方の映画です)も近年ありましたし、あの時代あたりを知識としてまたはひとつ上の世代として、または自分自身が経験している監督さんたちには、70年後半とは、世の中の流れというしらべにおける分水嶺だったことでしょうね。

それも経済発展の本格的開始と共に急速にしぼんでいく最後のお祭りだったことも‥ ですので、観終えても、ふと我に返ります。彼らの感傷に私たちが引きずりまわされる意味は何?したい放題やりたい放題あばれて、その後はすっと世の序列に収まった爺さんばあさん(別名、団塊の世代)の思い出話なんてもういいんとちゃうの(あえて、関西弁)?、と。
高校生も闘争メンバーだったことを今の高校生が知れば、腰を抜かしてびっくりすることでしょうねえ(笑)。

有り余るエネルギーを何でもかんでもぶつけられる時代は、確かに物騒ですが、ある意味、ホルモンにも思想にも振り回される若者にとっては生き易い時代。一方で、自分が波に乗りさえすれば、不況とか競争とか業績評価とかの不自由はあってもそれなりのそこそこの人生が送れる今のような時代。

今の時代を生きている私たちには、物騒な時代の描写を面白がるのは、必要なガス抜きでもあり、ささやかな楽しみでもありましょう。パッチギの主人公以下、登場人物は、空手部員を含めて、おかしなおかしな奴らばかりですし、さらりと親の職業や立場や生活様式や風習が、それこそ何気なく普通に描かれていますが、すくなくとも、彼ら彼女らは「マジ」にいきていて、そこが最も強く胸をうちます。

映画はそんな彼らをを誇張せずに淡々と(へんに、芸術家気取りや意味づけを観客に強要することも無く)描く、そこが最も胸を打つところですし、舞台に立たなくてすむ観客は安心してこのノスタルジックな内容を鑑賞できる、という動くジオラマみたいな装置を味わえる。そのあたりが、この映画の魅力かな、と思ったりします。

久しぶりに、このDVDを引っ張り出して鑑賞してみたくなりました。私事ですが「東京物語」を好きな私の友人は、この映画を評価していません。小津ファンはそういう傾向かも知れませんね。

Re: No title

 mi~yaさん、コメントありがとうございます。
 映画には、面白いもの面白くないもの、出来のいいもの悪いもの、様々ありますが、一つ私が思うのは、観客がその映画と付き合うのはせいぜい2時間前後なのに比べ、作り手は何ヶ月も何年もその映画に係っているということです。ですから、観客が2時間で感じる程度のことは、何年も係っている作り手なら先刻ご承知だろうと思います。 「にもかかわらず、こんな描き方にしたのはなぜだろう。」
 そんなことを考えながら、このブログを書いています。
 マァ、単に作り手側の思慮不足とか予算不足ということもあるでしょうけど:-)

>ずっとべトナムの川だと思い込んでたのです。

 なるほど、南に想いを馳せる歌ですからね!
 『パッチギ!』を観てから何日も経つのに、いまだに頭の中では『イムジン河』が流れています。
 私はそのむかし友人にカセットテープを貸されてこの曲を知りました。「これ発禁なんだぜ」と云われたのですが、当時は聴いてもなぜ発禁なのか判りませんでした。
 正確には発禁ではなく発売自粛なわけですが。

Re: No title

 魚虎555さん、コメントありがとうございます。
 オダギリジョーさんの役、いいですね!はたから見てると上手くいってんだか挫折してんだか判らない人。私もとてもリアルに感じました。
 映画の中に、妻として北朝鮮に一緒に行こうとする日本人が登場しますが、そうした人が必ずしも幸せではない実態が伝えられている現代の私たちには、複雑な場面ですね。何も知らなければ単に感動的かもしれない場面が、実は別の側面を持っている。この映画が一筋縄ではいかないところだと思います。

