『442 日系部隊・アメリカ史上最強の陸軍』 祖国は一つ

 この高揚感はどうしたことだろう。映画からは、とても前向きな、力強さが伝わってくる。この映画を「楽しい」とか「面白い」と評したら、不謹慎だろうか。

 戦争の記憶をたどる映画は、往々にして悲しくむごい。『442 日系部隊・アメリカ史上最強の陸軍』も、例外に漏れず辛い告白と、悲惨な映像が多い。
 しかしそれ以上に、442連隊の活躍に今も感謝するヨーロッパ各国の人々や、何よりも「アメリカは一番いい国だ」「アメリカは素晴らしい」と語る元連隊員自身の言葉は明るい。
 ここで描かれるのは、祖国アメリカのために誰よりも尽くし、勝ち得た平和を噛みしめて、年老いてなお戦争の辛さや戦友の死の悲しみを胸に、おごることなく暮らしている、幾人かの元兵士たちだ。

 彼らの一人は云う、アメリカはチャンスの国だと。努力していれば、必ず報われると。
 その希望に満ちた言葉を、日本人と同じ顔立ち、同じ性の人から聞くと、なにやら日本で閉塞した空気を感じている私たちにまぶしい光が差し込んだように思う。
 私たちは、あんなにアッサリと「日本は一番いい国だ」「日本は素晴らしい」と語れるだろうか。
 しかも彼らは、単純なナショナリストではない。日系人であるがゆえに、真珠湾攻撃以降、自国から敵性国民とみなされ、強制収容所に入れられた人々なのだ。その彼らがアメリカを「一番いい国」「素晴らしい」と云えるのは、たまたま生まれ育った国がいいところだったなんてことではない。自分たちがいい国にした、素晴らしい国にしたから、少なくともそれに命がけで貢献したからこそ口にできるのだろう。

 彼らはまごうかたなきアメリカ人であり、星条旗をあしらったキャップを被って敬礼する姿は凛々しい。
 私はこの映画が、もっと悲しく、辛い内容だとばかり思っていた。もちろん、そういう面もある。当事者が語る戦場の体験は、フィクションの戦争映画で表現し切れるものではない。戦争の傷は今も彼らの心に残り、「私はただの人殺しだ」と述懐する言葉は重い。それでも今を生きる彼らの姿は、それだけで輝かしい。
 映画には、辛さや悲しみ以上に、感動と素晴らしさが詰まっている。
 「アメリカは素晴らしい」と語る彼らの健全な愛国心が、私たち他国の人間をも高揚させるのだ。


 だから、彼らのことを「日本とアメリカという二つの祖国の間で揺れ動き」なんて表現するのは正しくない。
 彼らに祖国は二つもない。アメリカこそが祖国なのだ。彼らの一人は、日米開戦を耳にして、すぐに軍に入隊するために駆けつけたという。異郷の地で苦労する日本人なんて捉え方をしては、祖国防衛のために活躍した人々に失礼だろう。

 そのことをよく判っていたのが東条英機だ。
 当時学生だった元兵士は、校長が持ってきた手紙のことを語る。
 東条英機は、日系人学生が通う学校に手紙を出していたのだ。その中で彼は、学生たちを激励している。「君たちはアメリカ人なのだから、アメリカのために頑張りなさい」と。
 元兵士は、その内容に驚いたという。てっきり「アメリカにいても君たちは日本人なんだから、日本のために戦え」と書いてあると思ったからだ。
 「なぜそんなことを書いたのだろう」と元兵士は考えた。そして一つの結論に達する。「サムライだからです。サムライは主君に忠義を尽くすものなのです。」
 戦争中、日本の人々は「お国の為」に我慢をしたり命を落としたが、日系アメリカ人も「国の為」に行動したという話は興味深い。


 すずきじゅんいち監督は、本作について次のように述べている。
---
「442連隊は日本の良さを表しています。日本に住む人に日本人の良さを再発見してもらいたい。わたしはアメリカに住むようになってから、かえって客観的に日本の良さがわかるようになったんです。それが本作のモチベーションの一つでした」
---

 死んだ戦友のために線香を上げる彼らは、一世である親から受けたしつけや、諭されたことをよく守り、良き国民であろうとした。
 そして、彼らが21個もの名誉勲章を得て、その勲功によりトルーマン大統領がじきじきに出迎えたということを、さらには米国のみならずヨーロッパの国々にも彼らに感謝し尊敬する人が今もなおいることを、同じ伝統を受け継いでいるはずの日本人も、もっと知って良いはずだ。


442日系部隊 アメリカ史上最強の陸軍 WAC-D632[DVD]442 日系部隊・アメリカ史上最強の陸軍』  [や行]
監督・企画・脚本/すずきじゅんいち 音楽/喜多郎
日本公開/2010/11/13
ジャンル/[ドキュメンタリー] [戦争]
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録


【theme : ドキュメンタリー映画
【genre : 映画

tag : すずきじゅんいち 喜多郎

⇒comment

こんにちは~。

ナドレックさんのコメントに感動しました。

是非とも観たくなりました。

東条らしいです。

東条という人物は私はよく知りませんが、
一般人には優しく、慈悲深かった部分があったようですね。

達筆な書を欲しがる手紙がくれば実際よく贈ってあげたりしたそうです。

また、子ども達に気さくに声をかけたり、褒めたり。(子ども達が首相とは全く気づかないのも微笑ましいエピソードです。)