>「東京物語」を好きな私の友人は、この映画を評価していません。小津ファンはそういう傾向かも知れませんね。

 私は『東京物語』をはじめ小津作品が大好きですが、この映画も好きです。
 そのご友人は、どうしてこの映画を評価していないのでしょう。よければ、そこのところを詳しく教えてください。

No title

>そのご友人は、どうしてこの映画を評価していないのでしょう。

実は判りません。聞いてはいけないような感じなので、あえて聞いていません。映画の内容にその人自身何か関連があるのか、脚本を評価してないのか、当時流行っていたし世相を現すとはいえ映画での音楽を評価してないのか、あたりなのかな、と推測しています。世相は見事に描かれていると思いますが、人間描写はそれほどでもない、と私も思っていますので、そのあたりに理由があるのかもしれません。


こんにちは。
スクリーンで観てみたいです!パッチギ!懐かしいので、DVDを早速レンタルして来ました!あの蹴りを入れた逞しい美人の看護士は真木よう子だったのですね。
今度はキャストを確認しながら見てみます。
本当に最初から最後までうわーっ。でした。バスが横転したり、殴り合いしたり、応援団と喧嘩したり。さすが映画です。いつか死にますよ状態の勢い。とっても怖いけれど何故か面白かったです。1960年代、本当にあんな事があったのですか…。
今どき考えられない程滅茶苦茶過激な時代です。
遭遇して巻き込まれなくて良かったです。その場合、笑い事ではありませんが…。
色々な社会事情、祖国に対する想いもよく描かれている作品ですね。あらゆる意味で強烈でした。


Re: No title

魚虎555さん、こんにちは。
挙げられている点は、映画を評価しない理由になり得ると思いますが、小津ファンはどこに引っかかるのか…。
気になります。

Re: タイトルなし

愛知女子さん、こんにちは。
1960年代に本当にあんなケンカをしていたかどうかは判りません。
今から数十年後に『クローズZERO』を観た人が、「2000年代にはあんなことをしていたのか」と思ったら、何と答えたものやら…。
でも、犯罪の発生率でいえば、現代よりもはるかに凶悪な時代ではありましたね。内ゲバ等で殺される人も多かった。

映画はとにかくエネルギッシュですね。感動せずにいられません。

No title

きっと、友人は、この殴り合いや怒鳴りあいすることが嫌いなのかも知れません。メッセージを伝えるには、他に方法があるのでは?、ということかもしれません。友人は、いろんな登場人物が絡み合う話を好きですから。
小津は、メッセージを淡々とそれもさりげなく映画の中に忍ばせているから、ある意味怖いですし、何度見ても見ごたえがありますが。

私はうかつにも人間描写が甘い、と書きましたが、間違いです。演技が甘いのでは?ということでした。京都の町に関わる、日本人の高校生、朝鮮高校の学生、おかしな教師、ストリッパー、鉄くずなどの廃棄物をあつかう親父(学生の父)、楽器屋、修学旅行生(強がっているのがまた可笑しい)などなど、たくさんの人物が描かれるので、物語に厚みがあると思います。

単に、下手な役者がたまに目立つところが欠点といえば欠点ですが、勢いのあり、青春の悩みを世相に絡めて描いた、という点で、TV局主導の、TVの延長ばかりのあまり見たくもない中身の薄い日本映画が続くという今という時代で、普遍的な意味を持ちえる作品が(小津や黒澤とまでは言いませんが)、あることを知り得たのは嬉しく思います。

私は単細胞なので、この映画の単純なまでの”ツッパリぶり”や”勢い”は好きです。特に続編が変貌してしまったので、なおさらこの第一作が光りますね。

(お読みいただき有難うございます。返事は不要です)

Re: No title

魚虎555さん、こんにちは。
返事は不要とのことですが、一言だけ。
この映画はたしかに名演技を味わう作品ではないでしょう。ただ、若手俳優の荒削りなところも含めて、本作の魅力なのかなと思います。
俳優の一挙手一投足を細かくコントロールする小津監督とは、対極と云えるかもしれませんね。

懐かしいです

私は、関西出身で中学生の頃、喧嘩をするときに、「メンチ切ったな」とか「パチキ(頭突き)入れたろか」などの言葉が飛び交っていたのを懐かしく思います。またその頃には、フォークルの
「帰って来たヨッパライ」 「 イムジン河」 「悲しくてやりきれない」などの曲が流れていたのもいい思い出dえす。

Re: 懐かしいです

welica37さん、コメントありがとうございます。
そうなんですか、本当にこういう云い方をするんですか!
私の地方ではあまり聞き慣れない言葉で、「パッチギ」もこの映画で初めて知った次第です。
「イムジン河」は放送禁止の歌として知ったのですが、当時は聴かれていたのですね。

No title

西と東では表現方法(けんかの仕方)も異なるようですよ。関東はあくまでお武家さんの国でしたから。。。。西は、天皇さんと商売人ですし。。。よくは判りませんが。。。
西の喧嘩やコミュニケーションは一見派手ですがとことんやる、東は静かに面子をを崩さずに水面下で足を引っ張り合うという感じがぴったり来ます。
というより、どの国でもどの歴史をみても、庶民は派手に、上流は静かに、というのが喧嘩でしょうね。
『大阪ハムレット』で夕暮れの川沿い風景が何度か描かれますが、『三丁目の夕陽』とはことなり、どぎつい言葉で会話している主人公たちの背景で川沿いの家から夫婦喧嘩の言葉が高らかに鳴り響いています。あれが関西の庶民の喧嘩ですね。少なくともそのひとつです。

確かに、下手演技が返って面白い(コバヤシなど)と思います。だからといって、近年の邦画に大量出演を果たしている下手を通り越してスクリーンにトマトでも投げたくなるお笑い芸人の出演が許可されるわけじゃないと思います。見るに耐えませんしね(笑)。パッチぎは、例外的に下手芸人の存在がマッチしているレイかと。

Re: No title

魚虎555さん、こんにちは。
喧嘩の仕方をフィールドワークしたら、なかなか面白いかもしれませんね。
巻き込まれたらただでは済みませんが:-p

私はあまり芸人さんを知らないので、映画を観ていても芸人さんがまぎれているのに気づかないことが多いです。
芸人さんの演技が下手だったとしても、それはOKを出した監督のせいでしょうね。あるいは、そもそもキャスティングしたプロデューサーのせいか。
確かに私も、ある映画でお笑い関係の人の演技に唖然としたことがありますが、それは演技が下手だったから唖然としたのではなく、この演技にOKを出す監督に唖然としました。
本作にお笑い芸人さんの演技がマッチしているとしたら、やっぱりそれを引き出した監督の力が大きいだろうと思います。

Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◆パッチギ!

パッチギ! (特別価格版) [DVD]/塩谷瞬,高岡蒼佑,沢尻エリカ ¥2,079 Amazon.co.jp イムジン河、水、清くぅ~♪ とおとお~と、流るるぅ~♪ by フォーク・クルセダーズ いやはや、映画と音楽は 切り離すことはできないね。 得てして、良い

『パッチギ!』

■監督 井筒和幸■キャスト 塩屋瞬、高岡蒼佑、小出恵介、沢尻エリカ、楊原京子、       オダギリジョー、光石研、笹野高史、余貴美子、前田 吟   殴り合ったら、同じ色の血が流れた。  誰かが線を引いたなら、俺が線を消してやる。  歌いたい歌を、歌う?...

パッチギ!

86点 2005年の日本映画で、 監督は井筒和幸さん、主演は塩谷瞬さんです。 京都に住む主人公の男の子は、 ある日自分の高校と対立している朝鮮人の高校を訪れるが、 そこでフルートを演奏していた女...
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示