人間的には魅力的な好人物だったのは意外でした。

まだまだ彼についてはよく知りませんので、機会がありましたら、本を探して読みたいです。
駄文を礼致しました。

ではでは


日本が好きです。

先人の努力を否定する訳ではないですが、正しい理念を誇りながらあちこちに喧嘩を吹っ掛ける今のアメリカより、理念がないのに結果としてそこそこの国、日本が好きです。

Re: タイトルなし

 愛知女子さん、こんにちは。
 本作は、『東京裁判』と並んで必見と云えましょう。東条英機の手紙をはじめ、学ぶことが多々ありました。
 印象的なのは、442連隊の「バンザイ攻撃」です。難攻不落の敵陣に「バンザイ!」と叫びながら突入するという、まるで日本軍のような攻撃です。
 彼らは211名の米兵を救出するために突っ込んで、見事救出に成功しますが、その代償に約800名が死傷します。このように多大な犠牲を払いながらも、他の隊には成し得ない成果を挙げたことが映画では紹介されます。
 成果を挙げたことを強調するか、犠牲が大きかったことを強調するかは、映画の作り手によるでしょう。本作では両方に目を配りながらも、いま生きている人々を称えることと、世の中に業績を知らしめることを重視してか、成果を強調する方に重心があるようです。
 ただ、この「バンザイ攻撃」を国全体でやってしまったのが日本なわけで、見方によっては他の民族は決してやらない愚かな方法なのかもしれません。
 そんなことも含めて、考えさせられる映画でした。

Re: 日本が好きです。

いたー!アッサリと「日本が好き」と語る人が:-)
まずは日本に住んでいる人が日本を好きにならなかったら、誰も日本を好きになるわけないですよね。

No title

ヤマト・ミュージアムー江田島旅行に行く途中、新宿のK'Sシネマで、最終日に見ました。
ほとんどの人が、涙を流しながら、見ていました。
出来るだけ多くの人に、見てもらいたいと思います。

「ノブレス・オブリージュ」は、日本人の戦い方の基本にあるように思います

Re: No title

SAKURAさん、こんにちは。
本当に、世界中の多くの人に観てもらいたいですね。
ドキュメンタリーとしては過剰なくらい音楽が盛り上げるので、出だしはちょっと引いたのですが、すぐに元兵士たちの言葉に圧倒されました。
インタビューの際に元兵士の傍らにいた家族たちも、「初めて聞いた」と涙を流しているのが印象的でした。
Secret

⇒trackback

  トラックバックの反映にはしばらく時間がかかります。ご容赦ください。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「第23回東京国際映画祭」@TOHOシネ...

   諸事情がありましてレビューが掲載できなくなりました、申し訳ございません。

442 日系部隊・アメリカ史上最強の陸軍

第二次世界大戦当時に日系人だけで編成されたアメリカ陸軍442連隊。主に当時の生き残りの兵士たちの話を聞くことで、今でもアメリカ史上最強と言われるその部隊の真実に迫るドキュメンタリーだ。監督は『東洋宮武が覗いた時代』のすずきじゅんいち。ドイツ兵だけでなく...

『442日系部隊・アメリカ史上最強の陸軍』(201...

原題:442-LIVEWITHHONOR,DIEWITHDIGNITY-監督・企画:すずきじゅんいち鑑賞劇場 : 横浜ニューテアトル公式サイトはこちら。<Story>第二次大戦当時、日系人だけで構成された米軍部隊...

『442 日系部隊・アメリカ史上最強の陸軍』をK’s Cinemaで観て立派だなあと嘆息ふじき☆☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆☆立派だ】       アメリカ陸軍最強の部隊は日系人部隊だった。 これは心地よい甘言だ。 サッカーで全国民が一体になるのに近い甘言だ。 だが、そん ...

(今日の映画)442 日系部隊・アメリカ史上最強の陸軍

442 日系部隊・アメリカ史上最強の陸軍(2010/米=日) 442 -LIVE WITH HONOR, DIE WITH DIGNITY-

442日系部隊・アメリカ史上最強の陸軍 4...

80歳代後半から90歳代の、442連隊の生き残りの人たちへのインタビューと、第二次世界大戦当時のモノクロ映像とで語られるドキュメンタリー映画。第442連隊戦闘団の獅子奮迅の活躍につ...

442日系部隊 アメリカ史上最強の陸軍

以前にこちらのエントリーで紹介したドキュメンタリー映画「442日系部隊 アメリカ史上最強の陸軍」を見てきました。 日本人監督すずきじゅんいちさんが作ったアメリカ映画、見てびっくり音楽は喜多郎。 原題は「442~Live with Honor, Die with Dignity~」 442日系部
最新の記事
記事への登場ランキング
クリックすると本ブログ内の関連記事に飛びます
カテゴリ: 「全記事一覧」以外はノイズが交じりますm(_ _)m
月別に表示
リンク
スポンサード リンク
キーワードで検索 (表示されない場合はもう一度試してください)
プロフィール

Author:ナドレック

よく読まれる記事
スポンサード リンク
コメントありがとう
トラックバックありがとう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
携帯からアクセス (QRコード)
QRコード
RSSリンクの表示